交流(共通)

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板

メインメニュー

クリエイトメニュー

その他

遊戯王ランキング

注目カードランクング


カード種類 最強カードランキング


種族 最強モンスターランキング


属性 最強モンスターランキング


レベル別最強モンスターランキング


デッキランキング

HOME > 遊戯王SS一覧 > 14Turn 命育む赤き血汐

14Turn 命育む赤き血汐 作:ジェム貯めナイト

 「私は再びバイタリティコーラルの効果発動。自らと――右の伏せカードを破壊する!」


 留音の伏せたカードと自身を指し示し、時雨は赤い珊瑚のラッコの効果を発動すると、自身の破壊は手札から断面が馬の脳に見える宝石を持つラッコを身代わりとして墓地に置いた。


 「……先に《龍伽藍宮》を発動したおかげで助かりました」

 「……? それって――」

 「今なら右と真ん中――どちらを選んだとしても、発動は止められません! 相手モンスターの効果から波及して、罠カード《コリオリー・スライド》! 更に墓地から水属性モンスターが蘇生したターン、罠カード《ブレア・ブリージング》の同時発動です……!」


 コリオリー・スライド 通常罠
 (1):相手フィールドのモンスターの効果が発動した場合に発動できる。
 デッキからフィールド魔法1枚を選んで発動できる。
 (2):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の表側表示のフィールド魔法
 をデッキに戻し、カードを1枚ドローする。
 この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。


 ブレア・ブリージング 通常罠
 (1):自分・相手の墓地から水属性モンスターの特殊召喚に成功した場合に発動で
 きる。自分の墓地の「深層環姫」モンスター1体を特殊召喚し、そのモンスター
 のレベルと同じレベルになるようデッキから「深層環姫」モンスターを2体まで
 選んで墓地に送る。


 「まずは《ブレア・ブリージング》によって、私の墓地からケルプ・シーオッターを浮上させて、同じレベルになるようデッキからクロシオと《深層環姫モンスーン》を墓地に送ります」


 墓地から全身に昆布を巻き付けたラッコを場に戻すと、留音はデッキを手に取り、レベル6となるよう2体の海女を選んで墓地に重ね、デッキを軽くシャッフルして机に戻す。


 「更に《コリオリー・スライド》によって、相手モンスターの発動した効果は斜め右上、私のフィールドゾーンへと波及します! 私もデッキからフィールド魔法――《龍伽藍宮》の発動です!」

 「留音ちゃんも使ってきたか……」


 再びデッキを手に取った留音は、時雨が発動させているのと同じ――巨大な海草が海中で揺蕩う寺院が描かれたフィールド魔法を場に出すと、先程よりはしっかりとデッキをシャッフルして、元の位置に置く。


 「……もう少し早く発動させるべきだったかな。手札から捨てたメノウの効果でデッキの上3枚から《クラッコア・ハリ》を手札に。そしてバトル……!」

 
 時雨はバトルフェイズへの移行を宣言すると、まずは厄介な効果を発動させまいとばかりに、全身に昆布を巻き付けたラッコを指し示し、真珠を持つラッコの効果を発動させる。


 クラッコア・ハリ
 効果モンスター
 /水/レベル2/岩石/攻撃力700。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):相手フィールドにモンスターが存在し、このカードが墓地に存在する場合、
 手札から水属性・岩石族モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
 このカードを特殊召喚する。
 (2):このカードが水属性・岩石族の効果で手札から墓地へ捨てられた場合に発動
 できる。「クラッコア・ハリ」以外の自分の墓地の水属性・岩石族モンスター1
 体を手札に加える。


 「まずはマーメイドティアーの効果発動! 相手モンスター1体の効果を、私の場の海の七宝1体を破壊することでこのターン無効にする!」

 「くうっ……攻撃を牽制するケルプ・シーオッターの効果が……!」


 そして同時に自身を指し示し、自身の効果により破壊された真珠を持つラッコを一度墓地に送った時雨は、真珠を持つラッコの効果で再び場へと呼び戻す。


 「そしてカード効果で破壊され墓地に送られたマーメイドティアー自身を墓地から蘇生して、浮上とともに相手モンスター1体を選んで破壊する!」

 「そんな……! 折角蘇らせたのに!」

 「これで留音ちゃんの場からモンスターは沈んだ! 私はマーメイドティアーで留音ちゃんを攻撃……!」


 一度の効果の発動で相手モンスター1体の効果を無効にしつつ、墓地を経由して場に浮上し、更に相手モンスター1体を破壊する真珠を持つラッコで時雨は留音へと直接攻撃を仕掛ける。


 「まだです! 相手の直接攻撃時、罠カード《エクマン・ドリフト》を発動!攻撃モンスターと同じレベルになるよう、デッキから《深層環姫マーメイド・ジュゴン》を墓地に送ってその攻撃を無効にします……!」


 留音が発動させた密集する巨大な水塊物が――潮の流れに乗って移動する様子を描いた罠カードの効果によって、デッキから海草を食むジュゴンが墓地に置かれると、辛うじて留音のLPは守られた。


 エクマン・ドリフト 通常罠
 (1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
 攻撃モンスターのレベルと同じになるよう、デッキからレベルの異なる「深層環
 姫」モンスター2体まで選んで墓地に送り、その攻撃を無効にする。次の自分ス
 タンバイフェイズにこの効果で墓地に送ったモンスターを特殊召喚する。


 「最初のターンから伏せてたのはそれかぁ。だったらバイタリティコーラルでもう一度留音ちゃんを攻撃! 揺籃のプロパゲート・クレードル……!」


 攻撃宣言に対抗することもなく、アプリのLPからバイタリティコーラルの攻撃力分、留音のLPが引かれる。


 「くうっ……!」 留音LP3500→100。


 「それじゃ次のターンに備えて、墓地の「クラッコア」2体をデッキに戻して、墓地の《トラップ・トリダクナ》の効果を発動するよ! このカードを手札に戻して、もう1枚のカードとともにセットする。私はこれでターン終了」


 2体の神秘的な力を秘めた海の宝石を手にするラッコに、2枚の伏せカード――片方は戦闘から海の七宝を守るシャコ貝とあって、強固な守りに留音は感服して時雨を褒め称える。


 「……流石です時雨さん。どんな攻撃も通さない鉄壁の布陣――これを突き崩すのは中々に意志が折れますね」

 「悪いけど、デュエルである以上――そう簡単には勝利は譲れないのよね」

 「でしたら私も! 押し寄せる強力な波濤でその防波堤を乗り越えてみせます! 私のターン……!」


 引いたカードを確認した留音は、フェイズの移行とともに墓地から場へと海草を食むジュゴンを移動させる。


 「《エクマン・ドリフト》の効果で墓地に送ったモンスターは、このスタンバイフェイズに墓地から蘇生します! 蘇ってマーメイド・ジュゴン! 更に私は速攻魔法《グレイシャル・ユースタシー》を発動して、デッキの上3枚から《深層環姫ツシマ》を墓地に送ることで効果発動!」


 氷河が縮小することで海面が上昇していく様子が描かれたカードによって、留音は時雨の伏せカード2枚を指差し、その発動をこのターン中封じる。


 グレイシャル・ユースタシー 速攻魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):デッキの上からカードを3枚めくり、その中から「深層環姫」モンスター1
 体を墓地へ送る。この効果で「深層環姫」モンスターを墓地に送った場合、フィ
 ールドの魔法・罠カードを2枚まで選び、ターン終了時までそのカードは効果を
 発動できず、そのカードの効果は無効化される。


 「じゃあ使えなくなる前に、再びバイタリティコーラルを対象に罠カード《岩盤貝獲》を発動! 墓地からルリとシャンカを手札に加えるよ!」

 「発動は許したけど――まずはシャコ貝の罠に嵌まる危険を取り除きました! 続けて龍伽藍宮のカウンターを3つ取り除いて効果発動! 墓地からツシマを浮上させて、再び潜水させます!」


 留音は龍伽藍宮のカードに置かれた貝殻を3つ取り除くと、墓地から1人の海女を場に置いて、即座に墓地へと逆戻りさせる。


 「ターンが回ったことによって、大気は新たな地平線へと動き出します! 墓地の《コリオリー・スライド》を除外して効果発動! フィールドの《龍伽藍宮》をデッキに戻してカードを1枚ドロー」


 命運を託し、新たに引いたカードを見ると、留音は待ち望んでいたとばかりに勝利を確信し、笑みを浮かべた。


 「……どうやら、いいカードを引けたみたいだね」

 「はい! 行きます……! 入り組んだ暗礁をも見透かせる――視界は常に明々白々! 装備魔法《シーサイティッド・グラス》を発動です!」


 墓地からクロシオを選んで場に置くと、重ねるように発動させた装備魔法を置いた留音は、2枚を纏めて再び墓地へと重ねる。


 シーサイティッド・グラス 装備魔法
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分の墓地の「深層環姫」モンスター1体を対象としてこのカードを発動で
 きる。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
 (2):装備モンスターが自身の効果で墓地に送られた事でこのカードが墓地へ送ら
 れた場合に発動できる。
 このターンのバトルフェイズ中、自分の「深層環姫」モンスターは相手フィール
 ドで発動したカードの効果を受けない。


 「クロシオの効果で、この視認性良好の磯メガネごと潜水させる。そして装着されたシーサイティッド・グラスによって、このバトルフェイズに私の「深層環姫」達を阻む障害は全て回避するわ……!」

 「……やるね。おかげで私のマーメイドティアーに捕まることが無くなったか……」


 バトルフェイズ開始の宣言とともに、留音は2体の海女を墓地から引き出し、時雨に見せつけると場に並べて置いた。


 「さあ、今期も漁の解禁よ! クロシオとツシマを浮上させます! クロシオの効果で1枚ドロー。ツシマの効果で手札から新たな海女――アリューシャンを招集して即座にお仕事で潜り、仲間を引き連れて浮上します……!」


 手札から場に置いた海女の効果により、前のターンクロシオとともに墓地に送ったもう1体の海女を留音は墓地から探し出すと場に置いて、自身の効果で墓地の上に戻すと再び場へと呼び戻す。


 「更に現れたモンスーンの効果発動。自身をリリースして墓地から上級「深層環姫」を特殊召喚します! 海の幸を手土産に、再び海上へと姿を現して! ケルプ・シーオッター!」


 再び場から墓地にモンスーンを移動させると、全身に昆布を巻き付けたラッコが再び墓地から引き出された。


 深層環姫モンスーン
 効果モンスター
 /水/レベル3/水/攻撃力600。
 このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが他のカードの効果で特殊召喚した場合、墓地に送られる。
 (2):このカードが(1)の効果で墓地に送られたターンのバトルフェイズ開始時に発
 動できる。墓地のこのカードを自分フィールドに特殊召喚する。
 (3):このカードが(2)の効果で特殊召喚した場合、このカードをリリースして発動
 できる。自分の墓地からレベル5・6の「深層環姫」モンスター1体を特殊召喚
 する。


 「……まだ学生の私が言うのもなんですが、時雨さんはきっと、いいお母さんになれますよ」

 「それは――何の根拠で……?」

 「私に合唱の先輩として、そして海女の先輩として――これまで時雨さんには指導して頂きました。その教えは今も私の中に根付いています」


 胸に手を当て、目を閉じ思い出すかのように時雨との思い出を語る留音の姿を、時雨は静かに聞き入っている。

 2人でカラオケに出かけたこと、発声の練習を見守ってくれたこと、海では時に厳しく――しかし留音が危険な目に合わないよう、安全な素潜り漁を教える時雨の姿を思い出し語る留音の姿を見て、時雨は段々と眼を潤ませていく。


 「時雨さんのおかげで今の私がいます! だから心配することなんてないですよ? 時雨さんは十分、誰かを守り育てることが出来るから――」

 「留音ちゃん――」

 「シーオッターでバイタリティコーラルを攻撃! 効果で攻撃相手を手札に戻して、マーメイドティアーに続けて攻撃! ……だから安心してください!」


 留音は再び全身に昆布を巻き付けたラッコで、赤い珊瑚を持つラッコへと攻撃を仕掛ける。

 そしてその効果により手札に戻される“安産のお守り”として利用される――時
雨の象徴である赤珊瑚のカードに手を伸ばして、時雨の手を掴むと赤珊瑚を持つラッコのカードを彼女に手渡し、両手で彼女の手をギュッと掴んだ。


 「このカードと――先生から貰ったお守りにも、私からの祈りも込めさせてください! 時雨さんが無事に……元気な赤ちゃんを産めるようにって――」

 「留音ちゃん……!」


 大粒の涙を流しながら留音の手を握り返す時雨に、留音は“大好きです”と、時
雨への敬愛の言葉を口にして手を離す。


 時雨LP4000→3900。


 「続けてマーメイド・ジュゴンで時雨さんを攻撃! ……後は時雨さん次第です。私にできることは少ないですが、湊さんとともに家族のため頑張る時雨さんの背中を押させてください!」


 こぼれる涙を拭いつつ、“人魚が悲しみのあまり流す涙”の真珠を持ったラッコ
は墓地に捨て去って、アプリのLPを減らす時雨と同時に留音は2体の海女を墓地へと送り、手札から彼女の切り札である樹状に広がる珊瑚の牙を持つ一角を場に呼び出す。


 時雨LP3900→2000。


 「アンガルド、プレット? アレ! その牙突は岩をも砕く高速の突き! 時雨さんと湊さんを明るい未来へと“突き動かして”……! 《深層環姫コーラル・ナーワル》……!」


 コーラル・ナーワル攻撃力2200。


 「留音ちゃ――あ゛っ……あ゛りがとっ――」

 「頑張る時雨さんを後押ししてっ! トゥシュ・セフィニ……!」


 攻撃宣言とともに時雨のLPは尽き、デュエル終了とともに再び涙を浮かべた時雨へと歩み寄った留音は、彼女を安心させるため優しく抱きしめるのであった。


 時雨LP2000→0。





 「グスッ……ありがとうね留音ちゃん」


 ようやく落ち着き泣き止んだ時雨から留音は離れると、途中のまま片付けたお昼の準備を2人で再開し、カラっと揚がった白身魚や大葉にししとう、しいたけにナスの天ぷらを2人で食卓を囲み味わっている。


 「美味しいーっ! 湊さんや他の漁師さん達に感謝ですね!」

 「……相変わらず、留音ちゃんは美味しそうに食べるわね。実際美味しいし、いいお嫁さんになれるよ……」


 揚げた天ぷらを残さず食べ終えた2人は、協力して片付けを終え、日が傾く時間まで2人でテレビを見たり、最近の流行をファッション誌で追ったりと――まるで本当の姉妹のような仲の良さを見せていた。


 「……そう言えば、一斗君にはいつ伝えるの……?」

 「えっ!? そっ……それは――」


 雑誌の恋愛特集のページを眺めつつ、何気なく呟いた時雨の言葉に留音は面食らい、咥えていたせんべいを落とすと同時に時雨へと詰め寄った。


 「一斗君とはお米を配達しに来た時、お話したりするんだけどね。同年代のお友達の事になると遊陽君と留音ちゃんの事ばかり――特に留音ちゃんの事は一緒にいて楽しいって言ってたわ」


 顔を真っ赤に染めて、俯く留音にクスクスと笑みを浮かべつつ、昔の事を思い出すかのように時雨は天井を見つめると、留音に聞こえるよう語り始めた。


 「……私は湊さんから、留音ちゃんと同じようにコンクールの時の歌を褒められたわ。丁度その時は私の独唱もあったから、印象に残っていたって――」

 「時雨さん――」

 「湊さんに褒められた時、私今まで褒められた時よりもずっと嬉しくて――その後高等部の3年間ずっと同じクラスになって……1年の夏に人生で一番勇気を振り絞って、湊さんに思いを伝えたの」

 「そ――そんなに昔からだったのですか……?」


 今まで彼女から聞いたことのない話に、留音は想像だにしなかったと面食らった。

 そして指折り数えて時雨と自分の年の差を数えると、自分が時雨と過ごしてきた期間と同じくらい――2人が恋人になり夫婦だったのだと理解する。


 「それじゃ……湊さんと過ごしたい時間を削ってまで、私の面倒を――」

 「そんなことない! 湊さんは私が留音ちゃんと仲いいことも理解して、留音ちゃんと過ごす時間を優先してくれたわ! それは留音ちゃんが心優しい素直な子に育って、いつか素敵な誰かと結ばれますようにって……」


 自分の知らぬところで、大好きな先輩であり友人でもある時雨と、その思い人である湊に大切に思われていたと――留音は驚くと同時に嬉しさと感謝が入り混じり、思わず涙ぐむ。


 「そうだったのですか……」

 「そして留音ちゃんは私と湊さんが願った通り、素直で心優しく――可愛い女の子に育ってくれたわ。そんな貴女からの好意を伝えられたら一斗君もきっと湊さんと同じく、その思いを受け入れてくれるよ――」


 留音の手を握りつつ、時雨は笑顔とともに一斗を思う留音の気持ちに寄り添うかのように、自らを奮い立たせたきっかけである“魔法の言葉”を留音に伝えた。


 「……“恋する乙女”は強いのよ。一斗君も留音ちゃんより仲いい女の子がいる
って話は聞かないし、今からでも私と湊さんのような甘酸っぱい青春を送れるよう――後はひたすら“突き進む”だけだよ!」

 「……私は時雨さんの言う通り、一斗の事が大好きです! ずっと彼の側にいたい――分かりました。私――この思いを必ず一斗に伝えます」

 「うん! 頑張れ留音ちゃん……!」


 時雨に応援され、よりカズへの思いを強くした留音は、この恋が成就するよう励ましの言葉を掛ける時雨に感謝の言葉を伝えるのであった。





 「……湊さん、送り迎えと――今まで陰ながら応援してくれていたこと、ありがとうございました!」


 帰宅した時雨の夫の“波戸場 湊”(はとば みなと)に自宅まで送って貰うこと
となり、時雨とまた会うことを約束して別れた留音は、帰りの車内で暗くなった町並みを眺めながら、運転する湊に感謝の気持ちを述べる。


 「時雨はそのこと……話しちゃったのか」

 「あっ……はい」

 「僕と時雨だけの秘密にしておくつもりだったんだが……その話を聞いたということは、何か“勇気づけられた”んだね」

 「はい! 時雨さんが湊さんと結ばれたように、私も自分の思いを伝えたい相手に伝える意思が固まりました!」


 留音の言葉を聞き、そうか。と運転に集中しながらも、湊は彼女の決意に返答する。


 「小さかった留音ちゃんも“大人”になって行くんだね。その思い――届くよう
僕も応援するよ」

 「はい! ありがとうございます……!」


 留音の返事に湊も笑みを浮かべると、赤信号とともに停止して山の方――留音が思いを寄せるカズの家の方角をチラリと見た。

 信号が変わり再び車を発進させると、留音の思いが届きますようにと家のリビングに今でも飾られた――ウェディングドレスで着飾った時雨との結婚式の写真を思い浮かべながら、湊は頑張れ留音ちゃん。と返答するのであった。





 「遊陽と――」

 「遊無の――」

 『二人はビナリウス!』


遊無「今回のお話は私……留音さんと波止場夫妻の信頼関係に、思わず目頭が熱くなりました」

遊陽「海女のお姉さん……この話の数日後に無事出産したんだってな」

遊無「大変おめでたいことですね! お二人と新しい命には、末永く幸せになってほしいものです」

遊陽「今回のデュエルは、最後の決着がハイライトだな。安産祈願の赤珊瑚をお姉さんに握りしめさせて、人魚の悲しみの涙は墓地に捨て去り、カズのトンボと同じくひたすら前に突き進む一角で後押ししての決着という訳だな」

遊無「お話とデュエルが密接に結びついた――作者さんの自信作です」

遊陽「ちなみに海女のお姉さん――時雨さんの旧姓は大坂で“波止場しぐれ”と“
大阪恋時雨”の2つとも、名前の元ネタは女性演歌歌手の曲になってるぜ」

遊無「留音さんもカズさんへと思いを伝える決意を固めたところで、来週は恥ずかしながらとにかく定期テストが難しく、国、数、英が特に酷い有様だった私が追試に臨むため、経香先生や遊陽さん達とともにテスト対策で勉強浸けの日々を送ります」


 『次回! 遊戯王Binarius(ビナリウス) -幕間 遊無 落第の瀬戸際- お楽しみに!』
現在のイイネ数 29
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)


名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
46 1Turn 幽明を賑わす者 561 0 2022-11-11 -
48 2Turn 掛け声響く祭りの竜 458 2 2022-11-12 -
43 幕間 亡国の斜狐 435 0 2022-11-13 -
46 3Turn 幽“零”少女 398 0 2022-11-18 -
46 4Turn 複翅キ テイクオフ! 342 0 2022-11-19 -
38 5Turn 竜舞う花伝 262 0 2022-11-20 -
37 6Turn 還流の海人 407 0 2022-11-25 -
34 7Turn 繋がる異界 425 1 2022-11-26 -
42 幕間 遊楽の休日 364 0 2022-11-27 -
43 8Turn 境階の学び舎 380 0 2022-12-01 -
44 第一章 キャラクター紹介 369 0 2022-12-02 -
44 9Turn  開幕! 影鬼劇場! 365 0 2022-12-03 -
54 10Turn 花形役者と斜国の悪狐 422 0 2022-12-04 -
29 11Turn 陶酔へと誘う酒処 300 0 2022-12-09 -
46 12Turn 特別への自覚 338 0 2022-12-10 -
32 13Turn 波間に揺らめく波止場 333 0 2022-12-16 -
29 14Turn 命育む赤き血汐 396 0 2022-12-17 -
49 幕間 遊無 落第の瀬戸際 386 1 2022-12-24 -
39 15Turn 供養と円寂の儀 417 0 2023-01-14 -
57 16Turn 石の塔が崩れる時 293 0 2023-01-27 -
43 17Turn 盤上のアーティスト 442 0 2023-02-12 -
38 18Turn 夜空に咲く“賑やか”なる華 389 0 2023-02-21 -
45 19Turn タッグデュエル大会 開幕! 452 0 2023-03-09 -
33 20Turn ウフトカビラ&サギラ 385 1 2023-03-15 -
42 21Turn 岡と浪花 花よりたい焼き 315 0 2023-03-21 -
47 22Turn 徹頭徹尾の覚悟 375 1 2023-03-24 -
36 23Turn ビナリウス対バウンティフル 331 0 2023-04-12 -
34 24Turn 決着と新たな予兆 324 1 2023-04-13 -
48 今までの話が丸分かり! 第一章のあらすじ 384 0 2023-04-14 -
35 25Turn 異国からの訪問者 301 0 2023-05-26 -
25 26Turn 天上の採火 192 0 2023-06-02 -
33 幕間 3人の交流生 290 0 2023-06-04 -
62 27Turn 魘夢の魔族 284 0 2023-06-10 -
33 28Turn 羅漢の竜王 243 0 2023-06-21 -
31 29Turn 聖夜のマノン 296 0 2023-06-25 -
29 幕間 もう一人の遊無 256 2 2023-06-28 -
31 第二章 キャラクター紹介 274 1 2023-07-01 -
58 幕間 闘諍の予兆 323 0 2023-07-06 -
31 30Turn 狂課金(ミダース) 246 0 2023-07-10 -
56 31Turn 舞い上がる不死鳥の輪舞 351 0 2023-07-14 -
43 32Turn 巻き上げる関捩 299 1 2023-07-17 -
34 33Turn 夢に堕ちる仲間 320 0 2023-07-22 -
27 34Turn 友を取り戻せ! 252 0 2023-07-30 -
25 35Turn 堕ちた雷と涙雨の天河 278 0 2023-08-03 -
24 36Turn 伝えたい言葉 265 1 2023-08-11 -
24 37Turn 夢を喰らう獏 196 0 2023-08-26 -
22 38Turn 深淵のトモカヅキ 199 0 2023-09-03 -
74 39Turn 最遠のパズズ 280 0 2023-09-11 -
20 40Turn 所縁が結ぶ絆 191 0 2023-09-18 -
17 41Turn 活火激発の鍛人(かぬち) 201 0 2023-09-22 -
18 42Turn 巣林一枝のブルーバード 155 0 2023-09-23 -
26 今までの話が丸分かり! 第二章のあらすじ 242 1 2023-09-24 -
20 43Turn 次の関係(ステップ)へ 211 0 2023-10-20 -
24 44Turn 竜の駒 大洋を統べる 249 0 2023-10-22 -
28 45Turn マグナ ヌメンへの往訪 195 0 2023-10-26 -
25 46Turn 跳躍-精霊世界へ 194 0 2023-10-29 -
36 幕間 強化訓練と異界の住人 256 0 2023-11-02 -
25 47Turn 精霊世界 マースの森で 176 0 2023-11-05 -
25 祝一周年! 今後の展望など 209 0 2023-11-11 -
24 48Turn 精霊長アラウン 163 0 2023-11-15 -
23 第三章 キャラクター紹介 196 1 2023-11-16 -
24 49Turn 下される審判 174 0 2023-11-20 -
17 50Turn 猟犬従えし灰の王 192 0 2023-11-28 -
23 幕間 精霊世界の平生 235 0 2023-12-07 -
17 51Turn 最善の選択 158 0 2023-12-18 -
21 52Turn 立ちはだかる使者達 184 0 2023-12-28 -
18 53Turn 怨嗟積り秘号と成す 164 0 2023-12-30 -
20 54Turn 遊明の力 183 0 2024-01-02 -
22 今までの話が丸分かり! 第三章のあらすじ 192 0 2024-01-03 -

更新情報 - NEW -


Amazonのアソシエイトとして、管理人は適格販売により収入を得ています。
Amazonバナー 駿河屋バナー 楽天バナー Yahoo!ショッピングバナー