交流(共通)

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板

メインメニュー

クリエイトメニュー

その他

遊戯王ランキング

注目カードランクング


カード種類 最強カードランキング


種族 最強モンスターランキング


属性 最強モンスターランキング


レベル別最強モンスターランキング


デッキランキング

HOME > 遊戯王SS一覧 > 29Turn 聖夜のマノン

29Turn 聖夜のマノン 作:ジェム貯めナイト

 『デュエル――』


 現や日吾と時を同じくして、マノンも編入したクラスで行われているレクリエーション活動に参加し、彼女と向かい合いD・フェースを展開させた美術部に属する生徒、浪花 大我(なにわ たいが)とデュエルを開始した。


 浪花LP4000。 マノンLP4000。


 「……頑張れよ。浪花」

 「浪花くーん! マノンちゃーん! 期待してるよーっ!」


 同じクラスの美容院の跡取りにして、浪花と同じ美術部所属の岡と、千夜の姉で演劇部部長である織姫も声援を送る中、先行を取った浪花が手札から1枚のカードをマノンに見せつける。


 「それじゃあ今日も、収支を稼ぐとしますかね! 自分フィールドにモンスターが存在しないため、手札から白餡を詰めたたい焼き――《ホワイトビーン・ベイクドブリーム》を特殊召喚するぜ……!」


 ホワイトビーン・ベイクドブリーム
 効果モンスター
 /炎/レベル1/魚/攻撃力500。
 このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
 (2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札か
 ら特殊召喚できる。
 (2):このカードがリリースされ墓地に送られた場合に発動できる。自分の
 LPを500回復する。その後デッキからレベル1炎属性・魚族モンスタ
 ーを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は炎属性・
 魚族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。


 「サ ム ドヌ ファン!(お腹空いて来た) サ ア レー デリスィユー!(本当に美味しそう)」

 「マノンちゃん――ドゥース語はあたし達分かんないよ……」


 現れたたい焼きに目を輝かせ、手を合わせてチロリと舌を出すマノンへと織姫が申し訳なさそうに頼み込むと、我に返ったマノンは再びD・フェースを構え直す。


 「さあタイガ! 次は何を見せてくれるの……?」

 「たった1匹で満腹になるのは勿体ないぜ? 俺はホワイトビーンをテイクアウト! 薄皮を照り付けるは、火加減良好の眩き“タイ”陽――《サン・ザ・ベイクドブリーム》の“アドバンス召喚”だ……!」


 紙袋に包まれ白餡を詰めたたい焼きが消滅すると、程よい火加減で狐色に焼き上げられたたい焼きが湯気を立て、ピチピチと跳ねながら教室内へと姿を現す。


 サン・ザ・ベイクドブリーム
 効果モンスター
 /炎/レベル6/魚/攻撃力1000。
 このカードの効果を発動するターン、自分は炎属性・魚族モンスターしか
 召喚・特殊召喚できない。
 (1):自分フィールドにレベル1炎属性・魚族モンスターが召喚・特殊召喚
 された場合に発動できる。そのモンスターの攻撃力分自分のLPを回復
 し、このカードの攻撃力をアップする。


 「美味しそ――いけないいけない! 攻撃力たった1000ってことは、ここからナパージュ(つや塗り)していくんでしょ?」

 「中々の名推理――“タイ”したもんだ! リリースされたホワイトビーンの効果! 俺のLPを500回復し、デッキから新たにレベル1のたい焼きを焼き上げる……!」


 白餡に続き、甘く煮た小豆を詰め込んだたい焼きが新たに現れると、既に存在するこんがり焼けたたい焼きが徐々に肥大していく。


 浪花LP4000→4500。


 「俺の場に小粒のたい焼きが現れるたびに、サン・ザ・ベイクドブリームの効果でその攻撃力分LPを回復し、その数値を自身の攻撃力に加えるぜ……!」


 浪花LP4500→5000。 攻撃力1000→1500。


 「更に呼び出したレッドビーンの効果で、デッキから新たに2匹のレッドビーンを呼び寄せる……!」

 「……そうしてLPを稼ぎ、たい焼き達の攻撃力を増すことこそ、浪花の戦術」


 浪花LP5000→6000。 攻撃力1500→2500。


 「カードを2枚伏せ、俺はターン終了! さあ、マノンさんはどう来る……?」


 こんがりと焼けた巨大なたい焼きと、その後を追随して泳ぐ3匹の小豆を詰めたたい焼きを眺めるマノンは、カードを引くと手札に握る1枚と持ち替え、そのカードを掲げてD・フェースに挿入させる。


 「だったらアタシも、C・S・Ë(クリスノーエル)の魔法カードから始めるよーっ! 手札の《C・S・Ë レンヌ》を見せることで《C・S・Ë イルミネーション》を発動っ!」


 発動させたカードに続き、マノンが手札のモンスター1体を掴んで掲げるとともに、教室には色鮮やかな光が差して白い雪が降り始め、立派な角を生やしソリを引くトナカイが薄っすらと実体化する。


 C・S・Ë イルミネーション 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):手札からレベル6以下の「C・S・Ë」モンスター1体を相手に見せて
 発動できる。
 そのモンスターのレベルと同じ枚数自分のデッキの上からカードをめく
 り、その中からレベル4以下の「C・S・Ë」モンスター1体を手札に加え
 る。この効果で手札に加えた場合、自分は手札を1枚選んで捨てる。


 「その効果で見せたレンヌのレベルと同じ――デッキの上からカードを5枚めくって、その中から《C・S・Ë リース》を手札に加えるよ! そしてこの効果で手札に加えたから、手札のリースを“捨てる”――」

 「わざわざ強調したってことは……」

 「そして今! “捨てる”行為をした事で、墓地のリースは効果を発動するよ! その効果で墓地より特殊召喚……!」


 C・S・Ë リース
 効果モンスター
 /光/レベル1/天使/攻撃力300。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられたターンのエンドフェイズに発
 動できる。自分の墓地の「C・S・Ë」モンスター1体を手札に加える。
 (2):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。
 このカードを墓地から特殊召喚する。


 リース守備力200。


 「手札から捨てる――マノンさんのデッキが鍵とする効果か……?」

 「アタシの“C・S・Ë”達は、手札から捨てられると効果を発揮する! リースを捧げることで“アドバンス召喚”! 積雪を蹴とばし、聖夜の空を駆けて! 《C・S・Ë レンヌ》……!」


 小さな人形や毛糸で飾り付けられたU字型の飾りの輪は光に包まれ、蹄鉄へと変化し、ソリを引きながら現れた立派な角を持つトナカイの蹄に装着されると、雪を蹴り飛び上がったトナカイを宙に舞い上がらせる。


 レンヌ攻撃力1800。


 「ラ バタイユ!(バトル) アタシはレンヌで“タイ”陽を瞬間凍結させる……!」

 「だが太陽のたい焼きの方が攻撃力は上……!」


 マノンがこんがりと焼けたたい焼きを指差すとともに、宙を駆けるトナカイは首元の鈴を鳴らし、勢いよく駆けだすとたい焼きに向けて頭の角を突き出す。


 「アタシの“C・S・Ë”が攻撃する時、手札の《C・S・Ë エトワール》を捨てることでレンヌの効果発動だよ! 攻撃モンスターの攻撃力を捨てたモンスターのレベル×200アップさせる……!」


 C・S・Ë レンヌ
 効果モンスター
 /光/レベル5/天使/攻撃力1800。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分の「C・S・Ë」モンスターの攻撃宣言時に、手札から「C・S・
 Ë」モンスター1体を捨てて発動できる。その攻撃モンスターの攻撃力は
 ターン終了時まで捨てたモンスターのレベル×200アップする。
 (2):このカードが墓地に存在する場合、相手モンスターの直接攻撃時に手
 札の「C・S・Ë」モンスター1体を捨てて発動できる。このカードを特殊
 召喚する。
 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外
 される。


 「捨てたエトワールのレベルは8! いっけーレンヌ! ノエルクリール・ボブスレー……!」


 突進するトナカイの角がたい焼きへと突き刺さり、串刺しとなったたい焼きが消滅すると、急ブレーキをかけトナカイが蹴り飛ばした雪が、浪花へと降りかかる。


 レンヌ攻撃力1800→3400。


 「わ――ぶっ……!?」 浪花LP6000→5100。


 「熱々たい焼きが、アイスたい焼きに……!」

 「更に手札から捨てたエトワールの効果で、デッキから1枚のカードを手札に加えるよ」


 D・フェースが選び出したカードがシャッフルされたデッキの一番上に移動し、マノンがそのカードを引くとともに、バトルを終え発動されたそのカードが周囲を雪景色へと変化させ、足元の雪を踏み固めるトナカイを光が包んでいく。


 「そしてアタシはこのカードを発動! “聖夜”の空で一番星が示す道灯り――降誕して! 儀式魔法《C・S・Ë ナティビティ》……!」


 C・S・Ë エトワール
 効果モンスター
 /光/レベル8/天使/攻撃力0。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):レベル8以下の「C・S・Ë」儀式モンスターの儀式召喚を行う場合、
 その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、墓地のこのカー
 ドを除外できる。
 (2):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。デッキか
 ら「C・S・Ë ナティビティ」1枚を手札に加える。


 C・S・Ë ナティビティ 儀式魔法
 「C・S・Ë」儀式モンスターの降臨に必要。
 (1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
 自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わ
 りに自分の手札から「C・S・Ë」モンスターを捨てて、手札から「C・S・
 Ë」儀式モンスター1体を儀式召喚する。


 『儀式魔法だと……!?』

 「これがアタシの“C・S・Ë”! レンヌをリリースし、手札の《C・S・Ë デギゼ ボネ》を捨てることで“儀式召喚”だよ!」 


 やがてトナカイは場に現れたサンタの帽子とともに消滅すると、空の彼方からソリ引くトナカイの手綱を操り、ソリに座る真っ赤な服の聖人が、吹き付ける粉雪をトレードマークの白い髭に付着させつつ近づいてきた。


 「アタシをスキーに乗せちゃって! 夢を届け配れよカドー! 降臨しちゃえ! 《C・S・Ë セントニコラス》……!」


 C・S・Ë セントニコラス
 儀式、効果モンスター
 /光/レベル7/天使/攻撃力2200。
 「C・S・Ë ナティビティ」により降臨。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分・相手メインフェイズに発動できる。手札から「C・S・Ë」モン
 スター1体を捨ててデッキからカードを1枚ドローする。その後捨てたモ
 ンスターのレベル×100のダメージを相手に与える。


 「マノンさんは儀式召喚の使い手か……」

 「セントニコラスに捧げたデギゼ ボネの効果――タイガの伏せカード1枚を破壊する……!」


 再び現れたサンタの帽子が浪花へと迫り、伏せカードへと覆い被さって場から消滅させようとする。


 C・S・Ë デギゼ ボネ
 効果モンスター
 /光/レベル3/天使/攻撃力800。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合、相手フィールドにセッ
 トされた魔法、罠カード1枚を対象に発動できる。そのカードを破壊す
 る。


 「おっと、対象となった罠カード《ナシワリ・ブリーム》の発動だ! レッドビーン3匹をリリースすることで、その攻撃力の合計1500の収支をLPに加えるぜ!」


 浪花LP5100→6600。


 「まだまだLPを高めるつもり? だったらアタシもセントニコラスの効果発動! 手札の《C・S・Ë シャンデル》を捨てて1枚ドロー! そして捨てた“C・S・Ë”のレベル×100ダメージがタイガに降り注ぐよ……!」


 手綱を引き、更に天高くまで上昇した赤い服の聖人は、マノンが手札から見せたカードを墓地に送るとともに無数のプレゼント箱を宙に出現させ、一斉に浪花へと降り注がせる。


 「やばっ――」」

 「シャンデルのレベルは3! ボンブ ドゥ カドー……!」


 そして投下されたプレゼント箱は空中で爆発し、腕で頭を守ろうとする浪花の姿を爆風が隠していく。


 「ぐっ……」 浪花LP6600→6300。


 「子供達の夢が爆散とか――迷惑すぎるだろ……」

 「デッカい大志は、小さな箱に収まらない物! 手札から捨てられたシャンデルの効果で、デッキの上からカード3枚をめくって《C・S・Ë アビエス》を手札に加えるよ!」


 C・S・Ë シャンデル
 効果モンスター
 /光/レベル2/天使/攻撃力200。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。
 自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から「C・S・Ë」カー
 ド1枚を選んで手札に加える。


 C・S・Ë アビエス
 効果モンスター
 /光/レベル2/天使/攻撃力400。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合、相手フィールドの表側
 表示のカード1枚を対象に発動できる。そのカードを破壊する。


 「このアビエスは手札から捨てられると、タイガの表側表示のカード1枚を破壊できる」

 「セントニコラスによって、俺のターンでも使用できるってか。中々厄介だな――」


 マノンが手札に握る2枚の内、もう1枚のカードを場に伏せると、墓地に送られたU字型の飾りの輪が再び現れるとともに、飾り全体が光を発する。


 「リースが手札から捨てられたターンのエンドフェイズに、墓地から“C・S・Ë”1体を手札に加えるよ。アタシはシャンデルを選択」

 「再び手札から捨て、効果の発動を狙う。という訳か――俺のターン!」


 引き当てた“官職のたい焼き”に視線を落とした浪花は、そのまま場に伏せていたカードを俯瞰し、戦略を練り上げたところで早速伏せカードの発動を宣言する。


 「決めたぜ。まずは罠カード《ファーム・レイズド》を発動だ! 墓地のレッドビーン3匹を除外し、1匹に付き1000の利益が発生する……!」


 浪花LP6300→9300。


 「浪花が大幅にLPを回復させた……!」

 「更に除外したのが同名カードのみなため、デッキから永続魔法《ベイクド・グリトル》を加えて発動だ! このカードは1ターンに1度、デッキから小粒のたい焼きを焼き上げる効果を持つぜ」

 「だったらここが使いどころかなぁ……! もう一度セントニコラスの効果――ボンブ ドゥ カドーで、手札のアビエスを捨ててドロー! そして200ダメージだよ!」


 再び爆薬が詰まったプレゼント箱が大量にバラ撒かれ、浪花のLPを削るとともにマノンは手札1枚を交換し、捨てられたモミの木が実体を持ち降って来ると、設置された調理機器を押し潰す。


 浪花LP9300→9100。


 「ちっ……破壊されちまったか」


 浪花はひしゃげた調理機器が消滅するのを眺めつつ、飄々としながらも自らが打つ一手を的確に射貫くマノンに舌を巻くと、2枚の手札からまずは魔法カードを発動させる。


 「だが俺にはまだ、このカードがある! 魔法カード《餡の量産体制》! こいつで墓地と除外状態の養殖物のたい焼き3匹を一気に焼き上げるぜ!」


 マノンに見せつけたのち、D・フェースに挿入したカードがその効果を発動すると、宙に3つの生地が浮かぶとともに渦巻いて、噴き上がった炎によって炙られる事で一気に3匹のたい焼きが焼き上がる。


 餡の量産体制 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分の墓地・除外状態の自分のレベル1炎属性・魚族モンスター3体
 を対象に発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動
 後、ターン終了時まで自分は炎属性・魚族モンスターしか召喚・特殊召喚
 できない。


 「よって俺の場にレッドが2匹、ホワイトが1匹焼き上がった!」

 「来るか――」

 「“アドバンス召喚”――来なよタイガ!」


 浪花が拳を突き上げるとともに、赤と白のたい焼きが紙袋に包まれ消滅すると、最後の手札を液晶盤に置き、冠を付け袍を纏ったたい焼きが新たに焼き上げられた。


 「俺はレッドとホワイトをテイクアウト! “タイ”食漢のたい焼きよ! 官職に就く様は正に“大位”である! 現れろ――《エミネンス・ベイクドブリーム》……!」


 エミネンス攻撃力0。


 「2体のリリースで攻撃力0……?」

 「な訳ないじゃんさ! だよね浪花君?」

 「織姫さんの言う通りだ。まずはリリースされたホワイトビーンの効果でLPを500回復し、デッキから《カスタード・ベイクドブリーム》を焼き上げる」


 最上級モンスターの割に、攻撃力が0の浪花のたい焼きを見た1人のクラスメイトが訝しむも、織姫がフォローするとともに再びマノンへと向き合った浪花は、新たにたっぷりとクリームを詰めたたい焼きをデッキから呼び出す。


 浪花LP9100→9600。

 
 「そしてエミネンスの攻撃力は、俺のLPの半分アップするぜ」

 「9600の半分ってことは――」


 エミネンス攻撃力0→4800。


 「やるじゃんタイガ――その攻撃力で仕掛けるつもり……?」

 「ああ! 行くぜマノンさん! エミネンスの攻撃――プレステージ・エミッション……!」

 「迎え撃って! セントニコラス――デサンドル ラ シュミネ……!」


 浪花が叫び、マノンが答えることで官職のたい焼きと白髭の聖人は互いに向かい合い、官職のたい焼きが中身の餡を大きな塊として打ち出し、白髭の聖人はソリから飛び降りると背負った袋を振るって雪の塊をぶちまける。


 「アタシはトラップ発動――《リュール・アリュシナシオン》……! 発動とともに手札のシャンデルを捨てることで、セントニコラスは破壊されず、ダメージはタイガと分かち合う――」


 2つの塊が衝突し破裂すると、宙に無数のマッチ棒が現れ火が灯り、食卓を囲み団らんする聖夜の幻影が浮かぶとともに、2人へと餡と雪が降りかかる。


 リュール・アリュシナシオン 通常罠
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):手札の「C・S・Ë」モンスター1体を捨てて、自分フィールドの
 「C・S・Ë」モンスター1体を対象に発動できる。
 このターンそのモンスターは戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自
 分への戦闘ダメージは相手も受ける。
 (2):墓地のこのカードを除外して発動できる。自分の墓地から「C・S・
 Ë」モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地に送ら
 れたターンには発動できない。


 『うっ……』 浪花LP9600→7000。 マノンLP4000→1400。 エミネンス攻撃力4800→3500。


 「手札から捨てられたシャンデルの効果――ここは《C・S・Ë キャロット ル ネ》を手札に加えるよ」

 「破壊できなかったか――俺はこれでターン終了」


 カスタードとレッドビーン、そして官職のたい焼きを残して浪花はターンを渡すが、どこか余裕なそぶりを見せる彼へとマノンは警戒する。


 「先に教えてやるぜ。このエミネンス・ベイクドブリームは、相手フィールドのモンスターの効果が発動した時、その効果を無効にして自らの攻撃力に加えるぜ」

 「だったらアタシも教えといてあげる。このキャロット ル ネは手札から捨てられると、そのターン中アタシの“C・S・Ë”達の攻撃力をそのレベル×200アップさせるよ……!」


 エミネンス・ベイクドブリーム
 効果モンスター
 /炎/レベル7/魚/攻撃力0。
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):この攻撃力は自分LPの半分アップする。
 (2):相手フィールドのモンスターが効果を発動した時に発動できる。
 その効果を無効にし、そのモンスターの攻撃力分このカードの攻撃力をア
 ップする。


 C・S・Ë キャロット ル ネ
 効果モンスター
 /光/レベル4/天使/攻撃力1800。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。
 自分フィールドの「C・S・Ë」モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで
 そのモンスターのレベル×200アップする。


 「セントニコラスの効果でキャロット ル ネを捨てれば、攻撃力は3600となって、ギリギリ浪花君のエミネンスを超えられる――」

 「タイガも中々やるけど、それでもアタシには及ばない……! セントニコラスの効果――ボンブ ドゥ カドー!」

 「止めざるを得ねぇ。俺はエミネンスの効果発動――ランク・ビヘイヴィア……!」


 再び宙に無数のプレゼント箱が出現するが、その全てに吐き出された餡が着弾すると、爆薬が詰められたプレゼント箱は炸裂することなく落下する。


 攻撃力3500→5700。


 「これでタイガは打つ手無し! 《C・S・Ë ダンド》を召喚して、効果発動。アタシは――セントニコラスを手札に戻す」


 マノンが手札からカードを見せ、液晶盤に置くとともに、頭の先から首まで真っ赤に染まった巨大な鳥は白髭の聖人へと飛び掛かり、場から手札へと追いやった。


 C・S・Ë ダンド
 効果モンスター
 /光/レベル4/天使/攻撃力1300。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドの「C・S・Ë」モンスター1体を対象に発動できる。
 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
 (2):自分フィールドの「C・S・Ë」モンスターが攻撃対象となった場合、
 手札のこのカードを捨てて発動できる。その攻撃を無効にする。


 「手札に……? 一見無意味に思えるが――」


 液晶盤に置かれた儀式モンスターを自らの手札に戻したことで、観戦する生徒達はミスかと口々に意見を交わし合うが、周りの声など気にもせず、マノンは更に手札の魔法カードを発動させる。


 「そしてこのセントニコラスを見せることで、魔法カード《プロメトル エ ル ペール・ノエル》は発動できる! 墓地から儀式魔法――ナティビティを手札に加えて、ナティビティを含む手札が3枚以下なら更に1枚ドローできる……!」


 プロメトル エ ル ペール・ノエル 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):手札の「C・S・Ë」儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
 自分の墓地から「C・S・Ë ナティビティ」1枚を手札に加える。
 その後自分の手札が3枚以下の場合、デッキからカードを1枚ドローす
 る。


 「確かマノンちゃんの手札には――」

 「今加えたナティビティに、戻したセントニコラス、そしてキャロット ル ネがある――」


 織姫と岡が指折り数えて現在のマノンの手札を予測すると、このドローで決まる――。とデッキに手を掛けるマノンの行動に、浪花は大きく出たとその度胸に感心する。


 「……そのドローで逆転出来なけりゃ、セントニコラスは完全な戻し損だ」

 「――今のマノンちゃんは、1枚でこの状況をひっくり返すカードを引くため、命運を託した大博打をするってことだね」

 「……引いて見せる。キ ヌ リスキ リヤン ナ リヤン……!(危険を冒さない
者は何も得られない)」


 指に力を込め、右の瞳に一瞬だけ白く燃える炎を宿したマノンがストレートの髪をなびかせ、勢いよくデッキからカードを引き抜くと、引いたカードを確認したマノンは再び浪花へと真剣な面持ちで向き直る。


 「――っ! 来る……!」

 「……見てて、サバス――もう一度儀式魔法《C・S・Ë ナティビティ》を発動――」


 儀式召喚を行う魔法カードの発動とともに、天に昇っている星が煌めくとともに流星となり、マノンが差し出した手の中に降って来ると、手のひらサイズの星型の飾りがマノンの手の中にすっぽりと収まる。


 「アタシがレベル8以下の“C・S・Ë”を儀式召喚する際に、墓地のエトワールを除外することで儀式を執り行うことができる……!」


 再びマノンの手の中の星は宙へと浮かび、ぐるりと場を一周する8つの星へと分裂すると、その中心に不格好ながらも、どこか頼りがいのある兵隊の恰好をした木製の手作り人形が直立したまま現れる。


 「墓地からエトワールを除外し――“儀式召喚”……! 現れて――聖夜に貰い受けし、大切な宝物! 《C・S・Ë カッス ノワゼット》……!」


 カッス ノワゼット攻撃力2400。


 「これは――マノンさんの“真の切り札”か……!?」


 現れたくるみ割り人形が鞘から剣を抜き、浪花へと剣先を向ける姿を見て、自身の膝丈ほどの木製の人形から発する敵意に、浪花は思わず一歩後ずさりする。


 「……アタシに“与えられた”誕生日も、降誕で賑わう“聖夜”だった――」

 「マノン――ちゃん……?」


 一瞬俯き、表情を曇らせたマノンにどうしたのか。と織姫は声を掛けようとするも、再び顔を上げたマノンはD・フェースを操作し、墓地からカードの効果を発動させる。


 「墓地の《リュール・アリュシナシオン》を除外して、墓地からデギゼ ボネを手札に回収するよ! そしてこのデギゼ ボネとセントニコラス、キャロット ル ネを捨てることで、カッス ノワゼットの効果発動っ……!」


 たった今手札に加えたばかりのサンタの帽子、更に白髭の聖人と雪玉の顔部分に付けられた人参の鼻の3枚をマノンは掲げ、墓地に送るとともに、くるみ割り人形の背後から猛吹雪が押し寄せる。


 「この効果で捨てた枚数と同じ数の相手モンスターを対象に、その効果を無効にして攻撃力を0にするよ! ペイザージュ アンネジェ……!」


 やがて3匹のたい焼きへと到達した吹雪がたい焼き達を急速で凍らせ、動きを止めるとともに、チュチュに身を包んだ妖精達が現れ、踊りを披露し始める。


 C・S・Ë カッス ノワゼット
 儀式、効果モンスター
 /光/レベル8/天使/攻撃力2400。
 「C・S・Ë ナティビティ」により降臨。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):手札から「C・S・Ë」モンスターを3体まで墓地に捨て、捨てた枚数
 と同じ数の相手フィールドの表側表示モンスターを対象として発動でき
 る。ターン終了時までそのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化
 される。
 この効果で3体を捨てた場合、このターンこのカードが相手に戦闘ダメー
 ジを与える場合、1度だけそのダメージは倍になる。


 エミネンス攻撃力5700→0。


 「浪花のたい焼きがカチコチに……!?」

 「だ――だが俺のLPは7000もある! このターンさえ凌げば――」

 「この効果で3体を凍り付かせたノワゼットは、このターンに1度だけ相手に与えるダメージが倍になるよ! しかも手札から捨てられたキャロット ル ネの効果で、その攻撃力は200の8倍アップする……!」


 カッス ノワゼット攻撃力2400→4000。


 「な……っ!?」

 「……決まったか。これで浪花のLPは0――」

 「楽しかったよタイガ――カッス ノワゼットの攻撃! アタシを導いて――アンヴィテ・ペイデュ・パティスリー……!」


 お菓子の精が次々踊りを披露し終えて消えていく中、剣を構えたくるみ割り人形は俊敏な動きで凍り付いた官職のたい焼きに接近し、剣を振るってその身を一刀両断させる。


 「くっ――うわああっ……!?」


 浪花LP7000→0。





 「いやーつえぇな……見事だったぜ」


 デュエルを終えた2人はD・フェースを元のタブレット端末の形状に戻し、デッキをしまうと、浪花とマノンは互いに握手をして健闘を称え合う。


 「セ ラ ヴィ(これが人生)……でも貴方はまだまだ強くなれる」

 「ああ! ……見てろよ。次は俺が勝つからな!」


 2人がデュエルを通じて親睦を深めるとともに、各クラスのレクリエーションは終わりを告げる。

 夕日が校庭を照らして地面を赤みがかった黄色に染める中、日吾とマノンは遊陽達と玄関で別れ、迎えに来たワゴン車へと乗り込んだ。


 「お疲れさん。そうだ2人とも――近々捜索に入る“フリュギア社”の事だけど――」

 「古着屋……?」

 「……消息を絶ったうちの潜入員が囚われてるだろうって、例の“秘号(エンクレーブ)”も関わってるみたく、あっしやサバスさん達突入部隊が助け出すんスよ」


 赤に変わった信号の前で停車すると、マルチェッロが取り出したD・フェースを操作し、投げ渡されたD・フェースを後部座席の2人は受け取ると、表示された内容を一望する。


 「オンラインゲームを運営するフリュギア社、監禁と優良誤認の疑惑――」

 「仲間は必ず助け出す。ヒューゴはその間、探知の精霊の力でユームちゃんとこの町を頼んだぜ」


 行方不明となっている“守護霊の防人(ゲニウス カストゥディーズ)”の隊員が記されたリストを眺め、フリュギア社への突入計画を頭に叩き込んだ2人は、記載された文書をゴミ箱へとドロップする。


 傾く夕日にはいつしか濃い藍色が混じり、不気味な眺望を描くさまは、フリュギア社と秘号――双方との激しい戦いが控えていることを暗に示すようであった。





 「僕、日吾と――」

 「アタシ! マノンの――」

 『ビナリウス回顧録!』


日吾「お疲れマノンさん、先輩相手に“C・S・Ë(クリスノーエル)”の力を見せつけたって聞いたけど」

マノン「ビヤン アンタンデュ!(当然) ジュ スュイ ザン トラン デュ ガニエ……!(私が勝ったわ)」

日吾「マノンさんがドゥースの言葉で喋ると、僕達付いていけないよ。そんなマノンさんの使う“C・S・Ë”も、カード名にドゥース語が多いのが特徴だね」

マノン「オター(著者)のお気に入りは、デギゼ ボネ(仮装帽子)――サンタの帽子。とか、リュール・アリュシナシオン(微光の幻覚)――聖夜の幻覚を見せるマッチ。みたい」

日吾「そして儀式モンスターは、聖夜にまつわる物語の人物が元となっている。手札の“C・S・Ë”を捨ててデュエルを有利にする効果を発揮するんだね」

マノン「ウィ ヴォワラ(うん、その通り)――そして次回は、ヒューゴと約束したユーヒがもう一人のユームの真実に迫るため、アタシ達が精霊の力を合わせてユームの精神世界へと向かうことに――」


 『次回! 遊戯王Binarius(ビナリウス) -幕間 もう一人の遊無-』


マノン「ヒューゴ達がドゥースで伝わらないなら、アルビオンにする? それともマグナ ヌメン……?」

日吾「ヒノモト言葉で頼むよ。……僕の力ならもう一人の遊無さんの元までたどり着ける。次回、もう一人の遊無さんと再び相対する――」
現在のイイネ数 33
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)


名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
51 1Turn 幽明を賑わす者 585 0 2022-11-11 -
48 2Turn 掛け声響く祭りの竜 465 2 2022-11-12 -
43 幕間 亡国の斜狐 444 0 2022-11-13 -
46 3Turn 幽“零”少女 403 0 2022-11-18 -
48 4Turn 複翅キ テイクオフ! 352 0 2022-11-19 -
39 5Turn 竜舞う花伝 272 0 2022-11-20 -
39 6Turn 還流の海人 418 0 2022-11-25 -
36 7Turn 繋がる異界 448 1 2022-11-26 -
45 幕間 遊楽の休日 378 0 2022-11-27 -
43 8Turn 境階の学び舎 384 0 2022-12-01 -
44 第一章 キャラクター紹介 376 0 2022-12-02 -
46 9Turn  開幕! 影鬼劇場! 376 0 2022-12-03 -
56 10Turn 花形役者と斜国の悪狐 431 0 2022-12-04 -
30 11Turn 陶酔へと誘う酒処 307 0 2022-12-09 -
47 12Turn 特別への自覚 346 0 2022-12-10 -
34 13Turn 波間に揺らめく波止場 343 0 2022-12-16 -
31 14Turn 命育む赤き血汐 407 0 2022-12-17 -
50 幕間 遊無 落第の瀬戸際 393 1 2022-12-24 -
40 15Turn 供養と円寂の儀 424 0 2023-01-14 -
57 16Turn 石の塔が崩れる時 298 0 2023-01-27 -
45 17Turn 盤上のアーティスト 452 0 2023-02-12 -
38 18Turn 夜空に咲く“賑やか”なる華 395 0 2023-02-21 -
47 19Turn タッグデュエル大会 開幕! 475 0 2023-03-09 -
34 20Turn ウフトカビラ&サギラ 394 1 2023-03-15 -
43 21Turn 岡と浪花 花よりたい焼き 321 0 2023-03-21 -
49 22Turn 徹頭徹尾の覚悟 391 1 2023-03-24 -
39 23Turn ビナリウス対バウンティフル 347 0 2023-04-12 -
35 24Turn 決着と新たな予兆 330 1 2023-04-13 -
49 今までの話が丸分かり! 第一章のあらすじ 389 0 2023-04-14 -
35 25Turn 異国からの訪問者 308 0 2023-05-26 -
25 26Turn 天上の採火 199 0 2023-06-02 -
35 幕間 3人の交流生 298 0 2023-06-04 -
62 27Turn 魘夢の魔族 287 0 2023-06-10 -
33 28Turn 羅漢の竜王 248 0 2023-06-21 -
33 29Turn 聖夜のマノン 307 0 2023-06-25 -
29 幕間 もう一人の遊無 261 2 2023-06-28 -
31 第二章 キャラクター紹介 280 1 2023-07-01 -
59 幕間 闘諍の予兆 329 0 2023-07-06 -
33 30Turn 狂課金(ミダース) 254 0 2023-07-10 -
57 31Turn 舞い上がる不死鳥の輪舞 359 0 2023-07-14 -
43 32Turn 巻き上げる関捩 308 1 2023-07-17 -
35 33Turn 夢に堕ちる仲間 346 0 2023-07-22 -
28 34Turn 友を取り戻せ! 256 0 2023-07-30 -
26 35Turn 堕ちた雷と涙雨の天河 283 0 2023-08-03 -
24 36Turn 伝えたい言葉 270 1 2023-08-11 -
24 37Turn 夢を喰らう獏 200 0 2023-08-26 -
25 38Turn 深淵のトモカヅキ 211 0 2023-09-03 -
74 39Turn 最遠のパズズ 286 0 2023-09-11 -
21 40Turn 所縁が結ぶ絆 198 0 2023-09-18 -
18 41Turn 活火激発の鍛人(かぬち) 209 0 2023-09-22 -
19 42Turn 巣林一枝のブルーバード 159 0 2023-09-23 -
26 今までの話が丸分かり! 第二章のあらすじ 247 1 2023-09-24 -
21 43Turn 次の関係(ステップ)へ 220 0 2023-10-20 -
27 44Turn 竜の駒 大洋を統べる 286 0 2023-10-22 -
31 45Turn マグナ ヌメンへの往訪 206 0 2023-10-26 -
25 46Turn 跳躍-精霊世界へ 200 0 2023-10-29 -
36 幕間 強化訓練と異界の住人 259 0 2023-11-02 -
26 47Turn 精霊世界 マースの森で 184 0 2023-11-05 -
25 祝一周年! 今後の展望など 227 0 2023-11-11 -
24 48Turn 精霊長アラウン 169 0 2023-11-15 -
23 第三章 キャラクター紹介 202 1 2023-11-16 -
29 49Turn 下される審判 199 0 2023-11-20 -
20 50Turn 猟犬従えし灰の王 207 0 2023-11-28 -
24 幕間 精霊世界の平生 259 0 2023-12-07 -
20 51Turn 最善の選択 169 0 2023-12-18 -
22 52Turn 立ちはだかる使者達 204 0 2023-12-28 -
21 53Turn 怨嗟積り秘号と成す 182 0 2023-12-30 -
21 54Turn 遊明の力 197 0 2024-01-02 -
23 今までの話が丸分かり! 第三章のあらすじ 204 0 2024-01-03 -

更新情報 - NEW -


Amazonのアソシエイトとして、管理人は適格販売により収入を得ています。
Amazonバナー 駿河屋バナー 楽天バナー Yahoo!ショッピングバナー