交流(共通)

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板

メインメニュー

クリエイトメニュー

その他

遊戯王ランキング

注目カードランクング


カード種類 最強カードランキング


種族 最強モンスターランキング


属性 最強モンスターランキング


レベル別最強モンスターランキング


デッキランキング

HOME > 遊戯王SS一覧 > 38Turn 深淵のトモカヅキ

38Turn 深淵のトモカヅキ 作:ジェム貯めナイト

 日吾達がデュエルを繰り広げると同時に、遊陽ともう一人の遊無も校庭で2体の
秘号(エンクレーブ)と向き合い、命を賭したデュエルを開始した。


 『それじゃあ始めようぜぇ……! 風肖(ふしょう)らとの“闇のデュエル”を
さぁ!』 


 背中から薄い2対の翅を生やし、やせ細った人の身体にイナゴの顔面をした風の
秘号――パズズは、自らの腕に集った大量のイナゴをD・フェースへと変化させる


 折り目付きの黒いドレスを纏い、髪の毛のように生やした触手とのっぺらぼうの
顔に牙の生えた口をした水の秘号――トモカヅキも、自らの腕にD・フェースを生
やし、もう一人の遊無へとデュエルを仕掛ける。


 「……遊陽、この戦い――決して負けてはならない」

 「ああ――早くこいつらを倒して、皆を助けに行かないと」


 遊無に代わり肉体の支配権を得たもう一人の遊無とともに、遊陽がD・フェース
を構えると、2体の秘号とのデュエルが同時に開始された。


 『デュエル――』


 遊陽LP4000。 パズズLP4000。 遊無LP4000。 トモカヅキLP4000。


 『こちらから行きますわよ? 早速自らが住処の“板”へと案内いたしますわ!



 先行を取り、自らのターンを開始したトモカヅキは、早速もう一人の遊無へと1
枚のカードを見せつけて発動させる。


 『フィールド魔法《WWW-ワード・ウェブ・ウェーブ》の発動ですわよ……!



 宙へと浮かんだ枠の中に、複数の人物のやり取りが交わされる電子掲示板が再現
されると、彼女本来の血色の瞳で睨んでくるもう一人の遊無へと、トモカヅキは柔
らかな物言いで語り掛ける。


 『あらまぁ、随分と険しい顔つきのお嬢様ですこと』

 「其処許はあの鳥の仲間――吾を一度滅ぼした者の同類に、情けの余地などない



 怒りで拳を震わせるもう一人の遊無に、トモカヅキは何がおかしいのかケタケタ
と笑いながら、手札のカード2枚を液晶盤へと裏向きで置いて場に伏せる。


 『お可哀そうに……ですが仕方ありませんわね。そちらのお嬢様はあの時の炎が
余程怖かったのでしょう……?』

 「…………」

 『恥ずべきことではありませんわ。そちらのお嬢様も、所詮はうら若き乙女です
ものねぇ――水からはモンスターとカードを1枚ずつ伏せ、これにてターンを終え
ますわ』


 トモカヅキを睨みつけたまま、今にも掴みかかりそうなもう一人の遊無だったが
、彼女の左目が再び元の夜空を思わせる青味が差す色へと変わり、遊無の声が脳裏
に響いて来た。


 ――落ち着いて、挑発に乗れば秘号の思うつぼよ……?

 「分かっている。吾の番だ!」


 精神世界から響く遊無の声に返答し、もう一人の遊無がデッキからカードを引き
発動させたことで、地中から巨大な門がそびえ立つ。


 「吾は永続魔法《現界の丑寅門》の発動によって、吾が従えし“幽鬼”を続けて
召喚する! 現れよ――《傘幽鬼 唐傘小僧》に《削幽鬼 鎌鼬》……!」


 鬼門を潜り、1本足で立つ古びた傘の妖と、両手に鎌を携えた鼬に似た妖がもう
一人の遊無の元へと馳せ参じる。


 唐傘小僧攻撃力1300。 鎌鼬攻撃力1800。


 「鎌鼬が現れた事で、その伏せ札は手札へと戻してもらう」


 もう一人の遊無がトモカヅキを指差すことで、D・フェースから排出された伏せ
たカードを手札へと加えたトモカヅキは両手を広げ、2体の妖を歓迎するかのよう
に攻撃を急かす。


 『お忘れなきように。この“電子板”の中ではそちらのお嬢様はロムるだけでは
済まさず、醜い“口争”にレスらなければいけませんわ!」


 「攻撃の強制か――唐傘小僧がいる限り、吾の“幽鬼”達は貫通能力を得る」


 バトルフェイズに入るとともに、攻撃の指示を促すD・フェースをもう一人の遊
無は操作すると、先に傘の妖が先端を伏せられたモンスターに向けて突撃を開始す
る。


 WWW-ワード・ウェブ・ウェーブ フィールド魔法
 (1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、攻撃可能な相手モンスタ
 ーは攻撃しなければならない。
 (2):自分フィールドの水属性・サイバース族モンスターが破壊され墓地へ送ら
 れた場合に発動する。相手に500ダメージを与える。


 『さあ、水からと交わしましょう? 醜い言い争いを……!』


 伏せられたモンスターが裏返り、銀色の体色に赤いヒレをした訪れた者を誘導す
る深海魚が傘の先端に貫かれると、先端から迸る妖気を帯びた光線がトモカヅキを
貫く。


 ディスカウンティ・ルッセリィ
 効果モンスター
 /水/レベル1/サイバース/攻撃力200。
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが表側表示でフィールドに存在する限り、相手モンスターはこ
 のカードしか攻撃対象にできず、このカードしか効果の対象にできない。
 (2):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に
 発動できる。デッキから「ディスカウンティ・ルッセリィ」以外のレベル7以下
 の「ディスカウンティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 ルッセリィ守備力200。 トモカヅキLP4000→2900。


 『ウッフフ、掛かりましたわね! “案内板”から“AA板”へ――水からの“
ディスカウンティ”は、破壊され墓地に沈むことで次の板へと移り変わりますわ!



 地中へと沈んだ深海魚が分解されていき、舞い上がった粒子が次第に宙へとアル
ファベットのAを綴っていくと、英字で構成されたエイがヒレの端を波打たせて泳
いできた。


 『おいでなさい――《ディスカウンティ・バトイディア》! そしてワード・ウ
ェブ・ウェーブの効果により、水も滴るサイバースが破壊され墓地へと沈むたびに
、そちらのお嬢様へと500の中傷がレスられますわ……!』


、宙へと浮くやり取りが交わされる枠から、警告を知らせるような赤い光が発せら
れると、もう一人の遊無のLPが減少していく。


 ディスカウンティ・バトイディア
 効果モンスター
 /水/レベル5/サイバース/攻撃力2000。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが戦闘でモンスターを破壊した場合に発動できる。自分の墓地
 から「ディスカウンティ・バトイディア」以外の「ディスカウンティ」モンスタ
 ー1体を特殊召喚する。
 (2):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に
 発動できる。
 デッキから「ディスカウンティ・バトイディア」以外のレベル7以下の「ディス
 カウンティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 遊無LP4000→3500。


 「……っ!?」

 『あら、やはり見えますようね』


 LPの減少とともに、もう一人の遊無は自らの周囲に薄っすらと現れた牙持つ深
海魚の群れを幻視する。


 『この“闇のデュエル”――そちらのお嬢様が敗北した暁には、水からがその力
を吸い上げ、残りは闇に潜むお魚達が喰い尽くしてしまいますのよ……!』

 「負けたら魚の餌か――だが其処許を倒せば問題ないのだろう?」


 彼女に宿る“遊明の力”――その全てを奪われてなるものかと、もう一人の遊無
は手を振って接近してきた深海魚を追い払う仕草を見せる。


 『その前に――お忘れではなくて? ワード・ウェブ・ウェーブの効果により、
攻撃力で上回る水からのバトイディアに攻撃しなければいけませんわ!』


 もう一人の遊無が命じるのを待たず、鎌鼬が電子のエイへと斬撃を飛ばすも、宙
を泳ぐエイは軽々と身を翻して攻撃をかわすとともに、鎌鼬へと尾の棘を突き立て
毒を注入させる。


 「っ……!」 遊無LP3500→3300。


 ――あのカードがある限り、私達の攻撃はあの者に理を与えてしまう――。

 『更にバトイディアが論争に勝利したことで、墓地より“ディスカウンティ”1
体――ルッセリィを再度掲示板へと導きますわよ!』


 倒したはずの長い胴体に赤いヒレを持つ深海魚が、水飛沫を上げてトモカヅキの
場に呼び寄せられると、悠々と宙を泳ぎ始める。


 『書き込む前に、まずは案内板たるルッセリィを一目通して頂きますわ。このカ
ード以外の“ディスカウンティ”への攻撃と効果は受け付けませんのよ?』

 「強固な防御網――だが必ず、その余裕は引き剥がす!」


 カードを2枚伏せると、迎撃態勢を整えターンを渡したたもう一人の遊無は、残
った傘の妖とともにトモカヅキが次に起こす行動を窺う。


 『では水からのターンと致しますわ! 新たに2体目のルッセリィを召喚します
わよ!』


 赤いヒレをしきりに動かし、宙を進む深海魚が現れると、もう一人の遊無は目を
見開いて場に生じた変化に気付く。


 「まさか――これは……」

 『お察しの通り。水からの場には誘導しあうルッセリィが2体――このルッセリ
ィロックによって、水からへの攻撃と効果の対象は封じられましたわ……!』


 2体の深海魚がトモカヅキの周囲を回るように泳ぐことで、対象を定められず傘
の妖が混乱する様に、もう一人の遊無が戸惑いを見せる。


 ――お互いに引き寄せ合うルッセリィを倒さないと――。

 「ああ。吾の攻撃は永遠に封じられる」

 『そして永続魔法《BBS-バッド・ブレティン・ストリーム》を発動し、バト
イディアを対象に効果を発動しますわ! これによりバトイディアを破壊して、カ
ード1枚をドロー! ……するとどうなるかお判りでしょう?』


 無数の英字で構成されたエイが弾け飛ぶと、トモカヅキがカードをドローすると
ともに、再びAの字で構成されたエイに加え、新たに“実況板”となる表層に映像
を映し出す風化した珊瑚の骨格が現れた。


 BBS-バッド・ブレティン・ストリーム 永続魔法
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドの「ディスカウンティ」モンスター(表側表示)1体を対
 象として発動できる。そのモンスターを破壊し、デッキからカードを1枚ドロー
 する。
 (2):自分フィールドの水属性・サイバース族モンスターが戦闘・効果で破壊さ
 れ墓地に送られた場合に発動できる。デッキからレベル7以下の「ディスカウン
 ティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 ディスカウンティ・ライブロック
 効果モンスター
 /水/レベル4/サイバース/攻撃力500。
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):「ディスカウンティ・ライブロック」以外の自分の「ディスカウンティ」
 モンスターとの戦闘で自分が戦闘ダメージを受ける場合、1ターンに1度だけ代
 わりにその数値分だけ自分のLPを回復する。
 (2):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に
 発動できる。デッキから「ディスカウンティ・ライブロック」以外のレベル7以
 下の「ディスカウンティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 バトイディア攻撃力2000 ライブロック守備力2000。


 「更なる深淵に住まいし生物か――」

 『それだけじゃありませんわよ? 水も滴るサイバースが破壊されたことで、そ
ちらのお嬢様へ更に500の中傷ですわ……!』


 遊無LP3300→2800。


 「この程度っ――」

 『バトル! バトイディアでその雨傘を喰らいますわ!』


 Aの字で構成されたエイは、ゆったりとヒレを動かし傘の妖へと接近していく。


 「罠発動――《物の怪行脚》! 牛鬼を山札より墓地へと送ることで、唐傘小僧
の攻撃力は六つ星に200を掛けた数値分上昇する……!」


 もう一人の遊無が発動させたカードによって、力の増した傘の妖を避けようと、
英字のエイは目前で方向転換する。


 唐傘小僧攻撃力1300→2500。


 「返り討ちだ! 唐傘小僧……!」

 『ライブロックがある限り、ターンごとに水からが最初に受ける戦闘ダメージは
回復へと変換されますわ……!』


 英字のエイを貫こうと、一本足で地を蹴り飛び掛かった傘の妖だったが、エイが
宙で分解され消滅したことで対象を見失い、再び着地する。


 トモカヅキLP2900→3400。


 『バトイディアが沈んだことで、更に500ダメージですわ……!』


 遊無LP2800→2300。


 『水からはカードを2枚伏せターン終了。折角の反撃も水からを回復させた上、
自傷したに過ぎませんでしたわね』


 2体の深海魚がトモカヅキを中心に回遊し、一切の攻撃を封じる強固な守りに、
掛けられたロックを解除するためもう一人の遊無は望みを託して、デッキに手を掛
けた。

 カードを引き、自らのターンを開始したもう一人の遊無は、引いたカードを即座
に発動させる。


 「吾は手札の雷獣を捨てることで、魔法発動――《施餓鬼供与》! 手札の僕を
墓地へ送った吾は、札を2枚引く――」

 『でしたら水からはその効果を使用せず、そちらのお嬢様が1枚引くごとに10
00LPを受け取りますわ……!』


 トモカヅキLP3400→5400。


 「吾は《伸幽鬼 轆轤首》を召喚し、発動済みの《現界の丑寅門》によって、追
加で妖を召喚する! ……妖の妙技で敵を惑わし、襲い来る者を薙ぎ払え!」


 花魁風の首を伸ばした妖と、一本足で佇む妖は黒い霧に飲まれて消滅していき、
もう一人の遊無の場には色鮮やかな着物を身に纏う“斜国の妖狐”が、主の元へと
馳せ参じた。


 「現れるがいい。《妖幽鬼 玉藻前》……!」


 玉藻前攻撃力2400。


 ――貴様は、いつぞやの秘号の女――。

 『あら、お久しぶりですこと。元スチュパリデスの使い魔さん――』


 2体は以前に面識があるようで、玉藻前が憎々しげにトモカヅキを睨む中、釣り
上げた口角を崩さずトモカヅキは旧知の仲間と再会したとばかりに喜ぶそぶりを見
せる。


 ――貴様と事を起こすつもりは無かったが、今の主はわらわ達の力で貴様を滅ぼ
すと決めておる――。

 『貴女にそれができまして? 今の水かららは、以前よりお強くなりましたの。
最早野良の妖如きでは力不足ですのよ……!』


 トモカヅキはゆったりと泳ぐ銀色の長い体に赤いヒレをした“案内板”たる2体
の深海魚を呼び寄せ、自らの周りを遊泳させつつ、用済みと言わんばかりに玉藻前
を軽くあしらう。


 「今は戦いに集中しろ。玉藻前が贄を捧げ現れた事で、効果発動――数多の都は
衰退へと至る。斜狐転生……!」


 もう一人の遊無が命令することで、玉藻前は不服そうにトモカヅキを睨むと、腕
を広げることで宙に複数の妖力でできた黒い塊が浮き上がる。


 「墓地の“幽鬼”1体に付き、1枚を山札の上より墓地へと送り、その中の“幽
鬼”の数だけ札を引く。5枚を墓地に送り、2枚を山札から引かせてもらう」


 玉藻前墓地送り(烏天狗 絡新婦 鬼霍騒乱 継端草子 葬頭河の剥脱)


 『何を加えようと、水からの前ではどんな策略も、水泡に帰すこととなりますわ
……!』

 「吾とてこの町の守護者――吾が力を侮るな。贄を捧げ“幽鬼”を呼び寄せた今
この時に限り、墓地より下級“幽鬼”は蘇る……!」


 もう一人の遊無が妖を導く異界へと繋がる道を切り開いたことで、両手に草刈り
鎌を持つ妖は道を通り抜けて現世に姿を現す。


 鎌鼬攻撃力1800。


 「鎌鼬が現れた事で、効果発動。その伏せ札を手札に戻して貰おう」

 『でしたら、ここで使いますわ! 罠カード《スレッドフローティング》! 墓
地に沈んだバトイディアを、再度場に浮上させますわよ……!』


 スレッドフローティング 通常罠
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分の墓地の「ディスカウンティ」モンスター1体を対象として発動でき
 る。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこの
 ターンのエンドフェイズに破壊される。


 バトイディア攻撃力2000。


 「ならば再び墓地より《飛幽鬼 烏天狗》を蘇らせ、現れた事で3枚を山札の上
より墓地へと送る」


 烏天狗墓地送り(朧車 小豆研 雲外鏡)


 「更に続け! 小豆研と轆轤首……! 小豆研が現れた事で、吾の“幽鬼”1体
に付き200を与える! 研磨反響……!」


 軽やかに豆を洗う老婆の手つきが、次第に不協和音を起こしてトモカヅキを襲う
も、トモカヅキは平然としたままもう1枚の伏せカードを発動させる。


 『効果ダメージに切り替えようと、水からの策に死角などありませんわ! 罠カ
ード《ハンドル・シグネチャ》……!』


 トモカヅキの前にハニカム構造の防壁が出現すると、音波による攻撃を吸収し、
消滅する間際に弾けた防壁の粒子がトモカヅキのLPを回復させていく。


 ハンドル・シグネチャ 通常罠
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分フィールドにサイバース族モンスターが存在し、ダメージを与えるモ
 ンスターの効果・魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる。
 このターン自分が効果ダメージを受ける場合、代わりにその数値分だけ自分のL
 Pを回復する。


 トモカヅキLP5400→6400。


 「僅かな隙も抜かりなく埋めるか――轆轤首の効果で、贄を捧げ現れた玉藻前が
いることで1枚引く」

 ――今は凌ぐしかないようね――。


 引いたカードを見たもう一人の遊無は、遊無の声に従い2枚のカードを伏せてタ
ーンを終えると同時に、英字のエイは消滅していく。


 「だが必ず、奴の隙を突き崩してみせる!」

 『《スレッドフローティング》で浮上したバトイディアは沈み、更にワード・ウ
ェブ・ウェーブで500の中傷ですわ!』


 遊無LP2300→1800。


 『破壊されたことでバトイディアとバット・ブレティン・ストリームの効果によ
り、“画像板”と“趣味版”へと移り変わりますわ……!」現れなさい! 《ディ
スカウンティ・カトルフィッシュ》に、《ディスカウンティ・アングラ》……!』


 ディスカウンティ・カトルフィッシュ
 効果モンスター
 /水/レベル2/サイバース/攻撃力800。
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの「ディ
 スカウンティ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカード
 を破壊できる。
 (2):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に
 発動できる。デッキから「ディスカウンティ・カトルフィッシュ」以外のレベル
 7以下の「ディスカウンティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 ディスカウンティ・アングラ
 効果モンスター
 /水/レベル3/サイバース/攻撃力1000。
 このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドにこのカード以外の水属性・サイバース族モンスターが存
 在する限り、相手はモンスターをセットできず、相手フィールドの表側表示モン
 スターは全て攻撃表示になる。
 (2):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に
 発動できる。デッキから「ディスカウンティ・アングラ」以外のレベル7以下の
 「ディスカウンティ」モンスター1体を特殊召喚する。


 「またか……従僕を途切れず、繰り出し続ける――」


 色素細胞の収縮と弛緩を繰り返し、様々な画像を体面に表示させる細長いイカが
宙を漂い、頭から触覚を突き出したアンコウは、竿の先に激しく光を点滅させる。


 『アングラが現れた事により、そちらのお嬢様のモンスターは深海を照らす灯り
へと誘われ、守備表示で存在することは許されませんわ!』


 轆轤首守備力500→攻撃力1000。 小豆研守備力200→攻撃力500。


 「水からのターン! ……引きましたわ。今こそ水からの“分身”でお相手して
差し上げますわ……!」


 触覚の先から灯りを照らすアンコウと、映像を映し出す風化した珊瑚の骨格が消
滅していく。


 ――もう一人の私……!

 「――これは……!?」

 『傍観しましてよ! さあ現れなさい! 水の“秘号”(エンクレーブ)――《
ディスカウンティ・アドミンプテロイス》……!』


 地中から水泡が宙へと浮き上がってくると、胸ビレと背ビレを広げた巨大な魚影
が浮上してくるとともに、水飛沫が上がり電脳での交流を管理するカサゴが姿を現
した。


 ディスカウンティ・アドミンプテロイス
 効果モンスター
 /水/レベル8/サイバース/攻撃力3000。
 (1):このカードは、レベル8以下のモンスターとの戦闘では破壊されず、レベ
 ル8以下のモンスターの効果では破壊されない。
 (2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンス
 ターが相手モンスターの攻撃、効果の対象になった場合に発動できる。
 その攻撃、効果を無効にする。その後相手フィールドのカード1枚を選んで破壊
 できる。


 「この禍々しい力――」

 『ええ、それもこれも愚かな人々のおかげですわ……! 醜い言い争いにより生
じた薄暗い感情が、水かららにとって最高のご馳走となりましたのよ……!』


 大きく裂けた口から牙を覗かせ、嗤うトモカヅキを前に、もう一人の遊無は秘号
の出現で押されつつある戦況に、考え込むように顔を俯かせる。


 「……やはり、使うしかないのか……?」

 『墓地の「ディスカウンティ」3体を対象に、魔法カード《クォート・レスポン
ス》を発動しますわ! その3体をデッキへと戻し、カード2枚をドロー!』


 クォート・レスポンス 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):自分の墓地の「ディスカウンティ」モンスター3体を対象として発動でき
 る。そのモンスターをデッキに加えてシャッフルする。その後、自分はデッキか
 ら2枚ドローする。


 クォート・レスポンス効果対象(バトイディア アングラ ライブロック)


 『そしてバッド・ブレティン・ストリームの効果発動ですわ! カトルフィッシ
ュを破壊して1枚をドロー。水からの“ディスカウンティ”が破壊されたことで、
ワード・ウェブ・ウェーブの中傷をお受けなさいな……!』


 再び警告を知らせる赤い光が点滅し、もう一人の遊無のLPを奪うとともに、2
体の英字で構成されたエイがトモカヅキの元へと泳いできた。


 遊無LP1800→1300。


 ――もう一人の私、この攻撃を凌げなければ私達――。

 「……このまま打破できなければ、いずれやられるだろう。しかし打つ手が無い
わけではない」


 新たに2体のエイが加わり、トモカヅキが従えるモンスターは攻撃体制に移行し
ようとする。

 攻撃宣言を前に、もう一人の遊無は目を閉じて意識を集中させると、自らの精神
世界で待つ遊無の元へと舞い戻って来た。


 ――吾に“策”がある。1ターンだけ凌いでもらえるか……?

 ――策……?

 ――秘号が現れては、最早“遊明の力”を解放するより他はない――。


 敗北だけは避けたい――。と もう一人の遊無は遊無の両手を握りしめ、血色の
瞳で彼女を見つめる。


 ――後は託した。吾は吾にしか出来ぬ役目を果たす――。

 ――もう一人の私……!


 遊無は元の世界へと通じる渦に飲み込まれ、遠ざかっていくもう一人の遊無に手
を伸ばすも、再び現実世界へと戻ると2体の英字のエイを呼び出したトモカヅキを
眼前に映す。


 バトイディア×2 攻撃力2000。


 「……もう一人の私が、きっと何とかしてくれる――」


 トモカヅキがバトル開始を宣言すると、遊無は託された場のカードを一望し、ト
モカヅキへと宣言する。


 「それまでの間、何としてでも貴方を退ける……!」

 『もう一人のお嬢様に、それができまして? 水からはアドミンプテロイスで、
そちらのお姉様を攻撃しますわ……!』


 玉藻前を指差し攻撃を宣言することで、管理者のカサゴは無数の牙を持つ小魚を
呼び寄せ、一斉に玉藻前へと突撃させる。


 『この吸血魚が、血の一滴すら残さず喰らい尽くしますわ! ドレナージ・ライ
トディセーブル……!』


 牙持つ大量の小魚が、玉藻前を喰らい尽くそうと迫り来る。

 しかし彼女の前に現れた生前の行いを映し出す丸鏡が全ての子魚を阻み、管理者
のカサゴへと押し返した。


 「罠カード《暴きの業鏡》で、攻撃モンスターの攻撃力はターン終了時まで半分
となる」


 暴きの業鏡 通常罠
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。そのモンスターの攻撃力はタ
 ーン終了時まで半分になる。
 (2):相手モンスターの直接攻撃時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで半分になる。


 アドミンプテロイス攻撃力3000→1500。


 「押し返して! 殺生吐附子……!」


 遊無の呼び掛けに、玉藻前は両手に生成した猛毒を合わせ、形作った狐を管理者
のカサゴへと向かわせる。


 『残念でしたわね。秘号はレベル8以下のモンスターに、破壊されることなどあ
りませんわ……!』

 「だったら、ダメージだけでも受けてもらうわ……!」


 トモカヅキLP6400→5500。


 『しかし水からには、まだバトイディアが2体も残っておりますわ……! 続け
てバトイディアで轆轤首を攻撃しますわ!』


 悠々と泳ぎつつ接近したエイは、尾の棘で花魁風の長い首をした妖を貫くことで
、猛毒に侵され破壊されるとともに、遊無へと衝撃が発生する。


 遊無LP1300→300。


 「っ……! 魚が――」


 残りLPが僅かとなったことで、彼女の周囲を取り巻く牙を持つ魚は激しく泳ぎ
回り、今にも遊無へと噛みつかんばかりに距離を詰めてきた。


 『怖がる必要はありませんわ。その遊明の力を奪い取ったのち、苦しむ間もなく
一瞬で喰い尽くして差し上げますわ……! 最後の攻撃――バトイディア……!』


 英字で構成されたエイが3度目の攻撃を仕掛けようと、小豆を洗う老婆へと迫り
来る。

 勝利を確信したトモカヅキが嗤い声をあげるも、もう一人の遊無と交わした約束
を貫くため、遊無は場に残る2枚の伏せカードのうち、1枚を発動させる。


 「まだです――墓地の牛鬼と絡新婦、雲外鏡をデッキに戻して、罠カード《六道
能化》……! 戻した“幽鬼”1体に付き600を回復――っ!?」


 遊無LP300→2100→600。


『……凌ぎ切られましたわね。水からはカードを3枚伏せターン終了ですわ』


 エイの毒針に刺されて小豆を洗う老婆が倒されると、周囲の牙を持つ深海魚達は
決着が近付いて来たと、徐々に遊無へと迫り来る。


 「まだなの……もう一人の私――」

 『例え凌いだとしても、いずれは水からに敗北し、その力はユーメイ様へと捧げ
られますのよ……!』


 完全に勝ち誇ったトモカヅキに対し、もう一人の自分自身が戻るまで倒れはしな
い――。と、遊無は首を横に振って否定する。


 「もう一人の私が、必ず勝機を見出してくれる! 私は必ず、それに答えて見せ
る……!」


 遊無が言い返すとともに、自らの精神世界からもう一人の自分が彼女へと語り掛
けてきた。


 ――待たせたな。これより遊明の力を開放する――。


 自らの精神世界でもう一人の遊無は空間へと手を伸ばすと、渦巻く光の球が現れ手首から先が飲み込まれていく。


 ――うっ……ぐっ、この新たな力でっ……!

 「貴女を退けて見せるわ……!」


 巨大な光の球として、遊無の精神世界へと現れた遊明の力。

 その制御に苦戦しつつも、遊無ともう一人の遊無はトモカヅキを睨みつつ、彼女
を打ち破る新たな力を生み出そうとするのであった。





 「遊陽と――」

 「遊無の――」

 『二人はビナリウス!』


遊陽「今回は、遊無が戦う秘号が使うモンスターを見ていこう」

遊無「はい。トモカヅキと名乗るイソギンチャクの化け物は、深海生物をモチーフ
とした“ディスカウンティ”の使い手です」

遊陽「共通効果として、破壊されるとデッキから同名モンスター以外のディスカウ
ンティを場に特殊召喚してくる。リュウグウノツカイを元にしたルッセリィや、イ
カやらエイやらを途切れることなく繰り出してくる」

遊無「あのフィールド魔法で攻撃を強制され、水属性サイバースが破壊されるたび
に500ダメージ……長期戦に持ち込まれると勝ち目は遠のきます」

遊陽「そして切り札のアドミンプテロイスだ。まだ効果を使用していないが、特に
ルッセリィと並ぶと厄介な――秘号の中で最も防御に優れた効果を持っている」

遊無「しかし私達も、手をこまねいてはいられません。絶対に負けは許されないデ
ュエルの中で、もう一人の私は遊明の力から新たなカードを生み出し対抗しようと
目論みます」

遊陽「そして俺は、イナゴの頭をした化け物――パズズとのデュエルを繰り広げる



 『次回! 遊戯王Binarius(ビナリウス) -最遠のパズズ-』


遊陽「こっちも風の秘号が出てきやがった。もう一人の遊無――そんな、嘘だろ…
…」

遊無「まだまだ戦いは続きます。何とか耐え凌いで……遊陽――」
現在のイイネ数 21
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)


名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
46 1Turn 幽明を賑わす者 557 0 2022-11-11 -
47 2Turn 掛け声響く祭りの竜 454 2 2022-11-12 -
41 幕間 亡国の斜狐 431 0 2022-11-13 -
45 3Turn 幽“零”少女 389 0 2022-11-18 -
44 4Turn 複翅キ テイクオフ! 336 0 2022-11-19 -
38 5Turn 竜舞う花伝 260 0 2022-11-20 -
36 6Turn 還流の海人 405 0 2022-11-25 -
33 7Turn 繋がる異界 422 1 2022-11-26 -
41 幕間 遊楽の休日 360 0 2022-11-27 -
42 8Turn 境階の学び舎 377 0 2022-12-01 -
43 第一章 キャラクター紹介 367 0 2022-12-02 -
43 9Turn  開幕! 影鬼劇場! 362 0 2022-12-03 -
52 10Turn 花形役者と斜国の悪狐 415 0 2022-12-04 -
29 11Turn 陶酔へと誘う酒処 299 0 2022-12-09 -
45 12Turn 特別への自覚 334 0 2022-12-10 -
31 13Turn 波間に揺らめく波止場 330 0 2022-12-16 -
28 14Turn 命育む赤き血汐 393 0 2022-12-17 -
48 幕間 遊無 落第の瀬戸際 384 1 2022-12-24 -
39 15Turn 供養と円寂の儀 415 0 2023-01-14 -
56 16Turn 石の塔が崩れる時 291 0 2023-01-27 -
42 17Turn 盤上のアーティスト 436 0 2023-02-12 -
38 18Turn 夜空に咲く“賑やか”なる華 386 0 2023-02-21 -
44 19Turn タッグデュエル大会 開幕! 449 0 2023-03-09 -
32 20Turn ウフトカビラ&サギラ 383 1 2023-03-15 -
41 21Turn 岡と浪花 花よりたい焼き 312 0 2023-03-21 -
46 22Turn 徹頭徹尾の覚悟 373 1 2023-03-24 -
35 23Turn ビナリウス対バウンティフル 324 0 2023-04-12 -
33 24Turn 決着と新たな予兆 321 1 2023-04-13 -
47 今までの話が丸分かり! 第一章のあらすじ 381 0 2023-04-14 -
34 25Turn 異国からの訪問者 297 0 2023-05-26 -
25 26Turn 天上の採火 186 0 2023-06-02 -
32 幕間 3人の交流生 285 0 2023-06-04 -
62 27Turn 魘夢の魔族 282 0 2023-06-10 -
33 28Turn 羅漢の竜王 241 0 2023-06-21 -
31 29Turn 聖夜のマノン 293 0 2023-06-25 -
28 幕間 もう一人の遊無 249 2 2023-06-28 -
30 第二章 キャラクター紹介 272 1 2023-07-01 -
57 幕間 闘諍の予兆 320 0 2023-07-06 -
30 30Turn 狂課金(ミダース) 244 0 2023-07-10 -
56 31Turn 舞い上がる不死鳥の輪舞 351 0 2023-07-14 -
42 32Turn 巻き上げる関捩 296 1 2023-07-17 -
33 33Turn 夢に堕ちる仲間 314 0 2023-07-22 -
26 34Turn 友を取り戻せ! 250 0 2023-07-30 -
24 35Turn 堕ちた雷と涙雨の天河 271 0 2023-08-03 -
24 36Turn 伝えたい言葉 260 1 2023-08-11 -
23 37Turn 夢を喰らう獏 193 0 2023-08-26 -
21 38Turn 深淵のトモカヅキ 196 0 2023-09-03 -
73 39Turn 最遠のパズズ 278 0 2023-09-11 -
19 40Turn 所縁が結ぶ絆 187 0 2023-09-18 -
17 41Turn 活火激発の鍛人(かぬち) 200 0 2023-09-22 -
18 42Turn 巣林一枝のブルーバード 154 0 2023-09-23 -
24 今までの話が丸分かり! 第二章のあらすじ 237 1 2023-09-24 -
19 43Turn 次の関係(ステップ)へ 209 0 2023-10-20 -
23 44Turn 竜の駒 大洋を統べる 244 0 2023-10-22 -
26 45Turn マグナ ヌメンへの往訪 189 0 2023-10-26 -
23 46Turn 跳躍-精霊世界へ 191 0 2023-10-29 -
35 幕間 強化訓練と異界の住人 251 0 2023-11-02 -
25 47Turn 精霊世界 マースの森で 175 0 2023-11-05 -
24 祝一周年! 今後の展望など 203 0 2023-11-11 -
23 48Turn 精霊長アラウン 161 0 2023-11-15 -
22 第三章 キャラクター紹介 190 1 2023-11-16 -
22 49Turn 下される審判 162 0 2023-11-20 -
17 50Turn 猟犬従えし灰の王 188 0 2023-11-28 -
22 幕間 精霊世界の平生 228 0 2023-12-07 -
16 51Turn 最善の選択 156 0 2023-12-18 -
20 52Turn 立ちはだかる使者達 177 0 2023-12-28 -
17 53Turn 怨嗟積り秘号と成す 160 0 2023-12-30 -
19 54Turn 遊明の力 175 0 2024-01-02 -
21 今までの話が丸分かり! 第三章のあらすじ 183 0 2024-01-03 -

更新情報 - NEW -


Amazonのアソシエイトとして、管理人は適格販売により収入を得ています。
Amazonバナー 駿河屋バナー 楽天バナー Yahoo!ショッピングバナー