交流(共通)

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板

メインメニュー

クリエイトメニュー

その他

遊戯王ランキング

注目カードランクング


カード種類 最強カードランキング


種族 最強モンスターランキング


属性 最強モンスターランキング


レベル別最強モンスターランキング


デッキランキング

HOME > 遊戯王SS一覧 > 42Turn 巣林一枝のブルーバード

42Turn 巣林一枝のブルーバード 作:ジェム貯めナイト

 遊陽と遊無の助太刀に現れたサバスがパズズとデュエルを開始すると同時に、マ
ノンもまた遊無に代わって、水の秘号(エンクレーブ)――トモカヅキとのデュエ
ルを開始した。


 『いいですこと? そちらのお嬢様が負けた場合、このお魚達でその身を喰い尽
くして差し上げますわ……!』

 「パ ドゥ プロブレーム(問題ない)……早く始めようよ」


 再び大量の深海魚を周囲に発生させたトモカヅキは、頭部から生えた触手を振り
乱し、のっぺらぼうに牙の生えた大きな口で不気味に笑う。


 『デュエル――』


 マノンLP4000。 トモカヅキLP4000。


 『参りますわ! 速攻魔法《トロルクラスタ・サルパ》を発動! 水からの場へ
と悪意の書き込みを行いし芽生個虫1体を呼び寄せますわ……!』


 空中に浮かび上がった枠の中へと連続して罵詈雑言の書き込みが綴られると、寒
天質で透明な管状の身体を鎖で繋いだ群体がトモカヅキの場に出現した。


 トロルクラスタ・サルパ 速攻魔法
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):自分フィールドに「芽生個虫トークン」(サイバース族・水・星1・攻0
 /守0)1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したトークンが自分フィール
 ドに存在する限り、自分は水属性・サイバース族モンスターしか特殊召喚できな
 い。
 (2):自分フィールドに「芽生個虫トークン」が存在する場合、墓地のこのカー
 ドと手札の魔法カード1枚を除外して発動できる。
 自分フィールドに「芽生個虫トークン」1体を特殊召喚する。


 『そして水からは手札の魔法カード――《クォート・レスポンス》を除外して、
墓地の《トロルクラスタ・サルパ》を除外し効果を発動しますわ。これにより芽生
個虫はさらに増殖を行いますわ……!』


 鎖で繋がれた管上の生物はみるみるうちに細胞を分裂させ、やがて姿かたちをそ
っくりそのままに新たな群体を誕生させる。


 芽生個虫トークン守備力0。


 「モンスターが2体――」

 『水からはこの芽生個虫2体をリリース! そのヒレを広げ、交わされるやり取
りを傍観しましてよ! 現れなさい――《ディスカウンティ・アドミンプテロイス
》……!』


 2体の透明な管状の生物は1つの輪に繋がり消滅すると、巨大な魚影が浮上して
くるとともに、全身の鋭利なヒレを広げながら電子でのやり取りを傍観する管理者
のカサゴが姿を現した。


 アドミンプテロイス攻撃力3000。


 「マノンさん……あれがあの者の切り札です」

 「――なるほどねぇ……」

 『更に水からは、このアドミンプテロイスに装備魔法《ウラル・サッシュ》を纏
わせましてよ! これによりアドミンプテロイスは更なる効果を付与されましたわ
……!』


 管理者のカサゴを覆うように、英記号で構成された帯が周囲を取り巻くと、トモ
カヅキは残る手札1枚を伏せてターンを終えた。


 『秘号の中で最も防御に優れた水からの守りは、そちらのお嬢様如きになど破ら
れませんわ……!』

 「…………」


 マノンは同時にデュエルを開始したサバスが、自らと彼女自身の生い立ちを語る
のを黙ったまま眺めている。

 
 「……当然。アタシにとってサバスやみんながいる今は、これまでの人生で一番
満足している――」


 やがてサバスからの問いかけに首を縦に振って答えたマノンは、デッキに手を掛
けると同時に、トモカヅキへと語り始めた。


 「長期戦にもつれ込まれると、今のアタシじゃ到底貴女に敵わない――」

 『フフ……弱音を吐いたところで、水からが手を緩めるとでも……?』


 目を閉じたままカードを引いたマノンは、再び目を開き手札に揃ったカードを眺
めつつ決心を固めると、トモカヅキへと向けて言い放つ。


 「だから――このターンでアタシの全力を叩き込んであげる……! 手札の《C
・S・Ë シャンデル》と《C・S・Ë エトワール》を見せることで、魔法カード《C・
S・Ë グリーティング》の発動だよっ!」


 C・S・Ë グリーティング 通常魔法
 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
 (1):手札の「C・S・Ë」モンスター2体を相手に見せて発動できる。
 デッキからカードを2枚ドローして、見せたカードを墓地に捨てる。


 「よってアタシはカードを2枚ドロー! 見せた2枚を捨てることで、手札から
捨てられたシャンデルとエトワールの効果発動……! まずはシャンデルの効果で
デッキの上3枚の中から“C・S・Ë”カード――《C・S・Ë キャロット ル ネ》を
手札に加える」


 手札から捨てられることで効果を発動する“C・S・Ë(クリスノーエル)”の効
果を早速発動させたマノンは、デッキからめくったカード3枚をトモカヅキに見せ
、その中の雪だるまに付けられたニンジンの鼻のカードを手札に加える。


 「そしてエトワールが手札から捨てられた時、C・S・Ë(クリスノーエル)を降
誕させるこのカードを手札に加える! 行くよ――儀式魔法《C・S・Ë ナティビテ
ィ》……!」


 彼女のデッキにおいて、切り札となるモンスターを呼び出すための魔法カードが
発動されると同時に、降誕の儀を執り行うため墓地からツリーの星が取り出されて
彼女の手に握られた。


 「アタシがレベル8以下の“C・S・Ë”の儀式召喚を行う際、墓地のエトワール
のみを除外して儀式を執り行える! “儀式召喚”……! 現れて――聖夜に貰い
受けし、大切な宝物! 《C・S・Ë カッス ノワゼット》……!」


 ツリーの星が光に包まれ消滅するとともに、マノンの場には不格好な木製の手作
り人形が直立したまま現れる。


 カッス ノワゼット攻撃力2400。


 「本当に――このターンで決めるつもりか!?」

 「ウィ! まあ見てなって……アタシは手札から《C・S・Ëの妖精 リュタン》を
捨ててカッス ノワゼットの効果発動! このターンアドミンプテロイスの攻撃力
を0にして効果を無効化する……!」


 手札から中性的な小妖精のモンスターを捨てることで、くるみ割り人形は鞘から
剣を抜き突き出すことで猛吹雪を呼び寄せる。


 「秘号のレベル8以下に破壊されない効果も、無効化してしまえば破壊が可能に
なる!」

 「芯まで凍らせるわ! ペイザージュ アンネジェ……!」

 『掛かりましたわね! 装備された《ウラル・サッシュ》の効果によって、相手
フィールドのモンスターが発動した効果を無効にし破壊しますわ……!』


 迫り来る猛吹雪を前に、管理者のカサゴを取り巻く帯が防寒具のように覆うこと
で吹雪から身を守ると、反撃とばかりに複数の帯がくるみ割り人形へと伸びてくる



 ウラル・サッシュ 装備魔法
 「ディスカウンティ」モンスターにのみ装備できる。
 (1):1ターンに1度、装備モンスターより攻撃力の低い相手モンスターが効果
 を発動した場合に発動できる。その効果の発動を無効にし破壊する。
 その後装備モンスターの攻撃力を半分にする。


 「嘘……っ!?」

 『この効果は毎ターン、装備モンスターの攻撃力を半減させることで使えますわ
。』


 そして複数の帯に締め上げられたくるみ割り人形は潰れて消滅し、マノンの場か
らモンスターが消え去ったことでトモカヅキは高らかに笑い声をあげた。


 アドミンプテロイス攻撃力3000→1500。


 「マノンさんの切り札が――」

 『さあ、どうするおつもりですの……!? そちらのお嬢様が誇る切り札は、水
からのアドミンプテロイスが消し去ってやりましたわ……!』


 再び複数の帯を纏った管理者のカサゴが泳いでトモカヅキの頭上へと辿り着き、
黙り込むマノンを指差しながらトモカヅキは宣言する。


 『このままそちらのお嬢様を、光届かぬ深淵へと引きずり込んで差し上げますわ
!』

 「……貴女、今アタシが絶望してるように見える……?」


 しかしマノンは、にへらと笑いながら先程手札から捨てられたモンスターの効果
を発動させ、デッキより選び出された1枚のカードを新たに液晶盤へと置く。


 『強がりを――』

 「本当の戦いは、切り札を失った時から始まるんだよ! 手札から捨てられたリ
ュタンの効果発動! デッキから同名モンスターを場に呼び出すよ……!」


 C・S・Ëの妖精 リュタン
 効果モンスター
 /光/レベル1/天使/攻撃力400。
 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられたターンのエンドフェイズに発動で
 きる。除外状態の自分の「C・S・Ë」モンスター1体を手札に加える。
 (2):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。
 デッキから「C・S・Ëの妖精 リュタン」1体を守備表示で特殊召喚する。


 リュタン守備力400。


 「アタシの勝ちパターンは、カッス ノワゼットだけに留まらないよ! アタシ
はこのリュタンをリリース!」


 液晶盤から剥がした小妖精のモンスターを墓地に送ると、新たに召喚されたモン
スターがたちまちコマドリの姿へと変わり、さえずりながら場を飛び回り始めた。


 「“アドバンス召喚”――新たな時代の到来を告げて! 《C・S・Ë ロビン》…
…!」


 C・S・Ë ロビン
 効果モンスター
 /光/レベル6/天使/攻撃力2000。
 このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。デッキから「C・S・Ë
 」儀式モンスター1体を選んで確認し、そのモンスターとはレベルの異なる「C
 ・S・Ë」儀式モンスター1体をデッキから手札に加え、デッキから確認したモン
 スターを裏側表示で除外する。
 (2):このカードが墓地に存在し、自分にダメージを与える効果が発動した時に
 発動できる。このカードを特殊召喚し、その効果で自分が受けるダメージを0に
 する。その後自分のLPを1000回復する。


 『何かと思えば――その程度のモンスターなど取るに足りませんわ』

 「このロビンは場に現れた時、効果を発動できる! アタシはデッキから《C・S
・Ë セントニコラス》を公開することで、レベルが異なる“C・S・Ë”儀式モンス
ターの“このカード”を手札に加えるよ……!」


 確認した白髭に赤い服の聖人を裏側で除外するとともに、マノンが選び出した更
なる切り札を手札に加えた事で、トモカヅキは不服そうに口角を下げる。


 「あれって――」

 「あの人形以外にも切り札を……」

 『フフ――手札に加えましたわね? でしたらこの罠カードの発動ですわ! 罠
カード《ツインダイナリー・アンカー》……!』


 嬉々としてトモカヅキが場に伏せていたカードを発動させたことで、弧の形状を
した2本の錨がマノンの元へと襲い来る。


 『そちらのお嬢様がカードを手札に加えた事で、手札とフィールドを合わせて3
枚となるようカードを墓地へ送って頂きますわ……!』

 「マノンのカードを深淵に引きずり込む錨……!」

 「……仕方ないなぁ。アタシは手札のレンヌとキャロット ル ネを墓地に送るよ



 渋々といった様子でマノンは手札2枚を墓地へと送り、伸びてきた錨と繋がれた
鎖に絡めとられて2枚のカードはそのまま地中へと引きずり込まれる。


 『貴重な手札を奪われては、その儀式モンスターもただの紙切れにしか過ぎませ
んわね……!』

 「じゃあ――このドローに賭けるしかないか。魔法カード《プロメトル エ ル
ペール・ノエル》を、手札の“このカード”を見せて発動するよ」


 マノンが先程手札に加えた儀式モンスターを見せることで、D・フェースを操作
し墓地より1枚のカードを手札へと加える。


 「これによって墓地の儀式魔法――《C・S・Ë ナティビティ》を手札に加えて、
アタシの手札が3枚以下だから1枚ドローするよ」

 「いいぞ! レベル2以上のモンスターを引けば……!」

 「このドローで変えてみせる! 来て――」


 祈るように目を閉じたマノンがデッキの上のカードに手を掛けると、強く念じつ
つカードを引き抜き確認する。


 「アタシに祝福は訪れた! 再び儀式魔法《C・S・Ë ナティビティ》発動! 場
のロビンをリリースして、今引いた手札の《C・S・Ë キャンディケイン》をリリー
スの代わりに手札から捨てる!」


 マノンの手札から棒状の砂糖菓子のカードが墓地に捨てられ、飛び交うコマドリ
が光に包まれ消滅するとともに、眩い光に包まれた青い鳥がマノンの差し出した指
先へと降り立った。


 「幸せとは誰もが秘めしもの――ほら、アタシのすぐそばに! “儀式召喚”―
―《C・S・Ë ロワゾーブルー》……!」


 ロワゾーブルー攻撃力2700。


 「青い鳥――」

 「それがマノンの切り札の1枚か……!」


 やがてマノンの指先から飛び立った青い鳥は、宙に巨大な光の翼を描き出し、効
果処理とともに墓地から計5枚ものカードが飛び出した。


 「まずはロワゾーブルー! そして手札から捨てられたキャンディケインの順に
効果発動! キャンディケインの効果で墓地のナティビティをもう一度手札に戻す
……!」


 C・S・Ë キャンディケイン
 効果モンスター
 /光/レベル3/天使/攻撃力600。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが手札から墓地へ捨てられた場合に発動できる。
 自分の墓地から「C・S・Ë ナティビティ」1枚を手札に加える。


 「更にロワゾーブルーが儀式召喚した時、効果発動! 墓地のカッス ノワゼッ
トのレベルと同じ8になるよう、アタシの墓地から“C・S・Ë”を手札に加えてカ
ッス ノワゼットも手札に加える……!」

 『大量サルベージ――ですってぇ……!?』


 C・S・Ë ロワゾーブルー
 儀式、効果モンスター
 /光/レベル8/天使/攻撃力2700。
 「C・S・Ë ナティビティ」により降臨。
 このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
 (1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地から「C・
 S・Ë」儀式モンスター1体を選び、そのモンスターとそのモンスターのレベルと
 同じになるように、自分の墓地から「C・S・Ë」モンスターを手札に加える。(
 同名カードは1枚まで)。


 ロワゾーブルー効果対象(カッス ノワゼット キャロット ル ネ リュタン 
キャンディケイン)


 「これでアタシの手札には、儀式魔法と儀式モンスターのセット――そしてリリ
ースするモンスターが揃った!」

 「まさか――3度目の儀式召喚……!?」

 「三度目の《C・S・Ë ナティビティ》だよ! 手札のリュタン、キャロット ル
ネ、キャンディケインをリリースの代わりに捨てて、儀式召喚! 再び現れて―
―《C・S・Ë カッス ノワゼット》……!」


 5枚の手札全てを使い切り、3体のモンスターで儀式を執り行うことでくるみ割
り人形は再び剣を携え、場に姿を現す。


 カッス ノワゼット攻撃力2400。


 「マノンさんの切り札が揃い踏み……!」

 『だからどうしたと問いかけますわ! 人々の闇より生まれし秘号は、凡庸なる
レベル8以下のモンスターに倒されることはありませんわ……!』


 複数の英記号が連なる帯に包まれた管理者のカサゴは、全てのヒレを威嚇するよ
うに広げることでくるみ割り人形と青い鳥――そしてマノンへと圧を掛ける。


 「でも――1つ忘れてるよね……? 手札から捨てられたこのキャロット ル ネ
が、このデュエルでアタシの決め手となる! アタシの“C・S・Ë”の攻撃力はこ
のターン、そのレベル×200アップするよ……!」


 カッス ノワゼット レベル8 攻撃力2400→4000。
 ロワゾーブルー レベル8 攻撃力2700→4300。


 『何ですって……!?』

 「あの者のLPは4000――」

 「アドミンプテロイスの攻撃力は半減した1500! 勝てる……!」


 マノンはバトルフェイズへの移行を宣言すると、管理者のカサゴを囲うようにお
菓子の精達が踊りを披露していく。


 「ラ バタイユ!(バトル)――アタシはカッス ノワゼットでアドミンプテロイ
スを攻撃! アンヴィテ・ペイデュ・パティスリー……!」


 一瞬で間合いを詰めたくるみ割り人形が剣を振るい、管理者のカサゴへと太刀筋
が入るとともに、怯んだカサゴへとトドメとばかりに青い鳥が飛来する。


 トモカヅキLP4000→1500。


 『冗談じゃありませんわ……!? 水からが敗れるなど――』

 「……アタシが今こうしていられるのは、あの日サバスに拾われたから。ロワゾ
ーブルーで攻撃――」


 狼狽えるトモカヅキの様子をマノンは伏し目がちに窺いつつ、青い鳥の攻撃名を
告げると彼女へと背を向けて歩き出す。


 「ウルーズ・コティディエンヌ――」

 『くぅぅっ――おのれぇぇっっ……!?』


 トモカヅキLP1500→0。


 「セ ラヴィ(これが人生)――サバスといられるこの日常が、アタシにとって
一番の幸せなの――」


 マノンの背後で急降下する青い鳥が管理者のカサゴを鉤爪で引き裂くと、決着を
迎えたマノンは彼女と同時に最後の攻撃を終えたサバスの元へと辿り着く。


 「……終わったね」

 「ああ――よくやったな」


 2人は再び2体の秘号へと振り向くと、敗北したパズズとトモカヅキの身体は、
ミダースと同様に崩れ落ちていく。


 『……しょう、畜生――』

 『ありえ……ませんわ――』


 やがて2体の足元には、脚と翅がもげたイナゴと、水たまりの中で身を縮こませ
るイソギンチャクだけが残される。


 「勝った――」

 「私達の――勝利……!」


 学園を襲った脅威を完全に退けた事で、遊陽と遊無――学園の仲間達が上げる歓
声が、学園中へと木霊する。


 「僕達の勝利――」


 校舎の屋上に残る日吾も金網にもたれて座りこみ、空を見上げながら呟く。


 『――こうも思い通りにいかぬとは……』


 しかし突如、校庭の中心へと異空間へと繋がる黒い渦が発生するとともに、中か
ら黒いフードを被った老人と、両肩から黒い竜の頭が突き出た竜人が姿を現した。


 『っ……!?』


 新手の出現で遊陽達へと動揺が走るとともに、老人と黒い竜人は敗れたパズズと
トモカヅキを両手の中に収める。


 「あれって――」

 「ユーメイ! それにもう1体は……?」


 サバスとマノンが再び相まみえたユーメイと、もう1体の黒い三つ首の竜を眺め
ると、小さく縮んだトモカヅキを片手で持ちながら、黒い竜は突き出した右手の中
に黒い鎖を生み出す。


 「がぁぁ……!?」


 黒い鎖を引くと、屋上にいたはずの現はいつの間にか黒い竜の前へと引きずりだ
され、現は自らに着けられた鎖と繋がる黒い首輪を外そうと手を伸ばす。


 『……デュエルなど応じず、逃げながら催眠を振り撒いておれば良かったものの
――』

 「――て……めぇ! ゴルイニチ……!」


 反抗的な目でゴルイニチと呼んだ黒い竜を睨む現だったが、再び鎖を引かれたこ
とで苦しみながら地面へと這いつくばる。


 「ゴルイニチ……? それが奴の名か――」

 『スチュパリデスを退けし者――遊陽といったか? 輝公(きこう)の存在がま
さか、遊明の力秘めし娘にこれ程影響するとは――』


 ユーメイは再び校庭へと近づいて来た遊陽と遊無を眺めつつ、続いて彼へと叫ぶ
サバスへと一瞬視線を向け、再び2人を視界に捉える。


 「ユーヒ! そいつこそが全ての元凶――ユーメイだ!」

 「お前が……精霊遊明に乗り移った心の闇の集合体――」

 『察しの通り――天子(われ)こそが秘号(エンクレーブ)を生み出した創造主
――集めた人間共へと天子が力を注ぎこむことで、増幅した人々の心の闇を秘めし
怪物へと生まれ変わらせたのだ』


 ユーメイの発現に遊陽と遊無はこれまで戦った秘号の姿を頭に浮かべると、ユー
メイは指折り数えて自らが生み出した者達を遊陽達に語りだす。


 「秘号は――元は人間……?」

 『宵(よ)とユーメイ様を除き、秘号とはユーメイ様より力を注がれし人間だっ
たものだ。宵もユーメイ様より力を賜れ、争いと力を求める“修羅の業”をこの身
に宿したのだ』

 『スチュパリデスには罪人を責め立てる“地獄の業”を。ミダースには畜産家よ
り税を搾り取る“畜生の業”を。パズズには蝗害がもたらす“餓鬼の業”を。そし
てトモカヅキには弱者を虐げる“人間の業”からなる力を注いだのだ』


 ユーメイの口から語られる秘号の成り立ちに、遊陽と遊無は怒りのあまり拳を握
りしめ、2体を睨みつける。


 「遊陽――」

 「ああ……こいつらを野放しにできない」

 『輝公如きに崇高なる我々の意思など理解できぬだろう。だがこれだけは周知さ
せよう――』


 再び異空間へと繋がる黒い渦が現れるとともに、ユーメイとゴルイニチ――そし
て現は渦の中へと入りつつ、その場にいる遊陽達全員へと向けて宣言する。


 『宵達秘号は、ユーメイ様に逆らう精霊の力秘めし者達全てに滅びをもたらす』

 『遊明の力秘めし娘よ。手にした者に繁栄をもたらすその力は、必ず天子が貰い
受ける。その時輝公が信じるその者にも、天子らの力による制裁が降りかかるだろう
――』


 そして黒い渦が消滅し、現とゴルイニチ――ユーメイの姿が消えさるとともに、
辺りには静寂が訪れた。


 「ユーヒ、ユーム――」


 消え去った後の空間を眺める遊陽と遊無へとマノンが呼び掛けると、2人はマノ
ンとその背後にいるサバスへと振り向いた。


 「皆さんのおかげで、何とかあの者達を退けましたが――」

 「……受けた被害も相当大きい。また今日みたいな事を繰り返させないためにも
――」


 そして2人はお互いに顔を見合わせ、すっかり沈みかけている夕日を背に、とも
に戦ったカズ達やサバス達へと聞こえるよう、互いに抱いた決意を発するのであっ
た。





 『俺(私)達はもっと強くなって見せる! 皆を守るために――』


            To be continued.





 「俺達が送る――」

 『ビナリウス回顧録!』


マノン「という訳でーっ、第二章もアタシの勝利でル ベセ デュ リドー(閉幕)
だよ」

遊無「くるみ割り人形に続く青い鳥――聖夜にまつわる物語の儀式モンスターで、
私が倒せなかったトモカヅキと名乗る者を見事倒してくれました」

遊陽「それじゃマノンの新たな“C・S・Ë”――ロワゾーブルーについて解説しよ
う」

マノン「ロワゾーブルーは儀式召喚によって、墓地の“C・S・Ë”儀式モンスター
を手札に戻し、更にそのレベルと同じになるよう墓地の“C・S・Ë”を手札に戻せ
るよ」

マノン「その効果はまさに、連続儀式召喚のポワン ドゥ デパー(起点) そして
“幸せな日常”を意味するウルーズ・コティディエンヌの攻撃宣言が勝利をもたら
したんだ!」

遊陽「というわけで、遊戯王Binarius第二章――エンクレーブ編はこれにて完結。
第三章について少しだけ触れて終わりとしよう」

遊無「はい。第三章では、私と遊陽――それにサバスさんとマノンさんを中心に、
2人の出身地であるマグナ ヌメンを訪れ、そこから精霊世界を目指します」


 『それでは次章――遊戯王Binarius(ビナリウス) 精霊世界編でお会いしまし
ょう……!』
現在のイイネ数 19
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)


名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
51 1Turn 幽明を賑わす者 585 0 2022-11-11 -
48 2Turn 掛け声響く祭りの竜 466 2 2022-11-12 -
43 幕間 亡国の斜狐 444 0 2022-11-13 -
46 3Turn 幽“零”少女 403 0 2022-11-18 -
48 4Turn 複翅キ テイクオフ! 352 0 2022-11-19 -
39 5Turn 竜舞う花伝 272 0 2022-11-20 -
39 6Turn 還流の海人 418 0 2022-11-25 -
36 7Turn 繋がる異界 448 1 2022-11-26 -
45 幕間 遊楽の休日 378 0 2022-11-27 -
43 8Turn 境階の学び舎 384 0 2022-12-01 -
44 第一章 キャラクター紹介 376 0 2022-12-02 -
46 9Turn  開幕! 影鬼劇場! 376 0 2022-12-03 -
56 10Turn 花形役者と斜国の悪狐 431 0 2022-12-04 -
30 11Turn 陶酔へと誘う酒処 307 0 2022-12-09 -
47 12Turn 特別への自覚 346 0 2022-12-10 -
34 13Turn 波間に揺らめく波止場 343 0 2022-12-16 -
31 14Turn 命育む赤き血汐 407 0 2022-12-17 -
50 幕間 遊無 落第の瀬戸際 393 1 2022-12-24 -
40 15Turn 供養と円寂の儀 424 0 2023-01-14 -
57 16Turn 石の塔が崩れる時 298 0 2023-01-27 -
45 17Turn 盤上のアーティスト 452 0 2023-02-12 -
38 18Turn 夜空に咲く“賑やか”なる華 395 0 2023-02-21 -
47 19Turn タッグデュエル大会 開幕! 475 0 2023-03-09 -
34 20Turn ウフトカビラ&サギラ 394 1 2023-03-15 -
43 21Turn 岡と浪花 花よりたい焼き 321 0 2023-03-21 -
49 22Turn 徹頭徹尾の覚悟 391 1 2023-03-24 -
39 23Turn ビナリウス対バウンティフル 347 0 2023-04-12 -
35 24Turn 決着と新たな予兆 330 1 2023-04-13 -
49 今までの話が丸分かり! 第一章のあらすじ 389 0 2023-04-14 -
35 25Turn 異国からの訪問者 308 0 2023-05-26 -
25 26Turn 天上の採火 199 0 2023-06-02 -
35 幕間 3人の交流生 298 0 2023-06-04 -
62 27Turn 魘夢の魔族 287 0 2023-06-10 -
33 28Turn 羅漢の竜王 248 0 2023-06-21 -
33 29Turn 聖夜のマノン 308 0 2023-06-25 -
29 幕間 もう一人の遊無 261 2 2023-06-28 -
31 第二章 キャラクター紹介 280 1 2023-07-01 -
59 幕間 闘諍の予兆 329 0 2023-07-06 -
33 30Turn 狂課金(ミダース) 254 0 2023-07-10 -
57 31Turn 舞い上がる不死鳥の輪舞 359 0 2023-07-14 -
43 32Turn 巻き上げる関捩 308 1 2023-07-17 -
35 33Turn 夢に堕ちる仲間 346 0 2023-07-22 -
28 34Turn 友を取り戻せ! 256 0 2023-07-30 -
26 35Turn 堕ちた雷と涙雨の天河 283 0 2023-08-03 -
24 36Turn 伝えたい言葉 270 1 2023-08-11 -
24 37Turn 夢を喰らう獏 200 0 2023-08-26 -
25 38Turn 深淵のトモカヅキ 211 0 2023-09-03 -
74 39Turn 最遠のパズズ 286 0 2023-09-11 -
21 40Turn 所縁が結ぶ絆 198 0 2023-09-18 -
18 41Turn 活火激発の鍛人(かぬち) 209 0 2023-09-22 -
19 42Turn 巣林一枝のブルーバード 159 0 2023-09-23 -
26 今までの話が丸分かり! 第二章のあらすじ 247 1 2023-09-24 -
21 43Turn 次の関係(ステップ)へ 220 0 2023-10-20 -
27 44Turn 竜の駒 大洋を統べる 286 0 2023-10-22 -
31 45Turn マグナ ヌメンへの往訪 206 0 2023-10-26 -
25 46Turn 跳躍-精霊世界へ 200 0 2023-10-29 -
36 幕間 強化訓練と異界の住人 259 0 2023-11-02 -
26 47Turn 精霊世界 マースの森で 184 0 2023-11-05 -
25 祝一周年! 今後の展望など 228 0 2023-11-11 -
24 48Turn 精霊長アラウン 170 0 2023-11-15 -
23 第三章 キャラクター紹介 203 1 2023-11-16 -
29 49Turn 下される審判 199 0 2023-11-20 -
20 50Turn 猟犬従えし灰の王 207 0 2023-11-28 -
24 幕間 精霊世界の平生 259 0 2023-12-07 -
20 51Turn 最善の選択 169 0 2023-12-18 -
22 52Turn 立ちはだかる使者達 205 0 2023-12-28 -
21 53Turn 怨嗟積り秘号と成す 182 0 2023-12-30 -
21 54Turn 遊明の力 198 0 2024-01-02 -
23 今までの話が丸分かり! 第三章のあらすじ 204 0 2024-01-03 -

更新情報 - NEW -


Amazonのアソシエイトとして、管理人は適格販売により収入を得ています。
Amazonバナー 駿河屋バナー 楽天バナー Yahoo!ショッピングバナー