HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス) > 第百六話「鉄屑と星屑」

遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス)/第百六話「鉄屑と星屑」 作:イクス

第百六話「鉄屑と星屑」


遊太やアキラといった、実力があるデュエリスト達はD1グランプリの参加者を蹴散らしながら進んでいく。だが、そうでないデュエリストは、なんとか自分にも倒せる相手を見つけて決勝トーナメントまで行こうとする。せっかくここまで来たのに、たった1回の負けで終わりたくない。絶対負けられないのだ。
中には、そんな理由で負けたくないデュエリストもいる。
「なんとか……残らなくては……時間が、残されていないのだ……」

D1グランプリ本戦に出場したユイ。なんとか2日目まで生き残っているが、この本戦に出場してから、時々頭が痛くなることがあった。
「何か……何かがおかしいデス……この大会が始まった時から、時々頭が痛くなりマス……まるで、何かが私の中から出てこようとしているみたいデス……」
それでもなんとか1日1回のデュエルを勝ち抜き、ここまで生き残ってきた。だが、ちょっと具合が悪そうだった。
そんなユイを、後ろから狙っていた人物がいた。
「デュエリスト……俺と、対戦しろ」
「デュエリスト……デスか?」
ユイが振り向くと、そこには黒いローブで体を覆った何者かがいた。だが、そのローブはボロボロで、顔が見えず赤い光が見えるだけ。
「デュエリスト……デュエルしろ。俺の名前はデイブ」
「あ、ハイ、わかりマシた。デュエルしマス」
何者かがデュエルディスクを構えると同時に、ユイもデュエルディスクを構える。
「早く……しろ。時間が無い」
「ハイ。わかりマシた」

「「ルールはマスタールール3! ライフポイントは8000!」」
「「デュエル!」」


「先攻はワタシがもらいマシた!」

1・ユイのターン

「ワタシは手札から永続魔法『補給部隊』を発動して、『水晶機巧-ローズニクス』を召喚して、効果を発動しマス。このモンスターを破壊して、デッキより『クリストロン』チューナーモンスターであるレベル1の『水晶機巧-クオン』を特殊召喚しマス! このとき、永続魔法『補給部隊』の効果が発動しマス。自分フィールドのモンスターが破壊された時、1枚ドローできマス」(ユイ手札5→3→4)(ユイ墓地0→1)
「カードを2枚伏せて、ターンエンドデス」(ユイ手札4→2)

ユイ

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター1体
『水晶機巧-クオン』(守備表示・守備力500・水属性・レベル1)
魔法・罠ゾーンのカード3枚
発動しているカード1枚
『補給部隊』(永続魔法)
墓地の枚数1枚
除外されているカード0枚


2・デイブのターン

「俺のターン、ドロー」(デイブ手札5→6)
「俺も同じく永続魔法『補給部隊』を発動」(デイブ手札6→5)
「そして手札より魔法カード『スクラップ・エリア』を発動。デッキから『スクラップ』チューナー1体を手札に加える。俺はレベル4の『スクラップ・ラプター』を手札に加える」(デイブ墓地0→1)
「コレを召喚する前に、フィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』を発動。このカードがフィールドにある限り、『スクラップ』モンスターは攻守が200アップする」(デイブ手札5→4)
「そして、レベル4チューナー『スクラップ・ラプター』を召喚し、効果発動。自分フィールドのモンスター1体を破壊し、このターン『スクラップ』モンスターの追加召喚が可能となる。ラプター自身を破壊する!」(デイブ手札4→3)(デイブ墓地1→2)
ぼろい機械の恐竜が出てきたと思ったら、いきなり破壊され壊れてしまう。だが、残す物があった。
「『スクラップ・ラプター』が『スクラップ』カードの効果で破壊された時、デッキから『スクラップ・ファクトリー』かチューナーでない『スクラップ』モンスターを手札に加える。俺はレベル4の『スクラップ・キマイラ』を手札に加える。更に、永続魔法『補給部隊』の効果で、デッキから1枚ドローする。そしてフィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』の効果が発動される。『スクラップ』モンスターが効果で破壊された時、デッキから『スクラップ』を特殊召喚できる。俺はレベル3チューナー『スクラップ・ゴブリン』を特殊召喚する!」(デイブ手札3→5)
「なるほど……自壊で効果を発動するモンスターを主体としたデッキデスか……そして、チューナーということは」
「手札より『スクラップ・キマイラ』を召喚し、効果発動。通常召喚された時墓地から『スクラップ』チューナーモンスターを特殊召喚できる。俺はレベル4チューナーのラプターを特殊召喚する。そして、レベル4のキマイラに、レベル4のラプターをチューニング! シンクロ召喚! 現れろ、廃材の中より現れし鉄屑竜! レベル8『スクラップ・ドラゴン』!」(デイブ手札5→4)(デイブ墓地2→4)
廃材の中から現れたのは、廃材をつなぎ合わせて作られたドラゴン。攻撃力は2800だが、フィールド魔法の効果で3000となる。
「『スクラップ・ドラゴン』の効果を発動。自分フィールドのカード1枚と、相手フィールドのカードを1枚ずつ対象として発動できる。そのカードを破壊する! 俺はゴブリンとお前の伏せカードを破壊する!」
「くっ、伏せカードの『クリストロン・エントリー』が……」(ユイ墓地1→2)(デイブ墓地4→5)
「そして、『スクラップ』カードで破壊されたゴブリンの効果で、墓地から『スクラップ・キマイラ』を手札に加える」(デイブ手札4→5)(デイブ墓地5→4)
「次のターンの用意もできている……デスか」
「バトルフェイズ! 『スクラップ・ドラゴン』で、クオンを攻撃!」
「このバトルフェイズ、クオンの効果を発動しマス! 手札からチューナー以外のモンスターを特殊召喚シテ、機械族シンクロモンスターをシンクロ召喚しマス! ワタシはレベル5の『水晶機巧-サルファフナー』を特殊召喚して、シンクロ召喚! レベル6『甲化鎧骨格』!」(ユイ手札2→1)(ユイ墓地2→4)
「シンクロ召喚された『甲化鎧骨格』の効果で、このターン、このカードは戦闘・効果で破壊されず、ワタシが受ける全てのダメージは0となりマス!」
「攻撃は意味がない……か。メインフェイズ2に入り、手札からカードを3枚伏せ、ターンエンド」(デイブ手札5→2)

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター1体
『スクラップ・ドラゴン』(攻撃表示・攻撃力3000・地属性・レベル8)
魔法・罠ゾーンのカード4枚
発動しているカード2枚
『スクラップ・ファクトリー』(フィールド魔法)
『補給部隊』(永続魔法)
墓地の枚数4枚
除外されているカード0枚


ユイは、相手の戦術を考える。
(『スクラップ・ドラゴン』の効果で、毎ターン相手のカードを破壊して、『補給部隊』で1ドロー。更に『スクラップ』カードは他にも『スクラップ』カードで破壊されれば効果が発動できるから……毎ターン、とんでもないアドが稼げそうデスね)
(デスが、まだ序盤。ここはなんとかしマス)


3・ユイのターン

「ワタシのターン、ドローデス!」(ユイ手札1→2)
「手札から、『水晶機巧-シストバーン』を捨てて、墓地のサルファフナーの効果発動デス。このカードを墓地から特殊召喚して、フィールドのカード1枚を破壊しマス。ワタシはサルファフナー自身を破壊しマス。そして破壊されたサルファフナーの効果で、デッキより『クリストロン』モンスターであるクオンを再び特殊召喚しマス。そして永続魔法『補給部隊』の効果で、デッキより1ドローデス」(ユイ手札2→1→2)(ユイ墓地4→5)
「手札より、『チューニング・サポーター』を召喚しマス。そして、手札から魔法カード『機械複製術』を発動しマス。自分フィールドの攻撃力500以下の機械族モンスター1体を対象に、同名カードをデッキから2体特殊召喚しマス。『チューニング・サポーター』を2体特殊召喚しマス!」(ユイ手札2→0)(ユイ墓地5→6)
「これで、レベル1チューナーにレベル1モンスターが3体……まさかさらなるシンクロを……」
「レベル1の『チューニング・サポーター』3体に、レベル1のクオンをチューニング! シンクロ召喚! 現れてくだサイ! レベル4『アームズ・エイド』!」(ユイ墓地6→10)
現れたのは、鋭い爪を持つ機械の手。攻撃力は1800。
「シンクロ素材とした『チューニング・サポーター』は、1枚ドローできマス。それが3体ということは、3枚ドローデス!」(ユイ手札0→3)
「そして『アームズ・エイド』の効果発動デス。このカードを、モンスター1体の装備カードとし、装備モンスターの攻撃力は1000アップしマス! 『甲化鎧骨格』の装備カードとして、攻撃力を3500としマス!」(『甲化鎧骨格』攻撃力2500→3500)
「行きマス! バトルフェイズ!」
「このバトルフェイズ、俺は罠カードを発動させる。罠カード『戦線復帰』。これにより、墓地から『スクラップ・ゴブリン』を守備表示で特殊召喚する」
(なぜ、守備力が500の『スクラップ・ゴブリン』を?)
「速攻魔法『スクラップ・ポリッシュ』を発動させる。このカードの発動時、フィールドの『スクラップ』モンスター1体を破壊する。そして、俺のフィールドの『スクラップ』モンスターの攻撃力を全て1000アップさせる! そしてフィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』の効果が……」
「手札より速攻魔法『サイクロン』発動デス! このカードは、フィールドの魔法・罠を1枚破壊しマス! フィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』を破壊しマス!」(ユイ手札3→2)(ユイ墓地10→11)
「チッ、追加召喚は無理か……だが、俺の『スクラップ・ドラゴン』は『スクラップ・ファクトリー』無しでも攻撃力が1000アップする!」(デイブ墓地4→7)(『スクラップ・ドラゴン』攻撃力3000→3800)
「速攻魔法『鈍重』を手札から発動させマス! このカードは、フィールドのモンスター1体を対象として、そのモンスターの守備力分モンスターの攻撃力を下げマス! 『スクラップ・ドラゴン』の守備力は2000。よって2000下げマス!」(ユイ手札2→1)(ユイ墓地11→12)
「ここまでやるか……だが俺は、『スクラップ』カードの効果で破壊されたゴブリンの効果で、墓地から『スクラップ・ラプター』を手札に加える。更に、永続魔法『補給部隊』の効果で、1枚ドロー」(『スクラップ・ドラゴン』攻撃力3800→1800)(デイブ墓地7→6)(デイブ手札2→4)
「攻撃デス! 『甲化鎧骨格』で、『スクラップ・ドラゴン』を攻撃デス!」
「ぐぅっ!」(デイブライフ8000→6300)(デイブ墓地7→8)
「更に、『アームズ・エイド』の効果。このカードを装備しているモンスターが戦闘でモンスターを破壊した時、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを与えマス! 攻撃力は2800。よって2800のダメージを与えマス!」
「何っ、ぐああああっ!」(デイブライフ6300→3500)
大ダメージを受けて、苦しがるデイブ。すると、体を覆っていたボロ布が取れ、その姿が露わになった。デイブの本当の姿は……。
「あ、アナタは!?」
「ギギ……見タナ……」
デイブの姿は、人型のロボットだった。ただし、ボディは細く所々配線が飛び出てメッキが剥がれ、足りない所をハンガーや様々なガラクタでつなぎ合わせた、今にも壊れそうなロボット。そして、ところどころバチバチ火花が出ている。
「アナタ……人間じゃ無いのデスか!?」
「ソ、ソウサ……オレハドコカノ誰カガ打チ捨テタロボットニ雷ガ落チテ、生マレタ何カ……誰モ彼モガオレヲ気持チ悪イトヌカシ、嫌ワレテキタ……ソシテ、オレノ中ノ雷ハ、モウジキツキル……」
「そ、そんな……」
「オレハ……何者ニモ知ラレナイママ、消エタクナイ……D1グランプリデ……皆ヲ倒シ頂点ニナレバ、オレノ存在ヲ、皆ガ見テクレル……ダカラ、オ、レハ、勝タナク、テハイケ、ナ、イ!」
スパークがはじけ、言葉が継ぎ接ぎだらけになる。もう見ていられない程に。
「続キヲ始メ、ル、ゾ……オ、前ノター、ンノバトルフェ、イズダ。コノ時オレハ、破壊サレタ『スクラップ・ドラゴン』ノ効果デ、墓地より『スクラップ・ゴブリン』ヲ特殊召喚スル」(デイブ墓地8→7)
「メインフェイズ2に入って、手札からカードを1枚セットして、ターンエンドデス……」(ユイ手札1→0)

ユイ

ライフポイント8000
手札枚数0枚
モンスター1体
『甲化鎧骨格』(攻撃表示・攻撃力3500・レベル6・地属性)
魔法・罠ゾーンのカード4枚
発動しているカード2枚
『アームズ・エイド』(装備カード)
『補給部隊』(永続魔法)
墓地の枚数12枚
除外されているカード0枚


4・デイブのターン

デイブの体のバチバチが収まり、言葉が戻る。
「オレのターン、ドロー」(デイブ手札4→5)
「手札より、魔法カード『テラ・フォーミング』を発動。デッキよりフィールド魔法を手札に加える。オレは『スクラップ・ファクトリー』を手札に加える」(デイブ墓地7→8)
「手札より、再び『スクラップ・ファクトリー』を発動し、『スクラップ・ラプター』を召喚する」(デイブ手札5→3)
「そして『スクラップ・ラプター』の効果を発動。このカードを破壊し、『スクラップ』モンスターの通常召喚権を増やす! そして、ラプターが破壊されたことにより、デッキより『スクラップ・オルトロス』を手札に加える。更に、フィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』の効果で、オレはデッキより『スクラップ・ゴーレム』を特殊召喚する。更に、永続魔法『補給部隊』の効果で、デッキより1枚ドローする」(デイブ手札3→5)(デイブ墓地8→9)
「手札から、『スクラップ・キマイラ』を通常召喚する。墓地より『スクラップ』チューナーを特殊召喚できる。俺はレベル4のラプターを再び特殊召喚する」(デイブ手札4→3)(デイブ墓地9→8)
「オレはレベル4のキマイラに、レベル4のラプターをチューニング! シンクロ召喚! 再び廃材の中より現れろ、レベル8『スクラップ・ドラゴン』!」(デイブ墓地9→11)
「この瞬間、リバースカードを発動させマス! 罠カード『奈落の落とし穴』! このカードは攻撃力1500以上のモンスターが召喚・特殊召喚・反転召喚に成功した時、そのモンスターを破壊して除外しマス!」(ユイ墓地12→13)
「除外か……まだ問題は無い! 『スクラップ・ゴーレム』の効果発動。自分の墓地から『スクラップ』モンスターを特殊召喚する! オレはラプターを特殊召喚する」(デイブ除外0→1)(デイブ墓地11→10)
「オレはレベル5のゴーレムに、レベル4のラプターをチューニング! 廃材の中より、二つの首を持ちし鉄屑竜が現れる! 出ろ、レベル9『スクラップ・ツイン・ドラゴン』!」(デイブ墓地10→12)
今回現れたのは、『スクラップ・ドラゴン』の首が二つに増えた廃材竜。攻撃力は3000だが、フィールド魔法『スクラップ・ファクトリー』の効果で3200となる。
「ツイン・ドラゴンの効果発動! 自分フィールドのカード1枚と、相手フィールドのカード2枚を対象として発動する。ゴブリンを対象に、お前のシンクロモンスターと伏せカードを対象として手札に戻す!」(デイブ墓地12→13)
「うっ……! この伏せカードは……!」(ユイ手札0→1)(ユイ墓地13→14)
「そして、破壊されたゴブリンの効果で、墓地より『スクラップ・キマイラ』を手札に加える」(デイブ手札5→6)(デイブ墓地13→12)
「そして、手札より……魔法カード『死者蘇生』を、発動! 墓地から『スクラップ・ドラゴン』を特殊召喚する!」(デイブ手札6→5)
「『スクラップ・ドラゴン』のモンスター効果。自分フィールドのカード1枚と、相手フィールドのカード1枚を破壊する! オレは『補給部隊』を破壊し、お前の『補給部隊』を破壊する!」(デイブ墓地12→13)
(ドローソースマデも……)(ユイ墓地14→15)
「バトルフェイズに入る。オレは2体の『スクラップ』シンクロによって、ダイレクトアタック! スクラップ・シュート!」
「キャアアアア!」(ユイライフ8000→5000→1800)
「カードを2枚伏せて、ターンエンドだ」(デイブ手札6→4)

デイブ

ライフポイント3500
手札枚数4枚
モンスター2体
『スクラップ・ドラゴン』(攻撃表示・攻撃力3000・地属性・レベル8)
『スクラップ・ツイン・ドラゴン』(攻撃表示・攻撃力3200・地属性・レベル9)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『スクラップ・ファクトリー』(フィールド魔法)
墓地の枚数13枚
除外されているカード1枚


形勢は逆転。フィールドはがら空きにされ、ライフポイントにも差をつけられた。
(ダメデス……先ほど手札に戻ってきたカードは、なんなのかわからないカード……『シューティング・スター』……罠カードだからと言って、伏せてしまいマシた……。ですが、これをまた伏せたところで、破壊されるのがオチ……手札もフィールドのカードも無い……このままでは、負けてしまいマス……)
ユイは、ちらりとデイブを見る。火花は散らなくなっているが、限界が近そうなのが見えた。
(このまま行っても、あの人はいずれ……でも、デュエルは続けなくては……でも、どうしたら……)


5・ユイのターン

「ワタシのターン、ドローデス!」(ユイ手札1→2)
(どうにか……どうにか……ッ!?)
その時、ユイの中に何かが走る。その時に見えた、おぼろげなドラゴンの姿。その時感じた。何かが見えた。
(この記憶……ワタシ……知りマセん……でも、わかりマス。起死回生のカギ! ワタシは、この感覚を信じマス!)
「ワタシは墓地より、シストバーンを除外して効果を発動しマス! デッキより、クオンを手札に加えマス。そして召喚」(ユイ手札2→3→2)(ユイ墓地15→14)(ユイ除外0→1)
「そして墓地より、ローズニクスを除外して効果を発動しマス! レベル1、機械族の『水晶機巧トークン』を特殊召喚しマス!」(ユイ墓地14→13)(ユイ除外1→2)
「そして、自分フィールドに機械族モンスターが2体のみの場合、手札から『アイアンドロー』を発動できマス! その効果により、デッキから2枚ドローしマス!」(ユイ手札2→3)(ユイ墓地13→14)
そして、引いたカードを見てみるユイ。そのカードは、今まで自分が使ったことのないカードだった。
(このカード、ワタシ……知りマセん……でも、このカードが、ワタシにとっての切り札!)
「レベル1の『水晶機巧トークン』に、レベル1のクオンをチューニング! シンクロ召喚! 現れてくだサイ! 進化へ誘う希望のモンスター! レベル2『フォーミュラ・シンクロン』!」(ユイ墓地14→16)
「『フォーミュラ・シンクロン』がシンクロ召喚に成功した時、デッキから1枚ドローできマス!」(ユイ手札3→4)
「……よし、これなら……! カードを4枚伏せて、ターンエンドデス!」(ユイ手札4→0)

ユイ

ライフポイント1800
手札枚数0枚
モンスター1体
『フォーミュラ・シンクロン』(守備表示・守備力1500・光属性・レベル2)
魔法・罠ゾーンのカード4枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数16枚
除外されているカード2枚

「シンクロチューナー、だと?」
(あのシンクロモンスターは、相手ターンでもシンクロできるカード。だが、1体だけではその効力も意味はない……となると、伏せカードがキーか!)
(なら、順番に破壊していけば良いだけだ!)


6・デイブのターン

「俺のターン、ドロー!」(デイブ手札4→5)
「手札より、『スクラップ・キマイラ』を召喚。そして墓地より、『スクラップ・ラプター』を特殊召喚する」(デイブ手札5→4)(デイブ墓地13→12)
「そして、ラプターの効果で自身を破壊し、『スクラップ』の追加召喚権を得る! そしてラプターの効果によってデッキより『スクラップ・ワーム』を手札に加え、フィールド魔法の効果で『スクラップ・シャーク』を特殊召喚する」(デイブ墓地12→13)
「そして、レベル2チューナーのワームを召喚。そして、レベル4のキマイラと、レベル4のシャークに、レベル2のワームをチューニング! シンクロ召喚! 現れろ……廃材より、究極のモンスターが現れる! レベル10『アトミック・スクラップ・ドラゴン』!」(デイブ墓地13→15)
3つ首の、『スクラップ・ドラゴン』が現れる。攻撃力は3200で、 フィールド魔法の効果で3400となる。
「『スクラップ・ドラゴン』の効果発動! オレの伏せカードを破壊し、お前の伏せカードを破壊する!」(デイブ墓地15→16)
「対象に取られた、罠カード『戦線復帰』を発動しマス! このカードは、墓地より守備表示でモンスターを特殊召喚しマス! レベル6の『甲化鎧骨格』を特殊召喚しマス!」
「そして、この瞬間、『フォーミュラ・シンクロン』の効果を発動させマス! 相手のメインフェイズ、フォーミュラを素材としてシンクロ召喚を行いマス! レベル6の『甲化鎧骨格』に、レベル2の『フォーミュラ・シンクロン』をチューニング! 願いよ、思いよ、今こそ集いし、星屑に乗せて飛んで行け……! レベル8『スターダスト・ドラゴン』!」(ユイ墓地16→18)
「『スターダスト・ドラゴン』!?」
ユイが召喚したのは、星屑を纏いし白き竜。攻撃力は2500。今までの毛色の違うカードに、デイブは驚き、ユイは想う。
「あなたは……もしかして、女神イクスの……そしてワタシの近くに、あの人はいるということなんデスね……」
「不発か……だが、まとめて戻してやれば良いだけだ! ツイン・ドラゴンの効果発動! オレの伏せカードを破壊し、お前の伏せカードを手札に戻す!」(デイブ墓地16→17)
「この瞬間、『スターダスト・ドラゴン』の効果を発動させマス! このカードをリリースして、フィールドのカードを破壊するカード効果を無効化して、破壊しマス! ヴィクテム・サンクチュアリ!」(ユイ墓地18→19)
破壊する効果を、『スターダスト・ドラゴン』が自らを犠牲にして守る。ツインの効果が封じられた。
「無効化されただと!? だが、相手によって破壊されたツインは、墓地より『スクラップ』を特殊召喚できる! 『スクラップ・ゴーレム』を特殊召喚する」
(破壊する効果を無効化か……だが、墓地にいるなら除去すればいい!)
「アトミック・ドラゴンの効果発動! オレの伏せカード1枚と、相手の墓地のカード3枚を対象として発動! そのカードをデッキに戻す! オレは『アームズ・エイド』『フォーミュラ・シンクロン』『スターダスト・ドラゴン』の3体をデッキに戻す!」
「断ち切らせはしまセン! 罠カード『星屑の残光』を発動させマス! 墓地の『スターダスト』1体を特殊召喚しマス! ワタシは『スターダスト・ドラゴン』を特殊召喚しマス!」
「ぐっ、逃れたか……だが、他のカードはきっちりデッキへ戻してもらうぞ! この時、破壊された『黄金の邪神像』の効果で、邪神トークンを特殊召喚する」(デイブ墓地17→18)(ユイ墓地19→17)
(耐えてきたか……だが、ここで破壊すれば……!)
「ゴーレムの効果。墓地からラプターを特殊召喚する」
「それにチェーンして、永続罠『星屑の願い』を発動させマス!」
「再びシンクロ召喚! 『スクラップ・ツイン・ドラゴン』!」(デイブ墓地18→20)
「そして、ツイン・ドラゴンの効果でトークンを破壊し、『スターダスト・ドラゴン』と永続罠を手札に戻す!」
「『スターダスト・ドラゴン』の効果を再び発動させマス! 『スターダスト・ドラゴン』をリリースして、無効化して破壊しマス!」(ユイ墓地17→18)
「だが、これで壁はいなくなった! 破壊されたツイン・ドラゴンの効果で、再び墓地からゴーレムを特殊召喚する!」(デイブ墓地20→19)
「ここで、永続罠『星屑の願い』の効果が発動しマス! 『スターダスト』が自身の効果でリリースされた時、そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚しマス!」(ユイ墓地18→17)
「だが、ゴーレムの効果はフィールドを離れれば何度も使える。再びゴーレムの効果を……」
(この罠カードは、ここで使うものだったのデスね!)
「罠カード『シューティング・スター』を発動させマス! ワタシのフィールドに『スターダスト』がいる時、フィールドのカード1枚を破壊しマス! ゴーレムを破壊しマス!」(ユイ墓地17→18)
「クソッ……やられたか! なら、バトルフェイズに入り、アトミック・ドラゴンで『スターダスト・ドラゴン』を攻撃!」
「『星屑の願い』で特殊召喚されたモンスターが攻撃表示である時、戦闘では破壊されマセん! ダメージは受けマスが……」(ユイライフ1800→900)
「……伏せカードを2枚伏せて、ターンエンド……」(デイブ手札4→2)

デイブ

ライフポイント3500
手札枚数2枚
モンスター1体
『アトミック・スクラップ・ドラゴン』(攻撃表示・攻撃力3400・地属性・レベル10)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『スクラップ・ファクトリー』(フィールド魔法)
墓地の枚数19枚
除外されているカード1枚


7・ユイのターン

「ワタシのターン、ドローデス!」(ユイ手札0→1)
「魔法カード『貪欲な壺』を発動させマス! 墓地のモンスター5体をデッキに戻し、デッキから2枚ドローしマス! 『チューニング・サポーター』3体と、クオン2体をデッキに戻し、2枚ドローしマス!」(ユイ墓地18→14)(ユイ手札0→2)
「魔法カード『スターダスト・ストーム』を発動させマス! 相手の魔法・罠を全て除外しマス!!」(ユイ手札2→1)(ユイ墓地14→15)
「ぐっ、伏せカードにフィールド魔法が……!」
(この伏せカードは、破壊されれば効果が発動するはずだったのに!)(デイブ除外1→4)
「手札の『水晶機巧-シストバーン』を捨てて、墓地のサルファフナーの効果を発動デス! そして、サルファフナー自身を破壊して、デッキよりレベル2チューナー『水晶機巧-シトリィ』を特殊召喚しマス!」(ユイ墓地15→16)
「そして、墓地のシストバーンを除外して、デッキよりレベル2の『水晶機巧-プラシレータ』を手札に加え、召喚しマス!」
「レベル2のプラシレータに、レベル2のシトリィをチューニング! シンクロ召喚! 現れてくだサイ! レベル4『アームズ・エイド』!」(ユイ墓地16→18)
「そして、『アームズ・エイド』を『スターダスト・ドラゴン』に装備しマス!」(スターダスト・ドラゴン攻撃力2500→3500)
(た、対抗手段が……!)
「行きマスよ! 『スターダスト・ドラゴン』で、『アトミック・スクラップ・ドラゴン』を攻撃! シューティング・ソニック!」
「ぐぅぅっ!」(デイブライフ3500→3200)
『スターダスト・ドラゴン』の攻撃が、3つ首のドラゴンを破壊した! そして、『アームズ・エイド』の効果が発動する。
「『アームズ・エイド』の効果、このカードを装備したモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時、破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与えマス!」
「『アトミック・スクラップ・ドラゴン』の攻撃力は3200……ということ……は……オレの……負け……」(デイブライフ3200→0)


デュエルの決着がついた。その時、デイブのボディから再びスパークが漏れ始める。それも、今までの比ではない。言葉もたどたどしくなる。
「ギ……ギギギ……ド、ドウヤラ……限界……ダ……モウオレハ……活動出来ナイ……折角、ココ、マデ、来タノ、ニ……オレハ……消エ、ルノ、カ……? 誰ニモ、オレヲシ、ラレ、ズ……」
そんな時、ユイの目つきが変わる。ユイは、スパークが未だにバチバチ言っているデイブに近づいた。
「来ル、ナ……! 痺、レ、ルゾ……」
しかし、ユイはそのまま近づき、抱きしめた。
「ナ、ナ、ンデ……」
「私は……忘れません。あなたがいたことを。たった1回のデュエルでしたけれど、賢明に生きようとしたあなたを、決して忘れません。たった一人でも、あなたを覚えている人がいれば、きっと……」
「ギギギ……オレヲ、抱キ、シ、メタ人間ハ、オ前ダケ……ダ……優シインダナ……オ前ハ……」
「嬉しいのですか?」
「最後ニ……コ、ン、ナ、人、間、ニ……出会……エテ、オ、レ……ハ、幸セ……ダ……」
その瞬間、デイブの体から、大量のスパークが出て、バラバラになった。それと同時に、デイブは動かなくなった。デイブの中にあった雷が、無くなったのだろう。
ユイは、バラバラになった体から、首に当たる部分を持って、つぶやいた。
「もし、あなたとまた会えるなら……その時は……あなたと……」
ユイは、そのままどこかへ去って行った。


第百六話。終わり。
現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
98 プロローグ「出会いは突然に」 1437 2 2018-01-27 -
152 第一話「六道遊太、デュエルと出会う」 1190 1 2018-01-28 -
53 第二話「六道遊太、デュエルスタンバイ!」 1011 3 2018-01-30 -
109 第三話「ロードナイトVSC・HERO」 953 1 2018-02-05 -
56 第四話「大会にて」 730 1 2018-02-11 -
91 第五話「カリンとカードの精霊の話」 805 1 2018-02-14 -
96 第六話「戦いの幕開け」 793 1 2018-02-18 -
179 第七話「大鴉の特訓」 875 1 2018-02-22 -
49 第八話「知多泉、デュエルスタンバイ!」 751 0 2018-02-25 -
155 第九話「儀式降臨のサフィラ」 811 0 2018-03-02 -
65 第十話「驚きの予選会」 770 1 2018-03-05 -
62 第十一話「ペンデュラムと、英雄騎士達」 760 2 2018-03-10 -
48 第十二話「プラクサス大会スタート!」 717 0 2018-03-13 -
118 第十三話「恐怖のロックバーン」 820 2 2018-03-17 -
138 第十四話「カリンとサフィラ」 785 0 2018-03-24 -
111 第十五話「アキラ君の思い」 944 2 2018-03-29 -
44 第十六話「楽しむ心、やるべき心」 672 2 2018-04-03 -
46 第十七話「本戦開始!」 679 0 2018-04-06 -
120 第十八話「知多と遊太」 706 0 2018-04-13 -
102 第十九話「僕のヒーロー」 744 0 2018-04-17 -
110 第二十話「僕のヒーローは」 720 0 2018-04-21 -
93 第二十一話「対決! 遊太VS菊姫!」 795 2 2018-04-25 -
111 第二十二話「菊姫の切り札」 764 2 2018-04-29 -
84 第二十三話「覚醒を封じられた先に……!」 745 2 2018-05-09 -
104 第二十四話「プラクサス大会、決勝戦!」 733 0 2018-05-12 -
50 第二十五話「真の究極竜と、カオスMAX」 730 2 2018-05-16 -
104 第二十六話「決着、そして……!」 824 2 2018-05-18 -
48 第二十七話「ロードナイトの話」 611 0 2018-05-26 -
59 第二十八話「カリンと遊太」 685 2 2018-05-28 -
68 第二十九話「日傘の女の子」 667 0 2018-06-07 -
117 第三十話「ヒーローショーを見に行こう!」 743 0 2018-06-11 -
92 第三十一話「忍び寄る侵略の影」 666 0 2018-06-23 -
82 第三十二話「侵略の一手」 638 0 2018-06-24 -
131 第三十三話「帝国への招待状」 715 0 2018-07-03 -
93 第三十四話「いざ、帝国へ!」 711 0 2018-07-12 -
197 遊戯王EXSキャラ紹介 その1 1082 2 2018-07-14 -
101 第三十五話「GAME START」 660 0 2018-07-22 -
48 決闘者の帝国における、特殊ルール 603 2 2018-07-22 -
123 第三十六話「まずは一つ」 706 0 2018-07-29 -
53 第三十七話「菊姫とアキラ」 619 0 2018-08-05 -
58 第三十八話「実力勝負!」 642 0 2018-08-12 -
104 第三十九話「エンジョイデュエル!」 702 0 2018-08-23 -
60 第四十話「プレイヤーキラー、動く!」 598 0 2018-09-07 -
52 第四十一話「闇を打ち砕け、遊太!」 678 0 2018-09-15 -
89 第四十二話「ユニオンロボ&宇宙のヒーロー 621 0 2018-09-29 -
46 第四十三話「侵攻するワーム」 600 0 2018-10-06 -
99 第四十四話「ヒーロー覚醒!?」 672 2 2018-10-14 -
179 第四十五話「血の刻印」 770 2 2018-10-27 -
40 第四十六話「二つの竜」 578 2 2018-11-08 -
130 第四十七話「共鳴、そして目醒め」 691 2 2018-11-19 -
108 第四十八話「思わぬ敵」 702 2 2018-12-02 -
62 第四十九話「救いと絶望」 588 0 2018-12-09 -
104 第五十話「ロベルトを救う者」 691 0 2018-12-17 -
90 第五十一話「決戦! 闇の王と遊太」 596 0 2019-01-17 -
63 作者よりお知らせ 522 0 2019-01-27 -
46 第五十二話「突き抜ける意志」 551 0 2019-02-05 -
60 第五十三話「神帝現る」 559 0 2019-02-12 -
71 第五十四話「帝国の終焉」 618 0 2019-02-22 -
77 特別編『超次元! 世界を越えた絆』1 644 0 2019-03-07 -
109 特別編『超次元! 世界を越えた絆』2 629 0 2019-03-14 -
56 特別編『超次元! 世界を越えた絆』3 622 0 2019-03-22 -
34 第五十五話「休息の時」 515 0 2019-04-07 -
54 第五十六話「彼女との再会」 536 0 2019-04-20 -
63 第五十七話「マダムの危ない罠」 527 0 2019-05-01 -
43 第五十八話「ストアブレーカー」 456 0 2019-05-19 -
53 第五十九話「闇のカード」 541 0 2019-06-04 -
71 第六十話「変わり始める生活」 479 0 2019-07-18 -
42 第六十一話「ユイのデュエル」 456 0 2019-08-04 -
34 作者よりお知らせ2 458 0 2019-08-11 -
63 第六十二話「プラクサスの怪人」 504 0 2019-09-11 -
44 お詫びとお知らせ 344 0 2020-02-19 -
101 第六十三話「暴走! 怪人クロウリー」 436 0 2020-02-19 -
47 特別編『ブルーアイズVSブルーアイズ』 534 0 2020-02-22 -
51 第六十四話「闇に落ちる小鳥」 435 0 2020-03-22 -
39 第六十五話「鳥人を食う邪竜」 453 0 2020-04-18 -
42 第六十六話「ダークヒーロー!ヴェンデット 367 0 2020-05-09 -
49 第六十七話「堕ちたヒーロー」 394 0 2020-05-23 -
36 第六十八話「視える未来(ビジョン)」 470 0 2020-05-30 -
54 第六十九話「突入、アポカリプトのアジト」 431 0 2020-06-12 -
35 第七十話「登場! 世界チャンピオン!」 390 0 2020-06-14 -
29 第七十一話「デートじゃん!」 390 0 2020-06-27 -
38 第七十二話「不死者は少年を好く」 429 0 2020-06-28 -
35 第七十三話「最強デュエリストのいとこ」 361 0 2020-07-07 -
51 第七十四話「D1グランプリ、開催決定!」 370 0 2020-07-13 -
38 遊戯王EXS キャラ紹介その2 439 0 2020-07-13 -
39 特別編「VSサイコ・ショッカー!?」 359 0 2020-07-26 -
38 第七十五話「D1グランプリへの道しるべ」 329 0 2020-08-06 -
31 第七十六話「不死と再生、イモータル」 431 0 2020-08-15 -
35 第七十七話「雨が降れば蛙が鳴く」 353 0 2020-08-30 -
33 第七十八話「噴火寸前のヴォルケーノ」 365 0 2020-09-13 -
36 第七十九話「燃えろ遊太!」 372 0 2020-09-27 -
39 作者よりお知らせ3 304 0 2020-10-02 -
34 第八十話「燃えるデュエル!」 349 0 2020-10-18 -
40 特別編「乙女の対決、ブラマジガール!」 360 0 2020-11-05 -
34 第八十一話「高き壁」 328 0 2020-11-22 -
37 第八十二話「強き者」 369 0 2020-12-05 -
27 第八十三話「エキシビションマッチ」 336 0 2021-01-01 -
30 第八十四話「二次予選開始!」 256 0 2021-01-11 -
33 第八十五話「タッグメイクデュエル」 309 0 2021-02-20 -
27 第八十六話「タッグメイクデュエル②」 256 0 2021-04-04 -
35 第八十七話「タッグメイクデュエル③」 259 0 2021-04-25 -
29 第八十八話「タッグメイクデュエル④」 303 0 2021-05-04 -
28 第八十九話「チーム結成!」 295 0 2021-05-08 -
24 第九十話「J4の実力 輝く竜の星」 222 0 2021-06-02 -
24 第九十一話「超弩級のパワー」 247 0 2021-06-12 -
32 第九十二話「空飛ぶケモノたち」 192 0 2021-07-08 -
28 第九十三話「雷と未来」 214 0 2021-07-18 -
30 第九十四話「大トリ、明石慎之介」 260 0 2021-09-04 -
23 作者からお知らせ4 227 0 2021-09-17 -
27 特別編「冥界の王(ファラオ)と決闘!?」 205 2 2021-10-17 -
24 第九十五話「最終予選1 友達VS友達」 203 0 2021-12-18 -
29 第九十六話「最終予選2 竜姫神と青眼」 229 0 2022-01-04 -
31 第九十七話『最終予選3 約束のために』 289 0 2022-01-10 -
26 第九十八話「最終予選4 VSJ4最強」 246 0 2022-02-01 -
22 第九十九話「異変」 222 0 2022-02-27 -
37 第百話「D1グランプリ、本戦開始!」 180 0 2022-04-09 -
20 第百一話「プロの実力」 149 0 2022-05-07 -
21 第百二話「デストーイ・デコレーション」 199 0 2022-06-04 -
14 第百三話「アマゾネスの首領」 134 0 2022-07-10 -
11 第百四話「プロ辞めます!」 107 0 2022-08-28 -
12 第百五話「強襲! 梁山泊デュエル!」 92 0 2022-10-16 -
3 第百六話「鉄屑と星屑」 46 0 2022-11-27 -

更新情報 - NEW -