HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王AURA > 93 絶望クリスマス

遊戯王AURA/93 絶望クリスマス 作:ギガプラント



雪の降る12月の頃だった。





星野「僕と結婚してくれ、香織。」





あの一件以来私の劇団での居場所は完全に無くなっていた。

周りからの当たりは以前にもまして一層と強くなり、嫌がらせや露骨な冷遇も増えている。

足の怪我が治った後も、嫉妬の対象であり劇団に迷惑をかけた戦犯でもある私の味方は誰一人としていなかった。




ただ一人を除いて。





星野「先代の座長の頃はこんな事は無かったんだが……全く困ったものだ。」


星野「僕もあそこのトップスターなんて言われているが、正直もう限界だと思っている。」


星野「誰も彼ものし上がる事ばかり考え、やる事と云えば上の物へのごますりばかり。あれでは誰も成長できやしない。」


星野「僕は君もそうなってしまうのが耐えられない。」


星野「君の才能は世界にも通用するレベルだ!あんな劇団で腐らせていいものじゃない!」



星野「香織、僕と一緒に劇団を抜けないか?」


星野「君だったら、あのトレジャー歌劇団でだって活躍できる!」


星野「お互いもっと大きな役者になろう!そして、本当のトップスターになれたら……!」






あの時私の相手役…になる筈だった人。
彼だけはずっと私の味方でいてくれた。

劇団内でも私を庇ってくれる事はしばしばあったが、彼自身の人気もあり余計に嫉妬の炎に油を注ぐ結果になる事も多かった。
彼もその事について自分の事のように悩んでくれていたらしい。

私に断る理由は何一つなかった。


母親の一件で心を閉ざした私は、役者を通じて自分自身を愛する事を知った。
そして今、初めて本当に他人を愛する事を知ったのかもしれない。
他の劇団に移ってそこで失敗してもいい。その時は彼を支える為に生きよう。

そもそもこんなところにいる意味はとっくに無かったのだ。



香織「はい…!」






私は希望に満ちた答えを返した。

この日から私の人生に再び光が差したのは言うまでもない。






しかしこれは、台風の目に入っていただけに過ぎなかった事に気づくのはもう少し後の話である。


--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---



12月25日

一緒にクリスマスを過ごそう。その提案を受け入れる形で私は彼の家に向かっていた。
揃って劇団を辞めた私達は、新たな劇団を探しているところである。
劇団のトップスターが急に抜けるとあって団内でも色々と騒がれたがなんとか話はついたらしい。
私の方については、「トップが抜けて大変な時期に抜けるのか」等と散々なじられた。
あんな扱いをしておきながら、私が抜けるのは気に食わないのだろうか?まるでブラック企業である。

私は今日、大劇団「トレジャー歌劇団」の入団試験を受けに行った。
合格するかどうか確信は無いが、自身の全力を見せる事ができたと思う。

帰りがやや遅くなりそうと伝えたら「いつまででも待っている」と答えてくれた彼の笑顔を思い浮かべながら、やや急ぎ足に家に着く。
彼は特別料理が得意という訳ではないが、先程「中々上出来ではないだろうか」とのメールがあった。期待していてほしいとの一文を加えて。
シャンパンとケーキ。今夜は素敵な夜になるだろう。


ガチャリ



ドアノブを捻った。



香織「意外と早く帰って来れたわね。」



私はワクワクしながらリビングルームに向かった。




香織「え………?」













そこにいたのは彼…ともう一人、女性だった。









女性「ぬけぬけとやってきたのね…!」





香織「えっ!?貴女は……」

家に居たもう一人の女性。
その顔に見覚えは無かった。
あの劇団に居た劇団員なら顔くらいは知っていただろう、やはり私の知り合いではないようだ。

女性「同じ時期に二人も辞めるなんておかしいと思ったのよ…やっぱりこういう事だったのね!!」


香織「あの……ちょっと」


女性「全部あんたのせいよ!アンタが星野さんをかどわかしたせいよ!この泥棒女!!」


香織「なっ…!!」


よく見ると土足のままの両足で、ズンズンと香織に詰め寄る。


女性「そもそもおかしかったのよ!!大したキャリアも無い新人の癖にいきなり星野さんの相手役だなんて!」


女性「同じ舞台に立っている事自体腹立たしいのに、今度は星野さんを奪っていくなんて!!いい加減にしなさいよアンタ!!」


香織「ちょっと!!一体何を……えっ?」


私はそこで初めて気づいた。
ソファに座る彼の様子が普通じゃない事に。



その胸に深々と包丁が突き刺さっていた事に。





香織「い、いやああああ!!!」


女性「仕方ないじゃない!こうするしかなかったんだもの!!」


女性「私の方がずっとずっと星野さんの事見ていたのに…!」


香織「な、何を言って……」


女性「私の方がずっと前から彼の事知ってたし彼の事好きだったし彼の事見てたんだから!なのにあんたみたいな糞泥棒女が急にしゃしゃり出てきて一緒に劇団辞めるですって?はぁふざけんじゃないわよ!私知ってるのよ?あんた一度主役に決まってた無名のド新人女優でしょ?星野さんの相手役に決まって舞い上がって転んで怪我した馬鹿女!そもそもあんたなんかが星野さんの隣で光を浴びるなんて100億光年早いのよ!主演の話もどうせ団長か誰かに何かして無理矢理掴んだんでしょう?弱みでも握った?金?あぁもしかして色仕掛け!?薄汚い雌豚がやりそうなことよね!すっ転んで怪我したのも当然よバチが当たったんだわ!せっかく消えてくれたと思ったのに今度は星野さんまで巻き込んで劇団辞めさせるなんて自分のやってることが最低って思わないわけ?だから私思ったの助けないとって!私が星野さんを救ってあげないといけないって!!なのに星野さんったら、本当に香織を愛してるんだーだなんて、あの星野さんがよ!?まだ脇役を演じていた頃から毎度毎度一度も欠かさず舞台を見ていていつもいつも握手会で私に優しく微笑みかけてくれたあの星野さんがよ?何年も何年もずーーーっと遠くから見てたんだから私には分かるの!グッズもサインも全部持ってる!星野さんの事ならなんだってわかる!身長体重血液型実家の住所学生時代の担任の先生趣味に特技に好きな食べ物よくできる寝癖の位置もお風呂でどこから洗うのかも全部知ってる!アンタなんか好きになる訳ないじゃないどう考えてもおかしいじゃない!でもどんなに私がお話を聞こうとしても脅されてないの一点張りで!おかしいじゃない!どう考えたっておかしいじゃない!!私言ったのよ?お金が無いなら私が出してあげるし寂しいなら一生私が傍に居ますって、あの女に脅されてるなら私が助けてあげるからもう心配しないでって!でも星野さんってばいつまでもいつまでも本当の事言ってくれないの!それで私漸く分かったわ、星野さんはもう既にアンタに壊されちゃったんだって!アンタのせいで星野さんはおかしくなっちゃったんだ!全部アンタが原因なんだ!だったら仕方ないじゃないもう殺すしかないじゃない!私はあんな風になってしまった星野さんなんて見ていられないもの、悲しいし可哀想だけど仕方ないの。でもきっと今頃天国で私に感謝してくれているわ!!救ってくれてありがとうって!やっぱり僕に相応しいのは君だってそう言ってくれているに違いないわ!」












目の前の女が何を言っているのかが分からない。








思考が追い付かない。









女性「私も行かなきゃ……でも」




女性「その前にアンタを殺さなきゃあああ!!!」




香織「っ!!?」


女性は彼の腹から乱暴に包丁を抜き出すと私に向かって振りかざしてきた。

間一髪のところで身を躱す。


女性「アンタだけは生かしておけないのよぉ……!星野さんは天国に行った、アンタが行くのは地獄だ!!!死 ね え え え ぇ ぇ ぇ ぇ!!!」


香織「っ!!??」


言葉にならない悲鳴を上げた。演技ではない絶対的な本当の恐怖が襲い掛かってくる。
私は必死になって彼女ともみ合い、そしてなんとか包丁を奪い取った。


ほんの一瞬安堵したその瞬間。


後頭部の激痛と共に、大きな破壊音と水音が響いた。


香織「痛っ…!!!」


包丁を奪われるや否や、彼女はすかさず武器を変えてきた。
テーブルの上に飾るように置かれていたシャンパンの瓶を力の限り投げつけてきたのだ。


女性「あんただけは殺さなきゃ……あんたの命をあの人のクリスマスプレゼントにするんだああっはっはっは!!」


香織「………!!」













この時、私は思考を完全に止めていた。













香織「お前なんかに……」











何も考えずただ感情のままに……










香織「お前なんかにいいいぃぃぃ!!!」










奪いとった包丁を振りかざすしかなかった。






~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~ ~~~












平留「そうだよ……私も女だ。」






天音「っ!?」


平留「貴様等と同じ愚かしくて身勝手で……そして無力な女だ。」


天音「………」


平留「私のターン!!」


平留「自分の墓地に同じ属性のモンスターが10枚以上存在する時、このカードは手札から特殊召喚できる!」




救世の断片よ、大いなる吹雪で万物を凍てつかせ世界を救済へ導け!




出でよ!『凍界精ニヴリア・フォッグ』!星8・ATK3000






純白の衣を何重にも纏った魔女のようなモンスター。辺りには4本の長杖が浮いている。


天音(このモンスター……なんて禍々しい…。)



平留「ソうだ!!私も…私自身モ醜イ女なんダよおオオおぉぉぉ!!!」


平留「丁度良いジゃないカ!人間が消えサレば私だっテ消エる!!憎タらしイ女を皆消せるンだ!!あっハっはははハ!!!」


天音「…やっぱり、貴女は自分自身も。」


平留「お察シの通リだ小娘!!私は女であル私自身モ嫌いデ嫌イでタマラナイ!!!」


天音「何が貴女をそこまでさせるんですか!!!」


平留「黙レ!!貴様には分かラなイさ!!こちトら女のせイで人生ボロボロなんダよ!!!」


平留「消してヤる…全て消シ炭にしテやル!!」


天音「だからって!貴女自身も犠牲にするなんて!」


平留「そンな口が叩ケルのは貴様ガ自分本位ノゴミ女だかラだ!!」


平留「連中ハ彼の命ヲ奪った!私も奴ノ命を奪っタ!こんな血に濡れタ存在は消えテ無くなレバいい!!」


平留「もウうんざリなンダよ……貴様等女に虐げラレるのも!!同じ女デある自分も!!!」



平留「高く響ク自分の声が嫌だっタ…他人を嘲笑うアノ劇団員達ヲ思い出すカラ…!」

平留「年々大きくナる自分の乳房が嫌ダった…私ヲ陥れタあの母親ニ近づイてイる気がシタから…!」

平留「細く弱弱しイ自分の両腕が嫌だった…あノ人を守れなカッた無力さを思い知ラさレるカラ…!」


平留「もう嫌なノよ!!!こんな身体!!!」


天音「っ!」


平留「魔法カード!。『精霊氷穴(スピリット・ムーラン)』発動!」


平留「自分フィールド上の水属性モンスター1体ノ攻撃力は、ターン終了時まデ自分ノ墓地の水属性モンスターの数×500ポイントアップする!!」


平留「墓地の水属性は11体!ヨって攻撃力5500ポイントアップ!!」ATK3000→8500


天音「攻撃力8500!!?」


平留「消エ失せロ!バトルフェイズ!!」


天音「っ!手札より『濃霧の奇術師(ディープフォッグ・エンチャンター)』を墓地へ送って効果発動!」


天音「このターン、パラソルジャーは攻撃と効果の対象にならない!」

パラソルジャーの身体が深い霧に包まれる。


平留「ダがどちラにせよ耐えらレまい!!私ハニヴリア・フォッグで白霧垢のディープフォッグスを攻撃!!」


平留「ニヴリアは相手ノカードの効果ヲ一切受けナイ!!これデ終わリだ!!」


天音「まだ終わりません!罠カード『グランド・キャプチャー』発動!」


天音「自分が受ける戦闘ダメージを半分にする!っくぅ!」LP2600→100


天音「痛っ……そしてその時受けたダメージが1000ポイント以上の時、デッキから1枚ドローする!」


平留「命拾イを…!」


平留「だがニヴリアの前にハ何者モ無力!このカードは守備表示モンスターを破壊シてもその守備力分のダメージヲ与えル!」


平留「更ニ!このカードガ相手にダメージを与えらレなカった場合、エンドフェイズに破壊サレル。」


平留「ソしてこのカードが破壊サレタ時!フィールド上の全てのカードヲ破壊し、その枚数×200ポイントのダメージを互いニ与エる!」


平留「ツマリ!ニヴリアの最期は貴様ノ最期!!もハヤ貴様に成す術ハ無いのサ!!」


天音「破壊をトリガーにダメージ…。」


平留「大人シく消えロ……遅カレ早カれ人間は皆消えル…。」


平留「氷山の一角獣を守備表示ニ変更、ターンエンド。」一角獣DFF0 ニヴリアATK8500→3000



天音「平留さん…。」


天音(どうすればこの人を……助けられるの?)


天音「私のターン、ドロー。」


天音「よし……!私はパラソルジャーをリリース、『サーマル・ギアエンジェル』を特殊召喚!」星5・DEF2000
熱気球型の天使モンスター。火を噴きだしゆらゆらと浮かんでいる。

天音「サーマル・ギアエンジェルの効果発動!このカードが自身の効果で特殊召喚された時、リリースに使用したモンスターのレベルだけこのカードのレベルを上げる事ができる!」星5→9


天音「更に祝福のエンジェル・ラダーの効果!レベル5が特殊召喚された為、このカードにラダーカウンターを1つ置き、更に1枚ドロー!」




天音「!!」




平留「どウした?的外れなカードでモ引いたカ?もウ諦メてサレンダーなサイ。苦しマヌよう一瞬で消しテやる。」


天音(このカードなら……)


天音(このカードなら……勝てる!)













天音(けど……本当にそれでいいの…?)















--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---


(次回予告)


天音「このカードを使えばきっと勝てる…けど本当にそれでいいんでしょうか。」


天音「平留さんは……もう本当に止められないの?」


天音「まだきっとできる事はある筈……まだ終わらせない、もう一度だけ…あともう一度だけ彼女に…!」


天音「次回、『天音の選択』」


天音「私は信じます。貴女の可能性を。」
--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---
・『グランド・キャプチャー』はアニメ・ファイブディーズにて十六夜アキが使用したカードです。
・なんか『霧』と名のついたモンスターばかりになってるな…。
現在のイイネ数 30
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

tres(トレス)
香織さんが何故こうも女性を憎むのか、こんな背景があったんですね…そしてモンスターをきっかけに言葉がカタカナ交じり、ってことは…
カードの効果を一切受けない大型モンスターという圧倒的強敵、しかし天音さんには勝利の道筋が見えている様子。
さて、天音さんの選択はいかに… (2019-01-18 21:46)
ギガプラント
コメントありがとうございます。
もはや恒例の奴ですねw中々にヤバい人生歩んでます。
完全耐性持ってる癖に特定条件で自壊するという珍しい奴です。
どデカいのが出てきた同回で勝ち筋見えてるってのもなんだかアレですねw (2019-01-18 22:03)
ヒラーズ
恋は盲目…って灯台下暗しと同レベルという残虐さ、それは憎まれてもおかしくないな…。
あまりにも強力なモンスターを出された中、逆転のカードが1枚、どう逆転するのか…? (2019-01-27 07:39)
ギガプラント
コメントありがとうございます。
頭のおかしい人のせいでこっちもおかしくなってしまった。そんな感じですね。 (2019-01-27 20:25)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
29 01 笑う門にはヴィクトリー! 1380 6 2015-05-29 -
81 02 寡黙なる雇われデュエリスト 910 4 2015-05-31 -
29 03 反撃の一手!ヴィクトリー・ビートル 942 2 2015-06-04 -
50 04 M.C.Cデュエルセンター 839 4 2015-06-18 -
31 05 お天気エンジェル登場!天音VS楯山 889 4 2015-06-21 -
32 06 シンクロ対決!不死蝶と武闘皇帝 838 2 2015-06-23 -
40 07 超強化を打ち破れ! 821 3 2015-06-25 -
62 08 路地裏の再会 638 2 2015-06-27 -
52 09 夏武斗激昂!夜見原仁再び! 712 2 2015-06-29 -
56 10 アンチインセクトデッキの脅威! 700 2 2015-06-30 -
26 11 トゲトゲの猛攻!1ターンの隙をつけ 649 2 2015-07-05 -
19 12 襲撃事件の真実 716 2 2015-07-07 -
68 13 無差別攻撃!戦慄のタッグデュエル! 728 2 2015-07-18 -
55 14 意外な結末!?タッグデュエル決着! 814 4 2015-07-20 -
55 15 ジュニアスペースのエクシーズ対決! 716 2 2015-07-30 -
47 16 騎楽士の猛攻!戦いのコンチェルト! 700 2 2015-08-04 -
19 17 デュエルデビュー!戦士VSドラゴン 674 4 2015-08-06 -
58 18 闇夜の挑戦者 685 2 2015-08-18 -
58 19 喧嘩上等!武装闘鬼の底力 723 2 2015-08-20 -
25 20 駆け付け三杯!?酔っ払いデュエル! 742 2 2015-08-25 -
22 21 村の生き残り、ロバート・バーンズ 803 2 2015-09-08 -
62 22 仁VSロバート!怒涛の弾丸 737 2 2015-09-20 -
47 23 激励の決戦前夜 705 4 2015-09-21 -
77 特別編・キャラクター紹介 975 2 2015-10-01 -
66 24 アストベリーカップ開催! 711 2 2015-10-08 -
48 25 不沈の海賊船!サンダー・カタリナ! 712 2 2015-10-18 -
79 26 どんどん首領亀!天音の戦い! 731 2 2015-10-24 -
36 27 未知の強敵達 612 2 2015-11-01 -
28 28 チューナーの共闘者!電脳妖精! 757 2 2015-11-10 -
55 29 機械トラブル?封じられたエクストラ 722 2 2015-11-16 -
56 30 ウサギ大捜索 628 2 2015-12-04 -
24 31 氷結のグレイシア 795 3 2015-12-09 -
67 32 天音VS香子!本戦出場を懸けて 697 2 2015-12-27 -
36 33 勝利を照らせ!逆転の天召術 681 4 2015-12-31 -
55 34 ライフ・イズ・ラヴ!愛の特攻隊! 686 4 2016-01-17 -
71 35 最強の天使 768 2 2016-02-01 -
67 36 予選最後の嵐、ライフを棄てた一撃! 734 2 2016-02-16 -
40 37 ジェネシック強襲 646 2 2016-02-21 -
60 38 謎の窃盗集団 717 3 2016-03-03 -
25 39 交わる刃 796 6 2016-03-17 -
19 40 重なる疑問 603 4 2016-03-27 -
60 41 本戦開始!白熱のエキシビジョン 709 4 2016-03-28 -
68 42 十年前の栄光、雷のプロデュエリスト 715 4 2016-04-03 -
70 43 大ファンの意地!放て!弾丸融合! 827 6 2016-04-08 -
21 44 その名はマイティ!脅威の罠コンボ! 621 4 2016-04-17 -
68 45 無敵のサプライズ 661 4 2016-04-20 -
26 46 全力全開!不屈の百鬼夜行! 654 4 2016-04-27 -
51 47 戦う理由 628 2 2016-05-03 -
62 48 響き合う力!天音VS奏 653 2 2016-05-05 -
23 49 戦律!騎楽極士フォルティッシモ! 674 2 2016-05-15 -
40 50 疾風怒濤の龍神 680 4 2016-05-18 -
55 51 宿命の再戦!夏武斗VS光輝 652 4 2016-05-25 -
24 52 グロウアップ・コクーン!熱き力比べ 702 3 2016-06-04 -
25 53 ラストターンの駆け引き 617 4 2016-06-19 -
47 54 グレイシア再び 592 6 2016-06-21 -
73 55 大会中止!?吹き荒ぶ陰謀の風! 632 3 2016-07-02 -
55 特別編・使用カード一覧(楠夏武斗) 746 0 2016-07-07 -
58 特別編・使用カード一覧(花田天音) 656 0 2016-07-08 -
21 特別編・使用カード一覧(夜見原仁) 650 0 2016-07-10 -
23 特別編・裏話と共に振り返ってみよう 702 7 2016-07-18 -
76 56 オペレーション・アブソーブ 607 4 2016-07-27 -
68 57 ジェネシックのエージェント 654 6 2016-08-03 -
69 コラボ編・上波航海日誌 ~想起~ 606 4 2016-08-21 -
59 コラボ編・上波航海日誌 ~出合~ 623 4 2016-08-28 -
42 コラボ編・上波航海日誌 ~奇縁~ 520 2 2016-09-15 -
58 コラボ編・上波航海日誌 ~葛藤~ 568 4 2016-09-22 -
56 コラボ編・上波航海日誌 ~勇気~ 592 4 2016-10-10 -
48 コラボ編・上波航海日誌 ~棄却~ 509 2 2016-10-20 -
39 コラボ編・上波航海日誌 ~再会~ 511 2 2016-10-24 -
85 58 楯山の苦悩、自分自身のデュエル 625 4 2016-11-02 -
57 59 動き出した影 583 6 2016-11-20 -
63 60 狙われた夏武斗 679 6 2016-12-05 -
62 61 奪われたヴィクトリー・ビートル 599 6 2017-01-03 -
20 62 4倍ハンデ!?超弩級のシェンロン! 507 6 2017-01-22 -
67 63 神龍演舞 561 8 2017-02-13 -
47 64 引かれ合う力 470 0 2017-03-09 -
55 65 Dオーラ 452 2 2017-03-31 -
85 66 動物園の罠!?変則バトルロワイアル 540 4 2017-04-20 -
63 67 ランクアップ 新たなる力 572 4 2017-05-19 -
81 68 アインヘリアルの陰謀 520 6 2017-05-29 -
78 69 罪と罰 516 4 2017-06-24 -
69 70 悪夢を払え!覚醒のシンクロ召喚! 521 4 2017-07-28 -
77 71 ロバート再来 471 3 2017-08-09 -
67 72 ハイウェイの戦い!激闘ツーリング 406 2 2017-09-04 -
64 73 俺達の誇り 453 4 2017-09-10 -
80 74 ライジンの選んだ道 421 4 2017-10-15 -
100 75 爆誕!智界精ミズガリア・ワイズ! 529 4 2017-11-13 -
26 76 夏武斗の為に…。天音VS仁! 413 4 2017-12-15 -
54 77 立ち上がれ!俺の信じるデュエル! 435 6 2018-01-29 -
7 78 馬鹿執事と迷子のお嬢様 282 4 2018-02-24 -
74 79 アブソーバーの脅威 376 4 2018-03-31 -
46 80 空っぽの場所 332 2 2018-04-19 -
57 81 クリスティアホールの夜 324 2 2018-05-12 -
50 82 不思議の国のタッグデュエル 308 2 2018-05-27 -
48 83 幸せの記憶 292 2 2018-06-23 -
15 84 愛されなかった者 382 2 2018-07-11 -
59 85 一睡の悲劇 308 2 2018-07-29 -
8 86 裁かれなかった者 258 2 2018-08-26 -
31 87 一人じゃないから 261 6 2018-09-23 -
12 88 尽きぬ欲望、暗躍のカードコレクター 220 6 2018-11-02 -
33 89 開演!トレジャー歌劇団 220 3 2018-11-06 -
8 90 大女優の本性 210 4 2018-11-16 -
40 91 天音VS平留!浮上せし氷山の一角獣 309 4 2018-12-08 -
12 92 平留香織の凍てつく日々 173 2 2019-01-01 -
30 93 絶望クリスマス 232 4 2019-01-18 -
29 94 天音の選択 185 4 2019-02-12 -
24 95 追跡!アインヘリアル! 197 4 2019-03-10 -
11 96 ライバルタッグ!蘇りし欲望 146 4 2019-03-29 -
17 97 邪商魔神爆誕!絶望のトークン地獄! 167 6 2019-04-16 -
7 98 最後の攻撃 91 2 2019-05-02 -
23 99 託した1ターン 134 4 2019-05-21 -
12 100 覚醒の不死蝶 128 4 2019-05-28 -

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク