HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 70話 力と覚悟

遊戯王WW(ワンダーワールド)/70話 力と覚悟 作:名無しのゴーレム










「……俺はもう行くが、大丈夫か?」
「はい、ありがとうございます」
「それじゃあ……精々死ぬなよ」
「……スクアーロさんこそ、気をつけて」



スクアーロさんに連れてきてもらう形で、僕たちが来たのは地下へと続く階段。この奥に……



『さあ、早く行きましょう。まさか、ここまで来て怖じ気づいたなんて言わないでしょうね』
「ち、違うよ。……よし、行こう」



アルムに急かされ、恐る恐る階段を下っていく。徐々に周囲が暗くなっていくが、地下牢には灯りがあるらしいから何も見えないとはならないはず。それでも、やっぱり怖いものは怖い……



『分かっているとは思うけれど、相手は神代からの生き残りよ。おおよそで見積もっても、フラムと同程度の相手と見て間違いないはず』
「フラムさんと……」



フィアンマで見たフラムさんとウルフさんのデュエル。あの衝撃はまだ、脳裏に焼き付いたままだ。



「……勝てるんだよね?」
『それはあなた次第よ。出し惜しみが出来るような相手じゃない以上、最初から本気でかかるしかない』
「本気……」












~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~









----インダストでマキナさんに言われた言葉、それは僕がアルムの力を全く扱えていないということ……フィアンマの温泉で、改めてそのことについて質問した。



「ねぇ、アルム。マキナさんのあの言葉……もしかして、アルムには僕の知らない力があるってことなの?」
『…………ええ』
「そっか……なんで、隠していたの?」
『それは……あなたのためよ』
「僕のため?」
『強力すぎる力は、扱う人間の身体にもダメージを与える。この力を持って生まれた私でさえも、続けて全力を出せばバテてしまった。そんなものを、あなたが使いこなせるとでも?』
「そ、それは……」
『もちろん、対戦相手も無事では済まない。傷つけ傷つけられる覚悟が、あなたにある?』
「…………」



この世界の人たちにとって、デュエルが命懸けであることは十分理解している……それでも、人を傷つける覚悟なんて出来るはずがない。



「…………」
『それが無理なら、私に出来ることはないわ。この話もこれで……』
「誰かを傷つける覚悟なんて出来ないよ。でも、インダストのことで分かったんだ……力もない、赤の他人である僕の話を聞いてくれるはずがないんだって。だから僕は……正面からぶつかっても負けないだけの、そんな力が欲しいんだ」
『マキナのような相手と正面からぶつかるということは、命のやり取りをするのと同じようなことよ。いくらあなたがデュエルで消滅することはなくても、弱ったあなたをどうにかする手段なんていくらでもあるわ。それでも、あなたは戦えるの?』
「もちろん、自分が死ぬかもしれないって思ったら……怖くて、足が震えるよ。だからって、ここで逃げ出す訳にはいかないんだ。大切な仲間を守るためなら、僕は命だって賭けてみせる」
『…………あなたは、仲間のためなら自分の命を捨てられると?』
「捨てるつもりはないけど……僕に出来ることなら何だってするよ。それがどれだけ危険だとしても」
『…………』
「それに、アルムだってマキナさんを止めたいんでしょ?」
『え……?』



幻獣の森で見た夢、その内容はアルムが実際に経験したことだった。それに気付いてから分かったけれど、デュエルをすればするほどにアルムの気持ちが僕に伝わるようになっていた。今、こうして話している瞬間も……



『まさか、そんな領域にまでなるなんてね。水面写しの鏡、本当に恐ろしい代物だわ』
「アルム、答えて欲しい。君はマキナさんを止めたい……そう思ってるんだよね?」
『…………ええ、その通りよ。戦乱の時代に戦っていた頃だって、私は何度も説得を試みた。それでも彼女は矛を納めることなく……最後には、私も説得を諦めた』
「…………」



その戦いの直後に、アルムは消滅してしまった。そして生き残ったマキナさんを見て、アルムは何を思ったのだろうか……



『私が何年かけても駄目だったことを、あなたが出来るとでも?』
「ぼくだけじゃないよ。マッハやプリンセスさん、鋼さんにクロノス……そしてアルム。みんなと一緒なら、きっと出来るよ」
『……そうかもしれないわね。どのみち私1人ではどうしようもない以上、私の思いはあなたに託すしかない。だから……私は、あなたを信じるわ』
「……ありがとう、アルム」









~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~












「…………」



フィアンマでのやり取りを思い返しながら階段を降りていると、入り口のような扉がうっすらと見えてきた。



『そろそろ最下層よ。準備はいい?』
「……うん、行こう」



扉の前で立ち止まり、大きく深呼吸する……その後、ゆっくりと扉を開いた。












地下牢と呼ばれた場所……そこは、牢獄なのに見張りすら居ない異質な部屋だった。入り口付近には何もなく、奥に鉄格子が……そこまで考えた瞬間、目の前の光景の異様さに気付く。



「あか、り……?」



スクアーロさんの話によれば、ここに人が来ることは滅多にないという。なのに、ほんのり薄暗いながらも周囲を見回せるだけの灯りがともっている。一体、誰が……?






「…………ようこそ、俺の部屋へ」






鉄格子の奥から響く男の声が、思考を途切れさせる。間違いない、この声の主こそが……



「…………あなたが、ゲドウさんですか」
「ああ、その通りだ。そういうお前は何者だ?」



目を凝らすことで、何とかその姿を捉える。両手両足を拘束され、目隠しをつけられた状態で壁にもたれかかっている……こんな状態で、何年も閉じ込められているとでもいうのだろうか?



「……申し訳ありませんが、答えられません」
「そうか、なら仕方ない。わざわざこんなところまで来たんだ、俺に用があるんだろう?」
「…………」



付け入るだけの隙を見せてはいけない……そのために、会話も最小限に抑える。鋼さんに教わった、ゲドウの術から身を守る方法だ。



「だんまりか。てっきり、俺に聞きたいことでもあるのかと思ったが」
「……!!」
『相手の言葉に反応しない。外の情勢を知られてはならないのよ』



聞きたいことは山ほどある。しかしそれをきっかけに相手の術中に嵌まるリスクを考えると、うかつに飛び付くのは厳禁だ。



「……話す気がないなら、俺を殺しにでも来たか? 見ての通り俺は手も足も出ない、煮るなり焼くなり好きにしな」
「…………」



確かに、僕の目から見た彼は何重もの拘束で雁字搦めの状態で鉄格子の奥に閉じ込められている。どうやっても僕に害を為すことは不可能だろう……そう、『僕の目から見れば』。



「…………おいおい、聞こえてるのか? ここまで無視されちゃあ、俺も悲しい……なぁっ!!」



言い終わるとほぼ同時、背後からゲドウの拳が飛んでくる。その威力に肝を冷やしたが、何とかすんでのところで回避できた。



「!? まさか、お前……!!」
「幻術と言うんですよね……あなたは自分の姿と居場所を欺き、僕を騙そうとした。そして不意打ちで、僕を仕留めようと……」
「……俺の幻術を破った人間自体は何人か居たが、それを俺に気付かせなかったのはお前が初めてだ。一体どんなトリックを使った?」
「…………」



背後から襲ってきたゲドウは、拘束など何もされていなかった。……もちろん、どうやって幻術を見抜いたか教えるつもりはない。しかし、この対策法は確かに効力があった。おかげで今もこうして立っていられているのだから。



「……まあいいか。この通り、俺はもう自由の身だ。その気になればいつだってここを出られる。そもそも俺を閉じ込めていられる監獄なんて存在しないがな」
「…………」
「お前が何もしないなら、俺もお前に何もしない。ただここを出て、里の連中を驚かせに行くとでもしようかねぇ」



地下牢出口の正面に立ったゲドウは、ゆっくりとその扉を開けようとする……しかし、扉はびくともしない。



「……お前、扉にも細工をしたのか?」
「…………」
「わざわざ退路を断つとは、よほど腕に自信があるのか……よほどの命知らずか。何にせよ、お前の目的は分かった。俺の足止め……外でお仲間が何かしてる間の時間稼ぎって訳だ」



ここまですれば、さすがに勘づかれるか。それでも僕のやることは変わらない。彼が次に取る行動は……



「面倒だが、お前を倒して外へ行くしかないようだな」
「……受けて立ちます」
「へぇ……俺のことを知っている癖に、真っ正面から勝負を仕掛けてくるとはな。いいだろう、精々俺を楽しませてくれよ?」



互いにデュエルディスクを構える……ここまでは予定通りだ。問題は、ここから……



「行くぜ……」
「…………!!」









「「デュエル!!」」












ユージ LP8000 手札5
ゲドウ LP8000 手札5



「先攻は譲ってやるよ。さあ、かかってきな」



この余裕……何か仕掛けがあるのだろうか。それでも、ここは乗るしかない。



「……僕のターン!」



アルムに想いを託されたことで、このデッキもアルムが使っていたそのものとなった。手札を見たところ大した変化はなさそうだけど……相手が相手だ、ここは慎重に行かないと。



「手札から『白き地の案内人 カザハナ』を召喚。カザハナの効果発動! デッキから白銀のと名のつくフィールド魔法1枚を選んで、僕のフィールドにセットします。そしてセットしたフィールド魔法『白銀の瀑布レインフォール』発動! このカードがフィールドに存在する限り、白き地のモンスターは相手のモンスター効果の対象にならない!」
「モンスター効果への耐性か……だが、そのモンスターの攻撃力はたったの1200。わざわざ効果を使う必要性も感じないがな?」
「……カードを1枚セット。これでターンエンドです」



ユージ LP8000 手札3 モンスターゾーン 白き地の案内人カザハナ フィールド魔法 白銀の瀑布レインフォール 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚
ゲドウ LP8000 手札5



「俺のターン、ドロー」



彼のデッキ……その内容は、スクアーロさんたちですら知らないという。神代から生き残っているというなら、一体どんな戦術をとってくる……?



「……スタンバイフェイズに、レインフォールの効果発動! 白き地のモンスターの攻撃力・守備力を300アップします!」


白き地の案内人カザハナ 攻撃力1200→1500


「なるほど、毎ターン攻撃力と守備力を上げるフィールド魔法か。それでも攻撃力1500、心もとない数値だな」
「…………」
「全く、デュエル中でもお喋りに付き合ってくれねえってか。メインフェイズに移行……フィールドにカードが2枚以上存在するとき、このカードは手札から特殊召喚できる。来い、『外忍-トビヤンマ』! さらに『外忍-ユキヒメコ』を召喚。ユキヒメコの効果発動、フィールドのモンスター1体と同じレベルを持つ外忍雪像トークンを特殊召喚する。俺はレベル3のトビヤンマを対象として、トークンを特殊召喚」



トークンを含めて3体のモンスターが一気に……凄まじい展開力だ。



「さらに手札の『外忍-サラマントカゲ』の効果発動。自分フィールドの外忍モンスター1体を破壊することで、手札・墓地から自身を特殊召喚できる。俺はトビヤンマを破壊してサラマントカゲを特殊召喚。破壊されたトビヤンマの効果発動。自身を罠カード扱いとして魔法・罠ゾーンにセットする」
「モンスターが、罠カードに……!?」
「外忍は戦闘かカード効果でフィールドから墓地に送られた場合、罠カードとしてセットすることができる。もちろん、罠カードとしての効果も持ってるぜ?」



モンスターを展開する中で相手を足止めする罠を仕掛ける……これ以上なく効率的な戦術だ。戦闘を軸とするこのデッキでは、まともにやりあっても手数の差は埋められないだろう。



「俺はレベル3の外忍雪像トークンにレベル2のサラマントカゲをチューニング! シンクロ召喚、『幻影の外忍-マナツカゲロウ』! マナツカゲロウの効果発動、相手に900ダメージを与える!」


ユージ LP8000→7100


「っ……」
「まだまだ行くぜ! レベル5のマナツカゲロウにレベル3のユキヒメコをチューニング! シンクロ召喚、『奈落の外忍-ヨミノムラクモ』!!」



シンクロモンスターを素材にした、シンクロ召喚……!!



「墓地に送られたマナツカゲロウの効果発動、墓地のサラマントカゲ・ユキヒメコの2体を罠カード扱いで魔法・罠ゾーンにセットする。ヨミノムラクモの効果発動、墓地のマナツカゲロウを特殊召喚!」
「シンクロモンスターを、2体……」
「バトルだ! ヨミノムラクモで……」
「この瞬間、リバースカードオープン! 永続罠『白き地の結界術』! このカードと白銀のと名のつくフィールド魔法が存在する限り、相手モンスターは攻撃できず攻撃力を300ダウンさせる!」


奈落の外忍-ヨミノムラクモ 攻撃力2300→2000

幻影の外忍-マナツカゲロウ 攻撃力1850→1650


「それで守ったつもりか? リバースカードオープン! 罠カードとしてのサラマントカゲの効果発動、相手の魔法・罠カード1枚を破壊する。レインフォールを破壊だ!」
「なっ……そのカードはこのターンに伏せられたはず!!」
「残念だが、外忍の罠カードとしての効果はセットしたターンでも発動可能なんだよ!」
「っ!! レインフォールが破壊されたことで、結界術も破壊されます。結界術の効果発動、デッキから白銀のと名のつくフィールド魔法を手札に加えます」
「これで俺のモンスターの攻撃力も元に戻る」


奈落の外忍-ヨミノムラクモ 攻撃力2000→2300

幻影の外忍-マナツカゲロウ 攻撃力1650→1850


「バトル続行、ヨミノムラクモでカザハナを攻撃!」


ユージ LP7100→6300


「続けてマナツカゲロウでダイレクトアタックだ!」


ユージ LP6300→4450


「くっ、ううっ……!!」
「もうライフが半分になっちまったか。そんな調子で俺を止められるとでも思ってるのか?」



確かに、ライフは大きく削られてしまった。それでも……これなら、まだ戦える。



「バトル終了、そのままターンエンドだ」



ユージ LP4450 手札4
ゲドウ LP8000 手札3 モンスターゾーン 奈落の外忍-ヨミノムラクモ、幻影の外忍-マナツカゲロウ 魔法・罠ゾーン 外忍-ユキヒメコ、外忍-トビヤンマ



「僕のターン、ドロー」



相手のフィールドにはシンクロモンスターが2体と罠が2枚。攻撃力は低いから戦闘に持ち込めば倒せるけど……問題は罠カードとなったモンスターの方。あれを残したまま、迂闊な展開は出来ない……



「……フィールド魔法『白銀の祭壇ヴェリテオテル』発動! ヴェリテオテルの効果発動、手札を1枚捨てて墓地から白き地のモンスター1体を特殊召喚する。僕は今墓地に送った『白き地の冒険家ナライ』を……」
「させねぇよ! リバースカードオープン! 罠カードとしてのユキヒメコの効果発動! 相手フィールドのカード1枚の効果を無効化する。ヴェリテオテルの効果は無効だ!」
「……このカードはフィールド魔法1枚を墓地に送ることでのみ発動できる。ヴェリテオテルを墓地に送り、手札からフィールド魔法『白銀の神樹ハレニレ』発動!」
「こ、これは……!!」



フィールド魔法の発動とともに、地下牢の中でも異変が生じる。部屋を覆うように張り巡らされたツタと木の根。これまでのデュエルでフィールド魔法を発動したことは何度もあったが、現実に影響を及ぼすのは初めて。これが、アルムの本当の……



「……ハレニレは発動時、デッキから白き地のモンスター1体を手札に加えることができます。僕は『白き地の守護霊エリカ』を手札に。さらにハレニレは相手のカード効果の対象とならず、破壊されない!」
「簡単には除去させないってか……」
「『白き地の吟遊詩人ハルカ』を召喚。ハルカの効果発動、手札のエリカを特殊召喚。エリカの効果発動、墓地のナライを特殊召喚!」
「レベル4のモンスターを3体……来るか」
「ナライの効果発動、デッキから白き地のモンスター1体を手札に加えます。そして……レベル4のハルカ・エリカ・ナライでオーバーレイ! 3体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築。白き地に眠りし女神よ、聖域を侵す敵を薙ぎ払え! エクシーズ召喚、『白き地の女神ブランシェ』!! さらに白き地のモンスターが特殊召喚されたことで、手札から『白き地の女官セッカ』を特殊召喚! 自身以外の白き地のモンスター1体につきブランシェは200、セッカは300攻撃力をアップする!」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力2600→2800

白き地の女官セッカ 攻撃力1800→2100


「ハレニレの効果発動! 墓地の白き地のモンスターをデッキに戻すことで、自分フィールドの白き地のモンスターの攻撃力を600アップする。僕は墓地のカザハナをデッキに戻します」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力2800→3400

白き地の女官セッカ 攻撃力21 00→2700


「バトル、ブランシェでヨミノムラクモを攻撃! この瞬間、ブランシェの効果発動!相手モンスターとの戦闘時、自身のオーバーレイユニットを2つ取り除くことでこのバトルの間のみ攻撃力を2倍にする!」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力3400→6800


「攻撃力……6800!?」


ゲドウ LP8000→3500


「ぐっ……破壊されたヨミノムラクモの効果発動、ブランシェを破壊だ!」
「ブランシェの効果発動、自身のオーバーレイユニットを1つ取り除いて破壊を無効化!」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力6800→3400


「さらに墓地に送られたハルカの効果発動、墓地の白き地のモンスターを手札に加えます。続けてセッカでマナツカゲロウを攻撃!」
「リバースカードオープン。罠カードとしてのトビヤンマの効果発動、手札の外忍1体を捨てて2枚ドローだ」


ゲドウ LP3500→2650


「っ、墓地に送られたマナツカゲロウの効果発動。墓地のトビヤンマとユキヒメコを罠カード扱いでセットする」



ドロー加速と効果の無効化……その2枚がもう一度使われるのは厄介だ。



「……バトル終了。ブランシェの効果発動、自身を守備表示に変更します。これでターンエンド。このタイミングで、ハレニレの効果発動! 自身の効果を発動したターンの終了時、デッキからカードを1枚ドローします」



ユージ LP4450 手札3 モンスターゾーン 白き地の女神ブランシェ(表側守備表示)、白き地の女官セッカ フィールド魔法 白銀の神樹ハレニレ
ゲドウ LP2650 手札4 魔法・罠ゾーン 外忍-ユキヒメコ、外忍-トビヤンマ









現在のイイネ数 7
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
71 1話 不思議の世界にこんにちは 1997 8 2015-07-20 -
68 2話 メシアの元へ 958 6 2015-07-22 -
62 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1051 4 2015-07-24 -
39 オリカまとめ1 1043 4 2015-07-25 -
77 4話 救世の女神 851 2 2015-07-27 -
60 5話 未来都市 フォーチュンシティ 857 6 2015-08-11 -
43 6話 幸運な男 839 4 2015-08-12 -
94 7話 推参、正義のヒーロー! 1029 6 2015-08-30 -
101 オリカまとめ2 1071 2 2015-09-03 -
58 8話 運命の賢者 859 6 2015-10-22 -
37 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 936 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 926 6 2015-11-30 -
27 10話 水面写しの鏡 713 2 2015-12-06 -
32 11話 白き刃、移ろう水面 955 4 2015-12-09 -
80 12話 試される意志 966 4 2015-12-14 -
136 13話 水面を侵す邪神 1079 10 2016-05-01 -
31 オリカまとめ4 759 0 2016-05-03 -
44 オリカまとめ5 978 0 2016-05-03 -
26 14話 仲違い 755 4 2016-05-06 -
74 七夕記念企画のお知らせ! 1232 14 2016-05-07 -
50 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 881 6 2016-06-11 -
47 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 796 8 2016-06-17 -
86 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 851 10 2016-06-20 -
78 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 848 6 2016-06-21 -
71 七夕記念企画:前夜祭 834 14 2016-06-30 -
35 第1戦:爆風を駆ける獣 1158 16 2016-07-01 -
42 第2戦:真の強さとは 954 14 2016-07-02 -
33 第3戦:舞い踊る武具 813 10 2016-07-03 -
35 第4戦:不滅の決闘 843 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 918 14 2016-07-05 -
45 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 911 13 2016-07-06 -
26 最終戦:その想い、天の川を越えて 918 14 2016-07-07 -
45 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 714 7 2016-07-13 -
100 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 880 10 2016-07-17 -
44 七夕記念企画:フィナーレ 718 8 2016-07-29 -
48 七夕記念企画:感想、その他 949 0 2016-07-31 -
109 15話 娯楽都市アミューズ 1048 8 2016-12-31 -
30 16話 鮮やかなるトリックスター 575 8 2019-03-12 -
77 17話 最速の男 474 2 2019-03-17 -
54 18話 大罪の邪神龍 495 2 2019-03-22 -
30 19話 たった一つの敗因 429 2 2019-03-27 -
54 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 466 2 2019-04-01 -
41 20話 天翔る龍使い 446 4 2019-04-02 -
58 21話 研ぎ澄まされし刃 505 2 2019-04-14 -
50 22話 忍び寄る漆黒 446 2 2019-04-22 -
54 23話 戦乱を望む者 512 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 423 2 2019-05-13 -
51 オリカまとめ7 509 2 2019-05-13 -
38 オリカまとめ8 385 0 2019-05-18 -
59 オリカまとめ9 501 2 2019-05-18 -
57 24話 凍てつく世界 496 2 2019-06-19 -
62 25話 時空の賢者 499 4 2019-06-26 -
31 26話 救世を拒む復讐の剣 534 4 2019-06-29 -
60 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 551 4 2019-07-03 -
46 28話 運命の選択肢 445 4 2019-07-07 -
69 29話 雪下の約束 436 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 334 2 2019-07-15 -
48 オリカまとめ10 585 4 2019-07-19 -
42 オリカまとめ11 427 4 2019-07-19 -
44 31話 新たな刺客? 382 4 2019-07-21 -
50 32話 忍びの流儀 534 4 2019-07-24 -
29 33話 雪の国の守護者 339 2 2019-07-28 -
39 34話 鉄壁の守護騎士 395 2 2019-08-01 -
27 35話 妖精の導き 378 2 2019-08-05 -
34 オリカまとめ12 447 4 2019-08-08 -
27 オリカまとめ13 414 2 2019-08-08 -
37 36話 温泉街フィアンマ 396 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 351 2 2019-08-15 -
35 38話 時空を越えし英雄 423 2 2019-08-19 -
42 39話 燻る炎 406 2 2019-08-26 -
76 40話 張り巡らされた罠 392 2 2019-09-20 -
52 41話 一瞬の勝機 375 4 2019-09-29 -
28 42話 万物焼き尽くす業火 394 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 402 2 2019-10-23 -
19 オリカまとめ14 287 0 2019-11-13 -
38 オリカまとめ15 360 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 365 4 2020-01-09 -
26 45話 王を目指す者 271 2 2020-02-17 -
23 46話 君臨者と反逆者 334 4 2020-03-12 -
10 47話 ヒトガタの幻獣 286 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 231 2 2020-05-11 -
8 オリカまとめ16 286 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 249 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 240 2 2020-07-20 -
11 50話 無双の姫君と反逆の機械 249 4 2020-08-05 -
8 51話 作戦会議 187 2 2020-08-30 -
8 52話 強襲 199 2 2020-09-10 -
7 53話 夢見る怪物 189 2 2020-09-17 -
12 54話 底知れぬ闇 221 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 222 0 2020-09-30 -
28 SideFortune:何でも屋ハンディ 325 7 2020-10-03 -
16 Side Fortune:怪人ヴィラン 285 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 274 6 2020-10-15 -
12 オリカまとめ18 179 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 171 0 2020-10-17 -
13 オリカまとめ20&あとがき 241 2 2020-10-17 -
8 55話 最強の兵器 172 2 2020-10-22 -
13 56話 造られた理由 190 2 2020-10-28 -
10 57話 君臨する女帝 176 2 2020-11-03 -
2 オリカまとめ21 129 0 2020-11-09 -
16 オリカまとめ22&おまけ 194 0 2020-11-09 -
14 58話 孤独の女王 185 2 2020-11-10 -
10 59話 王女と女王、そして 201 4 2020-11-16 -
23 60話 時を紡ぐ剣 199 2 2020-11-21 -
17 61話 黒き意志 221 2 2020-11-26 -
23 62話 王の進む道 243 4 2020-12-01 -
8 63話 傷の深さ 158 0 2020-12-07 -
19 オリカまとめ23 153 0 2020-12-14 -
3 オリカまとめ24 133 0 2020-12-14 -
9 オリカまとめ25 251 0 2020-12-14 -
8 64話 癒えない傷痕 169 2 2020-12-16 -
14 65話 忍の里 169 0 2020-12-21 -
7 66話 契約 163 2 2020-12-27 -
7 67話 生きる覚悟 149 2 2021-01-02 -
12 68話 影に潜む者たち 154 0 2021-01-08 -
7 69話 正反対の2人 173 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 107 0 2021-01-21 -
7 70話 力と覚悟 146 0 2021-01-28 -
4 71話 魂を喰らう外道 136 0 2021-02-04 -
4 SideFortune:警備隊セキュリィ 187 2 2021-02-21 -
11 オリカまとめ26&今後の予定 231 0 2021-02-26 -
7 SideAmuse:静夜を照らす星 191 6 2021-03-12 -
8 SideAmuse:火花舞う戦場 146 0 2021-03-23 -
11 SideAmuse:守るべきもの 182 4 2021-03-31 -
8 SideAmuse:がらんどうの2人 107 2 2021-04-13 -
10 オリカまとめ27 145 2 2021-04-20 -
4 オリカまとめ28 92 0 2021-04-20 -
11 オリカまとめ29&あとがき 196 2 2021-04-20 -
5 72話 折り重ねる力 90 0 2021-08-11 -
8 73話 鋼の牙 151 0 2021-08-18 -
5 74話 生の価値、死の意味 103 0 2021-08-30 -
2 75話 終焉の始まり 56 0 2021-10-23 -

更新情報 - NEW -