HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 21話 研ぎ澄まされし刃

遊戯王WW(ワンダーワールド)/21話 研ぎ澄まされし刃 作:名無しのゴーレム






アマツ LP4100 手札3

エリニス LP7500 手札2 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ モンスターゾーン 闇牙の応戦姫ルリ、鉄斬の応戦姫ライム 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚





「……ウチのターン、ドロー。フィールド魔法『天閣渓谷』発動。そして『天閣龍-ミオレント』を召喚。そして手札のハンケンの効果発動、このカードをミオレントに装備する」
「させないわ。手札の『裏切りの女姫士アゲット』の効果発動。このカードを墓地に送って、ハンケンの効果を無効にする」
「なら、続けて手札の『天閣乗り-バキリ』の効果発動! このカードをミオレントに装備する。そして装備カードとなったバキリの効果発動!」
「それも通さないわ。リバースカードオープン。カウンター罠『二重の反逆』。自分フィールドにデュアルモンスターが2体以上存在する場合、ライフを1000払うことで相手の魔法・罠カードの効果を無効にして破壊する。そしてデッキからデュアルモンスターを墓地に送る」


エリニス LP7500→6500


「っ、でもこれでええわ。除外されてるマルダーンの効果発動、相手のライフが変化したターンにこのカードを特殊召喚できる。戻ってきぃ、マルダーン! レベル4のマルダーンとミオレントでオーバーレイネットワークを構築! エクシーズ召喚、 『天閣龍護-アークヴェント』!」
「……あなた、シンクロ召喚以外も使うのね」
「ちょっと一緒に修行したことがあるからって、全部を把握しとるなんて思わんことやな。アークヴェントの効果、このカードのエクシーズ召喚に成功したとき、墓地の炎属性モンスターを手札に加える。バキリを手札に戻して、そのまま効果発動。このカードをアークヴェントに装備する。バキリを装備したアークヴェントの攻撃力は100アップする!」


天閣龍護-アークヴェント 攻撃力2000→2100


「そして装備カードとなったバキリの効果発動、デッキの一番上のカードをめくり、天閣カードなら手札に加える。……一番上のカードは『天閣乗り-テンゴウ』。よってこのカードを手札に加えるで。続けて墓地の『炎の狼煙』の効果発動。相手のライフが変化したターンに墓地のこのカードを除外することで、デッキから天閣モンスターを手札に加える。そして相手のライフが変化したターン、手札のこのカードは特殊召喚できる。来い、『天閣龍-レコンキスタ』! そして手札のテンゴウの効果発動、このカードをレコンキスタに装備。そしてテンゴウの効果で自身を特殊召喚、レコンキスタと自身でシンクロ召喚を行う! 来い、『天閣龍将-アークパラディン』!」


すごい……がら空きのフィールドからたった1ターンで、エクシーズモンスターとシンクロモンスターを並べて見せるなんて。


「アークパラディンの効果発動。このカードのシンクロ召喚成功時、相手フィールドのカードの効果を全て無効化する! これで応戦姫の攻撃力も元に戻る!」


闇牙の応戦姫ルリ 攻撃力2150→1750

鉄斬の応戦姫ライム 攻撃力1750→1350


「さらにテンゴウの効果、墓地のレコンキスタを除外してこのカードを手札に。そしてテンゴウをアークパラディンに装備!」


天閣龍将-アークパラディン 攻撃力2300→2900


「バトルや、アークヴェントでライムを攻撃! この瞬間、天閣渓谷の効果発動。攻撃宣言時、攻撃したプレイヤーのライフを100回復して、攻撃されるプレイヤーのライフに100ダメージを与える」


アマツ LP4100→4200

エリニス LP6500→6400→5650


「続けてアークパラディンでルリを攻撃! 渓谷の効果も発動や!」


アマツ LP4200→4300

エリニス LP5650→5550→4400


「っ……」
「どうしたん、アクションカードでも拾いに行ったらどうや?」
「よく言うわね……取らせる気も無い癖に。その黒龍が見えないとでも思った?」


アマツの龍は上空からずっとエリニスを見つめている。動きを監視している、ということなのだろうか……


「まあなぁ。アンタが強いのは知っとる、やからこっちも全力で当たらせてもらうってだけや。悪いけど、アクションカードは取らせへんで」
「……この程度、問題ないわ。こちらも全力であなたを倒す、それだけよ」
「ま、確かにその通りやな。ウチはこれでターンエンド。この瞬間、天閣渓谷とアークパラディンの効果発動。渓谷の効果で除外されているレコンキスタを手札に加える。そしてアークパラディンの効果で装備してるテンゴウを手札に戻して1枚ドロー。さ、アンタのターンや」





アマツ LP4300 手札3 モンスターゾーン 天閣龍護-アークヴェント(バキリ装備)、天閣龍将-アークパラディン フィールド魔法 天閣渓谷 魔法・罠ゾーン 天閣龍-バキリ

エリニス LP4400 手札1 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ





「私のターン、ドロー。エクストラデッキからルリ・ライムをペンデュラム召喚。そして通常魔法『応戦姫融合』発動。フィールドのルリ、そして墓地のアゲットをエクストラデッキに表側表示で送り融合素材とする。復讐に駆られる戦士たちよ、その身を交えさらなる戦火を燃やせ! 融合召喚、『閻魔鬼切の応戦姫ルリ』! そしてバトル、ルリでアークパラディンを攻撃! 渓谷の効果も発動よ」


エリニス LP4400→4500

アマツ LP4300→4200→3750


「ルリの効果発動。相手モンスターを戦闘で破壊したとき、デッキ・墓地から応戦姫と名のつく魔法・罠カード1枚を手札に加える。フィールドのライムを再度召喚、そして効果発動。墓地の『二重の反逆』を除外して、デッキから応戦姫モンスター1体を手札に加える。カードを2枚セットして、ターンエンド」
「そんじゃあその前に……クロ!」


アマツの呼び掛けに応じるように、龍はその尾を大きく揺らす。その衝撃は突風となり、周囲のものを吹き飛ばしていく。


「……っと。アクションカードゲットや」
「一歩も動かずにアクションカードを取るなんてね。どう、いいカードを拾えたのかしら?」
「さあな、それは後のお楽しみってことにしとこか」


龍とのコンビネーションでデュエルを有利に進める……普通ではありえない光景でも、アクションデュエルなら成り立ってしまうということか。





アマツ LP3750 手札4 モンスターゾーン 天閣龍護-アークヴェント(バキリ装備) フィールド魔法 天閣渓谷 魔法・罠ゾーン 天閣龍-バキリ

エリニス LP4500 手札2 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ モンスターゾーン 閻魔鬼切の応戦姫ルリ、鉄斬の応戦姫ライム(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 伏せカード2枚





「ウチのターン、ドロー。バキリの効果発動、デッキの一番上をめくる。一番上のカードは……通常魔法『星屑のきらめき』。天閣カードじゃないからこのカードは元に戻す。そして通常魔法『成金ゴブリン』発動。カードを1枚ドローして、アンタのライフを1000回復する」


エリニス LP4500→5500


「そして今ドローした『星屑のきらめき』を発動するで」
「エクストラデッキのアゲットの効果発動。このカードを墓地に送って成金ゴブリンの効果を無効にする」
「またカウンターかいな……レコンキスタを召喚。そして手札のテンゴウをレコンキスタに装備!」
「シンクロ召喚狙いね……させないわ。リバースカードオープン、カウンター罠『応戦姫のサバイバル術』。ライフを800払い手札の応戦姫モンスターを1枚捨てることでテンゴウの効果を無効化。さらに1枚ドローする」


エリニス LP5500→4700


「……さて、ここからが本番やな」
「……まさか」
「ああ、そのまさかやとも。通常魔法『真炎の爆発』発動! 墓地の守備力200の炎属性モンスターを任意の数だけ特殊召喚する。蘇れ、ハンケン、テンゴウ、アークパラディン! そして……レベル6のアークパラディンに、レベル2のハンケン、テンゴウをダブルチューニング!!」


チューナーモンスター2体でのシンクロ召喚……ダブルチューニング!?


「地にその恵みを降り注げ、天を治める古龍! 『天閣龍祖-アークグランデ』!!」


アマツのフィールドに、黒龍よりも遥かに大きな龍が現れる。あれが、彼女の切り札……


「アークグランデの効果発動。このカードのシンクロ召喚に成功した時、ウチのライフを8000まで回復する」


アマツ LP3750→8000


「ライフが、一気に初期値まで……」
「次のアンタのターンが終わるまで、ウチに発生するあらゆるダメージは0になる……そしてアークグランデが存在する限り、ウチのフィールドのカードは戦闘・効果で破壊されへん。この布陣、そうそう簡単には崩せへんよ。さらにアークグランデの効果発動! お互いのフィールドのカードを1枚ずつ選んで手札に戻す。ウチの渓谷とアンタのルリを手札に戻す!」


アークグランデが放つ嵐のような突風がフィールド全体を襲う。その風はフィールドのカードだけでなく、地面に落ちているアクションカードすらも舞い上がていた。


「……」
「これでアンタの周りからアクションカードは無くなった。再び渓谷を発動して、バトル! レコンキスタでライムを攻撃! この瞬間、渓谷の効果も発動する!」


アマツ LP8000→8100

エリニス LP4700→4600


「続けてアークヴェントでダイレクトアタック。アクションマジック『突撃』発動! アークヴェントの攻撃力を600アップする」


天閣龍護-アークヴェント 攻撃力2100→2700


「再び渓谷の効果発動!」


アマツ LP8100→8200

エリニス LP4600→4500→1800


「……これで終わりや。アークグランデでダイレクトアタック!」


アマツ LP8200→8300

エリニス LP1800→1700


これが通れば、アマツの勝ち……!


「……させないわ。リバースカードオープン、通常罠『ペンデュラム・リボーン』。墓地のアゲットを守備表示で特殊召喚する」
「ならアークグランデでアゲットを攻撃!」
「っ、くうぅ……!!」


巨龍の一撃はモンスター越しですら相手に強烈な衝撃を与える。それに耐えきれなかったのか、エリニスは大きく後ろに吹き飛ばされてしまった。


「……はぁっ、はぁ……」
「安心しい、アクションデュエルではプレイヤーが怪我せぇへんように色々配慮されとる。衝撃が緩和されるとか何とか……ともかく、デュエルが終わるまでは倒れさせへんで」
「無論、倒れるつもりなんて無いわよ……」


相手フィールドのモンスターは全滅したが、ペンデュラムモンスターは何度でも蘇る。さらにアゲットのカウンター効果も再び使えるようになってしまった。しかしライフの差は明白、加えてアマツの布陣は鉄壁。このまま長期戦に持ち込めば……


「……このまま長期戦に持ち込めば、ライフアドバンテージの差で勝てるとでも思ってるのかしら?」
「まぁな、実際その通りやろ? 確かにアンタのデッキは強力や、普通にやり合ったらウチの勝ち目は相当薄いやろうな。でもこれは『普通のデュエル』なんかやない。そしてアンタの使うデッキはライフコストが必要なカードが多い。他の相手よりライフアドバンテージが響いてくる……どうや、当たってるやろ」
「さあ、どうかしらね。デュエルを進めれば正解かどうか分かるんじゃない?」
「……じゃあ、そうさせてもらおか。クロ!」


再びフィールドに風が吹き荒れる。そしてそれが収まる頃には、アマツの手にアクションカードが握られていた。


「これでウチのターンは終了や」





アマツ LP8300 手札2 モンスターゾーン 天閣龍護-アークヴェント(バキリ装備)、天閣龍祖-アークグランデ、天閣龍-レコンキスタ フィールド魔法 天閣渓谷 魔法・罠ゾーン 天閣龍-バキリ

エリニス LP1700 手札2 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ





「私のターン、ドロー。墓地のサバイバル術の効果発動。このカードを除外して3枚ドロー、そして手札の『融合徴兵』を除外するわ。さらに通常魔法『金満な壺』発動。墓地の『爆撃の応戦姫マナ』、ダガー、そしてエクストラデッキのライムをデッキに戻して2枚ドロー。そして通常魔法『増援』発動。デッキからマナを手札に加えるわ。手札から『瞬刃の応戦姫シルフ』、マナ、エクストラデッキのルリをペンデュラム召喚。そして通常魔法『ダーク・ジェノサイド・カッター』発動。自分フィールドに闇属性モンスターが3体以上存在する時、相手フィールドのカード1枚を除外する。アークグランデを除外!」
「なっ!? ……アークグランデの効果発動! 自身とシルフを手札に戻す!」
「逃がさないわよ。エクストラデッキのアゲットの効果発動! このカードを墓地に送り、アークグランデの効果を無効化する!」


3体の女騎士たちが、巨龍へとその武器を振るう。一切の抵抗が許されないまま龍は地に墜ち、そしてフィールドから消えていく……


「破壊できないから無敵だとでも思っていたの? そんなもの、対策しているに決まっているじゃない」
「……そこに関しては、さすがやとしか言い様がないなぁ。でもまだウチの方が……」
「いいえ、さらに追い詰めてあげる。フィールドのシルフを再召喚。そして装備魔法『二重突撃銃』をシルフに装備。このカードを装備したモンスターの攻撃力は400アップする。さらに永続魔法『復讐の為に』発動。自分フィールドの応戦姫の攻撃力を400アップするわ」


瞬刃の応戦姫シルフ 攻撃力2200→2600→3000

闇牙の応戦姫ルリ 攻撃力1750→2150

爆撃の応戦姫マナ 攻撃力1400→1800


「バトル。ルリでアークヴェントを攻撃。この瞬間、渓谷の効果が発動」


エリニス LP1700→1800


「アークヴェントの効果発動! このカードが破壊されるとき、代わりに自身のオーバーレイユニットを1つ取り除く!」
「続けてシルフでアークヴェントを攻撃」


エリニス LP1800→1900


「くっ、もう一回アークヴェントの効果発動!」
「これでオーバーレイユニットは尽きた。そして二重突撃銃を装備したモンスターは2回攻撃が出来る……シルフでアークヴェントを攻撃!」


エリニス LP1900→2000


「ううっ……墓地に送られたバキリの効果発動! 墓地のアークヴェントを除外して、墓地のこのカードを手札に加える!」
「シルフの効果発動。戦闘で相手モンスターを破壊したとき、デッキから応戦姫モンスター1枚を手札に加える。マナでレコンキスタを攻撃!」


エリニス LP2000→2100


「グハッ……まさか、1ターンでここまで巻き返されるなんてな……」
「自慢のアクションカードも使えなかったみたいね。そんな運任せの戦術で私に勝てると思ったことが間違いなのよ」
「言ってくれるなぁ……残念やけど、まだデュエルは終わってないで。勝ち誇るには早いんちゃうか?」
「……それもそうね。じゃあ決着がついてから言わせてもらうわ。私はこれでターンエンドよ」





アマツ LP8300 手札3 フィールド魔法 天閣渓谷

エリニス LP2100 手札2 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ モンスターゾーン 瞬刃の応戦姫シルフ(二重突撃銃装備)、闇牙の応戦姫ルリ、爆撃の応戦姫マナ 魔法・罠ゾーン 二重突撃銃、復讐の為に





「……ウチのターン、ドロー。通常魔法『手札抹殺』発動。お互いに手札を全て捨てて、その枚数だけドローする」
「なるほど。手札で腐ったアクションカードを処理しつつ、新しいカードを手に入れると。理にかなった戦術ね」
「悠長に分析しとる場合か? 悪いけどこのデュエル、このターンで決着をつけさせてもらうで……『天閣龍-ガラセイ』を召喚。さらに通常魔法『死者蘇生』発動! 墓地のバキリを特殊召喚、そしてバキリの効果で自身をガラセイに装備する!」


天閣龍-ガラセイ 攻撃力900→1000


「……何を考えているの? 攻撃力1000のモンスターを攻撃表示で、しかもシンクロ召喚すら行わないなんて……」
「今に分かるわ。バトル、ガラセイでシルフを攻撃! この瞬間、渓谷の効果発動!」


アマツ LP8300→8400

エリニス LP2100→2000


「攻撃力の低いモンスターで攻撃……まさか!?」
「ガラセイの効果発動! 天閣乗りを装備したこのカードは戦闘で破壊されず、戦闘で自分に発生するダメージは相手が代わりに受ける!」


ガラセイの攻撃力は1000、対するシルフの攻撃力は3000。つまりこの攻撃が通れば、ダメージの反射でエリニスのライフは尽きる……!


「強さを求めてるって言っとったよなぁ。……アンタはその強さのせいで負けるんや。でもって思い知りぃ、自分が間違ってるってことを!! 行け、ガラセイ!!」
「…………!!」




































エリニスLP2000→1000









「……はぁ? なんで、どういうことや……」


…………どうして、エリニスのライフがまだ残っているの!?


「…………簡単なことよ。ダメージを受ける直前に、私がこのカードを発動していただけ……アクションマジック、『フルカウル』をね。このカードの効果で戦闘ダメージを半減させてもらったわ」
「アクション、マジック……あり得へん、だってあんたの周りにアクションカードは無いはずや!?」
「ええ、周囲には無いわね……でも、私の足元にあったこの1枚には気付かなかったようね。自分から取りに行けば必ず妨害される、だから……あなたの攻撃を利用させて貰ったわ」
「まさか……さっきの攻撃で吹き飛ばされたのは!?」
「勿論わざとよ。アクションカードの位置を把握して、その向きに吹き飛び、そしてあなたに見えないようにアクションカードを用意する。そして今の攻撃の直前に拾って使用したの」
「でも、その1枚がたまたまこの状況を打開するものやったと!? それこそ……」
「これもあなたのおかげよ。豪快にアクションカードを吹き飛ばしてくれたもの……宙に浮いたカードの中から、ダメージを減らす効果を持ったアクションカードを見分けるなんて造作もないわ」


造作もない……? 真上にあるわけでもないカードを見分けることなんて、普通のデュエリストに出来るはずがない。


「アマツ、さっきあなたはこう言ったわね。『強さのせいで負ける』……そんなのは、本当の強さじゃない。私が求めるのは、ありとあらゆる手段を用いて完全な勝利を手に入れる強さ! 相手の力すら利用して、完膚なきまでに叩きのめすだけの力……その片鱗を見せてあげるわ。さあ、あなたのターンはまだ続いているわよ」
「……バトル終了。これでターンエンドや」





アマツ LP8400 手札1 モンスターゾーン 天閣龍-ガラセイ(バキリ装備) フィールド魔法 天閣渓谷 魔法・罠ゾーン 天閣乗り-バキリ

エリニス LP1000 手札2 ペンデュラムゾーン 速撃の応戦姫イラ、閻魔蝶の応戦姫ユーリ モンスターゾーン 瞬刃の応戦姫シルフ(二重突撃銃装備)、闇牙の応戦姫ルリ、爆撃の応戦姫マナ 魔法・罠ゾーン 二重突撃銃、復讐の為に





「私のターン、ドロー……さて、そろそろこのデュエルも終わりね。通常魔法『戦士の生還』発動。墓地のアゲットを手札に加える。マナを再召喚、そして効果発動。あなたのフィールドのバキリとマナを破壊する」
「バキリの効果発動! 墓地のこのカードを除外して、墓地のレコンキスタを手札に加えるで」
「レコンキスタは私のライフが変動したターンに特殊召喚できる……なら、さらに攻め手を増やすだけよ。通常魔法『ペンデュラム・フュージョン』発動。フィールドのルリとペンデュラムゾーンのイラを融合。融合召喚、『閻魔鬼切の応戦姫ルリ』! そして手札のダガーをペンデュラムスケールにセット。エクストラデッキからイラ、ルリ、マナをペンデュラム召喚。バトル、シルフでガラセイを攻撃!」


エリニス LP1000→1100

アマツ LP8400→8300→6200


「続けてシルフでダイレクトアタック!」
「手札のレコンキスタを守備表示で特殊召喚!」
「なら、レコンキスタを攻撃!」


エリニス LP1100→1200

アマツ LP6200→6100


これでアマツのフィールドからモンスターは居なくなった。仮にアクションマジックを拾ってもアゲットの効果で無効化される……どう足掻いても成す術がない。


「ルリでダイレクトアタック」


エリニス LP1200→1300

アマツ LP6100→2950


「……これで終わりね。イラ、マナでダイレクトアタック!」
「くうっ……きゃあぁぁぁ!!」












アマツ LP3550→0
















攻撃の衝撃で倒れこむアマツ。そこへ、エリニスがゆっくりと歩み寄る。


「これで、私の勝ちね」
「……なあ、エリニス。あんたが強くなりたいんは分かったよ。でも、一体強くなってどうしたいんや……? ただ強くなって、その先に何があるって言うん……?」
「……あなたには関係ないわ。私には、私の目指す強さがある……それだけ。これで私の任務も終わり……じゃあね、アマツ。二度と会わないことを祈っているわ」


エリニスはそう言い残し、こちらに背を向けて歩き出した……


「ま、待ちなさい……」
「あなた……確か、名前はプリンセスだったかしら? 私を相手にしていていいの?」
「え……どういうこと?」
「この街での私たちの目的はほぼ達成された。でもあの人……私たちのボスは、きっとあなたの仲間……勇者を狙うでしょうね。あの人はきっと勇者の存在を許さない、徹底的に打ちのめすはずよ」


……何の根拠もない話ではあるけれど、そもそも彼女が私たちのことを知っていることが異常だ。であれば、ユージが狙われているというのもあり得ない話ではないかもしれない。


「…………」
「……助けに行くなら急ぐことね。まあ、1人が2人になったところであの人に勝てるとは思えないけれど」


再び歩き始めたエリニス。彼女の話を信じてユージのところへ急ぐべきか、ここで彼女と闘うべきなのか……どちらとも決められないまま、結局彼女の姿が見えなくなるまで立ち尽くすことしか出来なかった。






「……プリンセス」
「あ、アマツ! 大丈夫!?」
「ごめんな、情けないとこ見せてしもうて。……エリニスとは、前にミネルバって街で一緒に修行したことがあってな。あの時から強くなろうとはしてたけど、あんな冷たい子じゃなかったのに……」
「……じゃあ、一体何があったって言うのよ」
「それはウチにも分からん。でも、あの子はある日突然ミネルバから姿を消した。一緒に暮らしてた子にも何にも言わず、急にな。あまりにも唐突やったから、正直なとこ生きとるかも半信半疑やった。それが、まさかこんなところで会うなんてなぁ……」
「…………」
「……プリンセス、早く仲間のところへ行き。何かあってから後悔しても遅いんや……今守れるものがあるんやったら、全力で守らんと」
「……分かった。ありがとう、アマツ」
「礼を言われるようなことは何もしとらんよ。あそこの大通りをしばらく行けば、さっきのところに着くはず……この騒ぎで祭りの客もおらんみたいやし、急げばすぐに着けるはずや。……頑張りや、プリンセス」
「ええ。……本当に、ありがとう」









アマツに教えられた道を、全力で走る。早く、早く行かないと……









「お願い、どうか無事でいて……!!」


現在のイイネ数 8
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ギガプラント
勝てそうで勝てないからのカテソウデ勝てない!
アマツさん何度も勝てそうな状況はありましたが残念ながらフラグだったようです。
アクションカードが重要なデュエルならではの展開でした。おみごとです。
さて主人公、そろそろ活躍するか……? (2019-04-14 22:12)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
本当に惜しいところまでいったんですけどね……まさかここまで食らいつくなんて思ってませんでした(おい)
アクションデュエルを書く上での苦労なんかはオリカまとめのページで書きましょうかね……
主人公が活躍するかどうかは……(目逸らし) (2019-04-15 07:47)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
38 1話 不思議の世界にこんにちは 755 8 2015-07-20 -
30 2話 メシアの元へ 527 6 2015-07-22 -
26 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 514 4 2015-07-24 -
9 オリカまとめ1 599 4 2015-07-25 -
32 4話 救世の女神 486 2 2015-07-27 -
26 5話 未来都市 フォーチュンシティ 520 6 2015-08-11 -
8 6話 幸運な男 502 4 2015-08-12 -
37 7話 推参、正義のヒーロー! 573 6 2015-08-30 -
48 オリカまとめ2 619 2 2015-09-03 -
8 8話 運命の賢者 489 6 2015-10-22 -
12 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 543 4 2015-11-02 -
30 オリカまとめ3 555 6 2015-11-30 -
7 10話 水面写しの鏡 429 2 2015-12-06 -
12 11話 白き刃、移ろう水面 645 4 2015-12-09 -
48 12話 試される意志 617 4 2015-12-14 -
58 13話 水面を侵す邪神 636 10 2016-05-01 -
11 オリカまとめ4 403 0 2016-05-03 -
24 オリカまとめ5 580 0 2016-05-03 -
11 14話 仲違い 453 4 2016-05-06 -
32 七夕記念企画のお知らせ! 866 14 2016-05-07 -
29 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 597 6 2016-06-11 -
15 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 482 8 2016-06-17 -
51 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 518 10 2016-06-20 -
36 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 525 6 2016-06-21 -
22 七夕記念企画:前夜祭 496 14 2016-06-30 -
15 第1戦:爆風を駆ける獣 645 16 2016-07-01 -
11 第2戦:真の強さとは 578 14 2016-07-02 -
10 第3戦:舞い踊る武具 471 10 2016-07-03 -
13 第4戦:不滅の決闘 519 15 2016-07-04 -
9 第5戦:信念のデュエル 589 14 2016-07-05 -
21 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 564 13 2016-07-06 -
7 最終戦:その想い、天の川を越えて 562 14 2016-07-07 -
27 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 422 7 2016-07-13 -
47 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 530 10 2016-07-17 -
8 七夕記念企画:フィナーレ 418 8 2016-07-29 -
29 七夕記念企画:感想、その他 602 0 2016-07-31 -
63 15話 娯楽都市アミューズ 722 8 2016-12-31 -
12 16話 鮮やかなるトリックスター 208 8 2019-03-12 -
6 17話 最速の男 110 2 2019-03-17 -
4 18話 大罪の邪神龍 116 2 2019-03-22 -
4 19話 たった一つの敗因 94 2 2019-03-27 -
3 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 92 2 2019-04-01 -
7 20話 天翔る龍使い 103 4 2019-04-02 -
8 21話 研ぎ澄まされし刃 93 2 2019-04-14 -
2 22話 忍び寄る漆黒 60 2 2019-04-22 -
4 23話 戦乱を望む者 91 2 2019-05-03 -
2 オリカまとめ6 62 2 2019-05-13 -
4 オリカまとめ7 81 2 2019-05-13 -
8 オリカまとめ8 40 0 2019-05-18 -
8 オリカまとめ9 62 2 2019-05-18 -
スポンサーリンク