HOME > 遊戯王SS一覧 > 虹彩竜と歩むもの > 第6話:決着

虹彩竜と歩むもの/第6話:決着 作:光芒






「覇王烈竜……オッドアイズ・レイジング・ドラゴン!?」


※覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン
エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキからPモンスター1体を選び、自分のPゾーンに置く。
【モンスター効果】
ドラゴン族レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にエクストラデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
(1):Xモンスターを素材としてX召喚したこのカードは以下の効果を得る。
●このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊し、このカードの攻撃力はターン終了時まで、破壊したカードの数×200アップする。
(2):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。


「なんだよそのモンスターは……マジカッコいいじゃん!!」

 オッドアイズ・レイジング・ドラゴンを見た陸からは予想外の称賛の言葉が飛び出す。しかし、そのような言葉が飛び出すのは心のどこかに「このカードでは俺の守りは突破できないだろう」という余裕があったからだ。

「でも残念だったな。そいつの攻撃力は3000、その程度の力じゃキュウ-Bの守備力にすら届かない! 特殊召喚されたモンスターが1体いることで、キュウ-Bの守備力は900ポイントアップするぜ」

超重魔獣キュウ-B DEF2500→3400

 遊大のフィールドにはエクシーズ召喚されたモンスターが1体。当然エクシーズ召喚も特殊召喚の一つに分類されるため、キュウ-Bの守備力上昇効果の対象となる。これで、オッドアイズ・レイジング・ドラゴンの素の攻撃力で超えられる守備力のモンスターは陸のフィールドに存在しなくなってしまった。しかし、それも遊大の掌の上である。

「確かにオッドアイズ・レイジング・ドラゴンの攻撃力じゃ超重武者たちの守りを超えられない。でも、オッドアイズ・レイジング・ドラゴンはその眼に映る全てのものを焼き尽くす! エクシーズモンスターをオーバーレイユニットにしたオッドアイズ・レイジング・ドラゴンの効果を発動! オーバーレイユニットを1つ取り除き、相手フィールドに存在するカードを全て破壊し、このカードの攻撃力を破壊したカードの数×200ポイントアップさせる!!」
「なっ……」
「全てを焼き尽くして己が力へと変えろ! “レイジング・ブースト”!!」

 オッドアイズ・レイジング・ドラゴンの翼から放たれた熱戦が陸のフィールドの全てを貫き、焼き付くす。破壊されたカードは3枚の超重カード。よってオッドアイズ・レイジング・ドラゴンの攻撃力は600ポイントアップする。

覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン ATK3000→3600

「攻撃力3600……」
「バトル! 覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴンでダイレクトアタック!“憤激のデストラクション・バースト”!!」

 烈火の如き怒りの一撃が、陸へと襲い掛かる。

覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン ATK3600

陸 LP5500→1900

「ぐっ……うおおっ!! すげえ一撃だな……でもまだ俺のライフは残ってる。ライフが残っている限り、俺は―――!!」
「陸、お前にもうターンは渡さない! エクシーズモンスターをオーバーレイユニットにしてエクシーズ召喚されたオッドアイズ・レイジング・ドラゴンは1度のバトルフェイズに2回攻撃できる!!」
「攻撃力3600の2回攻撃だと!? マジかよ!!」
「マジだよ! 覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴンで二度目の攻撃!!“憤激のデストラクション・バースト”第二打!!」

覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン ATK3600

陸 LP1900→0











「だーっ! ここまで来て負けちまうのかよお!!」

 敗れた陸は悔しさを前面に押し出しつつも、その顔には笑みがあった。結果的に敗れてはしまったものの、自分の超重武者デッキの持ち味を可能な限り出しての敗北である。そのためこのデュエルにおいて彼の心に「後悔」の二文字はなかった。

「陸……」
「遊大、お前凄いカード持ってんじゃないか! どこで手に入れたんだよ!!」
「こ、このカードについてはその……俺もわかんなくて……あのさ、デュエルなんだけど……」
「ん? なんだよ勝ったのにそんな辛気臭い顔して。もしかして俺に勝ったことで俺の試験の結果が悪くなるとか思ってないだろうな?」

 渋い顔をした陸は不安そうな表情を浮かべる遊大の背中を右手で思い切り叩いた。パシーン、という乾いた音が講堂中に響き、遊大は思わずむせてしまう。

「げほっ、げほっ……」
「あっはっは! それなら気にする必要はないぜ! これでダメならそれはそれで諦めがつくしよ!」
「でも……」
「なーに。高校浪人なんてことにはならないから安心しろよ。滑り止めってわけじゃないけど強豪校からスポーツ推薦の話も貰ってるしここダメだったらそっちで頑張るからよ。アカデミアに入れなくてもデュエルができなくなるわけじゃないんだし」

 陸にとって第一志望はもちろんこのデュエルアカデミアである。しかし、デュエルのみならずスポーツの才能にも恵まれていた彼はサッカーの強豪校からも推薦の話が来ていたのだ。
 それを聞いてほっと胸を撫で降ろす遊大であるが、受験会場とは言えせっかく出会ったデュエリストと同じ門をくぐれないかもしれない、ということはそれはそれでやはりショックを感じていた。そんな中、時計のチャイムが鳴り、遊大たちの組のデュエルが全て終了した。

「皆さん、お疲れ様でした。ただいまを持ちましてこの組の二次試験は終了となり、本日はこれで解散となります。結果はアカデミアウェブサイトおよび郵送で通知致しますので、期日までお待ちください。あ、この後の皆さんの行動は基本自由ですが、まだ試験を控えている受験生の方もいらっしゃるのであまり騒がないように。学食や図書館、校内併設のカードショップ等のご利用も可能ですのでもし宜しければどうぞ。それでは、お疲れ様でした」

 自分の役割を果たした詩織は優しく微笑みとぺこりと頭を下げた。詩織のその言葉から自分たちの二次試験が終わったことを遊大たちは改めて噛み締める。受験生たちの表情は悲喜こもごもといった感じであり、その中には理想通りのデュエルができたものもいれば、自分の実力を出し切れなかった者もいるだろう。しかし、これがアカデミアという狭き門を通るために課せられるものなのだ。

「よし、せっかくだしこれから昼飯でも食いに行くか! アカデミアの学食は美味いって評判なんだぜ!」
「そういやちょうどお昼時だしね……」

 陸に連れられる形で講堂を出ようとする遊大。しかし、そんな彼らの前に1人の少女が立ちはだかった。驚いた遊大と陸の眼に映ったのは肩で息をしている遊希の姿だった。

「よかった、間に合ったわね……」
「遊希さん?」
「あ、天都 遊希!? なんであの天都 遊希がこんなところにいるんだよ……」

 つい数時間前に会っている遊大はともかく、陸は当然目を白黒とさせていた。だが無理もないだろう。なんてったって今自分の目の前にいるのがあの天都 遊希なのだから、陸の反応が自然そのものなのである。

「高海 遊大くん。あなたに聞きたい事があるの……その、オッドアイズ・レイジング・ドラゴ―――」

 遊希がオッドアイズ・レイジング・ドラゴンの名前を出そうとした瞬間である。静まり返ったその空間に腹の虫が空腹を告げる大きな音が鳴り響いたのは。

「っ~……!!」

 その音が鳴ると同時に、遊希の顔が熟した林檎のように真っ赤になる。思えば遊希は試験の手伝いに駆り出される友人たちのサポートをしようと、午前中はアカデミアを駆けずり回っていた。それこそ自身の空腹を忘れてしまうほどに。

「あ、あっ。悪い悪い、俺マジ腹ペコでさあ! ったく緊張の糸が切れたって奴なのかなぁ!」
「いや、今お腹鳴らしたのは陸じゃなくて遊……」
「遊大。男は女の子のために泥を被らなきゃいけない時もあるんだぜ……」

 注意するかのように耳打ちする陸であったが、当の遊大は「なんで?」と言わんばかりに首を傾げるし、そもそも人より声の大きい陸の言葉はしっかりと腹の音の主に聞こえてしまっていた。

「あ、あの。お気遣い感謝するわ。そうね……私も生理現象には逆らえないもの。これから学食に向かうのでしょう? だったらご一緒してもらえるかしら? その……今の失態、黙っててくれればお昼奢るから」
「マジっすか!」
「えっと……はい。では」

 遊希について行こうとした2人であるが、遊希はそんな2人に待ったをかける。「声を出さないでね」と口元で人差し指を立てて念を押すと、遊希は講堂で一人試験データの整理をしている詩織に背後から音も立てずに接近する。採点用のタブレットの操作に夢中な彼女の後ろに立つと、遊希は詩織の左肩に叩く。突然肩を叩かれたことで驚いた詩織が振り返ると、そんな彼女の頬に遊希の伸ばした左手の人差し指がめり込んだ。

「うわぁ、まだああいう悪戯引っかかる人いたんだ」
「というかああいう悪戯する人がいるってことの方が驚きだぜ」

 遊大と陸が正直な感想を述べあっている中、先ほどの遊希と同じようにこの程度の悪戯に引っかかった詩織の顔が恥ずかしさで真っ赤に染まっていく。

「ゆ、遊希さん……何をしているのですか……」
「詩織、お昼まだでしょ? せっかくだし行きましょう。ほら、人を待たせているから」
「だったらこんなことせずに普通に声をかけてください! 恥ずかしいじゃないですかぁ!!」

 少女の悲痛な叫びが静まり返った講堂に響き渡った。












 デュエルアカデミア・ジャパン・セントラルには国家予算も計上されている。そのため各施設はどれも下手な大学よりも豪華なものとなっており、それは学食も例外ではない。試験日ということもあって、授業のない今日のような日は学食は開業こそしているものの、利用者はまばらな状態だった。
 最も遊希や詩織のような学内、そして学外においても名の知られている人物が堂々と食事を取るにはこのくらい空いている方が色々と都合がいいのだが。遊希と詩織の奢りで思い思いのメニューを頼んだ遊大と陸は窓際の、春の日差しが差し込む窓際の暖かい席へと座った。

「ええと、改めまして……私は月宮 詩織(つきみや しおり)と申します。この学校の生徒会長という職務を任されました」

 一度席に着いたのにも関わらず、立ち上がってお辞儀をする詩織。そんな彼女の上級生らしからぬ姿勢に遊大と陸が釣られて立ち上がってしまう。

「た、高海 遊大です。本日はありがとうございました」
「国広 陸っす。月宮さんのことはアカデミアのホームページで見掛けたことがあります!」
「アカデミアの……ああ、先日のインタビューですね。まさか、あのインタビューを見た人とこうして食事を共にするなんて……ああ恥ずかしい」

 そう言って恥ずかしそうに俯く詩織。試験監督をしていた時の凛とした美少女の姿はそこにはなく、何処か頼りなさげな一人の少女がそこにはいた。そもそも月宮 詩織という少女が生徒会長になった経緯はやや複雑である。
 デュエルアカデミアでは生徒会選挙を毎年9月に行い、立候補した2年生の中から生徒の投票で会長を選任する方式を取っており、そうして選任された会長が生徒会で自分をサポートする役員を選ぶことになっていた。ちなみに会長職への立候補は自薦他薦問わないのだが、詩織の場合は無論他薦によるもので、推薦人は当然遊希ら詩織と特に仲の良い4人の女子生徒だった。

「こんなに有名になってしまうなら生徒会長選に出るんじゃなかった……」
「ちょっと。確かに推薦したのは私たちだけど、あんたもあんたでその性格を変えようと思っていたでしょうに」
「それはそうですが……」
「でもってそんなあんたは他候補に大差をつけてトップ当選。自分が思っている以上にあんたはみんなに信頼されてるんだから。もっと胸を張りなさい」

 そう言って湯のみに注がれたほうじ茶を口にする遊希。まるで普段通りの学校生活、とばかりに気楽に話す遊希と詩織であるが、そんな彼女たちと対面になって座る遊大と陸はまるで食事が喉を通らなかった。
 何せ自分たちの目の前に座っているのは10代~20代のデュエリストがとにかく憧れた存在である天都 遊希であり、そして日本中から強者デュエリストが集まるこの学園において実質生徒たちのトップに位置する月宮 詩織である。デュエリストとしての格もそうだが、容姿端麗なこの二人の美少女はまだこのアカデミアに入学すらしていない中学生男子なら緊張しないわけがない面子なのだ。

「あの……もしかしてお口に合いませんでしたか?」

 緊張で中々箸が進まない様子の二人に気が付いた詩織が不安そうな顔を見せる。その顔を見た瞬間、遊大と陸は「この人を心配させちゃいけない」と図らずも意志が一致し、即座に否定しては勢いよく食事をかきこみ始めては同じタイミングで喉に詰まらせる。

「あっ、水。水ならここにありますよ!?」
(……さすがに年下男子相手に詩織はきつかったかな?)

 喉を詰まらせて胸をドンドンと叩く遊大と陸に、慌てて水の入ったコップを手渡す詩織。そんな三人を尻目に遊希は一人穏やかに茶を啜るのであった。食堂に来て1時間ほど経った頃、昼食を取り終えた四人は空になった食器を食器返却コーナーまで運ぶと、元いた席に座った。

「……ふぅ、もうお腹いっぱいです」
「本当に奢って貰っちゃってよかったんですか?」
「いいわ。これも何かの縁よ。それに、これからあなた……高海くんにはちょっと踏み込んだ質問をさせてもらうから、その前払いということで」
「踏み込んだ質問? 遊希さん、一体何を……」

 先ほどまではちらほらと笑顔を見せていた遊希であるが、小さく一息つくとその顔からは笑みが消え、真剣そのものと言える顔へと変わる。まるで全てを見通すかのような深い瞳に見つめられた遊大はまさに蛇に睨まれた蛙の如く動きが止まる。

「高海くん。さっきのデュエルであなたが使ったモンスター……覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン。そのカード、どこで手に入れたの?」
「ん? どういうことっすか、天都さん」
「これを見て」

 遊希はスマートフォンを開くと、インターネットを通してデュエルモンスターズのカードを製作・販売しているI2社のデータベースへとアクセスした。そのデータベースにカードの名前を入力すると、カードの詳細が表示されるようになっており、デュエリストならばカードのことを少しでも深く知るために必ず一度は利用するウェブサイトであると言ってもいい。
 しかし、そんな全てのデュエリスト必携のサイトにおいて遊希のスマートフォンの画面に映っていたのは「NO DATA」という文字。それはこの地球上に存在する全てのカードのことが見ることができるはずのそのデータベースにおいて、遊大の持つ「覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン」というカードのデータが存在しないということを表わしていた。

「えっ……じゃあ遊大のあのカードは……」
「I2社のデータにすらないカード。言葉は悪いけど、そのカードは尋常のものではない……と言い切れるわね」
「ですがあの時デュエルディスクは正常に読み込んでいました。それを考えると……」
「違法なカードということではない。きっと正規のものなのでしょう。しかし、データベースにないということは世に出回っていないカードということになる。故に聞いておきたいのよ。そのカードが何故あなたの手元にあるのか」

 遊大はずっと黙っていたが、このまま黙っていては何も進まない。そう決意した彼は正直にこのカード、そしてこのデッキとの出会いの経緯を語った。

「実はこのデッキ……人から渡されたものなんです。アカデミアの一次試験の帰りに」
「渡された?」
「はい、路地裏から突然飛び出してきた全身黒ずくめの人に……その人は追われている感じで、その人が俺にデッキを渡して立ち去った後にスーツの男性数人にその人がどこに行ったかを聞かれました」
「まさかそいつ指名手配犯だったとか? デッキパクって逃げてるところを偶然出会った遊大にそれ渡して……」
「あの後気になって調べてみたんだけど、その人は指名手配犯ではなかったよ。カードの盗難はそれなりにニュースや新聞で取り上げられるはずだから」
「一応混乱を避けるために敢えてマスコミに秘匿を要請する、ということもあるわ。I2社にはある程度顔が利くから今度探りを入れてみるわね」

 元プロデュエリスト、ともなるとI2社やら海馬コーポレーションといった普通の人間では関わることもできなさそうな機関にも働きかけを行うことができる。それを聞いて遊大と陸は改めて遊希の影響力を思い知らされる形となった。

「……さて、聞きたいことは以上よ。教えてくれてありがとね、あまりいい気分ではなかったでしょう?」
「正直に言うと……でもしょうがないですよね。そんなカードたちを愛用している自分も自分ですから」
「去年、いやもう一昨年の話になるかしら。その当時まだ世に出回っていなかったカードが盗難されてこのアカデミアで使用されたことがあったのよ」

 それは遊希たちが1年生の夏だった時の話である。I2社のアメリカ本社において開発中だった【SR】【幻影騎士団】や当時実装予定だった【ペンデュラム召喚】のカードが盗難されたことがあり、そのカードたちがこのアカデミアで使用されたことがあった。
 遊希はその時にその盗難されたカードたちと対峙したことがあり、遊大が先のデュエルで使った相克の魔術師、相生の魔術師のP効果コンボで“覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン”なるカードに敗北寸前まで追い込まれていた過去がある。そのため、人一倍その手のカードのことには機敏であったのだ。

「そんなことが……」
「4月から私たちも3年生だしね。その手のカードを持ち込ませて後輩たちが被害に遭うことは避けたいのよ」
「でもまだ俺ら合格するって決まってないっすよ?」
「あらそうなの?」
「私は一応お二人の組の試験監督を務めましたが、合否は私が決めることではありませんので……すいません、なんとも言えません……」
「まあいいわ。どのような結果になろうとも、二人は今日の出来には悔いはないんでしょう? だったら人事を尽くして天命を待つことね。私は……二人みたいな後輩ができることを願っているわ」
「「はい!」」






 二次試験から数週間後、遊大の元にはデュエルアカデミア・ジャパン・セントラルから一通の封書が届いた。封書の中身には遊大が最も望んでいた返答が書いてあったのは言うまでもない。






現在のイイネ数 14
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
やっぱり詩織は詩織のままだったか。そんな1、2年で変わる訳がないか。男の免疫低めの詩織ちゃん可愛い。
そして冒頭の男の謎が深まりました。盗み出した(?)レイジングをなぜ遊大に渡したのか?今後のストーリーの見所になりそうです。
(2017-01-29 11:20)
カズ
陸くんに次のターンなんてなかった。
オッドアイズ・レイジング・ドラゴンがデータベースに載っていないのも謎ですが、遊希たちがしっかりと過去で得た経験を活かしている場面も見られて嬉しいです。
遊大くん合格おめでとう。 (2017-01-29 11:23)
光芒
ター坊さん
前作でも描写がありましたが、詩織のこの性格は幼少期からのものですので、さすがにそうすぐには変わりません。そして男性に対する免疫も低いですが、義理堅く責任感のある性格なので、生徒会長モードに入ればしっかりと行動しますよ。

プロローグの謎の男はター坊さんの仰る通り、今後のストーリーにも関わってきます。彼の存在が何気にストーリーを動かしていくものとなりそうですね。

カズさん
遊大「次のターンなど無い!!」
って言わせたかったのですが、彼の性格上そんな荒い言葉はまだ使いません。
レイジングについても今後のストーリーでどんどん明かされていく予定です。ちなみに遊大のデッキにオッドアイズ・リベリオンは入っておらず、またオベリオンはデータベースに収録されています。
さてアカデミアに合格した遊大ですが、実はまだ彼には大きな壁がありまして(ネタバレ)
それについてはまた次回。

(2017-01-30 13:58)
いちごT
レイジングはやはり恐ろしい……
にしても陸が人間出来すぎてて凄いですね。これでまだ高校生にもなってないんだから将来いい男になるでしょう笑
存在しないはずのカードがデュエルで使えた。アニメでは何の疑問も抱かないこれも実際ならこのくらい不思議がられてもおかしくないですよね〜。
そしてアカデミア生活の幕が上がる。 (2017-01-30 19:24)
光芒
いちごTさん
レイジングの殺意の塊っぷりは書いてるこっちもやばいと思いました。さて、こんなモンスターを今後どう噛ませにしていけばいいのやら……

>にしても陸が人間出来すぎてて凄いですね。これでまだ高校生にもなってないんだから将来いい男になるでしょう笑
一応立ち位置的に言えばイケメンになった権ちゃんって感じなので結構な人格者だったりします。ただ彼は彼で年頃の男子らしいことをも考えていますよ。女の子のこととか女の子のこととか女の子のこととか(殴
思春期男子らしい姿も見せられるといいですね。このサイトの規約の触れない限りで。

>存在しないはずのカードがデュエルで使えた。アニメでは何の疑問も抱かないこれも実際ならこのくらい不思議がられてもおかしくないですよね〜。
よく考えるとシャイニングドローとかをそのまま受け入れてる辺りアニメの登場人物は皆すごい神経してますよね……リアルだったら「ジャッジー」なのですが。
(2017-01-30 23:18)
から揚げ
甘寧一番乗り!になりたかった!(コメント的な意味で)

相変わらずレイジングの効果はひどい(セレナ感)フルモンの陸からすれば、天敵と言えるモンスターですね。手札誘発か墓地誘発が無ければ2回のダイレクトアタックをまともに受けてしまいますし。

お腹を鳴らせて顔を赤面させる遊希が、とても可愛らしいですね!某船堀みたいに、可愛いを連呼して更に赤面させてみたいです(真ゲス顔)

レイジングはもしかしたら、オベリオンと何か関わりがあるのかもしれませんね。同じ覇王と名のつくモンスターなので。
(2017-02-08 22:11)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
13 プロローグ:邂逅 611 3 2017-01-16 -
17 第1話:感謝 441 4 2017-01-18 -
11 第2話:機竜 489 3 2017-01-20 -
12 第3話:試験 453 2 2017-01-23 -
9 第4話:不動 452 4 2017-01-25 -
10 第5話:烈火 511 7 2017-01-27 -
14 第6話:決着 484 6 2017-01-29 -
13 第7話:入学 452 4 2017-01-31 -
11 第8話:再会 453 3 2017-02-02 -
13 第9話:舞鳥 458 7 2017-02-05 -
10 第10話:逆鱗(前編) 482 5 2017-02-07 -
8 第11話:逆鱗(後編) 405 3 2017-02-09 -
12 第12話:最強 440 3 2017-02-10 -
15 メインキャラクター紹介 530 0 2017-02-15 -
11 第13話:親睦 391 3 2017-02-17 -
9 番外編:慟哭(2/18修正) 499 6 2017-02-17 -
11 第14話:血戦 563 8 2017-02-19 -
9 第15話:攻防 571 5 2017-02-21 -
15 第16話:約束 439 6 2017-02-23 -
14 第17話:部活 394 4 2017-02-25 -
10 第18話:激励 508 5 2017-02-28 -
9 第19話:恐獣 373 2 2017-03-07 -
17 第20話:天命 470 2 2017-03-09 -
10 第21話:恋情 445 4 2017-03-13 -
37 第22話:真価 368 3 2017-03-16 -
15 遊大たちが4月制限について語るようです 464 7 2017-03-17 -
36 第23話:信頼 416 6 2017-03-22 -
41 第24話:魔竜 439 8 2017-03-24 -
42 第25話:度胸 417 5 2017-03-28 -
29 第26話:漆黒 322 5 2017-03-30 -
83 番外編:4月1日 419 6 2017-04-01 -
14 第27話:英雄 309 3 2017-04-04 -
42 第28話:最高 425 4 2017-04-07 -
22 第29話:銀河 296 2 2017-04-10 -
48 第30話:昇華 476 3 2017-04-13 -
18 サブキャラクター紹介・1 429 3 2017-04-16 -
49 第31話:試練 393 5 2017-04-18 -
19 第32話:迷宮 376 3 2017-04-20 -
17 第33話:成長 366 3 2017-04-23 -
19 第34話:双子・1 346 4 2017-04-25 -
50 第35話:双子・2 374 2 2017-04-28 -
21 第36話:幻奏 368 2 2017-05-04 -
47 第37話:戦術 445 2 2017-05-08 -
25 第38話:門番 420 5 2017-05-12 -
38 第39話:白黒 281 3 2017-05-17 -
18 第40話:奇跡 340 6 2017-05-19 -
27 第41話:錬装 349 4 2017-05-23 -
44 第42話:命運 292 2 2017-05-27 -
35 第43話:覚悟 397 3 2017-05-30 -
19 第44話:条件 294 3 2017-06-03 -
19 1万アクセス記念企画のお知らせ 464 5 2017-06-04 -
41 第45話:幻影 345 4 2017-06-08 -
14 第46話:黒牙 296 2 2017-06-14 -
16 遊大たちが7月制限について語るようです 353 2 2017-06-14 -
17 第47話:終幕 380 4 2017-06-17 -
19 第48話:宣誓 320 2 2017-06-22 -
12 サブキャラクター紹介・2 277 2 2017-06-24 -
24 第49話:編入 284 6 2017-06-29 -
15 第50話:理由 335 4 2017-07-03 -
12 番外編:七夕 313 6 2017-07-07 -
20 第51話:一歩 388 5 2017-07-12 -
20 第52話:修練 292 4 2017-07-17 -
12 第53話:自信 275 5 2017-07-20 -
38 第54話:克服 280 4 2017-07-24 -
16 第55話:猛攻 285 6 2017-08-02 -
16 第56話:障壁 205 3 2017-08-08 -
9 第57話:意地 184 3 2017-08-13 -
11 第58話:提案 281 3 2017-08-17 -
12 第59話:来訪 254 3 2017-08-27 -
19 第60話:交錯 256 3 2017-09-04 -
15 第61話:諜報 217 3 2017-09-11 -
68 遊大たちが10月制限について語るそうです 354 5 2017-09-14 -
15 第62話:暴露 201 2 2017-09-21 -
17 第63話:決意 247 4 2017-09-25 -
9 第64話:結束 231 4 2017-10-02 -
11 第65話:渇望 375 3 2017-10-07 -
14 第66話:証明 194 4 2017-10-13 -
12 第67話:空想 185 2 2017-10-16 -
11 第68話:魔鎖 200 2 2017-10-23 -
9 第69話:喝采 156 2 2017-10-27 -
10 第70話:胸愛 210 3 2017-11-01 -
13 第71話:点火 194 4 2017-11-07 -
7 第72話:誘惑 139 3 2017-11-15 -
14 第73話:憤怒 162 5 2017-11-18 -
11 第74話:反攻 128 2 2017-11-22 -
3 第75話:夢追 160 2 2017-11-27 -
7 第76話:剣閃 111 2 2017-12-02 -
3 第77話:膠着 77 2 2017-12-09 -
5 遊大たちが1月制限について語るようです 82 1 2017-12-11 -

スポンサーリンク