HOME > 命削りの宝札

命削りの宝札(イノチケズリノホウサツ)

命削りの宝札
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
通常魔法 - - - - -
「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。
評価9.1/ 10
評価回数35
評価順位667位 / 9227
閲覧数68279

 → 命削りの宝札の価格相場を確認
 → 命削りの宝札のボケを作成命削りの宝札のボケを見る(★1件)


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
MILLENNIUM PACK MP01-JP017 2015年12月19日 Ultra
RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION- RC02-JP036 2018年02月10日 Normal

使用されているデッキ



評価 ⇒WIKI

1 2   >>

10

#28abb はやとちり  2018-06-15 21:07:12 [35]
この世に生まれてから今の今までメタビートの友であり続け、レアコレで撒かれて安くなり、更に制限改訂により3枚に復活しこれからもメタを敷くために活躍してくれる究極のドローカード。まさにメタビの相棒。
1枚で3枚のドローは遊戯王史上でも最高クラスのアドバンテージ量であり、このドローで足りないカードを探り当てたり、リソース不足を一気に解決したり。一発逆転も夢ではありません。
特殊召喚できない制限により、かなりデッキは限られますが、特殊召喚しないデッキというのは総じてアドバンテージを増やす手段が限られてくるので、その壁を限界突破してくれるこのカードは非常に貴重で重要であると言えます。

10

#7cfa2 備長炭18  2018-03-23 14:10:44 [34]
宝札カードの中でも、強さとデメリットがひどいレベルで調整が取れていると感じるカード。
特殊召喚不可やエンドフェイズにカードを墓地に送る事を考えても、最大3枚ドローは強力です。また遊戯王のカテゴリには自分のターン以外でも展開できるテーマや特殊召喚をあまりせず、伏せカードを多用するテーマもあるため、そういったデッキにおいては非常にありがたい手札補充カードとなります。

10

#188d1 ジュウテツ  2018-03-02 08:35:27 [33]
デメリットをカバー出来れば、強力なドローカードだと思います。
「メタビート」デッキなら、魔法・妨害用の罠が多いためそれらを出来る限りセットする事で手札を捨てるデメリットは回避出来る点、「フォッシル・ダイナ パキケファロ」「昇霊術師ジョウゲン」といった特殊召喚封じカードの効果はこちらにも及ぶため特殊召喚出来ないデメリットは気にならない点、これらの2点から相性はよいと思います。

10

#5d92c awawawa  2018-02-17 18:16:25 [32]
命削り(相手)なカード
採用できるデッキは限られてるが強い

10

#0aa84 もも  2018-02-10 20:30:59 [31]
このカードを採用するデッキは、このカードのデメリットを気にしないでいいデッキ。
命を削られているのは相手。

10

#d1c99 なす  2017-07-14 14:05:02 [30]
同名ターン1制限で特殊召喚不可と相手へのダメージ無効、そしてエンドフェイズに手札を全てを墓地に送るというデメリットの代わりに最大3枚ドロー可能。
ダメージ無効は誓約ではないので、ダメージを与えた後でも発動可能。墓地送りはモンスターであれば墓地肥やしに使え、魔法・罠であればセットすることで防げる。特殊召喚不可の誓約は痛いが、それでも最大3枚のドローは非常に強力。

10

#9f0f9 つくし  2017-07-09 13:39:39 [29]
とにかく高い。だが、それ相応の強さである。頑張れば三枚ドロー、エンドフェイズのハンデスもガン伏せすれば関係ない。え?特殊召喚出来ない?

10

#f566e ルイ  2017-02-03 18:01:32 [28]
手札0枚のときに使ってねと書いてある。

発動するターンには一切特殊召喚できないため、使うデッキこそ選べど3枚ドローが弱いはずもありません。
エンド時のデメリットはガン伏せで対処してと言わんばかりの「一応デメリットつけました」感がすごい。デメリットって何だっけ・・・?
もちろんガン伏せしたら羽根箒くらってもいいようにフォローは確実にしたいところ。
罠が多いデッキやAFのようなデッキではデメリットがほぼないに等しいとかさすがにひどいと思いません?
さらには墓地に送る処理を先にしてしまえば、妖仙獣では3枚以上に手札が増えてしまうとかおかしすぎる。
「発動したターン、特殊召喚できない」のテキストじゃなかっただけ万倍マシか・・・。

大抵入るデッキは嫌われるデッキなのでヘイトもそれに上乗せ!ちなみにお値段も上乗せ!
決闘においても財布ポイントにおいても命削りすぎ!さっさと再録するか規制かけてほしいです。

10

#2dd2c デルタアイズ  2016-10-07 23:12:47 [27]
財布削りの宝札
クリフォート・バージェストマ・妖仙獣等のデッキとの相性抜群のカードですね。
シモッチやチェーンバーン等でも貴重なドローソースです。

10

#83395 メッキンギョ  2016-09-26 03:20:34 [26]
デメリットは大きいものの、手札とこのターンの展開、バトルに関することだけなのでそれらを苦にしないデッキにとっては殆どメリットのないカードです。

マジカル・エクスプロージョン等のソリティアや結界像ロック、最近上陸したバゼストマでは恐ろしい活躍を見せます。削られてるのは相手の生命かも…

9

#7cd9e EXデッキ焼き  2016-09-25 19:28:04 [25]
バゼストマ、クリフォートなど手札に頼らなくても展開、戦略の構築が可能なテーマなどにはかなり重宝されているカード。
値段は下がる所か青天井状態。しかも大会などではこれを採用した命削りkozmoなるものが入賞し、さらに需要が高まると思われる。
同胞の絆同様再録される気配は毛頭ないのでどうしてもという方は清水の舞台から飛び降りるつもりでいこう。

10

#a84cd チャー  2016-09-25 18:21:27 [24]
バージェストマにはぴったりのカード。最近、また高騰してますね〜

9

#8dcb9 くろゆき  2016-09-18 08:55:49 [23]
デメリットが気にならないデッキでは10点以上の活躍を見せる。このカードを使うデッキは大抵使ったあと伏せカードだらけになるので、使うと嫌がられやすい。
原作でもそうだったが、全然命を削ってない。

8

#aa894 ミシガン州知事  2016-06-22 17:40:26 [22]
このカード名で言う【命】とはデッキのことを指していると思う。

「デッキからカードを引けなくなった者はゲームを続けることができない!!!
うわあぁぁぁ!!!」

※命を削る=デッキを削る→デッキ切れると負けだから

やはり制約上、デッキは選ぶ。
相手ターンに入るころには手札ないことを活かせるインフェルニティや、相手ターンで動けるデッキ(アーティファクトなど)、自分が特殊召喚を(あまり)しないデッキ及び特殊勝利狙い(カウントダウン)が主な候補。墓地肥やしとして使ってもよい。

次の相手ターンには手札なくなるため魔法や罠が多いならば自分のターンのうちに使い切りたい。
デッキと言う名の命が尽きる前に決着をつけたいところ。

10

#dbb64 ヒコモン  2016-06-22 12:53:33 [21]
手札を3枚になるまでドローすることが出来るので、なるべくハンドレスで発動したいカード。発動ターンは特殊召喚制限と、相手へのダメージが0になってしまう上に、エンドフェイズに手札を全て墓地へ送らなければならないので、ガン伏せなどで対応したい。強欲な壺を超える3ドローは凶悪そのもの。エンドフェイズの処理は任意で行えるため、妖仙獣などでは手札を捨てた後に妖仙獣をバウンスという動きが可能。昨今ではクリフォートにも採用されている。

10

#4beee wings  2016-05-26 23:28:28 [20]
命を削られるのは相手な気がする。

「効果発動後、手札を3枚にする」という効果。なので、手札がない状態(このカードのみの状態)なら3枚ドローできるのと同じ。
なので、手札をガン伏せして相手ターンに備えつつ、このカードの発動条件を満たすのが基本なのかな。
いっぱいになった魔法・罠ゾーンで、除去も含めたありとあらゆる行動を容赦なく封じてくる。
その代わりとして発動ターンに特殊召喚できない制約があります。
しかし、特殊召喚をほとんど使わない妖仙獣やメタクリフォート、自分ターンに特殊召喚しないアーティファクト、ガン伏せでそもそも戦わないウォールバーンやヴォルカニックバーンならそれがデメリットとして働かないので相性がいい気がします。
変わったところでは、初動ターンでは特殊召喚を行わない(可能性の高い)M・HEROやブラマジなんかもそうですね。

9

#666e9 Hso  2016-05-22 14:16:15 [19]
命削られてんのはやられてる相手なんだよなぁ・・・
罠多めに採用できるデッキでは特に命削っている様子が見受けられない
また墓地に必要なカードを送りドローできるという手段も取れる
このカードを有効に使えるのはクリフォートがその最もたる例だろう
テーマがペンデュラムなのでPゾーンにおけば損失が防げるしスケールも稼げる

ただ当然のごとく通常召喚権が必要なデッキだったり手札が増えるジャンクドッペル(ライブラリアン時),ガジェットみたいなのとの相性はかなり悪い

8

#9ee57 TOC  2016-05-01 10:56:20 [18]
これのおかげでクリフォに再び光が差した。
最近高騰してるけど、今のところはそれだけの価値があるからこそ、クリフォ使いは視野に入れてみるといいかも・・・?

5

#cd166 じゃんけんタウロス  2016-04-17 22:18:26 [17]
heroにまで採用され始めたインチキカードである 妖仙獣に使うとガン伏せの嵐で相手は顔を歪ませることだろう

あと高騰しすぎ

10

#b6cb8 デッキビルダ~る.  2016-03-23 09:47:16 [16]
特定のメタビート等、SSしないデッキには打ってつけ。しかも妖仙獣ならターン終了時にチェーンが組めて帳消しに出来るとか。インチキドロソ。
何気に墓地肥やしにもなる。
高確率でSRと一緒に次回改訂の候補には挙がることだろう。

10

#63a12 発々条  2016-03-17 17:03:31 [15]
2016年4月より…
遂に…
命を削りまくる環境が…
来る。
と言わんばかりの価格

9

#75558 福人ズッコケ  2016-07-02 22:46:55 [14]
 正直舐めてました。3ドローはやっぱり伊達じゃない。
 自分のターンにあまり特殊召喚しないデッキなら、特殊召喚できない制約はほとんど意味を成さない。デッキにもよるが、多少使いどころを選ぶ程度。
 「手札が3枚になるようドローする」効果なので、ハンドレスでこそ真価を発揮するカード。とはいえ特殊召喚も封じられているので、モンスターの大量展開とはおよそ縁のないカードでもある。使うならガン伏せでハンドレスにできるメタビ系デッキだろう。エンドフェイズのデメリットもあるので、デッキ内のモンスター総数は極力抑える必要がある。
 かなりデッキを選ぶカードではあるが、使うデッキが使えば簡単2アドの可能性を秘めた強力なドローソース。ここのところ下火なメタビ強化と思いきや、早速マジエク帝なんていう害悪デッキで悪用されてるんですが・・・

9

#8b6cb ゆっくり  2016-03-04 01:17:09 [13]
マジカル・エクスプロージョン1キルととても相性のいいカード
1ターンに1度しか使えないがそれでもこのカードのお陰で1キル率がぐんと上がったと思う

9

#6df58 ハカラメ  2016-02-02 09:36:20 [12]
命削りとは一体...(白目)
名前の割にはリスクが少ないドローソース。最大3枚ドローと、強欲な壺もびっくりな効果。だが特殊召喚不可と相手への全てのダメージが0になるデメリットがあり、エンドフェイズ時に手札をすべて捨てなければならない。しかしこのデメリットも、魔法罠を多用するチェーンバーンや、アーティファクト、妖仙獣、インフェルニティなどの特殊な動きをするデッキなら全く気にならないので、強謙に並ぶ新たなドロソとして採用されること間違いなしだろう。

9

#68ba5 究極  2016-02-21 01:01:47 [11]
使われる側のプレッシャーは半端ない。
ガン伏せエンド等でデメリットで相手がディスアドで終わることはなく、互いに消耗した状態で引かれると絶望すら感じる。
そして次のターンに伏せてあった二枚目が発動して気づけばたいへんなことになんてこともしばしば。
相手ターンで展開できるAFや竜星とは特に相性がいい。
反面ヴェーラー等の手札誘発とは相性が悪いので採用時には注意。

9

#18bb4 アルバ  2016-01-17 17:39:19 [10]
原作では命削りな要素が全くなく相手に一方的な暴力を振るう事に定評があったカードだがこの度無難に調整されてOCG化。
特にコストもなく1:3交換できるがエンドフェイズに手札を全て捨てる上に発動ターンは相手にダメージを与えられず特殊召喚できなくなるため安易には採用できない。
ただしセットは可能なため罠を伏せデッキとは相性がいい。
ダメージを与えられないのは発動ターンだけなので主に相手ターンに動き回るチェンバやAFとも相性は良好。
デッキは選ぶがそのデッキでは思う存分活躍してくれるだろう。
しかし相変わらず命を削っている要素がない。

8

#6c692 ラギアの使徒  2016-01-17 16:12:56 [9]
ドロー強化カードとしては最高クラスの最大3枚ドロー。デメリットはかなり重く、モンスター中心のデッキよりは、魔法・罠カードが多めのデッキの方が使いこなせるでしょう。「アーティファクト」との相性はとてもよいので、投入を考えてみてよいでしょう。

8

#42236 音響Em  2016-01-11 12:28:58 [8]
特定のデッキで10点                          

8

#00bac 腹パン反逆者  2016-01-03 11:10:19 [7]
最大3枚までドローできるこのカード
インフェルニティで悪用できるカードだったりする
すべてやり終わったあとに三枚ドローして
バリアやブレイクがくれば伏せればいいし
インフェルニティやヘルウェイが来たら
エンドフェイズに捨てて墓地肥やしできるし
インフェルニティに限らず
罠・魔法を中心にするデッキはかなり入ると思う

9

#387e9 ファイア野郎  2015-12-31 09:52:17 [6]
3枚ドローが出来るカード。
強欲な壺を上回るドロー枚数ですが、特殊召喚不可とダメージ無効、
発動ターン時の全ハンデスとその代償は決して軽くないのが難点。
相手ターンに動くアーティファクトやチェーンバーン、
特殊勝利を狙う終焉のカウントダウンもデメリットを気にすることなく採用可能。
また、ダメージを与えた後のメインフェイズ2でも発動可能な裁定があるため、
特殊召喚を行わない妖仙獣やモンスターを墓地に送ることを目的とするデッキで採用するのも悪くないでしょう。
1 2   >>

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
命削りの宝札 9.1 /10.0 点、 評価数 35 件 ユーザー レビュー 35