HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode06:黒羽 凛

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode06:黒羽 凛 作:とうかいりん

ベスト4が懸かった大事なデュエル。そのデュエルで遊弥と当たることになったのは、1年生で唯一ここまで勝ち上がってきた、1ー4の黒羽 凛(くろば りん)だった。彼女の特徴は、少し両側がはねてる銀色の髪と、少し垂れ目なトコだ。それが彼女を上品な女性のように見せている。
「はじめまして、俺、藤堂 遊弥。よろしく。えっと…」
「黒羽 凛です。今日はよろしくお願いします、藤堂先輩。」
遊弥は握手を交わした瞬間に分かった。このデュエリストは今までとは違うと。それは紅葉とのデュエルでも同じことを思ったことだが、彼女には、紅葉をも凌ぐオーラを感じたのだ。
一方で彼女も、遊弥と同じことを思っていた。そして、久しぶりに楽しめそうだと。
お互いに持ち場にスタンバイする。そして、デュエル開始の宣言が出された。
「「デュエル!!」」

YUMI→LP:4000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 魔法、罠ゾーン:0 Pゾーン:0
RIN→LP:4000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 魔法、罠ゾーン:0 Pゾーン:0

今回のデュエルでは、1回戦と異なり、ライフポイントを4000からスタートすることになっている。何でも時間の短縮だそうだが、確か本番の大会でもライフポイントは4000からだったし、そこんところを考慮してんのかな?
先攻は凛からだ。果たして、どんなデッキを使ってくるのか…
「私は手札から永続魔法、「黒い旋風」を発動!」
どうやらBF(ブラックフェザー)デッキのようだ。しかも初手から握っていたとは、かなりデッキに好かれているようだ。

*黒い旋風 (永続魔法)
①:自分フィールドに「BF」モンスターが召喚された時にこの効果を発動できる。そのモンスターより低い攻撃力を持つ「BF」モンスター1体をデッキから手札に加える。

「行きます!私は「BF-蒼炎のシュラ」を召喚!そして黒い旋風の効果で、「BF-月影のカルート」を手札に加えます。更にこのカードは、自分フィールドに「BF」が存在する時、手札から特殊召喚できます!私は「BF-黒槍のブラスト」を特殊召喚!」
凛のブラックフェザーデッキは、一度回り出したら本当に止まらなくなるのだ。このデッキは、一度にたくさんのBFモンスターを並べ、そこから強力なシンクロモンスターへと繋ぐのが主な戦術だ。だが彼女の場にはチューナーモンスターがおらず、レベル4のBFが2体並んでいる。何をするつもりなのか…
「私はレベル4の、蒼炎のシュラと黒槍のブラストの2体で、オーバーレイネットワークを構築!エクシーズ召喚!現れよ、ランク4!「BF-エクシーズ・ウィング」!」
なんと、シンクロではなくエクシーズ召喚をしてきた。エクシーズ召喚とは、同じレベルのモンスターを2体以上並べることで可能となる召喚方法だ。シンクロとは異なり、チューナーも必要とせず、同じレベルであれば、どんなモンスターだってエクシーズ召喚の素材にできる。ただしこのエクシーズ召喚にも、多少の制限はある。例えば、「BF-エクシーズ・ウィング」は、闇属性かつレベル4のモンスターを2体並べなければならない。まあ、凛のデッキにとっては問題ないが。

*BF-蒼炎のシュラ(Lv4 闇属性)
鳥獣族/効果
ATK:1800 DEF:1200
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。デッキから攻撃力1500以下の「BF」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

*BF-月影のカルート(Lv3 闇属性)
鳥獣族/効果
ATK:1400 DEF:1000
①:自分の「BF」モンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算時までに、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。そのモンスターの攻撃力は、1400ポイントアップする。

*BF-黒槍のブラスト(Lv4 闇属性)
鳥獣族/効果
ATK:1700 DEF:800
①:自分フィールドに「BF-黒槍のブラスト」以外の 「BF」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

*BF-エクシーズ・ウィング(オリカ)(ランク4 闇属性)
鳥獣族/エクシーズ/効果
ATK:2200 DEF:1600
闇属性レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除くことで、自分のデッキから攻撃力2000以下の「BF」モンスター1体を手札に加える。この効果を使ったターン、自分は特殊召喚できない。②:X素材のないこのカードが破壊された場合、自分の墓地から「BF」カードを2枚まで選択し、手札に加える。

そして、エクシーズモンスターにはレベルの代わりに「ランク」というものが存在する。レベルを持たない≠レベル0であり、エクシーズモンスターは、レベルを対象とするカードには強いのだ。まあ、エクシーズモンスターにレベルを持たせるカードも存在するのだが、ここでは触れないでおこう。
最初から飛ばしすぎではないかと思うが、これがブラックフェザーデッキの戦い方だ。そしてエクシーズ・ウィングの効果を使い、デッキから「BF-暁のシロッコ」を手札に加えた。
「私はカードを1枚伏せて、ターンエンドです。」
あれだけ派手な動きをしたにも関わらず、彼女の手札は2枚しか減っていない。やはり彼女のデッキ、相当強い。
次は遊弥のターンだが、どう動くのか…
「俺のターン、ドロー!」

遊弥のデッキ、「スターダスト」デッキも、ブラックフェザーほどではないが、手札次第で一度に複数のモンスターを並べられるようになっている。今回のデッキは、その展開力を強化したというが…
「俺は、スケール2の「スターダスト・ソルジャー」と、スケール8の「スターダスト・エンジェル」で、ペンデュラムスケールをセッティング!」
なんと、遊弥は今までのデュエルで使わなかった、「ペンデュラム召喚」をやるつもりのようだ。ペンデュラム召喚とは、ペンデュラムゾーンと呼ばれる場所に2枚のペンデュラムカードを置き、その2体のペンデュラムスケールの間にある数値のレベルを持つモンスターをリリースなしで召喚できる、マジックのような召喚法だ。今回セッティングされたスターダスト・ソルジャーとスターダスト・エンジェルのPゾーンは、それぞれ2と8。
「これで、レベル3から7までのモンスターが一度に召喚可能!ペンデュラム召喚!現れよ、俺の仲間達!」
このペンデュラム召喚で、遊弥はレベル5の「スターダスト・ヒーロー」とレベル3のチューナーモンスター、「スターダスト・サモナー」を呼び出した。

*スターダスト・ソルジャー(Lv4 風属性)
戦士族/ペンデュラム/チューナー/効果
ATK:900 DEF:900 Pスケール 青:2 赤:2
・P効果
①:自分のターン終了時、Pゾーンのこのカードを破壊することで、デッキから「スターダスト」Pモンスター1体を手札に加えることができる。②:このカードがPゾーンにある限り、自分は「スターダスト」または「シンクロン」モンスターしかP召喚できない。
・M効果
①:このカードをS召喚の素材とする場合、自分は「スターダスト」SモンスターしかS召喚できない。②:このカードが召喚、特殊召喚に成功した時、自分のPゾーンのカード1枚を選択し、守備表示で特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したPモンスターは、ターン終了時にPゾーンに戻る。


*スターダスト・エンジェル(オリカ)(Lv6 風属性)
天使族/ペンデュラム/効果
ATK:2300 DEF:1500 Pスケール 青:8 赤:8
・P効果
①:自分フィールドに存在するSモンスター1体を選択して発動できる。選択されたSモンスターのレベルを、ターン終了時まで任意の数値にできる。②:もう片方のPゾーンに「スターダスト」カード、または「シンクロン」カードが存在しない場合、このカードのPスケールは4になる。
・M効果
①:このカードは、自分フィールドに存在するレベル4以下の「スターダスト」モンスター1体をリリースして、手札から特殊召喚できる。②:1ターンに1度、このカードの攻撃力を相手ターン終了時まで半分にすることで、手札からレベル4以下の「スターダスト」または「シンクロン」モンスター1体を特殊召喚する。


*スターダスト・ヒーロー(オリカ)(Lv5 風属性)
戦士族/効果
ATK:2000 DEF:1200
①:このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、自分のデッキからレベル4以下の「スターダスト」モンスター1体を特殊召喚する。


一気に2体のモンスターを並べることに成功した。
「俺はレベル5のスターダスト・ヒーローに、レベル3のスターダスト・サモナーをチューニング!天空より飛来せし竜よ、白銀の翼を翻し、今ここに舞い降りよ!シンクロ召喚!現れよ、スターダスト・ドラゴン!」
1ターン目から、いきなりエースモンスターであるスターダスト・ドラゴンを召喚することに成功した。だが、これで終わりではない。
「更に俺は、ルミナス・シンクロンを通常召喚!レベル8のスターダスト・ドラゴンに、レベル2のルミナス・シンクロンをチューニング!」
これで彼は、さらなるシンクロ召喚を決め、スターダスト・シャイニー・ドラゴンのシンクロ召喚に成功した。
「そして俺は、スターダスト・シャイニー・ドラゴンの効果で、自身の攻撃力を1000ポイントアップさせる!」
元々の攻撃力、3300に1000ポイントの数値が加われば、攻撃力4300となり、大きく相手のライフポイントを削れるのだ。
「バトルだ!シャイニー・ドラゴンで、BF-エクシーズ・ウィングに攻撃!シャイニング・ソニック!」
「くっ…!私は手札の月影のカルートの効果発動!エクシーズ・ウィングの攻撃力を1400ポイントアップさせる!」
これでエクシーズ・ウィングの攻撃力は3600となったが、シャイニー・ドラゴンの4300を越えられず、破壊されダメージを受けてしまった。
「うわぁっ!」RIN→LP:4000→3300
もしカルートの効果を使っていなければ、2100のダメージを受け、ライフポイントが半分を切るところだった。
「ちぇっ…俺はこれでターンエンド!」

YUMI→LP:4000 手札:1 デッキ:34 Mゾーン:1 魔法、罠ゾーン:0 Pゾーン:2
RIN→LP:3300 手札:2 デッキ:33 Mゾーン:0 魔法、罠ゾーン:2 Pゾーン:0

「私のターン…ドロー!」
手札は3枚。ここからどう展開してくるのか。
「私は、手札から「BF-暁のシロッコ」を召喚!このカードは、相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターがいない時、リリースなしで召喚できる!」前のターン、モンスター効果で加えたのがここで活きた。そして黒い旋風の効果で、「BF-疾風のゲイル」を手札に加えた。
「更に、「BF-疾風のゲイル」は、自分フィールドに他のBFがいる時、手札から特殊召喚できる!」

*BF-暁のシロッコ(Lv5 闇属性)
鳥獣族/効果
ATK:2000 DEF:900
①:相手フィールドにモンスターが存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで通常召喚できる。②:1ターンに1度、自分メインフェイズ1に、自分フィールドの「BF」モンスター1体を対象に発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスター以外の「BF」モンスターの攻撃力の合計分アップする。この効果を発動するターン、対象のモンスターしか攻撃できない。

*BF-疾風のゲイル(Lv3 闇属性)
鳥獣族/チューナー/効果
ATK:1300 DEF:400
①:自分フィールドに「BF-疾風のゲイル」以外の「BF」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その相手モンスターの攻撃力、守備力を半分にする。

「疾風のゲイルの効果発動!シャイニー・ドラゴンの攻撃力を半分にする!」
これで、4300あった攻撃力が一気に2150まで下がってしまった。だが、まだ攻撃力2000と1300では、破壊することは出来ないが…
「更に私は、暁のシロッコの効果を発動し、自身の攻撃力を、疾風のゲイルに加える!」
これで疾風のゲイルの攻撃力が、3300まで上昇した。遊弥の場に伏せカードはない。彼女は余裕の表情で攻撃宣言をした。
「私は、疾風のゲイルでスターダスト・シャイニー・ドラゴンを攻撃!ブラック・スクラッチ!」
この攻撃が通ってしまい、召喚したシャイニー・ドラゴンが早くも破壊されてしまった。
「何⁈ぐっ…うわぁぁ〜っ!!」
YUMI→LP:4000→2850

デュエルが開始してから計3ターン、この超短期間で、彼女は遊弥を追い詰め始めているのだ。だが、彼女のターンはまだ終わっていない。
「私は、レベル5の暁のシロッコに、レベル3の疾風のゲイルをチューニング!悲しき運命を背負いし黒きドラゴンよ、大いなるその翼で、光を覆い尽くせ!シンクロ召喚!出でよ、「ブラックフェザー・ドラゴン」!」

*ブラックフェザー・ドラゴン(Lv8 闇属性)
ドラゴン族/シンクロ/効果
ATK:2800 DEF:1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分がカードの効果によってダメージを受ける場合、代わりにこのカードに黒羽カウンターを1つ置く。このカードの攻撃力は、このカードに乗っている黒羽カウンターの数×700ポイントダウンする。また、1ターンに1度、このカードに乗っている黒羽カウンターを全て取り除くことで、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、そのカードの攻撃力を取り除いた黒羽カウンターの数×700ポイントダウンし、ダウンした数値分のダメージを相手ライフに与える。


ついに出た。彼女のエースモンスター、ブラックフェザー・ドラゴン。
だが、このモンスターを召喚した途端、彼女に異変が起こった。まず、彼女から今まで見たことのない、黒いオーラが溢れ出したこと。次に、特徴的だった銀色の髪は真っ黒に染まり、垂れ目も、ツリ目へと変化した。また、彼女の顔にも変化が見られた。ブラックフェザー・ドラゴンの羽に見られる赤い部分、それと似たものが、いくつか顔に現れたのだ。
(一体何が起こってるんだ⁈)
遊弥だけでなく、この場にいた誰もがそう思った。
「私はカードを1枚伏せて、ターンエンドです。さあ、封印竜の力を見せてあげますわ!」

〜現在の状況〜
YUMI→LP:2850 手札:1 デッキ:34 Mゾーン:0 魔法、罠ゾーン:0 Pゾーン:2
RIN→LP:3300 手札:1 デッキ:31 Mゾーン:1 魔法、罠ゾーン:3 Pゾーン:0


次回、Epsode07:同調(シンクロナイズ)

*今回のデュエルで、Pゾーンを新たに追加し、モンスターゾーンをMゾーンへと表記変更しました。
あと「封印竜」という単語が出てきましたが、この意味は後々明らかになります。
現在のイイネ数 8
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
凛ちゃんはエクシーズ込みのオリジナルBFですか…。それに容姿が変わるなんて封印竜とは一体? (2015-06-27 20:46)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
4 Episode01:危ないスタート 834 1 2015-06-21 -
1 Episode02:悪魔のドラゴン 726 2 2015-06-22 -
1 Episode03:切り札 487 2 2015-06-23 -
25 Episode04:紅蓮の悪魔 588 2 2015-06-23 -
2 Episode05:終止符 511 2 2015-06-25 -
9 Episode06の前に 432 2 2015-06-25 -
8 Episode06:黒羽 凛 480 1 2015-06-27 -
6 Episode07:同調 421 1 2015-06-30 -
6 Episode08:変則試合 415 3 2015-07-04 -
4 Episode09:2人の絆 497 2 2015-07-05 -
5 Episode10:覚醒 390 1 2015-07-09 -
4 Episode11:解放 421 2 2015-07-13 -
24 Episode12:最後の封印竜 349 0 2015-07-14 -
3 Episode13:ダイヤの煌めき 296 0 2015-07-25 -
4 Episode14:友のために 378 0 2015-08-12 -
2 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 496 2 2015-08-13 -
3 番外編01:遊弥と紅葉の… 388 2 2015-08-19 -
4 Episode15:紅蓮魔竜解放 462 2 2015-08-22 -
1 Episode16:ライセンス 414 2 2015-08-24 -
5 少し遅めのキャラ設定(随時更新中) 802 5 2015-08-29 -
4 Episode17:地獄の猛特訓 389 1 2015-09-06 -
31 Episode18:関門 451 1 2015-09-13 -
4 Episode19:スピードの中で 334 2 2015-09-18 -
2 Episode20:初の対外試合 387 2 2015-09-20 -
3 Episode21:シンクロ封印 333 1 2015-09-22 -
6 Episode22:1つの答え 395 2 2015-09-24 -
1 Episode23:黒羽の誇り 442 2 2015-10-01 -
2 Episode24:ハイスピードバトル 388 3 2015-10-06 -
1 Episode25:超越する力 352 2 2015-10-11 -
3 Episode26:運命の決戦 327 3 2015-10-20 -
3 Episode27:来訪者、天導レイン 423 2 2015-11-03 -
6 Episode28:遊弥vsレイン 432 2 2015-11-09 -
5 Episode29:舞い降りた天使 389 2 2015-12-05 -
7 Episode30:天使と悪魔 456 3 2015-12-09 -
7 Episode31:禁断の無限暗黒竜 554 2 2015-12-12 -
6 番外編02:凛と紅葉が… 387 0 2016-01-05 -
6 Episode32:パワー・ツール 395 3 2016-01-29 -
7 Episode33:死した希望の使者 333 2 2016-01-31 -
5 Episode34:高貴の翼 415 4 2016-02-04 -
7 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 376 1 2016-02-13 -
9 Epi36:加速するカウントダウン 433 2 2016-02-20 -
7 Epi37:希望のカード『V☆S』 424 3 2016-03-25 -
5 Episode38:朱色の夜 339 0 2016-04-11 -
6 Episode39:並び立つ盟友 405 2 2016-04-22 -
8 Episode40:精一と彩 475 2 2016-05-30 -
7 Episode41:漆黒の鎮魂歌 392 4 2016-06-22 -
5 Episode42:涅槃の境地へ 389 2 2016-07-02 -
5 Episode43:トワノキズナ 357 3 2016-07-23 -
2 Episode44:銀河と宇宙 376 3 2016-08-09 -
5 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 387 0 2016-08-20 -
2 Episode46:絶望の凱旋 287 0 2016-08-24 -
5 Episode47:刻まれた記憶の欠片 280 1 2016-09-06 -
10 Episode48:希望の行方 268 0 2016-09-13 -
4 Episode49:悪夢の決戦前夜 268 0 2016-10-03 -
5 Episode50:創世の星屑竜 269 0 2016-10-25 -
2 Episode51:託された未来 285 0 2016-10-30 -
2 番外編03:遊弥と花奈の... 290 2 2016-11-02 -
3 未投稿オリカ紹介① 303 0 2016-11-09 -
2 未投稿オリカ紹介② 238 0 2016-11-26 -
2 未投稿オリカ紹介③ 290 0 2016-12-08 -
3 未投稿オリカ紹介④ 277 0 2016-12-20 -
6 未投稿オリカ紹介⑤ 235 0 2016-12-30 -
4 Episode52:極寒の夏 217 2 2017-01-01 -
32 Episode53:闇の邂逅 244 2 2017-01-07 -
5 Episode54:呪縛竜復活 224 0 2017-01-11 -
5 Episode55:届かぬ声で... 202 2 2017-01-15 -
3 Episode56:禁忌の目覚め 237 5 2017-01-19 -
3 Episode57:共鳴する四龍 239 4 2017-01-25 -
5 Episode58:本当の気持ち 237 3 2017-01-30 -
4 Episode59:真実への鍵 217 2 2017-02-08 -
5 IF01:バレンタインデー 281 6 2017-02-11 -
2 Episode60:エレンとアレックス 257 3 2017-02-16 -
30 ルール改訂と今後の進行について 362 2 2017-02-18 -
5 Episode61:想いの証 229 5 2017-02-21 -
4 Episode62:茨の道標 264 5 2017-02-27 -
5 Episode63:光と闇の花 204 3 2017-03-20 -
8 Episode64:渇望と葛藤 202 2 2017-03-23 -
5 Episode65:麗しき孤月 195 2 2017-03-29 -
45 Episode66:月夜のイリュージョン 249 2 2017-04-21 -
17 Episode67:常闇に消える月華 323 1 2017-05-05 -
10 Episode68:模索者たち 126 4 2017-07-22 -
12 Episode69:純黒の反逆者 140 0 2017-07-27 -
8 Episode70:紅と黒の禁呪 136 2 2017-08-07 -
8 Episode71:希望は往く 174 3 2017-08-17 -
13 Episode72:リリーの過去 139 2 2017-08-24 -
5 Episode73:異次元の亡霊 116 2 2017-09-13 -
6 Episode74:覚醒の鼓動 131 3 2017-09-22 -
9 Episode75:挑戦者の儀 154 0 2017-10-05 -
10 Episode76:神速の決闘 163 2 2017-11-14 -
7 作者が二十歳を迎えたようです。 117 4 2017-12-28 -
5 Episode77:動き出す陰謀 53 2 2018-01-23 -