HOME > 遊戯王デッキレシピ > 恐竜族デッキレシピ >MD レクスターム採用コンパクト恐竜 デッキレシピ・デッキ紹介

マスターデュエル対応 MD レクスターム採用コンパクト恐竜 デッキレシピ・デッキ紹介 (コングの施しさん 投稿日時:2023/01/24 12:44)

 

恐竜族【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。

デッキ紹介・デッキ解説

勝利方法・デッキカテゴリー
恐竜族 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
ダイノルフィア・テリジア
運用方法
まずこのデッキのコンセプトですが、相手の誘発や汎用罠などの妨害を避けて、さらに事故率を落としながら、返しのターンで相手を止め切る十分な妨害を構えることにあります。そのため、誘発で止められて痛いポイントが生まれやすいスクラップなどを採用したオーバーキル気味のシンクロ型恐竜ではなく、ダイノルフィア、エヴォルカイザー、D HEROと恐竜で相手の展開を止めるよりコンパクトな型になります。

キーカードに設定した《ダイノルフィア・テリジア》ですが、先日登場した《ダイノルフィア・レクスターム》と《ダイノルフィア・フレンジー》の存在により、明確な出張理由が生まれたカードです。cipで《ダイノルフィア・フレンジー》をサーチし、1枚から自分のターンの特殊召喚を一度もすることなく《ダイノルフィア・レクスターム》の展開が可能になりました。

無論通常召喚するだけでなく、召喚権を《魂喰いオヴィラプター》や《プチラノドン》《ベビケラサウルス》に使う展開の中でも、1度特殊召喚するだけで前述の動きが可能になるので、デッキ枠や特殊召喚回数を抑えて無駄なく妨害を構えることができます。

展開中に《ダイノルフィア・フレンジー》をセットできる点はもちろん強力ですが、一番大きいのは1枚だけで妨害を構えられる点です。強み・コンボで書きますが、このデッキのメインの展開には一枚初動がありません。しかし、メインの展開の初動がない状態でもテリジアを通常召喚すれば最低1妨害構えることができます。加えて、《化石調査》などにチェーンして《増殖するG》を相手が使用した際には通常召喚することで明確な妥協点になりつつ妨害を構えることができる点も強力です。従来では《増殖するG》を投げられた際は展開を止めて妨害を構えるだけでも2ドローはさせてしまう点が弱点でしたが、召喚権を割くだけで妨害になり得るテリジアはこのタイプの恐竜の大きな強化になりました。
強み・コンボ
ダイノルフィア・テリジア》をキーカードとして扱いましたが、このデッキのメインの展開はそれ以外のモンスターに召喚権を使ったものになります。しかし、前述の通り一枚初動はありません。展開の際は常に2枚のカードの組み合わせで動くことを覚えておきましょう。

最終盤面の例は
①《D-HERO デストロイフェニックスガイ》、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》、《エヴォルカイザー・ドルカ》、《オーバーテクス・ゴアトルス》、《ダイノルフィア・レクスターム
(フリチェ1破壊、モンスター効果2無効破壊、魔法罠1無効破壊、起動効果1〜発動不可)

②《D-HERO デストロイフェニックスガイ》、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》、《エヴォルカイザー・ラギア》、《究極伝導恐獣》、《ダイノルフィア・レクスターム
(フリチェ1破壊、神の宣告1、フリチェ1全体裏守備、起動効果1〜発動不可)

の2つになります。どちらも強力な盤面であり、初動の組み合わせにも影響されないため、状況に合わせて使い分けて欲しいところではありますが、①の盤面は(ほぼ)完全にニビルケアが可能です。相手の非公開情報が多い先行1ターン目などは①の盤面をおすすめします。


さて、上述の盤面を作ることのできる2枚の組み合わせと展開は以下になります。
ただし、どの組み合わせも途中から展開は同じなので、全ての展開が収束する盤面を☆として、そこまでの展開を一個一個書いていきます。

⑴《魂喰いオヴィラプター》+《幻創のミセラサウルス
(オヴィラプNS・ベビケラサーチ→ミセラ耐性付与→アルゴSS・ベビケラ破壊・進化薬サーチ→卵(ベビケラorプチラ)SS→卵破壊・ベビケラSS→テリジアSS・フレンジーセット→リンクリボーSS=)
☆《リンクリボー》、《魂喰いオヴィラプター》、《ダイノルフィア・テリジア》、《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》(《ダイノルフィア・フレンジー》セット)

⑵《幻創のミセラサウルス》+《ベビケラサウルス》or《プチラノドン
(ミセラ耐性付与→アルゴSS・卵破壊・進化薬サーチ→オヴィラプSS・卵サーチ→卵NS→卵破壊・卵SS→テリジアSS・フレンジーセット→リンクリボーSS=)
☆《リンクリボー》、《魂喰いオヴィラプター》、《ダイノルフィア・テリジア》、《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》(《ダイノルフィア・フレンジー》セット)

⑶《魂喰いオヴィラプター》+《ベビケラサウルス
(オヴィラプNS・ミセラサーチ→ミセラ耐性付与→アルゴSS・ベビケラ破壊・進化薬サーチ→卵SS→卵破壊・ベビケラSS→テリジアSS・フレンジーセット→リンクリボーSS=)
☆《リンクリボー》、《魂喰いオヴィラプター》、《ダイノルフィア・テリジア》、《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》(《ダイノルフィア・フレンジー》セット)

⑷《珠玉獣-アルゴザウルス》+《ベビケラサウルス》or《プチラノドン
(アルゴNS・卵破壊・進化薬サーチ→オヴィラプSS・ミセラサーチ→リンクリボーSS→ミセラ耐性付与・卵SS→卵破壊・卵SS→テリジアSS・フレンジーサーチ)
☆《リンクリボー》、《魂喰いオヴィラプター》、《ダイノルフィア・テリジア》、《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》(《ダイノルフィア・フレンジー》セット)

の4つです。上から通りやすい順になっています。(主観です)
ここまでで
☆《リンクリボー》、《魂喰いオヴィラプター》、《ダイノルフィア・テリジア》、《ベビケラサウルス》or《プチラノドン》(《ダイノルフィア・フレンジー》セット)
の盤面が全ての初手から完成しました。ここから上記の最終盤面まで動きます。

オヴィラプ+テリジア=ドルカorラギアXS→
リンクリボー+卵=ヴェルデアナコンダLS→
進化薬発動・ゴアトルスorアルコンSS→
ヴェルデ効果でフューデス適応・デスフェニFS→
相手メインにフレンジー発動・レクスタームFS

これで最終盤面の
D-HERO デストロイフェニックスガイ》、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》、《エヴォルカイザー・ドルカ》or《エヴォルカイザー・ラギア》、《オーバーテクス・ゴアトルス》or《究極伝導恐獣》、《ダイノルフィア・レクスターム
が完成しました。また、上記の組み合わせに加えて初動のすべてのカードを《化石調査》でサーチ可能なので、実質的な枚数は+3枚と考えていいでしょう。

注意点としては、☆の盤面までは最強カード《幻創のミセラサウルス》の効果耐性によりニビルは効きませんが、それ以降に《エヴォルカイザー・ドルカ》ではなく《エヴォルカイザー・ラギア》を出した場合は手札のモンスター効果を防ぐ術がありません。相手の公開情報などを吟味して慎重に展開しましょう。

後攻の展開は相手の盤面次第になってしまうため詳細な解説は省きますが、《究極伝導恐獣》の突破力が半端ではないため、《幻創のミセラサウルス》を駆使しながらアルコンを無理やり通すイメージでいいと思います。
弱点・課題点
弱点として挙がるのは、魔法罠への脆弱さでしょうか。モンスターによる展開を主に行うデッキには《エヴォルカイザー・ドルカ》や《ダイノルフィア・レクスターム》が機能しますが、魔法罠を展開のメインに据える閃刀姫や神碑、ラビュリンスなどはモンスターへの妨害が効きにくいため比較的不利な対面といえます。
さらにいえば、《閃刀姫−ハヤテ》がいる状態で《ダイノルフィア・レクスターム》の効果を迂闊に使用するとそのままダイレクトアタックで負けることもあります。これらのテーマとの対面では数少ない魔法罠への妨害をどこに撃つかしっかりと考えながら戦いましょう。
カスタマイズポイント
アルコンやミセラサウルスのおかげで元々後攻でも戦えるテーマではありますが、やはりかなり先行に寄った構築のうえ、上述のように魔法罠をメインにしたデッキに対してかなり脆弱です。それを補うカスタマイズをするとより戦いやすくなるでしょう。

ハーピィの羽箒》・《ライトニング・ストーム
王道のバック除去です。今は神碑に対して自分のターンでの破壊のバック除去がそこまで有効ではないかな、と感じたため《コズミック・サイクロン》を採用してます。

ドロール&ロックバード
神碑や閃刀姫、その他サーチを多用するデッキに対しての解答です。ただし枠とかの兼ね合いで優先度はそこまで高くないかな。

屋敷わらし
墓地に触る効果のメタと、相手の墓穴を止めるためのカードです。増Gを通したい環境だったら採用するかも

禁じられた一滴
後攻での捲り札兼妨害札です。アルコンさえいれば捲りは可能なため、召喚コストも作れるこのカードは非常に相性がいいです。前まで採用していましたが、先行で爆発的な展開をするデッキが減るにつれて役立つ場面も減ってきました。

怒炎壊獣ドゴラン》・その他壊獣
妨害持ちなんて関係ないよ。プチラノドンや進化薬でドゴランをSS可能なため、純粋3000打点としても。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼
デッキを評価しよう!
デッキ制作者
遊戯王アイコン コングの施しさん ( 全48件のデッキを全て見る )

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。

コングの施し 「ユーザーID:38573 により。マスターデュエル対応ボタンが押されました。 」(2023-01-24 12:45 #5ae75)


スポンサーリンク
メインデッキ (22種・40枚)
モンスター (14種・28枚)
名前種族攻 / 防最安
1 このカードを使用したデッキ一覧究極伝導恐獣 10 恐竜族 3500 / 3200 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイナレスラー・パンクラトプス 7 恐竜族 2600 / 0000 70円
1 このカードを使用したデッキ一覧オーバーテクス・ゴアトルス 7 恐竜族 2700 / 2100 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧D-HERO ダッシュガイ 6 戦士族 2100 / 1000 85円
2 このカードを使用したデッキ一覧魂喰いオヴィラプター 4 恐竜族 1800 / 0500 130円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・テリジア 4 恐竜族 1500 / 0000 140円
3 このカードを使用したデッキ一覧幻創のミセラサウルス 4 恐竜族 1800 / 1000 30円
3 このカードを使用したデッキ一覧灰流うらら 3 アンデット族 0000 / 1800 690円
2 このカードを使用したデッキ一覧プチラノドン 2 恐竜族 0500 / 0500 70円
3 このカードを使用したデッキ一覧ベビケラサウルス 2 恐竜族 0500 / 0500 27円
3 このカードを使用したデッキ一覧増殖するG 2 昆虫族 0500 / 0200 780円
2 このカードを使用したデッキ一覧珠玉獣-アルゴザウルス 1 恐竜族 0000 / 0000 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧D-HERO ディスクガイ 1 戦士族 0300 / 0300 420円
2 このカードを使用したデッキ一覧エフェクト・ヴェーラー 1 魔法使い族 0000 / 0000 50円
魔法 (6種・10枚)
3 このカードを使用したデッキ一覧化石調査 - - - - 90円
1 このカードを使用したデッキ一覧フュージョン・デステニー - - - - 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧究極進化薬 - - - - 40円
2 このカードを使用したデッキ一覧墓穴の指名者 - - - - 550円
1 このカードを使用したデッキ一覧抹殺の指名者 - - - - 120円
1 このカードを使用したデッキ一覧コズミック・サイクロン - - - - 30円
(2種・2枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・フレンジー - - - - 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧無限泡影 - - - - 900円
エクストラデッキ (15種・15枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・レクスターム 8 恐竜族 3000 / 0000 70円
1 このカードを使用したデッキ一覧D-HERO デストロイフェニックスガイ 8 戦士族 2500 / 2100 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ケントレギナ 6 恐竜族 4000 / 0000 110円
1 このカードを使用したデッキ一覧天霆號アーゼウス 12 機械族 3000 / 3000 170円
1 このカードを使用したデッキ一覧エヴォルカイザー・ラギア 4 ドラゴン族 2400 / 2000 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧エヴォルカイザー・ドルカ 4 ドラゴン族 2300 / 1700 320円
1 このカードを使用したデッキ一覧トロイメア・ユニコーン - 悪魔族 2200 / 1200円
1 このカードを使用したデッキ一覧I:Pマスカレーナ - サイバース族 0800 / 240円
1 このカードを使用したデッキ一覧リンクリボー - サイバース族 0300 / 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧召命の神弓-アポロウーサ - 天使族 000? / 240円
1 このカードを使用したデッキ一覧捕食植物ヴェルテ・アナコンダ - 植物族 0500 / 320円
1 このカードを使用したデッキ一覧転生炎獣アルミラージ - サイバース族 0000 / 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧アクセスコード・トーカー - サイバース族 2300 / 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧暗影の闇霊使いダルク - 魔法使い族 1850 / 298円
1 このカードを使用したデッキ一覧トロイメア・フェニックス - 悪魔族 1900 / 80円
メインデッキ 最低構築金額 12074円
このカードを使用したデッキ一覧をクリックすると対象カードを採用したデッキ一覧に飛びます
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみましょう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみましょう。

スポンサーリンク

関連デッキ


デッキ採用カード一覧

▼ デッキに採用されているカード情報を表示する(37種) ▼
閲覧数197 評価回数3 評価30 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -