HOME > ドロール&ロックバード

ドロール&ロックバード(ドロールアンドロックバード)

ドロール&ロックバード
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 風属性 1 魔法使い族 0 0
相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、このカードを手札から墓地へ送って発動する事ができる。このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
EXTRA PACK Volume 4 EXP4-JP023 2011年09月17日 Normal
ストラクチャーデッキ -パワーコード・リンク- SD33-JP021 2017年12月09日 Normal

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

10

#f9d22 なす  2017-12-11 13:26:04 [16]
お互いのドロー効果とサーチを封じる手札誘発。
発動タイミングにより、1回目は相手のサーチを通してしまうとはいえ、リンカーネイションとの併用で全ハンデスが可能。
リンカーネイションが制限に規制された現在でもサーチ封殺は強力。

9

#7ced4 デルタアイズ  2017-09-16 21:40:43 [15]
リンカーネイションとのコンボで注目を集めた手札誘発モンスター。
SPYRAL対策にサイドにでも入れればいいんじゃないですかね(適当)

9

#5b4fb 宵闇の変態  2017-07-03 11:29:35 [14]
これがメインから入る環境は末期。そう思っていた時期が俺にもありました。
注目を浴びはじめたのは征竜魔導環境ぐらいからだが、最近はなんだか違う理由で注目を浴びているようで。
かつてはサーチ連打のメタとしてしゃかりきに働いていた子が、今度は全ハンデスコンボの主犯になるとは何とも複雑な気分である。

8

#73e33 まじっく  2017-05-25 19:42:23 [13]
新規カテゴリ【トリックスター】において凶悪なコンボが見つかり注目度が高まっている手札誘発カード。コンボが決まれば全ハンデスとか鬼畜にもほどがある。

発動条件がワンテンポ遅いため刺さるデッキは選ぶものの、現環境においては手札に加える効果をもつカードを多用するデッキが主流であるため対抗策としては有用。コンボ以外でも採用率が高まっているカードになっています。

10

#4987b もも  2017-06-06 08:59:15 [12]
トリックスターリンカーネイションとの組み合わせで、
サーチを潰せなかったのがサーチしたカードを含む手札全ハンデスに。

コナミさんはハンデスにはすぐに規制をかけるので、
規制候補だと思っています。

7

#83fcd くろゆき  2017-03-17 00:25:49 [11]
評価が分かれやすいであろう1枚。
やはり1度サーチを許してしまうところがネックなのだが、自分のターンのサーチは阻害しない部分と、手札誘発なのですぐ使えるところが利点である。
うららという強力すぎるライバルがいるが、サーチ過多なデッキが現れれば使われるかもしれない。

7

#aa894 ミシガン州知事  2016-08-21 01:04:09 [10]
手札から投げ捨てるタイプの手違い。

手違いや捕違いとは違って、サーチに対して発動するため、1回は相手にサーチなどを許してしまう点は痛い。
サーチ及びドローフェイズ以外のドローは1ターンで1度やれば十分というテーマも多いため過信は禁物。

が、手違いや捕違いに勝る点はドローフェイズ以外の【ドロー】でも封じることができる点。
なので、うまく差別化していきたいところ。

6

#917f8 アルバ  2016-08-20 00:12:59 [9]
手札誘発のサーチメタ…なのだが最初の1回は許してしまうしその1回で十分なデッキも多い。
ついでに言えば止めてはいないので大抵はアド損になる。
おまけに低ステータスで戦力にならずチューナーですらないので腐りやすく当時の評価はあまり高くなかった覚えがある。
最近では初っ端からサーチ連打してくるデッキもあるのでそれらのデッキの展開を防ぐために大いに役立つことがある。
汎用手札誘発の中では比較的相手のデッキを大きく選ぶため環境に合わせてサイドに投入することが多いか。

8

#1dfe6 迷走の聖刻印  2016-03-31 12:48:30 [8]
タイミングがおせーよホセ
サーチを行ったその後のサーチを封じるカード
前は征竜、魔導の2トップメタのカードであったがそのちょっと前はマジエク帝メタ
今後このカードを多用されるようなデッキが増えるとなると遊戯王のこの先が怖い
捕り違いとの違いは一度サーチされてしまうこと、相手ターンでも使える手札誘発モンスターであって防がれにくいこと、発動したターンに効果が切れること
自分もサーチを多用するデッキならば捕り違いではなくこのカードを利用することになります
捕り違いと使い分けていきましょう

7

#93844 ヒコモン  2015-02-09 12:57:03 [7]
征竜全盛期にはメインから突っ込まれていたほどのカード。なのだが、やはりネックは一度はサーチを許してしまうところと、発動するだけではディスアドになってしまうこと。ツールにとっての召喚師のスキルなど、サーチのサーチ的なカードが増えているので、今後もまた活躍出来るかも知れない。

6

#1c834 SOUL  2014-09-09 00:06:05 [6]
神判が禁止でなかった頃にサイド要員として活躍したことで有名なカード。
まさかこのカードが注目されるときが来るとは思ってませんでしたね・・・。

今後またサーチを1ターンで連打するデッキが台頭したときにサイド要員になる可能性はありますが・・・、そんな恐ろしいギミックはもう現れてほしくないですかね。

10

#12716 まんじゅう  2013-06-15 20:58:43 [5]
強い強い

7

ナル参照  2013-03-09 17:12:08 [4]
一回許しちゃうんだよなぁ・・・・
魔導が審判ゲーになってきたため多用され始めた一枚。
なんだかんだ言って結構優秀だよな。

Q.この子は男の娘ですか?女の子ですか?
A.調整中

8

スクラップトリトドン  2013-02-20 23:05:42 [3]
本当にEXP4には手札誘発が多いよな.
こちらはサーチを含むライオウの強化版だけれども,1回許しちゃうという点が・・・
ただ,魔導の台頭で手札誘発で神判の動きを完全に止められるということで,このカードの価値も急上昇.
本当に手札誘発はどこで強化されるか分からないなぁ・・・

4

うぃな  2011-10-03 21:00:07 [2]
ライオウと違い、奇襲性があるため差別化は一応可能。
なのですが、効果発動時のサーチ・ドローを無効化できないのが非常に痛い。
最初のサーチ等でキーカードを呼びこまれてしまったら元も子もないため、発動するかどうかは良く考える必要がある。
ドローカードを大量に抱えているデッキには刺さりますが、それ以外にたいしては使いずらい面が目立ってしまっている印象。

8

とき  2017-12-09 11:03:11 [1]
EXP4には手札誘発の効果を持つカードが非常に多いが、こいつもその一角。相手がドローフェイズ以外にデッキからカードを手札に加えた時に使え、以降そのターンデッキからカードを加えることができなくなる。
サーチ・ドロー封印そのものは環境に非常にマッチしており、現在席巻する高速サーチ・ドローギミックを持っているデッキに対して効果的。
トリガーが厳しいが、最近はサーチが乱舞する世紀末、これでも十分実用的ではある。
サーチ封じにはライオウもいるとはいえ、除去やパワーインフレでライオウを維持するのも難しい。そして何より、トリックスター・リンカーネイションとの全ハンデスコンボの登場により、第一線で活躍するカードとなった。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人の評価に対するコメントはやめましょう。
ドロール&ロックバード 7.8 /10.0 点、 評価数 16 件 ユーザー レビュー 16