交流(共通)

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板

メインメニュー

クリエイトメニュー

その他

遊戯王ランキング

注目カードランクング


カード種類 最強カードランキング


種族 最強モンスターランキング


属性 最強モンスターランキング


レベル別最強モンスターランキング


デッキランキング

HOME > 遊戯王SS一覧 > 第九話・2

第九話・2 作:KOUBOU(旧名:光芒)



「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン……!?」

《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》
シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
チューナー3体+チューナー以外のSモンスター1体以上
このカードはS召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、または相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカード及び相手フィールドのカードを全て除外する。
(4):このカードの(3)の効果で除外された場合、次の自分エンドフェイズに発動する。除外状態のこのカードを特殊召喚する。

 エヴァはかつて精霊のカードだった《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》を精霊の力と紡いだ絆によって《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》に進化させたことがある。その存在はアカデミア在学中に幾度となく対峙したこともあり、遊希も知っていた。
 しかし、そのスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンを更に進化させたような存在ともいえるスカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン。遊希はもちろん全世界のデュエリストたちは今この瞬間、初めてその存在を知らされた。

「驚いた。まさかエヴァも精霊のカードだったものを更に進化させていたなんて」
「いつの間にか光子竜皇を進化させていた貴様にだけは言われたくないがな」
「それもそうね……で、そのモンスターにはどんな効果があるのかしら?」
「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンは相手の効果では破壊されず、墓地のチューナーモンスターの数×500ポイント自身の攻撃力を上げる。私の墓地にはソウル・リゾネーター、クリムゾン・リゾネーター、ヴィジョン・リゾネーター、シンクローン・リゾネーターの4体が存在する。よって2000ポイントアップだ」

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン ATK4000→ATK6000

「だが、S素材として墓地へ送られたシンクローン・リゾネーターの効果を発動する。墓地のヴィジョン・リゾネーターを手札に戻す」

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン ATK6000→ATK5500

「そしてフィールドにレベル5以上の闇属性モンスターが存在する場合、ヴィジョン・リゾネーターは手札から特殊召喚できる」
「フィールドにはレベル4とレベル2のチューナー……」
「ボーン・デーモンの効果を発動。デッキからチューナーモンスター《執愛のウヴァループ》を墓地に送り……そうだな、スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンのレベルを一つ上げる」

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン ☆12→☆13 ATK5500→ATK6000

「それ、意味あるの?」
「まあないな。だが、あって困るものではない。私はレベル4のボーン・デーモンに、レベル2のヴィジョン・リゾネーターをチューニング!」

☆4+☆2=☆6

「シンクロ召喚! 再び飛翔せよ! レッド・ライジング・ドラゴン! S召喚に成功したレッド・ライジング・ドラゴンの効果を発動! 墓地のソウル・リゾネーターを特殊召喚する!」
「……そういえばその効果にターン1回の制限はないのよね」
「まあSモンスターが故に出しにくいからな。そして、レベル6のドラゴン族・闇属性Sモンスターのレッド・ライジング・ドラゴンに、レベル3のソウル・リゾネーターをチューニング!」

☆6+☆3=☆9

「"深淵の闇より悪魔の竜は舞い上がる! その禍々しき刃で全てを制圧せよ!” シンクロ召喚! 《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》!!」

《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》
シンクロ・効果モンスター
星9/闇属性/ドラゴン族/攻3200/守2500
チューナー+チューナー以外のドラゴン族・闇属性Sモンスター1体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手ターンに、相手フィールドの表側表示カード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、自分の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン ATK6000→ATK6500

「そして手札から永続魔法《クリムゾン・ヘル・ガイア》を発動」

《クリムゾン・ヘル・ガイア》
永続魔法
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。「クリムゾン・ヘルガイア」を除く、「レッド・デーモンズ・ドラゴン」またはそのカード名が記されたカード1枚を自分のデッキ・墓地から手札に加える。
(2):自分の「レッド・デーモンズ・ドラゴン」の攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。
(3):フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。自分の墓地から「レッド・デーモンズ・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

「クリムゾン・ヘル・ガイアの効果を発動。デッキから罠カード《スカーレッド・ゾーン》を手札に加える。私はカードを1枚セットしてターンエンドだ」



エヴァ LP8000 手札2枚
デッキ:27 メインモンスターゾーン:1(琰魔竜 レッド・デーモン・アビス)EXゾーン:1(スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン)魔法・罠:2(クリムゾン・ヘル・ガイア)墓地:12 フィールド:0 除外:1 EXデッキ:11(0)
遊希 LP8000 手札4枚
デッキ:35 メインモンスターゾーン:0 EXゾーン:0 魔法・罠:0 墓地:1 フィールド:0 除外:0 EXデッキ:15(0)





「先攻1ターン目に攻撃力6500のスーパーノヴァに、無効効果持ちのレッド・デーモン・アビス……」
「さすがエヴァ先輩だね。この布陣はそうそう崩せない」
「壊獣やラヴァ・ゴーレム……は遊希さんのデッキには入りませんし……」




☆TURN02(遊希)

「私のターン、ドロー。私は永続魔法、銀河百式を発動。このカードの発動時の効果として、デッキからフォトンまたはギャラクシーモンスター1体を墓地に送ることができる。私はデッキから《フォトン・ジャンパー》を墓地に送るわ。そして墓地に送られたフォトン・ジャンパーの効果を発動」

《フォトン・ジャンパー》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。その後、バトルフェイズを終了する。この効果を発動した場合、次の自分バトルフェイズをスキップする。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「フォトン」魔法・罠カードか「ギャラクシー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

「デッキから《銀河天翔》を手札に加えるわ。そして魔法カード、銀河天翔を発動!」

《銀河天翔(ギャラクシー・トランサー)》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は「フォトン」モンスター及び「ギャラクシー」モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(1):2000LPを払い、自分の墓地の「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じレベルを持つデッキの「ギャラクシー」モンスター1体と対象の墓地のモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は2000になり、効果は無効化される。

「ライフ2000をコストとして支払い、墓地のフォトン・ジャンパーを対象として発動するわ」

遊希 LP8000→LP6000

「フォトン・ジャンパーと同じレベルを持つデッキのギャラクシーモンスター1体とフォトン・ジャンパーを守備表示で特殊召喚するわ!」
「その効果は使わせん! 銀河天翔にチェーンしてレッド・デーモン・アビスの効果を発動!」

チェーン2(エヴァ):琰魔竜 レッド・デーモン・アビス→銀河天翔
チェーン1(遊希):銀河天翔

「チェーン2のレッド・デーモン・アビスの効果により、銀河天翔の発動は無効になる!」
「ライフの払い損よ全く。じゃあ手札から魔法カード、フォトン・サンクチュアリを発動。フォトン・トークン2体を守備表示で特殊召喚するわ」
「ふん、壁を作ったところで……」
「私が壁モンスターを出すためにトークンを出したと思ってるの? 私は攻撃力2000のフォトン・トークン2体をリリース!」

 遊希の手には真紅の十字架が握られる。彼女がそれを天空へ放り投げると、その十字架はまるで生きているかのように回転しながら光を集め、やがて大きな竜の姿を形成した。天都 遊希といえば?という質問があれば、誰もがその名を答えるであろうモンスターがここに顕現した。

「現れなさい!銀河眼の光子竜!」
「銀河眼の光子竜……だが、そのモンスターでは何もできまい!!」
「永続魔法、銀河百式の効果を発動。あなたのEXデッキを確認させてもらう。そしてその中からモンスター1体を除外する」

 デュエルディスク内蔵のコンピューターを通して遊希はエヴァのEXデッキを確認する。エヴァのデッキはS召喚に特化したものであり、デッキのカードは全て白い枠。Sモンスターで統一されていた。

(……スーパーノヴァを出されてしまった以上、どのカードを除外してもあまり意味が無いわね)
「そうね。では《琰魔竜 レッド・デーモン・べリアル》を除外してもらうわ」

 レッド・デーモン・ベリアルはレッド・デーモン・アビスの進化形とも言えるモンスターであり、その効果で墓地のレッド・デーモンモンスターを蘇生させることができるモンスターである。遊希はこのデュエルが長期戦になることを見越して展開力を持つベリアルを封じたのだ。

「ベリアルを除外するか。さすがに手は読まれてるな」
「伊達にあなたのデュエルは見てないわ。私は手札の銀河眼の残光竜の効果を発動するわ」
「残光竜……!!」
「私のフィールドにギャラクシーアイズが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。って効果は知っているわよね」
「ああ……知っているとも。だからこそ、私はスーパーノヴァを出した! 残光竜の効果にチェーンして、スーパーノヴァの効果を発動する!」

チェーン2(エヴァ):スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン
チェーン1(遊希):銀河眼の残光竜

「スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンの効果! 相手モンスター効果の発動、および相手攻撃宣言時に自身と相手フィールドのカードを全てゲームから除外する!!」
「なっ……!?」
「その身を焼き、全てを無に還せ!!"ディメンション・オブ・スカ―レッド”!!」

 スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴンの身体が深紅に激しく光り輝く。そしてその光は瞬く間に遊希のフィールドを、銀河眼の光子竜を飲み込んでいった。

「これで光子竜と残光竜によるランク8のX召喚はできない。最もスーパーノヴァが除外するのは貴様のフィールドのカードだけだがな」
「だけど、チェーン1の残光竜の効果は無効にならない。よって残光竜は守備表示で特殊召喚される」
「壁は出したか。そうだ、教えておいてやろう。スーパーノヴァは自身の効果で除外された場合、次の私のターン終了時にフィールドに帰還する。最も、貴様のカードは除外されたままだがな」
「……私はこれでターンエンドよ」



エヴァ LP8000 手札2枚
デッキ:27 メインモンスターゾーン:1(琰魔竜 レッド・デーモン・アビス)EXゾーン:0 魔法・罠:2(クリムゾン・ヘル・ガイア)墓地:12 フィールド:0 除外:2 EXデッキ:11(0)
遊希 LP6000 手札1枚
デッキ:32 メインモンスターゾーン:1(銀河眼の残光竜)EXゾーン:0 魔法・罠:1 墓地:4 フィールド:0 除外:2 EXデッキ:15(0)







「そんな、スーパーノヴァの効果で遊希さんのフィールドが……」
「しかも、スーパーノヴァは次のエヴァ先輩のターン終了時に戻ってくる。次、エヴァ先輩はモンスターを再展開できない限り、アビスでしか攻撃できないけど……」
「エヴァさんのフィールドのクリムゾン・ヘル・ガイアは墓地のモンスターもサルベージが可能です。ソウル・リゾネーターをサルベージすれば、3体目のレッド・ライジング・ドラゴンから更にレベル8のS召喚に繋げられます……!」
(遊希さん……!)






現在のイイネ数 14
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ヒラーズ
おお、これはまた面白い状況に……普通にこの布陣はサレンダーものですが、
かつての主人公はこの程度では折れないはず……逆転の一手は導き出せるか…!? (2024-03-31 17:36)
KOUBOU(旧名:光芒)
ヒラーズ様
自分がもしマスターデュエルとかで同じ状況になったらスーパーノヴァ+アビスを許した時点で即サレンダーしますね(笑)
でも遊希は主人公ということもあるので諦めの悪さは持っていたりします。彼女がどうやってこの盤面に挑むのかを見て頂ければ、と思います。 (2024-04-05 12:09)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
21 プロローグ・1 423 2 2023-10-27 -
28 プロローグ・2 308 0 2023-11-03 -
11 プロローグ・3 294 0 2023-11-08 -
13 第一話・1 344 1 2023-11-12 -
16 第一話・2 273 2 2023-11-16 -
20 第一話・3 233 0 2023-11-23 -
16 第二話・1 262 0 2023-11-26 -
25 第二話・2 273 0 2023-12-01 -
22 第二話・3 379 2 2023-12-07 -
21 第三話・1 253 0 2023-12-11 -
28 第三話・2 242 0 2023-12-16 -
16 第三話・3 230 0 2023-12-22 -
19 第三話・4 218 0 2023-12-28 -
11 第四話・1 213 0 2024-01-05 -
17 第四話・2 146 0 2024-01-09 -
14 第五話・1 171 0 2024-01-15 -
19 第五話・2 159 0 2024-01-19 -
11 第五話・3 158 0 2024-01-25 -
24 第五話・4 165 0 2024-02-01 -
14 第五話・5 172 0 2024-02-04 -
26 第六話・1 302 2 2024-02-10 -
28 第六話・2 240 2 2024-02-16 -
18 第六話・3 191 0 2024-02-24 -
15 第七話 123 0 2024-03-01 -
18 第八話・1 123 0 2024-03-08 -
22 第八話・2 131 0 2024-03-11 -
17 第八話・3 110 0 2024-03-16 -
14 第九話・1 178 2 2024-03-20 -
14 第九話・2 132 2 2024-03-31 -
13 第九話・3 118 2 2024-04-05 -
13 第九話・4 117 2 2024-04-15 -
8 第十話・1 63 1 2024-04-19 -

更新情報 - NEW -


Amazonのアソシエイトとして、管理人は適格販売により収入を得ています。
Amazonバナー 駿河屋バナー 楽天バナー Yahoo!ショッピングバナー