HOME > 遊戯王カードリスト > Vジャンプ2006年10月号~ > 抹殺の指名者

抹殺の指名者(マッサツノシメイシャ) →使用デッキカード価格

抹殺の指名者
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
速攻魔法 - - - - -
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名を1つ宣言して発動できる。宣言したカード1枚をデッキから除外する。ターン終了時まで、この効果で除外したカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。
パスワード:65681983
  1. カード情報
  2. 収録
  3. カード評価・考察
  4. 採用されているデッキ
  5. カード価格情報
  6. カテゴリ・効果分類・対象
  7. ランキング・閲覧数
  8. コンボ
  9. ボケ
スポンサーリンク

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
RARITY COLLECTION -PREMIUM GOLD EDITION- RC03-JP044 2020年02月08日 Normal
ストラクチャーデッキ-凍獄の氷結界- SD40-JP034 2020年11月21日 Normal
PREMIUM PACK 2021 21PP-JP022 2020年12月20日 Secret
Vジャンプ2006年10月号~ VJMP-JP164 2006年10月01日 Ultra

抹殺の指名者のカード評価・考察 ⇒WIKI(外部)





7

#966fd 備長炭18  2020-02-13 09:29:58 [18]
遊戯王公式ツイ垢を凍結させた疑惑のあるカード。
裏守備、ひいてはリバースメタだった抹殺の使徒が指名者にリメイクし、最初からデッキに干渉するようになっている。
自分デッキのパーツを同名含めた効果発動を禁止して除外するので自分からコンボするより相手の誘発ケアとして使うのですが、バードマンみたいに効果を無効にした方が都合がいいカードに容易にアクセスできる、なんて使い方をされないようには思う。
効果適用はそのターンまでなので墓穴よりは自分に都合が良く、また魔法罠も対象なので自身を指名した際にどうなるかという珍しい質問にも裁定がある。
ただし単体では使えないのでロストとしても使えた墓穴とは汎用面で一歩劣る。
あくまで墓穴と併用したフル態勢で展開を通したいデッキ、つまるところ環境勢ひしめき合う大会向けカードな印象。
ところで、撲滅の指名者はいつですか?

9

#f8bcd みめっと  2020-11-27 20:39:52 [17]
ヴェーラーでもうららでも墓穴でも泡影でも防げない効果を先攻から止めたいという欲から生まれてしまったカード。
目当てのカードを自分のデッキにも採用しないといけないが、元々自分の身を守る目的・自分のやりたいことを突き通す目的で自分のデッキにも採用されるうららG墓穴泡影は普通にしていても止めやすい。
罠ビ系のデッキが相手なら強金などのドロソを捕まえるのにも使えたりするだろう。
ニビルが苦手だがニビルをケアすることが自前のカードでは困難な展開デッキは、この抹殺&ニビルセットが一番楽ができると思います。

8

#dc7d7 とき  2020-02-11 12:10:16 [16]
その性能に人気が集まり、Vジャンプを書店から抹殺してしまったいわくつきの一枚。それ故にか性能以上に賛否両論感も。
発動時に宣言したカードをデッキから除外することで、ターン終了時まで宣言したカードの効果を無効にする効果を持つ速攻魔法。
相手の墓地参照で似たようなことをする墓穴の指名者の相互互換的なカードであるが、このカードの場合は止めるカードをデッキに用意する必要がある。
対手札誘発であれば1枚で完結する墓穴の指名者を使えばいいので、このカードは4枚目以降の墓穴の指名者となるか、または魔法罠なども止められる点を活かす必要がある。
その性質上、メインデッキにおいてメインギミックが少ない枚数で完結するデッキにおいては止めたいカードもろともにこのカードを採用できるので、このカードの対応範囲の広さを有効に活用できるだろう。
性能は高いがややピーキーであり、しかも墓穴の指名者はかなり強力なライバル。墓穴の指名者との違いをしっかり把握し理解しそれでも必要なら力となってくれるだろう。

8

#8ad16 ネタ使い  2020-01-17 08:54:50 [15]
とてもピーキーな性能
よく墓穴の指名者と比較されるが、こちらは魔法トラップも止められるところが優秀な点
無限泡影や墓穴の指名者はもちろん、伏せを構えているときに羽箒に対して打てたり、虚無空間やセンサー万別などの蓋をしてくるカードも対策できる
抹殺で抹殺を止めることも可能
また、墓穴のように返しのターンに打ちたい自分の手札誘発が腐るということもなく、墓地へいかないニビルのようなカードも止められる
大会ではミラーマッチになることも多く、このカード一枚で大きなアドバンテージを得ることも可能となる
考えなしに積めるカードではなく、明確な対象を設定し、自分のデッキの弱点を補う形で採用しなければならない
デッキ構築難易度が高く、総じて環境デッキを使用した大会での活躍が光るカード

6

#40cfc ドレミファ  2019-09-16 17:14:50 [14]
使って見ればわかるが、腐る事の方が圧倒的に多い。
と言うか墓穴、ヴェーラー、うらら、G、泡影に加えてこいつまで入れる枠がない。

値段も落ち着いてきたのでサイド用に3枚だけ買っておくのは有りかもしれませんね。

4

#5a262 ガイナ  2019-07-31 23:19:24 [13]
Vジャンプの転売騒動なとで話題になったこのカードだが、正直あまり強くはない。

まず、全てにおいて相手依存なのが大きく足を引っ張っている。
こちらがこのカードで除外する対象をデッキに入れなければならないしかといってそれらが相手のデッキに入っていなければ腐ってしまう。
さらに名称ターン1が付いているので連発することができない。

単にメタカードとして運用するならば墓穴の指名者で十分なのでこのカードを使うのなら除外を利用するデッキで採用したい。

10

#448ac 究極  2021-02-04 23:59:29 [12]
大会を意識するならフル投入しても問題ない汎用性だと思います。
現状では手札誘発がほぼ必須カードなのでそこに対する防御札としてだけでも十分強力です。

8

#df894 プンプン丸  2019-05-23 08:21:09 [11]
環境に関しては「刺さる時は刺さる」し、「刺さらないときは刺さらない」と言う印象で必要なら 状況に応じてメインやサイドデッキに入れろ といことですので その辺はあまり考慮しないで評価します。

自身のデッキから除外ゾーンに間接的にサーチすることや、またカードの無効化と言うのが器用に使えれて面白いと言う印象。 例えば《神獣王バルバロス》を指定して無効にしてやれば、妥協召喚していたものが打点3000に戻したり(速攻魔法なので返り討ちも可能)、《虚無魔人》のような【お互いに影響する永続効果】を一時的に止めて自分のターンに特殊召喚を出来るようにしたり、あるいは《スキルドレイン》を無効にして自分のターンのみに有効にしたりと

【デッキから除外】【効果を無効化】と言う部分をうまく使えば面白く使えるカードだと思う良いカードだと思います。

5

#21265 コイヌ  2019-05-23 01:20:13 [10]
除外を主に行うテーマなら採用しても有りかもしれないが自分のデッキから除外する為、ミラー戦かうららなどの汎用カードがお互いのデッキに被らない限り意味の無いカード。
制限カードに対して使う場合、例えば、死者蘇生の発動にチェーンして抹殺の指名者を発動、自分のデッキから死者蘇生を除外してこのターン効果を無効化する。
とかは必然的に自分のデッキの死者蘇生が除外されてしまうし、デッキの枚数を増やしてまで入れるカードではない気がする。
どちみち先行1ターン目に手札に来てもそんなに強くない。相手のデッキを知り尽くしてたとしてもチェーンして発動するなら使うタイミングがかなり相手に依存してしまう。
ちなみにメインデッキのみに使えるカード。

9

#dd401 ベリー  2019-05-22 19:27:58 [9]
ガチ大会における新たな人権
大会に出場するようなデッキであれば、うらら、うさぎは必ず、次点で無限泡影、墓穴は高確率で、増Gもよく採用されているので意識せずとも使用機会は来るかと
しかしそういったガチ環境でない場合は使用機会は少ないでしょう。

墓穴の指名者との違いは魔法罠にも対応している点が大きい。無限泡影と墓穴を無効にできるのは強いです。

コストによる除外は、見方を変えれば一応デッキ圧縮にもなると思えます。

使用者の環境で評価が分かれるカードだと思います。

メタファイズとの相性が良いので灰流うららと共に採用するのもいいのでは

9

#3691d プラント・プラン  2019-05-22 18:11:48 [8]
デッキから宣言したカードを除外することで、カードの効果を無効にする魔法カード。
似たような効果を持っている魔法カードとしては《墓穴の指名者》が存在する。あちらとは違い、デッキにカードが存在していないと効果を無効化することができない欠点を持つ。しかし、デッキにカードが存在していれば、魔法カードや罠カードを封じることが可能であり、《無限泡影》や《墓穴の指名者》を無効化することが可能。そのため、主に4枚目以降の《墓穴の指名者》として扱うことが多いだろう。
少ないパーツで展開可能であるため、デッキスペースが空きやすいデッキ(【転生炎獣】や【閃刀姫】、【マドルチェ】など)では、メタカードとして活躍することができるだろう。但し、大会では、前述したように4枚目以降の《墓穴の指名者》として活躍できるカードだが、手札誘発を採用しないデッキも存在している場合もあるフリー対戦やコンセプトデュエルでは、このカードが活躍できない場合もあるので要注意しておこう。

9

#d90a4 アルバ  2019-05-22 14:21:06 [7]
令和最初のVジャンプ争奪戦の主催者。
理屈の上では止めたいカードをピン刺ししておけば、なんでも止められるカードだが自分のデッキでまるで使えないカードだとスロットの圧迫と引いた時のダメージが深刻。
基本的には欲張らずにほぼどのデッキでも採用されているG,うららや手札誘発を止めるカードと見て、ミラーでは他の妨害にも使えるカードぐらいで考えた方が良いだろうか。
最近のデッキはうらら、ヴェーラーなどを1,2発喰らったぐらいでは貫通して展開しきってくるデッキも多く、Gさえ喰らわなければなんとでもなるデッキもあり、これの登場によりGを止める汎用カードがうららと墓穴含んで8枚となったのでより先攻展開制圧デッキのヤバさ度合が増しそうである…

9

#4fae6 もも  2019-05-22 13:23:00 [6]
csとか環境レベルでこのカードが腐ることはまずないですし、カードスロットに余裕があるデッキならば間違いなく採用出来るかなと。

7

#bd96c 刹那  2019-05-22 09:45:13 [5]
正直過大評価気味なカードと言った印象、一応初日にVジャン3冊購入してデッキに積んで友人とのデュエルやショップでのフリーデュエルで使ってみたがはっきり言って浮幽さくら同様ミラー戦でもなければただただ腐るだけのカードでしかない。
いくら手札誘発の増Gやうららの採用率が高いとは言え全員が全員上記のカードを積んでるとは断言出来ず、人によってどの手札誘発カードを積んでるかはまちまちであり最悪手札誘発カードを積んでいない人もいる可能性がある。
以上の点から闇雲にデッキに投入しても意味がないし、ましてや相手のデッキ内容を予知してこのカードの効果を決めるなどそれこそデッキ内容が全く同じミラー戦でもない限りほぼ不可能でしょう。
魔法・罠も除外出来るとは言え魔法・罠はより一層相手が同様のカードを積んでる可能性が低いですしそこまで有り難みはないのでやはり黄金櫃の様な使い方が一番有効的なのではと思う。
実際に使ってみると思っているほど相手へのメタ機能は働かないですし単に手札誘発カードを妨害したいなら今まで通り墓穴の指名者で魔法・罠すらも妨害したいならD.D.クロウ等で良いかなと言った印象。

8

#cf615 shiro  2019-05-22 09:04:56 [4]
正直、大騒ぎする程ではない話題先行型のカードかと

一見、万能のように見えてもデッキに眠ってるカードしか無効にできないのは大きく、ミラーマッチ以外では刺さるカードが少ない。
だからと言ってピン刺しであんまり使わないカード入れても本末転倒です。

誘発避け速攻魔法としてなら、
やはり墓地メタとして守りにも使える墓穴の指名者の方が優先されるでしょう。
4枚目以降の墓穴として使うにしても、
うららG墓穴+無限泡影etc...に加えてこれを採用できる程スロットが空いてるデッキというのもあまり無いかと。

もちろん、ミラーマッチだと何の問題もなくぶっ刺さる訳なので
浮幽さくら同様にサイド向けだと思いますね。少なくともフリーの民が焦って買うようなカードではないかと

テクニカルな使い方や除外肥やしについては今のところ用途が余りにも限られてるため割愛
→ 「抹殺の指名者」の全てのカード評価を見る

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない、ゲームバランスが崩れる、つまらない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らしに対して反応することも禁止です。
カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。
抹殺の指名者 8.1 /10.0 点、 評価数 18 件 ユーザー レビュー 18

「抹殺の指名者」が採用されているデッキ

はキーカードとして採用。デッキの評価順に最大12件表示しています。



スポンサーリンク

カード価格・最安値情報

トレカネットで最安値を確認

ショップ / ユーザー レアリティ 状態 価格 希望数
楽天市場(トレカネット) - - 254円 -
Yahoo!ショッピング(トレカネット) - - 280円 -
駿河屋(トレカネット) - - 300円 -
まんぞく屋(トレカネット) - - 380円 -
カードラボ(トレカネット) - - 380円 -
ユーザーの出品情報はありません。余っているカードを出品して販売しましょう。

カテゴリ・効果分類・対象

ランキング・閲覧数

評価順位2530位 / 11,027
閲覧数29,765

コンボ

このカードを使ったコンボを登録できるようにする予定です。
ぜひ色々考えておいて、書き溜めておいて下さい。

抹殺の指名者のボケ

更新情報 - NEW -