HOME > デッキレシピ一覧 > 守護竜ヴァレルヴァレット(誘発採用版)

守護竜ヴァレルヴァレット(誘発採用版) デッキレシピ (nickさん 投稿日時:2018/10/15 08:50)

※「デッキメーカー」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  

ヴァレット【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンデッキカード画像 亡龍の戦慄-デストルドーデッキカード画像 ギャラクシーサーペントデッキカード画像 マグナヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 マグナヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 メタルヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 メタルヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 暗黒竜 コラプサーペントデッキカード画像 暗黒竜 コラプサーペントデッキカード画像 輝白竜 ワイバースターデッキカード画像 輝白竜 ワイバースターデッキカード画像 輝白竜 ワイバースターデッキカード画像 オートヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 ハイバネーション・ドラゴンデッキカード画像 幽鬼うさぎデッキカード画像 幽鬼うさぎデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 アネスヴァレット・ドラゴンデッキカード画像 ヴァレット・シンクロンデッキカード画像 ヴァレット・シンクロンデッキカード画像 ヴァレット・シンクロンデッキカード画像 ジェット・シンクロンデッキカード画像 簡易融合デッキカード画像 竜の霊廟デッキカード画像 竜の霊廟デッキカード画像 貪欲な壺デッキカード画像 死者蘇生デッキカード画像 調律デッキカード画像 調律デッキカード画像 星遺物の守護竜デッキカード画像 星遺物の守護竜デッキカード画像 星遺物の守護竜デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 クイック・リボルブデッキカード画像 クイック・リボルブデッキカード画像 クイック・リボルブデッキカード画像 リボルブート・セクターデッキカード画像
ダイプレクサ・キマイラデッキカード画像 琰魔竜 レッド・デーモン・アビスデッキカード画像 ヴァレルロード・S・ドラゴンデッキカード画像 月華竜 ブラック・ローズデッキカード画像 守護竜ピスティデッキカード画像 ヴァレルロード・ドラゴンデッキカード画像 守護竜エルピィデッキカード画像 水晶機巧-ハリファイバーデッキカード画像 ヴァレルガード・ドラゴンデッキカード画像 ヴァレルソード・ドラゴンデッキカード画像 守護竜アガーペインデッキカード画像 スリーバーストショット・ドラゴンデッキカード画像 リンクリボーデッキカード画像 天球の聖刻印デッキカード画像 天球の聖刻印デッキカード画像
メインデッキ (24種・42枚)
モンスター (15種・25枚)
名前種族攻 / 防最安
1 ギャラクシーサーペント 2 ドラゴン族 1000 / 0000 1円
1 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 10 ドラゴン族 2800 / 2400 1円
1 亡龍の戦慄-デストルドー 7 ドラゴン族 1000 / 3000 64円
2 マグナヴァレット・ドラゴン 4 ドラゴン族 1800 / 1200 1円
2 メタルヴァレット・ドラゴン 4 ドラゴン族 1700 / 1400 1円
2 暗黒竜 コラプサーペント 4 ドラゴン族 1800 / 1700 1円
3 輝白竜 ワイバースター 4 ドラゴン族 1700 / 1800 1円
1 オートヴァレット・ドラゴン 3 ドラゴン族 1600 / 1000 1円
2 灰流うらら 3 アンデット族 0000 / 1800 880円
1 ハイバネーション・ドラゴン 3 ドラゴン族 0600 / 1500 1円
2 幽鬼うさぎ 3 サイキック族 0000 / 1800 1280円
2 増殖するG 2 昆虫族 0500 / 0200 398円
1 アネスヴァレット・ドラゴン 1 ドラゴン族 0000 / 2200 7円
3 ヴァレット・シンクロン 1 ドラゴン族 0000 / 0000 10円
1 ジェット・シンクロン 1 機械族 0500 / 0000 198円
魔法 (9種・17枚)
1 簡易融合 - - - - 1円
2 竜の霊廟 - - - - 1円
1 貪欲な壺 - - - - 78円
1 死者蘇生 - - - - 30円
2 調律 - - - - 20円
3 星遺物の守護竜 - - - - 48円
3 墓穴の指名者 - - - - 728円
3 クイック・リボルブ - - - - 388円
1 リボルブート・セクター - - - - 1円
エクストラデッキ (14種・15枚)
1 ダイプレクサ・キマイラ 5 サイバース族 2000 / 0800 1円
1 琰魔竜 レッド・デーモン・アビス 9 ドラゴン族 3200 / 2500 0円
1 ヴァレルロード・S・ドラゴン 8 ドラゴン族 3000 / 2500 400円
1 月華竜 ブラック・ローズ 7 ドラゴン族 2400 / 1800 388円
1 守護竜ピスティ - ドラゴン族 1000 / 1円
1 ヴァレルロード・ドラゴン - ドラゴン族 3000 / 80円
1 守護竜エルピィ - ドラゴン族 1000 / 60円
1 水晶機巧-ハリファイバー - 機械族 1500 / 1944円
1 ヴァレルガード・ドラゴン - ドラゴン族 3000 / 1円
1 ヴァレルソード・ドラゴン - ドラゴン族 3000 / 548円
1 守護竜アガーペイン - ドラゴン族 1500 / 10円
1 スリーバーストショット・ドラゴン - ドラゴン族 2400 / 291円
1 リンクリボー - サイバース族 0300 / 410円
2 天球の聖刻印 - ドラゴン族 0000 / 98円
メインデッキ 最低構築金額 13402円
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみよう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみよう。


勝利方法・デッキカテゴリー
ヴァレット 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
ヴァレット・シンクロン
運用方法
以前作った守護竜ヴァレルヴァレットに誘発を採用したデッキになります。初動が不安定になりますので周囲の環境次第で誘発の種類や枚数は調整します。誘発不採用版のデッキの展開ルートはなるべく残しました。
新制限でバルブからジェットに変えたため一部の展開に手札コストが必要になりました。見方によれば白黒竜の除外コストを用意出来るので手札コストは重いですが今までより動きやすくなりました。

展開例1
手札
ヴァレット・シンクロン》+《星遺物の守護竜》+《輝白竜 ワイバースター》+手札1枚
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《琰魔竜 レッド・デーモン・アビス》+《ヴァレルソード・ドラゴン》+《ヴァレルガード・ドラゴン
魔法:《星遺物の守護竜
ヴァレット・シンクロンNS→シンクロンからリンクリボーSS→星遺物の守護竜発動、効果でシンクロンSS→2体でハリファイバーSS効果でジェットSS→墓地のリンクリボー効果でジェット墓地に送り蘇生→ジェット効果で蘇生→ジェット、ハリ、リンクリボーでヴァレルガードを右EXにSS→ワイバースターSS→
ワイバースターからエルピィをヴァレルガード右下にSS→エルピィ効果でレダメSSワイバースターでコラプサーチ→レダメ効果でシンクロン蘇生→ヴァレルガードとレダメでアガーペイン右EXにSSアガーペイン効果でレッド・デーモン・アビスSS→アガーペイン、エルピィ、シンクロンで左EXにヴァレルソードSS→コラプSS→コラプでピスティをソード左下にSS→ピスティ効果で墓地のレダメ蘇生→星遺物の守護竜効果でソードをメインモンスターゾーンに→レダメ効果でガード蘇生→レダメとピスティで天球の聖刻印をEXにSS
天球で相手ターンに好きなヴァレットをSS出来、星遺物の守護竜はガードの効果のコストにも出来ます。アビスよりヴァレルロードを立てるのがファンテーマっぽくて好きです。

展開例1’
手札
ヴァレット・シンクロン》+《星遺物の守護竜》+《輝白竜 ワイバースター》+手札1枚
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《ヴァレルロード・S・ドラゴン》(リンク2装備)+《ヴァレルガード・ドラゴン》+《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》+《守護竜ピスティ
魔法:《星遺物の守護竜
ヴァレット・シンクロンNS→シンクロンからリンクリボーSS→星遺物の守護竜発動、効果でシンクロンSS→2体でハリファイバーSS効果でジェットSS→墓地のリンクリボー効果でジェット墓地に送り蘇生→ジェット効果で蘇生→ジェット、ハリ、リンクリボーでヴァレルガードを右EXにSS→ワイバースターSS→
ワイバースターからエルピィをヴァレルガード右下にSSワイバースターでコラプサーチ→エルピィ効果でレダメSS→レダメ効果でシンクロンを蘇生→ヴァレルガードとレダメでアガーペイン右EXにSS→アガーペイン効果で月華竜 ブラック・ローズSS→月華竜とシンクロンでヴァレルロード・S・ドラゴンSS効果でリンク装備→アガーペインとエルピィで聖刻印をEXにSS→コラプSS→コラプでピスティを天球左下にSS→星遺物の守護竜効果でピスティを移動→ピスティ効果で墓地のレダメ蘇生→レダメ効果でガード蘇生
天球で相手ターンに好きなヴァレットをSS出来、星遺物の守護竜はガードの効果のコストにも出来ます。展開例1との差別化はレダメの有無が大きいでしょうか。また、アビスではなくサベージを出すことで次のターン以降アビスへのS召喚に繋げることも出来ます。

展開例2
手札
ヴァレット・シンクロン》+《簡易融合》+《暗黒竜 コラプサーペント》+手札1枚
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《ヴァレルロード・ドラゴン》+《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》+《ヴァレルガード・ドラゴン》+《守護竜ピスティ
ヴァレット・シンクロンNS→簡易融合からダイプレクサ・キマイラSS→2体でハリファイバーSS効果でジェットSS→ジェットからリンクリボーSS→ジェット効果で蘇生→ジェット、ハリ、リンクリボーでヴァレルガードを右EXにSS→コラプサーペントSS→
コラプサーペントからエルピィをヴァレルガード右下にSS→エルピィ効果でレダメSSコラプでワイバースターサーチ→レダメ効果でシンクロン蘇生→ヴァレルガードとレダメでアガーペイン右EXにSSアガーペイン効果でヴァレルロード・ドラゴンSS→アガーペイン、エルピィで右EXに天球の聖刻印SS→シンクロンでピスティをロード左にSS→ピスティ効果で墓地のレダメ蘇生→レダメ効果でガード蘇生
こちらは星遺物の守護竜がない場合の展開になります。

展開例3
手札
クイック・リボルブ》+《星遺物の守護竜》+《簡易融合
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《ヴァレルロード・S・ドラゴン》+《ヴァレルガード・ドラゴン》+召喚権未使用
魔法:《星遺物の守護竜
リボルブからシンクロンSS→簡易融合からモンスターSS→2体でハリファイバーSS効果でヴァレット・シンクロンSS→シンクロンから守護竜エルピィSS→星遺物の守護竜発動しヴァレットシンクロン蘇生(ハリの下3マス以外)→星遺物の守護竜効果でエルピィをハリの真下に移動→エルピィ効果レダメSS→レダメ効果でシンクロン蘇生→ハリ、エルピィ、レダメでヴァレルガードSS→シンクロン1体で守護竜ピスティをヴァレル真下にSS→守護竜ピスティ効果でレダメ蘇生→守護竜ピスティとヴァレルガードで守護竜アガーペインSS→レダメ効果でヴァレルガードを守護竜アガーペインの左下に蘇生→守護竜アガーペイン効果で月華竜 ブラック・ローズSS→アガーペインとレダメでEXに天球の聖刻印SS→月華竜とシンクロンで《ヴァレルロード・S・ドラゴン》SS効果でリンク2のモンスター装備
このデッキでもヴァレルリンク4とサベージを並べることが出来ました。手札の組み合わせも一例でしかないので妨害さえなければ割と出せるかなと思います。

展開例4
手札
クイック・リボルブ》+《星遺物の守護竜
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》+《ヴァレルガード・ドラゴン》+召喚権未使用
魔法:《星遺物の守護竜
リボルブからシンクロンSS→シンクロンからリンクリボーSS→星遺物の守護竜発動しヴァレットシンクロン蘇生→2体でハリファイバーSS効果でヴァレット・シンクロンSS→シンクロンから守護竜エルピィSS→→星遺物の守護竜効果でエルピィをハリの真下に移動→エルピィ効果レダメSS→レダメ効果でシンクロン蘇生→ハリ、エルピィ、レダメでヴァレルガードSS→シンクロン1体で守護竜ピスティをヴァレル真下にSS→守護竜ピスティ効果でレダメ蘇生→ピスティ、ヴァレルガードでEXに天球の聖刻印SS→レダメでヴァレルガード蘇生
手札2枚からの展開です。

展開例5
手札
竜の霊廟》+《星遺物の守護竜
結果
EXゾーン:《天球の聖刻印
メイン :《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》+《ヴァレルソード・ドラゴン
魔法:《星遺物の守護竜
墓地:《ハイバネーション・ドラゴン
霊廟からギャラクシーサーペント、ハイバネーションを墓地に送る→星遺物の守護竜発動し効果でハイバネ蘇生効果でギャラクシーサーペント手札→サーペントNS→ハリファイバーSS効果でヴァレットシンクロンSS→シンクロンから守護竜エルピィSS→星遺物の守護竜効果でエルピィをハリの真下に移動→エルピィ効果でレダメSSレダメ効果でシンクロン蘇生→エルピィ、ハリ、レダメでヴァレルソードSS→シンクロンからソードの左下に守護竜ピスティSS→ピスティ効果でレダメ蘇生→ピスティとヴァレルソードで天球の聖刻印SS→レダメ効果でヴァレルソード蘇生
手札2枚からの展開で墓地にハイバネーションを送れるのでヴァレルソードを退かされても次のターンに墓地からリンクを蘇生させてある程度のケアが可能になります。
強み・コンボ
展開に使う札の自由度があり従来のヴァレットよりも天球+ヴァレルモンスター等の強力な盤面を形成しやすくなりました。
弱点・課題点
手札誘発やメタ全般。
エクストラリンクをする相手は対戦していて辛く感じます。メイン内で高打点がレダメしかなく盤面に触れる効果もリンクモンスターが必要などヴァレット特有の効果が足を引っ張ります。サイドありならブラックホールや拮抗勝負、ラー球体、最低でも壊獣辺りは欲しいです。
カスタマイズポイント
採用した手札誘発に関してですがうさぎとうららは一長一短なのでどちらでも或いは両方採用してもいいと思います。ただしコラプの関係でうさぎを入れた方がデッキは動かしやすいです。

2018/12/11
新制限のためバルブからジェットシンクロンに変更
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

nickさんの他のデッキレシピ
2019-01-14 【幻影オルフェサイバース
2019-01-12 【魔王閃刀姫
2019-01-09 【星杯竜星(仮)
2019-01-06 【メモ
2018-12-28 【真紅眼守護竜
2018-12-21 【V.F.D.
2018-12-17 【D-HERO
2018-12-04 【げっこうフレンズ(2019年1月制限)
2018-12-03 【パーシアス罠ビート
2018-10-29 【メモ
2018-10-22 【不知火アンデ
2018-10-13 【守護竜ヴァレルヴァレット(新制限対応)
2018-10-07 【勝鬨HEROリペア
2018-09-18 【ヴァレルロード・S・ドラゴン
2018-07-30 【ヴァンパイア入りアンデットワールド
すべて見る▼
閲覧数5402 評価回数10 評価89 ブックマーク数1