HOME > 青眼の精霊龍

青眼の精霊龍(ブルーアイズスピリットドラゴン) → カード価格

青眼の精霊龍
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
シンクロモンスター
効果モンスター
光属性 9 ドラゴン族 2500 3000
チューナー+チューナー以外の「ブルーアイズ」モンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いに2体以上のモンスターを同時に特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、墓地のカードの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
(3):S召喚したこのカードをリリースして発動できる。エクストラデッキから「青眼の精霊龍」以外のドラゴン族・光属性のSモンスター1体を守備表示で特殊召喚する。そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。この効果は相手ターンでも発動できる。

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
SHINING VICTORIES SHVI-JP052 2016年01月09日 SecretUltimateUltra

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ



青眼の精霊龍のカード評価 ⇒WIKI(外部)


データ背景
85% (12)
データ背景
14% (2)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)



9

#6a30a るうぃる  2018-08-03 02:23:29 [14]
墓地効果の1回抑制という価値の下がることのない効果を持っている。また、墓地に行くことのないペンデュラムに対しては同時召喚制限で対応している。

またこいつから出てくる光属性ドラゴン族Sモンスターの筆頭として蒼眼の銀龍はもちろん、月華龍がおり、月華龍からクリスタルウィングに進化することも考えるとポテンシャルの高いモンスターでもある。

ただし、あくまで墓地効果と同時SSの抑制と蘇生バウンス対応であり、こいつだけでは対応力が足りないため他のカードでも補っていく戦法も取っていきたいところ。

10

#bd239 なす  2017-07-13 11:13:52 [13]
ブルーアイズのシンクロモンスターの1体。(1)の複数同時特殊召喚メタ、(2)の墓地で発動する効果無効、(3)のシンクロ召喚した自身をリリースすることで、エンドフェイズに自壊するが光属性・ドラゴン族のシンクロを呼び出す効果を持つ。
(1)はペンデュラムやソウル・チャージに非常に刺さる。(2)はターン1制限だが、ゾンビキャリアやバルブの自己蘇生、超電磁タートルやネクロ・ガードナーによる攻撃妨害を阻止できる。(3)は激流葬等を回避できないが、カステルやアークナイトを回避できる。呼び出す光属性・ドラゴン族のシンクロは蒼眼の銀龍か閃珖竜スターダストであれば自壊せず、月華竜 ブラック・ローズかミカエルであれば復活の福音で自壊を回避したり、レベル1チューナーとクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンに繋げることができる。と非常に優秀。

10

#39459 ヒコモン  2017-05-29 12:44:16 [12]
蒼眼の銀龍を出してターンエンドだった青眼に新たに加えられた強力カード。①の効果によりペンデュラム召喚メタとなり、②の効果により墓地発動効果を無効にすることが可能。更に③の効果でなんとフリーチェーンでドラゴン族・光属性のSモンスターを守備表示で特殊召喚することが出来る。エンドフェイズに破壊されてしまう効果も、蒼眼の銀龍ならば踏み倒せる上に、月華竜 ブラック・ローズならばバウンスで相手の展開を邪魔することが出来る。復活の福音の墓地除外効果で守ったりして次のターンに残すことも可能。また、蒼眼の銀龍を相手ターンに出すことにより、次の自分ターンで安全に展開することも可能となる。

10

#7d470 tellerTho  2017-01-19 17:41:19 [11]
スターダストクロニクル的なのを出して復活の福音除外でフィールドに残す・・・みたいなふざけたことができます。

いや、ムリか?

10

#2dd2c 愛宕YP  2016-05-17 17:19:15 [10]
P召喚抑制・墓地起動ターン1封印・フリチェでドラゴン族光属性Sに と文句なしの性能です。リリースして特殊召喚した月華竜とレベル1チューナーでクリスタルウィングにもなれます。

8

#77035 SOUL  2016-02-21 02:08:24 [9]
いずれの効果も優秀で、特にフリチェでエスケープしつつ大型モンスターを残せる効果が大きいですね。
何かと危なくなったときには月華を呼んで相手の攻撃を緩和できるので、とりあえずこのカードを出しておけば他の制圧効果も含めてある程度の安心感は持てます。
もちろん銀龍を出せる点も良く、単純に除去から逃げたときや、相手のターンを乗り切って次の自分のターンの戦力を増やしたいときなどでは銀龍を呼ぶのが有効でしょう。
シンクロ素材としては賢士や2種の白石はもちろん、ライトニングの登場以降は乙女を放置してターンを渡すのは危険なプレイングに成り下がってしまっているので、乙女も積極的に素材に使用してこのカードへ繋げていきましょう。
もしくは霊堂と賢士が揃ったときのパターンなら乙女+このカードの盤面とするのもまあ有りだと思います。ライトニングが来ても月華で5000ダメージは回避できますし、罠で守るパターンとは違って伏せ除去で簡単に消える防衛ラインでもありませんしね。

10

#99b33 ジュウテツ  2018-08-03 07:37:23 [8]
(1)の効果によりP召喚による大量展開を阻止出来るのは、大きいと思います。
(2)の効果もモンスターの自己再生を止められるため、相手によっては有効だと思います。
(3)の効果は単体除去にチェーンして使えば除去を回避出来ますし、「蒼眼の銀龍」を出せば自壊のデメリットも回避出来て相性がよいと思います。
守備力が3000と高いのも、頼りになると思います。
出す手段ですが、「青眼の亜白龍」を自身の効果で特殊召喚してレベル1チューナーと揃えるのが、手っ取り早いと思います。

9

#ac9a4 ABYSS  2016-01-25 08:49:13 [7]
高いメタ性能を持つ青眼シンクロ。
ペンデュラム、墓地メタを兼ね備えており、今の流行デッキに噛み合うメタと言えます。
さらにはもう1つリリースして光ドラゴンシンクロに変換する効果を持ち、銀龍ととても噛み合う。
エンドフェイズ破壊も銀龍なら無視でき、他のカードも福音で守ったりシンクロエクシーズ素材にすればいい。
高い制圧力と、銀龍に変換しての展開力まで持つ優れたモンスターなので、青眼では優先的に出したい。

9

#ff4f0 光芒  2016-01-16 16:13:38 [6]
銀龍に続くブルーアイズの新たなるシンクロモンスター。銀龍は通常モンスターを素材にするのに対し、こちらはブルーアイズを素材とするので亜白龍や霊龍素材でも可能。
効果としてはペンデュラムメタ、墓地発動の無効、自身リリースでエクストラデッキから光属性・ドラゴン族のSモンスター1体を特殊召喚するという3つの効果を持っており、ペンデュラム相手に先攻で出しておけば結構な嫌がらせになるかも。
3つ目の効果で呼び出したモンスターはエンドフェイズに自壊してしまうため、呼び出すモンスターは自身の効果で耐性を与えられる銀龍や使い切りの除去札として使えるミカエルや月華龍がいいでしょう。

8

#5a29d ラーメン  2016-01-11 10:03:48 [5]
新たな青眼のシンクロモンスター、2つのメタ効果とサクリファイスエスケープ効果を持ち合わせている。
1つ目は主にペンデュラムメタ、ペンデュラム以外の汎用性の高いところではソルチャ、ラビットなどを封じることも可能、刺さらないデッキには全く刺さらないがペンデュラム相手にはなかなか刺さる。
2つ目は墓地メタ、ターン1とはいえ彼岸、竜星、シャドールなど墓地で発動する系のテーマにかなり刺さる、カード名ターン1ではないのでこいつを2体並べれば2回も無効にできちゃう。
そして最後に誘発即時の入れ替え効果、耐性のなさをこの効果で補っている、呼び出す筆頭はもちろん自壊しなくなる蒼眼だが光属性ドラゴンなら何でもいいため次のターン以降の戦闘破壊に備えて閃光竜、使い捨て虚脱的感覚で月華を出すも良しと用途は結構広い、ただしブラホ、激流、奈落など対象を取らない除去には無力なのには注意。
刺さらない相手には刺さらないがペンデュラム相手なら1ターン目でこいつを立てておくだけで結構有利にデュエルを進められるだろう。

10

#c13e8 究極  2016-01-10 12:56:03 [4]
1つ目の効果は主に対ペンデュラムに、2つ目の効果は彼岸、シャドール、竜星等様々なテーマや墓地で発動できる魔法罠も無効にでき優秀。
環境に刺さる二つの効果に加え、目玉と言えるリリースして光竜Sモンスターを呼ぶ効果で隙がないです。

呼ぶ候補筆頭の銀龍を呼ぶ場合のタイミングは相手ターンのエンドフェイズがベストだが戦闘破壊の心配が少ないなら天敵のブラックホールを警戒し、スタンバイフェイズにさっさと出すのも有り。
後は除去要員として月華竜、ミカエル辺りが採用候補だろうか。
閃光竜は銀龍の劣化になりがちなので個人的にはあまりオススメしません。

ブルーアイズ専用ではあるがブルーアイズなら先攻一ターン目で出すのも簡単でメタ、展開、除去と幅広く活躍し、これまでのブルーアイズの弱点の大部分を補う性能は文句なしですね。

9

#4f1cf とき  2016-05-11 09:49:13 [3]
天空に佇む新たなるブルーアイズの勇姿を見よ。
新たなるブルーアイズのシンクロはペンデュラム絶対殺すマン。ついでにラビットとかも殺す。1体ペンデュラムは通してしまうが脅威としては半減してるだろう。2番の効果で彼岸や帝にも睨みを効かせるなど、かなり露骨に環境を意識した調整がなされているといえる。その結果自分が環境の中心に居座ることに。
さらには最後の効果は銀龍を出すことで実質リリースエスケープとして機能する。月華竜を出せばプレアデスのような使い方も可能。
対ペンデュラムデッキにおいて先攻で出した時の制圧力は際立つものがある。乙女と護人や賢士を駆使し、早期に出していきたい所。

10

#6f11c メンタル豆腐デーモン  2016-01-09 15:08:47 [2]
イラストがふつくしい...
青眼の新たなシンクロモンスター
2つのメタ効果は最近流行のペンデュラムと墓地から発動に大きく刺さる
刺さらないデッキにはほとんど刺さらないが…
③の効果はデメリットを回避できる銀龍がメインになるが、奇襲性のある月華竜などもありか

9

#4d1fc hio  2016-01-09 10:20:32 [1]
新たに登場したシンクロ青眼。
銀龍と違って非チューナーに青眼指定が付き、完全に【ブルーアイズ】専用となった一枚。
露骨なペンデュラムメタの①、墓地メタの②はいずれも優秀。あんまり青眼っぽくない気がするが。

このカードの目玉はフリーチェーンで使える③の効果。
光ドラゴンSモンスターは層が厚く、ミカエルで除去したり、月華竜でバウンスしながら追撃したり、ライトエンドで打点で勝る敵を殴り倒したりできる。
しかし最も好相性なのは、自身の耐性で自壊を回避できる蒼眼の銀龍。
「奈落や激流に弱い」という銀龍の弱点も、このカードでチェーン2以降に出すことで解消される。
同じことは閃珖竜でも言えるが、ブルーアイズとの相性を考えると銀龍が優先される。

そんなわけで【ブルーアイズ】の新たな戦力として十分に働いてくれるだろう。
→ 「青眼の精霊龍」の全てのカード評価を見る

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
青眼の精霊龍 9.4 /10.0 点、 評価数 14 件 ユーザー レビュー 14

カード価格情報

ショップ / ユーザー レアリティ 状態 価格 希望数
楽天市場(トレカネット) - - 108円 -
Amazon(トレカネット) - - 160円 -
遊戯王専門通販すーぱートレぽん(トレカネット) - - 198円 -
アドバンテージ 遊戯王(トレカネット) - - 200円 -
プロジェクトコア1号店(トレカネット) - - 200円 -
ユーザーの出品情報がありません。余っているカードを出品して販売しましょう。