HOME > フォーマッド・スキッパー

フォーマッド・スキッパー

フォーマッド・スキッパー
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 光属性 1 サイバース族 0 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
LINK VRAINS BOX LVB1-JP002 2017年12月23日 Ultra

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ



評価 ⇒WIKI

9

#7c0d0 わがじゃん  2018-07-22 09:27:28 [16]
ザ・経歴詐称モンスター。

彼は「トロイメア」モンスターでありながら、「閃刀姫」モンスターでもあり、「パラディオン」モンスターでありながら、《転生炎獣ヒートライオ》でもある。つまり、リンク召喚における《E-HERO プリズマー》です。しかも優秀なことに、種族・属性もコピーする点。これのお陰で最早リンクモンスターの素材縛りなんてあってないようなものです。リンク召喚中心のカテゴリでは引く手あまた。《ワン・フォー・ワン》対応なのも地味に嬉しいですね。

9

#9676c カンベイ  2018-07-22 01:09:28 [15]
初登場時からカードプールの増加に伴い、評価は着実に高まってきているカードであると思われます。特に①の効果については以下のように有効な使い方が増えています。

1.トロイメアを見せて「トロイメア・マーメイド」のリンク素材にする。
2.閃刀姫を見せて、閃刀姫のリンク素材にする。
3.サラマングレイトの転生リンク召喚の手順をこのカードを用いて文字通り「スキップ」する。

②のサーチ対象についても、SIMMダブラスやデグレネード・バスターなど、ここぞと言う所で役立つカードも増えてきましたので、サイバース族デッキにおけるこのカードの有用性も中々高いものとなっています。

今後の更なる飛躍が楽しみな1枚です。

9

#9b323 マグママ  2018-03-10 08:33:04 [14]
ファイアウォールを出す布石としても優秀だし
ファイアウォールの効果で特殊召喚、リンク素材にする、サーチ
ファイアウォール効果発動の流れに持って行けるので弱い要素はない
フレイムバッファロー等のモンスターを手札コストに要するものもいるのでなおさら
サイバースにとって貴重なサーチ要員

8

#7cfa2 備長炭18  2018-03-07 17:23:42 [13]
自身をリンクモンスターの同名として扱えるモンスター。閃刀姫の水増し枠として注目されており、素材縛りのあるリンクモンスターを出るたびに一定数の需要が発生すると思われる。
また現状隠れ気味な第二の効果を持ち、汎用上級サイバースが出現すれば更に必要とされるかもしれない。

7

#f1a60 カンノーネ  2018-03-01 01:28:11 [12]
めっちゃサイバース族で頑張るぞって意気込んでたら閃刀姫やトロイメアなどのまさかの就職先に困惑しつつも精一杯頑張る期待の新星
サイバース・ホワイトハットくんと一緒に旅する姿はどことなくかつてのジャグラーハットトリッカーに似た面影を覚える。

9

#d021c でんじざえもん  2018-02-24 21:53:44 [11]
リンク1モンスターが増えれば増えるほど評価が上がっていくカード
デグレネードとこいつとあと1枚で出張セットが完成してしまう アニメ主人公の使うカテゴリーであるからそういうカードが来る可能性は非常に高い
今のところサイバース族で一番将来性を感じるカード

10

#5d92c awawawa  2018-02-16 12:16:37 [10]
トロイメアとは相性抜群です
マーメイドの素材となり、手札コストも補ってくれます
今後も相性の良いモンスターが増えるでしょうし、評価を上げるためこの点数に

9

#19374 ABYSS  2018-01-20 02:02:45 [9]
名前や種族の変更効果、リンク素材にされたら上級サイバースサーチを併せ持つ。
当初はそこまでかみ合うカードはなかったがトロイメアとデグレネードの登場で価値は大分上がり、サイバースでは積極的に採用したくなるカードとなった。

8

#96043 京太  2018-01-16 00:06:39 [8]
実はこいつでトロイメアマーメイドを出せる。

7

#face5 シエスタ  2017-12-27 10:23:48 [7]
融合識別とよく似た効果を持っており現時点ではカード名指定を素材にするリンクがいないのでそんなに有用ではないですが今後はそういうモンスターが出てくる可能性は充分ありますので将来性は高いですね。後半もレベル5以上でサーチしたいサイバースが少ないのでまだ微妙ですがアド回復能力を持ってること自体は優秀ですしこれも今後次第では有用になる可能性は大です。レベル1でステが0なので様々なサポートで呼び出しやすいのも利点。安いうちに集めておいても損はないかもしれませんね。

6

#12821 アルバ  2017-12-25 01:18:48 [6]
リンク素材となる場合見せたリンクモンスターの情報をコピーする変わった効果を持つのだがリンク数を水増しするわけでもないので現状は使いどころがあまり多くなさそう。
特定のリンクモンスターを名指しで素材として指定するモンスターが出れば評価が上がりそうではあるが。
サーチ効果の条件はどのような方法で墓地へ送られても効果を発動できるのだがサーチできるのは上級で現状種類もそんなに多くない上に使い勝手が特別いいものもないので少し候補に困る。
どちらの効果も今後次第では十分化けるのだが現状では使いどころに困ると言った印象。

6

#9b3a4 とき  2017-12-23 10:44:04 [5]
リンクモンスターのカード名・属性・効果をコピーする効果と、リンク素材となった時に上級サイバースをサーチする効果を持つカード。
1番の効果は2番の効果の関係上、素材縛りのあるリンクを攻略するためのものなのだろうが現状数が少ない。今後ファイアウォールやヴァレルロードが進化するなら話は別だが。
メインとなる2番の効果は上級サイバースの層が薄く、また癖がかなり強い。展開しやすいリンクスレイヤーやブートスタッカードが無難だが、防御札のインタラプトや誘発即時持ちで妥協召喚できるセグメンタルも面白い選択肢。ただ彼らのせいで事故率が上がる点は覚悟を。
リンク召喚の素材にしなければならない効果2つにも関わらず、展開サポートはあまり多くない。セクレタリーなどを駆使しこちらに召喚権を… となるのか。

4

#116bf 如月  2017-12-20 20:08:22 [4]
①の効果はそれほど役に立ちません。なぜなら、リンクモンスターのステータスをコピーしてもリンク素材になれるわけでは無いからです。
②は一見すると使えそうにも見えますが、上級サイバースはまだ4~5種類しか出ておらず、それほど使いやすいわけではありません。特殊召喚というわけでも無いので、サーチしたところで?という状況になってしまいます。
0/0なので、リンク素材にしてしまわないといけずに処理も大変そうです。

7

#eaaae A  2017-12-16 12:46:45 [2]
将来的にファイアウォールやヴァレルロードの進化系を出すときに悪用されそうな1枚
というかこいつがいるせいでファイアウォールやヴァレルロードの進化系が出しにくくなったのではなかろうか

8

#39459 ヒコモン  2017-12-15 12:17:08 [1]
カード名・種族・属性をコピーする能力は素材指定をクリアするのに使えるが、そもそも素材を片方だけ指定しているリンクモンスターが少ないので使える機会も少ないだろう。しかし今後シューティング・スター・ドラゴンのようにカード名をダイレクトに指定するリンクモンスターが出れば、活躍の機会は十分考えられる。また、②のデッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体のサーチも現状は対象が僅か7体なので、今後化ける可能性はある。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
フォーマッド・スキッパー 7.7 /10.0 点、 評価数 15 件 ユーザー レビュー 15