HOME > デッキレシピ一覧 > コード・トーカー軸サイバース(完成版)

コード・トーカー軸サイバース(完成版) デッキレシピ (カンベイさん 投稿日時:2020/02/16 21:30)

 

サイバース族【ビートダウン】デッキレシピ画像 
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
原始生命態ニビルデッキカード画像 ガッチリ@イグニスターデッキカード画像 パラレルエクシードデッキカード画像 パラレルエクシードデッキカード画像 コード・エクスポーターデッキカード画像 クロック・ワイバーンデッキカード画像 レディ・デバッガーデッキカード画像 レディ・デバッガーデッキカード画像 サイバース・ガジェットデッキカード画像 斬機アディオンデッキカード画像 コード・ジェネレーターデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 幽鬼うさぎデッキカード画像 アーマード・ビットロンデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 サイバース・コンバーターデッキカード画像 夢幻崩界イヴリースデッキカード画像 エフェクト・ヴェーラーデッキカード画像 フォーマッド・スキッパーデッキカード画像 ドットスケーパーデッキカード画像 マイクロ・コーダーデッキカード画像 マイクロ・コーダーデッキカード画像 マイクロ・コーダーデッキカード画像 サイバネット・マイニングデッキカード画像 サイバネット・マイニングデッキカード画像 サイバネット・オプティマイズデッキカード画像 サイバネット・コーデックデッキカード画像 サイバネット・コーデックデッキカード画像 サイバネット・コーデックデッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 抹殺の指名者デッキカード画像 抹殺の指名者デッキカード画像 抹殺の指名者デッキカード画像 転生炎獣の聖域デッキカード画像 無限泡影デッキカード画像 レッド・リブートデッキカード画像 レッド・リブートデッキカード画像 サイバネット・コンフリクトデッキカード画像
リンクリボーデッキカード画像 スプラッシュ・メイジデッキカード画像 デコード・トーカー・ヒートソウルデッキカード画像 エクスコード・トーカーデッキカード画像 双穹の騎士アストラムデッキカード画像 リンクロスデッキカード画像 トランスコード・トーカーデッキカード画像 コード・トーカーデッキカード画像 サイバース・ウィキッドデッキカード画像 トークバック・ランサーデッキカード画像 アップデートジャマーデッキカード画像 転生炎獣ベイルリンクスデッキカード画像 転生炎獣ベイルリンクスデッキカード画像 コード・トーカー・インヴァートデッキカード画像 アクセスコード・トーカーデッキカード画像
スポンサーリンク
メインデッキ (28種・41枚)
モンスター (19種・24枚)
名前種族攻 / 防最安
1 原始生命態ニビル 11 岩石族 3000 / 0600 250円
1 ガッチリ@イグニスター 8 サイバース族 0000 / 3000 333円
2 パラレルエクシード 8 サイバース族 2000 / 2000 10円
1 コード・エクスポーター 5 サイバース族 0500 / 2300 50円
1 クロック・ワイバーン 4 サイバース族 1800 / 1000 10円
2 レディ・デバッガー 4 サイバース族 1700 / 1400 198円
1 サイバース・ガジェット 4 サイバース族 1400 / 0300 80円
1 斬機アディオン 4 サイバース族 1000 / 1000 10円
1 コード・ジェネレーター 3 サイバース族 1300 / 0500 30円
2 灰流うらら 3 アンデット族 0000 / 1800 390円
1 幽鬼うさぎ 3 サイキック族 0000 / 1800 100円
1 アーマード・ビットロン 2 サイバース族 0500 / 0000 350円
1 増殖するG 2 昆虫族 0500 / 0200 400円
1 サイバース・コンバーター 2 サイバース族 1000 / 1000 1円
1 夢幻崩界イヴリース 2 サイバース族 0000 / 0000 20円
1 エフェクト・ヴェーラー 1 魔法使い族 0000 / 0000 1円
1 フォーマッド・スキッパー 1 サイバース族 0000 / 0000 10円
1 ドットスケーパー 1 サイバース族 0000 / 2100 1円
3 マイクロ・コーダー 1 サイバース族 0300 / 0000 140円
魔法 (6種・13枚)
2 サイバネット・マイニング - - - - 1220円
1 サイバネット・オプティマイズ - - - - 80円
3 サイバネット・コーデック - - - - 88円
3 墓穴の指名者 - - - - 90円
3 抹殺の指名者 - - - - 160円
1 転生炎獣の聖域 - - - - 20円
(3種・4枚)
1 無限泡影 - - - - 480円
2 レッド・リブート - - - - 20円
1 サイバネット・コンフリクト - - - - 20円
エクストラデッキ (14種・15枚)
1 リンクリボー - サイバース族 0300 / 40円
1 スプラッシュ・メイジ - サイバース族 1100 / 1円
1 デコード・トーカー・ヒートソウル - サイバース族 2300 / 80円
1 エクスコード・トーカー - サイバース族 2300 / 20円
1 双穹の騎士アストラム - サイバース族 3000 / 199円
1 リンクロス - サイバース族 0900 / 1円
1 トランスコード・トーカー - サイバース族 2300 / 100円
1 コード・トーカー - サイバース族 1300 / 30円
1 サイバース・ウィキッド - サイバース族 0800 / 10円
1 トークバック・ランサー - サイバース族 1200 / 10円
1 アップデートジャマー - サイバース族 2000 / 10円
2 転生炎獣ベイルリンクス - サイバース族 0500 / 10円
1 コード・トーカー・インヴァート - サイバース族 1300 / 50円
1 アクセスコード・トーカー - サイバース族 2300 / 50円
メインデッキ 最低構築金額 7977円
サイドデッキ (12種・15枚)
1 デグレネード・バスター 7 サイバース族 2500 / 2500 10円
2 アーティファクト-ロンギヌス 5 天使族 1700 / 2300 120円
1 コード・ラジエーター 4 サイバース族 1600 / 0800 30円
1 バックアップ・セクレタリー 3 サイバース族 1200 / 0800 1円
1 転生炎獣スピニー 3 サイバース族 1000 / 1500 10円
1 シーアーカイバー 3 サイバース族 0300 / 2100 1円
1 転生炎獣モル 1 サイバース族 0000 / 0000 10円
2 D.D.クロウ 1 鳥獣族 0100 / 0100 1円
1 トランスコード・トーカー - サイバース族 2300 / 100円
1 トポロジック・ボマー・ドラゴン - サイバース族 3000 / 30円
2 ライトニング・ストーム - - - - 440円
1 ハーピィの羽根帚 - - - - 80円
サイドデッキ 最低構築金額 1394円
メイン + サイドデッキ 合計 9371円
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみよう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみよう。


スポンサーリンク

勝利方法・デッキカテゴリー
サイバース族 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
サイバネット・コーデック
運用方法
以前に投稿した「コード・トーカー軸サイバースデッキ」の2020年完成版です。

いよいよ、新ルール施行も迫っており、新たにサイバース新規が追加される可能性も低くなっているので、恐らく、今後のコード・トーカーのオーソドックスな構築になるかと思います。
強み・コンボ
基本的には《レディ・デバッガー》+《サイバネット・コーデック》から始まる以下の基本展開3種類を覚えておくと良いでしょう。初手に「サイバネット・コーデック」がない場合は、《マイクロ・コーダー》にアクセスする手段があるのであれば、多くの場合、(《サイバネット・コンフリクト》の確保なしで)パターン1の最終盤面を目指す事になると思います。

◉パターン1:《サイバネット・コンフリクト》を構えつつ、エクストラリンク

1.《レディ・デバッガー》を召喚、効果で《サイバース・コンバーター》をサーチ
2.《サイバース・コンバーター》を特殊召喚
3.《サイバネット・コーデック》を発動
4.《レディ・デバッガー》と《サイバース・コンバーター》で《コード・トーカー》をリンク召喚
5.《サイバネット・コーデック》の効果で《コード・トーカー》を対象に、《マイクロ・コーダー》をサーチ
6.《コード・トーカー》と手札の《マイクロ・コーダー》を素材に《トランスコード・トーカー》を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
7.《マイクロ・コーダー》の効果で《サイバネット・コンフリクト》をサーチ(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《トランスコード・トーカー》を対象に《コード・ジェネレーター》をサーチ(チェーン1)
8.《トランスコード・トーカー》の効果で墓地の《コード・トーカー》を蘇生
9.《コード・トーカー》と手札の《コード・ジェネレーター》を素材に《エクスコード・トーカー》をリンク召喚
10.《コード・ジェネレーター》の効果でデッキから《ドットスケーパー》を墓地へ送り(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《エクスコード・トーカー》を対象に《パラレルエクシード》をサーチ(チェーン1)
11.《ドットスケーパー》の効果で自身を特殊召喚
12.《ドットスケーパー》1体を素材に《リンクリボー》をリンク召喚
13.《トランスコード・トーカー》と《リンクリボー》を素材に《コード・トーカー・インヴァート》を《エクスコード・トーカー》の左側のリンク先にリンク召喚
14.《サイバネット・コーデック》の効果で《コード・トーカー・インヴァート》を対象に《フォーマッド・スキッパー》をサーチ(チェーン2)、コード・トーカー・インヴァート》の効果で手札の《フォーマッド・スキッパー》を特殊召喚(チェーン1)
15.《フォーマッド・スキッパー》1体を素材に《転生炎獣ベイルリンクス》をリンク召喚
※ここのリンク召喚は《フォーマッド・スキッパー》の属性変更効果を使えば一応不要ではある。ここでリンク召喚しておく事のメリットは、先の展開で《デコード・トーカー・ヒートソウル》のドロー効果で《転生炎獣の聖域》を引き込んでしまう事故を減らすためである。よって、既に《転生炎獣の聖域》が手札に存在する場合は、EXデッキ節約のために《フォーマッド・スキッパー》の効果で光属性以外のリンクモンスターを見せて属性を光以外に変えれば良い

16.《フォーマッド・スキッパー》の効果で《ガッチリ@イグニスター》をサーチ(チェーン2)、《転生炎獣ベイルリンクス》の効果で《転生炎獣の聖域》をサーチ(チェーン1)
17.《転生炎獣ベイルリンクス》と《コード・トーカー・インヴァート》を素材に《デコード・トーカー・ヒートソウル》を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
18.手札の《パラレルエクシード》の効果で《デコード・トーカー・ヒートソウル》のリンク先に自身を特殊召喚(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《デコード・トーカー・ヒートソウル》を対象に《斬機アディオン》をサーチ(チェーン1)
19.《デコード・トーカー・ヒートソウル》の効果でデッキから1ドロー
20.《パラレルエクシード》の効果でデッキから同名(《パラレルエクシード》)をリクルート
21.《パラレルエクシード》2体で《スプラッシュ・メイジ》を《エクスコード・トーカー》の左側にリンク召喚
22.《スプラッシュ・メイジ》の効果で墓地のレベル2以下のサイバース族モンスターを《エクスコード・トーカー》の右側に蘇生(これを「A」とする)
23.《スプラッシュ・メイジ》1体を素材に《リンクロス》をリンク召喚
24.《リンクロス》の効果で「リンクトークン」2体を特殊召喚(左端から一列目と二列目のメインモンスターゾーンに特殊召喚される事になる)
25.《デコード・トーカー・ヒートソウル》と《リンクロス》を素材に《双穹の騎士アストラム》を《エクスコード・トーカー》の左側にリンク召喚
26.「A」を素材に《トークバック・ランサー》を左側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
27.《トークバック・ランサー》の効果で自身のリンク先の《リンクトークン》をリリースして墓地から《トランスコード・トーカー》を蘇生
28.場の任意のモンスターを対象に手札から《斬機アディオン》を特殊召喚
29.《斬機アディオン》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》1体を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚(エクストラリンク完成)
30.場の《転生炎獣ベイルリンクス》を対象に《ガッチリ@イグニスター》の効果で自身を手札から特殊召喚
31.《ガッチリ@イグニスター》と《トークバック・ランサー》の2体で《サイバース・ウィキッド》を(左側のEXモンスターゾーンに)リンク召喚
32.《ガッチリ@イグニスター》の効果で《エクスコード・トーカー》を対象に完全耐性を付与
33.場の「リンクトークン」1体をリリースして墓地の《リンクリボー》の効果で自身を《エクスコード・トーカー》のリンク先に蘇生
34.手札の《サイバース・コンフリクト》をセット

以上の展開により、最終盤面は以下のようになる。

● ① ⚫︎⑤⚫︎
◯②③④⑥
⑦◯⑧◯◯

①:《サイバース・ウィキッド
→自身の効果で戦闘・効果で破戒されず、《トランスコード・トーカー》の効果で相手の効果の対象にならない
②:《トランスコード・トーカー
→自身の効果で相手の効果の対象にならず、《サイバース・ウィキッド》の効果により効果で破壊されない
③:《双穹の騎士アストラム
→自身の効果で相手の効果の対象にならず、《サイバース・ウィキッド》の効果により効果で破壊されない。また、相手はこのカードにしか殴れない
④:《エクスコード・トーカー
→《ガッチリ@イグニスター》の効果により次の相手ターンまで完全耐性を得ている
⑤:《転生炎獣ベイルリンクス
→《エクスコード・トーカー》の効果により効果では破壊されない
⑥:《リンクリボー
→《エクスコード・トーカー》の効果により効果では破壊されない
⑦:《サイバネット・コーデック
→左端に送くのは《無限泡影》対策。このモンスターゾーンに効果モンスターを置くのは《サイバネット・コーデック》によるサーチを完全に終えた後だからである
⑧:《サイバネット・コンフリクト
→こちらも《無限泡影》対策で、相手の効果の対象にならない《双穹の騎士アストラム》の下の魔法罠ゾーンにセットしておくと良い


◉パターン2:相手に《夢幻崩壊イヴリース》を送りつけ、《原始生命態ニビル》をケアしつつ、エクストラリンク

1.《レディ・デバッガー》を召喚、効果で《マイクロ・コーダー》をサーチ(召喚・特殊召喚1回目)
2.《サイバネット・コーデック》を発動
3.《レディ・デバッガー》と手札の《マイクロ・コーダー》で《コード・トーカー》をリンク召喚(召喚・特殊召喚2回目)
4.《マイクロ・コーダー》の効果で《サイバネット・オプティマイズ》をサーチ(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《コード・トーカー》を対象に《夢幻崩壊イヴリース》をサーチ(チェーン1)
5.《サイバネット・オプティマイズ》の効果で手札の《夢幻崩壊イヴリース》を召喚(召喚・特殊召喚3回目)
6.《夢幻崩壊イヴリース》と《コード・トーカー》で《トランスコード・トーカー》を右側のEXモンスターゾーンに特殊召喚(召喚・特殊召喚4回目)
7.《夢幻崩壊イヴリース》の効果で自身を相手フィールドに特殊召喚(チェーン1、召喚・特殊召喚5回目)、《トランスコード・トーカー》の効果で《コード・ジェネレーター》をサーチ(チェーン1)

これで5回目の召喚・特殊召喚で《夢幻崩壊イヴリース》を送りつけた事により、相手はこのターン、《原始生命態ニビル》を特殊召喚する事ができません。

以降の展開はパターン1の8〜33と同じになります。

注意点として、この手順の場合は手順30の《転生炎獣ベイルリンクス》のリンク召喚時に必ず《転生炎獣の聖域》をサーチし、発動しておくようにしましょう。

先ほどの盤面との違いは、相手の盤面に《夢幻崩壊イヴリース》が存在していること。これにより相手はリンクモンスターしか特殊召喚できないのですが、エクストラリンク状態であるため、相手はリンク召喚すらできません。
さらに、相手が《夢幻崩壊イヴリース》で《双穹の騎士アストラム》に対して自爆特攻を狙おうとしてきた場合は、《転生炎獣の聖域》の②の効果を起動します。

「②:自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、1000LPを払い、自分フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。」

これにより、《双穹の騎士アストラム》の打点を0にする事により、《夢幻崩壊イヴリース》による自爆特攻処理を回避できます。


◉パターン3:相手の盤面に《夢幻崩壊イヴリース》を送りつけつつ、《デコード・トーカー・ヒートソウル》を自分の盤面に残しておく

1.《レディ・デバッガー》を召喚、効果で《マイクロ・コーダー》をサーチ
2.《サイバネット・コーデック》を発動
3.《レディ・デバッガー》と手札の《マイクロ・コーダー》を素材に《コード・トーカー》をリンク召喚
4.《マイクロ・コーダー》の効果で《サイバネット・マイニング》をサーチ(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《夢幻崩壊イヴリース》をサーチ(チェーン1)
5.手札の《夢幻崩壊イヴリース》を捨てて《サイバネット・マイニング》を発動、効果で《コード・ジェネレーター》をサーチ
6.《コード・トーカー》と手札の《コード・ジェネレーター》で《トランスコード・トーカー》を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
7.《コード・ジェネレーター》の効果でデッキから《ドットスケーパー》を墓地へ送る(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《トランスコード・トーカー》を対象に《ガッチリ@イグニスター》をサーチ(チェーン1)
8.墓地の《ドットスケーパー》の効果で自身を(《トランスコード・トーカー》のリンク先以外に)蘇生
9.《トランスコード・トーカー》の効果で墓地の《コード・トーカー》を蘇生
10.場の《ドットスケーパー》を対象に手札の《ガッチリ@イグニスター》の効果、自身を特殊召喚
11.《ガッチリ@イグニスター》と《コード・トーカー》を素材に《エクスコード・トーカー》をリンク召喚
12.《ガッチリ@イグニスター》の効果で《エクスコード・トーカー》を対象に完全体制付与(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《エクスコード・トーカー》を対象に《パラレルエクシード》をサーチ
13.《ドットスケーパー》1体で《リンクリボー》をリンク召喚
14.《ドットスケーパー》と《トランスコード・トーカー》で《双穹の騎士アストラム》を《エクスコード・トーカー》の左側のリンク先にリンク召喚
15.手札の《パラレルエクシード》の効果で、自身をリンク先に特殊召喚
16.《パラレルエクシード》の効果で同名の《パラレルエクシード》をリクルート
17.《パラレルエクシード》2体で《コード・トーカー・インヴァート》をリンク召喚

※ここから手順が分かれる。この時点で手札にサイバース族モンスターがない場合は-a、ある場合は-bを行う。

(パターン-a)
18-a.《サイバネット・コーデック》の効果で《サイバース・コンバーター》をサーチ
19-a.《サイバース・コンバーター》を手札から特殊召喚
20-a《サイバース・コンバーター》1体で《トークバック・ランサー》をリンク召喚
21-a.《コード・トーカー・インヴァート》1体で《リンクロス》を《エクスコード・トーカー》の右側のリンク先に特殊召喚
22-a.《リンクロス》の効果で「リンクトークン」2体を特殊召喚(残っているモンスターゾーンは左端から1番目と2番目)
23-a.《トークバック・ランサー》の効果でリンク先の「リンクトークン」1体をリリースして墓地の《トランスコード・トーカー》をリンク先に蘇生
24-a.墓地の《リンクリボー》の効果で、「リンクトークン」をリリースして蘇生
25-.場の《リンクリボー》と《リンクロス》を素材に《スプラッシュ・メイジ》をリンク召喚
26-a.《スプラッシュ・メイジ》の効果で墓地の《夢幻崩壊イヴリース》を蘇生
27-a.《夢幻崩壊イヴリース》と《スプラッシュ・メイジ》を素材に《デコード・トーカー・ヒートソウル》をリンク召喚
28-a.《夢幻崩壊イヴリース》の効果で自身を相手の場に特殊召喚(チェーン2)、《サイバネット・コーデック》の効果で《デコード・トーカー・ヒートソウル》を対象に《斬機アディオン》をサーチ(チェーン1)
29-a.《デコード・トーカー・ヒートソウル》の効果で1ドロー(展開には無関係)
30-a.場にいるモンスターを対象に《斬機アディオン》を手札から特殊召喚
31-a.《斬機アディオン》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
32-a.《転生炎獣ベイルリンクス》の効果で《転生炎獣の聖域》をサーチ
33-a.《転生炎獣の聖域》を発動

これにより、以下の盤面が完成する

⚫︎⚫︎②⚫︎⑤⚫︎
⑧◯①③④⑥
◯⑦◯◯◯◯

①:《トランスコード・トーカー
②:《トークバック・ランサー
③:《双穹の騎士アストラム
④:《エクスコード・トーカー
⑤:《転生炎獣ベイルリンクス
⑥:《デコード・トーカー・ヒートソウル
⑦:《サイバネット・コーデック
⑧:《転生炎獣の聖域

これにより、盤面に《デコード・トーカー・ヒートソウル》を残しつつ、EXリンクを達成てました。

デコード・トーカー・ヒートソウル》を残すデメリットとして単純な打点要因としてだけではなく、相手ターンにも発動できる1ドロー効果を持っているため、これを使用して相手ターンでドロー効果を使ってできる限り誘発系カードを確保しに掛かるという役割もあります。


(パターン-b)
18-b.《サイバネット・コーデック》の効果で《フォーマッド・スキッパー》をサーチ(チェーン2)、《コード・トーカー・インヴァート》の効果でサーチした《フォーマッド・スキッパー》を特殊召喚
19-b.《フォーマッド・スキッパー》効果で《コード・エクスポーター》をサーチ

(20-b〜26-b)は(-a)と同じ
20-b.《フォーマッド・スキッパー》1体で《トークバック・ランサー》をリンク召喚
21-b.《コード・トーカー・インヴァート》1体で《リンクロス》を《エクスコード・トーカー》の右側のリンク先に特殊召喚
22-b.《リンクロス》の効果で「リンクトークン」2体を特殊召喚(残っているモンスターゾーンは左端から1番目と2番目)
23-b.《トークバック・ランサー》の効果でリンク先の「リンクトークン」1体をリリースして墓地の《トランスコード・トーカー》をリンク先に蘇生
24-b.墓地の《リンクリボー》の効果で、「リンクトークン」をリリースして蘇生
25-b.場の《リンクリボー》と《リンクロス》を素材に《スプラッシュ・メイジ》をリンク召喚
26-b.《スプラッシュ・メイジ》の効果で墓地の《夢幻崩壊イヴリース》を蘇生


27-b.《夢幻崩壊イヴリース》1体で《転生炎獣ベイルリンクス》を右側のEXモンスターゾーンにリンク召喚
28-b.《夢幻崩壊イヴリース》の効果で自身を相手の場に特殊召喚(チェーン2)、《転生炎獣ベイルリンクス》の効果で《転生炎獣の聖域》をサーチ
29-b.《スプラッシュ・メイジ》と手札の《コード・エクスポーター》を素材として《デコード・トーカー・ヒートソウル》をリンク召喚
30-b.《コード・エクスポーター》の効果で墓地のレベル4以下のサイバースをサルベージ(チェーン2、展開には無関係)、《サイバネット・コーデック》の効果で《斬機アディオン》をサーチ(チェーン1)
31-b.場のモンスターを対象に《斬機アディオン》の効果で自身を特殊召喚
32-b.《斬機アディオン》と《トークバック・ランサー》の2体で《サイバース・ウィキッド》を(左側のEXモンスターゾーンに)リンク召喚
33-b. 《転生炎獣の聖域》を発動


盤面はパターン3-aとほぼ同じですが、異なる点は①が《トークバック・ランサー》が《サイバース・ウィキッド》に変わっている点。《サイバース・ウィキッド》は自身及びそのリンク先に破壊耐性を付与する効果を持っているので、それを立てておく事により、相手の《サンダー・ボルト》や《ライトニング・ストーム》による全体除去でエクストラリンクが解除できなくなり、より強固な盤面となります。
弱点・課題点
カスタマイズポイント
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

■サイバース族カテゴリの他のデッキレシピ
2020-03-29 【ダークフルード
2020-03-26 【純サイバース
2020-03-26 【PSYバース
2020-03-23 【ラウドクラウドを使いたい
2020-03-19 【ガゼルをデッキから呼び出す転生炎獣
2020-03-18 【二人の絆
2020-03-01 【斬機
2020-02-21 【コード・トーカー軸サイバース
2020-02-19 【ダークフルード
2020-02-09 【1ターンフルカウントダークフルード
2020-02-09 【サラマングレイト
2020-02-04 【イグニスター
2020-01-25 【ストーム・アクセス
2020-01-23 【俺流サイバース2020
2020-01-21 【4月以降のエクストラリンク
サイバース族のデッキレシピをすべて見る▼
カンベイさんの他のデッキレシピ
2020-03-31 【メタルリッチ
2020-03-26 【ネメシスパラディオン
2020-03-26 【ネメシスサンドラキッズ
2020-03-26 【PSYバース
2020-02-19 【ダークフルード
2020-02-19 【ヴァレット
2020-01-20 【誘発対策 サイバース
2020-01-16 【じわじわサイバース
2020-01-16 【星遺物-総集編
2020-01-16 【クローラー 2020
2020-01-15 【機界騎士-2020
2020-01-12 【海晶乙女-2020
2020-01-12 【新規採用-コード・トーカー 2020
2020-01-08 【ワーム
2020-01-06 【これを甲虫装機デッキと呼んでもよいのか
すべて見る▼
閲覧数1962 評価回数1 評価10 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク