HOME > サイバー・エンジェル-那沙帝弥-

サイバー・エンジェル-那沙帝弥-(サイバーエンジェルナーサテイヤ)

サイバー・エンジェル-那沙帝弥-
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
儀式モンスター
効果モンスター
光属性 5 天使族 1000 1000
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。
(2):自分の儀式モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。その攻撃を無効にする。
(3):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の「サイバー・エンジェル」モンスター1体を除外し、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このカードを墓地から特殊召喚し、対象のモンスターのコントロールを得る。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
RAGING TEMPEST RATE-JP036 2016年10月08日 Rare

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

8

#55300 ラーメン  2017-03-10 08:51:04 [8]
★5のサイバーエンジェル、レベルや独特な効果含めサイバーエンジェルの中でもちょっと異質な存在。
1の効果でライフ回復、これはおまけだがライフゲインは案外馬鹿にならないのでありがたい効果ではある、2の効果で儀式モンスターを戦闘から守る、自身も防御範囲内で単1もないため単体でも戦闘耐性持ちの壁として運用できる。
そしてメインが3の効果、墓地のサイバーエンジェルをコストに相手モンスターをパクるというすさまじい効果、ダキニでの回収などもあるのでむやみに除外はできないがリリースしただけの弁天をコストに出来れば無駄がない、戦闘力こそ低いが書いてあることはすさまじくスペックは相当高い。
しかし、問題になるのが一度正規儀式しないとコントロール奪取効果も使えない点、5という微妙なレベルもあいまって実際使うとなかなか扱いが難しいカードでもある、弁天をリリースして弁天で下級チューナーをサーチしてシンクロ素材としてさっさと墓地へ送るのが一番使いやすいか、相手頼みなら除外、バウンスで対処されかねないのでできれば自分で墓地へ送りたい。
スペック自体は相当な高さなので、良くも悪くも使い方次第のカードといえるか。

9

#4f993 メタルサイクロプス  2017-03-07 00:21:12 [7]
③の効果は、自身を特殊召喚したうえで相手のコントロールを永続的に奪うという心変わりも真っ青のトンデモ効果。すさまじく強烈で、決まればほぼ確実に盤面がひっくり返るでしょう。③を使うには一度儀式する必要があり、除外やバウンスされると痛いのでわざと墓地へ送るのも策。奇数のためやや出しづらく、特に絶対儀式とは相性が良くないのがネック。墓地除外してしまうのも注意。①の効果もあって損はなく、②は儀式主体のデッキでは嬉しい効果。癖が強く運用が難しいカードですが、秘めた性能は相当高い。3つの効果を備えた優秀な儀式モンスターです。

10

#90a01 Sigu  2016-11-15 18:32:59 [6]
①・②の効果はおまけのようなもの。③の効果が本命。自己再生した上で相手モンスターを奪えるので、不利な戦況を一気に覆すことも可能。また、コントロール奪取カードにありがちな「攻撃不可」「エンドフェイズまで」「素材にできない」等の制約がない上、自己再生した自身も「フィールドから離れた場合に除外される」ことはない。おまけに1ターンに1度の制限もないので、墓地コストが続けば連続コントロール奪取からの総攻撃で一気にゲームエンドまで持ち込めることも。肝心のコストはというと、サイバーエンジェルは元々弁天や韋駄天を素材として儀式召喚していくため、戦術の流れで自然とコストが用意できてしまう。除外やバウンスといった墓地に送らない除去方法が飛んでくることも珍しくない現在では、蘇生制限を満たした後は、相手の破壊を待たずに自ら各種素材として墓地に送った方が安心。弁天をリリースして儀式召喚すればチューナーをサーチできるため、シンクロ召喚の準備が整う上に、自己再生コストも同時に確保できるのでオススメ。
総じて単体スペックは非常に高いのでこのカードの効果を最大限に活かす専用構築をするのも面白そうです。

7

#aa894 ミシガン州知事  2016-11-03 19:35:18 [5]
新しいサイバーエンジェル。
レベルの割には能力値は低い。

儀式モンスターが攻撃対象にされたら何度でも使えるくず鉄のかかし、攻撃力に応じたライフ回復、コントロール奪取と弱いことは書かれていないが、サイバーエンジェルの儀式モンスターが偶数レベルが多い上、絶対儀式ではレベルが合いにくい。
永続コントロール奪取は強いものの、一度正規の方法で儀式召喚しないといけなく、コントロール奪取するためには墓地にサイバーエンジェルを除外する必要があるのでコストは重く、回収したいサイバーエンジェルを除外しないように気をつけたいところ。

4

#63516 龍馬  2016-11-03 11:49:31 [4]
効果自身は強力だが素の攻撃力はフェザーマンと同じでバーストレディやスパークマンにさえ倒されるカードなのでちょっと使いにくい印象。 そもそも美儒濡と茶吉尼以外はフレイム・ウィングマンを倒せずエアーマンとも相討ちになるので戦術構築には相当な腕前が必要という感じです。

8

#242d7 プンプン丸  2016-10-11 11:37:31 [3]
②は回数制限ないから、戦闘で破壊されないも同じ
③は自分を特殊召喚して相手モンスターを永続にパクる。
強すぎでしょ

9

#16ae4 アストラル  2016-10-08 13:46:10 [2]
攻撃無効効果とLPを回復する効果で耐久するカード
墓地効果は相手のモンスターのコントロールを得て自身を特殊召喚するという超強力な効果。
癖が強く使いこなすのはかなり難しそう

7

#6b541 とき  2016-10-08 12:36:13 [1]
フィールドよりも墓地で仕事する。
フィールドに出したところで、能力も低く回復効果と攻撃無効しか持たない。攻撃無効は何度でも使え実質的な戦闘破壊耐性であるが、誘発効果なので永続耐性以上に脆い。過信は禁物だがリリーサーとプチエンジェルで出すと鬱陶しいかもしれない。
真価は墓地発動のコントロール奪取効果であることは違いない。ただ蘇生してからという動きになるので一度儀式召喚する必要がある点に気をつけよう。サイバーエンジェルを除外するので回収するカードまで除外しないようにも注意。
レベル的に絶対儀式との相性もあまり良くない。癖が強すぎるくらい強いカードだが、それゆえに新機軸のカードではある。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人の評価に対するコメントはやめましょう。
サイバー・エンジェル-那沙帝弥- 7.8 /10.0 点、 評価数 8 件 ユーザー レビュー 8