HOME > 混源龍レヴィオニア

混源龍レヴィオニア(コンゲンリュウレヴィオニア)

混源龍レヴィオニア
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 闇属性 8 ドラゴン族 3000 0
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
SOUL FUSION SOFU-JP025 2018年07月14日 SecretUltimateUltra

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ



評価 ⇒WIKI

10

#5377a フロント川  2018-07-18 22:29:18 [11]
ライトロード、トワイライトロード複合デッキに採用しました。ライトロードを素材にすれば戒めの龍の召喚条件に一気に近づける上効果でトワイライトロードを召喚すれば一ターンで溜まるので便利です。

10

#80baa ネグゼロ  2018-07-15 18:24:08 [10]
強いですね
ただ召喚酔いがあるので効果をメインに使うから素材にしましょう

8

#b5b4f とき  2018-07-15 13:23:12 [9]
ボスオーラ漂うイラストアドぶっちぎりの混沌の龍。
光属性と闇属性を合計3体除外することで特殊召喚でき、光のみがコストならば戦線復帰の効果、闇のみをコストならばランダムハンデス、光と闇が備わると場のカード2枚を破壊する効果を発動する。いずれにしても効果を使うと攻撃できなくなるので注意。
状況に応じて効果を使い分けるというよりは、光属性デッキや闇属性デッキにも突っ込めるカオスカードといったところ。特に青眼デッキでは蘇生効果を軸に運用でき、目覚めの旋律やトレードインを共有でき、召喚酔いをエクシーズで回避できるなどしっくり来る部分が多い。
攻撃力は高いが召喚酔いかつ耐性なしなので、アタッカーと言うよりは効果を活用して戦うモンスターか。

10

#0aa84 もも  2018-07-14 10:17:27 [8]
3枚必須というわけではないのですが、サーチ出来るカオスモンスターで状況により効果を使い分けれるようになるってことを評価したいです。

9

#8de02 備長炭18  2018-07-14 07:44:18 [7]
非常にカオスを彷彿とさせる召喚条件も持ち、そのコストに使用した属性によって3つの効果を使い分けることができます。
その効果にしても蘇生、ハンデス、対象を取らない除去といずれも強力なものであり、また目覚めの旋律対応のステータスや正規召喚後は蘇生できるテキストであるため、開闢同様自身が攻撃不可になるデメリットによって上手く調整が取れていると思います。
効果を使った後は何かしらの素材としてしまいましょう。

9

#fa105 ファルファデ  2018-07-01 22:25:20 [6]
効果とルックスがイケメンですね素敵ですね終焉龍が出た直後にこれですから困りましたねそれにしてもイケメンですね。
自身の召喚条件は融通が利くとはいえ枚数は従来のカオスの+1であることから、竜の霊廟など1枚で墓地2枚稼ぐだけでは条件が整わないことが欠点。必然的に光の援軍や隣の芝刈りなど不特定多数の墓地肥やしを採用することで力を発揮してくれるはず。

9

#731fb ヒコモン  2018-06-28 12:27:47 [5]
混沌帝龍、開闢、カオス・ソーサラーと違い1体多めに除外する必要はあるが、光のみ3体闇のみ3体でもいいのがメリット。また除外したカードによって効果も変わる。その効果も蘇生、ハンデス、対象を取らない2枚破壊と非常に強力。リンクモンスターのお陰でガンガン墓地肥やしが出来るので、初手にでも来ない限りはコストに困ることはまず無いだろう。目覚めの旋律対応なのでサーチも容易。

9

#f3a16 シエスタ  2018-06-25 11:23:38 [4]
光または闇を合計3体除外することで特殊召喚とカオスと似たような召喚条件を持つ。
効果をフルに使うにはどちらの属性も除外しなければならないが、カオスと違いただ召喚するだけなら一方属性でもよく最近のテーマは属性を固められていることも多いのでこの条件は使いやすい。腐ってもトレイン・誘惑と使いやすい手札交換に対応。
また終焉(エラッタ版)と違い蘇生でき、蘇生豊富なドラゴンにおいてこれは嬉しいところ。
比較的容易な条件に対し高い打点を誇る、ただ守備が0と極端でもあり表示形式変更には弱いが、このお陰で旋律対応なのはデカい。
光なら蘇生、完全蘇生だが守備なのでリンク蘇生不可で自身の召喚条件とも相性は悪い。
闇ならランダムハンデス、序盤からでも有効で使い勝手はいい。
光闇なら2枚の除去でアドを取りやすい強力な効果。
いずれの効果も強力ですが、攻撃できなくなってしまうので折角の高い打点を活かせない。効果使用後は基本的に素材にしたい。
癖はあるが総合的には強力で期待の星ともなるドラゴンだと思います。

9

#f566e ルイ  2018-06-24 19:25:40 [3]
名前もイカした、ちょっと重くなったカオスみたいなやつ。
それにしてもカオス系統は命名の法則が厨二っぽくていいですね。

光か闇、もしくは両方除外で効果が変わるので、同じカオスでも用途の違いによって構築を変える楽しみが増える良きカードだと言えるでしょう。

除外コストにはエクリプスワイバーンのほか、デッキからヴィーナスで引っ張ってこれる神聖なる球体などが狙い目かな。
前者はドラゴンサーチを兼ねられ、後者は大欲な壺で回収できるのでこっちも相性はなかなか。
闇は異次元の偵察機、召喚魔術を擁する召喚師アレイスターなどもあり、一気に墓地に戻せる終焉の精霊もあるためこっちも困ることはないでしょう。
ドラゴンなら除外したら終焉龍カオスエンペラーなどで回収してもおk。

この手にありがちな「~でのみ」の記載もないので正規で出した後は蘇生・帰還ができるのは利点ですね。

やや癖が強く扱いにくいですが、サーチもサルベージも豊富なのでこのカードを主軸にした構築をしてみるのも面白そうです。

9

#a66ee アルバ  2018-06-23 13:39:43 [2]
10期のカオスとでもいうべきカード。
旋律やエクリプスでサーチ可能で出せないならトレードインや誘惑で捨ててしまう手もあり混沌帝龍とサポートを共有できる。
光のみ闇のみでも特殊召喚可能だが除外コストの要求が3枚になっているので初動だとそこそこ重いか。
効果は何を除外したかによって変化するがランク8などに繋がる光のみ、普通に強い光闇除外の2枚破壊が狙い目。
ただ除外コストが3枚に対して蘇生効果は少々噛み合っていない気がしないでもない。
ソーサラー開闢同様効果使用後は攻撃できないので、これを素材やリリース要員にして新たなモンスターを出したい所。

8

#21217 アカ  2018-06-23 13:55:33 [1]
墓地の光または闇だけを除外しても特殊召喚できるため、序盤でない限りは手札で腐りにくく、カオスと似た召喚条件を持つ新規のドラゴン。上記の方法で特殊召喚するとそのターンは攻撃出来ませんが素材にすれば問題ありません。青眼の混沌龍を意識しているのか闇の誘惑、目覚めの旋律、トレード・イン、悪夢再びに対応しているのは利点ですね。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
混源龍レヴィオニア 9.1 /10.0 点、 評価数 11 件 ユーザー レビュー 11