HOME > 遊戯王デッキレシピ > ダイノルフィアデッキレシピ >ダイノルフィア×パニッシャー デッキレシピ・デッキ紹介

ダイノルフィア×パニッシャー デッキレシピ・デッキ紹介 (あむあむさん 投稿日時:2022/01/16 16:04)

 

ダイノルフィア【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。

デッキ紹介・デッキ解説

勝利方法・デッキカテゴリー
ダイノルフィア 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
サイコ・エンド・パニッシャー
運用方法
ライフを大幅に減らすダイノルフィアの特性を生かして、《サイコ・エンド・パニッシャー》に強固な耐性と莫大な攻撃力を与えるデッキ。《ダイノルフィア・レクスターム》の封殺効果も合わせて主導権を握ります。

【ダイノルフィア】
●モンスター
ダイノルフィア・テリジア
主力の専用融合にアクセスできる重要カードです。
ダイノルフィア・ディプロス
自爆特攻からテリジアにつなげたり、《ダイノルフィア・ケントレギナ》でコピーする罠を墓地へ送っておくのが役目です。
ダイノルフィア・ケントレギナ
専用融合からの召喚先その一。墓地のダイノルフィア罠をコピーする効果が強力で、かつ《サイコ・エンド・パニッシャー》の素材役も担います。
ダイノルフィア・レクスターム
専用融合からの召喚先その二。相手場のモンスター効果を封印するだけでなく、戦闘でも優位に立てる期待の大型恐竜。《幽鬼うさぎ》《灰流うらら》と共にパニッシャーになれる点も評価できます。
ダイノルフィア・ステルスベギア
召喚優先度は低いため、《ダイノルフィア・フレンジー》《金満で謙虚な壺》の糧にします。
●罠
ダイノルフィア・ドメイン》《ダイノルフィア・フレンジー
ドメインは自分ターンにも使える他、場のダイノルフィアを素材にして除去をかわせるのが長所です。
フレンジーはEXのダイノルフィアを素材にするため、場のレギナを素材にせずレクスを召喚できます。そのためドメインより優先度は上。
ダイノルフィア・アラート
融合なら一体、下級なら二体を蘇生できます。特殊召喚制限がかかるのは注意。
ダイノルフィア・ブルート
貴重な除去カード。ダイノルフィアは破壊されると後続を呼べるため、バトルフェイズ中の追撃も行えます。
ダイノルフィア・ソニック
魔法罠へのカウンター罠。一度だけ戦闘ダメージを0にする墓地効果が真骨頂です。
【その他カード】
亡龍の戦慄-デストルドー
ライフを減らせる上に《水晶機巧-ハリファイバー》の素材にもなる便利なチューナー。
天獄の王
セットカードを守る・増やす効果を持つ、メインデッキからの戦闘員。
ライフ・ストリーム・ドラゴン
シンクロチューナーなので《水晶機巧-ハリファイバー》で召喚可能。バーン系デッキを完封できます。
イタチの大暴発
ダイノルフィアにおける伝家の宝刀。効果を受けないモンスターにも効きます。

サイコ・エンド・パニッシャー》キーカード
1.自分のライフの方が少ないと相手の発動した効果を受けない耐性
2.お互いのバトルフェイズにライフの差分だけ上がる攻撃力
3.ライフコストとモンスターを引き換えにした除去
ダイノルフィアなら特に1と2を存分に発揮させやすく、相性は抜群です。

●《サイコ・エンド・パニッシャー》召喚の例
魂喰いオヴィラプター》+《ダイノルフィア・フレンジー
1.フレンジーをセット。《魂喰いオヴィラプター》召喚。オヴィで《幻創のミセラサウルス》サーチ。ミセラで《ジュラック・アウロ》召喚。
2.オヴィとアウロで《水晶機巧-ハリファイバー》召喚。ハリで《幽鬼うさぎ》召喚。
3.相手ターンにフレンジーで《ダイノルフィア・ケントレギナ》召喚(ライフ4000)。レギナでフレンジーをコピーして《ダイノルフィア・レクスターム》召喚(ライフ2000)。レクスで相手モンスターの攻撃力を1000にする(ライフ1000)。
4.ハリで《TG ワンダー・マジシャン》召喚。ワンダー(星5)とレギナ(星6)でパニッシャー召喚。
→最終的にパニッシャー、レクスターム、幽鬼うさぎが並びます。相手ライフに変動がないならバトルフェイズごとにパニッシャーの攻撃力が7000+α上昇。
強み・コンボ
パニッシャーさえ召喚すれば相手の対抗策がかなり狭まるため、ゲームエンド級の切り札になってくれます。
イタチの大暴発》が最高峰のモンスター除去に化けるのもダイノルフィアの強み。
弱点・課題点
直接攻撃や効果ダメージ系カードは防ぐ手段があるとはいえ、できれば対面したくないところ。またダイノルフィアだけでは相手の魔法罠に対処しづらいのも課題。
サイコ・エンド・パニッシャー》《ダイノルフィア・レクスターム》は共に永続効果に弱く、《No.41 泥睡魔獣バグースカ》《スキルドレイン》あたりは天敵。
肝心かなめの《ダイノルフィア・ドメイン》《ダイノルフィア・フレンジー》が、どちらも《灰流うらら》に引っかかる点と、メインフェイズにしか発動できない点が短所。
カスタマイズポイント
砂漠の飛蝗賊
星6シンクロチューナーで、《水晶機巧-ハリファイバー》の召喚先。ハンデスに加えて、相手ターンに下級ダイノルフィアと《フルール・ド・バロネス》のシンクロ素材になれます。
成金ゴブリン
相手とライフ差を作りつつドローできます。
超融合
ダイノルフィアは闇属性であることから、相手の闇属性を巻きこみつつ《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》の召喚を狙えます。
チキンレース
このカードがある限り相手から受けるダメージは基本的に0。相手を回復させる選択肢もパニッシャーの攻撃力に寄与します。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼
デッキを評価しよう!

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。


メインデッキ (22種・40枚)
モンスター (10種・18枚)
名前種族攻 / 防最安
1 このカードを使用したデッキ一覧天獄の王 10 岩石族 3000 / 3000 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧亡龍の戦慄-デストルドー 7 ドラゴン族 1000 / 3000 80円
3 このカードを使用したデッキ一覧魂喰いオヴィラプター 4 恐竜族 1800 / 0500 240円
1 このカードを使用したデッキ一覧幻創のミセラサウルス 4 恐竜族 1800 / 1000 15円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ディプロス 4 恐竜族 1000 / 0000 15円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・テリジア 4 恐竜族 1500 / 0000 180円
3 このカードを使用したデッキ一覧灰流うらら 3 アンデット族 0000 / 1800 480円
1 このカードを使用したデッキ一覧幽鬼うさぎ 3 サイキック族 0000 / 1800 70円
1 このカードを使用したデッキ一覧増殖するG 2 昆虫族 0500 / 0200 1380円
1 このカードを使用したデッキ一覧ジュラック・アウロ 1 恐竜族 0200 / 0200 70円
魔法 (4種・8枚)
2 このカードを使用したデッキ一覧金満で謙虚な壺 - - - - 2000円
3 このカードを使用したデッキ一覧化石調査 - - - - 80円
2 このカードを使用したデッキ一覧墓穴の指名者 - - - - 580円
1 このカードを使用したデッキ一覧抹殺の指名者 - - - - 280円
(8種・14枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧トラップトリック - - - - 50円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・フレンジー - - - - 30円
3 このカードを使用したデッキ一覧無限泡影 - - - - 1000円
2 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ドメイン - - - - 80円
2 このカードを使用したデッキ一覧イタチの大暴発 - - - - 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ブルート - - - - 25円
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・アラート - - - - 1円
1 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ソニック - - - - 30円
エクストラデッキ (8種・15枚)
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・レクスターム 8 恐竜族 3000 / 0000 80円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ケントレギナ 6 恐竜族 4000 / 0000 100円
3 このカードを使用したデッキ一覧ダイノルフィア・ステルスベギア 6 恐竜族 0000 / 2500 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧サイコ・エンド・パニッシャー 11 サイキック族 3500 / 3500 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧ライフ・ストリーム・ドラゴン 8 ドラゴン族 2900 / 2400 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧TG ワンダー・マジシャン 5 魔法使い族 1900 / 0000 70円
1 このカードを使用したデッキ一覧水晶機巧-ハリファイバー - 機械族 1500 / 160円
1 このカードを使用したデッキ一覧暗影の闇霊使いダルク - 魔法使い族 1850 / 270円
メインデッキ 最低構築金額 14846円
このカードを使用したデッキ一覧をクリックすると対象カードを採用したデッキ一覧に飛びます
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみましょう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみましょう。

スポンサーリンク

関連デッキ


デッキ採用カード一覧

▼ デッキに採用されているカード情報を表示する(30種) ▼
閲覧数2974 評価回数3 評価22 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -