HOME > クインテット・マジシャン

クインテット・マジシャン

種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
融合モンスター
効果モンスター
闇属性 12 魔法使い族 4500 4500
魔法使い族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):魔法使い族モンスター5種類を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、リリースできず、融合素材にできず、効果では破壊されない。

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ



評価 ⇒WIKI

10

#d3ec3 やっちん  2018-01-30 13:34:01 [10]
5種類素材で融合召喚したらサンダーボルト&羽箒という豪快極まるモンスター
ロマンかと思いきや円融魔術によって、墓地をこやせるデッキならカード1枚から飛んできます
おすすめは植物リンクシャドール、オフリスダーリング→超越融合→フレシアと挟むことで植物リンクのギミックを回しつつ次のターンで円融魔術が予約できます
サモンソーサレス、リザード+α、ワンダーマジシャン(ハリファイバーの効果でSS)で4種類は確実に確保できるので2ターン目に撃つことも夢ではありません

10

#d6605 究極  2018-01-18 20:38:22 [9]
[シャドール]ならリザード+他シャドールでミドラーシュを出せば、ヘッジホッグとリンク召喚を絡めることで簡単に五種類の魔法使い族が墓地に溜まる。
なのでデッキ融合できる状態なら影依融合と円融魔術の二枚で出せることになるのでシャドールでは新たな切り札として期待できる。
耐性は万全とは言えないものの、全体除去効果時のうさぎや不意の怪獣に怯えなくていいのは心強い。

9

#face5 シエスタ  2018-01-18 11:54:28 [8]
皆さんが言うように魔法使い族でいうFGDのような存在、攻撃力が500だけ劣る部分、その分小細工できるところが青眼とブラマジのような関係でいいですね。
要求素材はかなり重いですがそれを利用してFGDのように未来融合から大量の魔法使いを墓地へ送ったり円融魔術から墓地消費で出せるので意識すれば簡単に出せる。
そしてズァーク同様の全体除去に加え少し変わった耐性を持っている。
あちらに比べ壊獣や超融合に対して強いですが、今の時代でも対象をとる効果は多いので実際の場持ちはあちらとそんな変わらないと思います。それでもこの打点でこの耐性は切り札が持つものとして充分なものがあります。
融合素材の点でもズァークとは相性がいいです。素材を未来融合から墓地へ送れズァークのサポートができます。ただ遅いんでザボルグでおkかもしれませんが・・・。
魔法使いを多く採用しかつ墓地肥やしが得意なテーマと言えばシャドールがいるのでそのデッキで円融魔術から出せる切り札的存在にしても面白いと思います。地力の高いデッキなので効果も合わさって一瞬で勝負を決めれそうです。
総じて魔法使い族の切り札に相応しい能力を持ったカードでしょう。

10

#20f91 ラーメン  2018-01-18 01:02:48 [7]
ついに来た魔法使い版FGD、打点が若干下がった変わりに実質バニラのあちらと違い超絶効果が付与された。
5「種類」である必要があるため難易度は低くないが、かのズァークと同じく相手フィールドを豪華に一掃する、破壊耐性持ちもいるので過信はできないが効果が通ればほぼ確実に4500ダメージを通せる、そして無理に5「種類」でなくてもリリース耐性、破壊耐性持ちの高打点としては運用できる、最高峰の万能除去である壊獣に食われないのはありがたいが今時破壊耐性ぐらいではとても安心できない、対象には取られるのでバウンス、除外、墓地送りで簡単に対処される、耐性としては一見堅そうで実は相当ガバガバなので耐性はあまりアテにせず出したターンで勝負を決めるためのぶっぱ係or脳筋として使っていきたい。
本家のブラマジはもちろん、墓地を肥やしやすいシャドールでも比較的出しやすいか、また通ればの話とはいえ未来融合が魔法使い限定すごいおろ埋になるのも見逃せない、魔法使いデッキ全般のロマンだがロマンと言うほど非実用的ではない優秀なカード。

9

#54758 アルバ  2018-01-16 22:51:29 [6]
とうとう出ました意図的な耐性としての「リリースできない」。
更に4500打点で効果破壊できず融合素材に出来ず超融合の除去も不可一見「出されたらどうするんだこれ?」に見えるが効果の対象には取れるので最近増えまくっているあらゆるバウンスや除外は普通に喰らうので案外そこまで耐性は硬くない。
まあそれでも打点を考えると十分すぎるぐらいには強いのだが。
融合素材は5体と重いが円融魔術や未来融合があるため消費は少なく抑えること自体は可能。

10

#56611 ヒコモン  2018-01-16 22:40:00 [5]
F・G・Dと対を成すカードが魔法使い族に登場。打点や戦闘耐性こそ劣るものの、あちらの戦闘耐性は実質お飾り状態だったのに対し、こちらは効果破壊耐性を所持している。しかもリリース不可、融合素材になれないというのも昨今の環境では耐性に近く、大型の天敵とも言える壊獣も怖くない。更に魔法使い族モンスター5種類を素材とした場合は相手フィールドのカードを全破壊のオマケ付き。同時に登場した円融魔術はもちろん、未来融合でデッキから墓地に5種落とせれば凄まじいアドを得ることが可能となる。チェーン・マテリアルと組ませれば素材は除外されてしまうものの、耐性によって破壊されない上、相手ターンに瞬間融合とコンボさせてフリーチェーン破壊も可能となる。まぁこれについては出来たらいいなレベルだが。

9

#bc129 TK  2018-01-16 22:33:45 [4]
攻撃力、効果ともに切り札らしい効果を持つカード。
融合召喚を用いる魔法使い族主体のデッキであれば、墓地融合可能な円融魔術と一緒に無理なく採用でき、要所での突破力を大幅に向上させてくれるだろう。
耐性にいくらかの穴はあるものの、全体除去の発動に成功していれば相手も相当な損害を被っていると思われるので、充分に仕事をしたといえる。

10

#0917d ルーク  2018-01-16 22:03:21 [3]
攻撃力4500にして究極級の魔法使い族融合モンスター。
FGDの攻撃力より劣るが、未来融合や円融魔術で出す事になる。
②の効果でクロス・ソウルや超融合で効果を受けず戦闘と表示形式変更以外の効果破壊耐性を持つのは有り難いし、滅多に破壊されるような事はない。

10

#feff5 なす  2018-01-16 18:25:17 [2]
魔法使い族5体を素材とする融合モンスター。
打点4500と高く、5種類の魔法使い族を素材とすれば、相手カードを全体除去と非常に強力。
さらに、効果破壊耐性だけでなく、リリース不可、融合素材不可というラヴァゴーレム・壊獣・超融合に対する耐性も持つため、場持ちも良く、切り札として相応しい。

10

#b9271 にしん  2018-01-16 18:02:28 [1]
昔にありそうでなかった魔法使い族の究極体。一見素材条件が非常に難しそうに見えるものの、覇王軸「魔術師」や未来融合を絡めた「魔導書」「シャドール」なら比較的容易に満たせる。

現ルールを考慮したズァーク視点から見ると、魔法使い族×5かつ5種類であちらと同じく相手フィールドの全破壊に加え、ズァークが効果対象、効果破壊耐性しか持っていないのに対し、こちらは対象にはできるものの、効果破壊耐性、リリース耐性を持つ。ステータスも500高く、リンクモンスターを採用しないズァーク軸ではほぼ上位互換となりうる性能。ただし効果対象耐性がないので除外とバウンスには弱い。

ただし「魔術師」だとPモンスター故に墓地には貯まりにくいので、同雑誌付録の円融魔術ではなく普通の融合を採用することになりそう。

未来融合で封印されしパーツ全5種を墓地に送ることもできるので「エクゾディア」でも有効な1枚だったり。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人の評価に対するコメントはやめましょう。
クインテット・マジシャン 9.7 /10.0 点、 評価数 10 件 ユーザー レビュー 10