HOME > 九尾の狐

九尾の狐(キュウビノキツネ)

九尾の狐
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 炎属性 6 アンデット族 2200 2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。
(2):墓地から特殊召喚したこのカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。自分フィールドに「狐トークン」(アンデット族・炎・星2・攻/守500)2体を特殊召喚する。
評価8.4/ 10
評価回数8
評価順位1436位 / 8984
閲覧数4093

 → 九尾の狐の価格相場を確認
 → 九尾の狐のボケを作成九尾の狐のボケを見る(0件)


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
PREMIUM PACK 20 PP20-JP014 2017年12月16日 Ultra

カテゴリ・効果対象


使用されているデッキ



評価 ⇒WIKI

8

#7cfa2 備長炭18  2018-03-12 21:42:23 [8]
自己蘇生する妖怪モンスター。
個人的かつ少し悪い見方ですが、トークン生成効果にターン1制限が付いていないので使い回したいところ。破壊される場所がどこからでもいいからですね。

8

#79981 プンプン丸  2017-12-27 13:49:11 [7]
三沢さんが使った妖怪カード
同じ三沢さんが使ったカードの《怨念の魂 業火》と相性はよくこのカードを破壊して《怨念の魂 業火》をSSしてトークンをばら撒きトークンをリリースして自身をSSしてランク6とか、あるいはそのままトークンと《怨念の魂 業火》使ってリンク3を出したりとかいろいろコンボができる。 

というか公式的にもそういうコンボをしてほしいがために、トーナメントパック2018 Vol.1に《怨念の魂 業火》を収録したんだと思う。

8

#48d2f しゃくれ  2017-12-24 16:11:25 [6]
×:炎属性・アンデット族
⚪︎:ほのお・ゴーストタイプ

ありそうでなかったモチーフが遂にカード化。効果も強力。この手の蘇生効果を使うと大体は除外されるが、そのデメリットが無いのは地味に嬉しい。コストの種類は問わず、自分で作ったトークンを食っても蘇生できる。リリースする星6なので聖刻とも相性がいい。
トークン生成は破壊される場所を問わないので、例によって孤島からの手札破壊でも可能。もはや手札破壊アドは常識なのか(錯乱)
しれっと指定ターン1が付いてないのが恐ろしく、馬頭鬼などで使い回してソリティアする危険性もあるが、総じて多彩な使い道がありそうな面白いモンスターと言えるだろう。

8

#7ced4 デルタアイズ  2017-12-17 17:32:59 [5]
可能性のキュウコン 手札・墓地から2体を素材にSSできる。
トークン生成効果にターン1がない... 近い将来化けるか...?狐だけに(激寒)

10

#20f91 ラーメン  2017-12-17 10:19:41 [4]
久々に見た気がするすごく直球なネーミング、カタカタのルビでも振られてるのかと思う名前だが漢字読みそのまま。
2体のリリースで特殊召喚できる効果、貫通効果、破壊された場合にトークン2体を生成する効果を持ち合わせている、貫通効果はほぼおまけとしてトークン生成効果と特殊召喚効果が綺麗にかみ合っているので実質的に「破壊された場合特殊召喚できる」カードと見ることができる、もちろん生成したトークン2体でドリトルキメラが出せるのでそちらに使っても良い。
そして、トークン生成効果は何と単1制限がない、2回以上使うことは稀だろうがこの手の効果にしては珍しい単1制限なしなので可能性を感じる。
どこから破壊されても効果を使えるので、孤島でお手軽にトークンを生成できる、炎属性ということもあいまってアンデの新規と言うよりは炎王の新規といえるだろう。

5

#9b3a4 とき  2017-12-16 23:50:28 [3]
初期を彷彿とさせるストレートなネーミング。
フィールド上のカード2枚をリリースすることで手札・墓地から特殊召喚する効果と貫通効果、戦闘・効果で破壊された時に狐トークン2体を特殊召喚する効果を持っている。
墓地から無尽蔵に蘇生できるカードではあるが、フィールド上の影響力は2200打点貫通にトークン生成を持つ程度。そのためわざわざ使うべきか悩ましいところ。加えて言うならリリース2体があれば今日日はリンク召喚する選択肢も行える。このカードはアンデットなので汎用的な蘇生サポートもあるだろう。
全体的には使いにくいが、狐トークン効果の発動に破壊される場所を問わない。炎王などで手札から破壊してやると意外な仕事をするかも。

10

#9c92c 如月  2017-12-16 11:11:41 [2]
2体をリリースして特殊召喚ができるモンスターです。
手札にいる場合はアドバンス召喚した方がいいと思いますが、墓地にいる時は破壊された時に③で残したトークンをリリースしてすぐさま特殊召喚が出来ます!また、墓地から特殊召喚された自身は貫通効果を付与されます。
復活が可能なので、ランク6のエクシーズ素材としても使えますよ。その場合はトークンを残せなくなりますが。

10

#7cc75 なす  2017-12-14 18:30:13 [1]
自己蘇生、蘇生時の貫通能力、破壊をトリガーにトークンを2体生成できるレベル6の炎属性・アンデット族。
トークン生成には同名ターン1制限がないため、炎王やアグニマズドV等で同名2体破壊や蘇生等による使い回しで何度も破壊すれば、大量にトークンを生成でき、高リンクに繋げられる。
2体のリリースで自己蘇生もできるため、トークン等をリリースしてバジリコック等のランク6の素材としても活かせる。

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
九尾の狐 8.4 /10.0 点、 評価数 8 件 ユーザー レビュー 8