HOME > 遊戯王デッキレシピ一覧 > 堕天使(だてんし)デッキレシピ >SR彼岸堕天使 デッキレシピ・デッキ紹介

SR彼岸堕天使 デッキレシピ・デッキ紹介 (イズルさん 投稿日時:2016/09/05 22:51)

 

大会結果 2016年09月04日 ショップ大会 ワンダーグー (14人) [優勝]
堕天使(だてんし)【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。

デッキ紹介・デッキ解説

勝利方法・デッキカテゴリー
堕天使(だてんし) 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
永遠の淑女 ベアトリーチェ
運用方法
最近たまに見る【SR堕天使】を自分なりに改造して、彼岸のパーツを積み込んだデッキです。このデッキの基本の動きはSR幻影彼岸のように、ベアトリーチェをなるたけ早く立てにかかるという普通の【堕天使】とはやや異なる動きをするのが特徴です。【堕天使】で扱うベアトは本家【彼岸】よりもかなりいやらしい動きができ、個人的にはそこそこ満足できていますね。大会でも小規模とはいえ優勝を飾り、現環境にもそれなりに戦いを挑めます。

ベアトをこのデッキで扱うことによって生まれるメリットは一番大きなものとして、

・コピーしたい堕天使魔法罠を能動的にコピー可能

これにつきます。特に、サーチ不可で素引きかドロー強化に頼らざるを得ない《堕天使の追放》をこちらから落とすことでコピーし、任意の堕天使カードを手札に加えることができるのが大きかったです。大会では、《背徳の堕天使》を落として相手にプレッシャーを与えたり、蘇生先を確保したりと多種多様な動きを見せてくれました。

・基本の動き
SR幻影彼岸やSR彼岸を触ったことのある方ならよくわかると思いますが、初動はベイゴマックスを出してダンテをエクシーズ、グラバースニッチを切ってベアト、スカマリ呼んでエンドにガイド回収。
これさえできれば、あとは相手のデッキと状況を読みながらベアトの効果を適宜使用し、堕天使のパワーで攻め込んでいくのがこのデッキの基本。落とすべきカードは盤面や手札によって大きく左右されるため一概にこうだと断言はできませんが、

・自分の場に堕天使がいて、自分のターン
 →《堕天使の追放》を落として効果をコピー。任意の堕天使をサーチ

・自分の場に堕天使がおらず、自分のターン
 →《堕天使の戒壇》を握っている場合、イシュタム等落として蘇生を狙う。彼岸を落としてアド取り  に走っても良し。

・自分の場に堕天使がいて、相手ターン
 →《背徳の堕天使》《魅惑の堕天使》を落として妨害に使う。ファーファ落とすでも良し。

・自分の場に堕天使がおらず、相手ターン
 →相手の動きによって落とすべきものが違う。ファーファやグラバースニッチを落として妨害・壁生  成などする。ベアトが突破されそうにない場合、追放を落としておくのも良い。

こんな感じですかね。ベアトで追放を落としておくと、ゴードンで追放が全部飛んでいく心配が消えるため、そういう意味でも一枚落としておくと良いです。

ここから下、大会リポート。今回はシード枠で、1回戦免除でした。

1回戦:シード枠ゆえに特になし。

2回戦:【クリフォート】 ○●○
いわゆる「アポクリフォート特化型」です。1戦目はこちらの先攻。初手としてはそれなりで、ベイゴマ先生とスカラマリオンを素引きしていたため、とりあえずベアト立ててツイツイセット、エンド。相手はツール発動して効果、《機殻の凍結》をサーチ。手札に戒壇があったため、ここは敢えてのツール通し。3枚伏せますが、凍結以外のバックはツイツイで殲滅でき、ベアトでイシュタムを墓地へ。巡ってこちらのターン。スタンバイにベアトで追放を墓地へ。そのまま戒壇でイシュタムを蘇生し、追放をコピー。テスカを持ってきてそのままバトル。ベアトで殴って終了。スタンバイにベアトで背徳を墓地へ。ツールの効果に対してはイシュタムをチェーン。背徳で凍結を破壊し、相手は《機殻の生贄》をサーチ。ゲノムを召喚し、装備してエンド。こちらはガイドからグランパルス、邪魔な生贄を破壊し、殴ってたら終了。
2戦目、サイドから羽根帚、システムダウン、魔封じ、うさぎを投入。後攻になります。そして、初手に魔封じ3枚。これでどうやって戦えばいいんだ!そのままずるずると打開札をスキドレされて負けました。
3戦目はとりあえずイシュタムを立てておいてエンド。相手はツール張って4伏せ、アーカイブ召喚。命削り。3枚引きますが、うち2枚がモンスターだったらしく、ツールで生贄を持ってきて装備、終了。キラー2枚が墓地へ。お、おう・・・。エンドフェイズにツイツイで4枚のバックの内の2枚を破壊した結果、宣告とスキドレを抜くという超直感。羽根帚でバックを全部流したら相手がサレでした。

3戦目:メタルフォーゼ ○○
はっきり言って、この試合は1戦目はともかく、2戦目は相手の事故に助けられての勝利でした。初戦は相手の先攻から。メタルフォーゼの各効果を駆使し、場に重錬装融合、カウンター、コンビネーション、バック1枚に場にメタルが2枚といういつもの布陣が整っていました。ユニコーンさんはデッキ内で待機中だったみたいです。とはいえ、こちらの初手は悪いとは言わないまでも重錬装融合とカウンターが厄介で、バックまで。取り敢えず動きようがなかったのでイシュタム効果から始動。通したので通告は無しと判断。ツイツイを投げ込んでみたところ、バックは宣告だったようです。4000バーン。もう一枚のツイツイを投げ込み、カウンターと重錬装融合を対象に発動。重錬装融合でオリハルクが出てきました。こちらはゴードンで手札を増やし、マスティマを自身の効果で特殊召喚。オリハルクが攻撃表示だったため、魅惑でパクって攻撃。終了。
2戦目、サイドからは魔力の泉、魔封じ、うさぎを投入。ですが、相手は何もせずドローゴー。どうやら手札誘発が固まってきてしまったらしいです。とはいえ、こちらもイシュタムの効果から入り、戒壇で蘇生しようとしましたが、Dクロウに阻まれ。魔封じを設置してターンを返し、スタンバイ魔封じで相手がサレ。引いたカードは3枚目の増殖するG。ユニコーン増G増GDクロウブラホという何もできない引き。悲しい・・・。

・決勝:【ABC】 ○○
現環境で個人的には一番強いんじゃないかと感じている問題デッキです。とはいえ、格納庫が使えなきゃ強さは3分の1程度まで落ちます(使ってる人なら分かると思いますが、格納庫引ける引けないでABCは大分勝率が変わります)。そのため、「格納庫を使わせない」プレイを心掛けてのスト勝ち。1戦目はこちらの先攻。ハンド的には今大会で一番よく、先攻でベアト+イシュタム、墓地に背徳バックにツイツイと置けたため、格納庫をひたすら妨害し、セットモンスター、エクシーズモンスターをファーファで除去して粘り勝ちしました。
2戦目、サイドからはシステムダウン、烈旋、うさぎ、闇封剣を投入。相手の先攻で、ゴードンからスタート。どうやらゴードンのドローでうまく格納庫を引けたようで、ABCのいつもの布陣、ツクヨミ+ABC+バックが完成。スタンバイの魔封じはチェーンツイツイでバックごと爆破し、烈旋発動。相手はチェーンしてABCを分離し、格納庫でアサルトコアをバスタードレイクに装備。しますが、システムダウンで全部お流れに。あとはツクヨミをリリースして虚無魔人を召喚。殴りますが、返しのターンに月書で止められ、ギアギガントXの召喚を許してしまい、虚無魔人があえなく撃破。こちらのターン、ナイスドロー、ベイゴマックス。ベイゴマックスでダンテを作り、効果発動。うまい感じにイシュタムが落ちてくれ、戒壇で蘇生。ダンテでXを撃破し、メイン2にファーファコストにベアトに変身。エンド。相手ターンスタンバイにベアトで魅惑を落とし、ABC構成パーツが場に出たタイミングを狙い、魅惑でコントロールを奪います。相手が何もできずエンドしたため、こちらのターンでもベアトで魅惑を落としてイシュタムでコピー。殴って終了です。
強み・コンボ
【堕天使】の基本の動きが「墓地の堕天使魔法罠をコピーする」というものですが、コピー対象は狙って使うためにはサーチ不可の《堕天使の追放》がほぼ必須だったということがあります。
このデッキの強みは、コピーしたい対象を自ら用意できること。《魅惑の堕天使》《背徳の堕天使》を落として相手ターンに妨害、《堕天使の追放》のコピーによるアド取りが能動的に狙えるため、通常の【堕天使】よりはアドバンテージ確保能力に優れています。また、彼岸の混成により継戦能力が向上。堕天使が使えずともランク3に戦術を切り替えることで厄介なオピオンも突破できます。
弱点・課題点
基本的には特殊召喚メタ、墓地メタは軒並みクリーンヒットします。本家【堕天使】のクリスティア、虚無魔人による展開ロックを仕掛けて攻め込む戦術は特殊召喚に頼りがちなこのデッキとは相性最悪です。
唯一の希望がファーファレルですが、展開ロック中に1枚しかないファーファを狙って落とすのは難しく、あまり頼りにはなりません。墓地利用阻害はもはやテンプレのダークロウ、お互いに効果が及ぶマクロコスモスなど、あげればきりがないです。
カスタマイズポイント
サイドデッキがこちら。参考までに。

3《魔封じの芳香
1《ハーピィの羽根帚
2《魔力の泉
3《帝王の烈旋
2《闇の護封剣
2《システム・ダウン
2《幽鬼うさぎ

何か質問とか、アドバイスとか意見とかありましたらどうぞ。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼
デッキを評価しよう!

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。

初心者 「初心者質問ですみませんデスガイドで効果でデッキから持ってくるモンスターは基本どれがいいでしょうか?
またサイドのカードを交換する場合どれと交換すればいいのか?
また虚無空間があるのに虚無魔人があるのはなんででしょうか?
質問多くてすみません 」(2016-09-23 08:43 #7c187)
イズル 「ガイドの効果は先攻で出すか、そうでないか。手札に彼岸があるのか、そうでないのかで呼び出すモンスターが変わってきます。

先攻で、手札に彼岸
 →グラバースニッチを特殊召喚して、ダンテをエクシーズ。ベアトリーチェまで繋げる。
先攻で、手札に彼岸無し
 →最悪のパターンその1。スカラマリオンを呼んできて、ダンテをエクシーズ。スカラマリオンを払って効果。エンドフェイズにグラバースニッチをサーチ。
後攻で、手札に彼岸
 →グラバースニッチを呼び、ダンテ→ベアトと繋ぐ。
後攻で、手札に彼岸なし
 →自爆特攻できるのなら、ガトルホッグを呼び出し、ダンテをエクシーズ。自爆特攻して、ガトルホッグでダンテを蘇生、ダンテでガトルホッグを回収。メイン2にベアトまで繋ぐ。とはいえ、あまりやらない。

サイドデッキの交換は、相手によって変わりますね。相手の戦術に合わせる、といえばいいのかな…。大会でのサイドチェンジ、ちょっと前なのでうろ覚えですが記載しておきます。参考までに

vsクリフォート
in
羽根帚1、魔封じ3、システムダウン2、うさぎ1
out
ゴードン2、ファーファ1、テスカ1、アムドゥシアス2、おろまい1

vsメタルフォーゼ
in
魔封じ3、魔力の泉2、うさぎ2
out
ゴードン2、戒壇1、テスカ1、アムドゥシアス1、誘惑2

vsABC
in
システムダウン2、烈旋3、うさぎ2、闇封剣2
out
ゴードン2、テスカ1、誘惑1、スペルビア1、マスティマ1、戒壇1、ガトルホッグ1、おろ埋1

とかだった気がします。断定はできないですが。

虚無空間と虚無魔人に関して。
まず、永続罠かモンスターかで大分違います。虚無空間ではライフを削れないですよね?まずそこが大きく違います。また、虚無空間に関しては自壊条件があるため維持してロックをかけるというより、使いきりの面が強いです。相手の特殊召喚するカードに対して発動し、自分のターンではベアトで自壊させ、展開して押し切る、というのが虚無空間の使い方。虚無魔人は打点2400あるため、下級モンスターで突破されにくく、既に展開しきった後で蓋をするのに向くカードです。あるいは、先攻で取り敢えず立てて置き、相手の展開を封殺して押し切ったり。単騎でも何とかなるのが虚無魔人。維持が厳しいため、カウンター罠のように使うのが虚無空間です。何より、虚無空間に関しては制限カードですし、引けるかどうかも分からないカードなので過信は禁物。「基本引けないけど、引けたら強い」と考えて運用しています。

参考になりましたでしょうか? 」(2016-09-23 13:02 #00ea6)
初心者 「なるほど
ありがとうございます参考にさせていただきます 」(2016-09-23 14:17 #f297d)
堕天使で何かに目覚めそう 「すごく参考になりました。
すばらしい。 」(2016-09-29 20:09 #edb2f)
イズル 「お二人共

コメ頂いてたのに返せずすみませんでした。
参考にしていただけたなら幸いです。ガチデッキけき 」(2016-09-30 20:57 #f689b)
イズル 「失礼。先のコメントは送信ミスです。

続きから↓
ガチデッキ(というかABC?)とも「先攻取れれば」やりあえます。
堕天使+ベアトの布陣が想像以上に硬いらしく、ドロソでぶん回せるので使ってても楽しいですよ。

SR彼岸幻影の時もベアトには大分助けられたものですが、堕天使でもベアトに頼ることになるとは…。しかもあのデッキより選択肢が増えてより強くなりました。ファーファ以外の妨害札が出来るのはデカイですね。 」(2016-09-30 21:04 #f689b)
Weaver 「コメント失礼します!
こちらのデッキにすごい感動して、今からでも作ろうと思っているところです。なのですが、ベイゴマが規制にかかったことによりレシピがより難しくなりました。またもう1つのデッキとして作ろうと思っているのでゴードンは経済面で購入を考えていません、、
今の環境として、レシピを是非教えていただけないでしょうか? 」(2017-01-10 01:33 #1a840)
イズル 「Weaver様
コメント遅れて申し訳ないです。リアルが混沌としてまして。。。

ゴードンは最近はあまり見ないですよね。
まあ、十☆二☆王やってるので仕方ないわけなんですが。。。

真面目に回答すると、次で出てくる《捕食植物オフリス・スコーピオ》《捕食植物ダーリング・コブラ》が使えるかなぁと考えています。ただ、召喚権を食ってしまう上にモンスターの手札コストが必要なのが難点です。また、エクストラデッキに無理やり空きを作っておけば、十二獣を組み込むことも十分可能だと思います。

なので、回答としてはベイゴマセット&ゴードンをオフリス&ダーリング+簡易融合とかですかね。ブリリアントフュージョンの場合メインデッキにもかなりの枠が必要ですので、簡易の場合サウサクとレベル3融合一枚ぐらい刺しておけば良いと思われます。 」(2017-01-13 07:00 #5630a)


スポンサーリンク
メインデッキ (20種・42枚)
モンスター (12種・24枚)
名前種族攻 / 防最安
3 このカードを使用したデッキ一覧堕天使イシュタム 10 天使族 2500 / 2900 80円
2 このカードを使用したデッキ一覧堕天使テスカトリポカ 9 天使族 2800 / 2100 20円
2 このカードを使用したデッキ一覧堕天使マスティマ 7 天使族 2600 / 2600 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧虚無魔人 6 悪魔族 2400 / 1200 20円
2 このカードを使用したデッキ一覧堕天使アムドゥシアス 6 天使族 1800 / 2800 20円
3 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の悪鬼 グラバースニッチ 3 悪魔族 1000 / 1500 50円
3 このカードを使用したデッキ一覧SRベイゴマックス 3 機械族 1200 / 0600 80円
3 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の悪鬼 ガトルホッグ 3 悪魔族 1600 / 1200 650円
1 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の悪鬼 スカラマリオン 3 悪魔族 0800 / 2000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の悪鬼 ファーファレル 3 悪魔族 1000 / 1900 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧SRタケトンボーグ 3 機械族 0600 / 1200 99円
1 このカードを使用したデッキ一覧魔界発現世行きデスガイド 3 悪魔族 1000 / 0600 10円
魔法 (5種・13枚)
3 このカードを使用したデッキ一覧闇の誘惑 - - - - 50円
3 このカードを使用したデッキ一覧堕天使の戒壇 - - - - 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧強欲で貪欲な壺 - - - - 530円
3 このカードを使用したデッキ一覧堕天使の追放 - - - - 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧ツインツイスター - - - - 60円
(3種・5枚)
2 このカードを使用したデッキ一覧背徳の堕天使 - - - - 20円
2 このカードを使用したデッキ一覧魅惑の堕天使 - - - - 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧虚無空間 - - - - 1円
エクストラデッキ (14種・15枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の巡礼者 ダンテ 9 天使族 2800 / 2500 81円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.77 ザ・セブン・シンズ 12 悪魔族 4000 / 3000 150円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.84 ペイン・ゲイナー 11 昆虫族 0000 / 0000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧超弩級砲塔列車グスタフ・マックス 10 機械族 3000 / 3000 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ 10 機械族 3200 / 4000 280円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.35 ラベノス・タランチュラ 10 昆虫族 0000 / 0000 80円
2 このカードを使用したデッキ一覧永遠の淑女 ベアトリーチェ 6 天使族 2500 / 2800 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧電子光虫-コアベージ 5 昆虫族 2200 / 1800 9円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.47 ナイトメア・シャーク 3 海竜族 2000 / 2000 100円
1 このカードを使用したデッキ一覧超量機獣グランパルス 3 機械族 1800 / 2800 10円
1 このカードを使用したデッキ一覧トーテムバード 3 鳥獣族 1900 / 1400 56円
1 このカードを使用したデッキ一覧彼岸の旅人 ダンテ 3 戦士族 1000 / 2500 88円
1 このカードを使用したデッキ一覧No.20 蟻岩土ブリリアント 3 昆虫族 1800 / 1800 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧幻影騎士団ブレイクソード 3 戦士族 2000 / 1000 50円
メインデッキ 最低構築金額 5774円
このカードを使用したデッキ一覧をクリックすると対象カードを採用したデッキ一覧に飛びます
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみましょう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみましょう。


関連デッキ

■堕天使(だてんし)カテゴリの他のデッキレシピ
2021-03-26 【溟界堕天使
2021-02-13 【厨二心をくすぐる堕天使
2021-01-11 【堕天使
2020-12-23 【堕天邪神ー神VS邪神
2020-11-10 【堕天使ハネクリボー・改
2020-10-20 【死の救世主
2020-07-04 【同胞の絆
2020-06-12 【実験的時械神出張堕天使
2020-06-02 【展開封殺型堕天使
2020-05-29 【ロマン堕天使
2020-05-18 【堕天使アクセント添え
2020-05-13 【堕落へと誘う天使
2020-05-11 【新規入り堕天使
2020-05-03 【堕天使
2020-04-21 【堕天使で遊んでみたい
堕天使(だてんし)のデッキレシピをすべて見る▼

デッキ採用カード一覧

▼ デッキに採用されているカード情報を表示する(34種) ▼
閲覧数15859 評価回数10 評価78 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -