HOME > デッキレシピ一覧 >  【公認優勝】マジェ出張魔術師

【公認優勝】マジェ出張魔術師 デッキレシピ (がはらさん 投稿日時:2015/08/01 23:57)

※「デッキメーカー」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  

大会結果 2015年07月29日 トレカパークショップデュエル (20人) [優勝]
★ペンデュラムモンスター★【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
相克の魔術師デッキカード画像 オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンデッキカード画像 オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンデッキカード画像 オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンデッキカード画像 竜穴の魔術師デッキカード画像 竜穴の魔術師デッキカード画像 竜穴の魔術師デッキカード画像 賤竜の魔術師デッキカード画像 賤竜の魔術師デッキカード画像 賤竜の魔術師デッキカード画像 マジェスペクター・ユニコーンデッキカード画像 マジェスペクター・ユニコーンデッキカード画像 マジェスペクター・ユニコーンデッキカード画像 慧眼の魔術師デッキカード画像 慧眼の魔術師デッキカード画像 慧眼の魔術師デッキカード画像 EMドクロバット・ジョーカーデッキカード画像 EMドクロバット・ジョーカーデッキカード画像 EMドクロバット・ジョーカーデッキカード画像 竜脈の魔術師デッキカード画像 EMペンデュラム・マジシャンデッキカード画像 マジェスペクター・ラクーンデッキカード画像 エキセントリック・デーモンデッキカード画像 エキセントリック・デーモンデッキカード画像 ハーピィの羽根帚デッキカード画像 オッドアイズ・フュージョンデッキカード画像 テラ・フォーミングデッキカード画像 ペンデュラム・コールデッキカード画像 ペンデュラム・コールデッキカード画像 ペンデュラム・コールデッキカード画像 天空の虹彩デッキカード画像 天空の虹彩デッキカード画像 天空の虹彩デッキカード画像 奈落の落とし穴デッキカード画像 激流葬デッキカード画像 デモンズ・チェーンデッキカード画像 デモンズ・チェーンデッキカード画像 虚無空間デッキカード画像 神の宣告デッキカード画像 神の警告デッキカード画像
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンデッキカード画像 オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンデッキカード画像 オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴンデッキカード画像 No.11 ビッグ・アイデッキカード画像 真紅眼の鋼炎竜デッキカード画像 サイバー・ドラゴン・インフィニティデッキカード画像 セイクリッド・プレアデスデッキカード画像 サイバー・ドラゴン・ノヴァデッキカード画像 星輝士 セイクリッド・ダイヤデッキカード画像 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニングデッキカード画像 Emトラピーズ・マジシャンデッキカード画像 No.16 色の支配者ショック・ルーラーデッキカード画像 星守の騎士 プトレマイオスデッキカード画像 No.39 希望皇ホープデッキカード画像 フレシアの蟲惑魔デッキカード画像
メインデッキ (22種・40枚)
モンスター (11種・24枚)
名前種族攻 / 防最安
1 相克の魔術師 7 魔法使い族 2500 / 0500 1円
3 オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン 7 ドラゴン族 2500 / 2000 1円
3 竜穴の魔術師 7 魔法使い族 0900 / 2700 50円
3 賤竜の魔術師 6 魔法使い族 2100 / 1400 20円
3 マジェスペクター・ユニコーン 6 魔法使い族 2000 / 2000 1円
3 慧眼の魔術師 4 魔法使い族 1500 / 1500 1円
3 EMドクロバット・ジョーカー 4 魔法使い族 1800 / 0100 80円
1 竜脈の魔術師 4 魔法使い族 1800 / 0900 1円
1 EMペンデュラム・マジシャン 4 魔法使い族 1500 / 0800 20円
1 マジェスペクター・ラクーン 3 魔法使い族 1200 / 0900 10円
2 エキセントリック・デーモン 3 悪魔族 0800 / 1000 1円
魔法 (5種・9枚)
1 ハーピィの羽根帚 - - - - 460円
1 オッドアイズ・フュージョン - - - - 70円
1 テラ・フォーミング - - - - 20円
3 ペンデュラム・コール - - - - 30円
3 天空の虹彩 - - - - 100円
(6種・7枚)
1 奈落の落とし穴 - - - - 1円
1 激流葬 - - - - 1円
2 デモンズ・チェーン - - - - 1円
1 虚無空間 - - - - 1円
1 神の宣告 - - - - 50円
1 神の警告 - - - - 45円
エクストラデッキ (14種・15枚)
2 オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン 7 ドラゴン族 2500 / 3000 50円
1 オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン 7 ドラゴン族 2800 / 2500 20円
1 No.11 ビッグ・アイ 7 魔法使い族 2600 / 2000 1138円
1 真紅眼の鋼炎竜 7 ドラゴン族 2800 / 2400 300円
1 サイバー・ドラゴン・インフィニティ 6 機械族 2100 / 1600 1000円
1 セイクリッド・プレアデス 5 戦士族 2500 / 1500 50円
1 サイバー・ドラゴン・ノヴァ 5 機械族 2100 / 1600 180円
1 星輝士 セイクリッド・ダイヤ 5 幻竜族 2700 / 2000 50円
1 SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング 5 戦士族 2500 / 2000 360円
1 Emトラピーズ・マジシャン 4 魔法使い族 2500 / 2000 5円
1 No.16 色の支配者ショック・ルーラー 4 天使族 2300 / 1600 50円
1 星守の騎士 プトレマイオス 4 戦士族 0550 / 2600 30円
1 No.39 希望皇ホープ 4 戦士族 2500 / 2000 10円
1 フレシアの蟲惑魔 4 植物族 0300 / 2500 1円
メインデッキ 最低構築金額 4827円
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみよう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみよう。


勝利方法・デッキカテゴリー
★ペンデュラムモンスター★ 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
マジェスペクター・ユニコーン
運用方法
どうも、がはらです。

Twitterやってます!質問等いろいろ待ってます!→ @rutiable2189

今回もまた 【魔術師】の優勝デッキの紹介です。



今回は 【マジェスペクター】から、ユニコーンとラクーンを引っ張ってきました。

普通考えられるのは、フォックスとテンペストを引っ張ってくるパターンが多いかと思いますが…


正直、フォックステンペストの出張パーツはかなり弱いです。

理由としてはフォックスのステータスが余りに低く、軽々と戦闘破壊された後に展開され場を固められるケースがとても多かったことにあります。

それに加え、単体では機能しないテンペストが初手に来てしまって、リリース要因を確保できず死に札になってしまうことがかなりストレスになっていました。


そこで目をつけたのが、ユニコーンです。

手札に複数来た場合でも、スケールが低いため柔軟な対応ができ、腐りにくいです。さらに単体でも機能できる強力な制圧効果を備えているので、かなりパフォーマンスが高いカードだと思います。

個人的には巨神鳥とプトレより強いと思います。
巨神鳥にはサーチ可能な点で勝り、プトレには耐性で勝ります。
とはいえ、巨神鳥では対応できる魔法罠には無力なのが深刻ですが、何試合も戦って来た中で『あーこんなとき巨神鳥だったらなぁ』なんて考えは浮かんだことはないです。

まぁユニコーンの採用理由はこの辺にして、次はラクーンの説明に入りましょう。



ラクーンはピンでの採用となっています。
理由は単純明快。『オッPでサーチできる』からです。
ラクーンの採用枚数を増やして、初手のユニコーン展開の確率を上げるのも悪くないですが、メインデッキを圧迫してまで初手ユニコーンを目指す必要はないです。

とまぁこんなところですね。


と、突然話が変わるようですが、僕の魔術師デッキは所謂『オッドアイズ型』というものです。

魔術師にも型あんの?って思われた方が少なからずいると思いますので、自分なりに説明したいと思います。


基本的には3つの魔術師型があります。



①オッドアイズ型

他の型とは違い先行での布陣設置が苦手だが、返しの対応力と安定性及び火力が最も高いです。

理由としてはオッPのサーチ効果がエンドフェイズ時とかなり遅く、どうしても場がスカスカになってしまうことが多いです。
その反面、オッPによる低打点へ圧倒的殺意とランク7の強力な返し能力で、ワンショットに優れています。



②ペンマジ巨神鳥型
ペンデュラムマジシャンによるランク4へのアクセス力(=プトレへのアクセス力)と後続の確保を実現し、巨神鳥とランク4(プトレ)での先行制圧に長けた型です。

プトレマイオスというのは、後続が確保できてかつ他に制圧力のあるカードがある場合にのみ輝けるカードです。
実際、ヒーローにおいてのダークロウプトレの布陣も、横に処理を強要させるようなモンスターがいるから強く感じるのであって、バックも薄く手札消費の激しいファンデッキがプトレを出したところで『それがどうした』となってしまうわけです。
つまり、上記二つの条件を容易に満たせることを見越しての型というわけですね。



③クラブレ型

どの型よりも最も速く、尚且安定して先行制圧が可能です。

こう書くと一番強そうに見えますが、『相手に先行を取られるとそうとうキツイ』のが難点です。
結局のところチェインの次に出てくるランク4を処理されると動きが止まってしまう単純なギミックなので、0か100かという逆の意味で不安定な型です。

しかしながら、『いつどんなときでも同じ動きができるデッキ』が強いのが遊戯王なので、使っていて楽しい、使われて楽しくないというのがこの型の特徴なのではないでしょうか。



とまぁ適当に書きました。

ここでなぜオッドアイズ型にユニコーンを採用したのか、という話に戻るのですが…


先行制圧が苦手…→でも完璧な布陣を目指す必要はない→そこを補えるユニコーンを採用してみたらどうなる?→意外と上手くハマった!

となったわけです。


適当なこと言ってんじゃねぇぞちゃんと説明しろ!


って言われても、


え、だってこれが真実だもの。

と答える他ないです…(笑)

以前紹介したジュラゲド入りのレシピも、

『先行制圧が苦手で、返しが強いオッドアイズ型』に『ワンショット防止できてかつダメージレースを有利にできる』カードがジュラゲドだったわけです。

今回の場合でも、『先行制圧がry』に『強力な耐性を持ち戦闘以外突破が難しい』≒『ワンショット予防』になるユニコーンを採用した。

と、簡単な話なのです。


これが優勝という結果に繋がったという確信はないです。

しかし、ユニコーンを採用したことにより、ジュラゲドより高いパフォーマンス性に魅せられたのは事実です。実際、実践でもジュラゲドより仕事をしてくれたと思ったので、このデッキを紹介することにしました。


とはいえ、『無理をしてユニコーン展開する必要はない』と書いておいて、『弱点のワンショット対策をユニコーンにまかせている』という矛盾が生じているには自覚しています…


正直、『たられば』の話になってしまうので余りしたくないのですが




遊戯王というのは運ゲーです(笑)


これを握『れば』、これをでき『たら』

というのが蔓延してしまう、TCGというシステム自体に原因があるわけです。

もし『ユニコーンを握っていれば』勝てた。
もし『相手が事故っていれば』勝てた。

そんなこと、言わずとも分かっていると思いますが、ここのとこをきちんと認識した上で僕のデッキを評価してほしいです。


以上でデッキ紹介を終わります。


…偉そうなことつらつらと申し訳ありません。

採用カードの紹介ですが、前回とあまり変わらないので省略させてもらいます。

気になる点があれば、コメントにてご質問ください。



…毎度毎度長い文章を書いてしまって申し訳ないです。


強み・コンボ
弱点・課題点
カスタマイズポイント
サイドデッキの紹介になります。

個人的にはかなりまとまってきたと感じています。

揺れる眼差し×3
スキルドレイン×3
スターライトロード×3
ファイアーハンド×2
アイスハンド×2
手違い×2

計15枚になります。

スターライトロードは魔術師ミラーやマジェ、サイドチェンジ以降にエキセントリックデーモンと共に積まれるであろう揺れる眼差しへの回答です。それ以外にも、最近先行制圧で利用されるようになったフレシア対策にもなります。(奈落など)
スタロのためだけにスタダという考えは全然ありだと思います。


スキルドレインはほぼマジェピンポですが、案外刺さるテーマが多く重宝しています。オッPなどは素の打点が高いため普通にビートしても十分強いですし、なにより虹彩で自壊できるため二枚目以降も腐りづらいです。


ハンド兄弟は魔封じピンポです。主にサイチェンする際にはスキルドレインと共に入れ替えてゆき、メタビ感覚で戦えるようになるため非常に使い心地がよかったです。



基本的な説明はこのくらいですが、他にも不明な点があるならコメントをしてくだされば幸いです。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。

milk 「参考にさせてもらっています!
いきなりですいません。。。
サイドデッキはどのような構築でしょうか? 」(2015-08-05 20:59 #0f350)
がはら 「milk さん

コメントありがとうございます!

カスタマイズポイントの欄に記載させていただきます。
参考にして頂きありがとうございますm(_ _)m 」(2015-08-06 01:33 #0e51e)
milk 「サイドデッキの紹介ありがとうございました。
8日の大会でこの構築で大会に出ようと考えているのですが、回し方のコツというか優勝したときの、プレイングを教えていただければ本当にありがたいです。。

あと、ペンデュラムマジシャンは必須でしょうか?
僕としてはその枠に相克を入れようと考えています。

2つとも図々しい質問で申し訳ありません。
お時間があればご返信お願いしますm(__)m
(2015-08-06 06:37 #0f350)
ハリボー 「オッドアイズボルテックスドラゴン2枚入れている理由はなんでですか?
サイチェンの際は基本的になにをぬくんですか? 」(2015-08-06 06:56 #07331)
がはら 「milk さん

コメントありがとうございます!

基本的に意識しているプレイングとしては、『思考停止慧眼サーチ』をしないことです。竜穴>慧眼と優先度を決めておくといいと思います。理由としては、デッキの構成上どうしても高スケールを竜穴に依存してしまいがちになっているのと、慧眼によく投げられる幽鬼うさぎケアにもなるからです。(このデッキでは虹彩にうさぎ投げられる方が痛い(笑))
一番書きたいところはこんなものです。とりあえず、コメント欄では書きにくいので『強み・コンボ欄』にて詳しく書きたいと思います。

ペンデュラムマジシャンについてですが、正直なところ『有るのと無いのとでは雲泥の差』です…。たった1枚でも相当な対応力を確保できるので、1枚は入れた方がいいと思います。

二枚目の相克に関しては、竜脈を抜いてあげても構わないと思います。 」(2015-08-06 12:16 #0e51e)
がはら 「ハリボー さん

コメントありがとうございます!

ボルテックス2枚採用については、前回レシピで紹介したとおり、『召喚用』と『素材用』のためです。ボルテックスアブソリュートの布陣を負担を減らして出すには、どうしてもボルテックスが2枚必要になってしまいます。

サイドチェンジに関しては、マジェスペクターパーツと罠をいじります。キーカードのマジェを抜くのは変な感じがしますが、スキドレをサイチェンで投入する場合どうしても邪魔になります…モンス枠で抜くのは他に竜脈くらいですかね。

罠枠で抜くのは神の警告、デモチェ、激流葬です。
デモチェマジェパーツ→ハンドスキドレ
警告激流竜脈→眼差しorスタロ
警告激流→手違い
といった感じが多かったです。
(2015-08-06 12:28 #0e51e)
かーくん 「レポ書いてもらっていいですか? 」(2015-08-23 11:24 #08089)
rr 「慧眼が禁止になった今の環境の場合はどうすればいいのか教えて下さい。 」(2015-12-10 14:46 #b3e4c)
rr 「制限でした間違えてましたすいません。 」(2015-12-10 14:51 #b3e4c)



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

■★ペンデュラムモンスター★カテゴリの他のデッキレシピ
2019-03-19 【エンディミオン
2019-03-18 【EM魔術師ガンドラ
2019-03-14 【魔導エンディミオン
2019-03-09 【魔法使いペンデュラム
2019-03-01 【覇王魔術師
2019-02-21 【愚鈍なる力に抗う反逆の牙!
2019-02-18 【自分用魔術師
2019-02-11 【神眼魔術師
2019-02-07 【メモ
2019-02-06 【【ハロハロ】
2019-01-13 【迷走魔術師ズァーク
2019-01-09 【ラグナ・クリスタル
2019-01-04 【ちょい7軸の魔術師
2019-01-02 【1月期から用の魔術師(原型)
2018-12-25 【EM魔術師竜剣士
★ペンデュラムモンスター★のデッキレシピをすべて見る▼
閲覧数12134 評価回数16 評価142 ブックマーク数2