HOME > 遊戯王デッキレシピ > 水デッキレシピ >すべてラドリーになるデッキ デッキレシピ・デッキ紹介

すべてラドリーになるデッキ デッキレシピ・デッキ紹介 (タロヨさん 投稿日時:2022/05/18 17:54)

 

水【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。

デッキ紹介・デッキ解説

勝利方法・デッキカテゴリー
【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
ドラゴンメイド・ラドリー
運用方法
マスターデュエルで使ってるデッキ。プラチナ帯をうろうろ。

ドラゴンメイド・ラドリー》のラドリーのためのデッキ。
とにかくラドリーを出しまくって、墓地を肥やして戦うデッキ。


初手は水属性の展開《深海のディーヴァ》からスタート。
ディーヴァで《海皇子 ネプトアビス》を呼び出し、ネプトで《海皇の竜騎隊》コストで、《海皇の竜騎隊》をサーチ。墓地の《海皇の竜騎隊》効果で、《深海のミンストレル》をサーチ。
深海のミンストレル》効果発動で、レベル2非チューナーがいる場合は、《海皇の竜騎隊》をコストに《彩宝龍》サーチ後特殊召喚、レベル2非チューナーがいない場合は、手札にれべる4を残すようにして、相手の手札1枚を除外する。
レベル2非チューナーがいれば、《彩宝龍》とレベル7の《深海姫プリマドーナ》を作れます。
居なければ、一旦《深海のディーヴァ》と《海皇子 ネプトアビス》で《たつのこ》をシンクロ召喚して、手札のレベル4と共に《深海姫プリマドーナ》をシンクロ召喚。
深海姫プリマドーナ》で《ドラゴンメイド・ラドリー》を呼び、ラドリーが《ドラゴンメイド・フルス》を落としてくれるので、バトルフェイズにフルスへチェンジしてそのまま殴る。

レベル2非チューナがいる場合、《深海のディーヴァ》と《海皇子 ネプトアビス》が余っているので、《海晶乙女コーラルアネモネ》が作れて、墓地の《深海のミンストレル》が蘇生でき、さらに墓地肥やしがはかどる。
バトルフェイズ終了時に《ドラゴンメイド・ラドリー》がフィールドに戻ってきて、
海晶乙女コーラルアネモネ》と《深海のミンストレル》で《水晶機巧-ハリファイバー》が出せるので、レベル3チューナーをデッキから特殊召喚して、相手ターンに回します。
相手ターンに《水晶機巧-ハリファイバー》が《水晶機巧-クオンダム》にチェンジできるので、
チューナーが4と3、非チューナに《ドラゴンメイド・ラドリー》のレベル2となり、《水晶機巧-グリオンガンド》のモンスター3枚除外をかまえることができる。

ドラゴンメイド・フルス》をフィールドに残すことで、レベル3チューナーがいれば、《相剣大公-承影》を出すこともできる。

また、《深海のミンストレル》の効果で、サンダーボルトなどが見えてた場合は、ハイファイバーではなく、《水精鱗-サラキアビス》にしておくなどで戦線を維持する。
ドラゴンメイド・フルス》は《水精鱗-サラキアビス》や《ドラゴン・アイス》の手札コストにでき、《水精鱗-サラキアビス》は破壊されるとラドリーを蘇生できる。

海晶乙女コーラルアネモネ》もラドリーを蘇生できる。
海晶乙女コーラルアネモネ》は墓地の攻撃力を参照するので、《深海の怒り》も蘇生でき、
最後に超攻撃力になった《深海の怒り》でフィニッシュする。
強み・コンボ
魔法カード以外、全部墓地に落としていいので、ラドリーが思う存分ドヤァできる!
ラドリーの墓地肥やしが平均3回くらいできる!
ラドリーが落として、うまうまトップ5
ドラゴンメイド・フルス
フィッシュボーグ-プランター
フィッシュボーグ-ランチャー
氷結界
ドラゴン・アイス

ラドリーは《水晶機巧-グリオンガンド》の素材になり、フルスでは《相剣大公-承影》の素材になるという完璧なかみ合い!

使ってて気が付いたのが、《水精鱗-ネレイアビス》の破壊対象に《相剣大公-承影》を選ぶと、破壊する代わりに、墓地のカードを除外し、それをトリガーに相手カードを除外できる。
水精鱗-ネレイアビス》は《水精鱗-ディニクアビス》などでサーチでき、ディニクアビスはレベル7なので、3チューナが多いこのデッキでは《相剣大公-承影》を呼びやすく、手札に《水精鱗-ネレイアビス》があるという理想的な布陣もかまえやすい。
弱点・課題点
すべてラドリーの気まぐれ。
カスタマイズポイント
ラドリー蘇生用の《海晶乙女コーラルアネモネ》の素材、水属性2体を並べやすいようにしたい。
今は、フィッシュボーグに頼り気味。
ガエルギミックとか。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼
デッキを評価しよう!

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。


スポンサーリンク
メインデッキ (25種・40枚)
モンスター (20種・32枚)
名前種族攻 / 防最安
1 このカードを使用したデッキ一覧海亀壊獣ガメシエル 8 水族 2200 / 3000 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧ドラゴンメイド・フルス 7 ドラゴン族 2600 / 1600 15円
2 このカードを使用したデッキ一覧水精鱗-ディニクアビス 7 水族 1700 / 2400 40円
1 このカードを使用したデッキ一覧彩宝龍 5 海竜族 0000 / 2600 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧深海の怒り 5 魚族 0000 / 0000 18円
1 このカードを使用したデッキ一覧ドラゴン・アイス 5 ドラゴン族 1800 / 2200 20円
3 このカードを使用したデッキ一覧海皇の竜騎隊 4 海竜族 1800 / 0000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧揺海魚デッドリーフ 4 魚族 1500 / 1600 45円
3 このカードを使用したデッキ一覧深海のミンストレル 3 海竜族 1200 / 1500 10円
1 このカードを使用したデッキ一覧貪食魚グリーディス 3 魚族 1000 / 1000 10円
2 このカードを使用したデッキ一覧水精鱗-ネレイアビス 3 水族 1200 / 2000 10円
1 このカードを使用したデッキ一覧フィッシュボーグ-アーチャー 3 魚族 0300 / 0300 33円
1 このカードを使用したデッキ一覧黄紡鮄デュオニギス 3 海竜族 1500 / 0700 10円
1 このカードを使用したデッキ一覧極氷獣ポーラ・ペンギン 3 水族 0800 / 1000 10円
3 このカードを使用したデッキ一覧深海のディーヴァ 2 海竜族 0200 / 0400 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧フィッシュボーグ-プランター 2 魚族 0200 / 0200 20円
3 このカードを使用したデッキ一覧海皇の重装兵 2 海竜族 0000 / 1600 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧ドラゴンメイド・ラドリー 2 ドラゴン族 0500 / 1600 10円
1 このカードを使用したデッキ一覧海皇子 ネプトアビス 1 海竜族 0800 / 0000 50円
3 このカードを使用したデッキ一覧フィッシュボーグ-ランチャー 1 魚族 0200 / 0100 30円
魔法 (2種・4枚)
3 このカードを使用したデッキ一覧おろかな副葬 - - - - 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧深海のアリア - - - - 50円
(3種・4枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧ドラゴンメイドのお片付け - - - - 80円
1 このカードを使用したデッキ一覧ブレイクスルー・スキル - - - - 50円
2 このカードを使用したデッキ一覧氷結界 - - - - 20円
エクストラデッキ (13種・15枚)
1 このカードを使用したデッキ一覧氷結界の還零龍 トリシューラ 11 ドラゴン族 2700 / 2000 100円
1 このカードを使用したデッキ一覧相剣大公-承影 10 幻竜族 3000 / 3000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧水晶機巧-グリオンガンド 9 機械族 3000 / 3000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧飢鰐竜アーケティス 9 魚族 1000 / 1000 15円
1 このカードを使用したデッキ一覧氷結界の龍 トリシューラ 9 ドラゴン族 2700 / 2000 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧白闘気白鯨 8 魚族 2800 / 2000 51円
1 このカードを使用したデッキ一覧深海姫プリマドーナ 7 海竜族 1500 / 2700 50円
1 このカードを使用したデッキ一覧水晶機巧-クオンダム 4 機械族 1800 / 2000 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧たつのこ 3 幻竜族 1700 / 0500 20円
1 このカードを使用したデッキ一覧水晶機巧-ハリファイバー - 機械族 1500 / 160円
3 このカードを使用したデッキ一覧海晶乙女コーラルアネモネ - サイバース族 2000 / 15円
1 このカードを使用したデッキ一覧水精鱗-サラキアビス - 海竜族 1600 / 30円
1 このカードを使用したデッキ一覧海晶乙女グレート・バブル・リーフ - サイバース族 2600 / 60円
メインデッキ 最低構築金額 2272円
このカードを使用したデッキ一覧をクリックすると対象カードを採用したデッキ一覧に飛びます
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみましょう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみましょう。


関連デッキ


デッキ採用カード一覧

▼ デッキに採用されているカード情報を表示する(38種) ▼
閲覧数668 評価回数1 評価10 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -