HOME > デッキレシピ一覧 > 聖刻守護竜

聖刻守護竜 デッキレシピ (カンベイさん 投稿日時:2018/10/22 16:03)

※「デッキメーカーで見る」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  


閲覧数1173 評価回数2 評価20 ブックマーク数0
ドローカード


聖刻(セイコク)【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
神龍の聖刻印デッキカード画像 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンデッキカード画像 亡龍の戦慄-デストルドーデッキカード画像 聖刻龍-トフェニドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-トフェニドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-シユウドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-シユウドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-シユウドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-アセトドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-アセトドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-アセトドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-ネフテドラゴンデッキカード画像 聖刻龍-ネフテドラゴンデッキカード画像 ギャラクシーサーペントデッキカード画像 ギャラクシーサーペントデッキカード画像 ギャラクシーサーペントデッキカード画像 ガード・オブ・フレムベルデッキカード画像 聖刻龍-ドラゴンゲイヴデッキカード画像 聖刻龍-ドラゴンゲイヴデッキカード画像 ホワイトローズ・ドラゴンデッキカード画像 守護竜ガルミデスデッキカード画像 守護竜プロミネシスデッキカード画像 死者蘇生デッキカード画像 星遺物を継ぐものデッキカード画像 召集の聖刻印デッキカード画像 召集の聖刻印デッキカード画像 召集の聖刻印デッキカード画像 ダウンビートデッキカード画像 ダウンビートデッキカード画像 モンスターゲートデッキカード画像 モンスターゲートデッキカード画像 モンスターゲートデッキカード画像 竜の霊廟デッキカード画像 竜の霊廟デッキカード画像 星遺物の守護竜デッキカード画像 星遺物の守護竜デッキカード画像 銀龍の轟咆デッキカード画像 崩界の守護竜デッキカード画像 反射の聖刻印デッキカード画像 反射の聖刻印デッキカード画像
蒼眼の銀龍デッキカード画像 ヴァレルロード・S・ドラゴンデッキカード画像 クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンデッキカード画像 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンデッキカード画像 No.107 銀河眼の時空竜デッキカード画像 守護竜エルピィデッキカード画像 守護竜ピスティデッキカード画像 ヴァレルソード・ドラゴンデッキカード画像 スリーバーストショット・ドラゴンデッキカード画像 守護竜アガーペインデッキカード画像 天球の聖刻印デッキカード画像 天球の聖刻印デッキカード画像 リンク・スパイダーデッキカード画像 水晶機巧-ハリファイバーデッキカード画像 ヴァレルロード・ドラゴンデッキカード画像
モンスター( 22枚 / 13種) 魔法・罠( 18枚 / 10種) エクストラ( 15枚 / 14種)
▼最上級( 3枚 / 3種)
1 光 8《神龍の聖刻印
1 闇10《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
1 闇 7《亡龍の戦慄-デストルドー

▼上級( 10枚 / 4種)
2 光 6《聖刻龍-トフェニドラゴン
3 光 6《聖刻龍-シユウドラゴン
3 光 5《聖刻龍-アセトドラゴン
2 光 5《聖刻龍-ネフテドラゴン

▼下級( 9枚 / 6種)
3 光 2《ギャラクシーサーペント
1 炎 1《ガード・オブ・フレムベル
2 光 4《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ
1 闇 4《ホワイトローズ・ドラゴン
1 地 3《守護竜ガルミデス
1 炎 1《守護竜プロミネシス
▼魔法( 15枚 / 8種)
1 《死者蘇生
1 《星遺物を継ぐもの
3 《召集の聖刻印
2 《ダウンビート
3 《モンスターゲート
2 《竜の霊廟
2 《星遺物の守護竜
1 《銀龍の轟咆

▼罠( 3枚 / 2種)
1 《崩界の守護竜
2 《反射の聖刻印

▼シンクロ( 3枚 / 3種)
1 光 9《蒼眼の銀龍
1 闇 8《ヴァレルロード・S・ドラゴン
1 風 8《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

▼エクシーズ( 2枚 / 2種)
1 闇 9《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
1 光 8《No.107 銀河眼の時空竜
▼リンク( 10枚 / 9種)
1 闇 《守護竜エルピィ
1 闇 《守護竜ピスティ
1 闇 《ヴァレルソード・ドラゴン
1 闇 《スリーバーストショット・ドラゴン
1 闇 《守護竜アガーペイン
2 光 《天球の聖刻印
1 地 《リンク・スパイダー
1 水 《水晶機巧-ハリファイバー
1 闇 《ヴァレルロード・ドラゴン
モンスター( 22枚 / 13種)
▼最上級( 3枚 / 3種)
1 光 8《神龍の聖刻印
1 闇10《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
1 闇 7《亡龍の戦慄-デストルドー

▼上級( 10枚 / 4種)
2 光 6《聖刻龍-トフェニドラゴン
3 光 6《聖刻龍-シユウドラゴン
3 光 5《聖刻龍-アセトドラゴン
2 光 5《聖刻龍-ネフテドラゴン

▼下級( 9枚 / 6種)
3 光 2《ギャラクシーサーペント
1 炎 1《ガード・オブ・フレムベル
2 光 4《聖刻龍-ドラゴンゲイヴ
1 闇 4《ホワイトローズ・ドラゴン
1 地 3《守護竜ガルミデス
1 炎 1《守護竜プロミネシス
魔法・罠( 18枚 / 10種)
▼魔法( 15枚 / 8種)
1 《死者蘇生
1 《星遺物を継ぐもの
3 《召集の聖刻印
2 《ダウンビート
3 《モンスターゲート
2 《竜の霊廟
2 《星遺物の守護竜
1 《銀龍の轟咆

▼罠( 3枚 / 2種)
1 《崩界の守護竜
2 《反射の聖刻印

エクストラ( 15枚 / 14種)
▼シンクロ( 3枚 / 3種)
1 光 9《蒼眼の銀龍
1 闇 8《ヴァレルロード・S・ドラゴン
1 風 8《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

▼エクシーズ( 2枚 / 2種)
1 闇 9《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
1 光 8《No.107 銀河眼の時空竜
▼リンク( 10枚 / 9種)
1 闇 《守護竜エルピィ
1 闇 《守護竜ピスティ
1 闇 《ヴァレルソード・ドラゴン
1 闇 《スリーバーストショット・ドラゴン
1 闇 《守護竜アガーペイン
2 光 《天球の聖刻印
1 地 《リンク・スパイダー
1 水 《水晶機巧-ハリファイバー
1 闇 《ヴァレルロード・ドラゴン
勝利方法・デッキカテゴリー
聖刻(セイコク) 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
ギャラクシーサーペント
運用方法
①:デッキの概要

SAVAGE STRIKEにて登場した新カテゴリである「守護竜」と、7期最後のブースターパックに収録であるGALACTIC OVERLOADにて登場した「聖刻」を合わせたデッキです。メインデッキの守護竜と聖刻龍はいずれも通常モンスターを展開する効果や通常モンスターの使用をトリガーとする効果を持っており、この点に着目して構築したデッキとなっております。


②:カードの採用について

「聖刻守護竜」デッキと謳っていますが、実際のメインデッキの中身としは純粋な聖刻デッキです。聖刻の採用を中心とした理由は、メインデッキに入る守護竜モンスターは飽くまで通常モンスターの「利用」をトリガーとする効果を持つに過ぎず、展開の中に通常モンスターの供給を絡めないと効果を発揮できないからです。加えて、聖刻は7期後半のカテゴリということもあってか「同名ターン1制限」のテキストを持つカードがありません。これは即ち、聖刻モンスターは手札に同名カードが複数来てしまったとしても問題無く展開が可能という事です。例えば、シユウドラコンが手札に2枚以上来てしまったとしても、手札に他の通常召喚可能な聖刻モンスターが居れば、その分だけ場にモンスターを展開する事が可能です。

守護竜モンスターを採用した最大の理由は「聖刻が上級モンスターである」という点です。これは聖刻モンスターを素材にリンク1の守護竜をリンク昭和する事ができない事を意味します。後述しますが、守護竜展開をする為には自己特殊召喚が可能な下級ドラゴン族モンスターが必要です。守護竜は聖刻による通常モンスターの利用をトリガーに出せる下級ドラゴンなので、この点を買って少数採用したといったところです。

③:主な採用カードの詳細

◯《聖刻龍-アセトドラゴン
◯《聖刻龍-ドラゴンゲイブ
◯《聖刻龍-トフェニドラゴン
●上記3枚は展開の起点となる聖刻モンスターです。優先順位としては、場の条件に関わらず通常召喚が可能で、リリースされた場合に任意の通常ドラゴンをリクルート可能なアセトドラゴンです。
使い勝手は劣りますが、ドラゴンゲイブは打点の高い下級モンスターである点、トフェニドラゴンは召喚権を使わずに場に出せる点で差別化できます。

◯《聖刻龍-ネフテドラゴン
◯《聖刻龍-シユウドラコン
●こちらは場の聖刻をリリースして手札から特殊召喚可能な聖刻モンスターで、展開を加速する際に必要となる聖刻モンスターです。後半の除去効果も、後攻から捲る際には必要となります。

◯《守護竜プロミネシス
◯《守護竜ガルミデス
◯《ホワイトローズ・ドラゴン》(追加)
●自己特殊召喚能力を持つ下級ドラゴンです。
採用枚数は要検討ではありますが、いずれもターン1制限がありますので、各枚数は控えめにしています。

◯《亡龍の戦慄-デストルドー
●お馴染み、手軽に特殊召喚可能なドラゴン族チューナーです。このカードは効果で自身のレベルを4以下にできる、特殊召喚可能なドラゴン族チューナーであるという二重の意味で非常に重要な1枚です。ただし、思いライフコストの関係上、このカードに展開手段を依存する訳にいかない点、態々このカードを使用しなくとも展開できる場合が多いという点を考慮し、1枚のみの採用としています。

◯《ギャラクシーサーペント
◯《ガード・オブ・フレムベル
◯《神龍の聖刻印
●いずれも聖刻モンスターの効果で特殊召喚可能なバニラドラゴンです。この中では、チューナーかつ光属性であるギャラクシーサーペントが最も優先度が高いです。
神龍の聖刻印は、ドラゴンゲイブで特殊召喚する要員として1枚のみ採用しています。一応、レベル8なので、ガード・オブ・フレムベルと合わせて蒼眼の銀龍を正規の方法でS召喚できます。

◯《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
●言わずと知れたドラゴン族デッキの強カード。
嘗て聖刻においてXモンスターのアトゥムスでリクルートされる存在でしたが、このデッキにおいては守護竜ピスティの効果でリクルートする筆頭です。


◯《召集の聖刻印
●任意の聖刻をサーチ可能な通常魔法です。発動回数制限もないので、問答無用の3積み採用です。

◯《死者蘇生
◯《星遺物を継ぐもの
◯《銀龍の轟咆
●守護竜デッキは場にドラゴンを只管並べる事が強固な布陣を敷く最大の近道になりますので、上記の様な使い勝手の良い蘇生魔法は複数種類積みました。ただし、入れすぎは初手の安定性を欠く元になりますので、それぞれ1枚ずつの採用としています。

◯《モンスターゲート
◯《ダウンビート
●こちらは場の聖刻をリリースしつつ、別のモンスターを展開する事ができるカードです。複数枚採用は実のところ、事故の元になりやすいのですが、モンスターゲートに関しては、発動回数に制限もなく、取り敢えず展開の糸口を見出す事もできるので、3枚採用しました。ダウンビートはモンスターゲートと違って、特殊召喚するモンスターを指定できる点で差別化できます。

◯《竜の霊廟
●任意のドラゴン族モンスターを墓地に送る事ができる優秀な墓地肥やし魔法です。守護竜下級モンスターやデストルドーなどと相性は良いです。2枚の採用としました。

◯《星遺物の守護竜
●守護竜デッキにおいて、柔軟な展開をサポートする強力な1枚です。発動時に下級ドラゴンを蘇生できるので、基本的には通常チューナー組や下級守護竜を展開する事となるでしょう。手札に確保できると嬉しい1枚ではありますが、発動回数制限の関係で2枚(要検討)採用としました。

◯《崩壊の守護竜
●簡単に言えば、聖刻版ゴッドバードアタックです。聖刻との相性は良いですが、相手ターンにメインデッキの聖刻モンスターが棒立ちしている事は極めて稀です。基本的には天球の聖刻印をリリース、若しくは天球の効果でリクルートした聖刻をリリースする使い方になるでしょう。

◯《反射の聖刻印
●聖刻をリリースしてカードの発動を無効破壊するカウンター罠。こちらも崩壊の守護竜と同じく、天球をリリースしての発動になるでしょう。
強み・コンボ
目指すべき盤面は、ハリファイバーor天球(EXモンスターゾーン)・そのリンク先のメインモンスターゾーンにエルピィ(右側)・ピスティ(左側)という配置です。この配置が整えば、以下の方法で、最低でも天球×2とクリスタルウィング(アガーペインの効果による展開)が可能です。

1.エルピィ効果→レダメリクルート
2.レダメ効果→適当なドラゴン族蘇生(1体目)
3.ハリファイバー(天球でも可)とレダメ素材→スリーバースト(EXモンスターゾーン)リンク召喚
4.ピスティ効果→レダメ蘇生
5.レダメ効果→適当なドラゴン族蘇生(2体目)
6.レダメとスリーバースト素材→アガーペインリンク召喚(EXモンスターゾーン)
7.アガーペイン効果→クリスタルウィング特殊召喚(エルピィとピスティの間)
8.アガーペインとエルピィ(orピスティ)素材→天球リンク召喚
9.レダメの効果で蘇生したドラゴン2体を素材→天球

更に、このレダメ効果で蘇生した「適当なドラゴン族」がシユウ(orトフェニ)とギャラクシーサーペントであれば、天球の代わりにヴァレルSをS召喚可能です。

①:上記の展開が可能な手札例

A.アセト+シユウ(orネフテ)×2

1.アセト召喚
2.アセトリリース→シユウ(orネフテ)特殊召喚
3.アセト効果→ギャラサー特殊召喚
4.シユウ(orネフテ)リリース→2体目のシユウ(orネフテ)特殊召喚
5.2体目シユウ(orネフテ)効果→2体目のギャラサー特殊召喚
6.シユウ(orネフテ)とギャラサー素材→ハリファイバーをリンク召喚
7.ハリファイバー効果→ギャラサー3体目特殊召喚
8.ギャラサー2体目素材→エルピィリンク召喚
9.ギャラサー3体目素材→ピスティリンク召喚


B.アセト+シユウ(orネフテ)+モンスターゲート
1.アセト召喚
2.アセトリリース→シユウ(orネフテ)特殊召喚
3.アセト効果→ギャラサー特殊召喚
4.モンスターゲートでシユウ(orネフテ)リリース→モンスターゲートの効果で適当なドラゴン族が特殊召喚される(何でもOK、レダメの場合でもエルピィ効果のリクルート先を変えるだけ)
5.シユウ(orネフテ)効果→2体目のギャラサー特殊召喚
6.モンスターゲートの効果で出たドラゴン族とギャラサー素材→ハリファイバーをリンク召喚
7.ハリファイバー効果→ギャラサー3体目特殊召喚
8.ギャラサー2体目素材→エルピィリンク召喚
9.ギャラサー3体目素材→ピスティリンク召喚

C.アセト(orゲイブ)+シユウ(orネフテ)+ダウンビート

1.アセト(ゲイブ)召喚
2.アセト(ゲイブ)リリース→シユウ(orネフテ)特殊召喚
3.アセト(ゲイブ)効果→ドラゴンバニラ(ギャラサーor聖刻印)リクルート
4.ダウンビートでシユウ(orネフテ)リリース→シユウの場合:アセト、ネフテの場合:ゲイブ2体目
5.シユウ(orネフテ)効果→2体目のギャラサー特殊召喚
6a.「アセト」をリクルートした場合:アセト効果→ギャラサーを対象に場の聖刻モンスターを全てレベル2にする(これにより、アセトや聖刻印をエルピィ・ピスティのリンク素材にできる)
6b.ゲイブをリクルートした場合→そのまま7に移る
7.場のチューナー含むモンスター2体を素材(6bの場合で聖刻印が居るならば必ずここで使用する)→ハリファイバーをリンク召喚
8.ハリファイバー効果→ギャラサー3体目特殊召喚
9.ギャラサーを素材→エルピィリンク召喚
10.レベル4以下のドラゴン1体を素材→ピスティリンク召喚

D.ギャラサー(orフレムベル)×2+蘇生カード(死者蘇生or星遺物を継ぐものor銀龍の轟咆or星遺物の守護竜)orガルミデス(orプロミネシスorホワイトローズ)

1.ギャラサー召喚
2a.プロミネシスの場合:プロミネシス効果→手札から捨ててギャラサーの打点をあげる。
2b.それ以外の場合→そのまま3へ
3.ギャラサーをリンク素材→リンクスパイダーをリンク召喚
4.リンクスパイダー効果→手札のギャラサー(orフレムベル)を特殊召喚
5.リンクスパイダーとギャラサー(orフレムベル)を素材→ハリファイバーをリンク召喚
6.ハリファイバー効果→ギャラサー(orフレムベル)をリクルート
7.ギャラサー(orフレムベル)を素材→エルピィリンク召喚
8.蘇生カードorプロミネシスorガルミデス効果→下級ドラゴンを場に展開
9.「8」で特殊召喚した下級ドラゴンを素材→ピスティリンク召喚


上記は飽くまで展開可能な手札の例に過ぎません。他にも展開可能な手札もあります。目安としては、ハリファイバーがリンク召喚可能で、かつ下級ドラゴンが場に居るor特殊召喚できる、という状況です。
弱点・課題点
大型モンスターの展開をEXデッキに頼るデッキの仕様上、単純な特殊召喚メタはこのデッキには非常に刺さります。

また、上記の盤面を構築しても尚突破が可能なデッキ(特に閃刀姫)の場合、単純にリソース不足に陥って負けてしまう事が大半です。手札とEXデッキ消費の激しいデッキなので、持久力は非常に低いです。
カスタマイズポイント
相手に干渉する手段(手札誘発や罠カードの複数採用)もカスタマイズとしては有りですが、あまり詰め込みすぎるとこちらの展開が鈍くなり、本末転倒な状況になりかねません。

デフラドラグーンの関係で、ギャラサーを3枚積みしてしまった点に関しては改良の余地はあると思います。デッキを何度か回してみて、自己要因となり得るカードは漸次変更するように努めるべきです。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。


デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

■聖刻(セイコク)カテゴリの他のデッキレシピ
2015-05-01 【聖刻真紅眼試作
2013-12-25 【ショット
2015-12-07 【聖刻龍の遺産
2015-05-20 【裏表sophia
2014-06-10 【聖刻ティマイオス
2014-04-04 【罠型聖刻カオス
2013-11-14 【聖刻にしたいデッキ(アドバイス熱望)
2013-11-15 【聖刻征竜(安定ビート型)
2015-05-17 【聖刻ダークマター
2014-03-19 【ランク6・聖刻カオスデッキ
聖刻(セイコク)のデッキレシピをすべて見る▼

デッキに使用されているカード

枚数 カード名 種類
属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
1 神龍の聖刻印  通常モンスター
光属性 8 ドラゴン族 0 0
謎の刻印が刻まれた聖なる遺物。神の如く力を振るった龍の力を封じたものと伝承は語る。黄金の太陽の下、悠久の刻を経て、それはやがて神々しさと共に太陽石と呼ばれるようになった。
3 ギャラクシーサーペント  通常モンスター
チューナーモンスター
光属性 2 ドラゴン族 1000 0
常闇に紛れて姿を現すと言われるドラゴン。夏の海を泳ぐように飛ぶ神秘的な姿からその名が付けられた。その姿を見た者は数えるほどしかないと伝えられるが、見た者は新たな力を得られるという。
1 ガード・オブ・フレムベル  通常モンスター
チューナーモンスター
炎属性 1 ドラゴン族 100 2000
炎を自在に操る事ができる、フレムベルの護衛戦士。灼熱のバリアを作り出して敵の攻撃を跳ね返す。
1 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 制限 効果モンスター
闇属性 10 ドラゴン族 2800 2400
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在するドラゴン族モンスター1体をゲームから除外し、手札から特殊召喚する事ができる。1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に手札または自分の墓地から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」以外のドラゴン族モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
1 亡龍の戦慄-デストルドー  効果モンスター
チューナーモンスター
闇属性 7 ドラゴン族 1000 3000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
2 聖刻龍-トフェニドラゴン  効果モンスター
光属性 6 ドラゴン族 2100 1400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。この方法で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
3 聖刻龍-シユウドラゴン  効果モンスター
光属性 6 ドラゴン族 2200 1000
このカードは自分フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。1ターンに1度、このカード以外の自分の手札・フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
3 聖刻龍-アセトドラゴン  効果モンスター
光属性 5 ドラゴン族 1900 1200
このカードはリリースなしで召喚できる。この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。1ターンに1度、フィールド上のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して発動できる。フィールド上の全ての「聖刻」と名のついたモンスターのレベルはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同じレベルになる。また、このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
2 聖刻龍-ネフテドラゴン  効果モンスター
光属性 5 ドラゴン族 2000 1600
このカードは自分フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。1ターンに1度、このカード以外の自分の手札・フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。また、このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
2 聖刻龍-ドラゴンゲイヴ  効果モンスター
光属性 4 ドラゴン族 1800 400
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。また、このカードがリリースされた時、自分の手札・デッキ・墓地から「聖刻」と名のついた通常モンスター1体を特殊召喚する。
1 ホワイトローズ・ドラゴン  効果モンスター
闇属性 4 ドラゴン族 1200 1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにドラゴン族または植物族のチューナーが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。自分の手札・墓地から「ホワイトローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル4以上の植物族モンスター1体を墓地へ送る。
1 守護竜ガルミデス  効果モンスター
地属性 3 ドラゴン族 1600 1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):通常モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札からドラゴン族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。
1 守護竜プロミネシス  効果モンスター
炎属性 1 ドラゴン族 500 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送り、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで500アップする。
(2):このカードが墓地に存在し、通常モンスターが自分の墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
1 死者蘇生 制限 通常魔法
自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
1 星遺物を継ぐもの  通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをフィールドのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
3 召集の聖刻印  通常魔法
デッキから「聖刻」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
2 ダウンビート  通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
3 モンスターゲート  通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。他のめくったカードは全て墓地に送る。
2 竜の霊廟  通常魔法
デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。墓地へ送ったモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。「竜の霊廟」は1ターンに1枚しか発動できない。
2 星遺物の守護竜  永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。
1 銀龍の轟咆  速攻魔法
自分の墓地のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。「銀龍の轟咆」は1ターンに1枚しか発動できない。
1 崩界の守護竜  通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体をリリースし、フィールドのカード2枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
2 反射の聖刻印  カウンター罠
自分フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
1 蒼眼の銀龍  シンクロモンスター
効果モンスター
光属性 9 ドラゴン族 2500 3000
チューナー+チューナー以外の通常モンスター1体以上
このカードが特殊召喚に成功した時に発動する。自分フィールド上のドラゴン族モンスターは次のターンの終了時まで、カードの効果の対象にならず、カードの効果では破壊されない。また、1ターンに1度、自分のスタンバイフェイズ時に発動できる。自分の墓地の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する。
1 ヴァレルロード・S・ドラゴン  シンクロモンスター
効果モンスター
闇属性 8 ドラゴン族 3000 2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。
1 クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン  シンクロモンスター
効果モンスター
風属性 8 ドラゴン族 3000 2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。この効果でモンスターを破壊した場合、このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。
1 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン  エクシーズモンスター
効果モンスター
闇属性 9 ドラゴン族 4000 0
レベル9モンスター×3
このカードは自分フィールドの「ギャラクシーアイズ」Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
このカードはX召喚の素材にできない。
(1):このカードがX召喚に成功した時、自分のデッキからドラゴン族モンスター3種類を1体ずつ墓地へ送って発動できる。相手はデッキからモンスター3体を除外する。
(2):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
1 No.107 銀河眼の時空竜  エクシーズモンスター
効果モンスター
光属性 8 ドラゴン族 3000 2500
レベル8モンスター×2
自分のバトルフェイズ開始時に1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。このカード以外のフィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターの効果は無効化され、その攻撃力・守備力は元々の数値になる。この効果を適用したターンのバトルフェイズ中に相手のカードの効果が発動する度に、このカードの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1000ポイントアップし、このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
1 守護竜エルピィ  リンクモンスター
闇属性 - ドラゴン族 1000 -
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜エルピィ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。
LINK - 1
1 守護竜ピスティ  リンクモンスター
闇属性 - ドラゴン族 1000 -
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜ピスティ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、ドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを、2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
LINK - 1
1 ヴァレルソード・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 3000 -
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。
LINK - 4
1 スリーバーストショット・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 2400 -
トークン以外のモンスター2体以上
(1):1ターンに1度、ダメージステップにモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):このカードをリリースし、自分の墓地のリンク2以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。その後、手札からレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果はこのカードが特殊召喚したターンには発動できない。
LINK - 3
1 守護竜アガーペイン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 1500 -
ドラゴン族モンスター2体
自分は「守護竜アガーペイン」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。2体以上のリンクモンスターのリンク先となるEXモンスターゾーンまたは自分フィールドに、EXデッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。
LINK - 2
2 天球の聖刻印  リンクモンスター
効果モンスター
光属性 - ドラゴン族 0 -
ドラゴン族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手ターンに1度、このカードがEXモンスターゾーンに存在する場合、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。フィールドの表側表示のカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
(2):このカードがリリースされた場合に発動する。手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を選び、攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。
LINK - 2
1 リンク・スパイダー  リンクモンスター
効果モンスター
地属性 - サイバース族 1000 -
通常モンスター1体
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の通常モンスター1体をこのカードのリンク先に特殊召喚する。
LINK - 1
1 水晶機巧-ハリファイバー  リンクモンスター
効果モンスター
水属性 - 機械族 1500 -
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
LINK - 2
1 ヴァレルロード・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 3000 -
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。
LINK - 4