HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Hedgehog Flowers > 第40話 もりのようかん

遊戯王 Hedgehog Flowers/第40話 もりのようかん 作:白金 将

 その日のうちに周辺の調査も終わらせてほしい、とのことで、遊乃と葵は問題の森を訪れていた。街の外れにあるこの森は、そう広くはない物の迷わないと言えばそうではない森であり、一度道を見失えば出るのに少々苦労する場所である。一旦その幽霊屋敷と言う物を見つけて、後日また準備を整えてから行こうという算段だった。

「うー、こんなんだったら着替え持ってきたらよかったー」
「今そんなこと言ったって仕方ないだろ。ほら、そこに根っこあるから」
「葵ちゃんちょっと待って……」

 膝の高さ程ある草をかきわけ、道のない森を歩いていく。葵はこういう所に慣れているのかひょいひょいと進んでいたが、一方の遊乃は学校のセーラー服だったことが災いしてその結構後ろを歩く羽目になってしまっていた。たまに葵がこちらを振り向いて待つことはあるが、遊乃はなかなか追いつけない。

「大丈夫か? ……あ、その辺りで」
「あふぅ……!」

 遊乃が頑張って追いつこうとした時、何かに足を取られて遊乃は頭から転んでしまった。周りの草で遊乃が見えなくなってしまって葵はため息をついたが、しばらくして反応がないことに気付く。

「……遊乃?」

 呼びかけに反応しないことを不審に思った葵はすぐさま来た道を戻って遊乃の転んだ辺りを見る。だが、そこに遊乃の姿はない。文字通り草の根を掻き分けて探してみても彼女のいた痕跡すら見つからなかった。




 一方の遊乃というと。

「いてて……むー、葵ちゃん早すぎだよ……!」

 そう言って立ち上がった遊乃だったが、その先にいるはずの葵の姿がないことに戸惑いを覚えていた。

「葵ちゃん……?」

 頑張って草の間を進んで葵のいた所まで行くが、そこに葵の姿はない。どこかへ行ったような跡も残っていない。まるで、その場から突然消えてしまったかのように。

「葵ちゃん……! 葵ちゃん……!」

 全方向に叫んでみたが、返事は来ない。呆然とした遊乃はその場にへたりこんでしまった。しばらくして、遊乃は誰かの声が聞こえてくることに気付く。だが、それが葵の物ではないことは直感的に分かった。

「……フンキー」

 その声はどこか遠くから聞こえてきている。遊乃はふらふらと立ち上がると、そちらの方へとゆっくり歩きだした。もしかしたらその声に釣られて葵もそこに行っているかもしれない、という期待を込めて。
 だが、そこに葵の姿はなかった。代わりにあったのは、とても年季の入った木造の洋館。鉄柵の門は壊れ、まるで遊乃が入って来るのを待っているかのようだった。

「幽霊屋敷……ここのこと?」
「――フンキーフンキー」

 洋館の一室から少女の声が聞こえている。どこか歌っているような声でもあった。入ることを躊躇していた遊乃だったが、徐々に外が暗くなり始めていることに気が付くと、恐怖を押し殺して洋館の門から中に入る。

「……おじゃまします」

 錆びたような音を立てて開いた門から敷地内に入り、洋館の戸を開ける。案の定中は閑散としていた。広間のような部屋には一台の机以外には何も置かれていない。壊れかけた窓から入って来る光を頼りに、遊乃はその机の引き出しをそっと開けた。地獄に仏、そこには蠟燭とマッチが入っている。おそらく、ここに以前いた人が使っていた物だろうか。

 壁に備え付けてあった燭台のような物を拝借し、ろうそくの火を頼りに洋館内を進んでいく。先程少女の声がしてきた部屋に向かおうとドアノブに手を伸ばした時、何かが遊乃の頭の中で起き上がる。違和感のような物を覚えながらドアを開けた先には、椅子に座った少女の後ろ姿があった。長い髪をポニーテールに結んでおり、背丈は遊乃と同じ程である。

「フンキーフンキー……」

 ヘッドフォンのような物を付けて音楽を聴いているのか、その少女は遊乃に気が付いていない様子である。辺りを確認すると、どうやらこの部屋には電気が通っているらしい。明かりもあるため一旦燭台を近くの机に置いた時、部屋の隅にあるテレビに遊乃の視線が動く。年季の入ったブラウン管テレビだった。

(こんな場所にもテレビなんてあるんだ……)

 おそらくこの部屋の持ち主であろう少女に一応声はかけてみたが、曲に聴きいってはフンキーフンキー言っているため全くこちらに気付く気配がない。好奇心に駆られてテレビのボタンを押してみるが、何故か電源は入らない。その代わり、少し経ったら砂嵐の音がとぎれとぎれ聞こえるようになった。

「ん……」
「フンキーフンキー……」

 後ろから聞こえる少女の声を聴きながらテレビの画面をのぞき込んでいた遊乃だったが、突然画面の砂嵐が人の顔のような形で浮かび上がり、遊乃は驚いて後ろへ飛んでしまう。

「ひゃっ……!」
「フンキー……終わっちゃったか」

 そう言って少女がヘッドフォンを外した所、何だか部屋が騒がしいことに気付いたのか、辺りを確認する。そして、床に背を付けていた遊乃と視線が合った。

 一瞬の静寂。驚いたのは、何故かずっとこの屋敷にいたであろう少女の方だった。


「きゃあああぁぁぁーーーっ!」
「ええーーーっ!?」


 遊乃の様子を見て驚いていた少女は、髪形はポニーテールにしていたものの、顔が遊乃と全く同じだったのである。世界に三人ほど似ている人は存在する、という話のような次元ではなく、本当に遊乃と顔が同じだったのだ。もっとも、髪形や着ている服の雰囲気もあるため全体像は遊乃と違っているのだが。

「あ、ああ、あーっ、本当にびっくりした! いつからそこにいたの?」
「い、いつからって、さっき……」
「そうなんだ……うーっ、会った時はびっくりさせてやろうと思ったのに……!」

 まるで友達のように話してくる少女に遊乃は気圧されてしまっていた。いや、幽霊屋敷にいる恐怖が和らぐためなるべく話し相手はいた方が良い、というのはあるが、それでも知らない人とお話をするのは簡単にできることではない。

「な、名前、教えてもらえませんか……?」
「名前? 私の名前は『ユーノ』。あなたと同じはずでしょ?」
「えっ……?」

 遊乃は目をぱちくりとさせた。目の前の少女は顔が同じだけでなく、名前も同じだと言ったのだ。しかも、それがいたって普通の事であるかのように認識している。

「どうして……」
「よくわかんないけど、そういうことになってるの。あなたはもう一人の私で、私はもう一人のあなたってこと。あ、そうだ! せっかく来てくれたんだから一つ手伝ってもらえないかな?」

 ユーノはそう言って遊乃の手を取るとキラキラした表情になる。そして、きょとんとしている遊乃をぎゅっと抱きしめた。

「私がここから出るために、ちょこっとだけ手伝ってほしいことがあるの」



〈子供だけが入ることが出来る場所?〉
「そういうことになるわね~。遊乃ちゃんだから小中学生に間違えられたのかも」

 団長室で伽藍は端末越しに葵と会話していた。翌檜の持ってきた書類に目を通している彼女の眼差しはいつになく真剣な物である。自らの組織の人員が一人消えているのもあるが、遊乃一人だけがいないというのも気がかりになっていたためだった。

「申し訳ないけどあと一時間ほどそこに居てくれないかしら? 彼女が出て来られるかもしれないから」
〈分かった〉
「ごめんなさい。今そっちにいる人で頼れるのはあなただけだから」

 そうして通信は切れる。その時、団長室にシロが入って来た。シロはため息をついている伽藍の姿を見ると、団長室に備え付けてあった電気ケトルのスイッチを入れ、近くに椅子に座って足をぶらぶらとし始める。

「困ったわねぇ……」
「遊乃さんは帰って来ないかな?」
「しばらくは帰って来られそうにないわね」

 その会話中にまた部屋のドアが開き、今度は翌檜が部屋に入ってくる。

「寝る」
「おやすみなさい、翌檜」

 それだけを言って翌檜は去っていく。情報収集で体力を消耗したのだろう。しばらく窓から外の様子を窺っていると、先程シロが置いた電気ケトルでお湯が沸いたようで、それでシロはホットココアを二人分作り、片方を伽藍の方に持っていった。

「らん姉、これ」
「あら、ありがとう、シロちゃん」
「なんか疲れてるように見えたから」

 そう言ってココアをフーフーと冷ますシロを見ている内、伽藍の険悪だった表情が徐々に和らいでいく。伽藍がそっとシロの頭を撫でると、彼は少しくすぐったそうに目を閉じる。





おまけ:フンキーの秘密
下のURLの動画の二曲目より。ユーノはよくこの曲を歌っていた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10553944

次からはデュエルシーンがあるのでおたのしみに
現在のイイネ数 49
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
ついに突入もりのようかん。しかし、子どもしか入ることができないって。それでもって子どもに間違えられる遊乃って……アルストロメリアの中で入ることができそうなのは遊乃とシロ君だけっぽいですし、どうにもその手の話が苦手そうな遊乃がどこまで真実に踏み込めるのか。

そしてテレビを付けたら中からはロ○ムが……出てくるわけではありませんでしたね。というかいかにも怪しいユーノの方が驚くって。でも人間とお化け(?)が出会ってお化けの方がビビるっていうのも結構王道な展開だったりしますよね。ただ話を聞く限りユーノの方にも何かしらの事情があるようですが……

あと最後のBGM。何故リンクを貼ったんですか(ゲッソリ
(2017-01-25 10:25)
白金 将
<<光芒 さん
子供しか入れない、というのも実はちゃんとした理由があったりします。
まぁ遊乃は葵に中学生って間違えられたことがありますから、仕方ないね。
怖がりの遊乃ですが、ユーノと出会ったことで少しは心強くなったかな……?
洋館の中にいたユーノという少女についても今後少しずつ正体が分かっていきますぞ。

実は作業用BGMは結構いろんなのを聞いていたりします。
SIRENのサントラ聞きながらラブコメ書ける人なので音楽の趣味が広く……いつか紹介します。
URLの所を最後まで聞いたならご苦労様です、としかいいようがないです(´・ω・`)ゴメン (2017-01-26 02:25)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
16 伝言板・修正履歴(3/30) 578 0 2016-01-19 -
27 第1話 その少女、黄金の龍と共に有り 839 5 2016-01-19 -
22 第2話 スターダスト・ドラゴン消失事件 665 6 2016-01-23 -
15 第3話 誇り高き一族 656 7 2016-01-27 -
27 第4話 勝利は一から積み上げる 571 6 2016-01-30 -
16 第5話 絶対支配領域 519 6 2016-01-31 -
15 閑話休題:キャラクター紹介 664 0 2016-01-31 -
16 第6話 溶けていく手札 529 8 2016-02-05 -
13 第7話 手札一枚の戦争 596 8 2016-02-07 -
55 第8話 ネコチャン!? 510 8 2016-02-13 -
54 第9話 「帝王」の影 531 6 2016-02-19 -
55 第10話 息の合った二人 549 4 2016-02-21 -
42 第11話 たまにはみんなで温泉旅行! 548 4 2016-02-23 -
59 第12話 シロちゃんは二度挟まれる 508 6 2016-02-28 -
54 第13話 アルストロメリアの門番 543 4 2016-03-05 -
43 第14話 王者の資格 472 6 2016-03-09 -
46 第15話 Execution 477 6 2016-03-13 -
50 第16話 ワン・ナイト・カーニバル 507 6 2016-03-17 -
51 第17話 キャット・アンド・ドッグ 443 4 2016-03-25 -
18 第18話 積み込み・スリ替え・橙一色 458 6 2016-04-02 -
45 第19話 孤独への恐怖 420 2 2016-04-10 -
20 閑話休題:キャラクター紹介 雑談枠 497 4 2016-04-19 -
49 第20話 アルストロメリアの休日 472 6 2016-04-29 -
63 第21話 「ふつうの女性」になりたくて 520 4 2016-05-01 -
28 第22話 翌檜の恋心 464 4 2016-05-03 -
16 第23話 シロちゃんぐるぐるハンマー伽藍 461 4 2016-06-06 -
38 第24話 ボクっ娘決闘者、リンちゃん 467 2 2016-07-03 -
17 第25話 政治部の苦悩 411 4 2016-07-09 -
49 第26話 モノクローム・プライド 460 4 2016-07-20 -
14 第27話 あなたのそばで 452 4 2016-07-28 -
15 第28話 嫉妬 402 2 2016-08-31 -
37 第29話 分かり合いたくて 368 0 2016-09-15 -
60 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 427 2 2016-10-06 -
51 第31話 Dランド:遊乃&葵√その2 446 2 2016-10-09 -
19 第32話 Dランド:遊乃&葵√その3 373 2 2016-11-03 -
25 第33話 Dランド:遊乃&葵√その4 429 4 2016-11-08 -
21 第34話 Dランド:伽藍&シロ√その1 335 2 2016-11-25 -
41 第35話 Dランド:伽藍&シロ√その2 325 2 2016-12-06 -
14 第36話 Dランド:伽藍&シロ√その3 318 2 2016-12-14 -
35 第37話 Dランド:翌檜√その1 267 2 2016-12-25 -
46 第38話 Dランド:翌檜√その2  323 2 2017-01-12 -
12 フラワリングタウン広報「アイリス」春号 382 0 2017-01-12 -
50 第39話 フンキー フンキー フンキー 493 3 2017-01-18 -
49 第40話 もりのようかん 360 2 2017-01-25 -
57 第41話 狂植物の叛乱 353 4 2017-02-05 -
59 第42話 桜姫降臨 370 2 2017-02-13 -
51 リンク召喚について ※SSは書き続けます 548 5 2017-02-18 -
69 第43話 Dragula 370 2 2017-02-19 -
50 閑話休題:キャラクター紹介3 389 0 2017-02-23 -
49 第44話 不穏 275 4 2017-03-19 -
52 第45話 BREAK DOWN 301 2 2017-03-21 -
57 第46話 その少女、黒紫の竜と共に有り 369 2 2017-03-23 -
40 第47話 おかえり 335 4 2017-03-26 -
55 第48話 大切な人 348 3 2017-03-29 -
52 第49話 炎 371 4 2017-04-28 -
68 第50話 Find Your Way 358 2 2017-05-17 -
49 第51話 Force Your Way 360 4 2017-06-17 -
60 第52話 四人目の姫 337 2 2017-07-22 -
65 第53話 一寸先は闇 314 4 2017-07-25 -
54 第54話 月夜に咲く姫 293 4 2017-08-22 -
64 第55話 OVERLAP 300 0 2017-09-16 -
65 第56話 幽雅に咲かせ、紫毒の華 321 5 2017-09-21 -
55 第57話 帰る場所 324 4 2017-10-01 -
42 閑話休題:キャラクター紹介4&作者の呟き 382 0 2017-10-01 -
58 第58話 前哨戦(△) 376 5 2017-11-09 -
52 第59話 混沌を制す者(△) 438 2 2017-11-12 -
19 第60話 侵略者の領域 335 4 2018-02-20 -
26 【報告】現状と暗い見通し【更新できねぇ】 291 0 2018-05-31 -

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク