HOME > デッキレシピ一覧 > セルフバウンス型・ダイナミスト

セルフバウンス型・ダイナミスト デッキレシピ (カンベイさん 投稿日時:2018/08/20 21:53)

 

ダイナミスト【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
アストログラフ・マジシャンデッキカード画像 ダイナミスト・スピノスデッキカード画像 ダイナミスト・レックスデッキカード画像 ダイナミスト・ブラキオンデッキカード画像 ダイナミスト・ブラキオンデッキカード画像 ダイナミスト・ブラキオンデッキカード画像 ダイナミスト・ケラトプスデッキカード画像 ダイナミスト・ケラトプスデッキカード画像 ダイナミスト・ケラトプスデッキカード画像 エーリアン・ソルジャーデッキカード画像 エーリアン・ソルジャーデッキカード画像 エーリアンモナイトデッキカード画像 エーリアンモナイトデッキカード画像 エーリアンモナイトデッキカード画像 ダイナミスト・プレシオスデッキカード画像 ダイナミスト・プレシオスデッキカード画像 ダイナミスト・プレシオスデッキカード画像 ダイナミスト・プテランデッキカード画像 ダイナミスト・プテランデッキカード画像 ダイナミスト・プテランデッキカード画像 EMオッドアイズ・シンクロンデッキカード画像 EMオッドアイズ・シンクロンデッキカード画像 ハーピィの羽根帚デッキカード画像 ダイナミスト・チャージデッキカード画像 ダイナミスト・チャージデッキカード画像 ダイナミスト・チャージデッキカード画像 「A」細胞組み換え装置デッキカード画像 「A」細胞組み換え装置デッキカード画像 「A」細胞組み換え装置デッキカード画像 チキンレースデッキカード画像 チキンレースデッキカード画像 チキンレースデッキカード画像 光の霊堂デッキカード画像 虚無空間デッキカード画像 ダイナミスト・ハウリングデッキカード画像 ダイナミスト・ハウリングデッキカード画像 ダイナミスト・ハウリングデッキカード画像 デモンズ・チェーンデッキカード画像 デモンズ・チェーンデッキカード画像 デモンズ・チェーンデッキカード画像
月華竜 ブラック・ローズデッキカード画像 氷結界の虎王ドゥローレンデッキカード画像 宇宙砦ゴルガーデッキカード画像 宇宙砦ゴルガーデッキカード画像 A・O・J カタストルデッキカード画像 TG ワンダー・マジシャンデッキカード画像 サイバー・ドラゴン・インフィニティデッキカード画像 サイバー・ドラゴン・ノヴァデッキカード画像 バハムート・シャークデッキカード画像 キングレムリンデッキカード画像 餅カエルデッキカード画像 鎖龍蛇-スカルデットデッキカード画像 水晶機巧-ハリファイバーデッキカード画像 ヴァレルソード・ドラゴンデッキカード画像 ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムデッキカード画像
スポンサーリンク
メインデッキ (18種・40枚)
モンスター (10種・22枚)
名前種族攻 / 防最安
2 エーリアン・ソルジャー 4 爬虫類族 1900 / 0800 10円
3 エーリアンモナイト 1 爬虫類族 0500 / 0200 1円
1 アストログラフ・マジシャン 7 魔法使い族 2500 / 2000 100円
1 ダイナミスト・スピノス 5 機械族 2500 / 1800 1円
1 ダイナミスト・レックス 5 機械族 2400 / 2200 30円
3 ダイナミスト・ブラキオン 5 機械族 2000 / 0800 1円
3 ダイナミスト・ケラトプス 5 機械族 2100 / 0400 1円
3 ダイナミスト・プレシオス 4 機械族 1700 / 1400 1円
3 ダイナミスト・プテラン 4 機械族 1800 / 1200 1円
2 EMオッドアイズ・シンクロン 2 魔法使い族 0200 / 0600 1円
魔法 (5種・11枚)
1 ハーピィの羽根帚 - - - - 280円
3 ダイナミスト・チャージ - - - - 1円
3 「A」細胞組み換え装置 - - - - 1円
3 チキンレース - - - - 100円
1 光の霊堂 - - - - 1円
(3種・7枚)
1 虚無空間 - - - - 1円
3 ダイナミスト・ハウリング - - - - 1円
3 デモンズ・チェーン - - - - 1円
エクストラデッキ (14種・15枚)
1 月華竜 ブラック・ローズ 7 ドラゴン族 2400 / 1800 380円
1 氷結界の虎王ドゥローレン 6 獣族 2000 / 1400 280円
2 宇宙砦ゴルガー 5 爬虫類族 2600 / 1800 1円
1 A・O・J カタストル 5 機械族 2200 / 1200 35円
1 TG ワンダー・マジシャン 5 魔法使い族 1900 / 0000 1円
1 サイバー・ドラゴン・インフィニティ 6 機械族 2100 / 1600 180円
1 サイバー・ドラゴン・ノヴァ 5 機械族 2100 / 1600 160円
1 バハムート・シャーク 4 海竜族 2600 / 2100 72円
1 キングレムリン 4 爬虫類族 2300 / 2000 1円
1 餅カエル 2 水族 2200 / 0000 40円
1 鎖龍蛇-スカルデット - ドラゴン族 2800 / 1080円
1 水晶機巧-ハリファイバー - 機械族 1500 / 360円
1 ヴァレルソード・ドラゴン - ドラゴン族 3000 / 480円
1 ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム - サイキック族 1800 / 1円
メインデッキ 最低構築金額 3834円
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみよう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみよう。


スポンサーリンク

勝利方法・デッキカテゴリー
ダイナミスト 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
宇宙砦ゴルガー
運用方法
◎デッキの概要

今回は、《ダイナミスト》に「セルフバウンス」のギミックを混ぜた「セルフバウンス型・ダイナミスト」デッキを紹介します。

◯《ダイナミスト》にセルフバウンスのギミックを混ぜようと思ったキッカケ:
1年程前、新しいPデッキを作りたいという思いのもと、《ダイナミスト》のデッキ構築を考えていた時でした。新ルールの影響でPデッキ全体の弱体化を受け、《ダイナミスト》の様なPデッキの強い構築は困難を極めていました。
一方で、《ダイナミスト》のサポートカードの魔法・罠は軒並み優秀である事を知りました。特に発動時の効果処理としてアドバンテージを稼ぐ《ダイナミスト・チャージ》と《ダイナミスト・バイリング》が非常に強力でした。そこで、この「発動時処理効果を『セルフバウンス』で使い回せば強いのでは」という考えの基、このような構築に至りました。


◯セルフバウンスの手段

セルフバウンスの申し子と言えば、やはり《宇宙砦ゴルガー》と《氷結界の虎王ドゥローレン》でしょう。今回のデッキには、両方の採用を試みてました。
宇宙砦ゴルガー》については、後述しますが《「A」細胞組み換え装置》1枚でS召喚の素材が揃いますので、出張パーツを仕込んでおけばS召喚は容易です。
氷結界の虎王ドゥローレン》はS素材縛りから全てのデッキで使用できる訳ではありませんが、水属性のPデッキである《ダイナミスト》においては、《EXオッドアイズ・シンクロン》を採用すれば無理なくS召喚をする事ができます。

これにより、既存の《ダイナミスト》に無理なく「セルフバウンス」のギミックを組み込む事ができました。


◎デッキの運用の概略

ベースは飽くまで《ダイナミスト》なので、普通の《ダイナミスト》デッキとしても戦えますが、「セルフバウンス」ギミックを導入する事で、発動し終えた《ダイナミスト・チャージ》や、《ダイナミスト・ハウリング》を回収しつつ、特殊召喚可能な手札リソースを確保しつつ戦う事ができるようになります。


◎EXデッキについて

宇宙砦ゴルガー》や《氷結界の虎王ドゥローレン》の他に、レベル7Sモンスターの《月華竜 ブラック・ローズ》、機械族レベル5のモンスター2体から出せる《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》+《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》、水属性レベル4モンスター2体で出せる《バハムート・シャーク》+《餅カエル》、《エーリアンモナイト》+モンスターでリンク召喚可能な《クリストロン・ハリファイバー》、Pデッキの起点要因となる《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》などを採用しました。

Sモンスターが「セルフバウンス要員」、Xモンスターが「制圧要員」、リンクモンスターが「起点要員」と考えれば分かりやすいと思います。
強み・コンボ
このデッキの強みを理解する上で、まず以下のカードの能力を確認しておきます。

◻️宇宙砦ゴルガー
◯星5/光属性/爬虫類族/攻2600/守1800
[シンクロモンスター・効果]
「《エーリアンモナイト》」+チューナー以外の「《エーリアン》」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。フィールドの表側表示で存在する魔法・罠カードを任意の枚数選択して持ち主の手札に戻し、その後手札に戻した数だけAカウンターをフィールド上に表側表示で存在するモンスターに置く。また、1ターンに1度、フィールド上のAカウンターを2つ取り除く事で、相手フィールドのカード1枚を選択して破壊する。

※10期のテキスト風だと以下のような感じかな
「《エーリアンモナイト》」+チューナー以外の「《エーリアン》」モンスター1体以上
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示の魔法・罠カードを任意の数だけ対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻しす。その後、フィールドの表側表示モンスターを任意の数だけ選び、その手札に戻した数だけAカウンターをそのモンスターに置く。
②:1ターンに1度、フィールドのAカウンターを2つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。


◻️氷結界の虎王ドゥローレン
◯星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
[シンクロモンスター・効果]
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカードを任意の枚数選択して手札に戻す事ができる。このカードの攻撃力はエンドフェイズまで、この効果で手札に戻したカードの数×500ポイントアップする。

※10期風だと…
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
①:1ターンに1度、自分フィールドの表側表示カードを任意の数だけ対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。その後、このカードの攻撃力はエンドフェイズまで、この効果で手札に戻した数×500アップする。


上記の2体が、このデッキにおけるセルフバウンス担当の要となるカードです。それぞれメリット・デメリットが存在しますが、基本的には、その時々でS召喚可能な物をS召喚すると良いでしょう。そして、上記2体をS召喚する為に導入したカードが以下となります。

◯《宇宙砦ゴルガー》のS召喚

●《エーリアンモナイト》:召喚成功時に墓地の《エーリアン》モンスター1体を蘇生する効果を持ちます。自身のレベルが1なので、レベル4を蘇生すれば即座に《宇宙砦ゴルガー》のS召喚が可能です。今回採用したレベル4は《エーリアン・ソルジャー》。

●《「A」細胞組み換え装置》:フィールドの表側表示モンスターを対象とし、デッキから《エーリアン》モンスターを落としつつ、そのモンスターにAカウンターを置く事ができる速攻魔法です。また、②の効果で墓地の自身を除外すると、デッキから《エーリアン》モンスターをサーチする効果を持ちます。この2つの効果のお陰で、デッキから《エーリアン・ソルジャー》を落としつつ、デッキから《エーリアンモナイト》をサーチできるので、実質このカード1枚で《宇宙砦ゴルガー》のS召喚の素材が揃うという優秀なカードです。


◯《氷結界の虎王ドゥローレン》のS召喚

●《EXオッドアイズ・シンクロン》:自分のPゾーンのモンスター1体と自身でS召喚できる起動効果を持ちます。《ダイナミスト》は水属性で統一されているので、レベル4の《ダイナミスト》をPゾーンに置き、自身を場に出せばそれだけでS召喚の素材が揃います。このカード自身もPモンスターなので、《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》のサポートを受ける事ができます。


また、《ダイナミスト》関連でバウンスして旨味のある魔法・罠カードは以下の2つとなります。


ダイナミスト・チャージ
◯[永続魔法]
「ダイナミスト・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」モンスター1体を手札に加える。
②:1ターンに1度、「ダイナミスト」カードがフィールドから自分のエクストラデッキに表側表示で加わった場合に発動する。そのカード1枚を手札に加える。

発動時の効果処理でサーチが可能な永続魔法なので、発動されたものをバウンスして再び発動すればサーチ効果を再度使用する事ができます(発動に同名ターン1制限が掛けられている点には注意)。
また、②の効果もEXから手札へのP補充効果なので、新ルールとの兼ね合いも良好です。


◻️ダイナミスト・ハウリング
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ダイナミスト」Pモンスターを2体まで選んで自分のPゾーンに置く事ができる。置いた場合、次のターン終了時まで、自分は「ダイナミスト」モンスターしかP召喚できない。
②:このカードが既に魔法&罠ゾーンに表側表示で存在する場合、1ターンに1度、自分フィールドの「ダイナミスト」モンスター1体をリリースし、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻す。

発動時の効果処理としてデッキから2体もPゾーンに「ダイナミスト」Pモンスターを置く事ができます。この効果には同名ターン1制限がありませんので、1枚目のこのカードを発動してPゾーンに《ダイナミスト》を補充してバウンス、その後2枚目のこのカードを発動して再びPゾーンに《ダイナミスト》を補充、といったプレイングも可能です。
②のバウンス除去効果も、使い勝手が良い除去効果です。《ダイナミスト・チャージ》との相性も良いです。

他にも、モンスター効果+攻撃封じの《デモンズチェーン》、ドローソースの《チキンレース》、特殊召喚封じの《虚無空間》など、元々セルフバウンスと相性の良いカードも複数枚採用しています。

上記より、このデッキの強みは、《宇宙砦ゴルガー》と《氷結界の虎王ドゥローレン》のセルフバウンス効果持ちのカードの効果で、《ダイナミスト・チャージ》や《ダイナミスト・ハウリング》の効果でデッキから補充した《ダイナミスト》Pをバウンスし、有り余る手札リソースでEXデッキからのP召喚の機会を極力抑え、手札からのP召喚による大量展開で余計なカード消費を抑えつつPを運用できるという点が最大の強みです。

ダイナミスト・スピノス》を確保できているのであれば、その効果で攻撃力2500×2のダイレクトアタックを決める事も容易いでしょう。
弱点・課題点
Pデッキである以上、特殊召喚封じ・魔法封じは非常に刺さるのは勿論ですが、このデッキにおける大きな問題点の1つは「EXデッキのモンスターにギミックを依存している」という点です。

ダイナミスト》モンスターの効果はかなり控えめに設定されており、多くが戦闘に関する効果となっております。そのため、決して高スペックとは言えない《ダイナミスト》モンスターだけで勝等となると、相手によっては厳しい戦いを強いられる事があります。その部分を補っているのが、EXデッキのモンスターなのですが、《真帝王領域》などのEXデッキ封じをされるとこのデッキ独自の強みが潰されてしまうことになります。無論、《ダイナミスト・チャージ》や《ダイナミスト・ハウリング》といった優秀な魔法・罠カードがありますので、それを駆使すれば戦えない事もありませんが……。
カスタマイズポイント
かなり癖のあるデッキなので、カスタマイズは困難を極めますが、「セルフバウンスデッキ」である点を活かして、環境に合わせて相性の良い永続魔法・永続罠カードを採用してメタビート寄りな構築にするのも1つの手でしょう。

いっそのこと、《ダイナミスト》が戦闘よりな効果を持つ点に着目し、戦闘をサポートするカードを多めに採用して、《ダイナミスト》で戦う事ができる構築にするのもアリかもしれません。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

■ダイナミストカテゴリの他のデッキレシピ
2019-03-12 【機械恐獣の覇者
2018-09-15 【古代ナミスト
2018-09-14 【ダイナミスト(シンクロ軸)
2018-06-10 【ダイナミスト
2018-05-05 【音響ダイナミスト
2018-05-05 【音響メタルグラフダイナミスト
2018-03-23 【ダイナミスト調整中
2017-12-17 【パッシング音響ダイナミスト
2017-12-05 【エレクトラム採用ダイナミスト
2017-11-29 【ダイナミスト
2017-11-27 【ダイナミストロン
ダイナミストのデッキレシピをすべて見る▼
閲覧数1665 評価回数2 評価20 ブックマーク数0

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク