HOME > 遊戯王SS一覧 > 再復讐 > 第八話 近づいてくる

再復讐/第八話 近づいてくる 作:海馬マジック

舞嘉の話によるとカードをくれた舞嘉の祖母が亡くなった日の夜、カードから精霊が出たのだという。
その精霊がブラック・マジシャン・ガール。
今では日常的に接することができるらしい。

俺たちの会話の途中でブラック・マジシャン・ガールが言った。
「この建物全体に精霊の力が働いているわ」

「本当?ブラック・マジシャン・ガール」
「うん。向こうの方に強い力を感じる...私についてきて」
精霊のしわざだったのか...。

俺たちはブラック・マジシャン・ガールについていくことにした。


  *

「ここも開かない...」
さっき会った名も知らない女子たちと石崎君が出口を探していた。
そこはずっと前僕が確認しましたよ。

服部英一は呆れていた。
出口を探す前に、この校舎内で使えるものを探す方がいいと思いますがね。まあ、あればですけど。

もうペアなんて放っておいて1人で行きましょうかね...そう思った矢先、向こう側の廊下に人影が見えた。
矢野内達だった。

よく見ると、ブラック・マジシャン・ガールまで...ん?何だって!?

すると石崎君も気付いたらしい。
「健次!と...ブラマジガール...!?」
石崎君も見えているのか...。

「とりあえず、訊きに行こう!」
石崎君が今にも二人の所へ行きそうだ。
「待った!」
僕は石崎君を制止した。
「なんだよ、オカルトインテリ!」
オカルトインテリ?まあいい。
「彼らの後ろをつけていかないか?」
「なんで?」
石崎君は困惑顔だ。
「彼らの様子が出口を探っているように見えないんだ。目線が真っ直ぐで、まるで行くべき場所が決まっているように。様子をうかがってみるのもいいと思うけど?どうだい?」

「...分かった...」
石崎君はブラック・マジシャン・ガールを見たことも影響してか意外とあっさり納得した。

最初はただのコスプレ少女かと思ったが、違うようだ。

そのブラック・マジシャン・ガールは宙に浮いていた。


  *

黒い影は言い続ける。

「近づいてくるぞ...近づいてくるぞ...足音が...」

黒い影は尚も言う。

「近づいてくるぞ...近づいてくるぞ...機会が...」

続けて言う。

「近づいてくるぞ...復讐の機会が...」
現在のイイネ数 2
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

海馬マジック
PCの故障により、長らく投稿できませんでした。スミマセン...。

物語も終盤に差し掛かってきました。
頑張って書いていくので、読んでいただければ嬉しいです! (2015-05-14 18:03)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
1 プロローグ  美少女の死 325 0 2014-12-02 -
12 第一話 あの時の記憶 297 0 2014-12-05 -
2 第二話 門上中第二の事件 288 0 2014-12-10 -
3 第三話 再び起きる恐怖 304 3 2014-12-13 -
0 第四話 渡り廊下にて 225 0 2014-12-16 -
4 第五話 恐怖フィールド!闇に包まれる校舎 262 0 2014-12-17 -
3 第六話 閉じ込められた校舎 389 0 2014-12-25 -
2 第七話 精霊 264 0 2015-01-18 -
2 第八話 近づいてくる 262 1 2015-05-14 -
12 第九話 激憎の復讐者 239 0 2015-06-06 -
3 最終話 恨みの無限回廊 215 0 2015-06-10 -
10 エピローグ 復讐を背負う 505 0 2015-06-10 -

スポンサーリンク