HOME > デッキレシピ一覧 > 壊獣真竜皇解説&十二獣真竜【2/3更新】

壊獣真竜皇解説&十二獣真竜【2/3更新】 デッキレシピ (熾天さん 最終更新:2017/02/20 06:46)

※「デッキメーカーで見る」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  

閲覧数7886 評価回数12 評価116 ブックマーク数2
大会結果 2017年02月01日 遊戯店非公認 (32人以上) [優勝]
ドローカード

スポンサーリンク


モンスター( 28枚 / 12種) 魔法・罠( 14枚 / 5種) エクストラ( 15枚 / 13種)
▼最上級( 17枚 / 8種)
3 風 9《真竜凰マリアムネ
1 光 9《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング
3 地 9《真竜皇リトスアジムD
3 炎 9《真竜皇アグニマズドV
3 水 9《真竜皇バハルストスF
2 水 8《海亀壊獣ガメシエル
1 炎 8《怒炎壊獣ドゴラン
1 地 7《粘糸壊獣クモグス

▼下級( 11枚 / 4種)
3 地 4《惑星探査車
3 炎 3《灰流うらら
2 光 3《幽鬼うさぎ
3 地 2《増殖するG
▼魔法( 11枚 / 4種)
3 《テラ・フォーミング
3 《妨げられた壊獣の眠り
2 《真竜の継承
3 《ドラゴニックD

▼罠( 3枚 / 1種)
3 《真竜皇の復活

▼融合( 2枚 / 2種)
1 地10《エルシャドール・シェキナーガ
1 水 8《E・HERO アブソルートZero

▼エクシーズ( 13枚 / 11種)
1 闇12《No.77 ザ・セブン・シンズ
1 闇11《No.84 ペイン・ゲイナー
3 闇 9《真竜皇V.F.D.
1 風 9《幻子力空母エンタープラズニル
1 地 4《十二獣ハマーコング
1 地 4《十二獣ブルホーン
1 地 4《十二獣ライカ
1 地 4《十二獣タイグリス
1 風 4《ダイガスタ・エメラル
1 地 4《十二獣ドランシア
1 地 4《十二獣ワイルドボウ
モンスター( 28枚 / 12種)
▼最上級( 17枚 / 8種)
3 風 9《真竜凰マリアムネ
1 光 9《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング
3 地 9《真竜皇リトスアジムD
3 炎 9《真竜皇アグニマズドV
3 水 9《真竜皇バハルストスF
2 水 8《海亀壊獣ガメシエル
1 炎 8《怒炎壊獣ドゴラン
1 地 7《粘糸壊獣クモグス

▼下級( 11枚 / 4種)
3 地 4《惑星探査車
3 炎 3《灰流うらら
2 光 3《幽鬼うさぎ
3 地 2《増殖するG
魔法・罠( 14枚 / 5種)
▼魔法( 11枚 / 4種)
3 《テラ・フォーミング
3 《妨げられた壊獣の眠り
2 《真竜の継承
3 《ドラゴニックD

▼罠( 3枚 / 1種)
3 《真竜皇の復活

エクストラ( 15枚 / 13種)
▼融合( 2枚 / 2種)
1 地10《エルシャドール・シェキナーガ
1 水 8《E・HERO アブソルートZero

▼エクシーズ( 13枚 / 11種)
1 闇12《No.77 ザ・セブン・シンズ
1 闇11《No.84 ペイン・ゲイナー
3 闇 9《真竜皇V.F.D.
1 風 9《幻子力空母エンタープラズニル
1 地 4《十二獣ハマーコング
1 地 4《十二獣ブルホーン
1 地 4《十二獣ライカ
1 地 4《十二獣タイグリス
1 風 4《ダイガスタ・エメラル
1 地 4《十二獣ドランシア
1 地 4《十二獣ワイルドボウ

スポンサーリンク


勝利方法・デッキカテゴリー
幻竜族 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
ドラゴニックD
運用方法
待ちに待った新弾で本格的にカテゴリー化した【真竜】今回はその内の真竜皇軸を紹介します。投稿日の1日前のBOX10箱の争奪戦で獲得後、その数時間で考えた結果こうなりました。VFD格好いいです。巷では比較的多い手札事故が問題視されているようですが私から言わせると多分かなり強いです。




1.デッキ概要

まずこのデッキでは2種類だけですが真竜皇がどんな感じのデッキかというと除外で展開していた征竜の動作を破壊に変えた感じです。この【征竜】と言うワードを出せば強さが分かる方もいらっしゃるのではないでしょうか?これ以外の征竜との大きな違いとしては

①破壊なので基本的に再利用可能。
②最上級真竜皇の各効果を1回ずつ使える。
③超再生能力のようなカードがメインフェイズに発動。
④明確な制圧カードが派生先にある。

この4点です。特に②はプレイングの難易度緩和とアドバンテージの面でかな良い影響をもたらし、④に至っては現代でも通じる確たる先攻展開札になります。また①も同じ真竜を破壊して真竜皇を展開できるため征竜のように細かく除外する(ここでは破壊ですが)カードを気にせずに済みます。加えてリリース軸と特殊召喚軸2つの動きが出来る上バオバブーンのお陰で十二獣とかなり相性が良いので展開と妨害を序盤から両立しやすいのも強さの引き立てとなっています(もう外しましたが)。因みにこのデッキ当初は自分の意地で真竜皇4属性12枚フルで入れていたのですが安定性を求めて泣く泣く今の構築。その後二転三転しながら「惑星探査車」を使い、「ドラゴニックD」を実質9枚にすることで純構築に戻りました。




2.大雑把な回し方

基本的に特殊召喚とリリースのハイブリッド。以下コンボとその解説。またカスタマイズポイントで紹介するお勧めについてのコンボもあるのでそちらについては(カスタマイズ)の表記を入れています。

大雑把に触れておくと真竜とのマッチを見越した構築になっています。まず昨今の真竜は私のような真竜皇を使うよりも相手ターンにリリース軸の動作で場を荒らしながらデカイ真竜を出すと言うのが主要となってきています。で、これをどう対策すべきか考えた所「サイクロン系」が挙がりました。相手が真竜永続罠を使う時を見計らってサイクロンを打つ。これがまず第1段階です。普通なら破壊効果を内蔵した真竜罠をこちらから潰しに行くのはNGなのですが破壊効果は起動するとは言えこれなら肝心のモンスターは出てきません。これは真竜における十二獣コンボも同様です(大概バオバブーン&ドラゴニックDか会局から始まるため)。こちらはモンスターを潰されようがドラゴニックDさえ生きていれば巻き返しは可能なので打点の高さも相まって相手の第1波をかわせれば一方的に1キルも決められます。

また、今回の更新では真竜の各属性の壊獣を採用しつつメインから強力な封殺体制を崩せるようにし、惑星探査車でドラゴニックDを呼び込む確率を高くしました。これまではリリース軸の真竜が真竜カテゴリーの代表的な雰囲気がありましたが多分これなら真竜の方が安定してると思ってます。これに手札誘発9枚も加わるため実際かなり強いです。




3.サイドの使い方と概念

今回のデッキに於いて特筆すべき点がもう一つあります。
それが「サイドデッキ」今回は十二獣を根刮ぎサイドに回すという暴挙に出ました。ぶっちゃけ「2」で説明したことをするだけならそれこそ十二獣真竜の方が良いです。しかし十二獣真竜の問題点はミラーマッチに弱いこと。分かりやすく言うとジャンケンが勝敗を左右しやすいこと。正にかつてのEMEm状態。そのためには相手の破壊攻撃を受けて尚強く出ることが出来るだけの征竜のような復帰力が必要になります。その担い手が真竜皇。またドラゴニックDがほぼ確実にある状況なので手札に真竜の1枚でもあればそこから派生できます。十二獣真竜は最初の制圧こそ強かれそこを越えられれば打点でも持続性でも真竜皇には敵わないため一方的に殴り倒せます。

それも踏まえてのサイドデッキ解説。
まず灰流うららですが十二獣ノイドへの最強の回答手段。これのせいでインフェルノイド使いは激減しました。可愛らしい顔してやることエグいです。また十二獣類に対しても1ターンだけならば回答手段となり得るためこの1枚で他の幅広いカテゴリーに対策できます。で、十二獣は十二獣真竜とのマッチ2戦目以降先攻で始まれる場合に切り替え。後攻だとまず出番に乏しいためあったところで必ず持て余します。十二獣真竜とのマッチで2戦目以降後攻スタート時のサイドチェンジばっかり極力サイクロン推奨です。魔封じは魔法が無いと真面な動作1つ取れない相手のに是非。





4.主なコンボ
デッキを回辺すに当たり活きてくるコンボ。
ここでは十二獣や他のお勧めカードを採用した場合のコンボも紹介します。



コンボ1(コンボ3までカスタマイズ)
手札:ブリリアントフュージョン

①ブリリアントフュージョン発動。
②サーペントとラズリーを墓地に送りジェムナイトセラフィ。
③ラズリー効果で墓地のサーペントをサルベージ。
④サーペントを召喚しセラフィとでガイザーをシンクロ召喚。

結構重要なコンボ。
ガイザーは破壊されるとデッキから幻竜族をサーチしますので言わばそれを利用したコンボになります。最悪の場合はこれである程度凌げるのは勿論ですが、最大の利点はブリリアントフュージョンが実質的にバハルストスに変わること。手札の状況にも依りますがこれで真竜皇の展開と先攻1ターンでのVFD展開をサポートできます。その流れがこちら



コンボ2
手札:コンボ1+真竜皇、ドラゴニックD

①コンボ1終了。
②ドラゴニックDで手札のカードを破壊し手札の真竜皇と同じ属性の真竜皇をサーチ。
③ガイザーとサーチした真竜皇を破壊して真竜皇を特殊召喚。
④ガイザー効果でデッキから真竜皇をリクルート。
⑤2体でVFD。

この時の真竜皇はどの属性でも構いません。
手札の消費は激しいですが反面破壊した真竜皇で幾らかアドは取れるので切り札の制圧力も相まってこの段階で中々突破されない布陣にになります。また、この後真竜皇を1枚でも持って来れれば以降はドラゴニックDとでアドバンテージ獲得し放題なのでここまで来れば真竜の継承を待つだけです。下手すれば来なくても普通に勝てます。では継承があるとどうなるのか、それがこちら



コンボ3
手札:コンボ2+真竜の継承

①コンボ2終了。
②真竜の継承で破壊した真竜の枚数までドロー。

この段階ではまだドロー枚数は1枚について限りますが以降展開される真竜によってターンを追う毎にその枚数は急激に増えていきます。ドラゴニックDか真竜の継承どちらかがあれば安定して回せるのはそのためです。

このブリリアントフュージョンを使ったコンボは結構前から注目されていました。私も当初は使っていましたが今は結局十二獣型に。




コンボ4
手札:真竜罠、上級真竜

①真竜罠を伏せてエンド。
②相手ターンにキーカード出現時に真竜罠発動。
③効果で上級真竜をアドバンス召喚。
④真竜罠の効果で相手のカード1枚破壊。

十二獣コンボが起動した際に活きてきます。中心ギミックの1つで上級真竜は相手のカード効果発動時に真竜カード1種類をサーチ或いはデッキから直接発動する効果もあるためこれでアドを取れます。さすがにこれを出したくらいで相手の動作が怯むとは考えにくいのでサーチも割と積極的によって狙っていけると思います。実はある方のデッキに感銘を受けてこのギミックを取り込んだのが今の形になります。




コンボ5(カスタマイズ)
手札:バオバブーン、ドラゴニックD

①バオバブーンを召喚し手札交換。
②ドラゴニックDでバオバブーンを破壊し真竜回収。
③バオバブーン効果でバオバブーン2体をリクルート。
④2体でセイバーインヴォーカー。効果でモルモラットA。
⑤モルモラットAからワイルドボウ。ワイルドボウでモルモラットB。
⑥ワイルドボウからタイグリス。タイグリスで素材をワイルドボウからモルモラットAに交換。
⑦タイグリスからブルホーン。ブルホーン効果でヴァイパー回収。モルモラットAを取り除いてモルモラットC。
⑧ブルホーンからライカ。ライカ効果で墓地の十二獣蘇生。
⑨ライカからドランシア。ドランシアの素材にヴァイパー装填。
⑩モルモラットB&Cでダイガスタエメラルor深淵に潜む者。

もう十二獣コンボは面倒なので書かないはずでしたがライカを含めた地味に新しい内容なので改めて掲載。このバオバブーンコンボについては将来的に引き抜くかも知れないので今一つ何とも言えないのですが強いです。十二獣自体がかなり汎用性高いので真竜で少し問題だった手札の消費がたった1枚でドランシアが立ちますし真竜は純構築だと純粋な妨害も不足するので非常に相性が良いです。またわざわざライカを入れる理由はドラゴニックDの破壊対象にしたり、真竜を出す上でのリリース、破壊要因になるからです。



根本的な動作(コンボ)はこんな感じです。細かく説明するともっとあるのですが微々たる変化なのでその辺は実際に回してみた方が分かります。取り敢えずテキストが長く結構複雑なので回してその感覚で把握していくことも重要です。以降はドラゴニックD+真竜数枚の主な組み合わせを紹介します(アグニマズド有りも紹介)。



コンボ6

パターン1
手札:ドラゴニックD+マリアムネ、バハルストス

①ドラゴニックDでマリアムネを破壊しマリアムネをバハルストスを回収。マリアムネでアグニマズドを回収。
②バハルストスとアグニマズドを破壊してバハルストスを特殊召喚。
③破壊したバハルストス、アグニマズドの効果でリトスアジムをリクルート、マリアムネをサルベージ。
④バハルストスとリトスアジムでVFD。


パターン2
手札:ドラゴニックD+リトスアジム、アグニマズド

①ドラゴニックDで手札1枚を破壊しアグニマズド回収。
②リトスアジム、アグニマズドを破壊しアグニマズド特殊召喚。
③リトスアジム、アグニマズドの効果でリトスアジムをサルベージ、アグニマズドを蘇生。
④2体でVFD。


パターン3
手札:ドラゴニックD+バハルストス、アグニマズド

①ドラゴニックDでバハルストスを破壊しアグニマズドを回収。
②バハルストス効果でリトスアジムをリクルート。
③アグニマズド、リトスアジムを破壊しアグニマズド特殊召喚。
④アグニマズド、リトスアジム効果でリトスアジムをサルベージ、バハルストスを蘇生。
⑤2体でVFD。


パターン4
手札:ドラゴニックD+リトスアジム、バハルストス

①ドラゴニックDでバハルストスを破壊しマリアムネ回収。
②バハルストス効果でリトスアジムをリクルート。
③リトスアジム、マリアムネを破壊してリトスアジム特殊召喚。
④リトスアジム、マリアムネ効果でバハルストス蘇生、アグニマズド回収。
⑤2体でVFD。





3.主要カード解説


・真竜皇群

デッキの核になるカード。
共通効果として同属性含む手札かフィードのモンスター2体を破壊して自身を展開する効果。この時2枚とも同属性なら固有効果を発動する効果。破壊されるとそれぞれ同属性以外の幻竜族のサーチ、リクルート、サルベージ、蘇生を行う効果を持ちます。征竜より扱いにくいところとしては特殊召喚に必ず同じ属性を要すること。これが中々曲者で事故の最大要因と言ってもいいです。ただし噛み合った時の性能は驚異的で破壊された際の固有効果のお陰で本来1体しか出せないところを2体出してVFD更に継承で爆アドと言うことがザラに起こります。これが一旦決まればもう止まりません。



・上級真竜群

基本的にアドバンス召喚ですが永続魔法・罠もリリースできます。上記のような真竜罠と組んで相手ターンに地味に痛い妨害を施すこともできますが、1番狙いたいのは固有効果。ドライアス以外はそれぞれ相手のカード効果発動時に真竜カード何れか1種類を回収する効果を持っています。ドライアスに関しては場を離れれば常時真竜をリクルートできるので上のコンボようにつかうことも可能です。



・ドラゴニックD

キーカードの1つ。
カード1枚を破壊して真竜を呼び込めるので余計に余ったテラフォをやブリリアントフュージョンを破壊して真竜に変えたり、中盤以降真竜の継承のドローカウントの加速にも一躍買います。余り詳しくは書いていませんが実は結構応用が利きます。



・真竜の継承

真竜魔法固有効果の他そのターンのメインフェイズまでに破壊された真竜カード数までドロー出来ます。真竜皇爆アド獲得の最大の切り札で少し巧く回ってくれればトチ狂ったアドバンテージを量産します。また2枚目3枚目が回ってくる毎にドラゴニックDで破壊すればこれもカウントされるので2枚以上来ても基本的に死に札になりにくいのも売り。
強み・コンボ
・結城堂公認大会
まずは新カテゴリーで1勝。
直前までずっとこのページの概要欄を書きながらデッキ調整に浸りました。目的のCSは残念ながら見送ることになりましたが取り敢えず幸先良いスタートになりました。十二獣ノイドが多かったのは幸運だったかな。
弱点・課題点
サイドデッキ

・十二獣モルモラット×3
・十二獣ヴァイパー×1
・十二獣の会局×3
・コズミックサイクロン×3
・超融合×1
・スキルドレイン×1
・次元障壁×3
カスタマイズポイント
【十二獣真竜】

・真竜剣皇マスターP×2
・真竜銃士ダイナマイトK×2
・真竜凰マリアムネ×3
・十二獣モルモラット×3
・十二獣サラブレード×2
・十二獣ヴァイパー×2
・増殖するG×3
・灰流うらら×3
・バオバブーン×3

・ドラゴニックD×3
・テラフォーミング×3
・十二獣の会局×3
・真竜の継承×1
・コズミックサイクロン×3

・真竜皇の復活×3
・真竜の黙示録×1
・王宮の勅命×1
・虚無空間×1

・真竜皇VFD×1
・幻子力空母エンタープラズニル×1
・十二獣ドランシア×2
・十二獣ブルホーン×3
・十二獣タイグリス×2
・十二獣ハマーコング×1
・十二獣ワイルドボウ×1
・十二獣ライカ×1
・ダイガスタエメラル×1
・深淵に潜む者×1
・XXセイバーインヴォーカー×1
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

通りすがりのdd使い 「優勝おめでとうございます。あとコメントありがとうございました。優勝者の方に誉めて頂けたとは感激です。最初はなぜバオバブーンと思いましたが素材確保になるので正解だなと思いました。 」(2017-01-15 17:07 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
熾天 「通りすがりのDD使いさん

ありがとうございます。実は大会直前に貴方のデッキを参考に急遽組み直した形ですw寧ろヒントを頂けてこちらとしても有り難い限りでございます。バオバブーンについては十二獣型にするならばあると良いかなと思い前からマーク自体はしてたのでまあ概ね予想通りかなと思ってます。一応十二獣コンボに組み込めずともブレイクソード立てられるのでお勧めです。 」(2017-01-15 17:14 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
ラブライバー 「優勝おめでとうございます。
真竜いいですよね。特にイラストアド、しかもビーストとか言う制圧の塊。
にしても竜皇フル投入とは随分思い切りましたね。
私も最初は入れてましたが事故が怖くてアグニマズドだけ解雇しました。
これを見てフル投入に変えようと思います。 」(2017-01-15 19:12 KD182251254017.au-net.ne.jp)
イズル 「優勝おめでとうございます。
真竜は友人が組んでましたがVFDの制圧が半端じゃないですね。裁定にも恵まれましたし。
そしてこのデッキも十二獣組み込みがセオリーとなるのでしょうか。。。彼らの寄生はかつてのEM出張を彷彿とさせますね。うーん、環境来るならサイド構成考えないといけないかな・・・。 」(2017-01-15 19:22 p2414156-ipngn3803marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp)
熾天 「ラブライバーさん

ありがとうございます。
イラストの素晴らしさは本当に目を見張るものがありますね。かつて征竜が好きで使っていた身としてはたまりません。真竜皇の配置ですがこれはどちらかというと自分の「真竜皇オンリーで組みたかった」と言う気持ちを反映させた、謂わば意地です。事故こそありませんが真竜皇単一でのプレイングは継承かドラゴニックDのどちらかが回ってこないと危険なのでやむなくハイブリッド型にしたという感じです。本気で勝ちに行く時はアグニマズドとリトスアジムはきえてるでしょうねぇ。。。その時はこのデッキが完全ガチに移行したと思って頂ければと思います。


イズルさん

VFD強いですよねぇ。。。何のためにショックルーラー禁止にしたのやら(まあ嬉しいですが)。出来ることなら十二獣は組み込みたくなかったです(泣
今使っているデッキの多くはインフェルノイド、BFと十二獣に取り込まれてしまったものが多いのでこれについては悔やむばかりです。しかしこのデッキでの十二獣は飽くまでも布石の域を脱しないので何とかそこで納得しています。メインは真竜です。。。多分。

因みに私は参加しませんでしたがあるCSでは真竜がベスト4の2枠に入りましたがまだ対策やその動きなどが公になっておらず、どの型が主流になるかも纏まっていないため対策が確立されれば言うほど環境に食い込むことは無いかも知れません。 」(2017-01-15 20:14 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
通りすがりのdd使い 「自分のデッキを参考にしてくださったとは
感激です。お互いにより良い真竜目指して頑張りましょう。 」(2017-01-15 20:25 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
通りすがりのdd使い 「今バオバブーン3とイグニスH3かダイナマイトK1と黙示録1とグニスH2迷っているのですがどうするべきでしょうか。 」(2017-01-15 22:25 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
熾天 「通りすがりのDDさん

真竜永続罠がかなり重要なるので前者の内イグニスを丸々ダイナマイトに変えるという方向でも良いかも知れません。私が使う限り永続魔法の優先順位は低いです。 反面ダイナマイト+真竜永続罠ならば相手ターンでのマスターPやダースメタトロンを狙えるのは勿論ダイナマイトにも罠リクルートがありますのでこれで真竜皇の復活を使えばドラゴニックDのコストに使った真竜皇やマスターPを蘇生しながらアドバンス召喚&妨害を熟せます。行く行くは無理なくVFDを立てるまでになるので絶大な制圧力を維持できます。 」(2017-01-16 10:58 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
通りすがりのdd使い 「なるほど。熾天さん相談にのって頂きありがとうございます。 」(2017-01-16 17:56 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
部曲 「前に記載していた十二獣真竜皇のデッキを載せて頂けませんか? 」(2017-01-16 20:00 FL1-122-134-118-21.gnm.mesh.ad.jp)
熾天 「部曲さん

十二獣型についてはメインデッキのパーツを全てサイドデッキ回す手段を取っているため概要欄記載ではありますがこれが一応十二獣真竜です。 」(2017-01-16 20:55 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
部曲 「そうでしたか。
もしよかったら、十二獣をメインに入れる場合、メイン抜いてもいいカード教えて頂きたいです。 」(2017-01-16 21:09 FL1-122-134-118-21.gnm.mesh.ad.jp)
熾天 「部曲さん

十二獣は解説にもあります通り対ミラー戦の2戦目以降において後攻で始まった場合に墓地で発動する真竜効果を全面的に遮断するために使います。またこれがある以上初動はかなり安定して出れる上真竜皇無くして展開数も維持できるため序盤固有効果を活かし難いアグニマズド、リトスアジム。加えて普通の破壊に留まるサイクロン辺りを抜く予定でいます。 」(2017-01-16 22:20 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
部曲 「ありがとうございます。

熾天さんのデッキは丁寧な解説があり、いつも参考にさせていただいてます。
BFも堕天使も参考にして作りました。 」(2017-01-16 22:45 FL1-122-134-118-21.gnm.mesh.ad.jp)
熾天 「部曲さん

そうでしたか、いつも参考にして頂きありがとうございます。特にBFに関してはこのサイトでのデビュー作なので未だに見て頂けて嬉しい限りでございます。これからもよろしくお願いします。 」(2017-01-16 23:43 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
ランラン 「このデッキレシピについてですが、エアサーキュレーター3枚とマスターP一枚をダースメタトロンに変更して投入したいのですが、抜くべきだと思ったカードと純真竜皇前提でのエクストラをご教授お願いいたします。 」(2017-01-23 20:13 218.33.163.90.eo.eaccess.ne.jp)
熾天 「ランランさん

まず抜くカードについてですが最優先でアグニマズドかリストアジムのどちらかにすべきです。他の真竜皇であるマリアムネはサーチ、バハルストスがrecruitなのに対し、アグニマズドはサルベージ、リストアジムは蘇生と墓地を対象にしたものなので何れも序盤死に札に変わりやすいです。まあ本気でしょうリリース寄りの真竜にするならばマリアムネ以外は無くても良いのですがそれだと枚数が足りなくなるのでどちらかで良いでしょう。

純構築時のエクストラですがこれは基本的にVFDとプラズニルがそれぞれ2枚以上あれば問いません。他にちゅーなーなどがあればもう少し変化があったのですが生憎レベル9で統一されたカテゴリーなのでランク9にしか派生できず、そのランク9が剰りにも候補が少なすぎるため「これが必須」と言う指定が出来ません。一応真竜皇は固有効果に除外を含めているので破壊しやすいところも考慮してハートアースやモンスター限定で2回攻撃できるダークマターは良いかも知れません。 」(2017-01-23 20:40 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
通りすがりのdd使い 「優勝おめでとうございます。
質問です。サラブレードはあったほうがいいですか? 」(2017-01-24 23:12 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
熾天 「通りすがりのdd使いさん

ありがとうございます。
サラブレードに関しては出来るだけあった方が良いと思っています。この構築に限りますが前半の主戦力は十二獣に依存するため手札交換を行いつつ火力の高い十二獣エクシーズを展開できるサラブレードはデッキの回転率自体に拍車を掛けます。またサラブレードがあれば手札にモルモラットが回ってきてしまっても手札の消費量に差が出にくいのもポイントです。 」(2017-01-24 23:27 sp1-72-3-51.msc.spmode.ne.jp)
通りすがりのdd使い 「ありがとうございます。参考になりました。もうひとつ質問です。
自分は真竜軸にしているのですが、やはり十二獣軸の方がいいでしょうか。 」(2017-01-25 16:28 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
通りすがりのdd使い 「十二獣がいるならリトスアジムDがいたほうがいいのでは 」(2017-01-25 17:24 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
通りすがりのdd使い 「マスターPは1でもいいのでは? 」(2017-01-25 17:48 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
熾天 「通りすがりのddさん

真竜+真竜皇の構図を取るなるば枚数的な問題で十二獣は組み込みきれませんが真竜単体なら十二獣を出来るだけお勧めします。真竜だけではリリースして出すモンスターとリリース要因になる魔法罠の二極化し易く初手が偏りやすいのでお勧めしません。

リトスアジムはアグニマズドにも言える事ですが破壊された際の固有効果がデッキに干渉するものでは無いためそもそも真竜皇の展開に拘っていないこのデッキでは十二獣が破壊対象になり難いことも相まって必ず持て余します。また現状でデッキ枚数が40枚を越えているため肥大化を抑える意味でも不要と見ています。

マスターPは耐性を付けられる分比較的リリース強制系で突破されるケースが多いため、中盤以降の爆発力に繋がること、3枚だとリリース要因が出揃わない場合に行き詰まることも見越して2枚にしています。因みにこれについてはdd使いさんの投稿されているデッキを見てからだと説得力に欠けます。

余談ですがご意見を下さる場合は簡単な理由の付随(何を考えての提案かが分からないため)とコメントを一つによる纏めて(コメント数の肥大化を抑えるため)頂けると有難いです。 」(2017-01-25 18:29 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
通りすがりのdd使い 「分かりにくい質問の仕方をしてしまいすみませんでした。マスターPは先日、自分のデッキで1枚にしたところ十分だったので聞きましたが熾天さんの意見を聞き2枚にもどしてみました。(サイト内での更新を忘れていました。)次回からは質問の仕方もきおつけます。今後ともよろしくお願いします。 」(2017-01-25 19:14 fp76f1ef90.tkyc620.ap.nuro.jp)
ランラン 「コメント失礼いたします先日辺りまで公開されていた、純真竜皇のデッキレシピを教えていただけますか? 」(2017-01-25 19:47 218.33.163.90.eo.eaccess.ne.jp)
熾天 「ランランさん

了解しました。今日中にはカスタマイズポイントに掲載できますので暫く時間を空けてから改めてご覧下さい。因みに十二獣不採用が前提なので構築はエクストラ含め多少苦し紛れに枠を作った感が歪め無いかもしれませんが根本的な動作は変わらないのでご安心ください。 」(2017-01-25 19:53 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
ランラン 「了解しました。 」(2017-01-25 19:57 218.33.163.90.eo.eaccess.ne.jp)
バリア胸 「初心者なので、至らない質問ですが、結構VFDは出すことができますか?
相手の構築関係なしでお願いします。 」(2017-01-29 16:05 softbank126219107178.bbtec.net)
熾天 「バリア胸さん

出ないことはないです。マスター以外のレベル9がマリアムネだけとは言え真竜皇の復活で蘇生して別のマリアムネを出せば出すこと自体は普通に出来ます。ただエクストラにある2枚全てを出すことはほぼ無いと思った方が良いです。そもそもの軸が真竜皇による9軸ではないのでこのデッキではランク9自体がオマケと言う感じです。出そうと思えばダセマスガ狙って出す事が吉と出ることはそうそう無いです。 」(2017-01-29 16:41 KD175108204208.ppp-bb.dion.ne.jp)
バリア胸 「なるほど、分かりやすくありがとうございます!
自分で9軸足してみながら試行錯誤してみます!
(2017-01-29 17:59 pw126255005080.9.panda-world.ne.jp)



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)

■幻竜族カテゴリの他のデッキレシピ
2017-02-02 【真竜皇V.F.D.DD
2017-02-11 【真竜
2016-02-04 【竜星群
2014-06-24 【おためめめし
2017-01-19 【真竜皇竜星
2017-02-08 【普通のアドバンス真竜デッキ(EX0型)
2014-11-24 【竜星
2017-01-15 【初日で完成十二獣真竜
2017-01-16 【十二獣真竜(ガチ)
2016-11-20 【真竜
幻竜族のデッキレシピをすべて見る▼

デッキに使用されているカード

枚数 カード名 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
3 真竜凰マリアムネ  効果モンスター 9 幻竜族 2700 2100
「真竜凰マリアムネ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合、相手のデッキの上からカードを4枚除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから風属性以外の幻竜族モンスター1体を手札に加える。
1 雷撃壊獣サンダー・ザ・キング  効果モンスター 9 雷族 3300 2100
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。このターン、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、このカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。
3 真竜皇リトスアジムD  効果モンスター 9 幻竜族 2500 2300
「真竜皇リトスアジムD」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、地属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、地属性モンスター2体を破壊した場合、相手のエクストラデッキを確認してその中からモンスターを3種類まで選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。自分の墓地から地属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
3 真竜皇アグニマズドV  効果モンスター 9 幻竜族 2900 1900
「真竜皇アグニマズドV」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、炎属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで手札に加える。
3 真竜皇バハルストスF  効果モンスター 9 幻竜族 1800 3000
「真竜皇バハルストスF」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、水属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。デッキから水属性以外の幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
2 海亀壊獣ガメシエル  効果モンスター 8 水族 2200 3000
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし除外する。
1 怒炎壊獣ドゴラン  効果モンスター 8 恐竜族 3000 1200
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):1ターンに1度、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを3つ取り除いて発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
1 粘糸壊獣クモグス  効果モンスター 7 昆虫族 2400 2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(4):相手がモンスターを召喚・特殊召喚した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。次のターンの終了時まで、そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
3 惑星探査車  効果モンスター 4 機械族 1000 1000
このカードをリリースして発動できる。デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
3 灰流うらら  効果モンスター
チューナーモンスター
3 アンデット族 0 1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果
2 幽鬼うさぎ  効果モンスター
チューナーモンスター
3 サイキック族 0 1800
「幽鬼うさぎ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、自分の手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。フィールドのそのカードを破壊する。
3 増殖するG  効果モンスター 2 昆虫族 500 200
このカードを手札から墓地へ送って発動する。このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。
3 テラ・フォーミング  通常魔法 - - - - -
自分のデッキからフィールド魔法カードを1枚手札に加える。
3 妨げられた壊獣の眠り  通常魔法 - - - - -
「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
2 真竜の継承  永続魔法 - - - - -
「真竜の継承」の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このターンにフィールドから墓地へ送られた「真竜」カードの種類(モンスター・魔法・罠)の数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
3 ドラゴニックD  フィールド魔法 - - - - -
(1):フィールドの「真竜」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、アドバンス召喚した「真竜」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、デッキから「真竜」カード1枚を手札に加える。
3 真竜皇の復活  永続罠 - - - - -
「真竜皇の復活」の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、(1)(2)の効果は同一チェーン上では発動できない。
(1):自分の墓地の「真竜」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
1 エルシャドール・シェキナーガ  融合モンスター
効果モンスター
10 機械族 2600 3000
「シャドール」モンスター+地属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。「エルシャドール・シェキナーガ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):特殊召喚されたモンスターが効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、自分は手札の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
1 E・HERO アブソルートZero  融合モンスター
効果モンスター
8 戦士族 2500 2000
「HERO」と名のついたモンスター+水属性モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカードの攻撃力は、フィールド上に表側表示で存在する「E・HEROアブソルートZero」以外の水属性モンスターの数×500ポイントアップする。このカードがフィールド上から離れた時、相手フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
1 No.77 ザ・セブン・シンズ  エクシーズモンスター
効果モンスター
12 悪魔族 4000 3000
レベル12モンスター×2
このカードは自分フィールドのランク10・11の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。この方法で特殊召喚したターン、このカードの(1)の効果は発動できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て除外し、除外したモンスターの中から1体を選んでこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。
1 No.84 ペイン・ゲイナー  エクシーズモンスター
効果モンスター
11 昆虫族 0 0
レベル11モンスター×2
このカードは自分フィールドのX素材を2つ以上持ったランク8~10の闇属性Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの守備力は、自分フィールドのXモンスターのランクの合計×200アップする。
(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手が魔法・罠カードを発動する度に相手に600ダメージを与える。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの守備力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
3 真竜皇V.F.D.  エクシーズモンスター
効果モンスター
9 幻竜族 3000 3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。
1 幻子力空母エンタープラズニル  エクシーズモンスター
効果モンスター
9 機械族 2900 2500
レベル9モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。●相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。●相手の手札をランダムに1枚選んでゲームから除外する。●相手の墓地のカード1枚を選んでゲームから除外する。●相手のデッキの一番上のカードをゲームから除外する。
1 十二獣ハマーコング  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×3体以上
「十二獣ハマーコング」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード以外のフィールドの「十二獣」モンスターを効果の対象にできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。このカードのX素材を1つ取り除く。
1 十二獣ブルホーン  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×2
「十二獣ブルホーン」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから通常召喚可能な獣戦士族モンスター1体を手札に加える。
1 十二獣ライカ  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×2体以上
「十二獣ライカ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、X召喚の素材にできない。
1 十二獣タイグリス  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×3
「十二獣タイグリス」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドのXモンスター1体と自分の墓地の「十二獣」モンスター1体を対象として発動できる。その「十二獣」モンスター1体をそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。
1 ダイガスタ・エメラル  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 岩石族 1800 800
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分の墓地に存在するモンスター3体を選択し、デッキに加えてシャッフルする。その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●自分の墓地に存在する効果モンスター以外のモンスター1体を選択して特殊召喚する。
1 十二獣ドランシア  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。
1 十二獣ワイルドボウ  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 獣戦士族 ? ?
レベル4モンスター×5
「十二獣ワイルドボウ」は1ターンに1度、同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):このカードは相手に直接攻撃できる。
(3):持っているX素材の数が12以上のこのカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。相手の手札・フィールドのカードをすべて墓地へ送り、その後、このカードは守備表示になる。