メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
スターター買ってもルール分からない

ストラクチャーデッキ サイバース・リンク


デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Ph.X《フェニックス》 > DRAW:EX4 30000の感謝

遊戯王 Ph.X《フェニックス》/DRAW:EX4 30000の感謝 作:人喰い

(EX4)



ダダダッッ!



和泉「火群くん! 3万だよっ!!」

火群「………えっ!!3万でいいの!? でもまだ心の準備が…っ」

明日人「なんでだよッ!! 頭ん中ブラックガーデンにも程があんだろ!」

栗須「すげぇ例えだな…」

火群「…それで和泉、一体何が3万なんだ?」

和泉「えっとね、えっとねっ♪ まずはこれを見て!」

和泉がそう言ってポケットから取り出したのは、1枚のカードだった。
そのカードのイラストには、いくつかのテーブルと椅子が描かれているのみで、とても殺風景だった。そしてカード名を見てみると…



火群「…なになに…?
『遊戯王Ph.X 閲覧数3万突破記念パーティー 招待状』…!?」

栗須「パーティー!!? タダ飯食えるって事だな!?」」

明日人「…なんでだよ…。そんなうまい話がある訳…」

和泉「なんとなんと、超一流のシェフの料理が食べ放題なんだって!」

明日人「まじか」

栗須「よっしゃタダ飯食らいまくってやるぜぇぇえ!」

火群「…でもなんか怪しくねーか…?いきなりそんな事言われても、俺たちほとんど何にもしてないのにパーティーなんかに招待されちゃっていいのかよ?」

和泉「まぁまぁ♪ 私たち全員、せっかく招待されたんだし、とりあえず会場に行ってみようよ♪」

火群「……和泉がそういうなら…行くか」

和泉「決まりだね! じゃあ早速、しゅっぱぁーつ!」

火群(…なんでこいつこんなに楽しそうなんだ……)














遊戯王 Ph.X DRAW:EX4
《30000の感謝》

















〜パーティー会場〜


火群達がたどり着いたパーティー会場はかなりの広さで、もうすでに数十人が卓につき楽しげな会話をしながら食事をしている。




戒「ーーーお前たちも来たのか」


火群「戒!!」

明日人「…あっ! あいつは…!」


戒「…そう身構えるな。今日のような場では、決闘は忘れて楽しんだらどうだ?」

火群「も、元からそのつもりだ!」

和泉「ども、斬波くん」

明日人「…確か前に黒髭中の屋上と植物園で会ったことあったよな…?」

戒「…気のせいじゃないか? 俺は斬波 戒」

明日人「う…っ…、倉川 明日人だ、よろしく」

栗須「俺は古宮 栗須だ! まぁよろしく頼むぜ!」

戒「眼鏡、お前には聞いていない」

栗須「」

栗須「……んだっとぉぉ!? 表出ろ! 決闘だぁ!」ガタガタッ

戒「…フッ、面白い。まずはお前から血祭りに上げてやる」ガタン!

明日人「なんでだよ!! 自分で言ったそばから無視してんじゃねーか!」



ぎゃーぎゃーぎゃー



和泉「てん、てん、てん」

和泉「……火群くん、私達はあっちの空いてる席いこっか…」

火群「そうだな」















結維「………」


結維( 私も呼ばれたから来ちゃったけど……こういう空気は慣れないわね。和泉たちどこにもいないし…)


??「あーーっっ!! 桜庭 結維!!」


結維「…?」

鈴華「まさかこんなとこで会うことになるなんて思いもしませんでしたわっ!」

結維「…あ、チョココロネ農園」

鈴華「この巻髪は栽培してる訳じゃないわよっ!!」

和泉「あらそうなんですか」

鈴華「…ったく…。
ところで、貴方もこのパーティーに呼ばれてたなんてね、驚きましたわ」

結維「…あなたごときが呼ばれていた事の方が驚きです」

鈴華「ぬわんですってぇえ…っ! 決闘よ決闘! あなたなんかケチョンケチョンにしてあげますわ!!」

結維「これだから決闘厨は……まあちょうど退屈していたので良い暇つぶしになりますが」

雫「はわわわっ! 二人共落ち着いて下さい〜」

結維「…あら雫。居たの」

鈴華「…誰よそのモッサい娘。あなたの知り合い?」

雫「モサ…っ!?」

結維「このモッサい前髪っ娘は柏木 雫。年齢は私達の一個下です」

雫「……結維さんまでぇ! は、はわわわ…っ、よ、よ宜しくお願いします!」

鈴華「……んー」

雫「……?」

鈴華は3秒くらいの間雫の顔を見つめていたかと思うと、


鈴華「…ていっ!」


と掛け声を上げ、雫の前髪を右手の甲で跳ねあげた。

雫「…はわわっ!?」

鈴華「…! うわなにあなた可愛い顔してるじゃない」

雫「や、やめてくださいよぅっ! ///」

鈴華「…私は西蓮寺 鈴華ですわ。よろしくね。雫さん」

雫「あ、はい!(…どんな挨拶の仕方ですか…///)」

結維「なんだか決闘する気分じゃなくなっちゃいましたねぇ…」

雫「そ、そうですよ! 決闘なんかしてる場合じゃありません! 美味しいお食事いっぱい食べましょう♪ 中華料理がオススメらしいですよ…!」

鈴華「し、仕方ないですわね! 私も特別にあなた方にご一緒させて頂きますわっ!」






………




鈴華「…色々ありますのね」

結維「あなたお嬢様口調の割にはこういう席に慣れてないの? どこかぎこちないですよ」

鈴華「…っるさいですわね! そういうあなただってさっきからあっちこっち目移りしてるじゃない!」

結維「…わ、私はバイキング形式とか慣れてないからいいのです。それよりーーー」


雫「…はぅわわぁ〜〜…っ! ご馳走が沢山…っ」ジュル

結維「…ヨダレが前髪についてますよ。雫」

雫「…はわぅ!?」

鈴華「…どう考えても前髪にはかからないでしょう…。ついてるのは前髪の横の触角ですわ」

雫「…はわわ…っ、お恥ずかしい…」




………




結維「…もぐもぐ……んっ! 美味しい…っ」

結維(…和泉と千愛以外の他人と食事なんて初めてね……。こういうの、苦手なんだけどな…)

雫「はわわわぁ〜♪ おいひいれすねっ!」

鈴華「…ま、まあまあですわね…っ!」

雫「……それで、鈴華さんはWDCSで結維さんと闘って知り合ったんですね」

結維「…んでその直後に私はこの前髪に、賭けてたパスカードをパクられたわけです」

鈴華「え…そうなの」

雫「人聞きの悪い言い方しないでくださいぃ! まさかあれが賭けてたパスカードだったなんて知らなかったんですよ〜…」

鈴華「…それにしても、そんな事があったのにあなたたち随分と仲がよろしいのね」

結維「そ、それは……まあ、その、なんて言うかですね…」

雫「…うんめーてきなやつですかね…っ?」

鈴華「…なによそれーっ! ズルいですわ!」

結維「…いやその、成り行きといいますか」

雫「ゆ、結維さんさっきからどうしたんですか? …なんか固いですよ?」

結維「……えと…こういう風に家族以外の人と話しながら食事なんてしたことなかったから……緊張なのかなんなのかわかんないけど、なんか、こう……変な気持ちになるんです」

鈴華「…結維さん、あなた友達いないの?」

結維「…っっ!!?」


雫(鈴華サンそれ言っちゃダメなやつ!!)


結維「………」

雫「…はわわわ……っ」

結維「………っ」


結維「………っっばーか! ばーかっ! 私にだって! ……とっ、とも…友達の一人や…二人……! いる……し……っ」

鈴華「……ふふ…っ、あはははっ!」

雫「…ふふふ…っ!」

結維「…!? 何よ! 悪い!?」

雫「…ごめんなさい笑うつもりは無かったのですが、結維さんがそうやって感情を表に出すとこ、初めて見たから…っ」

鈴華「つい可笑しくて、ね?」

雫「それに私たち三人、もう友達じゃないですか…?」

結維「…っ…!」

鈴華「…わ、私も入ってるの?」

雫「当たり前です! 一度食卓を囲えばみんな友達、ですよ♪」

鈴華「…ま、まあ構いませんけど」

結維「…うぅ…なによ、もう…っ。
ってかチョココロネ農園のくせにいちいち偉そうなのよ…」

鈴華「だから農園じゃないですわっ!!」

雫「…チョココロネは認めるんですね……」




結維(…慣れはしないけど、たまにならこういうのも悪くはないかな…? とか思ったり思わなかったりなのでした)













瑞希「…あらー、麻婆豆腐もう無くなっちゃったのかーっ、残念!」

瑞希「…しゃーない、他のでお腹満たしますかねぇ〜」


??「ーーー麻婆豆腐追加おまちどおっ!!」


瑞希「…おっ!? やったねラッキー♪
………って、スッキー先生!!?」


好「…ん? ああ、柏木か」

瑞希「もしかしなくてもここの料理、先生が作ってるんですか!?」

好「ああ、そうだ。中華料理専門だけどネ。さ、熱いうちに食べナっ」

瑞希「♪ じゃあ遠慮なく! いただきます!」

好「そんじゃアタシは厨房に戻るよ。まだまだ大量に作らないとすぐなくなっちゃうからネ」

瑞希「お疲れ様です! 先生!
……でもせっかくのパーティなのにスッキー先生は楽しまなくていいんですか…?」


好「…アタシは十分楽しんでるヨ。アタシの料理で喜んでくれる人がいるってのが何より楽しい」


瑞希「わあ、本気で尊敬します…」







…………






瑞希「…スッキー先生ってばホントに凄いなぁ〜。あそこまで仕事に命をかけられるなんてーーーおやおや? あそこにいるのは…」




戒「フッ、これで力の差がわかっただろう」

明日人「5-0で戒のワンサイドゲームだな…」

栗須「ぐぎぎぎ…! 聖剣が折ってもすぐ再生するせいでシムルグのバーンダメージが入らねぇ…!」

戒(…さて、先攻アロマされたらどうするか…)




瑞希「ーーーよっす! 後輩たち!」


栗須「柏木先輩!?」

明日人「あ、先輩。どもっす」


戒「……? 誰だ…?」




瑞希「あたしは『柏木 瑞希(かしわぎ みずき)』! 15歳! 黒髭中学バレー部のキャプテンやってます!」

戒「…『斬波 戒(ざんば かい)』だ」

瑞希「…戒くん、ね。よろしくぅ!」


戒「…あ、ああ。(…こういうノリの女は疲れる…)」





…………




戒「………」

栗須「ガツガツガツガツ!」

明日人「もぐもぐ…んぐもぐ…」

瑞希「んー♪ おいしーっ!」


戒(………なんて異色な面子だ…)

瑞希「ーーーねぇねぇ戒くんって、後輩くん達とどういう関係なの?」

戒「…ただの顔見知りだ」

瑞希「へぇー! もしかして市瀬火群くんや桜庭和泉ちゃんとも知り合いだったり!?」

戒「…そうだが、それがどうした」

瑞希「やっぱり! 二人のお話いっぱい聞きたいなー?」

戒(…なんだこの女…っ!? 気がつくと懐まで一瞬で寄ってくる…っ!)

戒「…何も知りはしないさ。奴らとは、たまたま道が重なった。ただそれだけのことだ」

瑞希「…そっかー、残念…♬」


明日人「戒のやつ凄いぞ……初対面の年上といきなりタメ語で喋ってる…」

栗須「…柏木しぇんぱい! 俺ともどうか甘いトークを……」

瑞希「はいはいー? トークンがなんだって?」

栗須「えっ、いや、トークを…!」

瑞希「私のオススメは『デビルズ・サンクチュアリ』から出てくる『メタルデビル・トークン』かなっ、よく見ると可愛いんだよーっ!」

栗須「…あ、あのっ、違くて…っ」

明日人「…プ…っくく…っ! どんまい…笑」

戒「……静かに飯も食えんのかお前らは…」









火群「…もぐもぐ」

和泉「んーあむっ♡ おいしーっ♬」

火群「……」

火群(そういえば、和泉と二人きりで食事なんて初めてだな…)

ニクス(一応私達もいるが、ここは遠くで黙って見物しておくか)

千愛(リン♬ そうね、その方が面白そうだしね…♬)

和泉「……」

和泉(…も〜、火群くんなんで何も喋らないのぉ〜っ。千愛ちゃん達もどっか消えちゃうし〜…)

火群「………あ、えと、片手で、食べづらく、ないか…?」

和泉「えっ?笑 へ、平気だよっ、見た目ちょっとお行儀悪くなっちゃうのが嫌だけど…」

火群「そっか、なら良かった」

和泉「ん。もぐもぐ」

火群「……」

火群(…会話終わったぁあーっ!)

和泉(…ど、どうしよう…予想外すぎる話しの切り出しに思わず動揺しちゃったよぉ〜…)

和泉「そ、そういえば、千愛ちゃんたちどこ行ったのかなぁ〜っ?」

火群「…と、トイレじゃないかな…?」

和泉「…そ、そっかぁ〜、随分と長いみたいだね〜っ」

和泉(…って、何言ってんのよ私ぃ〜っ! 千愛ちゃんにくすさんごめんなさい〜っ)

火群「…トイレで2人、何かやってんのかな〜、なんて」

和泉「あははは、そうかもね〜っ(テンパって口が勝手に〜っ!)」



千愛(あの子らちょっとお仕置きしましょうか)

ニクス(同意せざるを得ない)



………



火群「…いったぁっ!? 急に現れて、いきなり叩くことねぇじゃんかぁ! ニクス!」

ニクス「お前が余計な事を口走るからだ」

火群「会話聞いてたのかよぉ!? ってかあれは元はと言えば和泉が…」


和泉「…ふぃい千愛ちゃんほっぺ引っ張んないでぇ…っ」

千愛「うりうり、乙女に対しデリカシーの無い発言をした罰よ」

和泉「うぅぅ、だってあれは火群くんがぁ〜」


火群「俺のせいじゃない!」
和泉「私のせいじゃないもん!」




好「……何があったんだい? アンタたち」


火群「あ、スッキー先生」

和泉「…ど、ども。お疲れ様です、先生」

好「…あと、金髪ポニテちゃんに、そっちの黒い娘は初めましてだネ。アタシは『美 好(メイ ハオ)』。この2人の学校の家庭科教師だ」

千愛「話は和泉ちゃんから色々と聞いてるわ。私は『闇口 千愛(やみぐち ちあ)』。和泉ちゃんの保護者よ」

好「…それで、桜庭に市瀬、あんたたちが言い争ってるって珍しくないかい?」

火群「…珍しい…っすかねぇ…?」

好「だってアンタら、同学年のやつらに『“ちびナイト”と“眼鏡姫”』とか仲良さそうなセットで呼ばれてるし…」

火群「ちびナイトぉ!?」

和泉「眼鏡姫って……そんなの初耳だし…」

好「…でもアンタらが今みたいに喧嘩するぐらいの仲だって知って、少し安心したヨ」

火群「…? それってどういう…」

好「なんかアンタら2人ってさ、会話とかしてるの見てると、常にどっちかが一歩引いててもう片方に気を使ってばっかりなんじゃないかって、心配だったんだよネ」

和泉「………っ」

好「…だから今みたいに、ちょっとした事でちょっとだけでも、言いたい事お互いに言えるような対等な関係を、2人には大切にして欲しいナ、って私は思うヨ」

和泉「…そういう、ものなんですかね…っ?」

火群「……! たまには先生っぽい事言うんすね、先生」

ニクス(…教員という立場の人間は、凄いんだな…。生徒一人一人の事を本当によく見ている)

好「『たまには』は余計だっての…。
で、お二人さんは何で揉めてたんだい?」

和泉「…い、いや! 本当に大した事なさすぎるっていうか…っ」

火群「そもそも喧嘩と言えるようなものでもなかったというか…?」

和泉「なんかもうどうでもよくなっちゃったっていうか…」

好「それなら良かった、ならこれを食べなっ!」

ドンッ

和泉「わぁ…っ! この巨大なガラスボウルに入った白くてプルプルしたものは…っ!」

火群「おっ◯い豆腐!!」

和泉「杏仁豆腐だよ!! どこに間違える要素があるの!!」

火群「…いやぁ、スッキー先生のお胸のすぐ手前にあったもので…」

好「すまんな、私の2体の『混沌球体』が市瀬の視界と思考を歪ませてしまったようだネ」[ATK 1600]

ニクス「とりあえずその杏仁豆腐を和泉の前に持ってきて見てみろ、火群」

ススッ…

火群「…おぉ! 杏仁豆腐だ!」

和泉「やかましいよっ!!」

千愛「やはり和泉ちゃんの『ナチュル・クリフ』じゃ打点不足ね…」[ATK 1500]

ニクス「お前が言うな」

千愛「ひゃんっ!?」

好「アハハハっ! なんなら2人まとめてかかってきても…いいんだヨ…?」

千愛「…くっ…! 行くわよ、和泉ちゃん」

和泉「えっ? ちょっ、なにこれそう言う流れ?」

ニクス「同レベルの貧乳が2人……来るぞ火群!」

火群「……ッ!!(ゴクリ)」

和泉「何も来ないよ!! ただ劣等感と敗北感が生まれるだけだよ!!」










そんなこんなでパーティも終わり、帰路につく火群たち。


栗須「いやー、食った食ったぁ!」

明日人「1人で食い過ぎなんだよ……。
ってか火群、お前途中からいなかったけどどこ行ってたんだよ」

火群「いやぁ、ちょっとな」

栗須「お前まさか! 俺たちのいないとこで女に囲まれて美味しい思いしてたんじゃねーだろーな!?」

火群「はぁ!? そんなわけねーだろ何言ってんだ」

和泉(平然と嘘つくなー、火群くん)

火群「桜庭さんは…どうだった? 今日」

和泉「えっ…私っ!?
私は…料理も美味しかったし、スッキー先生ともお話できたし、そこで大事なことにも気づけたから……とっても楽しかったよっ」

火群「…っ!
それは良かった…!」

明日人「お前ら何勝手に良さげな雰囲気になってんだよ!」

バシッ

火群「いってっ!」

栗須「それより桜庭さん! こんなやつより俺と熱いトークを…」

和泉「えっ? 何? トークンの話…?」

栗須「…えっ、いや…、トークを…!」

和泉「私が好きなのはね、『迷える仔羊』の仔羊トークン! あのフサフサが堪らないんだよ〜♪ あえて『スケープ・ゴート』じゃないってとこがミソなんだっ」

栗須「…あ、あの…っ、違くてぇ〜…!」

明日人「くく…っ笑 『悪夢再び』だな」



火群「……あっ!」

明日人「どうした?火群」

火群「招待状のカードが…!」

和泉「…白紙だったとこが光って…! イラストが浮かび上がってきてる…!?」

栗須「おぉ…! すげぇっ!」


やがて発光が止み、火群の手にしていたパーティの招待状のカードには、今回のパーティの楽しげな様子が描かれていた。

和泉「…ねぇ、これって…っ!」

火群「あぁ、俺たちが写ってる!」

明日人「すごいな…!」

栗須「…ってこれ…! 火群!! お前やっぱり女に囲まれて飯食ってんじゃねぇかぁ!!」


火群「…あっ、やべ…!
逃げるぞ! 桜庭さん!」

和泉「えぇぇ!? 私も!?」

栗須「待ちやがれ火群ぁ! 今日という今日は俺の青春にかけてお前を絶対に許さん!」

ダダダッ

明日人「おい待てお前らコラァ!
俺たちが誰のおかげであんなパーティとか開いてもらえたかちゃんと分かってんだろーなぁ!?」


栗須「そんくらい分かってるぜ!!」

和泉「長い間応援してくれてる読者の皆さんがいたから、だよね…っ!」

火群「その人達全員に、ちゃんと感謝しなきゃな!!」




「「「皆さん本当にありがとうございます!!!」」」



火群「そんで……」




「「「これからもどうぞ、『遊戯王 Ph.X』をよろしくお願いします!!!」」」







現在のイイネ数 9
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

人喰い
携帯を変えた時にメモのバックアップが取れてなくて、書き溜めてたSSが消えてしまう事故があり、閲覧数3万突破してからSSの投稿までかなり時間が空いてしまいました。本当にごめんなさい。
ですがそんな事故があってもめげずに遅い筆で書き続けられたのは、やはり今まで応援して下さった皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。
それとSS内でも言いましたが、これからもどうぞ、遊戯王 Ph.Xをよろしくお願いします。
(2017-03-16 12:27)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
2 DRAW:00 夢の片隅 2010 0 2013-01-02 -
2 DRAW:01 夢の欠片 友への思い 1546 0 2013-01-02 -
2 DRAW:02 バーニングドロー! 1449 3 2013-01-04 -
3 DRAW:03 記憶の果てで 1178 0 2013-01-05 -
7 DRAW:04 楽しいデュエル 1025 1 2013-01-09 -
4 DRAW:05 平穏という名の蜃気楼 946 2 2013-01-12 -
4 DRAW:06 轟く雷鳴 935 0 2013-01-18 -
5 DRAW:07 過労死寸前! 蘇る不死鳥 927 1 2013-01-26 -
3 DRAW08 二年越しのデュエル、決着! 817 1 2013-02-03 -
8 DRAW:09 夢X夢X夢? 750 4 2013-02-10 -
3 DRAW:10 恐怖! ギガプラント! 740 0 2013-02-17 -
5 DRAW:11 決着・邂逅の鐘 802 5 2013-02-18 -
4 DRAW:12 二人を繋ぐ救命曲線 692 4 2013-03-03 -
5 DRAW:13 二人を繋ぐ未来からの死者 701 3 2013-03-11 -
3 DRAW:14 二人を繋ぐ炎王神獣 691 1 2013-03-17 -
8 DRAW:15 二人を繋ぐ二人の精霊 644 1 2013-03-24 -
4 DRAW:16 二人を繋ぐ《狂気な凶器》 677 0 2013-03-31 -
12 DRAW:17 二人で紡ぐ僕らの物語 747 2 2013-04-14 -
3 DRAW:18誓いを立ててフラグを立てて 597 1 2013-04-21 -
4 DRAW:19 シムルグの猛攻! 671 7 2013-05-05 -
5 DRAW:20 炎風のアルカディア 658 3 2013-05-19 -
2 DRAW21GIRL NEXT DOOR 570 1 2013-06-09 -
4 DRAW:22 戒めの斬波①戒め 641 2 2013-06-24 -
6 DRAW:23 戒めの斬波②感情空論 574 0 2013-07-14 -
6 DRAW:24 戒めの斬波③死者の宴 574 3 2013-07-27 -
9 DRAW:25 戒めの斬波④生者の意地 561 3 2013-08-11 -
4 DRAW:26 戒めの斬波⑤恐怖 538 1 2013-08-20 -
8 DRAW:27 戒めの斬波⑥心に剣 521 1 2013-09-08 -
4 DRAW:28戒めの斬波⑦禁じられた聖剣 546 1 2013-10-06 -
10 DRAW:29戒めの斬波⑧覇王バルバロス 549 0 2013-10-27 -
10 DRAW:30 戒めの斬波⑨-開闢- 556 1 2014-01-10 -
6 DRAW:31 強くなるために 563 0 2014-01-17 -
7 DRAW:32美味!神秘の中華料理デッキ 676 2 2014-02-18 -
4 DRAW:33 “弱さ” 523 1 2014-03-27 -
4 DRAW:34 焔の中で… 546 0 2014-05-01 -
9 DRAW:35 One Hand Red 543 0 2014-06-16 -
3 DRAW:36 枯れない決闘者 655 1 2014-07-31 -
8 DRAW:37 ファイア・ブロッサム 601 1 2014-09-20 -
5 DRAW:38 不穏の幕開け 543 2 2015-01-06 -
4 DRAW:39 〝断罪の剣〟 547 0 2015-01-17 -
8 DRAW:40 〝戒めの剣〟 514 0 2015-03-19 -
6 DRAW:41 戦火の残光 536 1 2015-03-26 -
4 DRAW:42 開幕! 夏の権利戦! 492 0 2015-04-03 -
10 DRAW:43 再来!ゴブ突ビート! 472 0 2015-05-02 -
2 DRAW:44 打ち破れ! 使い魔ロック 437 0 2015-06-07 -
2 DRAW:45 シムルグの神風! 492 2 2015-06-17 -
2 DRAW:46 フレグランス・ストーム 426 1 2015-08-01 -
5 DRAW:47 旋風のドラグニティ! 439 1 2015-08-22 -
3 EX1 ☆フォロワー1000人突破記念☆ 464 3 2015-08-23 -
5 DRAW48 竜騎アームズーレヴァテイン 460 0 2015-09-23 -
1 DRAW:EX2 エンドレス・ナイト♪ 398 1 2015-10-31 -
5 DRAW:49 秘められし力、竜鳥激突! 413 0 2015-11-06 -
11 DRAW:50 決着!選ばれし権利獲得者 401 0 2015-11-15 -
7 DRAW:51 ほつれた糸 378 0 2015-12-20 -
4 DRAW:EX3 聖闘士性夜 382 1 2015-12-25 -
8 DRAW:52 二枚の羽 369 0 2016-01-31 -
10 DRAW:53 左支右吾 386 1 2016-02-24 -
5 DRAW:54 それぞれの想い 395 4 2016-02-29 -
2 DRAW:55 開戦! WDCS予選 375 1 2016-05-21 -
2 DRAW:56 闘いの伝導 356 0 2016-05-30 -
11 DRAW:57 復讐を映す儀水鏡 379 1 2016-06-10 -
12 DRAW:58 クロス・デュエル 399 2 2016-06-15 -
5 DRAW:59 動き出す終焉 396 0 2016-06-17 -
4 DRAW:60 豪炎の決闘 359 1 2016-06-24 -
7 DRAW:61 真炎の爆発 383 0 2016-07-30 -
8 DRAW:62〝不滅の焔〟 373 2 2016-08-20 -
9 DRAW:63 強襲、煉獄の悪魔 402 0 2016-08-31 -
11 DRAW:64 崩落の彼方 313 2 2017-01-09 -
6 DRAW:65 精霊達の鎮魂歌 289 0 2017-01-11 -
3 DRAW:66 復讐に揺らぐ陽炎 291 0 2017-01-24 -
7 DRAW:67 思いを乗せた拳 281 0 2017-02-24 -
9 DRAW:68 左腕の代償 303 0 2017-02-27 -
5 DRAW:69 迫る脅威 255 0 2017-03-07 -
9 DRAW:EX4 30000の感謝 231 1 2017-03-16 -
8 DRAW:70 光と影、右と左 251 0 2017-03-22 -
4 DRAW:71 代償を負う者 238 0 2017-03-25 -
6 DRAW:72 枯れない意思 224 0 2017-04-01 -
6 DRAW:73 森羅の守神 223 0 2017-04-07 -
16 DRAW:74 灯る魔光焔 226 0 2017-04-18 -
17 DRAW75Perfect Tierra 229 1 2017-04-27 -
18 DRAW:76 RISE-ライズ- 238 0 2017-04-30 -
12 DRAW:77 登る光柱 218 0 2017-05-01 -
20 DRAW:78 “精霊王”ルナ光臨 241 0 2017-05-02 -
12 DRAW:79 終結を告げる意思 227 0 2017-05-05 -
21 DRAW:80 -My Dream- 247 0 2017-05-07 -
15 DRAW:81 集結、選ばれし決闘者達 201 0 2017-05-18 -
16 DRAW:82 ヨーロッパ代表の実力 188 0 2017-05-18 -
13 DRAW:83 霊獣の猛攻 180 0 2017-05-19 -
16 DRAW:84 〝次元の剣〟 169 0 2017-05-20 -
12 DRAW:85 交わる剣 167 0 2017-05-22 -
11 DRAW:86 剣に誓った願い 160 0 2017-05-26 -
14 DRAW:87 斬り開いた未来 155 0 2017-05-27 -
11 DRAW:88 禁忌のカード 158 0 2017-05-29 -
10 DRAW:89 VS黒焔トークン 142 0 2017-06-01 -
9 DRAW91VS黒焔トークン③騎士の結束 132 0 2017-06-09 -
12 DRAW92VS黒焔トークン④裏切りの剣 132 0 2017-06-11 -
9 DRAW93 VS黒焔トークン⑤潜む影絲 122 0 2017-06-12 -
7 DRAW:90 VS黒焔トークン②地縛 58 1 2017-06-15 -
10 DRAW:94 VS黒焔トークン⑥陽光 114 1 2017-06-21 -
9 DRAW95VS黒焔トークン⑦太陽の裁き 97 0 2017-06-22 -
6 DRAW:96 VS黒焔トークン⑧逆境 85 0 2017-06-25 -
4 DRAW97 VS黒焔トークン⑨天魔雷撃 63 0 2017-06-26 -

スポンサーリンク