HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode33:死した希望の使者

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode33:死した希望の使者 作:カズ

いよいよ始まろうとしていた凛と希の最終戦。彼女たちは小さい頃から何回もデュエルをしたことがあり、実力はほぼ互角。どちらが勝利してもおかしくないのだが、今の凛には封印竜がある分だけアドバンテージがある。希がそれをどう埋めるのか。
「希ちゃん!今日は絶対に勝つよ!」
「……」
「希ちゃん?」
「えっ?あ、うん……こっちも負けないよ。お互いに頑張ろう!」
なんか今日の希ちゃん、様子が変。前までははもっと明るい子だったのに……中学生になったから性格変わっちゃったとか?まさかね…。

希は一枚のカードをエクストラデッキから取り出し、それを見つめていた。
そのカードは前日、封筒の中に「このカードで黒羽凛と封印竜を倒せ」というメッセージと共に入っていた。希は直感で「使ってはいけない」と判断したのだが、そのカードに触れた途端、怪しげな光が発生した。何事かと思ったが、その光はほんの数秒で収まった。
だがその夜、不思議な現象が起きた。
母親にそのカードを見せたところ、
「何よ、あなたそのカードがお気に入りだからって言って、ずっと前から入れてたじゃない。」
と言うのだ。これってまさか……洗脳?でも私は大丈夫だし……。う〜ん……。


最後のアクションフィールドは『ダークタウンの幽閉塔』に決まった。ミステリアスな雰囲気が漂うこのフィールドで、2人のデュエリストがどのような戦いを繰り広げるのだろうか。最後のアクションデュエル開始宣言が流れた。
『戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が、モンスターと共に地を舞い、宙を舞い!』
『フィールド内を駆け巡る!見よ!これぞ、デュエルの最終進化系!』
『『アクショーーン……!』』
「「デュエル!!」」
RIN→LP:4000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0

NOZOMI→LP:4000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 M・Tゾーン:0 Pゾーン:0

先行は凛が取った。だが今回は、初手に『黒い旋風』が来なかった。彼女のデッキコンセプトからして、これはかなり痛手だ。
「私のターン!手札から『BF-黒槍のブラスト』を召喚!そして手札からチューナーモンスター『BF-疾風のゲイル』を特殊召喚!」
それでもシンクロ召喚に必要な1組は揃っていたので、凛は早速シンクロ召喚を行った。
「私はレベル4の黒槍のブラストに、レベル3の疾風のゲイルをチューニング!黒き旋風よ、天空に駆け上がる翼となれ!シンクロ召喚!レベル7『BF-アーマード・ウィング』!!」
このモンスターは戦闘で破壊されないだけでなく戦闘ダメージも0にしてしまうほどの超強力であり、しかも「楔カウンター」を打ち込めば……更に強力な力を発揮する。
「私はカードを1枚伏せてターンエンド!」
さぁて、アクションカードでも探しに行きますか。
凛はアーマード・ウィングにお姫様抱っこをしてもらいながら、空からアクションカードを探した。
RIN→LP:4000 手札:2 デッキ:35 Mゾーン:1 M・Tゾーン:1 Pゾーン:0

さすがは凛ちゃん、いきなり厄介すぎるシンクロモンスターを出しちゃった。こっちの手札はモンスターがちょっと少ないけど、エースモンスターに持っていくなら完璧ね。
「私のターン!ドロー!私は手札から魔法カード『オノマト連携』を発動!手札の『ガガガマジシャン』を墓地へ送り、デッキから『ガガガシスター』と『ゴゴゴゴーレム』を手札に加える。そして『ゴブリンドバーグ』を召喚!このカードが召喚に成功したから、手札からレベル4の『ゴゴゴゴーレム』を特殊召喚するね!」
希のフィールドにはレベル4のモンスターが2体。エクシーズ召喚を決める前に、彼女は永続魔法『エクシーズ・チェンジ・タクティクス』を発動した。
「私はレベル4の『ゴブリンドバーグ』と『ゴゴゴゴーレム』でオーバーレイネットワークを構築!私の戦いはここから始まる。白き翼に望みを託せ、光の使者!エクシーズ召喚!ランク4『No.39 希望皇ホープ』!!」
希の切り札、ホープが特殊召喚された。このカードは、彼女が初めてデュエルをしてからずっと使い続けている相棒であり、彼女の支えだ。もしもその支えが何らかの形で崩壊してしまったら、などとは考えたくないが…。
「私は『エクシーズ・チェンジ・タクティクス』の効果発動!ホープが特殊召喚されたことによりライフを500払い、デッキからカードを1枚ドロー!そして手札から魔法カード『ホープ・バスター』を発動!ホープがいるから相手モンスター1体を破壊しちゃう!さらに、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージも与えるよ!」
今、凛をお姫様抱っこしていたアーマード・ウィングは破壊されたので凛はその真下にあった大きな橋へと落下した。しかも2500のダメージに加え、落下した時の衝撃が彼女の小さな体を襲った。
「ごめんね凛ちゃん、これも勝負。希望皇ホープでダイレクトアタック!ホープ剣・スラッシュ!」
「アクションマジック『回避』を発動!希ちゃんがアーマード・ウィングを破壊してくれたおかげでギリギリなんとかなったわ……ふぅ。」
『災い転じて福となす』とは正にこのことだろうか。凛はなんとかワンキルされるのを防げた。
「さすが凛ちゃん、こうでなくっちゃ。私はカードを1枚伏せてターンエンドだよ♪」
NOZOMI→LP:3500 手札:2 デッキ:31 Mゾーン:1 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0

○オノマト連携(通常魔法)
手札を1枚墓地へ送って発動できる。デッキから以下のモンスターの内1体ずつ、合計2体までを手札に加える。「オノマト連携」は1ターンに1枚しか発動できない。
●「ズババ」と名のついたモンスター
●「ガガガ」と名のついたモンスター
●「ゴゴゴ」と名のついたモンスター
●「ドドド」と名のついたモンスター

○ホープ・バスター(通常魔法)
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。相手フィールド上の攻撃力が一番低いモンスター1体を破壊し、破壊したモンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

○エクシーズ・チェンジ・タクティクス(永続魔法)
自分フィールド上に「希望皇ホープ」と名のついたモンスターがエクシーズ召喚された時、500ライフポイントを払い、このカードの効果を発動できる。デッキからカードを1枚ドローする。「エクシーズ・チェンジ・タクティクス」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

○ゴブリンドバーグ(Lv4 地)
戦士族/効果
攻1400/守0
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。この効果を発動した場合、このカードは守備表示になる。

○ゴゴゴゴーレム(Lv4 地)
岩石族/効果
攻1800/守1500
①:守備表示のこのカードは、1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。

○ガガガマジシャン(Lv4 闇)
魔法使い族/効果
攻1500/守1000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に1から8までの任意のレベルを宣言して発動できる。エンドフェイズ時まで、このカードのレベルは宣言したレベルになる。「ガガガマジシャン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。このカードはシンクロ素材にできない。

○ガガガシスター(Lv2 闇)
魔法使い族/効果
攻200/守800
このカードが召喚に成功した時、デッキから「ガガガ」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。また、このカード以外の自分フィールド上の「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターとこのカードは、エンドフェイズ時までそれぞれのレベルを合計したレベルになる。「ガガガシスター」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

○No.39 希望皇ホープ(ランク4 光)
戦士族/エクシーズ/効果
攻2500/守2000
レベル4モンスター×2
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。そのモンスターの攻撃を無効にする。②:このカードがX素材の無い状態で攻撃対象に選択された場合に発動する。このカードを破壊する。


ヤッバー……いきなり2500も持っていかれちゃったよ。しかもいきなりワンキル狙い……やっぱ希ちゃん、強いな。でも私だって!
「私のターン、ドロー!……遅いわよ、バカ。永続魔法『黒い旋風』を発動!私は『BF-残夜のクリス』を召喚!さらに『黒い旋風』の効果で、デッキから黒槍のブラストを手札に加え、特殊召喚!」
クリスとブラストのレベルは共に4。凛もエクシーズ召喚を行うようだ。だがその前に伏せてあった罠カード『ブラック・リターン』を発動し、希のホープをエクストラデッキに戻した。そして自らのライフを2500回復し、これで前のターンで受けたダメージを帳消しにすることができた。
「私はレベル4のクリスとブラストで、オーバーレイネットワークを構築!漆黒の翼交わりて、新風を巻き起こせ!エクシーズ召喚!ランク4『BF-エクシーズ・ウィング』!!」
これで彼女もエクシーズ召喚に成功し、そのまま効果を発動し、デッキから『BF-突風のオロシ』を手札に加えた。しかしこれだけでは終わらない。
「まだ行くわよ!手札から魔法カード『RUM-トルネード・フォース』を発動!私はランク4のエクシーズ・ウィングを素材として、オーバーレイ!漆黒の翼重なりて、暴風を巻き起こせ!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!!出でよ、ランク5『BF-スパイラル・ウィング』!!」
最初から手札にあったカードを上手く使い、一気に強力なエクシーズモンスターの召喚に成功した。そして凛はスパイラル・ウィングの効果を使い、デッキから『BF-漆黒のエルフェン』を特殊召喚した。続けてエクシーズ・ウィングの効果で手札に加えておいた突風のオロシを特殊召喚し、再びレベル7のシンクロモンスターの召喚を行った。
「私はレベル6のエルフェンにレベル1のオロシをチューニング!漆黒の翼濡らし、そぼ降る雨に響け。雷鳴の一撃!シンクロ召喚!レベル7『A BF-涙雨のチドリ』!!」
凛はこのターンだけでなんと3回もエクストラデッキからの特殊召喚に成功した。しかも涙雨のチドリの攻撃力は墓地の『BF』モンスターの枚数によって変化する。今、墓地にいるのは7枚。よって攻撃力は2100アップし、4700となった。これが通ればワンキルも成立する。目には目を、歯には歯を、ワンキルにはワンキルを、だ。
「バトルよ!涙雨のチドリでダイレクトアタック!!」
「させない!罠カード『ピンポイント・ガード』を発動しちゃうもん!墓地から『ゴゴゴゴーレム』を特殊召喚するだけじゃなくて、そのモンスターは破壊されないよ!」
ゴゴゴゴーレムが身を挺してチドリの攻撃から希を守った。その逞しい後ろ姿をしっかりと彼女は見守っていた。
「もう!希ちゃん強すぎ!私はこれでターンエンド!」
デュエルをすればやっぱいつもの希ちゃんだ……あっ、ライキリをシンクロ召喚した方がよかったかな。しまったー!
RIN→LP:4000 手札:0 デッキ:31 Mゾーン:2 M・Tゾーン:1 Pゾーン:0


○BF-残夜のクリス(Lv4 闇)
鳥獣族/効果
攻1900/守 300
「BF-残夜のクリス」の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。①:自分フィールドに「BF-残夜のクリス」以外の「BF」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。②:このカードは1ターンに1度だけ、魔法・罠カードの効果では破壊されない。

○A BF-涙雨のチドリ(Lv7 闇)
鳥獣族/シンクロ/効果
攻2600/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:「BF」モンスターを素材としてS召喚したこのカードはチューナーとして扱う。②:このカードの攻撃力は自分の墓地の「BF」モンスターの数×300アップする。③:このカードが破壊され墓地へ送られた時、「A BF-涙雨のチドリ」以外の自分の墓地の鳥獣族Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

○ピンポイント・ガード(通常罠)
①:相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、戦闘・効果では破壊されない。


まさかワンキル狙いをやり返してくるなんて……凛ちゃんは相変わらず、負けず嫌いなんだね。だったらこっちも全力でいくよ!
「私のターン、ドロー!手札から装備魔法『ガガガリベンジ』を発動!墓地から『ガガガマジシャン』を特殊召喚!そして私はレベル4の『ガガガマジシャン』と『ゴゴゴゴーレム』でオーバーレイ!再び現れよ!『No.39 希望皇ホープ』!!」
再び希がホープをエクシーズ召喚したが、『エクシーズ・チェンジ・タクティクス』の効果で500のライフを払い、カードを1枚ドローした。そしてそのカードこそ、最も厄介なカードだ。
「引いたよ。私は手札から『RUM-ヌメロン・フォース』を発動!私はランク4の希望皇ホープ1体で、オーバーレイネットワークを再構築!未来に輝く勝利を掴め。重なる思い、繋がる心が世界を変える!カオスエクシーズ・チェンジ!ランク5『CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー』!!」
希も「RUM」を使い、より強力なカオスナンバーズを特殊召喚した。それだけではなく、ヌメロン・フォースが発動したことによってホープレイ・ヴィクトリー以外のカード効果は全て無効になった。これで攻撃力が上がっていた涙雨のチドリの攻撃力は元に戻ってしまった。しかし希の『エクシーズ・チェンジ・タクティクス』も無効になっているので、彼女はこれ以上そのカードを使えなくなった。だがそれでも充分だ。
「私はホープレイ・ヴィクトリーで涙雨のチドリを攻撃!この瞬間、ホープレイ・ヴィクトリーの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、このカードの攻撃力に、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力を加える。ビクトリー・チャージ!」
涙雨のチドリの攻撃力は2600。その攻撃力をプラスすれば5400になり、一気に2800の大ダメージが入る。しかもヴィクトリーの効果によってアクションデュエルになくてはならないアクションマジックの発動は封じられている。つまり凛は、このまま攻撃を受けるしかないのだ。
「いっけぇー!ホープ剣・ダブルビクトリースラッシュ!」
無残にもチドリは斬られてしまい、その影響で爆発が起こった。しかも凛はそれに巻き込まれてしまったのだ。
「きゃああぁ〜〜っ!」
またしても一気に大量ダメージを許してしまい、凛の残りライフは1200。しかもヌメロン・フォースによって『黒い旋風』は無効化されている。おまけに手札は0。希は悉く凛の戦法を封じている。
「どう?ビックリした?私はカードを1枚伏せてターンエンドだよ!」
これなら多分大丈夫かな。一応、私が優勢だからね。
NOZOMI→LP:3000 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:1 M・Tゾーン:3 Pゾーン:0


○ガガガリベンジ(装備魔法)
自分の墓地の「ガガガ」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターを破壊する。また、装備モンスターがエクシーズ素材になる事によってこのカードが墓地へ送られた時、自分フィールド上の全てのエクシーズモンスターの攻撃力を300ポイントアップする。

○RUM-ヌメロン・フォース(通常魔法)
自分フィールド上のエクシーズモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターと同じ種族でランクが1つ高い「CNo.」と名のついたモンスター1体を、選択した自分のモンスターの上に重ねてエクシーズ召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。その後、この効果で特殊召喚したモンスター以外のフィールド上に表側表示で存在するカードの効果を全て無効にする。

○CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー(ランク5 光)
戦士族/エクシーズ/効果
攻2800/守2500
レベル5モンスター×3
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。また、このカードが「希望皇ホープ」と名のついたモンスターをエクシーズ素材としている場合、以下の効果を得る。●このカードが相手の表側表示モンスターに攻撃宣言した時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの効果は無効化され、このカードの攻撃力はその相手モンスターの攻撃力分アップする。


……ヤバイ。希ちゃん強すぎる。このままじゃあ私、負けちゃうよ。
「私のターン、ドロー!私はスパイラル・ウィングを守備表示に変更。カードを1枚伏せてターンエンド……。」
今はこれしか出来ないけど、あとは希ちゃんが攻撃を仕掛けてくれれば……。
RIN→LP:1200 手札:0 デッキ:30 Mゾーン:1 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0


よしよし、これじゃあいくら凛ちゃんでも動けない。でもあの伏せカードがちょっと気になるかな。いくらヴィクトリーが攻撃時にはほぼ無敵状態になれるとはいっても、攻撃する前に発動されたらちょっとヤバイ。だったら早めに叩いておかなくちゃね。
「私のターン!このままバトルに入るよ!ホープレイ・ヴィクトリーでスパイラル・ウィングを攻撃!ホープ剣・ダブルビクトリー・スラッシュ!」
希はそのままスパイラル・ウィングを戦闘破壊したが、凛は待ってましたと言わんばかりの表情を浮かべていた。
「ホープレイ・ヴィクトリーの効果が適用されているのは『攻撃が終わるまで』。それを乗り越えれば、その効果も終了するってことだよね?」
「う、うん。そうだよ?でもどうして?」
「このカードを発動するためよ!速攻魔法『RUM-ブラック・フォース』を発動!墓地からスパイラル・ウィングを特殊召喚し、そのモンスターよりランクが1つ上のモンスターを特殊召喚する!漆黒の翼、三度交わりて、嵐と共に降臨せよ!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!ランク6『BF-タイフーン・ウィング』!!」
今度は凛が2度目のランクアップを決めてきた。こればっかりは希でもどうしようもなかったので、彼女は罠カード『エクシーズ・リボーン』を発動し、墓地から『No.39 希望皇ホープ』を特殊召喚し、ターンを終了した。
NOZOMI→LP:3000 手札:2 デッキ:28 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0


ふぅ。何とか狙い通り……と言いたいところだけど、このままじゃあピンチなのに変わりはない。だったら次に出すのは、もうあの子しかいない。
「私のターン、ドロー!私はタイフーン・ウィングの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、墓地の『BF』を2体まで特殊召喚する。蘇れ!『BF-アーマード・ウィング』『BF-突風のオロシ』!」
ただしタイフーン・ウィングの効果で特殊召喚されたモンスターの効果は無効となり、ターン終了時には破壊されてしまう。おまけにタイフーン・ウィングはオーバーレイユニットが無ければ攻撃できない。だが凛が特殊召喚したモンスターはチューナーが1体とチューナー以外のモンスター。ということは……?
「私はレベル7のアーマード・ウィングにレベル1の突風のオロシをチューニング!太古より語られし伝説の竜よ、漆黒に染まりし翼はためかせ、世界に光を!シンクロ召喚!レベル8『封印竜 ノーブル・フェザー』!!」
ついに凛が封印竜をシンクロ召喚した。このモンスターの攻撃力はヴィクトリーより100だけだが上回っている。これで厄介なヴィクトリーを倒せば……勝機は…って、え?!
「ぐっ…!あぁっ……ああぁ〜〜〜っ!!うぅっ……!」
封印竜を召喚した途端、希が悶えはじめた。
「の、希ちゃん?!大丈夫?!」
「り、凛…ちゃん……助けて…!うぐぅっ…!」
やはり苦しみ方が尋常じゃない。早くデュエルを終わらせなければと思い、凛はノーブル・フェザーでヴィクトリーに攻撃を仕掛けたが……。
「私は……お前を倒す!希望皇ホープの効果発動!オーバーレイユニットを1つ使い、モンスター1体の攻撃を無効にする!ムーン・バリア!」
ホープの効果を使ったら、希の苦しそうなうめき声は収まった。しかし希の目には、真っ黒な炎が宿っていた。それは、遊弥が凛とのデュエルで『スターダスト・ダークマター・ドラゴン』を召喚した時のものと全く同じだった。それだけなら根拠となるものは少ないが、希が友達に対して「お前」と言ったことがないのを凛は知っていた。だとしたら希は本当に……。
「わ、私はタイフーン・ウィングを守備表示に変更。カードを1枚伏せて、ターンエンド!」
まさか……遊弥先輩みたいに凶暴化しちゃったの?だとしたら……本当にマズイ。
RIN→LP:1200 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0


「私のターン!ドロー!このカードは、自分フィールドの『希望皇ホープ』モンスターを素材として特殊召喚できる!私は、ランク4のホープでオーバーレイネットワークを再構築!『シャドーエクシーズ・チェンジ』!!」
シャ、シャドーエクシーズ・チェンジ?!そんな召喚があったの?!凛は聞きなれない言葉と、希から溢れ出ている黒いオーラで動揺していた。カオスエクシーズ・チェンジやランクアップ・エクシーズ・チェンジ、シャイニングエクシーズ・チェンジなら知っているが、そのような名前は誰も知らなかった。
「光ある所には闇がある。闇よ…今こそ光を滅し、全ての民を死へと誘え!現れよ、ランク4!『sNo.(シャドーナンバーズ)39 希望皇ホープ The Dead』!!私はコイツで……お前を倒す!」
「ホープ The Dead……あれが、希ちゃんを苦しめていた正体だというの…?」
〜現在の状況〜
RIN→LP:1200 手札:1 デッキ:29 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0

NOZOMI→LP:3000 手札:3 デッキ:27 Mゾーン:2 M・Tゾーン:2 Pゾーン:0


次回予告(by凛)
『sNo.39 希望皇ホープ The Dead』……あれが希ちゃんを操っているなら、私、許さない!何とかしたいけど、このままじゃ私、負けちゃう…!?遊弥先輩とのデュエルでは負けちゃったけど、今回は絶対に負けられない!待ってて希ちゃん、今すぐ助けてあげるからね!

次回 Episode34:高貴の翼
現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
ワンキルの応酬とか物騒なことしてるわりには楽し気な二人。これが女子力か。
と思いきやシャドーナンバーズなるもので一気にシリアスに。それにしてもネーミングかっけぇ… (2016-01-31 17:33)
カズ
ター坊さん
コメントありがとうございます。凛と希の女子力は親友だからこそ成せる業。
シャドーナンバーズ(sNo.)はシャイニングナンバーズ(SNo.)と対になる存在としてイメージしてみました。最初が大文字だとダブるのであえて小文字に。(←ココ重要) (でも英語のルール破ってるなんて言わない。)
次回、希は果たしてどうなるのか、お楽しみに!


(2016-01-31 18:13)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
0 Episode01:危ないスタート 781 1 2015-06-21 -
0 Episode02:悪魔のドラゴン 689 2 2015-06-22 -
0 Episode03:切り札 453 2 2015-06-23 -
25 Episode04:紅蓮の悪魔 558 2 2015-06-23 -
2 Episode05:終止符 491 2 2015-06-25 -
9 Episode06の前に 402 2 2015-06-25 -
6 Episode06:黒羽 凛 454 1 2015-06-27 -
6 Episode07:同調 404 1 2015-06-30 -
5 Episode08:変則試合 389 3 2015-07-04 -
3 Episode09:2人の絆 463 2 2015-07-05 -
4 Episode10:覚醒 365 1 2015-07-09 -
4 Episode11:解放 400 2 2015-07-13 -
24 Episode12:最後の封印竜 327 0 2015-07-14 -
3 Episode13:ダイヤの煌めき 281 0 2015-07-25 -
3 Episode14:友のために 347 0 2015-08-12 -
2 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 465 2 2015-08-13 -
2 番外編01:遊弥と紅葉の… 353 2 2015-08-19 -
4 Episode15:紅蓮魔竜解放 443 2 2015-08-22 -
1 Episode16:ライセンス 403 2 2015-08-24 -
4 少し遅めのキャラ設定(随時更新中) 757 5 2015-08-29 -
3 Episode17:地獄の猛特訓 376 1 2015-09-06 -
30 Episode18:関門 436 1 2015-09-13 -
4 Episode19:スピードの中で 319 2 2015-09-18 -
2 Episode20:初の対外試合 373 2 2015-09-20 -
1 Episode21:シンクロ封印 308 1 2015-09-22 -
4 Episode22:1つの答え 377 2 2015-09-24 -
1 Episode23:黒羽の誇り 401 2 2015-10-01 -
2 Episode24:ハイスピードバトル 369 3 2015-10-06 -
0 Episode25:超越する力 331 2 2015-10-11 -
3 Episode26:運命の決戦 306 3 2015-10-20 -
3 Episode27:来訪者、天導レイン 383 2 2015-11-03 -
3 Episode28:遊弥vsレイン 406 2 2015-11-09 -
5 Episode29:舞い降りた天使 360 2 2015-12-05 -
6 Episode30:天使と悪魔 433 3 2015-12-09 -
4 Episode31:禁断の無限暗黒竜 527 2 2015-12-12 -
6 番外編02:凛と紅葉が… 371 0 2016-01-05 -
6 Episode32:パワー・ツール 385 3 2016-01-29 -
6 Episode33:死した希望の使者 317 2 2016-01-31 -
5 Episode34:高貴の翼 396 4 2016-02-04 -
6 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 355 1 2016-02-13 -
8 Epi36:加速するカウントダウン 401 2 2016-02-20 -
7 Epi37:希望のカード『V☆S』 398 3 2016-03-25 -
5 Episode38:朱色の夜 318 0 2016-04-11 -
5 Episode39:並び立つ盟友 385 2 2016-04-22 -
8 Episode40:精一と彩 451 2 2016-05-30 -
5 Episode41:漆黒の鎮魂歌 372 4 2016-06-22 -
5 Episode42:涅槃の境地へ 372 2 2016-07-02 -
4 Episode43:トワノキズナ 332 3 2016-07-23 -
2 Episode44:銀河と宇宙 349 3 2016-08-09 -
5 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 333 0 2016-08-20 -
2 Episode46:絶望の凱旋 265 0 2016-08-24 -
4 Episode47:刻まれた記憶の欠片 258 1 2016-09-06 -
10 Episode48:希望の行方 244 0 2016-09-13 -
4 Episode49:悪夢の決戦前夜 251 0 2016-10-03 -
5 Episode50:創世の星屑竜 245 0 2016-10-25 -
0 Episode51:託された未来 255 0 2016-10-30 -
1 番外編03:遊弥と花奈の... 256 2 2016-11-02 -
3 未投稿オリカ紹介① 279 0 2016-11-09 -
2 未投稿オリカ紹介② 225 0 2016-11-26 -
2 未投稿オリカ紹介③ 267 0 2016-12-08 -
3 未投稿オリカ紹介④ 261 0 2016-12-20 -
6 未投稿オリカ紹介⑤ 215 0 2016-12-30 -
4 Episode52:極寒の夏 192 2 2017-01-01 -
31 Episode53:闇の邂逅 212 2 2017-01-07 -
3 Episode54:呪縛竜復活 180 0 2017-01-11 -
5 Episode55:届かぬ声で... 181 2 2017-01-15 -
2 Episode56:禁忌の目覚め 206 5 2017-01-19 -
3 Episode57:共鳴する四龍 210 4 2017-01-25 -
5 Episode58:本当の気持ち 203 3 2017-01-30 -
4 Episode59:真実への鍵 197 2 2017-02-08 -
4 IF01:バレンタインデー 247 6 2017-02-11 -
1 Episode60:エレンとアレックス 234 3 2017-02-16 -
30 ルール改訂と今後の進行について 340 2 2017-02-18 -
4 Episode61:想いの証 201 5 2017-02-21 -
3 Episode62:茨の道標 237 5 2017-02-27 -
5 Episode63:光と闇の花 187 3 2017-03-20 -
7 Episode64:渇望と葛藤 176 2 2017-03-23 -
5 Episode65:麗しき孤月 149 2 2017-03-29 -
44 Episode66:月夜のイリュージョン 223 2 2017-04-21 -
15 Episode67:常闇に消える月華 292 1 2017-05-05 -
10 Episode68:模索者たち 106 4 2017-07-22 -
12 Episode69:純黒の反逆者 119 0 2017-07-27 -
8 Episode70:紅と黒の禁呪 118 2 2017-08-07 -
7 Episode71:希望は往く 116 3 2017-08-17 -
9 Episode72:リリーの過去 103 2 2017-08-24 -
5 Episode73:異次元の亡霊 96 2 2017-09-13 -
4 Episode74:覚醒の鼓動 91 3 2017-09-22 -
5 Episode75:挑戦者の儀 96 0 2017-10-05 -
3 Episode76:神速の決闘 65 2 2017-11-14 -

スポンサーリンク