HOME > デッキレシピ一覧 > 竜星

竜星 デッキレシピ (ハーブさん 最終更新:2017/02/21 16:30)

※「デッキメーカーで見る」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  

閲覧数23407 評価回数42 評価366 ブックマーク数0
ドローカード

スポンサーリンク


モンスター( 18枚 / 6種) 魔法・罠( 23枚 / 12種) エクストラ( 15枚 / 13種)
▼下級( 18枚 / 6種)
3 炎 4《炎竜星-シュンゲイ
3 光 4《ライオウ
3 地 3《地竜星-ヘイカン
3 闇 2《闇竜星-ジョクト
3 水 2《水竜星-ビシキ
3 光 1《光竜星-リフン
▼魔法( 14枚 / 8種)
2 《簡易融合
1 《ブラック・ホール
1 《死者蘇生
2 《竜星の輝跡
1 《ソウル・チャージ
1 《月の書
3 《サイクロン
3 《氷結界の鏡

▼罠( 9枚 / 4種)
2 《激流葬
2 《奈落の落とし穴
3 《スキルドレイン
2 《強化蘇生

▼融合( 2枚 / 2種)
1 光 5《重装機甲 パンツァードラゴン
1 水 4《旧神ノーデン

▼シンクロ( 12枚 / 10種)
1 水 9《氷結界の龍 トリシューラ
1 闇 8《煉獄龍 オーガ・ドラグーン
2 光 8《輝竜星-ショウフク
1 光 8《閃珖竜 スターダスト
1 闇 7《邪竜星-ガイザー
1 炎 7《ブラック・ローズ・ドラゴン
1 炎 6《獣神ヴァルカン
1 闇 5《TG ハイパー・ライブラリアン
1 光 5《幻層の守護者アルマデス
2 光 4《虹光の宣告者

▼エクシーズ( 1枚 / 1種)
1 風 4《鳥銃士カステル
モンスター( 18枚 / 6種)
▼下級( 18枚 / 6種)
3 炎 4《炎竜星-シュンゲイ
3 光 4《ライオウ
3 地 3《地竜星-ヘイカン
3 闇 2《闇竜星-ジョクト
3 水 2《水竜星-ビシキ
3 光 1《光竜星-リフン
魔法・罠( 23枚 / 12種)
▼魔法( 14枚 / 8種)
2 《簡易融合
1 《ブラック・ホール
1 《死者蘇生
2 《竜星の輝跡
1 《ソウル・チャージ
1 《月の書
3 《サイクロン
3 《氷結界の鏡

▼罠( 9枚 / 4種)
2 《激流葬
2 《奈落の落とし穴
3 《スキルドレイン
2 《強化蘇生

エクストラ( 15枚 / 13種)
▼融合( 2枚 / 2種)
1 光 5《重装機甲 パンツァードラゴン
1 水 4《旧神ノーデン

▼シンクロ( 12枚 / 10種)
1 水 9《氷結界の龍 トリシューラ
1 闇 8《煉獄龍 オーガ・ドラグーン
2 光 8《輝竜星-ショウフク
1 光 8《閃珖竜 スターダスト
1 闇 7《邪竜星-ガイザー
1 炎 7《ブラック・ローズ・ドラゴン
1 炎 6《獣神ヴァルカン
1 闇 5《TG ハイパー・ライブラリアン
1 光 5《幻層の守護者アルマデス
2 光 4《虹光の宣告者

▼エクシーズ( 1枚 / 1種)
1 風 4《鳥銃士カステル

スポンサーリンク


勝利方法・デッキカテゴリー
竜星 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
闇竜星-ジョクト
運用方法
リクルート効果で戦線を維持し様々な追加効果を付与したシンクロモンスターで戦うのが竜星の基本的な戦術でしたが、ジョクトの登場で効果無効系や特殊召喚封じに対するリスクはあるものの能動的な展開が可能になりました。初動の遅さに難のある竜星にとってこの展開は多少のリスクはあれど魅力的であり、先攻で狙っていくこともあるでしょう。
基本的にはリクルート効果による高い戦線維持能力を駆使しつつ強化蘇生や竜星の具象化で盤面に並ぶ竜星を増やし、シンクロ素材を用意していくことになります。その他フォーミュラシンクロンなどと同様の相手ターンでのシンクロ召喚が可能なのも竜星の特徴であり切り札のショウフクをはじめとした強力な召喚誘発効果を持ったシンクロモンスターとの相性は抜群であり、竜星における勝ち筋のひとつともなり得る効果なので覚えておきたいところです。
そして竜星最大のメリットとなるのは素材になることでシンクロモンスターに攻撃力や耐性を与えるという効果。これによって強力なシンクロモンスターをより強力にしてフィールドを制圧していきましょう。

○要となるカード達
・輝竜星ーショウフク
竜星の切り札。シンクロ召喚時に素材にした竜星の属性の種類だけフィールドのカードをデッキバウンスする効果と自分フィールドのカード1枚を破壊して墓地の下級モンスターを特殊召喚する効果があります。デッキバウンスの強さはマドルチェのティアラミスが実証済みであり、あちらと違い対象には取るものの枚数はこちらのほうが多くなりやすいです。特殊召喚効果は炎王炎環のように手軽にモンスターを展開でき竜星のリクルート効果と合わせて大量のモンスターを展開に繋がることも多いです。破壊するカードは何でもよく不要なカードをモンスターに変えられるというだけでも十分な強さです。このモンスターの存在は竜星の相手ターンシンクロと合わせて相手にプレッシャーを与えるものとなり物足りない打点はシュンゲイで補強とカテゴリ内での完成された繋がりを持っているので召喚さえ通れば意外とどうにかなることが多いです。


・邪竜星ーガイザー
相手のカード効果の対象にならない耐性と自分の竜星と相手フィールドのカードを1枚ずつ破壊する効果、更に自身が戦闘、カード効果で破壊された時にデッキの幻竜族を守備で出すリクルート効果まで持っています。対象にならない効果は素材の竜星で付与された耐性と合わせると非常に厄介な効果であり対処の方法が限られてくるようになります。その為主力アタッカーとしての安定感は随一であり非常に頼りになる存在だと言えます。またガイザーのリクルート効果は竜星ではなく幻竜族を指定しているので竜星のモンスターだけでなくナイトドラゴリッチのようなカテゴリ外の幻竜族を呼び出すこともでき今後その可能性を伸ばす機会は十分にあるので注目していきたいところです。

・虹光の宣告者
手札かデッキから墓地にいくカードを全て除外する永続効果と自身をリリースしてモンスター効果、魔法、罠を無効にして破壊する効果の両方を活かしメタを張るタイプのモンスターです。竜星においては主にリフンとヘイカンでシンクロ召喚をして戦闘破壊耐性を付与することが多くなると思います。またレベル4のシンクロモンスターということでショウフクや強化蘇生で蘇生して再利用する流れもできるので今環境において竜星だからこそ利用できるカードという立ち位置を存分に活かして戦うことができます。一応儀式関連のカードをサーチする効果もありますがこれらを組み込む余地はありませんので今回は無いものとして扱って下さい。

・竜星の具象化
竜星の体数を増やすカードの1枚になります。各種竜星のリクルート効果とは異なり破壊なら墓地に送られなくてもトリガーになる、タイミングを逃さないなど後続が途絶えにくくなる要素があり便利です。破壊されるモンスターに指定はなく竜星以外のシンクロモンスターが破壊されてもリクルート効果が発動できるのはお得ですね。またモンスターが破壊された際にはダメステでも表にすることが可能なようなので永続罠にありがちな発動にチェーンしてサイクロンをされるというのを防ぐことも一応は可能です。

・つり天井
フィールドのモンスターが4体以上で表側のモンスターしか破壊されない代わりにフリーチェーンになった激流葬といえば分かりやすいこのカードですが、激流葬にないメリットとして竜星のリクルート効果のタイミングを逃さないようにしやすいという点があります。激流葬の場合は召喚時誘発に対してはそこにチェーンせざるを得なくなるのでどうしてもチェーン2以降での破壊になりタイミングを逃しやすいのですがつり天井は条件さえ整っているならタイミングを指定しないのでリクルート効果を阻害しにくいのです。つり天井そのものもソウルチャージやセプスロのように一度に3体以上並べられやすい行為に対するカウンターにしやすいので激流葬と併せての採用をされることもあるかもしれません。

強み・コンボ
竜星の多くはシンクロ素材になった時にシンクロモンスターに様々な恩恵を与える効果を持っており、出てきたシンクロモンスターに思わぬ耐性が付与されているということもあり初見殺しの成り立つ場合が多々あります。特に強制脱出装置やブレイクスルースキルを回避でき、こちらのスキルドレインの影響下でも効果を機能させられるビシキや打点上昇で火力の底上げが可能でありアルマデスなどの活躍の場をうんと広げられるシュンゲイ、月華竜などを戦闘破壊から守るヘイカンが特に強力であると言えます。トウテツのコントロール奪取耐性はあまりお世話にならないかもしれないがトウテツ自身の攻撃力は2200でありダメージを通しに行く時に心強くミドラーシュと同士討ちになりながら後続に繋げるのは大きいですね。
ナイトドラゴリッチは今期の仮想敵になりやすいミドラーシュ、オピオン、ダークロウ、ショックルーラーをすべて単体で処理できるカードであり効果が永続効果なおかげでクェーサーすらワンパンの強力モンスターです。ガイザーからのリクルート候補なのはもちろん強化蘇生やショウフクの蘇生効果対象にもなれるのは効果も合わさり強力です。守備力が0なのでカメンレオンで蘇生したり幻竜族であるのを活かしてショウフクの素材にしたりと竜星という名前こそないが頼りになるモンスターですね。弱点としては攻撃力が1700なのでウヌクやセプターなどにあっさりやられたりクリフォートに無力だったりというのが挙げられます。
ジョクトでの展開ですが手札の竜星2枚というのはやはり重くエンドフェイズに除外されて相手ターンシンクロの準備というわけにもいかないので極力強力な布陣ができるようにしたいです。
《ジョクト展開例》
※ソウルチャージなし
・ジョクト+虹光の宣告者(戦闘耐性)
ジョクトからリフンとヘイカンをリクルートして展開できる布陣。主にシャドールに対して展開する布陣になります。手札やデッキからの墓地肥やしは全て除外になる為シャドールの固有効果の発動を許しません。また戦闘破壊耐性が付与されている為ネフィリム以外の融合体では突破されずネフィリムも実質的な同士討ちにまで持っていけます。勿論融合そのものの妨害も可能ですので状況を見て妨害していきましょう。虹光はショウフクや強化蘇生による蘇生が可能であり再利用して繰り返し妨害札に変えられるので非常に強力なカードですね。この時ジョクトが棒立ちになってしまいますがこちらを攻撃されても後続にプラスしてシンクロ素材になって墓地にいるリフンの蘇生のトリガーにもなるのでそこから更なる展開もできるので狙う価値はあるでしょう。ただしジョクトの効果は1ターンにどちらか1回なので自爆特攻からの展開はすぐにはできません。(8/16 ジョクトの効果使用後自爆特攻から展開と表記しましたがこの効果と破壊時リクルートは合わせて1回までです。訂正させていただくと共に誤った運用法の掲載をお詫びさせていただきます。)

・レベル8シンクロ(攻守500アップ+罠耐性)
シュンゲイとビシキをリクルートしてアクセス。ショウフクを出す為の組み合わせになりますが他の8シンクロを召喚しても強力です。このパターンの場合罠耐性が強力であり強制脱出装置などの除去罠を恐れることもなくこちらのスキルドレインの影響を受けずに効果の発動ができるようになるので攻めの要となりやすいパターンです。ちなみにジョクトが闇チューナーなおかげでベエルゼやオーガドラグーンのようなシンクロモンスターも出せるのでお好みでエクストラに投入しても面白いかもしれませんね。

・レベル7シンクロ(戦闘、罠耐性)
ヘイカンとビシキからアクセス。これで出すシンクロモンスターの最有力候補はやはりガイザーでしょうか。自前の対象にならない効果と合わせると並大抵のカードでは突破されません、がネフィリムで容易く突破される為後続が繋がるとはいえ安易にこのパターンに入るくらいなら虹光パターンのほうが安定感はあるかもしれません。とりあえずの攻め手としては無難なところですがジョクト効果からのアクセスよりはリクル効果と蘇生で回す際にアクセスすることが多いと思います。

・ジョクト+トウテツ+その他
相手の場にミドラーシュがいる時のパターン。トウテツがミドラーシュと同士討ちできジョクトの効果には攻撃制限が無い為バトルフェイズを挟んで展開することになります。なおこの後は相手に融合カードを回収されていることを考えると虹光パターンに繋ぐのがベストです。

ソウルチャージありになると手札を3枚残しながらライブラリアン(戦闘耐性)+虹光(戦闘耐性)+ショウフクのような布陣を展開できますがジョクトの手札コストなどでパターンが分岐するので割愛させていただきますが恐らく検索すれば見つかるパターンですので各自で調べていただくと幸いです。
弱点・課題点
基本がリクルートテーマであることから特殊召喚封じやバウンス、除外に弱く初動も遅い為同時期に出たテーマの中では控えめなテーマ。またリクルート効果が「時」の任意効果でありチェーン2以降での破壊はタイミングを逃す為注意が必要です。当然ながら虚無空間には無力なので対策はしていきたいですね。
またダークロウやショックルーラーとの相性は最悪でありこれらの為だけであろうともナイトドラゴリッチの追加が検討されることもあるかもしれません。
カスタマイズポイント
ジャンクシンクロンやカメンレオンなどの釣り上げは検討できますが無効化系統には注意が必要となりますしカメンレオンを出してしまうと相手の激流葬が機能する可能性は十分にありそれらを恐れるなら無理に採用する必要はないかもしれません。
また今回は非採用になりましたがホロウは魔法耐性を付与できるのでシャドールの超融合やクリフォートの攻撃力ダウンに対抗する札になれます。が、レベルの低さがシンクロ素材として使いにくくしており魔法耐性もあまり優先して付与したい耐性とは言えないので不採用としました。
主にオピオン対策となるであろうランク4エクシーズですが、カメンレオンを採用するのであれば採用していきたいところです。今回はカメンレオンを採用しておらず複数積みしたいシンクロもいたので不採用にしてあります。いざとなればナイトドラゴリッチがオピオンを倒せますしスキルドレインに甘えて対策はそこまでしないことにしました。

・サイドデッキについて
クリフォートや永続罠型のメタに対する解答として妖精の風やツイスターなどがサイドチェンジ後から見られる可能性があり2戦目以降は永続以外の妨害罠を増やすと罠が機能しやすくなるかもしれません。ソウルドレインなどこちらでも意識したい永続罠がありますから大嵐やサイクロンの増量はしておきたいところです。追加のナイトドラゴリッチは苦手なモンスターを軒並み処理できるカードとしてサイドには必須になります。その他周囲の環境に合わせたサイドを用意していくことになりますが一例としてサイドプランを挙げておきます。

ナイトドラゴリッチ×2
ライオウ×2
大嵐
サイクロン
融合解除
強制脱出装置
妖精の風×2
激流葬×2
王宮の号令×3

デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)

■竜星カテゴリの他のデッキレシピ
2016-03-16 【ガチ竜星
2015-04-13 【私が作る竜星
2015-05-07 【P竜星
2014-04-26 【征竜星
2014-05-20 【竜星(鉄壁型)
2015-02-25 【害悪竜星
2015-10-06 【竜星(スキドレワンキル狙い型)
2016-04-11 【メタルフォーゼ竜星
2015-02-05 【シンクロで勝つ竜星
2014-09-30 【Let’s 満足!リベンジャー竜星
竜星のデッキレシピをすべて見る▼
■ハーブさんの他のデッキレシピ
2014-03-19 【ドラグニティ(2014/4~)
2013-06-15 【乙女ヌート型青眼の白龍
2013-06-14 【ウィンデッキ
2014-05-17 【ドラグニティ(2014/5~)
2014-06-17 【マスクドドラグニティ(2014/7~)
2014-05-09 【ドラグニティ先攻ワンキル(メモ用)
2013-03-23 【ドラグニティ(征竜2種型)
2014-05-05 【ブックスと愉快な仲間たち
2014-10-12 【ドラグニティ(2014/11~)
2014-06-26 【ドラグニティ(2014/7~)
すべて見る▼

デッキに使用されているカード

枚数 カード名 種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
3 炎竜星-シュンゲイ  効果モンスター 4 幻竜族 1900 0
「炎竜星-シュンゲイ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「炎竜星-シュンゲイ」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、攻撃力・守備力が500アップする。
3 ライオウ  効果モンスター 4 雷族 1900 800
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、お互いにドロー以外の方法でデッキからカードを手札に加える事はできない。また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、相手モンスター1体の特殊召喚を無効にし破壊する。
3 地竜星-ヘイカン  効果モンスター 3 幻竜族 1600 0
「地竜星-ヘイカン」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「地竜星-ヘイカン」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、戦闘では破壊されない。
3 闇竜星-ジョクト  効果モンスター
チューナーモンスター
2 幻竜族 0 2000
「闇竜星-ジョクト」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「闇竜星-ジョクト」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、手札の「竜星」カード2枚を墓地へ送って発動できる。デッキから攻撃力0と守備力0の「竜星」モンスターを1体ずつ特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
3 水竜星-ビシキ  効果モンスター 2 幻竜族 0 2000
「水竜星-ビシキ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「水竜星-ビシキ」以外の「竜星」モンスター1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、罠カードの効果を受けない。
3 光竜星-リフン  効果モンスター
チューナーモンスター
1 幻竜族 0 0
「光竜星-リフン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから「光竜星-リフン」以外の「竜星」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「竜星」モンスターが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合除外される。
2 簡易融合  通常魔法 - - - - -
1000ライフポイントを払って発動する。レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃する事ができず、エンドフェイズ時に破壊される。「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
1 ブラック・ホール 制限 通常魔法 - - - - -
フィールド上に存在する全てのモンスターを破壊する。
1 死者蘇生 制限 通常魔法 - - - - -
自分または相手の墓地からモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
2 竜星の輝跡  通常魔法 - - - - -
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。その後、自分はデッキから2枚ドローする。
1 ソウル・チャージ 制限 通常魔法 - - - - -
「ソウル・チャージ」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。(1):自分の墓地のモンスターを任意の数だけ対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚し、自分はこの効果で特殊召喚したモンスターの数×1000LPを失う。
1 月の書  速攻魔法 - - - - -
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、裏側守備表示にする。
3 サイクロン  速攻魔法 - - - - -
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。
3 氷結界の鏡  速攻魔法 - - - - -
このターン、相手が発動した効果モンスターの効果によって、自分の手札・フィールド上・墓地のカードがゲームから除外される度に、以下の効果を適用する。
●手札のカードが除外された場合、相手の手札をランダムに2枚までゲームから除外する。
●自分フィールド上に存在するカードが除外された場合、相手フィールド上に存在するカードを2枚までゲームから除外する。●墓地に存在するカードが除外された場合、相手の墓地に存在するカードを2枚までゲームから除外する。
2 激流葬  通常罠 - - - - -
モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動する事ができる。フィールド上に存在するモンスターを全て破壊する。
2 奈落の落とし穴  通常罠 - - - - -
相手が攻撃力1500以上のモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動する事ができる。その攻撃力1500以上のモンスターを破壊しゲームから除外する。
3 スキルドレイン  永続罠 - - - - -
1000ライフポイントを払って発動する。このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上に表側表示で存在する効果モンスターの効果は無効化される。
2 強化蘇生  永続罠 - - - - -
自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選択して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは1つ上がり攻撃力・守備力は100ポイントアップする。そのモンスターが破壊された時、このカードを破壊する。
1 重装機甲 パンツァードラゴン  融合モンスター
効果モンスター
5 機械族 1000 2600
機械族モンスター+ドラゴン族モンスター
このカードが破壊され墓地へ送られた場合、フィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。
1 旧神ノーデン 禁止 融合モンスター
効果モンスター
4 天使族 2000 2200
SモンスターまたはXモンスター+SモンスターまたはXモンスター
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。
1 氷結界の龍 トリシューラ 制限 シンクロモンスター
効果モンスター
9 ドラゴン族 2700 2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。
1 煉獄龍 オーガ・ドラグーン  シンクロモンスター
効果モンスター
8 ドラゴン族 3000 3000
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分の手札が0枚の場合、1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
2 輝竜星-ショウフク  シンクロモンスター
効果モンスター
8 幻竜族 2300 2600
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、このカードのS素材とした幻竜族モンスターの元々の属性の種類の数まで、フィールドのカードを対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのカード1枚と自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのフィールドのカードを破壊し、その墓地のモンスターを特殊召喚する。
1 閃珖竜 スターダスト  シンクロモンスター
効果モンスター
8 ドラゴン族 2500 2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して発動できる。選択したカードは、このターンに1度だけ戦闘及びカードの効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも使用できる。
1 邪竜星-ガイザー  シンクロモンスター
効果モンスター
7 幻竜族 2600 2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「邪竜星-ガイザー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):自分フィールドの「竜星」モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
(3):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。デッキから幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
1 ブラック・ローズ・ドラゴン  シンクロモンスター
効果モンスター
7 ドラゴン族 2400 1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、フィールド上に存在するカードを全て破壊する事ができる。1ターンに1度、自分の墓地に存在する植物族モンスター1体をゲームから除外する事で、相手フィールド上に存在する守備表示モンスター1体を攻撃表示にし、このターンのエンドフェイズ時までその攻撃力を0にする。
1 獣神ヴァルカン  シンクロモンスター
効果モンスター
6 獣戦士族 2000 1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、自分及び相手フィールド上に表側表示で存在するカードを1枚ずつ選択して手札に戻す。このターン、自分はこの効果で手札に戻したカード及びそれらの同名カードの効果を発動できない。「獣神ヴァルカン」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
1 TG ハイパー・ライブラリアン 制限 シンクロモンスター
効果モンスター
5 魔法使い族 2400 1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがフィールド上に表側表示で存在し、自分または相手がシンクロ召喚に成功した時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。
1 幻層の守護者アルマデス  シンクロモンスター
効果モンスター
5 悪魔族 2300 1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。
2 虹光の宣告者  シンクロモンスター
効果モンスター
4 天使族 600 1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いの手札・デッキから墓地へ送られるモンスターは墓地へは行かず除外される。
(2):モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、このカードをリリースして発動できる。その発動を無効にし破壊する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
1 鳥銃士カステル  エクシーズモンスター
効果モンスター
4 鳥獣族 2000 1500
レベル4モンスター×2
「鳥銃士カステル」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、このカード以外のフィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。