HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Devil Dliver > EP4 覚醒する心

遊戯王 Devil Dliver/EP4 覚醒する心 作:ター坊

遊季都と葛川の戦いの火蓋が切って落とされた。

「先攻は譲ってやるぜ」
「僕のターン。僕はモンスター1体を裏守備でセット!カードも1枚セットしてターンエンド!」
遊季都は静かな立ち上がりを見せる。どういう戦術なのかはよく分からない。
「俺様のターン、ドロー!見せてやるぜ、パパが作ってくれた最強の金の精鋭部隊!相手フィールドのみにモンスターが存在する場合、レベル6の『黄金機団(ゴールドアーミーズ)-アッパーチ』を特殊召喚!」
金色のヘリコプターのような兵器が空から降りてくる。
「さらに永続魔法『黄金兵装(ゴールドサブウェポン)-ランスミサイル』を発動!これで俺様の黄金機団は全て貫通能力が付加されるぜ。行け、アッパーチ!」
アッパーチが攻撃対象に向かうと共に遊季都の裏守備モンスターの正体が明かされる。

黄金機団-アッパーチ ATK 2100 VS 仮面竜 DEF 1100

遊季都:LP 8000→7000

「…僕は破壊された『仮面竜』のモンスター効果でデッキから『ミンゲイドラゴン』を特殊召喚!」
「ちっ、リクルートか。なら俺様もアッパーチの効果でデッキから『黄金機団-ステレート』を守備表示で特殊召喚!」
ヘリに続き、今度は平べったい金の戦闘機がやって来る。
「さぁ行くぜ!俺様はレベル6のアッパーチとステレートでオーバレイ!エクシーズ召喚!カモン!ランク6!『黄金機団-コンゴールデン』!!」
「あのカテゴリ…エクシーズか!」
光の渦から現れたのは異様に尖ったフォルムの戦闘機である。
【アイツのカード全部金ぴかで嫌味ったらしー】
【まぁ…社長の息子だからね…。でも見かけ倒しじゃない、堅実な動きをしてくる。…油断できないよ】
【ふーん。そういうモンなの?】
「さらに俺様はコンゴールデンの効果発動!オーバレイユニットを1つ使う事で黄金機団トークンを2体特殊召喚できる!」
コンゴールデンの周囲に浮遊する光が1個弾けるとそれが2機の金色の残像に変化した。
「さらにカードを1枚セットしてターンエンド」
「僕のターン、ドロー!僕は『ミンゲイドラゴン』を2体分のリリースとして扱う事で『タイラント・ドラゴン』をアドバンス召喚!さらに魔法カード『火竜の火炎弾』でトークン1体を破壊!」
『タイラント・ドラゴン』の放った炎の塊がトークンを焼き尽くす。
「バトルだ!『タイラント・ドラゴン』でまずはコンゴールデンを攻撃!」

タイラント・ドラゴン ATK 2900 VS 黄金機団-コンゴールデン ATK 2700

葛川:LP 8000→7800

「くそっ!」
「そしてバトルでモンスターを破壊した場合、もう一度だけモンスターを攻撃できる!行け!」

タイラント・ドラゴン ATK 2900 VS 黄金機団トークン ATK 2200

葛川:LP 7800→7100

「テメェ!」
【さっすがドラゴン♪カードゲームでも最強クラスね!相手を全滅よ!!】
「僕はカードを1枚セットしてターンエンド」
「俺様のターン、ドロー。フッフッフッ。まさかお前程度の奴にアレを拝ませることになるとはなぁ。俺様はリバースカード『エクシーズ・リボーン』を発動!これで墓地からコンゴールデンを復活し、『エクシーズ・リボーン』をオーバレイユニットとしてコンゴールデンの下に加える。そしてそのオーバレイユニットを使い、トークン2体を特殊召喚!」
【なーんだ。さっきと一緒の流れじゃない】
【いや、何か違う…】
遊季都の直感は当たる。
「俺様はオーバレイユニットを使い切った事でドライヴ条件を達成!!コンゴールデンをドライヴ素材に、ドライヴ召喚!!」
コンゴールデンが黄色の魔法陣に覆われ、太陽のような輝きを放つ。
「カモン!俺様のエース!!キンキラリンの『黄金無敵戦艦(ウルトラゴールド・バトルシップ)-スカイ・チャンピオン』!!」
魔法陣が解けるとコンゴールデンは巨大な戦艦へと姿を変えていた。
【でか!】
「俺様はスカイ・チャンピオンの効果発動!これで相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は2000ダウンする!」
スカイ・チャンピオンの底部分からガトリング砲が何百もせりだし、弾幕の雨となって遊季都のフィールドに降り注ぐ。『タイラント・ドラゴン』は翼の膜も手足も蜂の巣にされ、身動きが取れない。
「スカイ・チャンピオンで攻撃!無敵アタァァック!!さらにこの攻撃で発生する戦闘ダメージは倍になるぜ!」
【うわっ!技名ダサッ!】

黄金無敵戦艦-スカイ・チャンピオン ATK 3000 VS タイラント・ドラゴン ATK 900

遊季都:LP 7000→2800

スカイ・チャンピオンは急降下して『タイラント・ドラゴン』を轢き潰してしまう。
「さらにトークン2体でダイレクトアタック!」
「これ以上は減らせない!永続罠『リビングデッドの呼び声』を発動して墓地の『仮面竜』を」
「させるか!速攻魔法『黄金兵装-アサルトショット』を発動!相手フィールドの魔法・罠カードを1枚破壊し、相手に500の追加ダメージを与える!」

遊季都:LP 2800→2300

「くっ!」
「まぁトークンによるダメージは半減されるが、徹底的に追い詰めてやるぜ!トークン2体でダイレクトアタック!」

黄金機団トークン ATK 2200×2 直接攻撃(ダメージ半減)

遊季都:LP 2300→100

「うわっ!」
爆撃の烈風で遊季都は尻餅をつく。
【ちょっと!このゲームってLP0になったら負けなんでしょ!あんなどら息子みたいな奴に負けてどうすんの!】
【わ、分かっているけど無理だよ…】
【まぁ…。勝てる方法はなきにしもあらずだけど…】
【え?勝てる方法…?】
【そっ。アタシを使えば良いの♪】
【ラズベリーを…?】
【前に話したでしょ?アタシがカードに化けてる意味】
【うん】
ラズベリーがカードに化けているのは、争いであるデュエルモンスターズに介入し、そこで生じる負の心を糧とするためである。
【でも最初にアタシがカードとして力を得るには契約している遊季都くんの負の心が必要なの】
【えっ!急にそんな事言われても…】
【人間誰でも負の心は絶対あるの!ほら、ない?怒った時とか悔しかった事とか!】
遊季都はラズベリーにそう言われて目を閉じ、思い返す。
『遊季都くん!不正行為により反則負けです!』
【あの時は大人に逆らえなくてしょうがないと思ったけど…今思い返すと、もっと強く抗議しなかった自分が憎い…】
『この赤崎家の恥さらしめ!出て行け!!』
【お父さんは僕を信じてくれなかった…。悔しい…】

ヒュゥン
ラズベリーが宿るカードに闇がまとわりついていく。
【よし、良い感じ良い感じ♪】
『コイツ、テレビでインチキして勝とうとした奴だぜ』『知ってるか?コイツ昔な…』
【もう言わないでくれ!もう昔の事なんだ、ほっといてよ!】
『卑怯者!卑怯者!』
【違う!僕は…僕は…!】
遊季都は過去の理不尽・罵詈雑言・それに耐えるだけだった自分への憤り―それらから心に負を募らせていく。

キュピーン
【キター!遊季都くんの負の心、ごちそうさま♪さっ、アタシのカードとしての姿をイメージして】
【えっ。えーっと…あっ】
遊季都は咄嗟に言われて頭にあるモンスターが印象に浮かぶ。そのモンスターはラズベリーと重なり…
【OK!さぁアタシを出してみて!】
【うん!】



遊季都はハッとする。
「おいおい、何やってんだよ!遅延プレイで負けにするぞ!」
「えっ、あ、うん。すいません…。でも僕、負けません」
遊季都の発言にギャラリーの取り巻きが野次を飛ばす。
「アイツなーに言ってやがる!」
「アイツのLPはもう100ぽっち!手札は2枚だけ!」
「どう見たって葛川さんの勝利確定!やっちゃってください!」
取り巻きの野次に葛川は上機嫌で手を振る。
「よーしよし。任せておけって!俺様はこのままターンエンドだ!」
「僕のターン、ドロー!来た、僕の一番欲しかったカード…。僕は魔法カード『死者蘇生』を発動!これで墓地の『仮面竜』を復活!さらに装備魔法『巨大化』を装備!」
『仮面竜』はみるみる大きなサイズになっていく。
「おいおい。それでも攻撃力は2800止まり。スカイ・チャンピオンには勝てないぜ?まぁ、攻撃力を越えたところでトークン2体を破壊しない限りスカイ・チャンピオンは相手の攻撃と効果を全てシャットアウトするけどな」
「なら、そのトークンからだ!『仮面竜』で黄金機団トークンを攻撃!」

仮面竜:ATK 2800 VS 黄金機団トークン ATK 2200

葛川:LP 7100→6500

「無駄な足掻きを!」
「それはどうですかね?」
「何!」
「攻撃力2000以上のドラゴン族モンスターが相手モンスターを戦闘によって破壊した事でドライヴ条件を達成!」
『仮面竜』は次第に赤い炎に包まれ、大きな火柱となっていく。
「内に秘めた心の炎。今こそ解き放ち、新たな運命へと飛び立つ!示せ、僕の心!!」
【待ってましたぁ!】
ラズベリーのカードも燃え上がり、絵が、テキストが、徐々に浮かび上がる。
「ドライヴ召喚!『覚醒竜姫(ドライヴドラゴ・プリンセス)-ラズベリア』!!」
火柱が収まると見た事もないモンスターが誕生した。
【火で焼けちゃって小麦色の肌になっちゃったぁ。ま、悪くないけど】
【え?ラズベリーなの?】
【そうだよ♪でも遊季都くんのアタシのカードのイメージって…エッチじゃない?翼と尻尾はドラゴン、籠手と兜はドラゴンのデザインは良いけど、体はビキニアーマーだよね?】
【えっ!?ご、ごめん…。この前破られた『マグナフレイムアーマー・ドラゴン』をイメージしたら…】
【なーんてね。この姿、結構気に入ったよ。さっ。ちゃちゃっとアイツぶっ飛ばしちゃお!】
「うん!」
「見た事もないモンスターだが、たかが攻撃力は2500!スカイ・チャンピオンは墜ちないぜ!」
「バトルフェイズ中、ラズベリアの効果発動!墓地の『タイラント・ドラゴン』を除外することでトークンを破壊して除外する!」
ラズベリアの手から放たれた紅蓮の弾丸が黄金の残像を跡形もなく消し去る。
「ト、トークンが破壊された程度で…」
「ラズベリアが自身の攻撃または効果でモンスターを破壊した場合、ターン終了時までそのモンスターの攻撃力分、攻撃力がアップします!」
「なっ!じゃあ攻撃力は2200アップして…」
「ラズベリアでスカイ・チャンピオンに攻撃!紅蓮のメテオアロー!」
ラズベリアが炎に包まれ、螺旋の赤き槍となって黄金の飛行戦艦へと突撃する。

覚醒竜姫-ラズベリア ATK 4700 VS 黄金無敵戦艦-スカイ・チャンピオン ATK 3000

葛川:LP 6500→4800

「うわぁぁ!だ、だけど!LPはまだ半分以上もあるし!このターンを乗り切れば…!」
「いいえ、もうこれで終わりです!自分フィールドのモンスターがラズベリアのみの場合、2回攻撃できます!」
【喰らえ!このどら息子!!】
「ラズベリアでダイレクトアタック!!」

覚醒竜姫-ラズベリア ATK 7700 直接攻撃

葛川:LP 4800→0




LPが尽きてもラズベリーは腰を抜かしている葛川を見下ろしている。
「こ、これってソリッドビジョンシステムじゃないのか!?デュエルが終わって、なんで消えない!?」
「アンタの事、全然気に入らないから直接手ぇ出しちゃおうかなー?」
「あ、あれ変だぞ?」
「に、逃げろ!」
「はーい。ギャラリーの方も逃げるの禁止」
「体、動かない…」
ラズベリーがギャラリーだった取り巻き3人と日下部をひと睨みすると彼らの脚はピクリとも動かなくなる。
「ラズベリー、あまり酷い事は…」
「どうして?だって他人を嵌めようとした悪い子だよー?ちゃーんとお仕置きしなくちゃ」
「で、でも!」
「もう。遊季都くんってば甘すぎ。…しょうがないなぁ。御主人様の命令だし、仕方ないかー」
ラズベリーはそう言って葛川に近付く。
「ひっ!」
「優しい遊季都くんに感謝することね。… …」ボソッ
ラズベリーは葛川に何かを囁く。すると葛川は気が抜けたようにコテンと倒れる。
「アンタらも」
「ひぇっ!」
ラズベリーの手から放たれた光がギャラリー四人を包み、バタバタと倒れる。
「ラズベリー、一体何を!」
「大丈夫♪記憶操作とちょっとした暗示を掛けただけだから。…休むから晩御飯になったら起こしてねー」
ラズベリーはそう言って小さな光になり、デュエルディスクにセットされたままの『覚醒竜姫-ラズベリア』に戻った。
「ち、ちょっと!」
【…Z Z Z 】
「ホントに…寝てるの?」
遊季都がテレパシーを試みても寝息しか聞こえない。
「とりあいず…。葛川くん!」
遊季都が葛川を起こそうと近寄ると、葛川はガバッと起き上がった。しかしその顔は幽霊を見たかのように青ざめ、全身がガタガタ震えていた。
「葛川くん?」
「行かなきゃ…行かなきゃ…」
葛川はブツブツと呟きながら歩き出す。
「あれ?俺達は…あれ?葛川さん、何処に?」
いつの間にか取り巻き達も起き、葛川の後を追う。その中、日下部は起き上がっても立ち尽くしていた。
「あの…日下部さん」
「あなたは確か…前の席の赤崎くん?」
「そ、そうだけど…大丈夫?」
「ええ。ところで私、どうしてここにいるの?」
(ホントに記憶が操作されて、さっきのデュエルの事を覚えてないんだ…)




翌日―
「おいおい聞いたか?」
「昨日のデッキ盗難騒動、葛川の自作自演だったらしいぜ」
「やっぱり白朧院さんが犯人じゃなかったんだー!まっ、分かってたけど」
「葛川サイテー!」
「でも、なんか葛川が自分で泣きながら土下座して謝ったらしいぞ」
「うそー!あの葛川が!?」
昨日の事件の結末が多くの生徒に広まっていた。その話題で教室が騒ぐ中、その事件を解決した当人である遊季都は特に変わらずにいた。
【良かった。無事に解決出来て】
【良いの?僕が葛川を倒したんだぜ、イエーイ!とか言わなくても。みんなの人気者を救ったヒーローみたいな扱いになるんじゃないの?】
【ううん。白朧院さんの疑惑が晴れただけで僕は充分満足だよ】
【ふーん、そうなんだ。でも一人くらいからは感謝されても良いんじゃない?】
【え?それってどういう意味?】
【さぁね?】
「あのー」
「へっ?」
テレパシーに集中して分からなかったが、話し掛けられた事にようやく気付いた遊季都は気の抜けた返事をしてしまう。相手は白朧院だった。
「は、白朧院さん?ぼ、僕に何か…?」
「はい。よろしければご一緒に昼食を摂りながら昨日の事でお話をしたいなと思ったのですが、いかがでしょうか?」
クラス、いや1年生でトップの美貌と社長令嬢という肩書きで学校の男子女子生徒から人気ナンバーワンと名高い白朧院のお誘いに女性への免疫がない遊季都は否応なく強ばる。
「ぼ、僕なんかでい、良いなら、よ、喜んで…」



遊季都と白朧院は学校の裏庭にやって来た。外国の庭園のような造りで綺麗な花の生け垣やテラス席のようなベンチ、噴水まである。そこに一般庶民の遊季都と令嬢の白朧院が並んで座るのだから端から見ると違和感の塊である。
「昨日はありがとうございました。私の為に葛川さんを説得して下さって」
「えっ?僕は特に…」
遊季都は照れながらも内心、なんの事か首を傾げる思いだった。
「私も先生とお話ししている最中に驚きました。生徒指導室に入って急に土下座し始めて、俺が悪かったです。赤崎くんに説得されて馬鹿な事だと気付きました、って」
【ラズベリー…まさか】
【にゅふふ~♪】
ラズベリーが葛川に耳元で掛けた暗示―それは全部自作自演であることを泣いて土下座をしながらぶちまけると共に、遊季都の説得のおかげで改心した、という修正が入った行動操作と記憶捏造だった。
「そ、そんな事があったんですね…」
「あれ?説得されたのではなかったのですか?」
「えっ!いや、その…葛川くんとは少し話しましたけど、あれが説得になったとは思わなくて…」
悪魔が介入した昨日のデュエルの顛末を語っても信じてはもらえまいと悟った遊季都はラズベリーの暗示の内容に合うよう適当に誤魔化すことにした。
「そうだったんですか…。でも、赤崎さんのおかげなのは変わりありませんわ。ハクロウ・コーポレーション、父の社名に傷を付けることが無くて本当に良かったです。改めてお礼申し上げます」
「そ、そんないいですってば!」
令嬢なのを鼻に掛けず、丁寧に深々と御辞儀をする白朧院に遊季都はたじろぐばかりだった。


現在のイイネ数 12
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
新作連載開始おめでとうございます+コメントが遅くなって申し訳ありません。
EP1から4まで読ませていただきましたが、気弱な主人公に非人間が憑依するという展開は遊戯王においてはもはやお馴染みですね。ただそれが過去の人間や精霊ではなく、デュエルモンスターズとは関係のない(?)悪魔というのは結構斬新であると思いますし、それがデュエルモンスターズとして登場するのもまた面白い試みだと思います。

現時点でのドライヴ召喚というものはLVモンスターのように条件を満たすと進化する、みたいな感じで良いのでしょうか。もちろんLVモンスターと違って全モンスターにその進化の可能性が秘められているのは良いと思います。弱いモンスターやバニラはドライヴ召喚をするためのハードルが低かったりするとそれらのカードの救済にもなるでしょうし。

ところで、何故リアルにはラズベリーのような痴……素晴らしいお姉様が存在しないのでしょうね(血涙
(2017-09-21 11:38)
ター坊
光芒さん、コメントありがとうございます。
前作とは違い、完全オリジナルと言うことでアニメ遊戯王の設定を踏襲と言うか参考としている部分がいくつかあります(遊の字が入る主人公、初戦の相手3000打点、相棒・精霊的な存在など)。これに+αで何か出来るかなと考えたのが〔愛の奴隷〕のような特殊能力で事件を起こす・解決するというものです。
ドライヴ召喚は単純な成長進化というよりも別の強大な存在への昇華、ヴァンガードの超越的なものをイメージした召喚方法になります。実装されたらどうやってドライヴさせるか、というテーマのデッキが出てきそうですね。
ほら、ラズベリーは人間じゃなくて悪魔だし。文字通り次元が違うんだよ(震え声) (2017-09-21 12:36)
ギガプラント
8000ライフがサクッと無くなる、これぞ遊戯王。
金ぴかのオリカに加え、死者蘇生等のおなじみのカードも登場してますね。いいハイブリッドだ…!
ドライヴは今後どのようなものが出てくるかに期待です。
新しい召喚法…色々自分でも考えたことはあれどまともに固まった事が無いw (2017-09-23 01:52)
ター坊
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
超絶ワンキルは基本ですな。
相手は金持ちらしく(?)オリカ、主人公は寄せ集めっぽいドラゴンデッキと差を付けてみました。
ドライヴの他にもリンク以外の召喚方法も登場しますぞ? (2017-09-23 07:46)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
11 EP1 それぞれの幕開け 160 9 2017-09-13 -
4 EP2 悪魔との邂逅 119 7 2017-09-14 -
5 EP3 愛の奴隷 108 4 2017-09-16 -
12 EP4 覚醒する心 120 4 2017-09-20 -
4 EP5 悪魔の影 115 4 2017-09-28 -
7 EP6 焔獄竜VSアンデット 157 14 2017-10-03 -
4 EP7 新しい目標 136 12 2017-10-07 -
3 EX:1 メインキャラクター設定 78 3 2017-10-10 -
2 EX2: 悪魔事典 82 4 2017-10-12 -
6 EP8 初めてのチーム戦 94 8 2017-10-18 -

スポンサーリンク