HOME > ユーザリスト > にしん

にしん ユーザ情報

アイコン画像 城之内(アゴ)
評価投稿数 80
オリカ投稿数 287  オリカを見る
デッキ投稿数 5  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3   >>
得点 カード名 登録日時
6 覇王の逆鱗 2017/07/23 11:53
これをフルに運用するにはかなりの手間がかかる1枚。旧ルールだったらなぁ・・・流石に1体はダークヴルムで妥協しましょう。

一応最大限に活用する方法はザボルグで覇王眷竜全部落としてから使うぐらいか。
10 ヴァレルロード・ドラゴン 2017/07/18 08:33
効果モンスター3体以上だが、デコード・トーカー構築から1体増やせばいいのみ。トーカー構築(例:ゴウフウ+リンクスパイダー×2等またはLINK2+効果モンスター)+効果モンスター1体でいいのでゴウフウやスケープ・ゴート等ですぐに出せる3000打点。

リンクマーカーの向きにより、実質LINK2の働きだが、効果が凶悪。モンスター効果の対象にならない耐性は弱めな耐性なものの、フリーチェーンで相手モンスターの弱体化およびチェーン不可、攻撃時にコントロールを得ることができ、攻撃に参加させたりメインフェイズ2で素材にしたりと非常に凶悪。コントロールを得てからの墓地送りを利用して除去も可能。

比翼レンリンと合わせれば攻撃力は下がるものの、1回のバトルフェイズでリンク先が開いている限り相手モンスター2体のコントロールを得るので除去およびその後の追加展開としては最高の性能になる。
4 No.41 泥睡魔獣バグースカ 2017/07/16 05:57
擬似護封剣。永続を除くモンスター効果まで封じられるが、リンクモンスターや効果を受けないモンスターには全くの無力。おまけに護封剣の如く、3ターン目には自壊する始末。護封剣を入れる枠がないデッキには枠が余れば入れてもいいカード。

攻撃表示の場合強固な耐性を得るものの、打点がランク4にしては低く、かといって護封剣の代わりにしてもライバルのランク4が多く、守備表示で出しても魔法&罠で容易に除去できるこの環境の中での活躍の場はあまりなさそう・・・
7 サイバース・コンバーター 2017/07/14 01:07
ナンニデモ=サイバース。と言ってもサイバース族に変更する効果は召喚権を利用するので使い処が難しい。逆にサイバース族混合デッキなら展開次第で特殊召喚か召喚時のサイバース族化と使い分けることでサイバース族リンクへの展開がスムーズになる。
8 サイバース・アクセラレーター 2017/07/14 01:06
対象はリンク先のサイバース族限定なものの、強化値としては非常に高い2000打点か2回攻撃を与えるという超サイバースサポート。自身の打点は2000と下級並みなのでリンク先のサイバース族に与えるのが一番か。サイバース族デッキで光る1枚。

ただリンク3の同バフ効果としては素材がサイバース族限定のエンコード・トーカーが存在するのでデッキや状況によって使い分ける必要はあるか。両方使う事ができればかなりの一撃を加えることができるだろうけどそこまでの展開が難しい。
8 ライバル・アライバル 2017/07/08 08:23
アドバンス召喚軸なら大いに役立ちそうな1枚。いったいいつになればダウナード・マジシャンになる直前のイラストのカードが出るのだろうか・・・

バトルフェイズ中に召喚できるので、アドバンス召喚で追撃に利用したり、逆に相手の攻撃を回避したりと用途は多く、帝や真竜等のアドバンス召喚軸ならば誘発効果も使えて一石二鳥にもなりうる。

・・・採用されそうなデッキが3人のマジシャンとは全く関係なさそうで結局ニートするはめになりそう。
5 心眼の祭殿 2017/07/08 07:58
どこぞの風来ゲーの某土偶を思い出させる効果。効果自体は心眼の鉾の全体適用バージョンで同じく戦闘ダメージ限定だが、大きなダメージでも些細なダメージでも1000ダメージにしてしまうのであちらと同じく邪神アバターや低攻撃力ダイレクトアタッカー、そして月鏡の盾とは非常に相性がよく、逆にクリスタルウィングや覇王眷竜ダークリベリオン等とは相性が悪い。同パックの補充部隊と相性がよく、確実に1ドローをもたらしてくれるし補給部隊と合わせれば最大2ドローと大盤振る舞い。戦闘ダメージが倍になるオッPと組み合わせるとどう処理されるのだろうか・・・
9 比翼レンリン 2017/06/22 22:45
ユニオンモンスターだが、装備できるモンスターは不問なので汎用性が高いものの、「元々の」攻撃力が1000になる代わりに2回攻撃できる。

変わる攻撃力が「元々の」攻撃力なので、このカードを装備後に攻撃力吸収できるダークリベリオンや上級モンスターとの戦闘時に相手の攻撃力分アップするクリスタルウィング、同じく戦闘時に攻撃力を全て吸い取る覇王眷竜ダークリベリオン、LLインディペンデント型覇王眷竜スターヴ・ヴェノム等やらの効果を使えば実用性のある打点を残しつつ2回攻撃と強化される。

あとはドリルバーニカルや逆巻く炎の精霊、グラッジに装備させてむしろ打点強化にも使える。おまけにダイレクトアタック×2なので出したターンから合計3000ダメージ+一気に攻撃力3000に強化と非常に凶悪。おまけにユニオンの特性で1回までの破壊耐性を得て、次のターンまでに処分しなければ3000+4000のダイレクトアタックでオーバーキル確定。

おまけに攻守も地味に恵まれており、クリッターやウィッチ等でサーチできたり悪夢再び等でサルベージできたりと色々調達方法があったり。
4 セキュリティ・ブロック 2017/06/22 22:18
サイバース族専用の戦闘耐性バリア。ぶっちゃけ普通のサイバース族デッキにこれを入れるぐらいなら一掃できるミラフォやカウンターダメージを入れられる魔法の筒等の攻撃誘発罠が良いと思う。自爆特攻型のサイバース族がいれば入れる余地はありそう・・・「お互い」戦闘ダメージ0が余計。
6 拮抗勝負 2017/06/22 22:15
これが「バトルフェイズ終了時」じゃなければ強かった・・・

逆に相手次第で壁モンスター1体+伏せカードこれだけという状況でも使えるため、大会等で採用されればこれの為だけにどれだけボードに展開するか、これを警戒するかの駆け引きができる・・・それこそ罠を警戒する本来の遊戯王かも?知らない人とすると意外と刺さりそうな1枚。
10 ワンタイム・パスコード 2017/06/22 22:10
ターン1制限があるものの、素材制限のない守備力2000でレベル4のサイバース族トークンを1体生成するカード。ただそれだけなのだが、レベル4、サイバース族、光属性等を利用してS召喚やL召喚、アドバンス召喚等につなげられるという現ルールで非常に活躍するトークン。

これが速攻魔法とかだったら突然の壁とかできてたけど流石に強すぎか。
10 真竜剣皇マスターP 2017/06/15 01:20
案の定制限行き確定。アドバンス召喚する時のカード種類耐性と墓地コストだけでフリーチェーンの破壊効果、更には2950打点とかなりのもの。

真竜自体が永続魔法・罠を多用するので墓地コストを溜めるのは容易と非常に強力。
4 デジトロン 2017/06/11 07:21
何の変哲もないサイバース族通常モンスター。これ1体でリンクスパイダーを呼び寄せられたりサイバース族であることや通常モンスター、守備力0ということを利用したりと意外と用途あったり・・・・?

確かに情報量が少し多い・・・気がする?
7 デュアル・アセンブルム 2017/06/08 16:26
手札、墓地から特殊召喚が可能だが攻撃力が1400になるデメリット。2の効果を生かすにはなるべく元の2800にしておきたいので一度除外するなり裏側にするなりしなければならない。また、除外を利用するサイバース族モンスターとの併用で効果を活かしやすい。
5 バイナル・ソーサレス 2017/06/08 16:24
効果発動のためには相互リンクが必須で、1体だと戦闘ダメージ吸収、2体だと天秤のごとくステータス変動効果。2の効果は自身も対象だしリンク先のモンスターじゃなくてもいいので自由度は高め。相手の攻撃に合わせれば反撃も可能だが、半分にした側が狙われるデメリットがある。
6 バランサーロード 2017/06/08 16:21
コストが必要な物の、サイバース族限定二重召喚。2の効果はサイバネット・バックリンカー等を利用すれば容易に達成可能だが、あちらはどちらかというとリンクモンスターに使われそう。
8 ROMクラウディア 2017/06/08 16:20
召喚時にレベル4以下サイバース族を墓地から手札に、破壊された時にデッキから特殊召喚できる。収録時期からバックリンカーとの併用でEXゾーンメタとしてサイバース族デッキ以外でもサイドデッキとして出張できそう。

もちろんバックリンカー以外のサイバース族を手札に戻したり出したりして展開を広げてもいい。
10 バックリンカー 2017/06/08 16:17
相手のEXゾーンにモンスターが存在する場合、突然現れバウンスしてしまう奴。特殊召喚条件が自分のEXゾーンにモンスターが存在せず相手のみの場合だが、レベル3なので通常召喚や墓地蘇生等でもおk。サイバース族デッキ以外にもEXゾーン掃除の出張要員になれそう。

悪夢再びにも対応しており、こいつが2体以上存在して手札に戻れば相手はEXモンスターゾーンがやすやすと利用できない悪夢が。

デメリットとして効果発動したターン、自分はEXモンスターゾーンに出せないのでその前にメインモンスターゾーンに移動させたりサイバネット・バックドア等でサポートしていきたい。
9 クラインアント 2017/06/08 16:12
サイバース族デッキ必須のサポートカード。自身も含まれるので実質打点2000とどこぞの小判と違ってしっかりとした良性能。おまけに破壊される時フィールドだけでなく手札のサイバース族モンスターも対象にできる上、ターン1制限がないので維持も容易。

このカード自体に展開能力はないのでリンク展開とは相性がやや悪めか。
7 リコーデッド・アライブ 2017/06/08 16:09
リンク3モンスターをコード・トーカーモンスターに変換する効果。コード・トーカーモンスターは今のところリンクマーカーが上と斜め下or下なのでエクストラデッキゾーンの張り替えからの蘇生等に使える。コード・トーカーからコード・トーカーにすることもでき、その場合は2の効果でコード・トーカー再召喚も可能。
9 サイバネット・バックドア 2017/06/08 16:06
次の自分のターンまで除外されるものの、サイバース族のサーチ、実質メインモンスターゾーン移動、そして戻ってきたターンのみ直接攻撃と速攻魔法を活かして相手ターンに使うことでディスアドバンテージを得ずに使える。

ガイアセイバーやトポロジック等の高攻撃力のリンクモンスターを対象にすればメインモンスターゾーンに移動+直接攻撃で高いダメージを与えつつ展開もサポートできる。
6 ブート・スタッガード 2017/06/08 16:03
サイバース族の召喚に対応して特殊召喚できるレベル5。そこそこのステータスを持つものの、やっぱりリンク素材にされそうな予感。ただ、戦闘ダメージを与えるとトークン生成能力により、更なるリンク召喚へとつなげられる。
4 トライゲート・ウィザード 2017/06/08 15:59
強力な効果を持つのだが、条件が相互リンクかつマーカーの向きとLINK数が厄介。ゴウフウやスケープ・ゴートでも出せず、サイバースデッキなら採用できそう。

2体以上と相互リンクさせるとターン1の除外効果が特に強力なのでそこを目指せればいいか。
7 エンコード・トーカー 2017/06/08 15:56
デコーダーと違い素材がサイバース族限定となっているが、戦闘を大きくサポートできるトーカー。どんなモンスターでもいいので自爆特攻させるとそのモンスターは破壊されず戦闘ダメージもないまま自分またはリンク先の自分のモンスターの攻撃力を相手のモンスターの攻撃力分あげられるので、打点が高い相手モンスターのをぜひ吸収したい。

上級限定だが単体でそれがこなせた上で効果牽制もあるクリスタルウィングや永続吸収バフのダークリベリオン、レクイエムがいるが・・・
7 ドットスケーパー 2017/06/08 15:51
1度限りの耐性、と言っても過言ではないか。下級最大の守備力と破壊&除外耐性。1ターン挟めば両方使えるが相手次第。

1の効果は墓地に送られた時なのでデッキや手札から墓地に送られても発動できる、リンク展開サポート。それ以外でも高い守備力、1度限りの耐性持ちとレベル1デッキに採用できそう。
5 DDD超視王ゼロ・マクスウェル 2017/06/06 23:09
絶対守備表示殺すマン。闇属性レベル7やや高いステータスからしてDDよりオッドアイズ等のほうが似合いそうな1枚。

ぶっちゃけどれをとっても戦闘を挟まないといけないし、いまどき守備表示で固めるデッキはあまりない気が・・・3の戦闘ダメージ0になる効果は完全に空気。
8 真紅眼の黒刃竜 2017/05/23 18:17
ここまできてようやくブルーアイズと対等な攻撃力を手に入れた。

召喚時に最低でも融合素材としたカードはこのカードに装備できるので実質打点3000。1の効果はターン1制限がないのでそれまでに墓地に溜まっていればどんどん打点が上がる上、2の発動無効破壊効果も同じくターン1制限がないのでどんどん使えるものの、弱点は対象を取らない効果。
8 真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード 2017/05/23 17:58
明らかに同パックの「鎖付き真紅眼牙」と一緒に使えと言われているモンスター。

除去に加え、魔法罠ゾーンも1枚除去できるので1:2交換が可能。装備された鎖付き真紅眼牙を発動させず、2の効果でレッドアイズを蘇生してもよい。状況に応じて使い分ける必要がある。
7 海竜神の怒り 2017/05/23 17:53
発動条件がフィールド魔法とレベル5以上の水属性モンスターというやや使いにくい条件があるものの、破壊と実質(相手にとって)1ターン限りのゾーン封じを持つ。

この効果でエクストラゾーンのモンスターを破壊すれば1ターンは展開を封じることができるので、その間に他と合わせてアドバンテージを取って行きたい。
6 鎖付き真紅眼牙 2017/05/23 17:51
レッドアイズ専用の装備罠カード。1の効果目当てだとこのカードが罠カードなので少々遅い。主に次の相手のドローフェイズで発動して装備させ、2の効果の牽制に使うことぐらいか。

ステータスが同じになる効果を持っているものの、除去には使える程度。
1 2 3   >>