HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 8245
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   3 4 5 6 7 8 9 10   >>
得点 カード名 登録日時
7 インヴェルズ・オリジン 2017/11/25 11:23
誤植を疑う光属性のインヴェルズ。そのオリジンたるこのカードが光属性とは、端末世界とは一体、うごごごご…
メインモンスターゾーンへのEXカードの特殊召喚をこのカードのリンク先に限定する効果、このカードのリンク先にカードがあれば超耐性を得ることができる効果、戦闘・効果で破壊されたモンスターをヴェルズに変換してリクルートする効果を持っている。
1番と2番の効果は連携してこのカードのリンク先にカードを出させることで超耐性を得て場を固めるデザインなのだろう。ただどちらの効果も穴があり、特に1番効果は相手がEXゾーンにカードを置くには干渉できず、蘇生などにも無力。2番効果も対象を取らないバウンスや除外には対抗できない。
3番効果は売りにするには大量破壊カードとのコンボが前提になってしまいもう一歩。リンクモンスターでソリティアするタイプのデッキにはめっぽう強いが…
9 ジェムナイト・ファントムルーツ 2017/11/25 11:13
中に誰かいますよ…?
リンク召喚成功時にジェムナイトカード1枚をサーチする効果と、墓地・除外のジェムナイトをデッキに戻し融合を行わせる効果を持つ。
効果は文句なしだろう。1番効果はジェムナイトフュージョンを握れていないならそれをサーチする有効な手段たるし、それでなくとも適切な融合素材を集めてくる助けになる。2番効果はかなりエコロジーな融合であり、融合位置もこのカードの優秀なリンクマーカーで賄え、コストはこのカードをリンク召喚するために使ったカードがある。
懸念するとするならばこのカードの攻撃力が低く場持ちが期待できないことと、ジェムナイトが墓地リソースをわりと使うデッキであることくらいか。リンク召喚のための展開には予想GUYやラビットが活躍するだろう。
ジェムナイトを回す役目としてはこれ以上無いものがある。非常にスペックの高いリンクモンスター。
8 ライトロード・ドミニオン キュリオス 2017/11/25 11:00
リンク召喚界のチェインになれるのか否か…
リンク召喚に成功した時にデッキからカードを1枚墓地に送り、さらにデッキからカードが墓地に送られるとデッキトップか3枚墓地に落ちる。これは当然1番効果にも反応する。さらに戦闘破壊か効果で場を離れた時には墓地からサルベージを行う効果を持ってる。
効果が非常に強力で、CIPでの墓地肥やしが特定1枚+ランダム3枚とかなり優秀。2回目以降の2番効果は主にライトロードでの活用を目されているのだろうが、CIPだけでお腹いっぱいなところにデコード式の優秀なリンクマーカーまで持っており、リンクモンスターとしての性能は非常に高い。
だけに召喚の素材縛りも相当難易度が高い。同属性異種族3体はかなり重く、ライトロードでもルミナスを軸にしても後1枚が届かないか。トワイライトロードも使えない。それ以外のデッキでも、同属性異種族3体が用意できるデッキが少ない。
とにかく素材の難しさに悩まされるカード。出せれば本当に強そうだが、出せるのか?
8 剣闘獣ドラガシス 2017/11/25 10:50
アンダバタエとエーディトルが涙を流して喜ぶ剣闘獣専用リンクモンスター。
剣闘獣に攻撃時の戦闘破壊耐性とライトニングと同等の発動抑止を付与する効果と、ガイザレスなどと同じ戦闘終了時にEXデッキに戻ることで剣闘獣2体を特殊召喚する効果を持っている。
剣闘獣2体で出せるのだが、ラビットからのアンダル2体や予想GUYからのアンダルと召喚権、ダリウスの効果での釣り上げなどが候補に上がる。アンダルの重要度が高まることが予想される。
効果は剣闘獣の戦闘による効果発動を手助けする、こちらも念願の代物。一見維持したくなるカードだが、相手ターンには耐性を得られないため2番の効果で素早く次の剣闘獣の展開につなげたほうが良いかもしれない。
剣闘獣に欲しかった要素は並んでいるが、戦闘を介さないと何もできないという剣闘獣の弱点は改善されていないのは良いのか悪いのか。
7 パーペチュアルキングデーモン 2017/11/25 10:37
デーモンのリンクモンスター。とりわけチェスデーモンのサポートか。
チェスデーモンらしく500LPを支払わないと自壊するが、LPを支払った時にその同値の攻撃力か守備力を持つモンスターを墓地に送う効果と、悪魔族が墓地に送られた時にサイコロ次第でサルベージか蘇生ができる効果を持つ。
墓地送り効果は自身のコストとも相性がいいが、攻撃力か守備力500の悪魔族に墓地に送る魅力があるカードがないのが難。プリズンクインやトリックデーモンを墓地に送れる1000LPコストを目指したい。
もう一つの効果はサルベージか蘇生につながる確率が低く、頼れるものではない。
効果の癖が強く使いにくいが、そのかわり素材が緩やかで優秀なリンクマーカーを持っている。効果に目を向けず悪魔族の優秀なマーカー要員として扱うのも一つの手。
7 ワーム・ベイト 2017/11/17 20:12
昆虫族が自分の場にいる場合に、利用制限のないワームトークン2体を特殊召喚する。ただしレベル3・レベル4のモンスターを召喚・特殊召喚できなくなる。
トークンの利用法が非常に広く、アドバンス召喚はもちろんシンクロやリンクに活用することも可能。
扱いやすいレベル3・4モンスターを出せなくなるがそのあたりはデッキ構築次第か。リンクのための頭数が増やせることもあり昆虫族にとっては頼れる部類のカードといえるのではないか。
9 簡易融合 2017/11/17 19:35
EXデッキからレベル5以下の融合モンスターを特殊召喚する魔法カード。
限定解除との格差はやはり、手札からとEXデッキからという差。
そのためシンクロやエクシーズの素材を用意するために非常に便利なカードとなる。
簡単にレベル5以下のカードを呼べるため、高レベルのシンクロサポートやエクシーズのサポートに優秀。
融合モンスターを吟味すれば属性種族の指定を持つS・Xモンスターとも相性が良いのがうれしいところ。
ただしエクストラデッキを素材用に圧迫するため、S・X召喚の幅が狭まる点がネック。
かつては旧神ノーデンと組んでワンキルにエクシーズにブイブイ言わせ制限も経験したが、ノーデンが牢屋に送られ制限解除。代わりに相性抜群のサウサクが釈放されたりライディーンやミレニアムアイズが登場したため、召喚プラスアルファができるようになってきた。
7 重装機甲 パンツァードラゴン 2017/11/17 19:14
遊戯王カー道、はじめました。
破壊され墓地に送られた時にフィールド上のカード1枚を破壊できる融合モンスター。融合素材は緩やかだが融合モンスターとしては効果も能力も物足りないが…?
しかしレベル5の融合モンスターで機械族ということが大きく、簡易融合でカラクリシンクロが捗る。しかも光属性になったことによりノヴァやプレアデスのエクシーズも可能になるなどかなり強力。
普通の融合カードとしては素材縛りは緩いが効果もマイルド。破壊され墓地送りなので中継点では効果が使えないのも若干悲しいか。
超融合で出すカードでもあまりないので、やはり簡易融合してなんぼ、か。
6 エア・サーキュレーター 2017/11/17 18:42
召喚時にカードを2枚デッキに戻し2枚ドローする効果と、破壊された時に1枚ドローする効果を持つ手札交換に特化したマシン。
召喚しないと手札交換効果は使えないため、そのままでは手札交換ができても次のターンに大ダメージが待ち受けている。それまでにシンクロやエクシーズ、リンクの素材にすればいいので、往時より使い勝手は良くなっているとは言える。
破壊時にも1枚ドローできるが、このカードを採用する場合手札交換効果が前提になってくるので自分で効果破壊する必要があるか。
6 宝玉の樹 2017/11/17 18:14
宝玉獣が宝玉化したときにジェムカウンターを置き、墓地に送ることでデッキからジェムカウンターの数だけ宝玉獣を宝玉化できる永続魔法。
導きや恵みを活用するのと比べ、このカードはデッキから大量にサーチできるため、レインボードラゴン軸との相性に優れる。一気に数を稼げるため氾濫との相性もなかなか。トリガーの関係上2体も呼べれば。
あるいは1枚呼べれば十分と割り切って使い、1個溜まり次第宝玉獣になってもらうのも手。その場合はサーチじみた運用になるだろう。
爆発力を取ることもできれば、堅実なサーチとしても使える器用なカード。永続故に除去が怖いのが難点ではあるが。
序盤に欲しいタイプのカードだけに、虹の架け橋によるサーチの登場は非常にありがたいところ。
6 宝玉の解放 2017/11/17 18:03
宝玉獣に欠ける戦闘力を強力に補う専用の装備魔法。
宝玉獣の攻撃力を800上げ、またフィールドから墓地に送られたときデッキから宝玉獣1体を宝玉化させる効果を持っている。
戦闘力だけが目当てなら魔導師の力が宝玉獣と非常に相性が良く、宝玉獣が溜まっていれば1500~2000の上昇を望むことができる。しかしこのカードには宝玉化効果があるため、破壊されても痛くないのが長所。この効果のため序盤にあると心強く、宝玉獣やこのカードが破壊されても次をしっかり残すことができる。
ちょっと半端な感もあるが、一挙両得を目指せるカードである。そのため採用する価値は十分に存在する。
6 究極宝玉神 レインボー・ドラゴン 2017/11/17 17:48
遊戯王初のホログラフィック・レア。だが半年で銀レアで再録…
純正の究極宝玉神。基本的には宝玉獣で狙う究極宝玉神はこちらになる。
場と墓地に7種の宝玉獣を整えるという下準備こそ厳しいが、それに成功すれば4000打点が何の前触れもなく飛び出す。ただ、宝玉獣は帯に短し襷に長し、下級としては力不足になっているカードも目立っている。サファイアペガサスや宝玉の導きを駆使して素早く整えよう。急ぐならアドバンスド・ダークという手も。サーチ自体は宝玉の先導者やドラゴン目覚めの旋律で容易なので、やはり下準備が問題か。究極宝玉陣により墓地に7種類の宝玉獣を揃える難易度は下がってくれたのでそこはありがたい。
効果活用よりも基本は奇襲性抜群の4000打点としての運用になる。効果は召喚酔いが致命的な上に、いずれも宝玉獣のリソースを著しく失うため空振りしたあとの立て直しが困難。特に全体除去は自分も巻き込まれるのが… そのため下準備の割には物足りない成果に終わることもままある。
またレインボーネオスの素材としても運用できる。前述の通りサーチは容易で、ネオスもサーチが簡単なカード、そちらのデッキのほうが活躍機会は多いかもしれない。
8 宝玉獣 サファイア・ペガサス 2017/11/17 17:32
宝玉獣を束ねる天馬。名実ともに宝玉獣のキーカード。必要な宝玉を適宜デッキから取り出してくれる。特に7種類の宝玉を必要とする究極宝玉神を目指す際において、この任意サーチは大いに役立つ。
氾濫軸やルイン軸でも、宝玉の数を増やすことで固有の戦術を活用しやすくできる。風属性なので電光千鳥の素材にもなるため、どのような宝玉獣でも軸となることは間違いないだろう。
またアタッカーとしての能力を兼ね備えるため、序盤の攻めまで担ってくれるこのカード無き宝玉は考えられない。
このカードを容易くサーチできる上に自身の効果とあわせて2つの宝玉の用意につながる宝玉の絆、それをサーチする虹の架け橋の登場でさらに利便性がアップしたといえる。
8 宝玉獣 ルビー・カーバンクル 2017/11/17 17:27
NGワード:エー○ィ  伝説って??
宝玉獣の切り札の一つ。レインボールインや契約・導きをトリガーに宝玉獣の大量展開を可能とする。
宝玉がしっかりと溜まっていれば、軽く4体近い展開も可能な代物であり、それゆえに宝玉獣を作る意義ともなってくる大展開カード。相手の場が十分空いていれば、直接相手のライフをごっそり削りとることが可能。
大量展開のあとにはキャットとエクシーズも可能である。また宝玉サポート以外の特殊召喚にも反応するので、切り込み隊長など汎用の特殊召喚カードを用意するのも手。ただし宝玉化の関係上蘇生カードとの相性はもう一歩なので注意。
宝玉の絆でデッキから容易に宝玉化できるようになったので、より容易く大量展開の用意を整えることができる。
8 究極宝玉陣 2017/11/11 21:23
究極宝玉神を軸とする宝玉獣にとっての大きな力となる罠カード。
宝玉獣が戦闘破壊された時に7種の宝玉獣を手札・場・デッキから墓地に送ることでレインボーオーバードラゴンを呼び出す効果と、相手の効果で究極宝玉神が場を離れたとき、墓地の宝玉獣を任意の枚数宝玉化する効果を持つ。
単純にレインボーオーバーが強力なカードであることに加え、発動条件で墓地に宝玉7種が揃うのでレインボードラゴンの召喚条件も整うという究極宝玉神のサポートとしては極めて上質なものになっているが、トリガーが宝玉獣の戦闘破壊とやや受け身。宝玉獣で罠というのも珍しいこともあり除去に弱くなってしまう危険性はあるか。
かなり大ぶりではあるが、それでも究極宝玉神のパワーは宝玉獣の大きな力になる。こればかりは好みになってくるか…?
9 宝玉の絆 2017/11/11 21:17
宝玉獣をデッキからサーチし、さらに異なる宝玉獣を場に宝玉化するとんでもサポートその2。
宝玉の名を持つため虹の架け橋を実質的な宝玉獣サーチに仕立て上げている元凶でもある。
宝玉獣自体には場を覆す力は乏しいためここぞというときには虹の架け橋ほどの火力を発揮できないのが数少ない難点であるが、そんなことは宝玉獣の悲しい宿命くらいでしか無いだろう。
サファイアペガサスを呼べば2枚の宝玉が揃い色々と捗るようになる。このカードもまた不世出のサポート。
10 虹の架け橋 2017/11/11 21:12
宝玉にはやりたい放題のサポートが並んでるような… やはり軸になる宝玉獣たちが頼りないのが厳しいのか…?
宝玉魔法罠をサーチする万能カード。宝玉の絆を経由することでモンスターも自在にサーチできる。
モンスターが必要なら宝玉の絆、場を整えたいなら宝玉の導きや宝玉の恵み、場に宝玉が4枚揃ったなら宝玉の氾濫、究極宝玉神の準備がしたいなら究極宝玉陣など適宜必要に応じて強力な宝玉サポートを使いこなそう。
これ一枚でやれることはあまりにも多岐にわたる。最高峰のサポートカード。
8 究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン 2017/11/11 21:05
ただひたすらに、ふつくしい… まさかレインボードラゴンの上位種が出るとは思わなかった…
宝玉獣7体融合か究極宝玉神をリリースして特殊召喚できる融合モンスター。それ以外に究極宝玉陣による融合召喚も可能であり、むしろこれが一番メインになる融合召喚方法になるだろうか。
効果は墓地の宝玉獣を除外することで攻撃力をそのカードの攻撃力だけ上げる効果と、誘発即時でこのカードをリリースすることで場のカードを全てデッキに戻す効果。
正規に出すのはちょっと骨が折れるので、究極宝玉陣が前提になるカードになるだろう。究極宝玉陣自体がレインボードラゴンのサポートにもなることからこのカード抜きにしても早めに使いたいカードでもある。
場に出てからはもっぱら4000打点を武器にすることになる。デッキ戻しの効果は誘発即時なので最後っ屁に使いたい。
究極宝玉陣から繰り出される切り込み隊長として活躍させたいところか。
8 古代の機械究極巨人 2017/11/11 20:51
巨人を軸にロマン溢れる3体融合。しかしアンティーク・ギアの充実で完全に夢ではなくなった。
巨人を採用する必要こそあるものの、射出機歯車街コンボで簡単に融合召喚が可能であり、混沌巨人より1枚少ない素材で同等の火力を持っている為頼もしさは勝るとも劣らないカード。
こちらの損失もでかいだけに、破壊されても巨人を蘇生できるのも好感。
混沌巨人より耐性面で脆いが、自身のカードの効果でサポートできるのも特徴の一つ。リミッター解除は死の匂い。
超巨人から呼び出せるようにもなったので超巨人>究極巨人>巨人などというつながりも可能になった。
ちなみにデュエルターミナルは弱体化による調整を受けるほどにはこのカードの天下だった時期があった。
6 古代の機械巨人-アルティメット・パウンド 2017/11/11 20:47
巨人のリメイクカード。十代Vsクロノス2戦目をフィーチャーしたカード。
本家同様特殊召喚できず貫通効果を持つ他、手札の機械族を捨てることでモンスターへ連続攻撃できる効果、フィールドで破壊されたとき融合をサーチし墓地のアンティーク・ギアをサルベージする効果を持っている。
巨人と比べ魔法罠封じが無い代わりに連続攻撃を持っているが、手札コストが厳しくそう何回も攻撃はできないだろう。融合サーチも今となっては猟犬と古代の機械融合で十分と思われるのと、破壊前提というのがもう一歩。そして何よりも、究極巨人の固有素材になれないのが痛恨の極み。
ただ巨人と同じように古代の機械融合の条件や超巨人の覚醒に欠かせないカードに発展したので、巨人の4枚目以降として使う手はあるだろう。ノーマルならコレジャナイ感も薄いであろうし今回一番救われたような気がする古代機械。
8 古代の機械巨人 2017/11/11 20:39
3000の打点に貫通効果、さらに魔法罠封じで相手の小細工を真っ向から粉砕していくヘビーマシン。アンティークギアの象徴というべき重量感と効果の持ち主。
さらにより強力な究極巨人への融合素材にもなったり、超巨人の攻撃回数を増やしたりする事もできるなど融合素材としての重要度も高い。
歯車街の表の効果で、こいつがリリース1体で出てくるのもなかなかに外道だよなぁ… しかも射出機の効果でついに特殊召喚の手段を手に入れてしまった。
さらに古代の機械融合のデッキ融合効果を発動するために欠かせないカードになっているため、射出機で呼び出すメリットが更に高まった。もはやワンマンアーミーではなく、テーマの中核を担うコアカードだろう。
8 競闘-クロス・ディメンション 2017/11/11 20:36
教頭!
アンティーク・ギアを次のスタンバイフェイズまで除外し、そのターンの終了時まで攻撃力を倍増する効果と、墓地で発動する巨人またはパウンドの破壊の身代わりに除外される効果を持っている。
基本的にはアンティーク・ギアのための亜空間物質転送装置。苦労して出した超大型アンティーク・ギアを守る役目を期待しよう。さり気なくEXゾーンを開けられるのも嬉しいところ。攻撃力倍増は相手ターンに発動していれば強烈なカウンターパンチになる。
墓地効果は究極巨人のあとに出てきた巨人を守るのが一番だろうか。
そつのなく扱いやすいカードであり、爆発力も秘めている。減点するところがないというタイプのカード。
9 古代の機械融合 2017/11/11 20:23
ついに用意されたアンティーク・ギアのための融合魔法。
範囲は通常の融合だが、場の巨人またはパウンドを素材とした場合はデッキからも融合を行うことができる追加効果を持つ。
飛竜や素体でサーチすることが可能であり、猟犬と違い召喚権を使う必要もない。猟犬以外にもサーチできる融合カードが増えたことにより、融合路線への舵が加速していくであろう。
場に巨人またはパウンドを用意する手段としては、やはり射出機が筆頭候補。射出機で巨人またはパウンドを呼び出し、破壊したカードが歯車街ならば飛竜や素体でこのカードをサーチすればデッキ融合の準備が整う。
デッキ融合が可能なら3回攻撃の超巨人や究極巨人、混沌巨人も自由自在。極めて強力な融合サポート。
8 古代の機械超巨人 2017/11/11 20:15
究極巨人に並ぶ3体融合の新規アンティーク・ギア。こちらは素材の縛りがゆるく、巨人が居なくとも融合召喚は可能。
とはいえ本気には巨人が必要であり、巨人か巨人パウンドを2体以上素材とすることでその数まで連続攻撃できる効果と、アンティーク・ギア共通の魔法罠封じ、相手の効果でフィールドから離れた場合究極巨人を特殊召喚する効果を持っている。
どうしても巨人が前提になるので、4400打点の究極巨人との比較にもなるが、このカードに究極巨人を呼び出す効果があるのでまずはこちらからというのも一手。3300の魔法罠を封じた上での連続攻撃は普通に強い。また究極巨人の素材になれないパウンドを採用してる場合はこちらを使うのが必須か。
ただ戦闘破壊には弱いので、確実に場を繋ぐなら魔神という選択肢もある。素体や古代の機械融合を駆使し、3回攻撃を目指したほうが良いかもしれない。
8 古代の機械素体 2017/11/11 20:07
巨人の中身なのだろうか。
古代機械共通の魔法罠封じに加え、手札1枚をコストに巨人か、巨人の名前が記された魔法罠をサーチできる効果、相手の効果でフィールドから離れた時に手札から巨人か巨人パウンドを3体まで特殊召喚できる効果を持つ。
サーチ効果は魔法罠に該当するカードではもっぱら古代の機械融合が欲しい場面が多いだろう。すでに大型を展開しているなら競闘も悪くない選択肢。しかし融合素材として巨人を求める場面も多くなりそうだ。
単体での性能はサーチ範囲のより広い飛竜がいるが、機械箱に対応する守備力500の数字が大きい。融合と箱に特化するなら飛竜以上になる局面もあるやもしれぬ?
8 おジャマジック 2017/11/11 19:56
このカードこそがおジャマの真骨頂。
手札かフィールドから墓地に送られることで、イエロー・ブラック・グリーンのおジャマ三兄弟が手札に加わり一気にアドが増える効果を持つ。
サーチしたおジャマはおジャマ改造などのコストに使うもよし、レッドで展開しデルタハリケーンにつなぐもいいだろう。
おジャマパーティの登場により容易なサーチが可能になった上で簡単に手札から捨てることもできるようになったため、おジャマにおけるおジャマ大量確保の源として重要度は更に上がるか。
2 VWXYZ-ドラゴン・カタパルトキャノン 2017/11/11 19:51
5体合体、天下無双のスーパーロボット見参!
相手カード1枚を除外する起動効果と、攻撃相手の表示形式をリバース効果を封じながら変更する効果を持っている。打点も3000と悪くない。
が、これほどでなくともロマンなXYZと貧弱なVWが必要という召喚条件は難しすぎ。おジャマ改造の登場で素材を並べるのは多少難易度は落ちたが、新マスタールールの影響でリンクも使わないと2体の融合モンスターを並べられない。
そして耐性も誘発効果もないので苦労して出してもやられ役のごとくあっさり破壊されることもしばしば。
ABCがこのカード以上のスペックを持っているのでなお悲しみが進む。アームドカタパルトが残された最後の希望だが…
5 アームド・ドラゴン LV7 2017/11/11 19:45
守備力が減ってるので昔は月読命に屠られレベル5以下の扱いでした。
これより上のレベル10に至るとロマンの領域。現実的にはここが到達点となるアームド・ドラゴンの最上級モンスター。
墓地にモンスターを送ることで、その攻撃力以下の相手モンスターをすべて破壊する効果を持っている。
効果は非常に強力だが、やっぱり攻撃力に影響されるのが痛い…
2800の攻撃力で、戦闘面で克服するという使い方もできるがレベルアップを重ねて得られるものとしてはリターンが弱い。
アームドカタパルトの召喚条件・融合素材になっているので、現状ではあえて採用する場合それを狙うためのカードになってしまっているか。
闇に染まるとバケモノになります。
5 アームド・ドラゴン LV5 2017/11/11 19:39
アームド・ドラゴンの中級モンスター。
手札からモンスターを捨てることで、その攻撃力以下のモンスターを破壊できる起動効果を持つ。しかし環境が高攻撃力化する中で、手札に要求される攻撃力の水準はどんどん上がっている。そのためこのカードの除去効果はどんどん使いにくいものになっている感が否めない。
昔は月読命ラインの影響でレベル5の方が強いとか言われたが、今はレベル7にすることを推奨したい。しかし、こちらも昨今では2400を超える攻撃力のモンスターが出てくることはよくある話になってきており、レベル7へのレベルアップの難易度も上がっている。
上級の水準を満たす能力と効果、そしてレベルアップでわりとすんなり出せるなど長所も多いのだが…
5 アームド・ドラゴン LV3 2017/11/11 19:34
アームズドラゴンの最初の形態となるモンスター。
進化条件も比較的緩やかで、仮面竜とドラゴンフライという2種類のリクルーターからリクルート可能。レベルアップの起点としてはまずまずのクオリティを持つカード。
アームド・ドラゴンを軸とするデッキではこのカードから進化を目指していくことにしていきたいが…
リクルーターが効果破壊されることもよくある昨今ではリクルーター頼みのレベルアップはやや厳しいかもしれない。おジャマッチングによる召喚や墓地に送ってリビデや戦線復帰による蘇生も考えておきたい。
<<   3 4 5 6 7 8 9 10   >>