HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 8763
オリカ投稿数 6  オリカを見る
デッキ投稿数 2  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
4 ロスタイム 2018/10/15 18:42
スポーツ系オリカを考えろというお題にネタの一つになりがちな要素に公式が挑戦。イラストもU.A.である。
効果は相手のLPが4000以上の時に、自分のLPをそれより1000少ないものにするというもの。
自分のライフが高速で刈り取られた時に、相手がLPを多く残していれば大幅な回復が期待できる。しかし相手の状態に依存し、特にお互いにLPが削れてきた終盤戦には完全に腐ってしまう。そうでなくともLPを削り取るビートダウンやバーンデッキでは相手のLPが減ってくると効果が薄くなるこのカードは相性が悪い。
使うならば相手のLPを問わない特殊勝利デッキでのLP維持手段か。特にLPコストが必要な終焉のカウントダウンとは相性が良さそうだが、それでも防御札を増やしたほうが良さそうにも見える。
6 魔女の一撃 2018/10/15 18:41
禁じられたシリーズをキメすぎた挙げ句に神様に逆ギレする魔女の図。
召喚・特殊召喚の無効かカードの効果の発動を無効にされた時に反応して相手の手札と場を殲滅する恐怖の一撃を繰り出す罠カード。
決まればまさに鮮やかな一撃となるのだが、結構これが決まらない。普通のデッキでは神系カードを積んでも3枚前後であろうし、散々出ているようにうららやヴェーラー、無限泡影は効果を無効にするだけなので発動することができない。
発動を無効にするカードが豊富なパーミ系には悪夢のカードに見せかけて、このカード自身が無効化に耐性がないため無効にされるとどう仕様もない。複数破壊なので大革命返しやスタロを打たれることもある。そもそも罠カードなので予め伏せておく必要もある。
決まれば強いが見た目以上に発動しにくい印象。ちょっと魔神の金槌すぎるか。
6 闇の増産工場 2018/10/15 18:40
ターンに1回、手札か場のモンスター1体を墓地に送る事でドローができる謎の工場。
手札コストで使えば何度も使える手札交換であり、場のカードを送るならば相手のバウンスや除外を回避できる。ただ闇雲に手札交換で使うには暗黒界の取引もありそちらのほうが速いので、何度も使える点や場のカードをコストにできる点をアピールしていかなければならないだろう。
しかし永続罠をそう何度も使わせてもらえる環境かと言われると微妙なところで、1~2回で終わってしまう可能性も否定できない。そうなるとあえて採用した意味も薄くなる。
手札交換カードとしての性能は低くないが、この手の一手遅い置物カードには逆風が強い気がするので。
3 サモンオーバー 2018/10/15 18:39
いよいよ壊されそうでやばいことになってる。
モンスターが特殊召喚されるたびにサモンカウンターを乗せ、それが6つになると破壊耐性を得ると共に明院1開始時に墓地に送ることで相手の特殊召喚されたモンスターを全て墓地に送る効果を得る。なおお互いが使える模様。
お互いの大量展開を牽制するカードであり、デザインそのものは楽しいのだが、いかんせん6回はちと遠い。相手とすれば危険の芽は摘んできたいところであり、6回の特殊召喚の前に除去が飛んできたりそれでなくともバウンスや除外されたらカウンターも貯め直しである。自分も影響を受ける点は自分が特殊召喚を使わなければ良さそうだが、そうすると6回が尚遠く感じ、より強力な特殊召喚封じを検討したくなる。
やりたいことは何となく分かるが… うーんこの。
4 大胆無敵 2018/10/15 18:38
10000LPの文字がいい感じに頭の悪さを漂わせている大胆不敵なカード。
相手がカードを展開するたびに自分が300LP回復する効果と、自分のLPが10000以上ならばモンスターが戦闘破壊されない効果を持っている。
回復量はあまりにも微量で、10000LPも遠い数字の割に恩恵が今一つに思える。回復だけではデュエルに勝てないという格言もある。ならば回復で勝つデッキを作るまでであり、ビッグバンガールとの相性は抜群。相手が展開するたびにダメージを与えることができ、真綿で首を絞めていける。能力の低いビッグバンガールには戦闘耐性もありがたい。
でもなぁ… 今どきキュアバーン、強いてアロマに採用できるかという水準の回復系カードというのも…
3 土俵間際 2018/10/15 18:38
まさに残ったである。
自分のLPが相手より少ない時、相手のモンスター1体の攻撃力の半分の効果ダメージを与える効果を持つ。
バーンデッキにうってつけそうな効果であり、実際速攻魔法版のミスフォーチュンなのだが、バーンデッキに置いては困った要素が2つある。
まず自分のライフが相手より低くないと使えないというのがライフレースを仕掛けるバーンデッキには困り者。これによりいつでも使えるカードでなくなってしまう。もう一つは発動後相手が受けるダメージが0になることで、速攻魔法でバーンができるカードとしてチェーンバーンに組み込もうにもチェーンの組み方に悩まされる。
もちろん相手が強力なモンスターを使わないとダメージも落ちる。ちょっとどころじゃなく使いにくいカードかも。
9 強欲で金満な壺 2018/10/15 18:37
強欲と金満が合わさるとどんなものも買わなきゃ気がすまなくなるとかなんとか。
EXデッキを裏側で3枚か6枚ランダムに除外することで、1~2枚のカードをドローできる壺カード。
EXデッキをランダムに大量に失うのでEXデッキを1枚でも使うようなデッキには採用できないが、逆に言えばEXデッキへの依存度が低いデッキには非常に採用しやすいドローカード。メタビやフルバーンなどほぼEXデッキを使わないデッキに置いてはかなり有力なドローソースになる。
コスト以外のデメリットとしてメイン1開始時の発動に限られることと発動するとターン終了時までドローができなくなることがあるので、他のドローソースの枚数は吟味が必要か。
他のドローソースとの相性が微妙な点や採用デッキが限られる点などから諸手の満点ではないが、それでもドローソースとしての力は高く今回の目玉カードの一つと言える。
4 ユニゾン・チューン 2018/10/15 18:36
ゾンビたちのユニゾン。
墓地のチューナーを除外し、モンスター1体のレベルを除外したチューナーと同じにした上でチューナー化させる効果を持っている。
単純に相手の墓地のチューナーを除外したりレベル変動やチューナー化による相手のシンクロやエクシーズの妨害、自分の墓地のチューナーを能動的に除外したりレベル変動やチューナー化による自分のシンクロやエクシーズの補佐をしたりなど幅広い仕事はできるカード。
しかし相手のチューナーを除外したいならば墓穴の指名者がより汎用性が高く妨害に関してもリンクモンスターには効果が薄い。自分のカードをレベル調整するには除外するチューナーを蘇生したほうが動き的にも強いと感じる。ちょっと器用貧乏なカードか。
3 エキストラケアトップス 2018/10/15 18:35
EXゾーンに特殊召喚することができる稀有な効果を持つ効果モンスター。
EXゾーンのモンスターがメインゾーンのモンスターに戦闘破壊されるとEXゾーンに特殊召喚される効果と、その状態で破壊されると1ドローできる効果を持っている。
とはいえ大型が多いEXモンスターがメインゾーンのモンスターに戦闘で敗れる局面は、こちらのEXモンスターが小柄か相手がメインに出す大型モンスターを使うデッキかという局面になるだろう。またこのカードをそんな局面で出しても壁以上の何者にもならないだろうというのも課題。
一応ドローはできるし条件次第では湧き続ける壁でもあるのだが、そうなったらそうなったで相手はEXゾーンのモンスターに除去を狙ってくるだろう。相手の行動とデッキに対する依存度が結構高く、面白いのだが…というカードか。
7 孤高除獣 2018/10/15 18:34
けものはいてものけものはいなかったはずのせかい。
召喚時に手札のモンスターを除外しそのカードと同じ種族のモンスターを除外する効果と、戦闘か相手効果で破壊された場合に除外されているモンスター1体を手札に加える効果を持っている。
召喚時のみだが除外版、全属性使えるダーク・グレファーのような効果を持っており、除外を一気に肥やしながら除外ゾーンにデッキから的確にカードを送り込める。制限となった黄金櫃の代替が期待できるカード。ただし同じ種族でないとだめなので、サンダー・ドラゴンや不知火などデッキ全てが除外によるメリットを受けるレベルかつ種族もまとまっているデッキでなければ採用は難しいか。
またこのカード自身の種族属性が彼らと違いのけものになりがち。召喚権をどうしても使うのも難点。それでも非常に汎用性の高い除外のお供というべきカードなので、除外で効果を使えるカードを軸とするデッキが増えると実力を発揮するだろう。
2 隅烏賊 2018/10/15 18:33
スミに置けないというべきか、変わり種の効果を持つイカ。
攻撃されると他のゾーンに移動し攻撃してきたモンスターと同じ攻撃力のイカスミトークンを生み出す効果と、両端に位置していると守備力イカの攻撃力を持つモンスターに攻撃されない効果を持つ。
イカスミトークンの性能は高いが、戦闘の巻き戻しにより相打ちを期待することはほぼ不可能。2番の効果を活かすべく移動効果で端に逃げるということだが、その攻撃抑止効果が頼りないことこの上ない。守備力はわずか1800なので軽々上回られてしまうだろう。
イカスミトークンを作れるのも1ターンに1度かつ相手依存なのでそう簡単に作らせてもらえないかもしれない。残念ながら、テキストは面白いが実力は… というカードか。
5 炎天禍サンバーン 2018/10/15 18:33
このなりで天使かよ。
場の炎属性モンスターが戦闘か「相手の」効果で破壊された時に手札から特殊召喚され、その破壊されたモンスターの攻撃力の半分のダメージを与えていくモンスター。
あえて鍵括弧したとおり相手の、というのが極めて惜しいモンスター。コレがなければ炎王やネフティスの自壊戦術と相性が良かったのだが。ネフティスは炎風混合になってきているが。
そのため自爆特攻しなければ極めて受け身のモンスターであり、そして場に出したところで下級を使った場合は高くても火炎地獄くらいのダメージを与えるだけの2600打点を呼び出す程度。相手ターンに出がちなのでその攻勢をしのげるとは限らないだろう。
守備力200なので爆発に対応していることを考えると、爆発軸のデッキで運用したいか。
7 彩宝龍 2018/10/15 18:32
ドロー、サーチ、サルベージで手札に加わった時に場に特殊召喚できる海竜族の高レベルチューナー。
非常に展開しやすい効果を持つチューナーであり、レベルが高いのも低レベル展開も得意とする海竜族の性質に合致し高レベルのシンクロを用意しやすくなる。通常ドローでも効果が使えるので初手にさえ来なければ腐る心配もない。サーチは竜騎隊、サルベージはサルベージが有力なカードになるだろう。
チューナーであるということはシンクロを無視してハリファイバーという手もあるにはある。海竜の主力とのかみ合わせが良いカードなので将来性は高いだろう。
7 封狼雷坊 2018/10/15 18:31
狼を封じたと言われる風来坊。
特殊召喚したこのカードをリリースすることで相手のモンスターの効果発動を無効にし破壊する効果と、場から墓地に送られると手札から雷族1体を特殊召喚できる効果を持っている。
1900の攻撃力と相手の効果を牽制する効果から雷族メタビの愉快な仲間たちの一員として期待されるカードだが、そのために特殊召喚が必要なのが癖が強い。お手軽な手段としてはカミナリサマーや同胞の絆あたりが考えられるが。
特殊召喚効果は場を空にしないためのものだろう。次のこのカードを呼べるのが一番強い気はするが、展開が遅いデッキなら雷族を手札に握っていることは多いだろうなので次を出しておくだけでも価値はある。
メタビ向けなのに特殊召喚への依存度が高いのをどう捉えるか。
8 サブテラーの継承 2018/10/15 09:46
今日から君もサブテラー一族の仲間だ!!
2つの効果を持っており、手札か場の表側モンスターから1枚墓地に送り、同じ属性のカードを加えるところまでは同じだが、モンスター1体を送りリバース1体をサーチするかリバース1体を墓地に送りレベルの低いカードをサーチすることができる。またサブテラー罠によくある再セット効果も持っている。
どちらの効果もサブテラーを指定しておらずリバースを運用するあらゆるデッキと相性がいい。地属性のサブテラー、闇属性のシャドール、光属性のワームいずれも大きく安定性を上げてくれるだろう。特に墓地送りでも
効果を発動するカードばかりのシャドールとの相性はかなりいい。
安定したサーチソースとしてリバースを運用するデッキを強化してくれるだろう。
3 オルフェゴール・リリース 2018/10/15 09:45
なんかすごいことになってしまったイラスト。
場の機械族2体をリリースすることで墓地のモンスターを蘇生する効果を持つ。通常では1体だが、相手にリンクモンスターがいれば2体蘇生できる。
とはいえリビングデッドや戦線復帰といった強力なカードが多い蘇生罠でモンスター2体のリリースは洒落にならないくらい重い。しかも機械族という縛りまである。相手がリンクを使っていれば2体蘇生できるが、リリースの重さでメリットが相殺されてしまっている。ましてやオルフェゴールは墓地からカードを除外する動きが多く、蘇生戦術と相性がいいとも言い難い。ガラテアでサーチすることもできるが、カードパワーが物足りなくては。
7 魔神儀の祝誕 2018/10/15 09:43
全ての儀式モンスターの儀式召喚に使えるが、リリースは魔神儀に限られる儀式魔法。儀式効果に加え、墓地発動で魔神儀をコストにデッキから魔神儀を特殊召喚し自己サルベージされる効果を持っている。
儀式魔法としてはあらゆるカードを出せるのは白眉だが、リリースは限られる点に注意。魔神儀軸の儀式デッキを組んでいるときに使うカードであり、そう闇雲に使うカードではないだろう。
墓地発動の効果がかなり強力であり、強引に魔神儀をリクルートした上で儀式魔法である自身を再利用できるのも大きい。儀式魔法である自身をサルベージする以上、儀式モンスターを手札に加える魔神儀を優先的にリクルートするといいだろう。こちらもコストの都合上、魔神儀多めのデッキで使いたい。
8 灼熱の火霊使いヒータ 2018/10/15 09:42
属性リンクモンスターシリーズの次は霊使いリンクモンスターズが始まるのか。
リンクにリメイクされたヒータ。なおきつね火ではない新しいパートナーを引き連れている。
ドリトルキメラ同様炎のリンク2で左下・右下マーカーだが、こちらは他の属性を混ぜてリンクできる点では大きく勝る。その上での効果であるが、相手の墓地から炎属性をリンク先に特殊召喚する効果と戦闘日相手効果で破壊されると炎属性限定の黒き森のウィッチ効果を発動できる。
汎用的な炎属性といえばなんといっても灰流うららであり、効果は使えないがチューナーとして使うことができる。またサーチ効果も炎属性デッキならいろいろと悪巧みできる。守備力200が多いデッキなどでは特にそうだろう。
キメラが殴り合いに長けたカードなのに対しこちらは悪巧みに向くカードか。
8 閃刀姫-カイナ 2018/10/15 09:41
シークレットアーマー5。
特殊召喚に成功した時に相手モンスター1体の攻撃を相手ターン終了時まで封じる効果と、閃刀魔法が発動するたびにLPが回復する防御寄りの形態。
字面を見るとどちらの効果もあまりにも影響力が低く見えるが、閃刀姫の性質と1番の効果はものすごく合致しており、防御札としての活躍が期待されるカード。相手ターンにレイから特殊召喚するカードとして、特殊召喚誘発というトリガーと攻撃阻止効果が噛み合いまくり頼もしく見える。
それでも1体しか攻撃を止められないので、ここぞという時に使うべきだろうか。回復効果はエクストラターン専用の基本的におまけの効果でいいかと。
5 ハイパーサイコライザー 2018/10/15 09:40
クアンタ(ム)とライザーがいるとか対話間違いなし。
サイコウィールダーとサイコトラッカーが合体したような見た目を持っているSモンスター。自身より低い攻撃力のモンスターの攻撃と攻撃力が高いモンスターの効果を封じる効果と、相手によって破壊された時同じ種族属性のチューナーとそれ以外のモンスター1組をサルベージする効果を持っている。
攻撃力が高いモンスターは厄介な効果も持っていることが多く、また戦闘を介する低攻撃力の効果発動を否定することもできる。だがはっきり言って基本的には需要は逆。低攻撃力のほうがこのカードを超えるための厄介なカードを展開するための準備を効果で行うことに長け、ましてや高攻撃力には力で解決されてしまう。さらにフィールドの効果しか封じないので高攻撃力でも手札や墓地で効果を発動してくる相手にも無力である。
自身の攻撃力も2000と半端なのでどっちつかずになりがち。回収効果は強力だが相手の破壊が前提で攻撃力が低く効果の影響も微妙なこのカードをそのために出すかというと…
8 魔神儀-カリスライム 2018/10/15 09:39
儀式召喚されたらスライムだった件。
手札から見せることで手札を1枚捨てることで魔神儀を1体リクルートする効果と、場に出てからは魔神儀1枚を墓地に送ることで相手のモンスター1体を破壊する効果を持っている。
魔神儀のリクルートはそのカードが持つカードを加える固有効果を強引に発動することが可能。魔神儀は対応したカードを見せられなければ事故るという危険性を持っていたが、このカードの登場よりそれがある程度解決されることが期待される。このカード自身が手札にないと使えない効果だが、レベル7儀式なので儀式の準備に対応しているのは大きい。逆に儀式の下準備に対応してないので注意。
魔神儀の回転を支えるカードであるが、最悪の場合は自身を儀式召喚してライフを失うことを避ける必要性もあるか。場に出てからの性能は攻撃力と除去どちらも最低限という感じであまり頼れるものではない。
8 サイコトラッカー 2018/10/15 09:38
ウィールダーの対となる強化パーツ。
ウィールダー同様にレベル3がいると特殊召喚できる効果と、S素材として使われると召喚したSモンスターの攻撃力を上げる効果を持つ。
こちらは非チューナーであるが、特殊召喚が容易にできるのはこちらも同じ。ウィールダー同様
緊急テレポートにも対応しており、展開力の高さがとんでもない。
ウィールダーと共にレベル3を多用するデッキに入れておけば自己SSでデッキを加速してくれる存在である。
地味に2番の効果が上昇幅が馬鹿にできずしかも永続。ウィールダーの素材時の効果を補佐してもくれる。
9 サイコウィールダー 2018/10/15 09:37
遊戯王レベル3モンスターズを開拓しそうな危険性を秘めたサイキックの強化パーツ。
自分の場にレベル3モンスターがいると特殊召喚できるチューナーであり、S素材として使われると召喚したSモンスターより攻撃力が低いモンスター1体を破壊できる効果を持つ。
チューナーでありながら自己SSを持つカードは基本的に強力であり、このカードはその中でもかなり条件が緩やか。特にベイゴマックスと組み合わせると、召喚権無しでトリシューラの降臨を拝むことができてしまう。しかも除去枚数が1枚増えるというおまけ付きである。
またトラッカー共々、特殊召喚しやすいレベル3であり、レベル3にはリンクと相性がいいモンスターが多く存在する。自身がチューナーなのでハリファイバーのリンク召喚にも貢献できる他、ハリファイバーからリクルートされシンクロをする側としても優秀なパーツ。
もちろん緊急テレポート対応。グッドスタッフ的な活躍が期待できるモンスター。
8 マドルチェ・プティンセスール 2018/10/15 09:36
マドルチェに突如として現れた風雲児。すべての効果がいろいろとマドルチェにマッチする。
持つ効果は墓地にモンスターがいない場合に特殊召喚できる効果と特殊召喚成功時に手札かデッキからマドルチェをレベルを1つ下げて特殊召喚できる効果、そしてマドルチェ共通の破壊時にデッキに戻る効果。
自発的な特殊召喚効果は初動で大きく活用でき、特にサーチができるマジョレーヌとの相性がいい。さらに特殊召喚効果につなぐことでさらに展開していくこともできるが、マドルチェ以外が特殊召喚できなくなるので留めてランク4にエクシーズするのも手。
その特殊召喚効果はプディンセスを呼び出すことでティアラミスをエクシーズできる他、この段階で容易にプディンセスをX素材にできるのでショコアラモードのリクルート効果の発動も狙える。かなり強力なマドルチェの新鋭。
8 プランキッズ・ロック 2018/10/15 09:35
4体目のプランキッズ。まずはその事が非常に大きいモンスター。
プランキッズ共通の効果を持ち、固有の発動する効果は手札交換と非常に有益。
ただし後出しジャンケンの宿命か、ハウスバトラーの融合素材になっていない点には注意が必要。特に雷龍融合採用の場合うっかりこのカードを戻してはならない(戒め
またプランキッズはそこまで除外戦術を用いないので、除外するカードも若干吟味が必要か。
6 オルフェゴール・トロイメア 2018/10/15 09:34
やっぱりとんでもないことになってしまった。
リンクモンスターとの戦闘では破壊されない効果と、墓地から除外することでデッキから闇機械モンスターを墓地に送りモンスター1体を強化する効果を持っている。
能力の割にレベルが7と高く、召喚が重いのがもどかしい。ディヴェルやカノーネで特殊召喚する事ができるのでそれを活用したい。効果は自身の除外と墓地肥やしでオルフェゴールに欠かせない除外と墓地のマネジメントを同時にこなせるのはいいが、強化するためのモンスターが必要なのが地味にめんどくさい。除外して墓地送りだけではいけなかったのだろうか。
トロイメアの名前も持っており、マーメイドでリクルートでき、そのマーメイドをリンク召喚もできる。ただこちらはイヴリースやフォーマッドスキッパーの方が使い勝手はいいか?
8 幻創龍ファンタズメイ 2018/10/15 09:33
今回も登場のイラストアド抜群のウルトラドラゴンズ。
相手のリンクの特殊召喚に反応して飛び出し、相手のリンクの数に応じた手札交換を行う効果と対象を取る効果を手札を捨てることで無効にし破壊する効果を持つ。
世はまさにリンク時代であるためそれを強烈に皮肉る手札交換効果は価値が高い。手札の質を高め手札誘発を引き込むことに成功すれば相手の動きを止めることも期待できる。また2400打点で対象を取る効果を無効にする効果を持つモンスターを伴うので、相手の動きを止める可能性がないわけでもない。
おそらくだがリンクモンスターの大量展開を求め、対象を取る効果を多く持つトロイメアへの対策カードとしてデザインされたような気がする。対リンク、特に低リンクを並べるデッキにはかなり強いカード。
8 逢魔ノ刻 2018/10/14 14:35
不知火枠に陣取るが完全に汎用カードの効果を持った罠カード。
自分または相手の通常召喚できないモンスターを蘇生する効果を持つ。なお蘇生制限や召喚条件を無視できるわけではないので、一度場に出たEXモンスターや特殊召喚モンスターが主な対象になる。
罠カード故にすぐに使う蘇生としては死者蘇生の下位互換になっている部分があるので、罠カードゆえの動きを模索したい。相手が対象カードを墓地から蘇生しようとした時に奪うことができると脳汁があふれるだろう。
戦線復帰という強力なライバルには、攻撃表示で蘇生できること、とりわけそのためにリンクモンスターの蘇生もできることで十分差別化できる。
シンプルなようで癖の強いカードにも思えるが、昨今強化著しい通常罠の蘇生戦線に殴り込める実力はある。
5 不知火流 才華の陣 2018/10/14 14:34
手札からアンデット1体を特殊召喚する効果と、墓地除外でアンデット1体を自身以外の効果を受けない状態にする効果を持つ不知火の罠カード。
手札からアンデットを特殊召喚する効果は罠で一手遅い感が否めない。場のモンスターが空である必要があるとはいえ永続魔法のミイラの呼び声もある。不知火は下級モンスターばかりでかつデッキから呼び出せる不知火語もあるので、このカードのこちらの効果は必要性が薄いか。もう一つの墓地発動の効果は非常に強力な耐性を与えるが、1番の効果が弱いこのカードを墓地に落とすのは副葬などが必要になってくる。
不知火に限らずアンデット汎用のカードなので、ドーハスーラなどの大型アンデットと組み合わせるほうが力を発揮するだろう。
7 不知火流 伝承の陣 2018/10/14 14:34
また増えた転生の陣扱いのカード。
転生の陣として扱う効果に加え、墓地のアンデットを除外することでターン中のアンデットの展開を無効化させない効果か自分の場のアンデットを除外することでデッキから守備力0のアンデットを墓地に送る効果を選んで発動する効果を持っている。
転生の陣として扱う効果は隠者のためにあるのだが、このカードは即座に発動できかつ隠者を自身の効果で除外できるため相性は一番だろう。選択式の効果は墓地のカードを除外していくエンジンかつコストは重いが墓地の補充もできる優秀な効果であり、どちらも不知火を除外することでさらなる効果発動に繋げる。
置物としての性能も高いが、隠者と組み合わせてこそ真価が発揮されるか。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>