HOME > ユーザリスト > ophion

ophion ユーザ情報

アイコン画像 ピケル
評価投稿数 147
オリカ投稿数 107  オリカを見る
デッキ投稿数 19  デッキを見る
メールアドレス 登録済み
メールを送る
自己紹介など 好きなカテゴリーはマドルチェ、ヴェルズ、ガスタ、ゴーストリック、BF、ファーニマル、召喚獣、ウィッチクラフトです。

遊戯王ランキング

遊戯王ボケ投稿数ランキング 17 ボケ 14位
遊戯王川柳投稿数ランキング 16 作品 31位
カード評価文字数ランキング 24,695 文字 84位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
8 E-HERO ダーク・ガイア 2019/09/17 23:19
ヴェーラーとかに弱いという欠点はあるものの、こういう「ザ・脳筋」なモンスターは嫌いじゃないです。
汎用性も攻撃力も高い岩石族である「原始生命態ニビル」の登場はこのカードにとっては追い風と言えますし、何より「覇王城」の登場でアニメ再現が出来るようになったのも嬉しいですね。
8 九字切りの呪符 2019/09/17 23:04
いかにも「ジェネレイドで使え」と言わんばかりのカード。
手札でダブついたジェネレイドモンスターを処理しつつ手札交換出来るのは中々便利。
王の舞台を引き込みやすくなるので、何枚か採用するのもいいかも。
9 崔嵬の地霊使いアウス 2019/09/16 23:33
効果はまんま灼熱の火霊使いヒータの地属性版。
地属性は増Gだのパンクラだのといった汎用性に優れるモンスターが多いので、蘇生対象に困ることは少なく、サーチ先も増Gだのパンクラだのといった優秀なやつが多いので、地属性主体のデッキ(マドルチェ等)なら入れてみてもいいかもですね。

で、リンクダルクはいつになったら出るんですかね?
1 ヒロイック・ギフト 2019/08/01 18:10
さあ!回復してやろう!(違)

2枚ドローは確かに魅力的だけど、あまりにも条件厳しすぎませんかねぇ?
しかもそこまでする位ならとっとと勝負を決めた方が早い事も多いですし、某ゴル○ーザ四天王のアイツっぽく決闘したい場合を除いてこれを採用する必要性は無いかと。
9 H・C サウザンド・ブレード 2019/08/01 17:58
多分ヒロイックカードの中では一番良く使われてる奴。
①の効果でデッキからヒロイックをリクルートできるのはいいのですが、効果使ったターンはヒロイックしか出せなくなるのはちょっと痛い。

メインとなるのは②の効果で、ダメージを受けるだけで即座に特殊召喚できるのは便利。
特にゼピュロスやトリッククラウンと相性が良く、それらのダメージをトリガーとしてこのカードを特殊召喚すれば即座にリンクモンスターやランク4のエクシーズモンスターを呼べます。
そのため、ライロ等でトリッククラウンと共に出張されるケースも多いですね。
9 エフェクト・ヴェーラー 2019/07/31 18:02
インゼクター全盛期にその対策として多くのデッキで採用されていたカード。当時はかなり高額なカードでしたがゴールドシリーズでばら撒かれて以降はレア度さえ気にしなければ安価で入手可能になりました。

現在では無限泡影等の優秀な類似カードも増えましたが、環境によってはまだまだ活躍が期待できる、そんなカードだと思います。
4 呪いのお札 2019/07/31 17:58
某クッキング流動画に出てきた陰陽師デッキでこれがなかなかの活躍を見せていたイメージがあるカード。
ただ既に言われている通り単独では何も起こらないので何らかの除去カードとの併用は必須でしょう。
成仏や大成仏辺りがイメージ的にもピッタリでしょうか。
7 裁きの龍 2019/07/27 16:12
ライトロードの最大の切り札で、かつてはその除去効果の強力さから一時期準制限カードになっていたカード。
しかし環境の高速化が進んだ現在のライロでは墓地にライロ集めて裁きの龍出すよりも、シラユキだのトリッククラウンだのを自己蘇生させてリンク召喚に繋げる事が多くなり、すっかり採用されること自体減ってしまいました。
主流デッキは破壊が効かない相手が多いのもこのカードにとっては向かい風ですね…。
一応セイファートの登場でサルベージ手段に困らなくなりましたが、それでも立場は厳しいかと。
9 ドロール&ロックバード 2019/07/23 16:25
リインカーネーションとのコンボで注目されたカードですが、今度登場する未界域(Denger!)対策として注目を集めているカードですね。
最初のサーチを封じれないのは痛いですが、それでも未界域デッキの流行次第ではメインからの採用も多くなるのではないでしょうか。
4 大暴落 2019/07/16 08:45
ミスティック・ファイターズに収録される「ジェネレイド」シリーズは相手にドローさせる効果を持つカードが多いので、デッキにこれを仕込んでおけば大打撃を与えられる…かも。
もっともこのカードを採用する必要性とデッキスロットがあるかは疑問ですが…。
6 ミミックリル 2019/07/13 12:21
最近ファーニマルデッキをよくフリーで使うせいか、一瞬こいつがデストーイモンスターに見えた…。

それはさておき、自身とデッキトップのモンスターを入れ替える効果を持つカード。
ただし、呼び出したモンスターはそのターンのうちにデッキに帰ってしまうので、その前に何らかの素材に使ってしまいたいところ。

また、効果の安定性を高める為にデッキトップを操作しておきたいところ。
特にエッジインプ・シザーとは相性が良く、特殊召喚したいモンスターをデッキトップに固定する事で確実に特殊召喚しつつリンク召喚等につなげる事が出来ます。
シザー共々、デスガイドを共有できる点もポイント。
4 のどかな埋葬 2019/07/13 12:12
罠となったおろかな埋葬。しかし↓でも散々言われている通り、罠なので遅いですし、墓地へ送ったカード及び同名カードの効果が発動できないので相手ターン中にシャドール等を落として奇襲、という使い方が出来ないのが痛い。

基本的には2枚目以降のおろかな埋葬として使う事になりますが、竜の霊廟や悪魔の嘆きなど、特定の種族やカテゴリではより扱いやすい専用サポートカードも存在しますし、そうでなくてもデッキスロットを圧迫しますがシャドール+影依融合を出張させる手もあります。
決して弱いカードではないのですが、使いづらい点が目立つのが現状でしょうか。
10 I:Pマスカレーナ 2019/07/13 10:16
ついに登場したリンク版フォーミュラ・シンクロンのようなカード。
①の効果だけでも十分強いのに、②の効果で効果破壊耐性を与えられるのはなかなか便利ですね。
狙い目はヴァレルソード・ドラゴンやアストラム、各種トロイメア辺りでしょうか。
10 双穹の騎士アストラム 2019/07/12 07:40
最新パックのカオス・インパクトに収録されるI:Pマスカレーナという新たな相方をゲットし、注目を集めているモンスターですね。
マスカレーナをリンク素材にしてこいつを出せば、戦闘に強い、効果の対象にもならず、効果では破壊されない、墓地に行っても防がれにくい除去効果もちと相手にとっては相当厄介な存在になれます。
まあヴァレロ君に弱いのは相変わらずみたいですが、ウィッチクラフトのような展開力が低いデッキだとガチで詰みそうな…。
4 ヴェノム・コブラ 2019/07/12 07:34
バニラヴェノム。こいつに限らず、当時のカテゴリには通常モンスターが混ざっていたことが多いですね。(暗黒界の騎士ズール、エーリアン・ソルジャー、雲魔物スモーク・ボールetc.)

同じレベル4ヴェノムであるサーペントと異なり、スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの素材になれないですが、代わりにバニラ且つ攻撃力100ということでレスキューラビットからリクルートしたり、デブリ・ドラゴンやドラゴラドで釣ったりしてキングレムリンになれるというサーペントとはまた違ったメリットがあります。
ヴェノムデッキを組む場合は、サーペントと共に主力として活躍してくれるでしょう(スネークとボアは…うん)。
1 ヴェノム・ボア 2019/07/12 07:25
ノーコストでヴェノムカウンターを置けるのはいいのですが、効果使ったら攻撃できなくなる制約が盛大に足を引っ張る上に2個置けるとはいえ上級としてはステータスが低いのでサーペントはおろか下手したらスネークより扱いづらい。
コブラのファンデッキ位でしか出番はないでしょう。
1 ヴェノム・スネーク 2019/07/12 07:21
ノーコストでヴェノムカウンターを置けるのはいいのですが、効果使ったら攻撃できなくなる制約が盛大に足を引っ張るので、カウンターを置いたターンでも攻撃可能・豊富な闇サポートが使える・キングレムリンやらスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンやらの素材になれるサーペントの陰に隠れがち。
一応ロックに引っかからないというメリットはあるので、サーペントだけでは足りないと感じる場合に数合わせで採用する程度でしょうか。
4 ヴェノム・サーペント 2019/07/11 13:54
おそらくメインデッキに入るヴェノムモンスターの中では一番まともなヤツ。
レベル4という事でカウンターを置いたらカゲトカゲ辺りと共にキングレムリンになれるという点はスネークやボアにはない利点。
変わった所だと、闇属性なのでカゲトカゲやキングレムリンと共にスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの融合素材にもなれたりします。
1 限定解除 2019/07/11 13:37
せめてデッキからも特殊召喚出来るようにするか、ライフコストorターン1制限を無くすか、儀式召喚扱いで出せるようにしてくれませんかねぇ…。
同期のカップ麺とはどこで差が付いたのでしょうか?
9 捕食活動 2019/07/03 07:37
今回のデュエリストパックはオカルティズムの評価が特に高いですがこちらもなかなか。
手札に捕食植物を握っていないといけないのがネックですが、捕食植物であればレベル関係なしに出せますし、捕食植物は何かと召喚権を取り合うのでありがたい所。
後半のサーチもスコーピオやロンファが制限の今では輝く場面も多そうですね。
10 デストーイ・サーベル・タイガー 2019/07/03 07:08
新ルールの登場により評価が大幅に上った1枚。
魔玩具融合との相性こそ悪いものの、リンクモンスターを使わないと融合モンスターを並べにくくなった事もあってこいつの蘇生効果が光る事も多いです。
主な蘇生先はこいつと並べる事でそのまま1キルまで持っていけるハーケン・クラーケン辺りでしょうか。

②の効果はオマケ程度ですが、あって困るような物ではないかと。
9 捕食植物ドラゴスタペリア 2019/07/02 15:57
個人的に好きなカード。
融合素材はやや重いものの、月光やファーニマルといった闇属性が多く、普通の「融合」を多用する融合テーマでなら無理なく融合しやすい。
効果も自己完結しており、モンスター効果に頼るデッキも多いことも相まって捕食植物とは関係ないデッキでも使いやすいのも嬉しいところ。
誘発即時効果なので、相手のターンに妨害できるのもGOOD。

デュエリストパックにスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン共々まさかのノーマルで再録されたので、レア度さえ気にしなければ安価で手に入れやすくなったのも嬉しいですね。
10 スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 2019/07/02 15:48
最近、超融合とセットで採用されていることが多い融合ドラゴン。
場の闇属性しか融合素材に出来ませんが、闇属性は優秀なモンスターが多く、超融合の存在もあり出すのはそんなに難しくないです。
デュエリストパックにスタぺリア共々まさかのノーマルで再録されたので、レア度さえ気にしなければ安価で手に入れやすくなったのも嬉しいですね。

変わったところでは、ヴェノムに属するのでヴェノム・スワンプに耐性を持っていたりします。
3 デストーイ・ホイールソウ・ライオ 2019/07/02 15:28
↓でも言われている通り、効果はまんまデストーイ版ヴォルカザウルス。ついでに効果使ったら直接攻撃できないのも一緒。
ですが↓でも言われている通り、バーンが無い代わりにカードの種類問わず複数枚破壊できるシザータイガーがいる・直接攻撃不可デメリットを消そうにも融合召喚でしか出せないからサーベルタイガーで蘇生できない・肝心のソウが扱いづらい・挙句の果てに全く同じ融合素材で出せ、バーンが無い代わりに蘇生可能・2回攻撃できる・破壊耐性持ちも除去可能で扱いやすいイカの登場…ととにかく扱いづらい要素が目立ちます。
決して弱いカードではないのですが、ファン寄りのファーニマルで採用されるか…って所でしょう。
9 エッジインプ・チェーン 2019/07/02 15:04
非常に緩い条件でデストーイカードをサーチ出来、しかも場合の任意効果なのでタイミングを逃す心配も無いグッドな鎖。
とはいえ肝心のデストーイカードは補綴と融合以外はどれもこれも扱いづらい性能なので、基本的には補綴、たまに融合をサーチする為のカードになりそう。
その補綴とはお互いにサーチし合えるので 連続融合も決めやすいですね。
エッジインプって何故これとハサミ以外はどいつもこいつも扱いづらい性能なんだろう…
9 エッジインプ・シザー 2019/07/02 14:49
他のエッジインプより登場が早かったおかげか、これのみを指定しているサポートカードや融合体も多いハサミ。
手札こそ必要なものの、デメリットの無い自己蘇生効果が便利で、融合召喚やリンク召喚の素材確保に便利。
闇属性・悪魔族・レベル3とステータスも恵まれているので、レベル3悪魔が必要なデッキにも出張させられますね。
…エッジインプって何故これと鎖以外はどいつもこいつも扱いづらい性能なんだろう…
9 ライトロード・アサシン ライデン 2019/06/21 17:49
恵まれた種族と属性を持ち、ライトロードなのでサポートも豊富。
レベル4チューナーとしては扱いやすい部類に入るので、サモプリから呼ぶ候補としても便利ですね。

まさかこれがリボルバーストラクに収録されるなんて予想できた人は私含めていないのではないでしょうか。
…浮いているってレベルじゃないような。
10 輝光竜セイファート 2019/06/10 09:23
強力なドラゴン族のサポートカード。
1の効果はレベルを合わせる必要がありますが、このカード単独でもレベル4をサーチ出来るので、コラプサーペントをサーチすればそのまま特殊召喚出来るのが強み。

ところで、「2の効果でサルベージ出来るカード」と聞いて青眼の白龍等のメジャー所を差し置いて真っ先に裁きの龍が思い浮かんだのは私だけではないはず。
これでもう裁きの龍が墓地に落ちてしまってもサルベージ手段に困らないぜ!
…屋敷わらし?墓穴の指名者?D.D.クロウ?ネクロバレー?やめてください死んでしまいます。
10 E-HERO アダスター・ゴールド 2019/06/07 18:22
ダーク・フュージョン及びダーク・フュージョンのカード名が記されたカード専用のサーチャー。
特にダーク・コーリングをサーチしてそのまま墓地のこのカードを融合素材として除外することでディスアドバンテージを押さえつつ融合出来るのが最大の強み。
岩石族が多いデッキにダーク・コーリングとダーク・ガイアと共に出張させたり、レベル5以上のモンスターを多く有するデッキにダーク・コーリングとマリシャス・ベインと共に出張させたりすると戦略の幅が広がって楽しそうですね。

2のデメリット効果は、基本的にサーチのために墓地へ送ることが多いのであまり気にならないかも。
5 電動刃虫 2019/05/30 18:17
レベル4でこのステータスは破格ですが、戦闘を行ったら相手にドローさせる効果が盛大に足を引っ張るのが痛いので、相手にドローさせる事に意味があるデッキで使いたいところ。

今では専用デッキを組まないと採用しないカードですが、カード資産に乏しかった小学生の頃はこれでもアタッカーとして愛用してましたっけ。
1 2 3 4 5   >>

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク