HOME > ユーザリスト > イクス

イクス ユーザ情報

アイコン画像 未選択
評価投稿数 12
オリカ投稿数 52  オリカを見る
デッキ投稿数 1  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

遊戯王SS投稿数ランキング 66 作品 24位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
10 ダンディライオン 2019/06/09 22:41
墓地へ送られただけで2体に増える恐ろしいモンスター。しかも強制効果故にタイミングを逃さないオマケつき。
元々凄かったこのカードをリンク召喚によって、更に加速させられた。
今となっては、トークンに誓約をつけたり、フィールドから墓地へ送られる必要があっても汎用性が高すぎるだろう。
7 アーマード・ビー 2019/05/23 19:25
単体収縮という強力な効果を持ち、尚且つシナジーがあるB・FがOCGになったことにより、このカードに対する追い風は吹いてきている。見た目もB・Fにマッチするのも良い。ただ、B・Fではアルバレストやニードルを通常召喚したいのと、アルバレストで釣り上げることができないため、やや噛み合わない部分もある。
8 つり天井 2019/03/17 15:06
大量展開に対する抑止力ともいえるカード。昨今はリンクソリティアで場に4体以上出すなど簡単なことであり、更には裏側表示が存在しないリンクモンスターの存在もあり、このカードの威力は更に高まっている。
更にフリーチェーンであるため、好きなタイミングで打つこともできるし、除去されても損失を取り戻しやすい。
10 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 2019/03/14 12:55
ドラゴン族を使うなら必ず採用候補に挙がるであろう1枚。長年様々なドラゴン達を支えてきたが、環境の高速化やカードプールの増加もあり、とうとう禁止になってしまった。(守護竜のせいだともいえるが)名称ターン1なら大丈夫だと思えるが、帰って来るなら下手糞なエラッタはしてほしくないものである。後、レッドアイズ使い達はこれからどうなるのかも、考えなくてはいけない。
10 サンダー・ボルト 2019/03/13 18:52
禁止カードの代表格と言われたこのカードが、まさかのエラッタ無しで制限カードに復帰。禁止カードとして長年その地位を不動にしてきたこのカードは、今の環境でなら1:7交換もあり得る凄まじいパワーを秘めている。しかし、破壊する効果に耐性を持つモンスターが増え、更には無効化されやすい魔法カード、そもそも効果を受けないモンスターが増えたことで、これがあるからといって簡単に場をひっくり返せる訳でもなくなった。現在『ブラック・ホール』が無制限なことからも、環境のインフレもここまで来たかと実感させられる。
9 魔のデッキ破壊ウイルス 2019/03/13 18:41
昔は死のデッキ破壊ウィルスが主流であったのに、環境の変化と死デッキのエラッタもあり立場が逆転した罠カード。低攻撃力のモンスターは、サーチもしやすく召喚が用意なため並べたところにぶちかましてやると根こそぎモンスターを破壊できる。リリースはエクストラにあるモンスターを使えば問題は無し。ただ、相手によっては塩を送りかねないので撃つ相手を吟味すべし。
6 ポールポジション 2019/03/13 18:35
パッと見はシンプルな効果なのに、実は恐ろしい程面倒くさい裁定や問題を抱えているカード。詳しいことは遊戯王wikiやホームページを見てほしい。面倒くささが異常である。
8 ミラーフォース・ランチャー 2018/08/21 14:11
攻撃前に除去されるという、ミラーフォース最大の弱点を補ってくれるスゴイ罠。除去されても、ミラーフォースを伏せるという効果により、除外されない限り何度でもミラーフォースを打てるスゴイ罠。
確定サーチしてそのまま伏せるも良し、ブラフを伏せるも良し、クリティウスでミラーフォース・ドラゴンを出すも良しと、意外に便利な動きをしてくれる。
6 竜巻海流壁 2018/03/28 19:50
そのままで使うと使いづらいが、新しく出た『潜海奇襲』と組み合わせると、中々に鬱陶しい動きをする。向こうの効果で、モンスターを除外することになっても戦闘ダメージを0にでき、このカードの弱点である『海』が破壊されて1:2交換になるのも防げる。ただし、破壊以外には弱いので、あくまで相性が良いくらいである。
8 サモンリミッター 2018/02/02 18:30
今、リンクによる大量展開が軸となっているこの中、先出しが必要とはいえ大量展開を止められるカード。上手くやれば相手の動きを大きく抑制できる。
問題は、自分も大きく展開を抑制されるため、そこをどうするかである。
1 パラライズ・チェーン 2018/01/28 13:06
せめて、1枚につき300ダメージだったなら、活用法はあったかもしれないが……。死霊の誘いという上位互換があるため、これを使うのはかなり厳しいかもしれない。
9 大寒波 2018/01/28 10:47
リンク召喚によるモンスターコンボの全盛期の中、もう帰ってこれないであろうカード。今や妨害すら手札誘発モンスターが主軸になっているので、このカードは更なる詰めの一手になる。

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク