HOME > ユーザリスト > アカ

アカ ユーザ情報

アイコン画像 ブラックマジシャン・ガール
評価投稿数 208
オリカ投稿数 5  オリカを見る
デッキ投稿数 0
メールアドレス 未登録
自己紹介など

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7   >>
得点 カード名 登録日時
8 天魔神 ノーレラス 2018/10/19 07:55
お互いの手札・フィールドのカードをリセットする豪快な効果を持つ悪魔族モンスター。エラッタ後の混沌帝龍よりも強力なリセット効果を持っていますが召喚条件が厳しく、攻撃力は2400打点とさほど高くありません。しかし1枚ドロー出来る部分があちらとは違った働きができ、リセット効果の発動にも特に制約が無いため今後も活躍に期待出来るでしょう。ただ、今では手札1枚と墓地さえ肥えていればモンスターを容易に展開できる時代なので過信は禁物。
10 悪夢の蜃気楼 2018/10/14 11:26
デメリットさえ回避すれば最大4枚ドロー可能な強力なドローカード。捨てるのは効果であるため暗黒界、魔轟神の効果を発動出来たり、そのまま墓地肥やしとしても使用できるため、相手からすれば本当に悪夢なカードです。
6 星遺物-『星櫃』 2018/10/13 21:06
1の効果は効果破壊されたリンクモンスター限定の死者蘇生のように扱え、3の効果は通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する場合、相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚すればおろかな埋葬が発動できる。面白い効果を持つモンスターですが、3の効果は特殊召喚では発動出来ないので何か使いにくい。
10 第六感 2018/10/13 08:45
数多くある禁止カードの中でも絶対に復帰不可能な効果を持つ罠カード。自分自身に第六感が無ければ基本的に5、6を狙うのが普通で相手次第ではあるものの当たれば強欲な壺をも凌ぐ大量ドロー、外れても針虫の巣窟並に墓地アドバンテージを稼げるなどメリットの塊でしかない。よくこんな効果で収録できたな。
10 早すぎた埋葬 2018/10/12 10:22
自分の墓地からモンスターを蘇生できる装備魔法。このカード自身が破壊されなければ、このカードで特殊召喚されたモンスターは破壊されないため、このカードをバウンスをして何度でも再利用出来る部分が結果的にまずかった。当初は死者蘇生の下位互換としてデザインしたと思われるが、死者蘇生には真似出来ない芸当をこのカードはやってしまった。
9 強欲で金満な壺 2018/09/25 23:38
エクストラモンスターを使用しなければ実質強欲な壺のように扱える面白い効果を持つドローカード。
多少はデッキを選びますが、雪花の光のような発動後の重い縛りや強欲で貪欲な壺ほど重いコストを要求する訳ではないので比較的使いやすい。発動したターン中は他のドローカードは発動出来ませんが、サーチや墓地肥やしは阻害されないのであまり気にならない。
10 グローアップ・ブルーム 2018/09/22 09:50
グローアップ・バルブがアンデットになったモンスター。このカードをシンクロ素材やおろかな埋葬などで墓地に送り、このカードを除外するだけでデッキからレベル5以上のアンデットをサーチでき、更にアンデットワールドがあれば任意で特殊召喚できる効果なので弱いはずがない。個人的にこのストラクRのMVPはこのカードだと思っている。
10 嵐征竜-テンペスト 2018/09/19 09:48
風属性を担当する四征竜の一体。固有効果はデッキからドラゴン族をサーチと他の3体の征竜と比較すれば汎用性は劣りますが、それでも環境を荒らしまくり、相性が良いカードが次々と規制されても禁止になるまで暴れる姿はまさにテンペストの名に相応しい。環境を荒らしたおかげでテンペストと相性が良かったドラグニティ使いは多大な被害を受けた。
そして2018年10月にとうとう制限復帰。四征竜の中では汎用性が低い固有効果だから様子見での復帰なのですかね?季節ごとに他の征竜を復帰してこいつを再度禁止する処置をしたりして。まあ、こいつが環境を再び荒らす事があれば今度こそ征竜はエラッタなしの制限復帰は無いでしょう。
10 焔征竜-ブラスター 2018/09/17 23:31
炎属性を担当する四征竜の一体。四征竜の中では一番攻撃力が高く、固有効果はフィールドのカードを破壊するので汎用性が高い。炎属性、ドラゴンを中心としたデッキなら採用されやすく、仮に除去効果が通らなくても墓地から2800打点のこいつが襲いかかるだけでも十分脅威です。当初は四征竜の中ではこいつが一番強いと思っていましたが、時代が進むにつれて次第にレドックスとタイダルのほうが脅威的に思えるようになりました。10月にテンペストが制限復帰ですが、こいつは制限復帰するのですかね?テンペストよりは汎用性は高いですが、タイダルとレドックスよりは悪さはしないと思うので可能性はあると思います。イラストは征竜の中で一番好きです。

10 巌征竜-レドックス 2018/09/17 23:12
地属性を担当する四征竜の一体。固有効果は死者蘇生と強力な効果を持っています。四征竜の中では攻撃力が低いですが、モンスターを蘇生できる効果が弱いはずがないため地属性、ドラゴンを中心としたデッキなら採用されやすい。同じ効果を持つグランソイルが先行ワンキルに悪用され、エラッタされるくらいなので蘇生効果がいかに強力であるかを物語っています。四征竜の中で一番最初に制限復帰しそうなのは打点の低いこいつだと最初思っていましたが、タイダルと同じく汎用性が高すぎるので単体復帰はかなり厳しい。
10 瀑征竜-タイダル 2018/09/17 22:52
水属性を担当する四征竜の一体。コスト付きとは言えおろかな埋葬の効果があるのは非常に強力。遊戯王は本命のカードが墓地にあったほうが都合が良いゲームであるため、おろかな埋葬が制限の時点でこの効果がいかに強力か物語っています。テンペストは10月に制限復帰するが、こいつとレドックスは汎用性が高すぎるので単体のみの制限復帰はかなり厳しいでしょう。
10 Emダメージ・ジャグラー 2018/09/14 22:32
制限復帰おめでとう。でもヒグルミは戻ってくることはないと思うけど。
10 エルシャドール・ネフィリム 2018/09/14 22:16
今年の4月についに制限復帰になり、シャドール使いには朗報ですね。禁止にするほどのスペックでは無いためか散々ネフィリム返してと言われてきましたが、その願いがようやく叶った感じ。その代わりにミドラーシュが制限になりました。
そして今年の10月にはとうとう無制限に緩和。完全釈放おめでとう!
9 破壊輪 2018/09/14 22:13
エラッタ後はこのカードで相手ライフを0にすることや、無理やり引き分けに持ち込むプレーは不可能になりましたが、現時点でも相手モンスター1体を破壊とバーン効果は強力です。禁止カードがエラッタされると以前よりも使いづらくなるため規制が解除されるカードが多いですが、このカードは珍しくエラッタ後でも制限に指定されているので程良い調整だと思います。
かと思ったらこのカードがとうとう10月に準制限に緩和。デストロイ・ドラゴンを見越しての緩和ですね。
8 デストロイ・ドラゴン 2018/09/14 22:10
破壊輪とは違って自分ライフにダメージが無いのは良いのですが、現在では破壊輪は制限に指定されていて、破壊輪廻はフィールドで表側表示でないと破壊輪として扱われないため特殊召喚しにくい。余談ですがこのカードの登場で10月の改訂で破壊輪は準制限に緩和されるんですかね?実際海外では準制限なので可能性はあると思いますが。
そして今年の10月に破壊輪が準制限に緩和されることになったのでこいつを特殊召喚しやすくなった。
8 氷の魔妖-雪女 2018/09/10 23:08
リンク先にシンクロモンスターがいれば攻撃対象ならないので多少は場持ちは良くなります。正直効果はそこそこですがイラストがとても可愛いのでこの点数。同じアンデット族である冥界の麗人イゾルデとは違った魅力があります。
7 煌々たる逆転の女神 2018/09/07 22:08
確かに逆転の女神と言われるだけあって強力な効果ですが、発動条件が厳しい。もうちょっと緩い条件でも良かったのでは?
7 ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者- 2018/09/07 21:59
ドラゴンの支配者のリメイクモンスターでデッキから笛、旋律、狂奏をサーチできるのは便利。主に旋律をサーチするために使われると思いますが、手札に魔法・罠カードがなければ発動出来ず、ステータスも貧弱であるためやや使いにくい。
6 タイム・イーター 2018/08/09 16:37
攻撃力が低いのはネックではあるが、メインフェイズ1をスキップする事はバトルフェイズに向けての下準備を潰すようなものなので、強力な効果だと思います。
10 死霊王 ドーハスーラ 2018/08/07 00:16
灰流うらら、屋敷わらし、浮幽さくらに対抗するために登場したモンスター。特に灰流うららの効果を無効に出来るのは非常に優秀。また、フィールド魔法があれば守備表示で特殊召喚と壁にもなってくれます。
10 雷劫龍-サンダー・ドラゴン 2018/07/14 12:33
カオスと同じ召喚条件を持つ雷族モンスター。このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し、墓地のカード1枚を除外すればデッキから雷族モンスターをサーチ出来るのは優秀で同名カードもサーチ可能。更に相手のエンドフェイズに除外されているカード1枚をデッキの上か下に戻せるため、あらかじめ本命のカードを(2)の効果で除外させたほうが良いかもしれません。カードの種類に関係なくデッキに戻せるのは優秀ですね。
10 失楽の魔女 2018/07/14 11:58
召喚に成功すればデッキから聖杯、聖槍を手札に加えられる効果は非常に優秀。更にこのカードは闇属性であるため、(2)の効果で魔王様を特殊召喚する事も可能です。
8 混源龍レヴィオニア 2018/06/23 13:55
墓地の光または闇だけを除外しても特殊召喚できるため、序盤でない限りは手札で腐りにくく、カオスと似た召喚条件を持つ新規のドラゴン。上記の方法で特殊召喚するとそのターンは攻撃出来ませんが素材にすれば問題ありません。青眼の混沌龍を意識しているのか闇の誘惑、目覚めの旋律、トレード・イン、悪夢再びに対応しているのは利点ですね。
9 アドバンスドロー 2018/05/31 07:57
時械神ザフィオンをコストにすれば脅威の3枚ドローが可能になります。
9 光神化 2018/05/31 07:50
時械神とは相性抜群の魔法カード。サンダイオン(セフィロンは除く)以外の時械神は元々の攻撃力が0なので気にする必要がなく、また時械神には破壊耐性が備わっているため自壊する事もありません。時械神デッキなら10点。それ以外は7点の評価です。
10 時械神ミチオン 2018/05/30 13:46
時械神の中で一番のぶっ壊れ効果を内蔵したモンスター。戦闘後に相手ライフを半分にできるのは強烈で、しかもライフを半分にするのはバーンダメージではないので一時休戦などにも強い。しかし相手ライフが1の場合、このカードだけでは相手にトドメを刺す事はできない。
10 時械神サンダイオン 2018/05/30 13:05
攻守4000の高ステータス、戦闘を行った後に相手に2000バーンダメージを与える効果を内蔵した最強クラスの時戒神。時戒神の弱点であるスキルドレイン、禁じられた聖杯、神竜騎士フェルグラントの効果で効果を無効化されても、4000打点として機能するので非常に使い勝手が良い。
9 時械神ラフィオン 2018/05/30 12:50
相手依存であるが3000打点以上のモンスターを容易に召喚・特殊召喚できる時代なので、サンダイオン以上のバーンダメージを与える事も可能です。
10 ヴィクトリー・ドラゴン 2018/05/30 12:38
直接攻撃して相手ライフを0にすればマッチに勝利できるモンスター。特殊召喚不可とドラゴン3体をリリースして召喚と重い召喚条件ですが、マッチに勝利できるなら軽いものです。このカードが禁止になった理由は相手がマッチキルを防ぐため、デッキを崩してわざと反則負けをする行為が横行していったのが原因。
10 青眼の混沌龍 2018/05/25 15:25
カオスMAXを小型化にしたブルーアイズ儀式モンスター。青眼の白龍を使用して儀式召喚すれば2の効果を使用でき、リンクモンスター以外のモンスターの攻守を0に出来るので確実に3000ダメージを与えられ、カオスMAXと併用すればワンキルも可能。カオスMAXと同様にドラゴン・目覚めの旋律、悪夢再び、トレード・インに対応しているのは利点。
1 2 3 4 5 6 7   >>