HOME > ユーザリスト > アキ

アキ ユーザ情報

アイコン画像 ブラックマジシャン・ガール
評価投稿数 313
オリカ投稿数 5  オリカを見る
デッキ投稿数 0
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

カード評価文字数ランキング 39,096 文字 59位
遊戯王カード評価数ランキング 313 件 62位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
10 氷結界の龍 トリシューラ 2019/09/22 00:33
対象を取らない除外が如何に強力であるかを証明してくれる汎用シンクロ。
シンクロ召喚すれば相手の手札、フィールド、墓地のカードを各1枚まで任意で除外できるので、上手く扱えれば相手に反撃の機会すら与えない。
長らく制限でしたがシンクロ召喚の衰退とシンクロ召喚後は2700打点のバニラになるためか今回の改訂でとうとう制限解除。
9 九字切りの呪符 2019/09/16 23:59
レベル9限定のトレード・イン。
手札・自分フィールドから不要なレベル9モンスター1体を墓地に送りつつ、デッキから2枚ドローできるので王(ジェネレイド)、魔妖、真竜デッキでは優秀な手札交換カードとして活躍できると思います。
7 万物創世龍 2019/09/16 23:33
自分フィールドのモンスターの攻撃力と守備力の合計が10000以上になるようにリリースして特殊召喚する変わった召喚条件を持つドラゴン。
攻守5000のモンスター1体をリリースするだけで特殊召喚できるため、今度登場する原始竜プライマル・ドラゴンと併用すれば容易に特殊召喚できる以外にも2回連続攻撃できる攻撃的な性能になります。
しかし、現環境では高打点だけではすぐに除去されてしまうので場持ちは悪い。
9 ファントム・オブ・カオス 2019/09/07 23:29
自分の墓地の効果モンスター1体を除外することで除外したモンスターのカード名と効果をコピーできる効果を持つので、召喚条件が厳しいノーレラスをコピーして効果を発動させたりホルアクティの特殊勝利で特殊召喚不可のラーの翼神竜とは別形態であるラーの金玉をコピーして、ラー本体を容易に降臨させるのに役立っています。
6 最強の盾 2019/09/06 19:04
開闢の使者に装備すれば5500打点の2回連続攻撃できるのでワンキルが狙える。守備力を持たないリンクモンスターに効果がないのは欠点。
10 未界域のビッグフット 2019/08/23 09:59
汎用性が高く特殊召喚しやすいレベル8モンスター。
(1)は未界域モンスター共通の効果で自分の手札を相手がランダムに1枚選び、相手が選んだカードを捨てたのがビッグフット以外だった場合はこのカードを手札から特殊召喚でき、更に1枚ドローできるので優秀な効果です。
(2)の効果はこのカードが手札から捨てれば、相手フィールドの表側表示カード1枚を破壊できるので、青眼や暗黒界などのデッキに出張しやすくトレード・インや目覚めの旋律と相性が良い。
ステータスも闇属性・守備力0なので悪夢再びに対応しているのも利点。
9 未界域のサンダーバード 2019/08/23 09:55
汎用性が高く特殊召喚しやすいレベル8モンスター。
(1)は未界域モンスター共通の効果で自分の手札を相手がランダムに1枚選び、相手が選んだカードを捨てたのがサンダーバード以外だった場合はこのカードを手札から特殊召喚でき、更に1枚ドローできるので優秀な効果です。
(2)の効果はこのカードが手札から捨てれば、相手のセットカード1枚を破壊できる効果を持つので、手札コストに鳥獣族モンスターを要求する神鳥の来寇やレベル8を要求するトレード・インとは相性が良い。
8 未界域のツチノコ 2019/08/23 00:33
汎用性が高く特殊召喚しやすいレベル3モンスター。
(1)は未界域モンスター共通の効果で自分の手札を相手がランダムに1枚選び、相手が選んだカードを捨てたのがツチノコ以外だった場合はこのカードを手札から特殊召喚でき、更に1枚ドローできるので優秀な効果です。
(2)の効果はこのカードが手札から捨てれば自身を特殊召喚できるので、手札コストを要求するスネーク・レインとは相性が良い。
9 未界域のネッシー 2019/08/22 23:44
汎用性が高く特殊召喚しやすいレベル7モンスター。
(1)は未界域モンスター共通の効果で自分の手札を相手がランダムに1枚選び、相手が選んだカードを捨てたのがネッシー以外だった場合はこのカードを手札から特殊召喚でき、更に1枚ドローできるので優秀な効果です。
(2)の効果はこのカードが手札から捨てれば、デッキから他の未界域カードをサーチできるので、未界域デッキでは一番重要なカードであろう。
10 未界域の危険地帯 2019/08/22 23:04
未界域限定の罠版の天使の施し。手札に未界域カードが存在しなければ手札を全てをデッキに戻す効果を持つので悪用されにくい。
9 激流葬 2019/08/22 13:22
相手ターンに全体除去する場合に採用される罠カード。発動条件が緩いので、相手モンスターの大量展開をある程度妨害できる。
9 スネーク・レイン 2019/08/22 13:00
手札1枚をコストにデッキから爬虫類族モンスター4体を墓地に送る豪快な効果を持つ爬虫類族限定のおろかな埋葬。
マイナーな爬虫類族だからこそ許された効果で、これがドラゴン族やアンデット族なら早々に禁止になっていたでしょう。
今度来日する未界域のツチノコは手札から捨てれば自身を特殊召喚できる効果を持つので、手札コストを要求するこのカードとは相性抜群。
10 御影志士 2019/08/06 19:29
デッキからブロックドラゴン、ガイアプレートをサーチできたり、手札からメタモルポットや禁忌の壺などのリバースモンスターを裏側守備表示で特殊召喚できる優秀なサポートカード。
個人的にはメタモルポットをサーチ、特殊召喚できるのは嬉しいです。
9 死の王 ヘル 2019/08/01 23:44
このカードを見てKONAMIのゲームである初代・ボ○らの太陽のラスボスをモデルにしていると確信しました。
ボ○らの太陽は太陽の光を利用してアンデッドやヴァンパイアを倒すゲームで、初代ラスボスの名前はこのカードと同じ名前でイラストも酷似、最終的にアンデッドに変貌するので明らかに狙っているとしか思えない。
モンスター効果は自分の墓地から同じアンデット族の王である死霊王ドーハスーラを蘇生しろと記されています。
10 ラヴァルバル・チェイン 2019/07/16 23:59
素材縛りがなくデッキからカード1枚をピンポイントで墓地に送れる効果と、モンスター1体を選択してデッキトップに置ける効果は便利で強力。
カードの種類に関係なく墓地に送れる効果は他にもベアトリーチェ、ドミニオンキュリオスが存在しますが、2体とも素材がチェインより厳しいため汎用性は劣ります。
X素材を海竜族縛りで2つの効果はそれぞれデュエル中1度しか使用できないエラッタならワンチャン釈放あるか?
9 No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク 2019/07/15 13:23
フィールドのトークンを素材にできるリンク召喚の登場で需要が高まった汎用ランク7モンスター。
1度きりだが素材を取り除くことで自分フィールドに可能な限りトークンを生成して、複数体のリンクモンスターをリンク召喚してフィールドを制圧できるので非常に強力です。
9 No.11 ビッグ・アイ 2019/07/15 13:09
心変わりを内蔵する汎用ランク7モンスター。
コントロールを得る効果には特に制約がなく、永続的に相手モンスターを奪うことができるので気楽に発動しやすい。
今は無制限ですが汎用性が高く特殊召喚しやすいレベル7が増えればまた規制される可能性があります。
5 のどかな埋葬 2019/07/13 14:56
罠カードになったおろかな埋葬。しかしおろ埋には無い制約が追加されているため、いまいち使いづらい印象があります。
単純におろかな埋葬の方が使いやすい、竜の霊廟やスネーク・レインなど種族専用の墓地肥やしカードが存在しているので、こんな制約を加えるくらいなら魔法・罠カードも墓地へ送れる効果にした方が良かったと思います。
10 大嵐 2019/06/30 09:04
ノーコストでフィールドの魔法・罠カードを全て破壊尽くすのはやはり強力。
当初はハーピィの羽根帚の下位互換だったが、破壊されるとアドが稼げる魔法・罠カードが増えたことでハーピィと入れ替わる形で禁止に。
死者蘇生と早すぎた埋葬も似た感じで入れ替わりましたね。
8 魔法の筒 2019/06/29 23:52
甘く見ていると大ダメージを受ける効果を持つ攻撃反応罠。
今は高打点モンスターを容易に召喚・特殊召喚できる時代なので、このカードで勝負が決まることも。
4 洗脳-ブレインコントロール 2019/06/29 23:33
糞みたいなエラッタによって非常に使いづらくなった元禁止カード。
800LPを払うくせに通常召喚可能な表側表示モンスターしか奪えない時点で、ノーコストかつ表示形式に関係なく奪える精神操作よりも大きく劣ります。
コントロールを得る効果が「EXデッキから特殊召喚されたモンスター」ならまだ需要があった気がします。
8 調和の宝札 2019/06/26 22:54
青眼デッキでは太古の白石、伝説の白石を捨てれば2枚ドローかつ青眼サーチもできる優秀なカード。
手札で腐った場合はドラゴン・目覚めの旋律の発動コストとして処理できます。
9 リビングデッドの呼び声 2019/06/24 21:57
ノーコストで墓地のモンスター1体を蘇生できる効果が如何に強力であるかは死者蘇生や戦線復帰で証明済み。
罠なので1ターン待つ必要があるが相手ターンに発動できるのと、守備表示が存在しないリンクモンスターを蘇生できるのは上記のカードにはない利点があるため、デッキによってはまだまだ需要があると思います。
8 伝説の白石 2019/06/23 14:40
どんな方法でも墓地に送ればデッキから青眼の白龍をサーチできる優秀なモンスター。
目覚めの旋律や調和の宝札の発動コストで手札から捨てても発動できるし、サーチした青眼の白龍を亜白龍の特殊召喚やトレード・インの発動コストの確保に繋げられるので便利です。
9 封印の黄金櫃 2019/06/17 14:43
除外がメリットになるカードが増えたことで規制されてしまった魔法カード。
サーチ手段として使用してれば、今も規制されてなかったに違いない。
10 輝光竜セイファート 2019/06/10 13:24
ドラゴン族に更なる追い風が来たと言っても過言ではないモンスター。
2つの効果はいずれも優秀で、(1)の効果は手札・自分フィールドからドラゴンを任意の数だけ墓地に送り、墓地に送ったドラゴンの元々のレベルの合計と同じドラゴンをサーチできるので、墓地から特殊召喚できるテンペストを上手く活用すれば、テンペストを特殊召喚するための除外コストも揃います。
(2)の効果は墓地のこのカードを除外すれば、自分の墓地の光・闇属性のレベル8ドラゴン族モンスター1体をサルベージできると同時にトレード・インの発動コストも確保できます。
確かに墓地に落ちた裁きの龍をサルベージできるのは便利ですよね。自分もレベル8のドラゴンでは裁きの龍が最初に思いつきます。
10 トーチ・ゴーレム 2019/06/07 23:30
場のトークンも素材にできるリンク召喚のおかげで一気に需要が高まり制限に至ったトークン製造モンスター。
召喚権を失うデメリットはありますが、アカシック・マジシャン、セキュリティ・ドラゴンの効果で手札に戻し、そこからスカルデットに繋げてフィールドを制圧する布陣が完成するので、デメリットはほぼ気にならない。
さらに今度のデュエリストパックではデッキからレベル8・悪魔族モンスターをサーチできるダーク・オカルティズムが初収録されるので、次回の改訂で禁止になる可能性が高まりました。
7 星呼びの天儀台 2019/06/06 10:13
レベル6限定のドローソース。
デッキの1番下に戻して2枚ドローする効果なのでアドが稼ぎにくい。ディアボを戻すことくらいしか思いつかない。
トレード・イン、七星の宝刀より使いづらいのが印象です。
9 サイクロン 2019/06/04 21:06
ノーコストで魔法・罠カード1枚を破壊する速攻魔法。
現在ではツインツイスター、コズミック・サイクロン、砂塵の大嵐と強力なライバルがいるためやや優先順位は下がりますが、それらのカードよりは気軽に発動できるので今後も活躍できるでしょう。
7 フェンリル 2019/06/04 21:05
自分の墓地から水属性モンスター2体を除外して特殊召喚できるモンスター。
相手モンスターを戦闘破壊すれば、相手のドローフェイズをスキップできるのは強力。
しかし、自身の打点が低いのと戦闘を行うのがネックなので隠し玉的な感じで使用した方が良いかもしれません。
一度でも決まれば十分活躍したと言えるでしょう。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク