HOME > ユーザリスト > アカ

アカ ユーザ情報

アイコン画像 ブラックマジシャン・ガール
評価投稿数 230
オリカ投稿数 5  オリカを見る
デッキ投稿数 0
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

カード評価文字数ランキング 28,165 文字 70位
遊戯王カード評価数ランキング 230 件 71位

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
7 インフェルノイド・アスタロス 2018/12/15 11:00
インフェルノイドモンスター1体を除外する事で手札から特殊召喚できるモンスター。このカードの攻撃を放棄する代わりに魔法・罠カード1枚を破壊するのは悪くなく、そのまま汎用ランク4の素材として活用すれば攻撃できないデメリットを回避できます。
5 インフェルノイド・ベルフェゴル 2018/12/15 10:48
インフェルノイドモンスター2体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。相手のエクストラ1枚を除外できる効果を持つが、相手が選ぶため影響は低く、更に同じ2体で出せるヴァエルとアドラメレクのほうが優秀なため評価を下げる。
6 インフェルノイド・アシュメダイ 2018/12/15 10:46
インフェルノイドモンスター2体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。相手の手札をランダムで1枚墓地に送る効果はあるが2200打点とやや低く、同じ2体で出せるヴァエル、アドラメレクがいることを考えるとどうしても優先順位が下がる。ベルフェゴルよりはまだ使いやすいのですが。
9 インフェルノイド・ヴァエル 2018/12/15 10:27
インフェルノイドモンスター2体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。戦闘する必要はあるものの、対象を取らない除外が弱いはずがなく、レベル7なので仮に焔征竜-ブラスターが制限復帰すれば強力なランク7モンスターの素材要員としてパワカになるでしょう。
9 インフェルノイド・アドラメレク 2018/12/15 10:12
インフェルノイドモンスター2体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。自身がレベル8なのでギリギリ他のインフェルノイドモンスターを特殊召喚でき、トレード・インと相性抜群でランク8の素材要員として活用できるので最上級インフェルノイドでは一番扱いやすい。
9 インフェルノイド・リリス 2018/12/15 10:03
インフェルノイドモンスター3体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。このカードが特殊召喚すれば場の魔法・罠カードを破壊尽くす事ができ、更に自身以外のモンスター効果が発動したら、自身を含む自分モンスターをリリースして、無効にし除外できるのでネヘモスよりも扱いやすい。欠点は自身がレベル9なので他のインフェルノイドモンスターを特殊召喚できなくなるので、あまり長居はできません。
8 インフェルノイド・ネヘモス 2018/12/15 09:51
インフェルノイドモンスター3体を除外する事で手札または墓地から特殊召喚できるモンスター。攻守3000の高ステータスで特殊召喚に成功すれば自身以外のフィールドのモンスターを破壊尽くす事ができ、更に自分モンスター1体をリリースして魔法・罠カードの効果を無効にして除外するため、闇黒世界-シャドウ・ディストピアと相性が良く魔王様も特殊召喚できます。欠点は自身がレベル10なので他のインフェルノイドモンスターを特殊召喚できなくなり、自身の効果で自分モンスターも破壊してしまうのでリリース確保が困難になりますが、自身もリリースできるので良くも悪くも劣勢時の巻き返しに向いたカードだと思います。
10 鎖龍蛇-スカルデット 2018/12/11 21:05
禁止が確定したファイアウォール・ドラゴンの後継者として暴れそうなドラゴン(種族は違うけど)。
3体素材だと手札からモンスターを特殊召喚でき、4体素材では4枚ドローかつ手札の質が良くなる豪快な効果を持ち、更に名称ターン1もありません。
現在は無制限ですが今後の活躍次第では規制される可能性もあると思うのでこの点数。
10 嵐征竜-テンペスト 2018/12/11 00:02
風属性を担当する四征竜の一体。固有効果はデッキからドラゴン族をサーチと他の3体の征竜と比較すれば汎用性は劣りますが、それでも環境を荒らしまくり、相性が良いカードが次々と規制されても禁止になるまで暴れる姿はまさにテンペストの名に相応しい。環境を荒らしたおかげでテンペストと相性が良かったドラグニティ使いは多大な被害を受けた。
そして2018年10月にとうとう制限復帰。四征竜の中では汎用性が低い固有効果だから様子見での復帰なのですかね?季節ごとに他の征竜を復帰してこいつを再度禁止する処置をしたりして。まあ、こいつが環境を再び荒らす事があれば今度こそ征竜はエラッタなしの制限復帰は無いでしょう。
そして2019年1月にガンドラワンキルに関わっていたファイアウォールとダークマターが牢獄行きが決定したので無事に年越しできます。
10 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン 2018/12/10 23:46
暗黒物質を纏った禍々しい容姿を持つドラゴン。2回連続でモンスターに攻撃できる効果は実はオマケで、本命はデッキからコストでドラゴン3種類を墓地肥やし。単純にドラゴン族限定のおろかな埋葬3枚分を内蔵しているので弱いはずがなく、実際このカードのコストでワンキルデッキがいくつも開発されているので規制されるかも。最近はガンドラXを用いたワンキルに使用されているとか。
そして2019年1月から禁止に。四征竜を禁止に追いやった本人が嵐征竜-テンペストを生かすために牢獄に行くのは皮肉な運命ですね。
8 聖鳥クレイン 2018/12/07 21:08
どこからでも特殊召喚すれば、1枚ドローできる効果を持ったモンスター。昔のカードであるためターン1制限がなく、何枚でもドローが可能。自分はメタモルポット、八俣大蛇と言った豪快なドロー効果を持つカードが好きなので、このようなカードを増やしてほしいです。共感できる人います?
10 M・HERO ダーク・ロウ 2018/12/04 11:53
相手の墓地利用を一方的に封じ、相手がサーチした場合は手札1枚をランダムに除外させる鬼畜効果を持ったモンスター。攻撃力は帝クラスであるものの、打点を上げてくれるオネスティ・ネオスがいるため戦闘破壊しづらいのも厄介。嫌われる要素満載の効果なのでフリーでも使用する際は、相手の了承を得たほうが良いかもしれません。
10 ファイアウォール・ドラゴン 2018/12/01 07:43
海外ではとうとう禁止になってしまった遊作のエースモンスター。現主人公のエースモンスターであるため長い間禁止を免れていたが、海外では容赦しなかった模様。この影響で日本ではVRAINSが終了するまで生き残る可能性が低くなり、下手すれば年越せないかも。
10 ブロックドラゴン 2018/11/30 23:00
レドックスが岩石族になったようなモンスター。征竜のように墓地コストさえ確保すれば墓地からでも特殊召喚でき、青眼の攻撃にも耐えられる守備力を誇り、自身を含めた岩石族に破壊耐性を付与してくれるので優秀な壁として機能してくれます。また、こいつが墓地に送られてもデッキから岩石族3体までをサーチできるので手札アドを回復したり、こいつを再度特殊召喚するためのコストにもなります。岩石族だから許された効果なのでしょう。
10 魔導書の神判 2018/11/26 22:45
このカード1枚で征竜と互角に戦うことが出来たチート魔法。魔法カードを沢山使えばその分だけ手札の質が良くなり、手札が減らないのはさすがにおかしい。更にこのカードはノーマルなので入手も容易だった。
8 アポクリフォート・キラー 2018/11/26 22:40
特殊召喚できず、リリース3体を要求する召喚条件は重いが効果はかなり強力なモンスター。1の効果は原作・アニメの三幻神よりも強固な耐性であるため、三幻神がこの時期に登場していればこの位の耐性は付与されていたと今も思っています。しかし、リンクモンスターの登場により自身の耐性は通用せず、ライトニングやリーベなどの容易に召喚できる高火力相手にはボコられるので、インフレに付いていけなくなった。
10 超弩級砲塔列車グスタフ・マックス 2018/11/26 21:52
相手に2000バーンを与える汎用ランク10の機械族モンスター。リリースなしで召喚できる時械神、ランク10の機械族モンスターから出せるジャガーノート・リーベと、このカードと相性の良いカードが次々に登場したため以前よりも容易にワンキルしやすくなった。
10 No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ 2018/11/26 21:51
カードの効果を受けない効果かつ守備力4000を持つ汎用ランク10の機械族モンスター。
神竜騎士フェルグラントと似た効果ですが、あちらとは違ってモンスター効果を無効化にしないので器用が異なる。また、素材が切れても守備力4000と強固な壁にしたり、ジャガーノート・リーベを召喚、素材として活用できるので無駄がない。
9 チキンレース 2018/11/26 18:27
汎用フィールド魔法。1000LPを払うことで1枚ドロー出来る効果は優秀で、相手よりLPが少なければダメージが0になるのも魅力。最近ではお互いの場にフィールド魔法が1枚あれば、毎ターン墓地から蘇生できるドーハスーラが登場したので両方採用するのもありですね。
10 The tyrant NEPTUNE 2018/11/26 18:08
ナイチンゲールをリリースしてアドバンス召喚すれば6000打点+完全耐性+5000バーンの効果を得られる凶悪なモンスターと化すため、やむを得ず禁止になった。
9 混沌の戦士 カオス・ソルジャー 2018/11/11 13:59
カオス・ソルジャー初のリンクで開闢に条件付きの超耐性が付与されたようなモンスター。リンク3としては破格の攻撃力を誇り、戦闘で相手モンスターを破壊すれば1500打点アップ、連続攻撃、対象を取らない除外を発動出来ますが、なぜ連続攻撃は次の自分ターンまで待たなければいけないのかは謎です。
10 超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ 2018/11/09 11:33
レベル11モンスターを3体用意するのは手間がかかるため、基本的にグスタフ・マックスまたはスペリオル・ドーラを経由してX召喚するモンスター。1つでも取り除くと6000打点の高火力を得られ、素材の数+1回分の連続攻撃を行えるのは非常に強力。しかし破壊耐性がないのが弱点なので、なるべく特殊召喚したターンに決着をつけたいところ。また変わった使い方としてグスタフの効果で相手に2000バーンしてから、このカードをX召喚し、6000打点になったこのカードをガンドラXで破壊し、相手に6000バーンを与える先行ワンキルも可能。
次の改訂でガンドラXの禁止は免れないな。
10 破滅竜ガンドラX 2018/10/25 17:37
ガンドラがリメイクになって登場。しかしこのカードでテンペスト、守護竜を絡めたワンキルが開発されてしまったので、次の改訂では禁止にされる可能性もあります。しかし、禁止にするとギガ・レイズの一部の効果が使用不可になるのでどうなるんだか。
5 星遺物-『星櫃』 2018/10/24 00:21
1の効果は効果破壊されたリンクモンスター限定の死者蘇生のように扱え、3の効果は通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する場合、相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚すればおろかな埋葬が発動できる。面白い効果を持つモンスターですが、3の効果は特殊召喚では発動出来ないので何か使いにくい。
8 天魔神 ノーレラス 2018/10/19 07:55
お互いの手札・フィールドのカードをリセットする豪快な効果を持つ悪魔族モンスター。エラッタ後の混沌帝龍よりも強力なリセット効果を持っていますが召喚条件が厳しく、攻撃力は2400打点とさほど高くありません。しかし1枚ドロー出来る部分があちらとは違った働きができ、リセット効果の発動にも特に制約が無いため今後も活躍に期待出来るでしょう。ただ、今では手札1枚と墓地さえ肥えていればモンスターを容易に展開できる時代なので過信は禁物。
10 悪夢の蜃気楼 2018/10/14 11:26
デメリットさえ回避すれば最大4枚ドロー可能な強力なドローカード。捨てるのは効果であるため暗黒界、魔轟神の効果を発動出来たり、そのまま墓地肥やしとしても使用できるため、相手からすれば本当に悪夢なカードです。
10 第六感 2018/10/13 08:45
数多くある禁止カードの中でも絶対に復帰不可能な効果を持つ罠カード。自分自身に第六感が無ければ基本的に5、6を狙うのが普通で相手次第ではあるものの当たれば強欲な壺をも凌ぐ大量ドロー、外れても針虫の巣窟並に墓地アドバンテージを稼げるなどメリットの塊でしかない。よくこんな効果で収録できたな。
10 早すぎた埋葬 2018/10/12 10:22
自分の墓地からモンスターを蘇生できる装備魔法。このカード自身が破壊されなければ、このカードで特殊召喚されたモンスターは破壊されないため、このカードをバウンスをして何度でも再利用出来る部分が結果的にまずかった。当初は死者蘇生の下位互換としてデザインしたと思われるが、死者蘇生には真似出来ない芸当をこのカードはやってしまった。
9 強欲で金満な壺 2018/09/25 23:38
エクストラモンスターを使用しなければ実質強欲な壺のように扱える面白い効果を持つドローカード。
多少はデッキを選びますが、雪花の光のような発動後の重い縛りや強欲で貪欲な壺ほど重いコストを要求する訳ではないので比較的使いやすい。発動したターン中は他のドローカードは発動出来ませんが、サーチや墓地肥やしは阻害されないのであまり気にならない。
10 グローアップ・ブルーム 2018/09/22 09:50
グローアップ・バルブがアンデットになったモンスター。このカードをシンクロ素材やおろかな埋葬などで墓地に送り、このカードを除外するだけでデッキからレベル5以上のアンデットをサーチでき、更にアンデットワールドがあれば任意で特殊召喚できる効果なので弱いはずがない。個人的にこのストラクRのMVPはこのカードだと思っている。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>