HOME > ユーザリスト > シエスタ

シエスタ ユーザ情報

アイコン画像 黒蠍-棘のミーネ
評価投稿数 1155
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 6  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
6 収縮 2018/09/18 17:49
巨大化の対とも言えなくないカード、見ての通りステを半分にでき下降幅は大きく大抵のモンスターは戦闘破壊できるようになるでしょう。
速攻魔法なうえ自分も対象にできるところからその用途は多岐にわたる。
間違いなく便利なカードですが、ライバルも非常に多い。
対象耐性の増加によって弱体化よりも強化のほうが有用なことも多くなってきており一騎加勢や月鏡などこのカードでは突破できないカードも対応できる。
月の書や聖杯ほどの影響力もないのでこれらよりも優先していくことは難しくなっている。直接アドを得れるわけでもなく展開力の上昇に耐性持ちの増加、除去が主流になってきていることもありパワー不足に感じてしまうことも多い。癖はなく扱いやすいんですけどね、インフレの波に乗れなかった。
後地味に裁定や計算が面倒なことになりやすいので扱う際はこういった点も注意したいです。
5 あまのじゃくの呪い 2018/09/18 17:32
未だにデバブ逆転効果はこのカード唯一の特権だったりする。裁定が面倒だからでしょうか?
このカードが相手に対し有効に働くかはかなり依存性が強いので、採用するなら基本的に自分からコンボしていくようにしたい。
ヴェノムスワンプや流星の弓・ダークエンドなど色々と考えられる。
残念ながら倍加・半減には影響はなく、光と闇の竜も特殊裁定が出ているため無限に上昇・・・というわけにはいかない。
メタとしては効力がやや不安定であり、サーチも利きづらいため面白い効果ではありますが、現状は実戦レベルの性能とはいえないでしょう。ネタ性は高く将来性はあると思います。
1 E・HERO シャイニング・フェニックスガイ 2018/09/18 17:12
ウィングマンの対と言える存在、不死鳥の名の通り戦闘なら不死でありウィングマンのバーンを戦闘耐性に置き換えた効果になっている。
だが元々低くない打点に加え強化効果を持っておりそもそも戦闘破壊されづらく噛みあっていない。
除去が主流の現在だとただバーン削っただけのウィングマンである。
他の評価でも散々言わせてもらってますが、今は殺られる前に殺れって言われるほど高速化しており壁の価値は激減。
属性の違いがありますが、オネスト対応の属性で勝負の決めやすい効果を持つウィング差し置いてこいつを採用する価値はないでしょう。
1 E・HERO フェニックスガイ 2018/09/18 17:02
壁が欲しいのなら同素材で出せるより強固なワイアームで間に合います。
E・HEROでミラシン対応な点もより有用で汎用性のあるトルネードやノヴァが存在してます。
チラ見せ要員でもエリクシーラーが存在してます。
そもそもE・HEROで壁なんてあまり必要ではなく、とりわけEX枠の厳しいHEROでこいつに枠を空けてやることはよっぽどのエドファンでもない限り無理でしょう。
2 E-HERO ヘル・スナイパー 2018/09/18 16:55
ランパートのE-HERO版、あちらに比べ直接攻撃がバーンに置き換わり更に魔法破壊に対し耐性もあり、攻撃を介することなく安定してダメージを与えられ壁としての信頼性も高くなっている。
しかしダメージを与えられるのは次のターン以降でE-HERO故に召喚手段はやや限られる。昔は地砕きなどが流行っていたこともありこの耐性も信頼性があるものでしたが、環境がインフレしモンスター効果による除去が主流となっている現在では全然頼りにならない。
より緩い素材で召喚でき、より有用な効果を持ったHEROは山ほど存在しE-HEROであることを考慮しても採用は非常に厳しいでしょう。
1 E・HERO ランパートガンナー 2018/09/18 16:43
登場から10年近く経ってようやく裁定が覆ったカード。
だが誤認逮捕などで奪われてしまった人の人生を取り戻すのが難しいように覆ったところでもう遅すぎた。
素材はどちらもE・HEROバニラで持ってくることは容易。しかしできることは1000ダメージを与えられる壁。
珍しい存在ではあるものの2500という守備力も今じゃ大したことなく、より緩い素材かつより有用な効果を持ったE・HEROで召喚できる融合E・HEROは大量におり優先するのはほぼ無理に等しい。
どうしても扱いたいならバグースカあたりと併用するのが手。永続効果なので無効化されることもなくチクチクと攻撃することができる。
リンクを並べる手間があるうえ有用に扱える状況がニッチすぎますが・・・。
1 E・HERO マッドボールマン 2018/09/18 16:31
融合素材であるバブルマンは使今じゃ優秀な展開要員でクレイマンもバニラ戦士と持ってきやすく、E・HEROで融合代用も使用可なので召喚自体は容易。
未だにE・HERO最高クラスの守備力を誇り、打点も下級アタッカーくらいなら戦闘をこなす事ができる。
だがそれだけである、効果はなんもない。なんもないのに「融合でしか特殊召喚できない」の1文のせいで実質バニラでもないというどっかのゴリラと似たような文章のせいで効果でないモンスターのサポも受けることができない。
そもそもE・HEROで壁なんかほぼ必要ないし同じ素材やより緩い素材で召喚できる有用な存在が山ほどいる。
チラ見せ要員でもエリクシーラーが上位互換にいるし他の有用な存在差し置いてこいつを優先する意義はほぼないでしょう。
2 クリムゾン・ヘル・セキュア 2018/09/18 15:21
レモン専用羽箒でスカーライトと併用すれば全てを破壊することも狙える。
だが黒魔導と違ってサーチは利かずレモンはレベル8のシンクロであり、召喚が難しいわけじゃないですが少し手間が必要で特に耐性もない。召喚反応やフリチェ除去には無力なのでこういったカードは召喚前に発動したく今の時代と噛みあっていない。
複数枚除去したいなら消費がかかるもののツイツイの方が使いやすいでしょう。
1 紅蓮魔竜の壺 2018/09/18 14:51
手札消費が激しめのレッドデーモンにおいて2ドローはありがたいですが、レモン召喚ターンに発動できないというラグはあまりにも致命的。
耐性のないレモンを守りきるのは至難の業でしょう。戦線復帰やリビデでエンド蘇生するのも手。
だが発動できたとしてもその後の展開ができず、今のレッドデーモンはダブルチューンやアビス&ベリアルに繋げてくのが基本なので基本戦術を封じてしまってはいくら2ドローでも対価にあっていない。
ただでさえ事故率のあるデッキなので採用は無理でしょう。
4 白のヴェール 2018/09/18 14:43
フリチェが主力のこのご時世で古代の機械効果に戦闘を介する魔・罠除去は時代遅れもいいところ。
ただ1・2の効果により一概にサイク系の下位互換とは言えない。
今の時代じゃ活かしにくい効果にもかかわらずかなり緩い条件で自分に多大なバーンが発生してしまうデメリットまである。
魔・罠を除去したいならもっといいカードは山程存在するので単純な除去カードとしての運用は力不足です。
なので普通じゃない使い方をしていったらいいと思います。
デメリットのバーンですが条件が非常に緩いため、使いようによっては一気にライフを減らしていくカードとしても扱える。ファルコンあたりに装備してバウンスしてまた装備して素材や自爆でもすれば一気に瀕死のライフに持っていける。後は大逆転クイズやレインボーライフや痛恨なんかとコンボすれば理想的。
除去がオマケで付いてるセルフバーンカードとしての運用がいいと思います。
6 ダーク・フラット・トップ 2018/09/18 10:26
二重で素材指定がかけられているので採用できるデッキはかなり限られる。リアクターにて機械以外の種族と併用しづらい点ではネックとなる。
空母な外見らしく展開効果でリアクター関連を蘇生してくれ特にエアレイドを蘇生できる点がセールスポイント。
リアクター自体墓地へ送りやすい闇であり、特にAIは自身の素材になりやすいので蘇生対象は用意しやすい。
撃沈されてもレベル5以下までの機械を手札から展開でき、リアクターは全て対応。除去されてなおエアレイド召喚のサポをしてくれる。
ただ守備力こそ高いものの打点・効果耐性等はなく蘇生できるカードも熱核竜・エアレイド以外は頼りないステータスばかり。
相手もこの空母の存在をいつまでも野放しにしてくれるわけもなく展開効果・蘇生を封じるためにバウンスや除外も狙ってくるハズなので、余裕を持たせる為にも長期の維持は考えずさっさとエアレイドに繋いでいきたい。
リアクターにとっては頼りになる存在。リアクターだけでなく上述の通り熱核も蘇生できるので熱核を採用していてこのカードが出しやすいようなデッキでも採用を見込めないこともない。ただ熱核との併用は色んな意味でオススメしません。
9 古代の機械熱核竜 2018/09/18 10:25
ガジェルのリメイク、そしてリアクター関連最強のステを誇る。
リメイク元の追加効果を簡略化かつ強化したような効果となっており、歯車を生贄にすれば全て得ることができる。
更に魔・罠だけでなくモンスター効果まで封じれ上級殺しのクリスタルをも相討ち可能、更に攻撃すれば魔・罠が除去可能で場を問わないため自分のカードも破壊可、古代の機械の戦術とも噛み合う効果となっている。
最上級古代の機械の中で召喚制限もなく展開は容易、効果だけ見ればリメイク元の上位互換とも言えますが、レベルの違いから一概に上とも言えずレベル9は扱いにくめの数値なので完全に立場を奪っているわけでもない。
また他に最上級の古代の機械では巨人とも枠を争う事になる。単体性能だけならこちらに分がありますが、あちらは数々の専用サポの存在が大きい。
一応リアクターの名も持ちフラットトップから蘇生可能。同じ機械なので狙えない事もない。
単体性能だけ見れば最上級古代機械の中でもトップクラス。構築次第ではエースとして顔を張れる攻撃的かつ強力なカードだと思います。
4 サモン・リアクター・AI 2018/09/18 09:53
エアレイド召喚のキーとなる存在、リアクターの中でも上級だが種族・属性に恵まれるのでサポはしやすい。
専用サポが存在してますが、頼りにならないのでトラスタでのリクルや蘇生を狙っていきたいところ。
ちょっと扱いにくいレベルではありますが、リアクターによく採用されるであろうボンバーとでフラットトップが出せるレベルである点は利点。
上級にしちゃ低いステですが、相手が召喚行為を行えばバーンに加え一度だけ攻撃を無効にしてくれるのでそこそこ戦闘破壊はされづらい。
しかし効果耐性等はなく1ターンだけなので展開力の高い今の時代ほとんどアテにならないので、さっさとエアレイドに繋げていくのが吉。
リアクターの中では一番素早く用意していきたい存在。他のリアクターにも言えますがほぼ効果はアテにせず、いかに早く展開していけるかが鍵になってくる。
4 マジック・リアクター・AID 2018/09/18 09:38
RRに比べれば魔法は採用率が高いので発動機会には恵まれ、表側魔法には特に強い。
ただ先出し必須で相手も見えている効果に対しうかつに発動はしてこないでしょうし基本的にはけん制程度。
耐性もなく低いステータスなので発動機会は恵まれるが、維持などせずさっさとエアレイドに繋げたほうがいいでしょう。
活かす気なら耐性付属は必須です。
4 トラップ・リアクター・RR 2018/09/18 09:31
RRで闇かつ爆撃かます点で共通してますが、残念ながらサポは非対応。
永続罠をけん制しやすい効果でそこそこのバーン火力もある。
ただこのカードが見えている時点で相手も発動してこないでしょうし罠は遅く自身も低ステータスの下級であり、大抵除去されてしまうので抑止力としてはやや弱い。無効にしてるわけじゃないので永続罠ならともかく通常罠なども普通に通してしまう。
維持は狙わずさっさとエアレイドに繋げるのが吉でしょう。
ブラボン対応なのでレベル7Sに繋げやすく基本打点の低いリアクターでは高打点の確保に一役買ってくれる。リアクターの中では一番早く墓地へ送っておきたい存在。
10 彼岸の旅人 ダンテ 2018/09/15 16:46
???「 Im absolutely crazy about it!」
ようやく2枚目が使用できるようになった彼岸のエース、嬉しい限りです。
レベル3×2体と彼岸は勿論レベル3を並べやすいデッキなら簡単に出せる。
X版カーガンといった効果で墓地を肥やしながら打点を上げ1回分のリバイスと同等、デッキトップからなので運が絡みますがうまく行けば更にアドを稼げる。
攻撃後守備になるが返しではすぐ攻撃表示にでき、その守備力も高め。リバイスと違い2500打点で相打ちになることもないしダメージも軽減しやすい。まあ基本その頃にはベアトになってますが。
最大打点でリバイスには劣りますが、除去の豊富な現在1ターンでも生き残ることが難しい時代なので、リバイスより総合的に上回った性能をしていると言ってもいい。
更に墓地へ送られれば彼岸を回収でき、場合なのでタイミングを逃さず素材にしても回収可能とリカバリー力もある。
同名も対象可で準になる為使いまわしが再びできるようになった。
ダンテの中でも特に召喚しやすいのでベアトの下敷きとしても打ってつけ。
彼岸だけでなく墓地アドが重要でレベル3の展開を狙えるデッキでも採用を見込める汎用性の高いXでしょう。
7 アマゾネスの射手 2018/09/15 15:26
こいつの存在が抜けてました、結構ターン制限のない射出系っているもんですね。こりゃもうFWD規制した方がいいな。
アマゾネスですが、戦闘に関する効果はなく汎用的。メガキャノン同様の射出バーン効果を持っていてあちらに比べ少々火力が下がっているかわりに下級で良質な戦士サポを受けれるので総合的な取り回しはこちらのほうが断然上。
2体リリースでバーンは小回りが利かずやや重い、同じ戦士で自身をリリースするだけで然程変わらない火力のトルーパーも存在しますが、それでも場に残りターン制限なく発動できる点はデカい。
キャノソル系同様カードプールが増加する度に危険度を増すカード。現在禁止のキャノソルの代用として採用されることも多く、このカードも元々IFなんかで活躍してたこともあったので規制の可能性も出てきたかもしれません。
追記:結局FWDでなくこいつが逝ってしまった、サイバース作ったAIは人類を滅亡とうんたらいってましたが本当にいろんな物を滅ぼしていきますなぁ。
10 サンダー・ボルト 2018/09/15 13:55
ノーコスで相手のみに全体除去をかますパワーカード。
ただブラホ同様今の環境は相手に展開されてからでは遅いということも多く、先行では大体腐り破壊に強いPモンスターや破壊耐性持ちが随分増えた為、多少除去範囲や使い勝手が劣っていても展開の途中から妨害できるフリチェカードの方が有効ということが多くなっている。
海外ではもう数年前から制限にされてますが、日本では未だに禁止。
環境に対し逆風気味とはいえノーコスの相手のみの全体除去が弱いわけなくこいつを使えるようにすると多くの除去カードの立場を奪ってしまう可能性も高いので、バランス的な意味合いもあるのでしょうか。
自分的には制限で様子見してもいいような気もしますけどねぇ~。
9 風征竜-ライトニング 2018/09/15 12:48
わずか半年程で禁止になったxのライトニングとは別のベクトルでインチキなカード。
この効果によって召喚された征竜は制約を課されていないので、何らかの素材にした後即座に自己再生でき、自身の効果よってコストも用意できているとシナジーの塊で征竜の強さを磐石のものにしていました。
このカードは打点が低いおかげでデブリに対応しデブリ自体も風・ドラゴンと相性がよく親征竜でサーチ可能。風なので強力なクリア・ファストを召喚でき、素材としても恵まれている。
親征竜と併用できたのは僅か169日だけでしたが、10月にて久々に親との併用が可能に。
既にダークマター1キルが開発されているようで禁止の間随分と間が空きドラゴンサポートも増えているため、どう活躍してくれるか不安でもあり楽しみでもあります。
9 嵐征竜-テンペスト 2018/09/15 12:31
風かドラゴンをコストに展開でき打点はタイダルより劣り帝クラスと最上級にしては頼りないですが、墓地コストだけで召喚できる追加アタッカーとしては充分な数値。
場を問わず除外されれば風ドラゴンをサーチできメタ効果を持つコアキメイルドラゴやシンクロに繋げれるコルセスカなど優秀な物が揃っており、アームドドラゴンやドラグだと更に重要な効果となる。
固有効果はドラゴンサーチ、レベル制限もなくサーチでき制限になった後は征竜では使いにくくなってしまったものの強力。特にドラグニティとの相性は抜群でドラグの安定性を飛躍的に高めてくれました。
今ならうさぎもいることですし制限時代でも征竜で狙いやすいかもしれない。
風・ドラゴン中心なら採用しない手はない性能で他の四征竜もそうですが、各征竜制限にしたところで4枚も共通の固有効果持ったカードが使えるのですから征竜中心としては制限でもあまり意味はなく禁止にしておくのが妥当でしょう。
追記:こいつが帰還しましたか、属性がマイナーだから?しかし風にとってはかなりの追い風に。今は風征竜とも併用できますしどう影響及ぼすか楽しみです。
2 ペア・ルック 2018/09/15 12:26
色々とコンボは思いつきますけどね、思うように動かすのにほぼコンボ前提で罠っていう点と損してる点がかなり痛い。
デッキトップ1枚除外程度じゃ相手に与える影響も少ないですし。
コンボカードの割りに見返りが少ないので厳しい性能でしょう。ドローにせよデッキ除外にせよもっと使いやすいのはいっぱいあります。
7 炎の魔精イグニス 2018/09/15 09:26
漁れば大量に出てくるターン制限のない射出系カードの1枚。
このカードは炎限定で超熱血球児に比べ倍率は低いものの、墓地さえ肥えれば軽く球児を肥える火力を生み出し単体でも機能するのが利点。
炎属性には墓地肥やして展開していくノイドやラヴァルなどが存在。地力・展開力共に高く特化すれば凄まじい火力を発揮してくれるかもしれません。
これらのデッキはビートダウン志向が強いので無理にこのカードを搭載する必要こそ薄いですが、現在ターン制限のない射出系カードが(主にFWDとかいう奴のせいで)次々に禁止指定されており、このカードはコストが限定されているので炎デッキが環境に上がってこない限り環境で見かけることは少ないと思いますが、墓地肥やしの豊富さ・真炎を有する炎なのでFWDの展開も容易で、今じゃその可能性は高い。
8 破壊輪 2018/09/15 08:56
エラッタ前は力不足になってきている単体破壊カードとはいえフリーすぎる割に高い火力を生み出せ多様な扱いができ、多くの戦いにてエンドカードとして名を馳せた。
エラッタ後は相手のモンスター限定で相手のライフ以下のみ対象とやや相手に左右されるようになった。
これによってゲームエンドになることはほぼなくなったうえ、終盤になるほど扱いにくくなってくる。
相手のエース級を破壊するのは難しくなってしまいましたが、エース召喚段階、つまり素材は大抵打点が低い傾向にあるので妨害力はまだまだ顕在。
ただ除去なら召喚反応だが全体の激流やこれよりフリーで破壊耐性にも通用する強脱などライバルも多い。ライフによる被害も相変わらずなので、ライフをコストにすることの多いデッキとは相性が悪く多少デッキを選んでしまう。
エラッタ組の中ではまだ今でも通用できるカードですが、相手依存なうえ先行では腐る性能なので、昔ほど採用されることはないと思います。
今はバーンメタに対する対抗手段も兼ねてバーンデッキにて採用したほうがいいかも。
海外のように準くらいまで許してくれてもいいんじゃないかと思ってます。
とか言ってたら早速・・・。
10 サモン・ソーサレス 2018/09/14 21:29
超便利なカード、
素材指定はトークン以外の同種族と緩めで近年のテーマは種族が統一されていることも多く、そうでなくともリプロドクスの効果によって大半のデッキで召喚できるように。
マーカーはデコードと同じ扱いやすめのマーカー、EXゾーンに居てこそ力を発揮できるカードなのでEXゾーンに置くことは必須。
効果により手札のモンスターを送りつけることができ普通に使えばディスアドですが、レベル制限等特に制約もなくイドなどを送りつけたり自身の効果トリガーにするなど様々な活用が狙える。
そしてリンク先と同じ種族のカードをリクルートしこれが強力。
場では無効になるもののそれ以外制約がなく更なる高リンクになれる他、無効になることを逆利用するコンボやABCやボマーエアレイドなどパーツ集めにも役に立ち様々な活用ができる。
自身のステータスも上級レベルにあり普通にアタッカーとしての使用にも耐え、ガチでもファンでも活躍間違いなしな有能カード。
なんだかチェインと同じ臭いがしますね、何かの拍子で禁止にいくこともありゆる性能だと思います。
追記:ウボァーいざ禁止になるとショックです。お世話になりました(涙)
3 メガキャノン・ソルジャー 2018/09/14 21:27
メガ化したキャノソル、重さが増したがその分火力もあがっておりその差3倍。
しかしリリースが必要な上級でさらに2体ものリリースと重すぎるのが難点と大きくて火力は高いが取り回しが悪い奴の典型的な例。
可能な限り特殊召喚をしていきたい、必ず2体リリースしないといけないので小回りが利かず地味に属性が下級版と違うのも痛い。
ダメージが上がっていても下級版も1ターン制限がなくループできて倒しきれるなら結局変わらない。
また多少ダメージが下がるが下級かつ増援対応の射手も存在する。
カードプールが広がっていてこいつを呼び出すのも楽にはなっていますが今後キャノソルがエラッタか禁止にされた時コイツがハジけれることがあるのでしょうか?
決まったわけではないですが仲良くエラッタあたりが妥当だと予想はします。
追記:これを採用された型が結果残したみたいです。本来扱いにくいコイツでコレなのですから、ここまでくると自身を強くしている原因(主にFWD)を規制するしかないですね。でもやっぱ回数制限ないバーンもやっぱ危険かなぁ。
9/14:FWD「身代わりアリシャス!」
7 TG ラッシュ・ライノ 2018/09/14 17:46
主にメタビ軸のTGにて活躍していたサイ。
自分のターン限定ですが、打点2000で攻撃でき大抵の下級はねじ伏せれる。ライオウに弱いTGにとってこの点はありがたい。
返しのターンは戦闘破壊されやすいですが、サーチに繋げやすいので損失は少ない。有用なサーチ対象のウルフが獣戦士であり戦闘破壊を誘いやすいことから幻獣の角との相性がよく、返り討ちを狙いアドを稼いでいける。
ただアクセルシンクロを狙う程のS中心のTGにとって展開効果がないのは痛く、打点のインフレであまり大したことない戦闘力になってしまったこともあり、TG出張セットに組み込まれることはストライカー制限後も少なかった。
ただ現状唯一のレベル4非チューナーTGなのでサイマジの効果を発揮するのに必須。サーチ効果持ちTGの水増しとしての役割も期待が持て、純TGなら充分採用が見込めるハズ。
9 TG ワーウルフ 2018/09/14 17:29
特殊召喚できる下級TG、天キ対応なのでストライカー同様引っ張ってきやすい。属性にも恵まれダーク・カオスのコストとしても活用できる。
下級モンスターの特殊召喚をトリガーに展開でき、同カデゴリーではストライカーと、同じレベル3ならフォアードやベイゴマと相性が良く召喚権なしでSやX・リンクに繋げられる。
相手の特殊召喚にも対応する為、緊急時の壁としても使えないこともない。
ストライカー同様サーチ効果も備えリカバリーも充分、送りつけにも向いている。
トリガーが必要で単体で特殊召喚をできるライバルは多く存在しますが、どっちかというと併用して更に展開力を上げてくれる存在。
TGストライカーとの出張に始まり9期では同じ獣戦士である十二獣に採用され環境での活躍度は高い。
下級中心にEXカードに繋げるようなデッキで活躍しやすく、汎用性の高い展開札だと思います。
6 TG サイバー・マジシャン 2018/09/14 16:44
TG・Sに限り手札シンクロできるTGチューナー、だが現状ライノかカタパ×2としか組み合わせられないのがネックなうえ、出せるのも単体じゃそんな強力なラインナップじゃない。
レベル1・ステータスは0なので引っ張ってきやすくウルフ等同様のサーチ効果も備えており、EM1で送りつけるには打ってつけのカード。
便利とはいえ対応カードが少なすぎるせいで使いづらさの方が目立っていましたが、ここに来て新規のTGが登場する情報が舞い込んできた。
今後の新規次第では一気に化けるかもしれない。本来なら4点にしたいとこですが、期待を込めてこの点で。
8 TG ストライカー 2018/09/14 16:34
サイドラ条件で特殊召喚できるTGチューナー。
TGのサーチ効果だけでなく増援でも引っ張ってこれるのが大きな利点。
かつてはこの点を活かし同じ召喚条件を持つご隠居と共に採用され、シエンの素材に活用されていたこともあった。
地属性である点も地属性中心に放り込むだけで、高い制圧力を持つナチュルSに繋げられる利点になる。
非破壊時のサーチは遅いが妨害された際のリカバリーになりありがたい。
かつてはワーウルフと共に出張したためか制限になり、TGにとってとんだとばっちりを喰らう事になりましたが、現在この召喚条件が先行では使えずサーチも今じゃ遅く感じ制限にする程の性能でもなくなったからか今じゃ無制限。元の鞘に収まった感じに。
昔ほどではないですが、様々なデッキに採用を見込める優秀なチューナーでしょう。
8 TG1-EM1 2018/09/14 16:15
恐らく現状のTGで固める意義、切り札と言っても過言じゃないカード。
強制転移のような効果で、あちらに比べTGが必要で罠なので速攻性がない点で劣るが、交換するカードを自分が選べ強制転移の難点であった場の左右されやすい点が大きく克服されているのが利点。
状況が整えばフリーで発動でき妨害力も高く、TGは破壊されればサーチやドローを備えている者も存在する為、コントロール奪取しつつアドを稼ぐことも狙える。
TG魔・罠の中でも特に優秀と言えるでしょう。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>