HOME > ユーザリスト > シエスタ

シエスタ ユーザ情報

アイコン画像 黒蠍-棘のミーネ
評価投稿数 417
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 3  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
10 簡易融合 2018/04/24 16:58
洒落のきいたイラストに非常に便利な効果を持ったカード。
様々な属性、種族に1~5レベルの融合を呼び出せ素材確保に非常に役にたつ。呼び出した融合はエンド時自壊してしまいますが、融合召喚なので蘇生制限を満たせるうえ効果も無効にならないときており、素材確保だけでなく様々な活用を狙える。
欠点はEXデッキを圧迫しやすいことや、1000ライフコストも決して安いわけでなく終盤では腐ることもある。まあこの性能の前には些細な事ですが。
ノーデンが現役だった頃はこれ1枚で2体分の生贄やX召喚が可能だったので大会もカップ麺早食い大会と化し、かなりのパワーカード化して制限になったことも。
初期の融合などに新たな存在価値を与えてくれたカードでもありますが、同時にこれ前提にしたかのような融合も登場していて正規融合の必要性を無視したかのような調整はハリファ×Sチューナーに似たものがあり少し害悪にも見えますね。
9 隣の芝刈り 2018/04/24 09:16
遊戯におけるデッキ構築の常識を覆したカード、知っての通り墓地が第2の手札とも言われるこのゲームでそのコンボの起点ともなる強力な効果を持ったカード。
デッキ構築能力が問われ最大限に効果を発揮するにしても、相手や状況に左右されやすい不安定な部分もあり扱いの難しい部分も多い。
しかしそんなリスクを負ってまで得れる対価も大きく、デッキの枚数を増やすことに大きな意義を見出した画期的なカードと言える面白いカード。
8 無限光アイン・ソフ・オウル 2018/04/23 16:40
セフィロン召喚サポキター!!ヽ(≧▽≦)ノ まあ時械神全般サポですが時械神にセフィロンを採用する意義がようやく出ました。
アイン・ソフからさらに耐性が強化され破壊されなくなっており、場持ちが強化されている。場に居続ければいるほど強力なのでこの耐性は強い。
1ターンに3箇所から時械神を召喚条件無視で展開でき、サンダイオンだけでなくセフィロンをも展開可能。時械神の強力な効果もあって複数の時械神の攻撃が通れば大体は勝負を決められるでしょう。
更に時械神自体にも対象耐性を付属し、さらに共通のデメリットであったデッキバウンスも封じれ場持ちを格段によくしてくれる。
非常に強力ですがその分発動にも手間かかるカードで、このカードに繋げれる各アインの発動条件もセフィロンと相性がよくない。運用の重さ、遅さと事故の可能性がこのカードの大きな難点。
手間はかかるが見返りの大きさ・派手さは充分でいい感じのロマンカードだと思います。
8 無限械アイン・ソフ 2018/04/23 10:05
サーチしやすくなった代償かTFにあった2ドロー効果は失ってしましました。
アインから引っ張ってこれるのでアインの効果もあってこの手のカードとしては比較的発動は容易。
アインに比べ耐性が強化されていて、破壊以外の除去が多いご時世なのであまり過信はできませんが場持ちはいい方。
1ターンに一度手札の時械神を展開でき、強力な効果を持つ時械神を複数体並べることを狙える。相手ターンでも発動できるので時械神の耐性もあり防御としても使える便利な効果ですが、時械神共通の効果によりデッキバウンスしてしまうので考えなしに使うと大きく消耗してしまう。
オウルのサーチもできますが、アインと違いこのカード自体に墓地を肥やす手段がないので並べた時械神をX・リンク素材にするなどして工夫したいところ。
ただ時械神を複数展開するだけなら覇王門を利用したP召喚もあるのでこれを採用するならオウルとの併用を前提にしたい。
9 虚無械アイン 2018/04/23 09:51
アインシリーズの中ではTFの効果に近い効果でカード化。
アインシリーズのキーとなる存在で、ドロー効果はTFに比べレベル10全般になったため比較的汎用性のある効果となっています。
他のアイン・セフィロンの布石となり、時械神の捨て蘇生をし複数並べることも狙える便利な効果。
そしてアイン・ソフのサーチができ上述の効果によって発動も比較的容易ですが、2の効果は1ターン1つしか発動できないので素早く発動を狙うならこのカード以外にも墓地を肥やせる手段を用意しておくのが望ましいでしょう。セットなのでうららに強い点も利点か。
更に1度だけですが破壊耐性も備えており、2の効果の遅さを補っているありがたい効果。
レベル10全般に採用可能な便利なカードだと思います。
9 トポロジック・ガンブラー・ドラゴン 2018/04/20 18:55
初のEXリンクに関する効果を持つリンク。
リンク4と重めですが、ヴァレル程でもなく素材指定も緩いので様々なデッキに搭載可能。マーカーは相互向け、普通に使う分にはメイン向けですがこのカードの場合リンク先やEXリンクに関する能力があるので他と事情が異なる。
ハンデスに関する効果を持っており癖は結構あるんですが、先行からでもかませるハンデスって結構ヤバい臭いがするんですよね。その癖もプレイング次第でカバーできんこともないですし、既にいくつかえげつないコンボが開発されてるとも聞きます。
EXリンク時に発動できる効果も工夫も必要で大変ですが不可能って程でもない効果。ただ他のトポロジック同様1の効果が強制であるが故に、思うように発動できないこともあるのでこちらもやや癖がある。ちょっとオーバキル気味ではあるもののロマンはあり狙う価値ある効果だとは思います。
全体的に他のトポロジックらしく癖はあるが、ハンデス系らしくうまく決まれば一方的な展開に持ち込むのも不可能ではない効果で緩い素材指定故に汎用性があり今後が少し怖いカード。
10 時械神ミチオン 2018/04/20 17:22
TFでもめちゃお世話になりました。
時械神共通の堅牢な破壊耐性に加えただ攻撃するだけで相手ライフを半分にできる。他にライフ半分にできるカードは涅槃やアトランタルなどがいますが、重かったり発動後制約があったりするそれらに比べ条件が簡単かつ何の制約もない。
このカード自体巫女で加えやすく蘇生など駆使し同名カードを並べ効果発動後グスタフに繋げるだけでワンキルできてしまう。
「半分にする」というテキストの関係上バーンメタにも強い。
難点を言えばこのカードだけで勝負は決めづらく序盤でないとダメージ効率が落ちやすいとこでしょうか、このカードは割りと手札に加えやすいので後者はあんま気にならないかもですが。
ライフ半減効果に厳しめのこのゲームで何かしらの制約がかかると思ってたんですが何もなしというのは時代は変わったなーと感じさせられます。
FWDのような1ターン制限の付け忘れでないことだけを祈りますね。
7 ヴァレルガード・ドラゴン 2018/04/20 11:47
リンク4のヴァレル兄弟ウルレア統一とならず、残念です。
素材指定は効果3体以上と重めですが、展開力の高いデッキなら苦でもなんでもない緩さ。マーカーはソードを逆にしたような向きで相互リンク向きになっておりロードと比べると使いやすさでは劣る。
リンク4のヴァレルが共通して持つ耐性でこいつは効果破壊耐性と割りと堅牢、さらに破壊された自分か相手のモンスターを魔・罠ゾーンのカードをコストに蘇生できる。ソード同様のチェーン封じ付きの守備変更効果も備え、ソードと違い裏側守備も対象にできるのでリバースとのコンボも狙えガードの名に相応しくリカバリー性能が高い。自身も高い打点を備えるので相手の戦闘破壊したモンスターを奪いやすい。
ただなんというか他のヴァレルに比べるとコストが必要だったりと今一派手さがない。自分からカードを破壊していくヴァレットや真竜なんかとは相性がいいですが、単体での性能は劣るように感じます。
素材指定こそ緩いですが、他のヴァレルほど汎用性がある効果と言いにくくコンボ向きな性能のカードだと思います。逆に相性のいいデッキなら他のヴァレル以上に活躍する可能性も。
9 時械神サンダイオン 2018/04/20 09:32
アニメボスカードでも屈指の強カードであったこのカードも高い再現度を得て遂にカード化に、ようやく時代が追いついたんだなと感じます。
時械神共通の破壊耐性に加え、攻撃後2000ものバーンを与えられる高火力なカード。
さらに究極除いて唯一時械神で4000もの打点を持っており相手モンスター1体は破壊しやすく時械神やバーンデッキが苦手とするレオニダスや無効効果にもやや強い。
しかしこの高打点を持つが故に巫女でサーチできないという大きな難点もある。更に妥協召喚も相手依存になっており他の時械神に比べやや扱いにくい部分も存在する点が評価を下げます。
とはいえ安定した高火力に加え時械神の苦手とするスキドレの対抗手段にもなる存在なので時械神で採用しない手はないでしょう。
他のバーンデッキでも高い活躍も見込める優秀なカード。
この調子でドン千のヌメロニアスも高い再現でカード化してほしいものです。
7 時械神ガブリオン 2018/04/20 09:17
アニメ版のをそのまま出しては今でも強力過ぎますしTFのだとカミオンの下位互換になってしまうのでどうなるかと思いましたが、中々の再現をしてくれました。
相手のカードを全デッキバウンスでき自身の破壊耐性もあって比較的妨害されにくい。
そのかわりデッキに戻した数までドローさせてしまうデメリットもある。展開するのに複数枚のカードを消費したカードを戻せれば軽減はできるもののやや安定しない。
ただエクストラに戻した場合は含まれず現環境はエクストラから複数展開していることも多いのでこの点は噛みあっている。
しかしモンスターを戻すだけならバーン付きのメタイオンで間に合っている。
少々安定しない活躍になりがちな点が評価を下げてしまいますね。
7 時械神ラフィオン 2018/04/20 09:08
時械神共通の破壊耐性に加えて戦闘したモンスターの攻撃力分のバーンをかませ、この手のカードとしては珍しく「元々」でないので変動している分もダメージとして与えられる。
現環境は高打点のモンスターが序盤から並ぶことは日常茶飯事でうまくいけばサンダイオンをも上回るダメージを叩き出せますが、それでも相手依存になりがちなので単体じゃ安定しないのがネックになる。
使うなら壊獣と併用するのがよくこのカードを妨害してくるようなカードを処理しつつ高いダメージを叩き出せ、シズキエルならアインのコストにできることもありシナジーは高い。
時械神に1枚は採用しても損はないんじゃないかと思います。
6 時械神ハイロン 2018/04/20 08:56
時械神の中でその美貌もあって見た目は一番好きです。TFでも自分にハンデ付けてこのカードの効果活かしポイントを荒稼ぎするインチキ戦法でお世話になりました。
時械神共通の破壊耐性に加えて自分のライフが相手より低い場合その差のダメージを与えるという変わった効果。
普通に使う分にはやや安定しないので自分からライフを減らしていくカードと併用するのが望ましい。
デビフラなんかと相性がよくレベル10の融合を呼び出し、デビフラを自爆特攻などさせてどうにか自分のライフを2000以下にした後このカードの効果を発動。その後グスタフに繋げればワンキルを狙うことができる。
ただライフアドは軽視されがちで相手も何かしらのカードでガンガン減らしていく可能性も高いので中盤以降は活躍しにくくなる。
他の時械神に比べ単体ではやや安定しないことが評価を下げるコンボ向きな性能。
10 PSYフレームロード・Ω 2018/04/19 17:19
なぜか登場当初はあまり注目されなかったカード、あの頃はまだARCが盛り上がっていてレッドワイバーンなどに話題掻っ攫われてたせいですかね?
素材指定はなくシンクロ中心のデッキなら幅広く採用が可能。
どの効果も名称1ターン制限などなく相手に手札がある限り除外ゾーンに逃げることが可能で少し変則的なハンデスが可能、同時に除去も回避でき厳密には違いますが出しやすくなったブレガンみたいなもの。しかもあちらと違い戻る際特殊召喚でもないので警告も奈落も受けない。おまけに能動的にメインゾーンに移ることが可能。
除外ゾーンのカードを戻すこともでき除外されたカードの再利用を狙え「仁王立ち」と併用すれば攻撃ロックが可能。さらに墓地にいる際は自身と互いの墓地どちらかのカードを1枚戻せ、墓地メタか再利用まで可能と実に多様な活躍ができる。
上述の通り1ターン制限が付いてないせいで先行3体並べ3枚ハンデスするというどこぞの満足龍のような活躍をしクソゲーを連発してしまったので制限になってしまいました。
しかし単体で活躍する分には3の効果もありなんの問題もない。効果をフルに扱えるデッキなら高い活躍間違いなしの強力カード。
6 希望の魔術師 2018/04/19 16:44
主人公の扱うエースとカデゴリーが融合した夢のコラボ!と聞こえはいいのですが・・・
素材指定がないので召喚はしやすくデメリットのないスケール8と優秀、
P効果もOCGのホープの効果を意識したような物でまあ悪くない効果。
効果の方もオッドアイズPの召喚を補助しやすい効果で素材補充効果もXの特性と噛みあった効果だと思います。
しかし展開効果はそもそも手札からの展開に長けるPデッキなのでわざわざ自身の効果を使ってまで無効守備にして展開というのは旨みもなく噛みあっていない。素材指定こそないですが自身の効果はP召喚中心のデッキに採用すべき効果なので採用するのはPデッキとなる。
しかしそうなるとかなりのライバルが存在し同カデゴリーだと星刻などより有用な効果を持った存在が多数存在する。
一応他にない利点としては素材指定のない光魔法使いXなので、アストラルからノリトに繫ぎやすい存在となります。
全体的に悪くない効果なのですが他に優先できる存在が多数いるので現状ではどのデッキに採用すべきなのかイマイチわからないです。
魔術師はともかく基本Pなど採用しないホープでは希望にもならん性能でなんとも微妙なコラボとなってしまいました。
8 月の書 2018/04/19 14:19
かつては制限も経験したことがあるほどのカードで戦闘補助から妨害、自軍のモンスターに使用することでリバースモンスターの補助から防御と実に多様なことができる速攻魔法。
しかし現環境で活躍しているリンクモンスターは守備にできない関係上このカードの効果を受けないのが痛。また地砕きなどと同じことが言えますが、高速化してしまった今の環境で1枚程度では対応が間に合わないことも多い。
現在は自分のリバースモンスターなどに使うのがベストとなる、とはいえこのカード自体も非常に使い勝手のよいカードであることには変わらない、汎用性の高い優秀なカードでしょう。
8 ツイン・トライアングル・ドラゴン 2018/04/18 17:35
下級ドラゴンを素材指定しており召喚するだけなら同パックのゲートウェイなどを活用するのが手っ取り早い、最近は下級ドラゴンの質も大分良くなってきているので召喚は容易でしょう。
マーカーは下右と1つしかリンク先を拡張しないもののメイン・EXゾーンどちらにおいても活用できる。
効果により上級以上を蘇生でき単体でリンク3に繋げられる中継として優秀な効果、ただ下級を素材しているのに効果に必要なのが上級と噛みあっておらず活かすには準備が必要となる。
素材指定の関係上ドラゴン族で使用していくことになり、ドラゴンは優秀な上級が沢山いるうえ墓地を肥やせるカードも豊富な為効果を活かすのは難しいことではない。
下級を素材にしつつ上級を展開していくデッキなんかと相性がよく、うまく活かせるデッキなら様々な活用ができる便利なモンスターとなるでしょう。
3 マガジンドラムゴン 2018/04/17 17:24
闇ドラゴン縛りをかけられており必ず3体必要なのでリンクを使った軽減はできない。マーカー向きはメイン向き、相互リンクを狙える向きですが自身の効果の関係上活かしにくい。
特殊召喚時にドローできる効果と中継にする際アドを回復できる効果ですが、発動するとリンク先に展開できなくなり折角のマーカーが活かせない。中継として使うにもリンク4のヴァレルモンスターの素材として使いにくく素材としても微妙、トポロジックの中継としてはまあいいかな程度。蘇生し中継として使いまわす度にドローは決して弱い訳ではないですが、この重さと制約の手間に見合っていると言い難く打点も低いのでアタッカーとしても使えない。
こんな扱いづらい性能しているのにスーレアと地雷枠化してしまっており余計ヘイトを集めている。
貴重なEX枠1つ使うほどの性能ではなく現状での採用はかなり厳しい、せめてヴァレットの名を持っていれば大分マシだったんですが。
10 ドラグニティ-ドゥクス 2018/04/17 14:41
ドラグの展開の要の1つ、基本的にファランクスかクーゼを装備して解除からのシンクロというのがこいつの流れ。実質釣り上げ効果を持ちヴァジュランダ経由で一気のレベル8のシンクロの召喚を1枚で可能にします。
一応打点強化効果を持っており自身も含むので装備カードと合わせれば1900打点と下級アタッカーにしては充分な数値になる。すぐシンクロに繋げることが大半なのであまり活かすことはないですが。
弱点は装備する関係上モンスター効果メタだけでなく魔・罠の妨害にも弱く弱点が多いところ。中核的存在のこのカードが結構脆いところがあるのがドラグの弱点とも言えますね。
それくらいドラグでは重要な存在といえるカード。
9 ドラグニティ-ファランクス 2018/04/17 14:30
ドラグの展開の要の1つ、装備状態から解除して展開できチューナーなのでそのままシンクロやハリファイバーに繫ぐことができる。クーゼと比べ様々なシンクロに繋げれる柔軟さがウリ。ドラゴン族なので渓谷・霊廟で送れ調和の宝札にも対応しており墓地にも送りやすい。
難点は墓地除外に弱いことや装備してから展開という特性上サイク系の速攻魔法魔・罠除去に妨害されてしまうことがある点か。また必須クラスのカードの割りにロクな採録をされておらず結構値が張る。1枚あれば充分働けるのですが、除外の危険性やバルーチャの効果を活かす為など構築次第ではやはり複数枚は欲しくなる。
ドラグだけでなくサイバーダークでも活躍できるちょっと変わった優秀なチューナー。
9 剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ 2018/04/17 09:06
別に制圧的な効果って訳でもないのでたしたことないだろうと思って相手したら想像以上に堅くてびっくりしました。
素材は剛鬼3体以上とマスターに比べ重めですが、剛鬼のサーチと展開力を持ってすれば容易に召喚できる。
マーカーもEX・メインに出しても活かしやすい優秀な向き。
高い打点に加え自身の攻撃力以下のモンスター効果を受けず効果対象になれば打点を下げて無効にでき、1の耐性の穴をカバーできる。更に3の効果のトリガーにもなる。
現状リンクは3000以上のモンスターというのがおらずリンク相手にはほぼ無敵、剛鬼はイゾルデをよく採用している関係上不死鳥剣なども採用しており強化手段も豊富で通常時以上に耐性を強化しやすく戦闘でも破壊されないのでダメージは受けてもライトニングにも強い。
簡単に除去するならブラホやミラフォなどとなりますが、現在そんな採用率は高くなく流行している泡影やうさぎなどには軒並み強いのでそういう環境なこともこのカードの堅牢さに拍車をかけていると思います。
単に突っ立ってるだけで活躍しやすく環境で活躍している剛鬼には現状採用されづらいでしょうが、純剛鬼の切り札として間違いなく活躍できる存在。
8 ドラグニティ-クーゼ 2018/04/16 17:42
ドラグの新規チューナー、ファランクスと同様自己展開能力を持ちあちらにに比べシンクロ先に制限が掛かっている代わりにレベルを4として扱える効果を備えている。この効果のお陰でアスカロンに繋げやすい他今までほぼ出せずにいたバルーチャの召喚を容易にしてくれる。バルーチャ自体も環境の変化により有用性が上がっています。
シンクロ先に制限があるもののそれ以外には制限が掛かっておらずリンク素材にする分には問題はない、ファランクスと同様の解除から展開効果を持ったモンスターの枚数が増えたのでバルーチャから一気に展開しやすくなりました。
他の新規同様ドラグの弱点を補うカードではありませんが、ドラグの新たな戦術を可能にしてくれた良カードでしょう。
8 ドラグニティ-セナート 2018/04/16 16:50
手札のドラグを切ってデッキからドラグを装備できる効果を持ち、特性上墓地にクーゼやファランクスがあればあるほど真価を発揮できるバルーチャとは相性がいい。身代わり効果を持ちますが、装備したカードをすぐ解除してシンクロすることがほとんどだと思うのであまり使う機会はないでしょう。一応下級ドラグの中では攻撃力は高め
リクルート効果を発動するとEXからドラゴンしか出せなくなる。ドラゴン族がエース・切り札となるドラグにとってあまり問題にはならなさそうですが、チューナーを使うデッキである以上強力なハリファイバーが出せなくなってしまい柔軟さを失うのは少々痛い。
また手札を切って発動する以上無効にされた時の損害もドゥクス以上に痛くなるので気をつけたい。
まあ悪くない新規だと思います。
9 ドラグニティナイト-バルーチャ 2018/04/16 09:08
今まで出しにくさの割りに手間に見合ってると言い難い効果でありましたが、クーゼの登場により簡単に召喚しやすくなりさらに新規カードやリンク召喚との相性のよさから使い勝手が大幅に上昇。
効果により大量のドラゴン族ドラグを装備し装備したドラグによって高い攻撃性を持たせることが可能ですが、基本的にアタッカーとしてではなく繫ぎとしての運用になる。ファランクスやグーゼを装備しそれらを展開することによってアスカロンやドラギオン、リンクモンスターなどをさらなる大型を展開していくことになる。
自身の効果を最大限活かす為には大量のグーゼやファランクスを墓地へ落とす必要があるのである程度準備が必要、渓谷やセナートなどで積極的にサーチして墓地へ送っていきたところ。
現在は切り札級へ繫げるためのモンスターと言ってよく今後のドラグで新しい戦術を可能としてくれるでしょう。
9 ヴァレルソード・ドラゴン 2018/04/14 15:33
ロード同様効果3体以上の指定で重めではありますが展開力あるデッキなら容易に召喚できる。
マーカー位置はロードと違い相手の方に向いてしまっておりメインに置くと1つしか拡張してくれないので相互はしやすいもののこの点はロードに比べ劣る。
フォース効果を持っていてさらに対象もとらず突破力は非常に高い。相手の場に4000以上のモンスターしか存在しなかった場合強化効果と連続攻撃によってワンキルも可能、個人的に究極隼でも突破可能な点がうれしい。
表示形式変更効果はリンクには無力なもののチェーン封じによって信頼性が高く自軍を守りやすい、連続攻撃のトリガーでもありますが相手を守備にすると貫通でも付属してない限りダメージ効率が悪くなり自軍を対象にすると事実上対象モンスターの攻撃を放棄することになるためプレイングでカバーしたい。
戦闘破壊耐性も持っていて元々高い打点に表示形式変更によって守備も堅めですが、現環境では3000超えのモンスターが複数並ぶのも珍しくないのでありがたい効果。
高い打点、強化効果と連続攻撃によってリンク随一の戦闘力を持ったモンスターだと思います。
10 ハイパースター 2018/04/13 09:22
リンク2の斜め下マーカーには☆な見た目のモンスターが多いですね。
レディエントの光属性版で光においてEXゾーンを拡張するのに向いたカード、光であること以外に縛りはないためトークン・バニラでも素材にできフォトン・サンクチュアリやヴィーナスから玉など展開手段は多い。
強化効果によりオネストの存在によって元々強めの戦闘力をさらに高めることができ闇は遭遇率が高いので弱体化効果も発揮しやすい。
破壊された場合に発動する回収効果もレベル制限もないのでケアとして優秀。ジョー同様恵まれた属性の1つだったので変な制約かけられんじゃないかと思ってましたがそんなことなくてよかったです。
10 見習い魔嬢 2018/04/13 09:22
見習い魔女がリンクとしてリメイク、しっかし10数年経っても見習いだなんてセンスない娘ですね。まあ肝心の能力は優秀なんですが。
待望の闇リンク、闇は優秀なのが揃っておりデスガイドだの終焉の焔などで展開は容易。
EXから用意できる全体強化は便利で、BFなどは特に相性がいい。種族も優秀で棺の対象にでき蘇生した場合マーカーは活かせませんが素材・強化効果で充分活躍できる。弱体化効果も遭遇率の高い属性なので発揮はしやすめ。
破壊されればレベル制限のない闇サルベージとこちらも優秀。恵まれている属性だったので変に制約かけられるのではと心配でしたが杞憂に終わって良かったです。
様々な闇主体のデッキに採用を見込める優秀なリンクでしょう。
10 ソウル・チャージ 2018/04/12 17:44
当初はドーマ編のパワーカードがここまで再現されてOCG化とは時代は変わったなと思いました。普通にみても冷静にみてもかなりのパワーカード、レベル制限も蘇生枚数もなく効果も無効にもせず蘇生ってのはぶっ壊れレベルとしかいいようがありません。膨大なライフを払うので他のライフコストを払うカードと併用しづらいことや高速化する環境でバトルができずほぼ相手に1ターンの猶予を与えてしまうのが痛いのでそれでバランスはとってるようですが、前者は構築やプレイング次第で、後者はその1ターンさえどうにかすればよくこのカードを駆使して相手に反撃の隙すら与えぬ布陣にしてしまえばあまり気にならない。
総じて汎用蘇生の中でも最高クラスの性能。ファンでもガチでも使える優良カードと言いたいですが、環境デッキが扱えば理不尽さが増長してしまってもいるのでやはりヤバい性能だとは思います。
6 リゾネーター・エンジン 2018/04/12 14:47
サーチ対象は広く有用なものが揃っており、リゾネーター自体も複数のチューナーを使ったシンクロに長けているデッキなので発動自体は割りと簡単。
リゾネデッキでも風来王やスプリンターと言った有用なサーチ対象がおり登場当初に比べ非チューナー側がレベル4という噛みあわなさもカードプール増加により大分解消されています。
ただデッキに戻すというコストがリゾネーターのサポカと相性が悪くライジング・カーペットの蘇生対象やシンクローンの回収効果が使いにくくなってしまう。比較的簡単とはいえ1ターン目ですぐ発動しにくいというのも少々使いづらい点の一つ、サーチカードにおいてすぐ使えないのは大きな難点。
対象の広いサーチカードではありますが、結構癖のあるカードだと思います。
10 ハリケーン 2018/04/12 14:36
大嵐やハーピィに比べ破壊するわけではないので直接アドをとるわけじゃないですが、非破壊時に発動する効果を回避しつつ魔・罠ゾーンを空にできるので安全性は高い。次のターンにはまたセットされちゃいますが、それも発動ターン中に決めてしまえば問題ない、高速化している現環境ならなおさらです。それ以上に自分のカードを戻せるのが利点で意味もなく残っていたりするリビデやデモチェといったカードを戻し再利用したり1ターンに一度しか発動できない永続を戻して再び発動なんてこともできる。
大嵐やハーピィよりワンキルやコンボに向いたカードと言え、調整版とも言える局地的ハリケーンがある以上エラッタして出てくる必要もないと思うのでよほどのことがない限り戻ってくることはないでしょう。
8 D-HERO デッドリーガイ 2018/04/12 14:17
肩に祭壇乗っけてたり頭にD乗っけてたりしてることの多かった9期の新規Dの中ではダークヒーローっぽさがあるカッコいいデザイン。
Dの融合体の中では素材が緩めでヴァイオン1枚から出せ、ディアボを素材に融合すればそのままランク6に繋げれる。効果は消費が荒いものの打点が低く墓地で効果を発揮することの多いDとは相性がよい、手札からもモンスターを墓地へ送れるため墓地肥やしのスピードは速く自身の効果ともかみ合っている。
ディストピアと並べることであちらの効果のトリガーにもできますが、その為だけにこいつを呼ぶのはやや消費が荒く新ルールにより一手間かかるようにもなってしまった。
消費の荒さは目立ちますが、祭壇の中継や自軍全体強化によりワンキルの補助など融合軸のDでは仕事が多く優秀なサポーターとして活躍ができます。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>