HOME > ユーザリスト > TK

TK ユーザ情報

アイコン画像 未選択
評価投稿数 147
オリカ投稿数 1  オリカを見る
デッキ投稿数 3  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

カード評価文字数ランキング 21,423 文字 85位
遊戯王カード評価数ランキング 147 件 99位

投稿一覧

1 2 3 4 5   >>
得点 カード名 登録日時
6 ヴェルスパーダ・パラディオン 2018/10/17 13:15
移動効果はパラディオンに守護竜を加える場合に新たな価値が出た。
リンク先に星辰→エルピィなどを出し移動といった形でコンボする。
余談だが、上記の流れは守護竜の結界のイラストから続くであろうストーリーをなんとなく再現する構図となる。
6 転生炎獣ヴァイオレットキマイラ 2018/10/13 13:51
全ての効果を攻撃力に捧げた脳筋の極み。並々ならぬ殺意を感じる。
転生ヒートライオの効果からこちらに繋げる動きが理にかなっておりカッコいい。
クロックドラゴンほどバカげた攻撃力にはならないが、あちらより素材指定が緩くデメリットもないため使いやすくはある。
融合要素のあるサイバースデッキにも採用検討できる。必要なパーツは好みの「サラマングレイト」モンスター1体とヴァイオレットのみで良く、デッキバランスはほぼ損なわない。ラジエーター等とも相性が良い。
採用するサラマングレイトがミーアであればデバッガーやコードジェネレーターで持ってきてそのままSSでき、融合したくない時は他の用途の素材にするなりで腐りにくい。サーチからのSSで場に出しやすいのでミーア+伏せ(超融合?)といったブラフ遊びも面白い。
「融合識別」を投入すらなら雑多な汎用融合デッキでも機能するようになる。ただ、持ち味を活かせるよう、素材の元々の攻撃力の合計が2400以上を自前で用意できるようにしたい。
10 守護竜ピスティ 2018/10/13 13:37
ハリファイバー単体始動の場合は留守番枠。
エルピィの項同様の動きで機能するので、悪巧みが失敗した際の二の太刀として使うのもいい。
基本的にはレダメを過労死させるのがお得だが、除外ギミックとコンボするのも面白い。
10 守護竜アガーペイン 2018/10/13 13:10
エルピィ、ピスティから続くであろう守護龍。
メインにサクッとアビスレモン、クリスタル、FA→ダークマター等を出すというなかなかふざけた動きができる。展開を止められなければ、だいたい死ぬ。
8 閃刀姫-カイナ 2018/10/13 11:40
墓穴などで指名して元を絶たないとシズク→レイ→カイナで耐えられてしまう。
攻撃封じは相手ターン終了時まで有効なので、相手の大型を除去しきれなかったりで機会があれば自分ターンでも使って嫌がらせしよう。
9 サイコウィールダー 2018/10/13 11:29
レベル3起点のデッキで便利。インヴォ、ハリ、ケルビ等と選択肢豊富になる。
緊テレうさぎに加えてこのカードといった感じ。
9 魔神儀-カリスライム 2018/10/13 11:17
魔神儀の事故率が緩和するし儀式デッキの安定性も高まって便利。
墓地へ行っても問題ないか、むしろ送りたいヴェンデット等とも好相性。
10 守護竜エルピィ 2018/10/13 11:12
現状のプールでハリファイバー1枚からガンドラFTKを仕掛けられる恐怖の門を開く。
汎用として普通に使うならハリファイバーから鎖龍蛇+ドラゴン族などが手っ取り早い。ドラゴン以外も展開する気ならヴァレル系、鎖龍蛇(2枚目)、天球やスリーバーストあたりで撤去できるようにしておくと良い。
8 マドルチェ・プティンセスール 2018/10/13 10:52
Emフレイム・イーターやイゾルデと同様、以前のSS状態は問わない発動後からのSS制限。
なのだが、展開起点を担う効果であるため、マドルチェを並べても意味のない先攻などでは非常に足枷となる。取り敢えず②を放棄し4+4でバグースカあたりは立てやすい。
梟、エンジェ1枚(梟の墓地コスト1枚が別途必要)あたりからティアラミス、打点としてはその後ワンキルライン(シャトー、ショコア、梟、メッセン×2)まで行ける、さらにチケットとティアラミスのおかわりがあるので状況に応じてさらに展開可。
ほぼカテゴリ内で完結してこういった動きができるようになったため、植物とかの汎用パーツを使い果たした時に奥行きを与えてくれる。マドルチェ以外は汎用妨害などで埋めメタビ寄りにし戦うデッキも面白いかもしれない。
8 アークロード・パラディオン 2018/10/12 18:42
狙え!ガンドラFTK!
8 TG ワーウルフ 2018/10/09 01:46
緊急時に追加の素材やらにできるので余っているなら手札に握っておくと少し安心。
8 TG トライデント・ランチャー 2018/10/06 23:57
基本的にTG2枚とジェットシンクロンなどの3枚からデルタを狙っていける。さすがに特定の3枚を必要とするので確率はそこそこ。
サーペント、ラーヴァを含む4+1+3+2等の盤面にできればおまけで司書の2ドロー付き。
調律、天キ、化石調査、ワンチャンなどで確率を上げられるので必要なら入れよう。
出すのをヴァレルS(ハリ装備)あたりに妥協するなら一気に敷居が下がり高確率で初手から実行できる。
いずれにしても相手ターンにシンクロを行う場合は相手メインフェイズが優先権を行使してからになり、ブラホなどが放たれると悲しみが襲う。少しフォローが欲しいかもしれない。
10 増殖するG 2018/10/05 16:14
リアルチキンレースをしかけるカード。
SSをほぼ行わない妖仙獣やバーンなど敢えて挙げればある程度で、腐る心配はしなくていいレベル。うららや墓穴で撃ち落とされても浪費させるという面で仕事はできている。
発動を伴わないSSが予想されるなら、ドローフェイズなどで早々に使っておくと良い。
10 灰流うらら 2018/10/03 00:47
なにか特殊なデッキ相手でもない限り発動機会に困ることはないであろう汎用必須カード。
その発動機会の多さゆえ、あらゆる状況で最大限の効果を発揮するにはデュエリストの知識と経験に大きく依存する。
また、「効果を無効」をしていく性質上、発動に伴うデメリット制約はそのまま残していく。
9 強欲で金満な壺 2018/10/03 00:33
強貪に比べメインデッキの安定性を確保しやすい。逆にEXをあまり利用しないデッキにも投入される、さくらやスケゴからの展開を組み込んでいる場合はそれらが腐る可能性が出てくる。
SSがあまり重要でないなら「ドロー」していない強謙とは共存できるので、そちらと一緒に投入すると良い。
9 ヴァレルロード・S・ドラゴン 2018/09/29 14:28
リンク・チューナーを採用していて、それなりにレベルが揃えばどのデッキでも出す機会はある。
ディアボを落としてイゾルデ始動する戦士族でも出しやすい。
戦士チューナーをリクルートし、そのままハリファイバーまで行き、レベル2チューナーとディアボと、後半が懐かしい感じのS召喚で出せる。
状況に応じてダークロウなど他の展開にしてもよく、このカードを1枚入れておけば制圧布陣のバリエーションを増やせるだろう。

ケアレスミスか一部のレビューで弱体化されているが「効果の発動」全てに対応した「任意効果」である。
8 ヴェンデット・チャージ 2018/09/29 14:00
消費は激しいが便利で展開の幅が広がる。
速効魔法のため最後の一押しにレヴナントを呼んだり、儀式体+αで展開し強引に倒しきる時にも有用。
ちなみにコストの墓地送りにトークンは使用できない。誤って対象としないように。
10 SRベイゴマックス 2018/09/28 14:08
召喚権を温存しての展開起点となり得るカード。このカードからと、もう一方の2本立てで展開ルートを用意することが多い。2つとも妨害できなさそうな場合は、なるべくピン刺ししていそうな妨害するとクリティカルになりそうな中継点を狙うといい。
似たようなセットではオフリスコブラのような事故が起こらず、適当に入れても安定性を損ないにくい。
8 BF-隠れ蓑のスチーム 2018/09/27 17:14
バルブジェットのように1枚からの展開はできずレベル3なので取り回しも劣るが、本家BFのようにSSが得意で展開力のあるデッキならば上手い具合に捌けるだろう。①にターン制限がないのでソリティアにも向く。
終末マスマケルビあたりを採用しているなら、入れておくと良い仕事をするかも?
8 屍界のバンシー 2018/09/24 00:01
そのままサーチしたり、墓地などに置き除去に対し2枚目の圧をかける。
フリチェなのでこちらからドーハの効果で攻めていけるが、ドーハ側が時の任意効果であるため、マストなタイミングではやや確実性に欠けるかもしれない。
10 グローアップ・ブルーム 2018/09/22 14:50
レベル1のチューナーであり、アクセス手段は豊富。
ドーハや手札に加えても腐りにくいフロイラインなどSS・サーチ先の有力候補はそれなりにあるが、あれもこれもと上級を入れすぎると事故を誘発する。
アンワとヴァンパイアサッカーが既に存在しているならドーハを手札に加えるという選択肢もある。召喚権が必要だが、相手2体をリリースしてアドバンス召喚できる。
アンデット以外を絡める場合はデメリットによりやや展開順序を縛られるが、効果発動後のSS制限なのでそこまで気にならない。
8 デコード・トーカー 2018/09/22 00:41
元祖。性質としては汎用。
マーカーの都合上、他のコード・トーカーとのかみ合わせが悪く、EX枠の枚数が厳しいコード・トーカー主体のデッキからはハブられる事もしばしば。
EX枠が余っているデッキになんとなく投入され、微妙な布陣になったときになんとなく出される。
9 ヒステリック・サイン 2018/09/20 17:27
命削りヒステリック羽根吹雪で制圧だ!
7 EMオッドアイズ・ディゾルヴァー 2018/09/16 01:27
微妙な感じの効果だが、EMオッドアイズとしてサーチできる器用な融合カードとして見るとそれなりの動きができる。
素材として手札のPモンスターを墓地へ送りたかったり、コピーの強い覇王スターヴをガンガン使ったり。エレクトラムをコピーすればPゾーンからも退場できる。
最悪でもモンスター効果の①があるのでお茶を濁せる。
7 真紅眼の不屍竜 2018/09/07 23:00
アンワ介護が必要な強いゴヨウと言ったところ。
①②共にアンデットワールドに頼りがちだが、双方の墓地状況によってはかなりの高打点が期待できる。
戦闘を介すまでは何もできず、昨今では遅いものの、そのぶん効果は自分・相手問わずの完全蘇生で強力。中盤以降、攻めの選択肢として無くはない。
ユニゾンビ、終末デストルなどがデッキに入っていれば効果が活かせそうな時にすぐ出せるだろう。
8 王宮の鉄壁 2018/09/07 00:28
自分のために使用するのもありだが、優位性を実感できるのは除外デメリットを回避してからさらに再利用する時ぐらいと遅め。
自分も除外コストを払えなくなるので地味に窮屈である、やはりメタとしての採用がベターか。
8 閃刀機関-マルチロール 2018/08/22 13:22
エンドシズクサーチでウィドウなどの速攻魔法をすぐさま自身に使えばそれを墓地からセットできる。バレバレだが、伏せるカードが皆無なときは一考の価値あり。
9 儀式魔人リリーサー 2018/08/18 13:12
儀式の強み。
儀式デッキの構築に悩んだ時に何となく入れると異様に強く、何か違うような気がしてくる。
適用条件が「儀式召喚したプレイヤーから見て相手」、表側で「存在」と、コントロール奪取やモンスター効果の無効化など一部の打開策を遮断する。
加えて儀式召喚したカードに何らかの耐性や対策が施されていることも多く、相手を苦しめる。
シナジー特化のため汎用除去などを入れていないと、デッキによっては詰むことに。
10 トロイメア・ユニコーン 2018/08/15 17:43
トロイメアの一角。EXリンク的なことをする場合、ドロソは神剣で充分か過剰のため留守番することも。
汎用としてもデッキバウンスが強力なのでEX枠が空いているならオススメの1枚。
9 死霊王 ドーハスーラ 2018/08/07 02:00
アンデットワールド下であれば①の効果それぞれと②の蘇生で制圧しつつ素材要員にもなれる。対象を取らない除外は自分・相手を問わず墓地からも可能と非常に強力。
二段構えの牽制になっており、除去・無効を知りつつ相手がゴリ押ししてくることは少ない。アンワ張り直しの保険が不要ならバンシーなどで相手ターンも能動的に動いて妨害するといい。
うららとの組み合わせも強力で、前者で妨害しつつ除外効果も使うという悪夢のようなコンボとなる。そして、相手のうららは無効にする。
また、自分・相手の表側フィールド魔法があれば取りあえず蘇生できる。おろ埋、ユニゾンビ、サモソと墓地へ置くことに苦労はしないだろう。必要なら自己蘇生を待たず馬頭鬼などで直ぐに立てられる。

スタンバイフェイズの蘇生を狙う場合、直前に盆回し・サイクロンなどでフィールド魔法を除去・封鎖されると目論見が破綻したりする。バンシーや防御できるものがあると盤石。
また、魔法・罠への対処はお留守なので過信は禁物。
1 2 3 4 5   >>