HOME > ユーザリスト > にしん

にしん ユーザ情報

アイコン画像 城之内(アゴ)
評価投稿数 140
オリカ投稿数 875  オリカを見る
デッキ投稿数 5  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など もはやこれまで

遊戯王ランキング

遊戯王オリカ投稿数ランキング 875 枚 9位
遊戯王SS投稿数ランキング 30 作品 36位
カード評価文字数ランキング 27,590 文字 74位

投稿一覧

1 2 3 4 5   >>
得点 カード名 登録日時
6 一族の結集 2018/09/08 19:39
汎用蘇生札。破壊されても同名カードがセットできるので蘇生成功率は高いものの、種族という条件がある。ただし大抵のデッキは種族ほぼ統一なので普通に蘇生する分には完全蘇生なので申し分ないが、普通に蘇生するだけなら死者蘇生や戦線復帰等が存在するため罠カードという点を活用しない限りは採用は他の枠に割いてもよさそう。
10 死霊王 ドーハスーラ 2018/09/08 19:35
アンデット・ワールド環境上だと相手の効果をノーコスト無効にし、フィールド魔法があると蘇生できる死霊王にふさわしい性能。アンデット族であるうららも牽制できるのでアンデット属デッキでなくともフィールド魔法採用デッキならピン刺ししておいてもいいレベルだが、魔法・罠には無力なので過信は禁物。墓地除外も可能なのでやはりアンデットがメインか。

蘇生条件がフィールドゾーンなので相手ターンにフィールド魔法を張れるメタバースとは相性がよさげ。
6 ヒュプノシスター 2018/09/05 21:10
勘違いしている人がいるようなので評価投稿ついでに指摘。

評価は完全なるPメタ。ただ自分がPモンスターを使うデッキから2100打点、2200の下級壁になるものの、それ以外の使い道がないので微妙。代用できるカードはいっぱいある。Pメタとしてサイドに1枚ぐらい忍ばせる程度。

指摘については、現在のルールで魔法・罠ゾーンの両端がPゾーンとして扱われる条件はPモンスターを魔法扱いで発動した、または置いた時のみです。Pモンスター以外の魔法・罠をセットしたり永続魔法・罠の発動をしてもPゾーンとして扱われないので自己強化は不可能です。
8 ビンゴマシーンGO!GO! 2018/05/28 18:21
普通に強力なサーチカード。同名3枚でも問題ない時点で強力だが、欲しいカードがすでに手札やフィールド、墓地に渡っていたりすると安定性は若干落ちる面でー2点分。

ただしこれだけない!って状況なら同名3枚サーチが可能なため、特に儀式軸では初動から終盤まで安定する。お目当てはやっぱりカオス・フォームだが、手札と状況によってはブルーアイズ本体やカオスMAXのサーチをしたりと特に初動では足りないものをこれ1枚で持ってこれる利点がある。扱いづらいというよりむしろ使い方によっては非常に万能サーチカード。
9 ヘクサ・トルーデ 2018/05/12 07:52
童話デッキのメインアタッカー。

金の城に依存するものの、ノーリリース召喚&金の城によるデッキリクルート、2600打点の2回攻撃+味方の永続打点アップ、そしてターン1の除去と非常に強力。ただし召喚、除去は完全に金の城依存なので打点と連続攻撃目的で出張はできなさそう。
10 怪鳥グライフ 2018/05/12 07:52
金の城専用サーチカード・・・と思わせてレベル4鳥獣族召喚・SS時にサイクロンを放つブレイカー並みかそれ以上の汎用性の高さを持つ鳥。おまけにサイクロン効果は「場合」なので確実に発動するという鳥頭おかしい鳥。更には金の城からでもデッキから飛んでくる本当に鳥頭おかしい鳥。童話デッキ以外でも汎用除去カードとして大出張されそう。

ゴブリンドバーグやサモプリと合わせてもいいです。「場合」の効果合わせてトリオンの相互~上位互換としても採用できそう。
10 シュトロームベルクの金の城 2018/05/12 07:52
童話デッキの要。毎ターンの10枚除外は0時までの時間を表しているか。4~6ターン以内に決着をつけるべし。

召喚権を放棄してでも童話シリーズの性能からしてデッキリクルートは非常に強力。除去なら鳥かおばさん、展開ならシンデレラと状況に応じてデッキから召喚権だけで呼べるので非常に万能。盆回しで敵に送ってデッキ破壊もできたり、ダ・イーザも大量除外を利用できる。更には相手の攻撃時に確実に跳ね返すという強力な防御もあるが見えてる以上相手も承知の上なので、少しの抑止力とおまけ程度か。
6 飛行エレファント 2018/05/11 03:46
トムの勝ちデース

原作通りの流れをうまく効果にした飛行エレファント。相手ターン中に1度の効果破壊耐性がありかつ、適用された次の自分のターンに直接攻撃を決めれば特殊勝利できる。普通の下級としてみればそこそこの打点で獣族というのを利用したりできる。

主な運用方法は相手ターン中のライバル・アライバル、リビデ、変化の術などでの相手ターン中の除去にチェーンしての展開。ただし相手が全体除去をするタイミングは大抵メイン1中なので戦闘破壊されればそれまでだし、魔法・罠も除去されていれば実質バニラのこいつだけが残る。1の適用条件も相手の効果なので扱いにくいのが難点か。
7 ヴァレルガード・ドラゴン 2018/04/20 20:15
ヴァレル武具ドラゴンシリーズ第3弾。ヴァレル~共通の効果3体以上LINK4と相変らず重い。

効果破壊耐性、フリチェでの守備表示化は除去とビートダウンを兼ねる相手なら強固な守りになり、2の効果も魔法・罠ゾーンのカードコストに蘇生と守りに徹する効果を持つ。コストが必要なものの、2のトリガーが「このターン破壊されたモンスター」なので、自身の戦闘などで相手モンスターを破壊して蘇生コントロール奪取も可能。効果無効も素材にするなり壁にするなりと使いやすい。マーカーもソードとは違ってこちら向きに多いのも特徴。

ただしロード、ソードと比べると見劣るものの、使い分けはできるので状況に応じて出すことになりそう。
3 希望の魔術師 2018/04/19 01:24
希望ェ・・・

魔術師と言いつつPモンスターのサポートXモンスター。といいつつ素材はレベルさえ合えばなんでもいい汎用Xモンスター枠。モンスター効果が希望皇ホープ関連、P効果およびP召喚時効果が魔術師を意識したP関連。P効果は恐らく「魔術師デッキで星霜のペンデュラムグラフを使え」って書いてある。相手ターンでも攻撃を止めつつ自壊できるのでビートダウン系への防御札としてはそこそこ。X素材効果もリクルートだったら普通に便利だった。

・・・ただし魔術師にはエレクトラムと星刻の魔術師というこれよりも普通に便利な奴がいるという現実。魔術師以外でもエレクトラムが優先どころかエレクトラムのみが採用されるでしょう。
5 予見通帳 2018/04/16 17:27
ノーコストで2ハンドアドと化す通帳。ただし発動後の自分の3回目のスタンバイフェイズと非常に遅い。

黄金櫃と比べて少し遅い代わりに大量ドローなので、序盤に手札に来れば中盤は楽になる。が、あちらと比べて事実上のサーチではないので引きたいカードがあるならデッキトップ操作をしなければならないし、遅いので中盤、後半に引くと黄金櫃以上に腐る。ただしカードを選ぶのではなくデッキの上から裏側除外状態なので、サーチ扱いとなる黄金櫃とは違って相手にカード内容がばれないのが唯一の優れている点か。
4 サイコ・エース 2018/04/14 22:30
モンスターゾーンからリリースされると対象除去。サイキック族なので緊急テレポ対応だが・・・うーんという感じ。

アドバンス召喚軸としても他に特殊召喚手段や二重召喚等の展開札がなければ1体の通常召喚モンスターだし扱いにくすぎる。採用するにしても汎用性の高いカードが色々あるのも扱いにくい原因。わざわざ枠を割いて採用するには厳しい。
3 マガジンドラムゴン 2018/04/14 22:16
素材の重さおよび条件の割にはとてつもなく低い打点と効果とデメリット。実質ヴァレット専用なものの、打点の低さと重さとデメリットのせいで微妙。オッドアイズに採用するとしてもエレクトラムというこれと天地の差の性能の奴がいる。更にリンク3なのでヴァレットとしてもヴァレルロードorソードに繋げられないのも残念なところ。何故これがシクレ、スーレアなのか・・・
6 孤毒の剣 2018/04/13 04:21
汎用版方界波動。といったところ。ただしこちらは波動みたいに相手モンスターの攻撃力を下げないし、基本的にサーチができないし、装備モンスター以外のモンスターが出てしまうと自壊するし、自分側が相手にトークンを生成されても自壊する。まさに孤独で毒の剣。

基本的に自分フィールドのモンスター全てを使って切り札1体のみにする時に使える。究極隼や最終砦隼、覇王龍等の効果耐性もち切り札や、元々単騎かつ高打点のSinなどに装備させると単騎で圧倒できる性能になり、クリスタルウィングやインペリオンマグナムなら除去さえ来なければワンキルに近いダメージを叩きだす。基本単騎で戦う閃刀姫も相性がいいが、展開等でリンク召喚を繰り返す関係上、これの維持はできないのでここぞという時に使うのがベストか。変化するのが元々の攻守なので、元から0だったり低い場合は効果が薄いのでアバターやヲーらに装備させるのは向いていない。このカード自体に耐性がないが、装備させるのが基本切り札レベルのモンスターなのであまり気にしなくてもよさそうだが、切り札を出すまで手札で腐ることになるのが難点。あとは直接攻撃では倍にならないところも注意か。
7 弩弓部隊 2018/04/13 02:40
まさかの弾はモンスター。

イラスト通り、自分のモンスターを弾(リリース)に相手のカード1枚を撃ち抜くもの。相手のモンスター、罠・魔法問わず破壊できるかつ罠カードなのでエスケープには使えるものの、基本2:1交換&自分のモンスターは「コストでのリリース」なのでリクルーター等が持つ、破壊をトリガーにする効果が使えないという欠点を持つ。利用法としては闇黒世界を発動し、相手モンスターをコストでリリースして相手フィールドのカードを破壊することで1:2交換にしたり、聖刻や一部クリフォート、同パック収録の星冠等、「このカードがリリースされた場合」等の効果が使える。

組み合わせ前提ではあるものの、上手に活用できればアドバンテージを取れる1枚。
8 ヴァレルソード・ドラゴン 2018/04/13 02:07
ヴァレルロードと同じく効果モンスター3体以上かつLINK4の大型リンクモンスター。

3の効果で覇王眷竜ダーク・リベリオンを弱くしたような攻撃宣言時に相手の攻撃力を半分吸収してかつ、2の効果で連続攻撃をすることができる。更には2の効果がフリチェなので妨害に使える上、ヴァレットの効果発動と攻守一体の効果を持つ。戦闘破壊耐性を持つので相手の切り札の攻撃もダメージは受けつつ受け止める。

ただし守備表示にさせて連続攻撃とはいえ貫通効果を持っておらず、蔓延している効果除去に対しては全く無力なので過信は禁物。今後一定リンク以上のリンクモンスターに効果対象&効果破壊耐性を与えるカードが出れば無双できるが、これのせいで出ないだろうなぁ・・・
10 見習い魔嬢 2018/04/13 02:00
恒例の昔のカードを属性汎用リンクリメイク。闇属性のサポートだが、長き時をたっても見習いなのは魔法の才能がないのか、別の道に歩んだか・・・

属性汎用リンクリメイクと同じく闇属性強化と光属性弱体化。他汎用リンクと同じく闇属性デッキに採用できる優秀なリンクモンスター。闇属性が多い「魔術師」では魔法使い族なのでペンデュラムグラフによる対象耐性の恩恵を受けつつ打点およびサルベージができるので、展開役のエレクトラムと共に採用できる。
10 ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム 2018/04/10 02:11
メタルフォーゼのサポートだと思った?実はペンデュラム全体のサポートだ。

メタルフォーゼ名乗りつつL素材、効果全てPモンスターのサポートというやばいやつ。ドクロバットやアストログラフをEXに送り付け、2の効果で手札に加えたりと色々アドバンテージがとれる。L素材次第ではペンデュラム・ホルト等のペンデュラム魔法カードが使えたりとペンデュラムデッキ・・・特にメタルフォーゼのメの字もないオッドアイズや魔術師あたりが最も恩恵を受けたカード。状況次第ではドクロバットが使いまわせるのもかなり強力。リンク数、リンクマーカーも優しいのも強力。

2の効果を考えて虹彩の魔術師を制限にした張本人だが、虹彩よりデュエリスト・アドベントや時空ペングラの方を制限にした方がよかったレベルでの超救済カード。
10 闇黒世界-シャドウ・ディストピア- 2018/04/06 05:07
とりあえず名前がかっこいいので効果を見てみる。
1の効果:みんな闇属性はまぁカード名やイラストに合った効果でいいね~
2の効果:・・・は?

1の効果で全体闇属性化な上に2の効果がターン1で相手モンスターを効果コストのためにリリースできるという強力な効果。おまけに超融合、ウイルス、エネミーコントローラー等の過去のカードが猛威を振るったり、Pデッキだと覇王眷竜も出張できる。主な用途はみんなの評価の通りアフリマやリリスのコストを相手に支払わせるというものだが、活用できるカードが多すぎる頭おかしいカード。ただし相手モンスターをリリースするとトークンは相手に生成されるのでS素材やL素材、アドバンス召喚に使われてしまうのが唯一の欠点だが、その欠点すら気にならないレベルで強力だし、相手ターンではツイツイなどのフリチェカードのコストにしてしまえばいい。更にフィールド魔法なのでテラフォ、メタバ、凡で楽々サーチ&発動できるという・・・
8 ミラーフォース・ランチャー 2018/03/24 04:38
除去が用意な現環境だからこそ出てきた徹底したミラフォのサポートカード。永続罠なので手札1枚と引き換えにサーチor回収でき、自分ターンにはセットできる・・・除去が少ないデッキ相手だとこの見えてる地雷に対してこの上なく辛い。セットされた状態で除去されるとどこからでもミラフォとこれを持ってきた挙句、そのターン中に発動できると強力。そしてミラフォドラゴンのサポートに。
10 シューティング・ライザー・ドラゴン 2018/03/20 01:41
シューティング・ドラゴンの名前持ってるからスタダ関連になるのかなーと思ったら汎用Sだったでござる。

デッキからレベル6以下のモンスターをおろ埋しつつ自身のレベル調整をしつつ相手ターンにS召喚も行える上、自身もドラゴンなので復活の福音に対応するというコンボ必須だが現ルールでも素早くかつ幅広いシンクロ展開ができる。墓地発動型のモンスターや防御効果持ちモンスターと非常に相性がいいし、もちろん墓地肥やしカテゴリとも相性がいい。
10 クインテット・マジシャン 2018/01/16 18:02
昔にありそうでなかった魔法使い族の究極体。一見素材条件が非常に難しそうに見えるものの、覇王軸「魔術師」や未来融合を絡めた「魔導書」「シャドール」なら比較的容易に満たせる。

現ルールを考慮したズァーク視点から見ると、魔法使い族×5かつ5種類であちらと同じく相手フィールドの全破壊に加え、ズァークが効果対象、効果破壊耐性しか持っていないのに対し、こちらは対象にはできるものの、効果破壊耐性、リリース耐性を持つ。ステータスも500高く、リンクモンスターを採用しないズァーク軸ではほぼ上位互換となりうる性能。ただし効果対象耐性がないので除外とバウンスには弱い。

ただし「魔術師」だとPモンスター故に墓地には貯まりにくいので、同雑誌付録の円融魔術ではなく普通の融合を採用することになりそう。

未来融合で封印されしパーツ全5種を墓地に送ることもできるので「エクゾディア」でも有効な1枚だったり。
3 ヤジロベーダー 2018/01/14 12:48
カードの評価をしろ。

面白い効果を持つ扱いにくいノーレアらしいカード。メインモンスターゾーンを移動しつつ、縦列破壊というプレッシャーで相手の召喚場所を牽制したりできる。

ただし、初回は中央にしか出せないせいで自分のEXゾーンが巻き込まれやすかったりとやはり扱いにくさは否めず、相手次第の時点で遅い。上手に扱うならリモート・リボーン等とのコンボ必須。

そして最大の欠点はこいつがレベル5であること。
9 ペンデュラム・ホルト 2017/12/15 02:43
ペンデュラムデッキなら超簡単に満たせる条件の強欲な壺。ただし発動したターンはデッキからカードを取ってこれないデメリットを持つ。

みんなが言う通り最後に使うのがベスト。どのカテゴリも大抵そうだけどペンデュラムデッキはサーチを多用するため、これをメイン1の最後に使うべきカードとなり、実質ノーデメリット。地味にデュエリスト・アドベントの対象にもなっているが、アドベントを採用する「魔術師(特にズァーク軸)」においてはこの2ドロー以上に必要なカードが複数存在し、かつメイン以外でもサーチをよく行う、かつこれも初手あたりで来ると腐るのでこれの採用枚数を考えたいところだが、それ以外のペンデュラムカテゴリでは3積み必須レベル。

余談ですが最初ペンデュラム・「ボ」ルトと空見をしたのは俺だけじゃないはず・・・?
4 ストームサイファー 2017/12/05 18:12
対EX。レベル4としては規格外の攻撃力を持つが、直接攻撃不可+EXゾーンに手出しできないデメリットを持つ。

しかし、逆に相手のEXゾーンのモンスターからは攻撃されず、効果も受けないので相手がEXゾーンだけに頼るノンリンクデッキ相手だと強固な壁となりうる。ただし、今の環境だとメインゾーンモンスターでも効果破壊や上級モンスターによる戦闘破壊等が容易なのがネック。

初手でこいつを置いて様子見でもいいかもしれない程度。
9 パワーコード・トーカー 2017/11/28 01:41
素材がモンスター3体とリンク2の中継が使えないものの、戦闘破壊特化の性能を持つまさにパワーコード。

メイン、EXどちらでもリンク先を確保できるものの、こいつのメインはターン1の効果無効とリンク先をリリースしての4600打点。対象を取るものの、戦闘破壊耐性を持つモンスターでさえ突破し、リンク先リリースで強引に戦闘突破する。自分フィールドのデメリット持ちを無効にすることもできるので、臨機応変に1の効果を使いつつ、2の効果で4600打点を浴びせるコード・トーカーのパワー枠。欠点は中継が使えないぐらいか。
9 LANフォリンクス 2017/11/26 23:54
効果を持たないリンク2。条件がゆるいので大量展開や連続展開が得意なカテゴリだとこれからのEXデッキから2体出せる。

一部デッキだとカテゴリモンスターや属性汎用リンク2等強力なものが多いが、とりあえずリンク採用したいデッキにはちょうどいい1枚。

ただし効果を持たず、サイバース族なので更なるリンク召喚には少々向き不向きがあるが、汎用性の非常に高いリンクモンスター。
10 フレッシュマドルチェ・シスタルト 2017/11/25 06:23
マドルチェのリンク。シャトー下では2000打点と素マドルチェ並みだが犬と同じくまず2体墓地に肥やしつつ出せるマドルチェ。

プディンセス軸を更に追い込むリンク召喚のルールと効果を持つ。リンク召喚時に墓地に2体は貯まるので初期では2回の破壊耐性と、女王様の効果の発動に使える。マドルチェモンスターなのでマナーでどんどん打点が上がり、破壊耐性も相まってマナー軸では女王様と共に暴れる存在になりそう。そして肝心のシャトーを守れるので女王様軸では非常に有力で、ハッピーフェスタ女王様マナーワンキルが更に捗りそう。ミセスなんてなかった・・・かも?

・・・そのせいでプディンセスついにほとんど採用されなくなりそうだが。
9 マドルチェ・ハッピーフェスタ 2017/11/16 14:16
マドルチェの隠し玉と言っても過言ではない強烈な1枚。元々マドルチェは手札に溜まりやすいカテゴリであり、大量展開からのリンク・女王様の除去・姫様展開+マナー等をからめれば1キルもたやすく、マドルチェの隠し玉どころか切り札的な存在。純マドルチェなら他罠カードと共に伏せておけば牽制にもなる。

デッキに戻るデメリットも女王様や汎用ランク3・4につなげれば問題なく、展開も「任意の数」なので追加展開しやすく、特殊召喚なので郵便屋も効果を発動でき、マドルチェカード故に女王様の効果や敢えての1除去のみからの素材コストにマナーも発動できるのも強み。唯一の注意すべき点はこれの前に妨害対策は出来ればしておきたい。
8 マドルチェ・マナー 2017/11/16 14:06
リンク召喚およびミセス・レディエントの登場である程度は活用しやすくなった1枚。ハッピーフェスタ等の大量展開前提だがリンク召喚とハッピーフェスタとこれと女王様を絡めると1キルしやすく、姫様のアドバンス召喚やエンジェリーからのこれも使える純マドルチェで輝く1枚。欠点は罠カード故に遅いことだが、純マドルチェカテゴリなら他の罠カード等を絡めて牽制すれば発動しやすく、女王様軸なら相手ターンでのコンバットトリック&緊急墓地整理にも使える。

実際に純マドルチェデッキを使ってみると実は意外と使うタイミングがあったりする。
1 2 3 4 5   >>