HOME > ユーザリスト > にしん

にしん ユーザ情報

アイコン画像 城之内(アゴ)
評価投稿数 113
オリカ投稿数 468  オリカを見る
デッキ投稿数 5  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4   >>
得点 カード名 登録日時
9 ペンデュラム・ホルト 2017/12/15 02:43
ペンデュラムデッキなら超簡単に満たせる条件の強欲な壺。ただし発動したターンはデッキからカードを取ってこれないデメリットを持つ。

みんなが言う通り最後に使うのがベスト。どのカテゴリも大抵そうだけどペンデュラムデッキはサーチを多用するため、これをメイン1の最後に使うべきカードとなり、実質ノーデメリット。地味にデュエリスト・アドベントの対象にもなっているが、アドベントを採用する「魔術師(特にズァーク軸)」においてはこの2ドロー以上に必要なカードが複数存在し、かつメイン以外でもサーチをよく行う、かつこれも初手あたりで来ると腐るのでこれの採用枚数を考えたいところだが、それ以外のペンデュラムカテゴリでは3積み必須レベル。

余談ですが最初ペンデュラム・「ボ」ルトと空見をしたのは俺だけじゃないはず・・・?
4 ストームサイファー 2017/12/05 18:12
対EX。レベル4としては規格外の攻撃力を持つが、直接攻撃不可+EXゾーンに手出しできないデメリットを持つ。

しかし、逆に相手のEXゾーンのモンスターからは攻撃されず、効果も受けないので相手がEXゾーンだけに頼るノンリンクデッキ相手だと強固な壁となりうる。ただし、今の環境だとメインゾーンモンスターでも効果破壊や上級モンスターによる戦闘破壊等が容易なのがネック。

初手でこいつを置いて様子見でもいいかもしれない程度。
9 パワーコード・トーカー 2017/11/28 01:41
素材がモンスター3体とリンク2の中継が使えないものの、戦闘破壊特化の性能を持つまさにパワーコード。

メイン、EXどちらでもリンク先を確保できるものの、こいつのメインはターン1の効果無効とリンク先をリリースしての4600打点。対象を取るものの、戦闘破壊耐性を持つモンスターでさえ突破し、リンク先リリースで強引に戦闘突破する。自分フィールドのデメリット持ちを無効にすることもできるので、臨機応変に1の効果を使いつつ、2の効果で4600打点を浴びせるコード・トーカーのパワー枠。欠点は中継が使えないぐらいか。
9 LANフォリンクス 2017/11/26 23:54
効果を持たないリンク2。条件がゆるいので大量展開や連続展開が得意なカテゴリだとこれからのEXデッキから2体出せる。

一部デッキだとカテゴリモンスターや属性汎用リンク2等強力なものが多いが、とりあえずリンク採用したいデッキにはちょうどいい1枚。

ただし効果を持たず、サイバース族なので更なるリンク召喚には少々向き不向きがあるが、汎用性の非常に高いリンクモンスター。
10 フレッシュマドルチェ・シスタルト 2017/11/25 06:23
マドルチェのリンク。シャトー下では2000打点と素マドルチェ並みだが犬と同じくまず2体墓地に肥やしつつ出せるマドルチェ。

プディンセス軸を更に追い込むリンク召喚のルールと効果を持つ。リンク召喚時に墓地に2体は貯まるので初期では2回の破壊耐性と、女王様の効果の発動に使える。マドルチェモンスターなのでマナーでどんどん打点が上がり、破壊耐性も相まってマナー軸では女王様と共に暴れる存在になりそう。そして肝心のシャトーを守れるので女王様軸では非常に有力で、ハッピーフェスタ女王様マナーワンキルが更に捗りそう。ミセスなんてなかった・・・かも?

・・・そのせいでプディンセスついにほとんど採用されなくなりそうだが。
9 マドルチェ・ハッピーフェスタ 2017/11/16 14:16
マドルチェの隠し玉と言っても過言ではない強烈な1枚。元々マドルチェは手札に溜まりやすいカテゴリであり、大量展開からのリンク・女王様の除去・姫様展開+マナー等をからめれば1キルもたやすく、マドルチェの隠し玉どころか切り札的な存在。純マドルチェなら他罠カードと共に伏せておけば牽制にもなる。

デッキに戻るデメリットも女王様や汎用ランク3・4につなげれば問題なく、展開も「任意の数」なので追加展開しやすく、特殊召喚なので郵便屋も効果を発動でき、マドルチェカード故に女王様の効果や敢えての1除去のみからの素材コストにマナーも発動できるのも強み。唯一の注意すべき点はこれの前に妨害対策は出来ればしておきたい。
8 マドルチェ・マナー 2017/11/16 14:06
リンク召喚およびミセス・レディエントの登場である程度は活用しやすくなった1枚。ハッピーフェスタ等の大量展開前提だがリンク召喚とハッピーフェスタとこれと女王様を絡めると1キルしやすく、姫様のアドバンス召喚やエンジェリーからのこれも使える純マドルチェで輝く1枚。欠点は罠カード故に遅いことだが、純マドルチェカテゴリなら他の罠カード等を絡めて牽制すれば発動しやすく、女王様軸なら相手ターンでのコンバットトリック&緊急墓地整理にも使える。

実際に純マドルチェデッキを使ってみると実は意外と使うタイミングがあったりする。
8 見切りの極意 2017/10/14 21:30
その技は、もう見切った・・・

一度見たカードの効果を見切って破壊する罠カード。とりあえずは初手で来ると腐るし、制限カードに対しては2枚以上入れられないため使えない。

最近よくある規制なしかつ3積み必須でそのデッキとのデュエルでよく見るカードに対しては非常に効果的でこれのカモにできる。カウンター罠なのでフリチェも許さないのもまさに「見切った」。しかし最低でも一度は通しているはずなので初期展開を阻害するパワーはない。

ちなみに基本的に墓地に送られないペンデュラムモンスターやマクロコスモス等で除外された場合に対しては見切れない。

裁定によりやはり手札誘発やクリッター等のリクルーターには1枚目から有効となり、むしろこれを想定して作ったのではという。イラストの波〇拳を紙一重で見切るがごとく、手札誘発を一瞬で見切るということだろうか。
8 鎖龍蛇-スカルデット 2017/10/14 10:03
いよいよ出た2体以上かつLINK4。「カード名が異なる」なのでスケゴやトークン陳列対策か。

デコード・トーカー等含む2体でもリンク先の強化、3体だと毎ターンのノーコスト特殊召喚と非常に使い勝手が良い分に比例して召喚難易度はそれなりに高い。

欠点としては自分自身は召喚難度に対して耐性が全くない上、相手側にリンクマーカーが1つついているので利用されたり除去されやすい。
8 雀姉妹 2017/10/14 09:46
麻雀の如く手札交換の効果を持つ姉妹。そのまま反転召喚してしまうと超低い攻撃力を晒すことになるため、基本的に次のターンまでおあずけor相手頼りになるだろう。似たような性能を持つデス・ラクーダと使い分けたい。
10 局所的ハリケーン 2017/10/14 09:37
これまた何かしらの魔法・罠除去系が制限・禁止行きしそうな1枚。局所的といいつつセットされたカードをご丁寧に全てすっ飛ばしてくれる。

表側カードを駆使するデッキでは3積みできる若干劣化版ハーピィとなり展開や攻撃等へと安全につなげることができる。これは表側には対応していない+自分のセットカードも戻すので、これと対象の取れる砂塵の大嵐やツイツイ、サイクロンを相手によって上手に使い分けたい。
2 身分転換 2017/10/14 09:33
逆都落ち。自分の方がLPが多い場合に相手とLPを入れ替えるカード。今の所使い道はなさそう・・・
7 センサー万別 2017/10/14 09:31
まさに千差万別。同じ種族は並べられず、フィールドにバリエーションを持たせろ。

単一カテゴリデッキはほとんど同じ種族のモンスターで構成されているため、影響が非常に大きい。サイドデッキに忍ばせることで2戦目以降これを引けば相手をほとんど封殺できることも。唯一の欠点は永続罠カード故に破壊されやすいこと。

剣闘獣やマドルチェ等ききにくいカテゴリも存在するが、基本的に効く。

ワイトェ・・・
7 接触するG 2017/10/14 09:26
実際に接触してきたら非常に怖い(

効果は相手の召喚・特殊召喚に合わせて接触を試みるもの。主に融合メタ、素材指定メタとして働くので、相手によってはこれ1枚で後続の展開を阻害できる。

対策としては汎用S、リンクモンスターを投入することで、即座に汎用枠へとつなぐことができるがデッキのメイン展開は阻害されたことになるので手札誘発の阻害としてはそこそこ役には立つ1体。

唯一アドバンス召喚やリリース等はできるので、エクストラメタのG。
1 一撃離脱 2017/10/14 09:22
メインフェイズ2を禁止するだけのカード。・・・ただそれだけ。

これが「次の相手のターンになる」だったら色々スキップできて非常に有能だったが、エンドフェイズなので各種効果が終了したりスピリットが手札に戻ったりと色々デメリットを打ち消せない。そもそもメイン2でのみ発動できるカードが極端に少ないのも一つの欠点。
6 GUYダンス 2017/10/14 09:15
最近サポート等によって強化されたP召喚やリンク召喚、場所指定のモンスターへのサポート罠。効果の適用が残る通常罠という点で珍しい。

これ1枚でP召喚を1体+EX1体だけに抑えたり、縦列を参照するカード、リンク先召喚の抑制等に役立てる。

欠点は普通に通常召喚されてしまえばそこまでという点。なるべく相手が一通りのモンスターを通常召喚、L召喚等した後に発動して後続を抑制するor縦列参照カードの場所指定が基本になりそう。
3 屈強の釣り師 2017/10/14 09:09
レベル1チューナー。戦士族なので増援も対応。

・・・しかし、このステータスと効果が非常にかみ合っていないのが残念としか言いようがなく、これを採用するなら普通にリビデや戦線復帰でいい。どうしてもチューナーが戦士族がーなら採用する価値は・・・ある、か?
6 ゾンビーノ 2017/10/14 09:07
いらすと、なまえ、しゅぞくとうからしてぞんびーなとかんけいがありそうなばにらもんすたー。とりあえずいまのところはしゅびりょくぜろのあたっかーとしてやくにたちそう。

しょうらいせいをみこんでとりあえずろくてんにします。


・・・実際、ゾンビーナの効果で蘇生されても一緒になれないということだろうなこのフレーバーテキストは。関連性のあるカードだし将来どうなるだろうか。
2 誤爆 2017/10/14 09:03
ありそうでなかった自分フィールドのカード1枚を破壊するカード。基本的に2ボードディスアドなのでエスケープや被破壊時効果を持つカード、そしてこのカード自身も対象できるけど無意味なのは知っての通り。

時空のペングラ時のコンボ等、コンボ前提の1枚だが罠カードということも相まって非常に扱いにくく、下手したらプレイヤーの全てが誤爆することも。
5 電送擬人エレキネシス 2017/09/30 02:27
その名前でなぜサイバース族じゃないんだ・・・

フリチェで相手のメインモンスターゾーンのモンスターの位置を変えるだけのモンスター。自身がリリースされるのでただ使うだけではディスアド。

同パックのジャックナイツ召喚のための調整や相手のリンクによる効果や天気モンスター等の阻害に使えるが、現時点ではまだ用途が少なく使いにくいか。

そしてレベル4サイキック族の守備力0アタッカーとしても活躍できる。
5 アスポート 2017/09/30 02:23
最近よくある「縦列」を参照するカードに対してのメタ。あくまでもメインモンスターゾーンなので今の所使い道は少ない。モンスターの種類を選ばず伏せると相手ターンでも発動できるようになったけど1枚1回かぎりのキャッスル・リンク。
6 サイバネット・リフレッシュ 2017/09/30 02:12
サイバースメタにしてリンクモンスターバックアッパー。相手がサイバース族を使わないデッキなら墓地に送らない限り完全に腐るが、メインモンスターゾーンを一掃したうえでサイバース族リンクモンスターのみを全て蘇生させる罠。ただ相手もほぼ「サイバース族を使う=リンクモンスターを使う」なので状況次第では不利になることも。

今の環境だとサイドデッキに忍ばせておくぐらいか。もしくは副葬でこれを墓地に送り、効果耐性を付与するのもよさげ。。
5 天火の牢獄 2017/09/23 21:39
色々効果があるものの、一言で言えばサイバースメタ。1と2の効果はおまけ。

とりあえずフィールドにサイバース族モンスターが2体いればサイバース族は強固な壁と化す。攻撃対象にならなくなるものの、よくある「このカード以外が存在しない場合、相手は直接攻撃できる」がないので攻撃できなくなる。かろうじてこのカード自体に耐性がないので突破は容易か。

2の効果はデコード・トーカーあたりを出しておけばリンク・スパイダーやプロキシー・ドラゴン等の中継が使えないので抑制できるが相手がリンクモンスターを採用してい無い場合は腐る。なので主な運用方法としてはリンク・スパイダー+左右にマーカーがあるサイバース族リンクモンスターを出して壁にしつつ、フィールド魔法を守る魔法等をしかけておくぐらいだろう。
4 魔導変換 2017/09/15 05:38
「魔法カード」をサーチする超万能な永続罠・・・と思いきや、カウンターが6個必要。しかしそのカウンターが乗る条件が相手モンスターの効果の発動。1ターンに使うモンスター効果はせいぜい2~4回ぐらい(だと思う)ので、6個乗せることができた時はラッキーと思うしかない。

同パック収録の「魔導加速」のサポートがあれど、6個という条件と引き換えに魔法カード1枚なので手間の割に合うハーピィや制限カード等を交換したい。
9 ペンデュラム・パラドックス 2017/09/15 05:10
アメイジング・ペンデュラムの相互互換っぽい効果。あちらはPゾーンにPモンスターが存在しない場合だったがこちらはその条件がない代わりに、手札に戻せるのがスケールが同じで名前が異なるPモンスターカードとなっている。

前提条件として「Pスケールが同じ」なので「覇王魔術師」あたりと相性がよさげか。慧眼と調弦、黒牙と虹彩等、破壊を促進しつつのこれの対応カードが多い。逆にズァークと紫毒でズァークEXデッキバウンスして再利用してもいいかもしれない。ともあれPデッキにとっては無限の可能性がありそうな1枚。
8 魅幽鳥 2017/09/15 05:09
なんというか場所によって効果が変わる変わった効果を持つ鳥。とりあえずは左端に置くだけでデメリットなしの2300打点または守備力2500の壁が生まれる。「それ以外」でもEXゾーン含むモンスターの効果の発動を封じることができるのも汎用性が高め。

おまけにレベル4、鳥獣族なのでRRあたりとの相性もよく、レベル4故にX素材として入れるのもいいかもしれない。
6 ロックアウト・ガードナー 2017/09/15 05:06
絶対デッドロックするガードマン。ただし特殊召喚条件が相手の直接攻撃時、かつこいつの打点が1000と心もとないが、1000ダメージ抑えられると考えればなんとか・・・そのターンに限って戦闘破壊耐性もつくし(

2のデッドロック効果は自分にも対象にできるがモンスター効果限定かつサイバース族モンスターに対象を取らないと発動できないものの、サイバース族デッキにとっては相手の対象を取るモンスター効果を1回無効にできる耐性を与える。しかし対象を取らないモンスター効果および魔法&罠には無力なので過信は禁物か。特殊召喚合わせてそれなりの場持ちなので後続につなげられるのも利点か。
7 パラレルポート・アーマー 2017/09/15 05:01
パラレルポートと名前を持っているのにポートを繋げずに耐性を与えるアーマー。リンクモンスターに効果対象不可と「戦闘」破壊耐性を与える。

中継としてよく利用されるリンク・スパイダーやミセス、スターボーイ等は打点が低いのでこれを装備して破壊を防ぎたい時にサンドバック前提で装備してとりあえずは維持できそう。罠カードなので相手の攻撃時または対象を取って破壊することができるモンスターが召喚された時に発動することになるので高確率で防いでくれるがアーマー自体に耐性はないのでこれを除去からの戦闘破壊される可能性が高い。

無論、高リンクモンスターに装備させて維持させることもできる。今後効果破壊耐性を持つリンクモンスターが現れた場合は対象を取らない除外&バウンスか壊獣等によるリリースしか除去できないという圧倒的壁も作れるので将来性を見込んでの7点。
6 エクスコード・トーカー 2017/09/15 04:53
自分メインモンスターゾーンに出す事前提のトーカー。リンク先のモンスターに500アップと効果耐性を与えるのでリンク・スパイダー等を置いてからのこれが理想だが、素材が素材だけに一度にこれまで出すのは少々厳しいか。

地盤沈下効果も最大で2つと心もとなく、EXゾーンにこれを出した時はリンク先を指定しないと相手に強化を与えるので注意。
7 弾帯城壁龍 2017/09/15 04:37
リンクメタ・・・なのにリンクモンスター以外の攻撃抑制という効果を持つ龍。とにかく最初にリンク召喚しろと書いてある。

とりあえずリンク召喚からのこれでリンクモンスター以外の攻撃を抑制でき、初期の状態だとLINK2以上のリンクモンスターも出せないので一種のリンクロックを含むが、リンクモンスター以外の攻撃抑制のせいで微妙な感じ。ターンを重ねるごとにLINK規制が緩和されていくものの、リンク召喚を行うと再び2つ規制するので連続リンク召喚も難しめ。

あくまでも抑制するのは(初期状態で)LINK3以上と攻撃だけで、除去されたり相手がリンク召喚してきたらそこまでなのでロックカードとしては少々物足りないか。将来性を見込んで7点。
1 2 3 4   >>