HOME > ユーザリスト > アルバ

アルバ ユーザ情報

アイコン画像 召喚師セームベル
評価投稿数 2938
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
2 ウィンドフレーム 2018/09/19 22:55
登場時対応モンスターゼロだったがあれから10年経った今でも2体しかいない。
しかも1体は公式戦使用不可のマッチキルモンスターなので実質1体。
フレームシリーズの中では始祖神鳥シムルグのおかげで強い方だが、フレームシリーズ自体があまり使い勝手が良くない。
作った後に対応モンスターゼロというポカをやらかしたことに気づいて尻拭いに始祖神鳥を作ったのか、それとも始祖神鳥を出す前提で作ったのかは永遠の謎。
1 ガイアフレーム 2018/09/19 22:48
地属性の通常モンスター限定のダブルコストモンスターと言う時点で微妙さが凄いのだが、地属性の最上級バニラはいそうに見えて意外とおらず現時点で7枚しかない。
しかもこのカードを使ってまで出したいモンスターが全くない。
そもそもこのフレームシリーズ自体の存在意味が謎。
何故5期後半にこんなものシリーズ化してまで出したのだろうか…
1 ダークフレーム 2018/09/19 22:47
フレームシリーズの中でデザインは一番好きだが性能は他とどっこいどっこい。
サポート豊富な闇ということもあり尚更立ち位置が悪い。
1 ホーリーフレーム 2018/09/19 22:46
存在意味が問われるフレームシリーズの1枚。
バニラを出すだけならこの時代ですら既にもっといい手段が存在しておりステータス面で差別化できるものの、基本的にカイザーシーホースの下位互換のこのカードを使ってまでやる意味がない。
当時ですらこんな状態だったので現在の立場は言うまでもなくない。
7 E-HERO ヘル・ブラット 2018/09/19 22:35
リリースされた時にドロー出来る効果はE-HEROではなくHERO全般であるものの上級HEROは数が少ないため候補に困る。
有用なのはマリシャスエッジぐらいでギリギリダッシュガイぐらいだろうか。
むしろこいつの真価は特殊召喚が簡単な悪魔族と言う点で悪魔族縛りのランク2エクシーズかリンクモンスターで強力なのが出れば出番があるかもしれない。
7 E-HERO ヘル・ゲイナー 2018/09/19 22:30
自身を除外して悪魔族にデメリット無しに2回攻撃を付加するカード。
性質上そこまで活かされる機会はないと思うが2回攻撃は永続的に付加されるのは強力で、遅いとはいえこいつ自身も2ターン後に帰ってくるので一応消費無しとなる。
これ自体を場に出さないといけないので2回攻撃を付加する悪魔族は特殊召喚できるものが望ましくダークガイアやインフェルノイド辺りが適任。
5 E-HERO マリシャス・エッジ 2018/09/19 22:24
WCS2008ではカードをくれる時に唐突にツンデレ的なセリフを外見に似合わず言ってくるためかなりインパクトがある。
上級の様な感覚で使える最上級。
最上級の割には打点が低いが上級と同じ条件で出せるためそれを考えれば2600はリリース1体でアドバンス召喚できるモンスターとしては最高クラス。
しかし他に貫通しかないためそれだけのためにこれをリリース1体で出すかと言われれば怪しい。
HEROかつこれを名指しで指定する融合体がいるためサポート量はそこそこ多い。
9 ダーク・コーリング 2018/09/19 22:14
E-HERO専用と見せかけて悪魔族全般の融合カードだったあちらとちがいこちらは実質的にE-HERO専用。
E-HERO版ミラクルフュージョンと言った所で墓地以外の素材の供給場所がフィールドから手札になったが、ダークガイアでの運用を考えればむしろこっちの方が小回りが利く。
サーチ手段の乏しさが欠点だったダーク・フュージョンと比較するとこちらはフュージョンですらないので悪化しており、魔法全般をサーチできるカードでしかサーチできず基本的に素引きするしかない。
6 ダーク・フュージョン 2018/09/19 22:07
E-HEROの融合に使う魔法カードだが一応悪魔族全般に使える。
融合召喚成功ターンは効果の対象にならなくなるためヴェーラーやフリチェ除去に弱い一撃で決めに行くダークガイアとは相性が良い。
対象耐性効果は悪くないのだがサーチ手段に乏しく消費は普通の融合と変わらないため主軸に据えようとすると安定しないという弱点がある。
後ダークガイア以外E-HERO融合体がこれ使って出すものとしては微妙。
手軽なサーチ手段があれば使い勝手が大きく変わりそうな気もするが…
1 E・HERO テンペスター 2018/09/19 19:20
3体融合で更にコスト要求で出来ることは戦闘破壊耐性付加。
割に合わないにも程があるのでプリズマーなどの見せ要員程度にしか使えないだろう。
しかし初期E・HEROは融合は軽いものと言わんばかりに融合した割には微妙な効果でコストを要求してくるカードが多い気が。
アニメの十代みたいに都合よく手札補充が出来る訳ではないのだが…
2 E・HERO ワイルド・ウィングマン 2018/09/19 19:16
融合して1900打点で更に手札コストを要求する。
これで出来ることがサイクロンだと正直割に合わない。
1ターンに1度じゃないので手札コストを補充できればバック一掃は可能だがそこまでできるなら別のカードを使った方がいいだろう。
5 E・HERO ワイルドジャギーマン 2018/09/19 19:13
属性HEROなどが増えても全体攻撃と言うのはアイデンティティがある。
オネスティネオスとの相性は抜群で使おうとすれば活躍させることは可能なポテンシャルはあるが今となっては融合素材が半端にバニラじゃない分使い難いか。
トリニティとはEとVのサポートの差で差別化を意識したい。
2 E-HERO ワイルド・サイクロン 2018/09/19 19:07
限られた方法で融合した上で攻撃を通してやっと真価であるハーピィの羽根帚ができるカード。セット限定だが。
1900打点と言うのも問題でこれの攻撃が通って効果が適用されている状況の相手の伏せカードは大体お察しレベルの弱さだろう。
1 E・HERO サンダー・ジャイアント 2018/09/19 19:00
融合を要求している癖にモンスター除去に更に手札を要求し、更に自身より攻撃力が低いモンスターしか破壊できない。
融合+手札コストで弱いものいじめしかできないのは論外だろう。
オネスティネオスを使えば破壊できる範囲は大きく広がるが、だからどうしたレベルのコンボ。
6 E-HERO ライトニング・ゴーレム 2018/09/19 18:57
融合して出さないといけない割には注文が多すぎて難があるサンダー・ジャイアントのE-HERO版で融合条件以外はほぼ上位互換と言っていい存在。
破壊するモンスターに制限もなくコストもないため無難に使いやすい。
融合方法が限られているE-HERO融合体を出してまでやることかはともかく。
4 E-HERO マリシャス・デビル 2018/09/19 18:54
昔のカードの中では融合素材は比較的緩い方に入りマリシャスエッジ×2でも可能。
打点は3500と高く強制的に攻撃させる効果があり噛み合ってる…と一瞬思ってしまうがバトルフェイズに入ることを強制していないため、効果が無意味なものになりがちという罠がある。
コンボすることでポテンシャルを引き出すことが出来るがこれを融合することが大前提となるため事故率は上がる。
4 E-HERO インフェルノ・ウィング 2018/09/19 18:48
フレイムウイングマンのE-HERO版で効果だけを見れば上位互換。
貫通持ちかつ攻守の高い方にバーンダメージを与えるので攻守が偏っているモンスターを弱い方の表示形式にして殴ればかなりのダメージを狙える。
しかしE-HERO特有のダークフュージョンでしか出せないのが非常に厄介な上に元のフレイムウイングマンの打点難は引き継いでいるためどうにも使い難い。
使うなら比較的腐りにくいオネスティネオスで弱点をカバーするのが無難な所か。
7 ミイラの呼び声 2018/09/19 00:44
アンデ版ヴァルハラ。
書いてることは強いのだがアンデット族の性質とあまり噛み合っていないため見た目ほど強くないという悲しいカード。
これがやたら噛み合うカテゴリが出れば注目されることもあるかもしれないが墓地肥しと蘇生方面にかなり特化されたアンデギミックに喧嘩を売るのはかなり難しいかもしれない。
10 勝利の方程式 2018/09/19 00:41
サイドラ条件を満たして叫ぶだけでCNo以外のNoをなんでも呼び出せるというトンデモカード。
ビッグアイで奪うも良しヴォルカで爆撃するのも良し、ショックルーラーで相手の妨害を封じ込めてから動き始めるのも良し。
最初から使用不可カードだけあって色々清々しい効果である。
1 E-HERO ヘル・スナイパー 2018/09/19 00:28
融合素材そのものは両方バニラなので簡単だが問題はダークフュージョン系統でしか融合できないということ。
その割に半端な高さの守備力でスタンバイフェイズまで待たないと発動できない1000バーンと労力の割に合っていない。
魔法の効果で破壊されない耐性もやや限定的な上に破壊以外に無力なのが痛い。
1 ペア・ルック 2018/09/15 11:00
博打が絡んで成功しても自分にもたらすのは1ドローで相手もドローしてしまうので瓶躯で十分という話がある。
相手のデッキトップを除外することぐらいしか利用する意味がない気がするがそれもかなりピンポイントな状況な上にこれも運が絡む。
7 プリーステス・オーム 2018/09/14 23:12
FWDの新たな相方兼いざという時の身代わりの筆頭候補。
リリースは闇属性限定だが1体で800ダメージのためダメージ効率は中々。
微妙に高いステータス故少し呼び出し難いのが難点でサモソが逝った今果たしてどんな形でループが確立され身代わりとして死んでいくのだろうか…
5 アマゾネスの射手 2018/09/14 23:08
アマゾネスの名前を持つがキャノン・ソルジャー系統の射出ループワンキル専用カードと言っても良いカード。
2体要求するものの1体辺りの火力は600なのでキャノン・ソルジャーより若干上。
2体リリースがネックだが地属性の戦士族なのでインヴォーカーや増援で呼べるのが強み。
やはりというか旧友とも言うべきキャノン・ソルジャー亡き後に跡継ぎに担ぎ上げられFWDの身代わりとして禁止になる事になった。
この調子でFWDノーダメージが続くのであれば遊戯王のカードプール内の同系統のカードが全滅しそうな勢いである。
2 メガキャノン・ソルジャー 2018/09/14 23:04
キャノンソルジャーの上位版で性能そのものは確かに上がったが重くて使いやすさは大幅に下がった。
もちろん上級なのも問題だが、リリースするモンスターが2体に増えているのにもかなり問題がある。
キャノンソルジャーを使ったワンキルデッキは弾の補充方法を考えた方が簡単そうである。

こんな使い難いカードでも無限ループできてしまえば射出ワンキル出来るのには変わりない訳でFWDにいいように使われて身代わりになり消えた。
これによりキャノン・ソルジャー一族は全滅することに。
10 サモン・ソーサレス 2018/09/14 23:01
デッキリクルートの危険性を一体何時になったら学ぶのかと言わんばかりゆるゆる広範囲リクルートカード。
リクルートしたモンスターは効果が無効化されるが墓地効果は問題なく使え、リンクにはファイアウォールやアカシックなどのバウンスカードがあるので容易に手札に回収できる。
効果の性質上ヴェーラーうららどころかうさぎが直撃しても止まるのでこいつが大暴れする環境は誘発ポーカーが始まりそうである。

案の定約1年で禁止に放り込まれることに。
FWDの踏み台になってたのも一因ではあるものの奴に関係なくかなりヤバいカードだったので身代わりとは言い難い。
ほんとに何故作った…
2 手錠龍 2018/08/31 08:38
ステータスが半端な上級モンスターが戦闘破壊を待つというのが恐ろしく受動的。
ステータスのダウン幅自体は大きく装備モンスターを破壊できれば再利用も可能だがこれを相手に装備する条件が戦闘破壊される必要があるというのがやはり足を引っ張る。
下級で効果破壊にも対応していればなんとかと言ったところ。
4 パワー・ブレイカー 2018/08/31 08:30
1900打点で表限定とはいえ魔法罠の破壊効果を持つとはいえ破壊できるかどうかは自爆特攻すら駄目なため完全な相手依存。
1900打点と言う点も勝手に守備表示になり低守備力を晒してしまう。
良い要素はあるが妙に噛み合わない。
5 スチーム・シンクロン 2018/08/31 08:18
DEにおいて数々の強豪を差し置いて主人公の威光のみで勝ち取ったと言えるぐらいモノ・シンクロン共々微妙なカード。
アニメではTGワーウルフのような特殊召喚効果を持っていたためこれがあればかなり違ったのだが何故か削除され相手ターンにアクセルシンクロ出来るだけのカードになってしまった。
こちらは同じ境遇のモノと違い目立ったデメリットや縛りはないため使い難くはなく罠蘇生からの奇襲程度には使え、地味にステータスと効果がハリファイバーと噛み合ってたりする。
1 モノ・シンクロン 2018/08/31 08:12
シンクロする相手に厳しい指定がある割には効果が相手をレベル1として扱うのみ。
相手となる素材も選ぶ上に相手をレベル1として扱うのは強制なので何かと融通が利かない。
これに頼ってレベル2シンクロを出すぐらいなら最初から優秀なレベル1モンスターを使えばいいだけであり、せいぜい複製術からハリファイバーでも出せばいいんじゃないかと思う程度。
これすら他のカードでいいのだが。
6 ジュラック・タイタン 2018/08/30 16:47
3000打点で強力な耐性を持ち相手によっては対処が非常に難しい状況を作ることができるカードだが、特殊召喚できないのが非常に難点だった。
召喚条件を無視する究極進化薬が登場し非常に出しやすくなった為、基本的にはアルコンで良いとはいえ一考の余地はある。
自分ターンのみとはいえ打点アップ効果もコストの割には上昇値が高く4000打点となるためプレッシャーを与えられる。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>