HOME > ユーザリスト > アルバ

アルバ ユーザ情報

アイコン画像 召喚師セームベル
評価投稿数 3580
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

カード評価文字数ランキング 636,849 文字 4位
遊戯王カード評価数ランキング 3,580 件 4位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
9 ジャンク・パペット 2019/06/16 23:46
通常魔法なので即座に使えるのが嬉しいギミパペ専用の蘇生魔法。
普通に使いやすい墓地蘇生カードであり、それ以上でもなくそれ以下でもないのでこれと言って言う事も無い。
3 ギミック・パペット-死の木馬 2019/06/16 23:43
破壊するのは自身で良く1体か2体か選べるのは良いのだが、先が手札からなので消耗が非常に激しい。
手札にいられても困るレベル8ギミパペを強引に引きずり出して状況によってはランク8に繋げられるのは良いのだが、このカードに頼って事故を解消しているぐらいなら構築をもう少し考えた方が良さそうな気がする。
9 ギミック・パペット-ネクロ・ドール 2019/06/16 23:39
1ターンに1度ではあるものの軽いコストで墓地から何度も蘇ってくるレベル8。
シンクロに使うにはレベルが高く、エクシーズ先は癖が強めのギミパペに限定されるのが難点だったがリンクにより幅が広がった。
7 ギミック・パペット-マグネ・ドール 2019/06/16 23:36
特殊召喚条件は自分と相手のフィールドの状況に依存するが比較的出しやすいレベル8。
それだけではあるものの1ターンに1度の縛りもエクシーズ先の縛りも無いため、扱いやすい。
7 ギミック・パペット-ハンプティ・ダンプティ 2019/06/16 23:31
レベル変動効果がないので8出してもだからどうした程度になってしまい、他のカードがないとエクシーズできない。
時代は進みリンクに逃げる手も出来たので結構強化はされ、引いてしまったが手札から墓地へ送りたいものを素材にしつつ墓地へ送れる。
1 栄誉の贄 2019/06/16 23:28
ライフ3000以下でダイレクトアタック待ちという時点で凄く使う気が失せる。
リリースを揃えつつ地縛神までサーチしてくるという召喚準備を進めるカードだが、発動後に攻撃されたらリリース要員が足りなくなったり、結局フィールドは自前で調達しないといけなかったりとツッコミどころはある。
サーチするカードはモンスターである必要はないため、この破滅的な発動条件をひっくり返すほど強力な魔法が出ればチャンスがあるのかも…?
DP17発売後追記→来ませんでした…
6 ギミック・パペット-テラー・ベビー 2019/06/16 23:24
釣り上げ効果そのものは悪くないが、それだけで終わってしまっておりレベル合わせなどはしてくれないのはギミパペでは少々問題がある。
一緒に出たギミパペランク4エクシーズに使えと言う事なのだろうがあれ自体が相当微妙な代物で、使いどころが非常に限られる。
ただ変な制約などはつかないので汎用ランク4使ってもいいし、キメラ・ドールへ行ってもいい。
墓地の効果はビスク・ドール同様おまけレベル。
悪くはないのだがヤケクソ強化のようなものが混じる過去テーマの強化の中ではかなり控えめで、もう一声欲しかったところ。
5 ギミック・パペット-ビスク・ドール 2019/06/16 22:54
今時低ステータスのレベル8が手札切って特殊召喚するだけかよとは思うが、変な制約もなく出しやすいレベル8に違いはないので言うほどは悪くない。
ただ、それだけの割に手札コストが限定されているのがちょっと厳しい。
墓地効果は起動効果なのでイマイチ使い難い。
DPのカテゴリの追加組のスーパー担当の割にはもうちょっと頑張れよという感じではあるが、貶すほど悪くもないというなんとも言えないカード。
10 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン 2019/06/15 10:53
実質的に8×2なので使うデッキなら出すのは苦ではないと思う。
出ただけでコストでおろ埋3発分と止めようがない上に危険すぎる効果を持っており、危ない効果だったが案の定暴れて禁止になった。
征竜にトドメを刺したカードだが、皮肉にテンペスト復帰により征竜にトドメを刺された。
9 破滅竜ガンドラX 2019/06/15 10:46
出た直後は重いがフィニッシャーになれるぐらいの評価だったがリンクのプールが増したことにより先攻1キルデッキのフィニッシャーとして君臨する。
初代主人公補正なのかダークマター、レダメ、FWDと悪友が死にゆく中生き残り続けたがそれでも守護竜が生きているため収まらず再録が終わり用済みになったのかとうとう禁止に放り込まれた。
再録時に海外同様に元々の攻撃力を参照にするエラッタがされることが最後の生き残るためのチャンスだったが、無視して突き抜けた。
10 墓守の司令官 2019/06/13 00:45
生きるテラフォ。
このころ出た類似カードは元々2100打点あり特定のフィールドがないと自壊するかフィールド魔法の強化効果を受けると2100打点になるかの調整が取られていたため後者であるこいつは使いやすい。
残念なのは何故か地属性である点で闇の誘惑などのサポートを共有できず他の墓守と一緒に闇縛りのエクシーズ素材としても使えない。
9 オルフェゴール・トロイメア 2019/06/12 22:38
闇属性・機械族の墓地肥し。
デメリットと自身が最上級であることがやや厄介だが構築でカバーできる範囲。
名前がとんでもなく強くマーメイドからリクルートできるため、オルフェゴール強化時に名前が違うモンスターなんでもいいから2体からえげつない先攻制圧を仕掛けてくるゆるゆる制圧ルートを実現した。
初動条件の緩さ・広さによる難易度の異常な低さから、繰り出される盤面の強さで言えば遊戯王の歴史の中でも最高レベルな気がする。
3 E・HERO ネオス・ナイト 2019/06/11 20:14
緩めの素材かつ打点アップの2回攻撃と魅力的な要素を多く持ちながら、戦闘ダメージ0で評価を急降下させたカード。
つまり融合してまでモンスターを殴り倒すだけだよってカードであり、強いて言えばネオスを多用するデッキで超融合で戦士メタはできる。
どこかのカイザーにも言えるが出すのが大掛かりになりがちで殴る事しかできないカードから、戦闘ダメージを取り上げると取り得がない。
6 E・HERO プラズマヴァイスマン 2019/06/11 20:08
ほぼサンダージャイアントの上位互換に近いカードで、自身より強い相手には破壊効果で突破し、守備で逃げようとする相手には貫通で攻めると噛み合っている。
破壊効果は手札コストはあるが何気に発動回数制限がない。
素材のエッジマンを沼地にすることでシャイニングフレアウィングマンとの使い分けができるのも魅力。
今でこそ力不足感は否めないがアニメGX時代のHEROの中ではかなり強いカードだった。
7 ダーク・フュージョン 2019/06/11 19:28
E-HEROの融合に使う魔法カードだが一応悪魔族全般に使える。
融合召喚成功ターンは効果の対象にならなくなるためヴェーラーやフリチェ除去に弱い一撃で決めに行くダークガイアとは相性が良い。
対象耐性効果は悪くないのだがサーチ手段に乏しく消費は普通の融合と変わらないため主軸に据えようとすると安定しないという弱点がある。
後ダークガイア以外E-HERO融合体がこれ使って出すものとしては微妙。
手軽なサーチ手段があれば使い勝手が大きく変わりそうな気もするが…
かなり長い時を経て非常に使い勝手のいいサーチのアダスターが登場し、問題だったサーチの無さからくる安定性の低さが改善され劇的に使いやすくなった。
あちらは基本コーリングの方が相性が良いが対象耐性は侮れないため使い分けが重要。
9 E-HERO マリシャス・ベイン 2019/06/11 19:24
E-HEROの中では緩い条件で出てくる融合体。
場合によっては超融合要員としても使える。覇王城が必要になるのでかなり限定的ではあるが。
上級主体のデッキであればアダスターとコーリングを入れておけば融合召喚を狙えるが、HEROデッキ以外の出張だと効果使用後のデメリットが足を引っ張る可能性が高い点には注意が必要。
破壊耐性持ちの攻守3000であり、自身よりも攻撃力が低いモンスターを一掃する豪快な効果もあるためイービルの新エースとしてふさわしいスペックを持っている。
基本的に自分よりも攻撃力が高いモンスターに対しては壁にしかならないが、そこはオネスティネオスや覇王城でカバーしたい所。
強化方向がズレてるテーマが多い気がするパックだが、覇王十代はかなり恵まれている。
7 死の宣告 2019/06/11 00:31
今回割と充実してるヴィジャ盤サポート。
(1)の効果はヴィジャ盤を入れる場合、特殊勝利特化構築になるので悪魔族との混合はバクラのファンデッキでもないと厳しいと思われ、使いどころが難しい。
(2)の効果はヴィジャ盤のスピードを早められる。
ヴィジャ盤は守り抜くのがしんどいため、防衛するターン数を減らせるのは有り難い。
1ターンに1度しか使えないが、被ってくれればそれだけ成立が早くなるのであまり気にしなくてもいい。
10 ダーク・オカルティズム 2019/06/11 00:17
本パックのスーパーの当たり筆頭と言えるカード。
ヴィジャ盤サポートだがそんなことを忘れるぐらいトーチサーチというインパクトが大きい。魔導契約の扉に比べるとコストも軽い。
他にはデッキによってはラヴァゴ、グラファなんかも候補になるか。
一応ヴィジャ盤サポートとしてみれば引いてしまったメッセージをドローに変えられ、途中でヴィジャ盤成立に失敗しても墓地の関連パーツをデッキに戻しつつドローもでき、そもそもヴィジャ盤を引けずにスタートもできないという欠点を大体カバーしに行ってるので優秀かと思われる。
4 プレデター・プライム・フュージョン 2019/06/11 00:12
捕食専用の超融合と見せかけてそんなに甘い話はなかった。
「自分のフィールドの闇属性モンスターを2体以上」が大きく足を引っ張り超融合のような使い方はほぼできない。
散々言われている通りせいぜい狙えるのはトリフィオヴェルトゥムぐらいしかない。
必ず相手を巻き込む必要はないので瞬間融合のような追撃やサクリファイスエスケープに使うのがメインで、超融合みたいに除去狙いで使うのがおまけと言う運用法になるか。
4 カース・ネクロフィア 2019/06/10 23:56
ダークネクロフィアの逆のようなカード。
除外された悪魔をデッキに戻して特殊召喚するという変わった出し方をするカード。
ちょっと意識して構築してやらないと満たせない条件。
一応通常召喚や他の特殊召喚手段で出す事も出来るが、最上級と言う事を考えるとこちらも手間なので、できれば自身の効果で出せるデッキで運用したい。
破壊効果は大量破壊も狙えるものの相手依存かつ遅く対策されやすく、破壊できる枚数も自分の状況に大きく左右されるため、使いやすいとは言い難い。
デッキリソースを回復しつつ出せるレベル8の2800打点と言う強みこそあるが非常に使い難く、明確な利用方法があまり思い浮かんでこないカード。
7 死霊ゾーマ 2019/06/10 23:47
古参の罠モンスターでそこそこ実績も持っている。
生きる魔法の筒とも言えるカードで自爆特攻から大ダメージを狙う事もできる。
しかし自爆特攻を狙う事になるため攻撃反応やモンスター除去に引っかかる。
1800打点かつレベル4で任意のタイミングで特殊召喚が可能なため、素材としても使いやすい。
それなりに強く、需要もあるカードだったがMG付属故か中々再録されなかった。
1 地縛霊の誘い 2019/06/10 23:21
ゾーマと共にMG付属カードが初めて再録された。
モンスターが2体以上いないと意味ない上に上位互換まで存在する為ただの枠潰しと化しているが。
3 パフォーム・パペット 2019/06/10 00:06
正直な話カード1枚使った上で墓地リソースまで消費したレベル合わせはどうかと…
除外コストは後半の効果に繋がってアドバンテージになる訳だが、遅い上に相手依存気味とどうにもパッとしない。
若干回りくどい割には単純にカードとしてのパワーが足りていない印象を受ける。
1 リバース・ブレイカー 2019/06/09 13:58
まずエクシーズモンスターを用意して攻撃宣言時除去と言う時点で遅すぎる。
チェーン出来ない効果によって確実に除去できるが、そもそもライトニングなら発動をさせないのでやや被っている。
とはいえ発動させずにそのままにしておくよりは、除去した方が良いのには間違いはないのだが、それだったら最初からナイショでも使った方が良いのではないかと。
阿修羅副腕とコンボすれば荒らし尽くせるが完全なオーバーキルなので実用性は薄い。
7 希望郷-オノマトピア- 2019/06/09 09:32
カウンターを乗せる条件が厳し目に見えるが実質的に必要なのは(3)の効果用の数が用意できればいいので、2個ならホープからRUMかライトニングを出せば達成できる。
リクルート効果はこのカードを入れる時点でホープを出すのに寄ってると思われるので、レベル4がいないズババ以外のどれかと思われる。
リクルート先にこれといって目立つモンスターはいないが、展開しつつ後続を確保できるカードの性質自体は優秀。
3 ホープ剣スラッシュ 2019/06/09 09:13
(2)の効果はカウンターを乗せる条件が限定的な上に、打点が500アップするだけなのでわざわざホープ使ってまでやることでもない。
(3)の効果の素材を肩代わりする効果はこの効果自体がそれほど有用な効果ではない。
よって残ったものは(1)の破壊耐性をつける効果ぐらいだとは思うのだが、装備魔法のため特殊召喚時の除去には間に合わない欠点がある。
今の時代破壊耐性持ちへの対策はあって当然なので、ここまでしてつける破壊耐性が強いとも思えないのだが。
4 ZS-幻影賢者 2019/06/09 09:07
前半の効果はタクティクスで十分かつレベル1とホープと噛み合わないこいつを並べる必要があるので、ほぼ使えない効果。
後半の効果は条件故に相方が限られるとはいえ、除去と追撃を行えるためハマれば強力。
癖はかなり強いので無理なく組み込むのは難しそうではあるが。
1 RDM-ヌメロン・フォール 2019/06/09 09:00
ホープに限定されている上に、ランクを下げるなので使い方を探す時点で大変。
基本的に弱体化させることになるのに、それでつく特典は戦闘時に相手の効果無効で大方ヴィクトリーやライトニングにランクアップさせるだけで出来てしまう事。
強いて言えばホープレイ系統やビヨンドを出して相手を仕留めそこなったメインフェイズ2にこれを使ってダブルを出して、相手ターンビヨンドの構えをするぐらいは…ないか。
せめてホープ縛りにしろ速攻魔法であれば使い道はあったのだが…
7 占い魔女 ヒカリちゃん 2019/06/09 00:00
今更低ステータスバニラ6枚出してもと言う事なのか効果モンスターと化した占い魔女。
(2)の効果はフォーチュンレディとのシナジーを意識したような効果がいくらか見受けられるが…
(2)の効果の発動は共有効果でいくらかカバーできるとはいえ手札からの特殊召喚に限定されているのが厄介。

実質的に自身をリリースしてデッキからレベル1魔法使い族を引っ張り出す効果。
散々言われている通り青き眼シリーズとは属性も同じで相性が良好。
レベル1のためワンフォーワンに対応しているが、デッキから出しては意味がなく、手札から出すとアド損具合が凄まじいので意外と相性が良くない。
ドローしたらスーパーハッピーだそうだが、実際占い魔女の中では一番性能が高いと思われる。
8 傀儡葬儀-パペット・パレード 2019/06/08 10:03
切り返し向けの展開カードで罠と言うのは気になるが、その分展開からの逆転を狙えるだけのスペックは持っているカード。
罠というのは利点にもなり厄介なギミパペ縛りの制約も相手ターンに発動することで回避が可能で、状況を見ながらトラップトリックから持ってくることもできる。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>

スポンサーリンク