HOME > ユーザリスト > EXデッキ焼き

EXデッキ焼き ユーザ情報

アイコン画像 鬼塚豪(メンディー)
評価投稿数 818
オリカ投稿数 954  オリカを見る
デッキ投稿数 25  デッキを見る
メールアドレス 登録済み
メールを送る
自己紹介など 気長にオリカやデッキ作成やってます。デッキはたまにだけど…
いわゆる復帰勢ですが、頑張ります。

遊戯王ランキング

遊戯王オリカ投稿数ランキング 954 枚 8位
カード評価文字数ランキング 137,181 文字 27位
遊戯王カード評価数ランキング 818 件 29位

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
10 魔弾の射手 マックス 2019/01/18 23:46
なんだこのやけくそ強化!?
不安定な爆発力や継戦力の為、中堅所にいた魔弾を一気に環境テーマ入りさせた救世主。サーチ&リクルートと効果量はどちらも相手依存であり先行1ターン目では腐りやすいものの、一度出てくれば間違いなく大量のアドを稼ぐ怪物モンスター。
打点以外の不満点はなく、満場一致の10点評価は当然と言える。
8 転生炎獣フェネック 2019/01/18 13:16
フェネック止めるのだ!フュージョン・オブ・ファイアのサーチは、パーク(ファンデッキ)の危機なのだ!
殺意の塊であるサラマングレイトの融合である「フュージョン・オブ・ファイア」をサーチできます。サラマングレイト扱いはやっぱり強かった。

主軸であるリンク主体のサラマングレイトではあまり、およびはかからないかもしれませんが、儀式、融合と色々な軸のあるサラマングレイトの派生デッキにとってはありがたい1枚でしょう。
9 サイバー・ドラゴン 2018/12/27 21:55
初期は手軽に出せる高打点モンスターとして制限カードとなり、2100をサイドララインとして定着させ半上級モンスターの打点の基盤となった遊戯王史を語る上で避けては通れない由緒あるモンスターです。
時が流れ度重なるサイバー流の新規が追加されましたが、それでもサイバー流デッキの中核となり、現代では「キメラテック・メガフリート・ドラゴン」の登場によりチェーンブロックを作らないモンスターの除去としてガチデッキで採用される程のポテンシャルがあります。
6 幻魔帝トリロジーグ 2018/12/21 22:44
漫画版ARC-Vからの参戦。名前から恐らく三幻魔をモデルに作られたもしくは、三幻魔の上位存在と思われるモンスター。
素材にレベル10を3体と難しくないとはいえ、重い素材を要求しつつ効果はバーン効果のみ。ステータスが高く大抵のモンスターを粉砕出来るとはいえ少ししょっぱい効果と思われる。
リビデなどの蘇生カード、シラユキなどの蘇生持ち、相手フィールドに高打点を用意しつつ融合素材にもなれる「壊獣」との相性が良く、列車などにバーン要員として入れてみるのもアリではないだろうか。
7 連鎖空穴 2018/12/21 22:33
チェーンと名の付くようにチェーンに関する効果。
現代遊戯王において猛威を振るう手札誘発や無効効果へのアンチテーゼとなる1枚。現在、準制限の灰流うららに打てば追加の除外効果で相手のうららを無力化できると心強い。更に無効効果持ちはエースモンスターであるEXデッキのモンスターが持つことが多い為、ほぼハンデスも確定しているのは明確な強みと言えるだろう。
魔法、罠による妨害、メタが少なくなりモンスター効果による妨害が主流の現環境だからこそ生まれた1枚と私は感じる。
10 死者蘇生 2018/12/20 22:15
遊戯王で最も有名なカードと言えばこれかブルーアイズと言われる位に圧倒的知名度を誇るカード。
アニメ、OCG共々これ1枚からの逆転劇は数多くありブラックホールやミラフォなどかつての制限カード達が次々とカードパワーに押されて無制限となるなか、未だに制限カードなのは一重に現代遊戯王における蘇生カードの強さを物語っているだろう。
9 金華猫 2018/10/25 20:48
特定デッキ、テーマには3積される程のポテンシャルを持っているが、再録が少なく妙に値が張るカードだったが、めでたく再録。
厄介な効果持ちが多く、現環境で言えばリンクリからのハリファイバーがお手頃に出来る為、更に活躍してくれるでしょう。
スピリットなのでセルフバウンスがありますが、サルベージなどしなくても何度も再利用できるスピリットの強みがいかんなく発揮しています。
8 ヴェンデット・ストリゲス 2018/09/13 21:10
ヴェンデットでトップクラスに有能な下級モンスター。墓地に送られればヴェンデット1枚見せるだけで特殊召喚できる為、セイヴァーや儀式召喚につなげる起点になれる。付与効果もヴェンデットではありがたいドロー効果で、ヴェンデット特有の墓地儀式もある為捨てるカードも儀式モンスターをつかえば実質的にノーコストドローになる。
しかし、レベル2と他の下級ヴェンデットと比べ儀式素材としては少々使いにくい場面が目立つ。
6 ヴェンデット・キマイラ 2018/09/13 20:52
ヴェンデットでは珍しい無効効果持ちの儀式モンスター。打点や耐性などはヴェンデットお得意の効果付与でどうとでもなる為、テキスト以上の効果を発揮するモンスターになれるだろう。
しかし、問題点として他の儀式ヴェンデットが持っている儀式召喚に使用された際の効果が弱体効果のみであり、キマイラを素材とした儀式召喚のうまみはやや低いといえるだろう。しかし、バスタードやエゼクターの様な高レベル儀式は事故の元でもある為、キマイラを使用する場合はある程度キマイラに寄せた構築が必要となる。
9 アドヴェンデット・セイヴァー 2018/09/11 22:46
儀式テーマに颯爽と現れるリンクモンスター。
やや受け身な効果ですが展開力のあるヴェンデットで、専用リンクは嬉しいの一言。
ヴェンデット専用の回収効果に、戦闘を介しますがおろ埋効果とヴェンデットに欲しいサポート効果をピンポイントで兼ね備えています。儀式召喚したヴェンデットを使ってL召喚し、②の効果と儀式ヴェンデットの効果で更なるアドを稼ぐ。直接盤面に干渉するカードではありませんが、テーマにとって唯一無二と言えます。
6 真紅眼の不屍竜 2018/09/10 20:55
今までメインデッキのみで戦ってきたストラクRシリーズ初のEXに入るモンスター。
効果自体は派手さのない堅実な、有り体に言えば地味な効果だが、今回のデッキコンセプトであるアンデットワールド前提で考えれば3000以上の大型モンスターを奪えるゴヨウと化す。アンデット自体、不知火やユニゾンなどのシンクロギミックが有名なため無理なく出せる高打点モンスターなのだが、このカードが十二分に活躍する盤面ならば既に大勢は決しているといってもいいだろう。
何とも言い難いが、話題性はドーハスーラに持っていかれたといってもいいだろう・・・
8 F.A.カーナビゲーター 2018/09/09 21:03
FA唯一のチューナー、FAのシンクロモンスターは別にチューナー指定はない為、こちらを使うか別のチューナーを採用するかは応相談。
蘇生効果に加え、FAの屋台骨であるフィールド魔法のサーチも出来ると、どの局面で出しても隙がない。
レベル変動効果があるが、要約するとフィールドのFAモンスターのレベル帯のシンクロが出せるという訳である。
純正でも混ぜ物構築でも活躍する1枚。
8 リヴェンデット・スレイヤー 2018/08/17 20:30
現行日本ではまだ数枚しかない「リヴェンデット」のエースモンスター。2018年extraパックにて海外先行の残りのリヴェンデットも来るため、今後が楽しみなテーマ。
単体の性能はお世辞にもエースモンスターとは言い難いが、儀式素材となるリヴェンデットの共通効果によりフリーチェーンの除外効果が付与される為、その効果込みならば強力なモンスターとなるだろう。儀式魔人、下準備などなどという数ある儀式サポートの殆どに対応しているのも、拡張性がありますね。
4 きのこマン 2018/02/10 20:11
KENyou氏渾身の1枚。決してマタンゴではない。
初期カード特有のイラスト被りの影響をもろに受けている。が、タッグフォースでのフォーカスや数々の通常サポートによりマタンゴより強くそして有名になった。
屋根裏の物の怪もこの路線に入れるか。
6 電網の落とし穴 2017/12/27 20:08
遊戯王お得意の決まれば強い。十二獣やHEROなどデッキからの特殊召喚で環境を席巻したテーマ群もいますが、やはりデッキからの特殊召喚は汎用性が高いとは言い難い。
しかし、墓地からの特殊召喚にも対応できるため、完全に腐る事はない。だが、奈落などの落とし穴系カードは大抵墓地からの特殊召喚にも対応している事も多い為、このカードでなければならない!という状況は多くないだろう。

だが、裏側での除外という一切の再利用を許さない除去は昨今の状況にもマッチする効果であるため、デュエリストの創意工夫が試される。
7 ADチェンジャー 2017/11/19 07:38
効果自体に汎用性はほとんどなく、これが実装時制限カードだった「月の書」が現在無制限であることを考えても、通常のデッキでの採用はありえないだろう。
しかし、この効果は一部のデッキに対してかなり重要な効果となりえる。メタモルポットの様な連続反転召喚によるデッキ破壊、シャドール、サブテラーをはじめとするリバーステーマなど、遊戯王でよくある特定状況下で輝く一芸特化のカードである。
7 剣闘獣ドラガシス 2017/11/16 18:53
念願の専用リンクモンスター。同じ素材のエセダリと比べ、こちらにはリクルート効果や安全に攻撃を加えられる効果も付いたりと剣闘獣のネックの一つであった攻撃の安全性を確保できるのはありがたい。
だが、剣闘獣の抱える問題である展開力の低さが問題となってしまう。レスキューラビットや予想GUYなどで対応できるとはいえ、これらに初動が集約されなおかつ終盤・中盤などでは腐りやすいと、剣闘獣の悲願であった素早い横展開が改善されて無い為、安定性こそ高められるもののSPYにおけるへリックスの様な革命的1枚とはならないだろう。
4 No.19 フリーザードン 2017/11/09 20:18
ミスター下敷き。登場時期よりもランク5が出しやすくなったとはいえ、自分だけではどこにも干渉できないのはあまりにも心もとない。ステータスもとりわけ良い訳ではなくむしろ下から数えたほうが早いレベルなのも合わさって単体の評価としては救いがない。
しかし、重ねてXというお手軽強化がある以上完全な産廃にはなりえない。しかし、それを鑑みてもわざわざこれを出して重ねるより、他のモンスターを出して一通り仕事を終えたら重ねたほうがエコなのも事実。
一時期、下敷きモンスターとして環境にも居た彼だが、今後カムバックはあるのだろうか。
7 ゴヨウ・ガーディアン 2017/11/05 16:30
帰ってきたゴヨウ。チューナーに属性指定がついて来たが、基本的な所は何も変わってないのであまり使い心地に変わりはない。
以前はP環境だった為、モンスターを破壊してもうまみが少ない事が多かったが、今はPテーマ自体が少ない為破壊しても奪えない。という場面自体は少ない。
だが、問題なのは守備表示で召喚の為、リンクモンスターも奪えないというデメリットまで生まれてしまった。リンクが奪えれば、そこから奪ったリンクで展開補佐!とか夢が広がっただけに残念。
8 センサー万別 2017/10/16 22:27
まだまだ続くワイト一家の苦難。いつになったら旅行に行けるのか。この調子だと乗った飛行機が墜落しそうな勢いですね。
効果は1種族1体のみ、というかなり重い制限能力。種族統一テーマが大量にある現環境で見事にぶっささる1枚。というよりこれが刺さらないデッキはほとんど無いといってもいいでしょう。
剣闘獣などは刺さりませんが。

下記の方々の言う通りサイバース族相手にはサイレンダー物の強さでしょう。
7 見切りの極意 2017/10/14 10:17
今回、コナミからの裁定によりコストにより手札から捨てて発動するカード。つまりオネスト、灰流うららなどの手札誘発カードには、コストにより既に墓地に存在する。という謎の判定により、初手で無効に出来るという判定が下りました。
ぶっちゃけいつものコンマイ語なのだが、昨今あふれる強力な手札誘発カードを封じる数少ないカードとして、このカードは暫く注目されるでしょう。汎用性のある手札誘発カードへのピンポイントメタとしてファンデッキなどでは採用してみるのも面白いと思います。
9 炎王獣 ガネーシャ 2017/07/09 10:27
蘇生、無効、高水準ステータスと、下級モンスターとは思えない効果の詰め具合。ちょくちょく炎王には強化や新規が入るが、コナミのお気に入りなのだろうか。
有名だろうが、ガネーシャの頭が像なのは父親であるシヴァに首を斬られるが、後に自分の息子だと知ったシヴァが切った首を探すも見つからず代わりに像の頭をくっつけたからである。
イラストでは斧とか持ってるけど、学問と商売の神様で、地元インドではぶっちぎりで一番人気の神様です。
2 D-HERO ダスクユートピアガイ 2017/05/14 16:00
完全に新ルールによりお亡くなりになったカード。旧ルールでもまぁ使われないだろうが。
融合軸のD-HEROなら呼び出すこと自体は難しくは無いだろうが、D-HERO自体にリンクモンスターをだしてから更に展開できるほど、地力がないため①の効果が完全に腐ってる。と言うより、まずこの効果自体がディスアドが激しすぎる。
そして②の効果。効果自体はアニメとあまり変わってないが、呼び出す為の苦労と効果が全く持って釣り合ってない。
総評としてはどう甘く見積もっても産廃。これ使うぐらいならディストピアガイを使い回してバーンで勝つ方が建設的。もっと言うなら出す手間が増えてもD-END出した方がカッコよくて強い。

新ルールでこう言う連鎖的にモンスターを呼び出す効果が使いにくいのは百も承知の筈なのに、全く改良も何もしないコンマイの手抜きが伺える。私自身、D-HEROと剣闘獣を使っているが今回の新規には落胆通り越して怒りすら覚える。
6 ウォーター・ドラゴン 2017/05/10 21:04
まさかリメイク、そしてボンディングのシリーズ化が決定した三沢のエースカード。相棒の炎のドラゴンは未だに出てこない。
リメイク後のウォータードラゴンに、このカードを召喚条件を無視して2体特殊召喚する効果があるため最大限生かすとなれば必然的に3積み無いし2体はデッキに入れる必要がある。果たして三沢は数多生まれたリメイクカード達の中で存在感を放てるのか。
9 白闘気白鯨 2017/05/01 14:08
英語の当て字よりも漢字をそのまま読んだ方が強そうなモンスター。
数少ない魚族のシンクロモンスターで、素材指定こそあるもののシンクロ時に攻撃表示モンスターを全て破壊するという驚異の破壊効果を持ち、守備表示になれないリンクモンスターへの回答の一つといえる。①の効果でフィールドを整地し待っているのは複数攻撃+貫通効果という全ての効果が互いに補い合っている奇跡の1枚。
さらに除去されようとも緩いコストでチューナーとして復活するという、おまけつき。今までシンクロ所か、Xや融合、Pなどに恵まれなかった魚族だからこそここまで付けてくれたと言っても過言じゃないだろう。
リンク導入により、否応なしに弱体化を受けたシンクロの回答は「圧倒的なカードパワー」による短期決戦といったところだろうか。
もしこれで汎用シンクロだった場合は、私も10点を付けたが素材指定により半ば専用シンクロと化しているため9点とした。
どうでもいいがクジラは魚類じゃない。
7 Re:EX 2017/04/27 09:27
ついになんのテーマでもないモンスターもここまで強力になった。
素の打点は未だにジェネティック・ワーウルフの2100が最高打点な物の、自己強化を含めた場合何のデメリットもなく出せる最高打点はおそらくこのカードだろう。EXのモンスター相手の場合のみとはいえ、2600打点に慣れるというのは非常に強力。
恐竜族の為、化石調査で持ってこれるというのも良い。しかしやはり、汎用性自体はあるもののテーマデッキ全盛の現環境においてこういったカードは採用しにくい。恐竜族デッキならば採用の価値は十二分にある。
8 戒めの龍 2017/04/25 13:18
新生ライトロードの新たな切り札。対となる存在なのかそれとも裁きの龍が闇堕ちした姿なのかはいまだ不明。
除外されたライトロードが4種類の場合SSでき、発動制限もないので手札に3体居たらそのまま3体とも出せる1度条件を満たせば何度も出てくるエースモンスターとなるだろう。
裁きの龍とは対極的な墓地・除外メタ効果となっており相手ターンでも発動できるため墓地発動や相手の展開を積極的に阻害できる今までのライトロードにはなかった動きができるようになっている。
しかし、盤面に直接関係する効果では無い為除去されるときは簡単に除去されてしまう為、ある程度割り切っていかないといけない。
効果も場合によっては強力なカードを相手が使いまわしてしまう可能性もあるため、運用にはそれなりのリスクも付いて回る。
だが、やはり手軽に出せる3000打点というだけでも十分に評価できる。
7 バックアップ・セクレタリー 2017/04/24 21:15
サイバースのゲイル。ゆるゆる召喚条件でリンク召喚は勿論シンクロ、エクシーズまでなんでもござれな1枚。
確かに現状のサイバースでは彼女の様な自前でSSできるモンスターは貴重な戦力だが、言ってしまえば召喚条件以外の強みがないのも確かであり、今後上位互換となるようなカードが出てくる恐れが多分にある。
まぁデザインがいいのも確かで、今のサイバースでは貴重な戦力であることもまた真の為、汎用性も考慮し7とした。
8 氷結界の龍 ブリューナク 2017/04/20 08:08
大方の予想通りエラッタされて帰ってきたゴヨウと並び称されるシンクロ時代の負の遺産。ターン1制限が付き、手札を一気に捨てるようになりましたが、ほぼ基本的な所は変わっていないので一安心。
しかし、このカードが禁止であった要因の一つであるセルフバウンスが出来ないようになり、しっかりと対策されている。
だが、やはりレベル6シンクロの中でもこの除去力は頭一つ二つ程飛び抜けておりコーラルドラゴンやヴァルカンなどライバルは多いものの、その中でも存在感を放つ存在であることに変わりはない。
3 スマイル・ユニバース 2017/04/16 22:55
正直なんだか私怨というか、アニメの出来や、10期への移行などなどに伴う負の感情のたまり場の様になってしまった評価欄。
10期に移行しなければ到底出せる訳なかった性能だが、リンクの影響をもろに受けもはや産廃寸前状態。これを生かす為にできるだけ多くのリンクを持つリンクモンスターを設置しなければならず、その手間をかけてこれを使うならその労力を倒すことに向ければいいだけの話という、何とも回りくどい感じとなってしまったカード。
デメリットもかなり厳しく設定されており、いくら速攻魔法の為相手ターンで発動できるといってもやはり回復は余計だったと思わざる負えない。
まぁでも、XPや融合P、SPなども呼べる為、ランクアップやアクセルシンクロへの糧と考えるのが現状最も妥当な使い道といえるだろう。
あと、イラストからにじみ出る何とも言えない狂気は何とかできなかったのだろうか。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>