HOME > ユーザリスト > ラーメン

ラーメン ユーザ情報

アイコン画像 異次元の戦士
評価投稿数 791
オリカ投稿数 14  オリカを見る
デッキ投稿数 10  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
10 トーチ・ゴーレム 2017/12/08 02:47
自分フィールドにトークンを生み出して相手フィールドに出るという風変わりなモンスター、現時点ではこのカードだけか。
自分の場に貧弱なトークンを用意して相手に3000打点を渡す、トークンの使用法には制約はないが通常召喚を封じられるためアドバンス召喚のリリースにはできない、なので実際は良く知られているヘルテンペスとの超コンボぐらいしか実用的な使い道は…
なかった(過去形)。そう、リンク召喚が出るまでは…。

10期になってリンク召喚が出たことにより1体のモンスターとしては過去の全モンスターの中でも最強級にぶっ壊れてしまった、ぶっ壊れモンスターは数多くいるがこのカードはなんと本当にこのカード「1枚だけ」で意味分からないぐらい宇宙を創造してしまう、ゴウフウも真っ青なレベルである。
ただ、このカードが悪いというよりはアカシックやセキュリティ、ひいてはリンク召喚そのもの自体の問題なので、ある意味被害者とも言えるカードである、再録されるので今回の禁止はないだろうが遠くない将来に禁止になるだろう。
7 DDD磐石王ダリウス 2017/12/08 01:15
カタストルのような効果を持ったランク3、しかし汎用ではなく悪魔族縛りが付いている。
肝心のDDでは結構出しにくく、相手モンスターの除去手段としても素材縛りがなく戦闘を介さなくても破壊できる非常に使いやすいブレイクソードがいるため扱いにくさが目立つ、一応ガイドとシザーの出張などで出せるがそこまでして出す価値があるかと言うと…。
しかし、このカード独自の強みとしてブレイクソードと違って「対象を取らない」除去効果であることがあげられる、このため彼岸ではなかなか突破が厳しいヴァレルロードを簡単に突破するための手段としてなかなか貴重、対象を取らない効果と言うのがこのカードの唯一にして最大の強みと言ってもいい。
肝心のDDでは採用しづらく、出しやすい彼岸でも枠との相談になるため汎用性が高いとは言いがたいが、活躍できる場面はあるだろう。
10 水晶機巧-ハリファイバー 2017/12/07 11:23
クリストロンの新規、クリストロンの名は冠しているが縛りが緩いためシンクロデッキ全般で使えるカードであり特に新ルールに殺されたアクセルシンクロデッキには非常に嬉しい救世主である、のだが…。
そのガバガバすぎる素材とリクルート範囲ゆえに幅広く悪用されている、属性種族などの指定一切なしのあまりにガバガバな範囲ゆえにできることが多すぎる、環境勢は大体うららとうさぎを積んでいるのでチューナーの調達が容易であり、もはやシンクロデッキでなくても入る設計になってしまっている。
本家のクリストロンとしては、元々相手ターンで動くためデメリットが気にならない、クオンダムを無理にレベル調整しなくても手軽に呼べる、効果発動後はインパクトで使いまわせると一応シナジーはきちんと考慮されているのだが、非チューナーの効果を使うと出せなくなってしまうので注意。
その高すぎるパワーのために規制の可能性が否めない、クリストロンが本家は悪さしてないのにベイゴマを制限にされたSRの二の舞になりそうな予感が…。
2 影六武衆-リハン 2017/12/07 10:57
パックの表紙を飾った六武衆のエース、のはずなのだが…。
素材3体は展開力のある六武なら簡単やん!→え?属性が異ならないといけないの?
まあ召喚は難しいけど軽めの墓地コストで万能除外ができるのは強いね!→え?手札とフィールドしかコストにできない?
でもこの召喚条件で場か手札コスト要求するってことはフリーチェーンなんやろ?フリーチェーンは相当強いで?→え?フリーチェーンじゃないの?
けどさ、フィールドから墓地へ送って召喚ってことはリンクやろ?マーカー目当てに採用できるやん!→え?リンクじゃないの?

こんな感じの突っ込みどころしかない残念なカード、この素材指定ならコストは墓地からでOKか墓地コストがNGならフリーチェーンで良かったし、効果がこのままなら素材は属性指定なしか属性指定ありなら2体で良かった。
ドラバスを反省したんだろうが、あまりにも反省しすぎ…。
9 スクラップ・リサイクラー 2017/12/04 14:40
機械族版終末、何かスクラップという名前が付いているが実態は水晶機巧ーリサイクラーである。
まんま機械族版終末というシンプルな効果、ライバルにはマスマティがいるがあちらとの差別化点はやはり上級以上も墓地へ送れる点、実質本家のクリストロンではサルファフナーを直接落とせるのが非常に大きく、シストバーンを噛ませる必要のあるマスマティとはかなり差別化できる、このカード自身がハリファイバーの素材になる点や墓地へ行った後はシトリィのコストに使える点などでサルファを素引きするよりこのカードを引いた方が強い、2の効果?使えるデッキがあれば使ってあげてください。
クリストロンの初動には欠かせないクリストロンにおける必須カード、スクラップの名前なんてなかった。
9 ライトロード・ドミニオン キュリオス 2017/12/02 11:43
ライロのリンク、ライロの名を持ってはいるが素材、効果にライロに関する指定は一切ないので汎用としても使え、調整版チェインといった印象。
1の効果はまんまチェイン、その強力さはチェインが牢獄にいることで実証済み、そして2の効果により3枚追加で墓地を肥やせる。
3の効果は、魔法、罠でも何でも回収でき、ライトニングや壊獣の存在から安心はできないとはいえトリガーも非常に緩いため高確率で発動できる、自壊コンボができないのがちょっと痛いぐらいか。
スペック自体は相当なハイスペックであるが、ネックなのがやはり出しにくさ、ライロではダンディを墓地へ送られたら光属性のサイバース族か植物族トークンを生成するカードに読み替えてジャスミンやセキュリティを噛ませるのが一番手っ取り早いか、2体以上ではないためリンク使っても素材軽減ができないのは残念ではあるが。
パワーカードだが出しにくいという絶妙にバランスの取れた良カード、追加の墓地肥やしがあるとはいえこの素材でも出せたら相当強いのでやはりチェインは許されない存在なのかなとも思う。
9 古代の機械素体 2017/11/18 02:25
新たな下級の古代の機械、巨人の素体だろうか。
手札1枚をコストに融合か共闘か巨人のどれかをサーチできる、似た役割を持ち手札コストも必要ないワイバーンの存在はあるが、共闘をサーチできる点、手札コストを腐っている射出機を能動的に墓地へ送れるメリットに変換できる点で一応差別化はでき、そもそもワイバーン自体が4枚以上欲しいカードなので単純に4枚目以降のワイバーンと考えることもできる。
そして、何より一番うれしいのは守備力が500である点、このおかげで箱でのサーチに対応しており、素引きするとバニラでしかない騎士や歯車機械を入れる必要がなくなった、素引きしても腐らないので安定性が大きく上がった。
派手に強いわけではないが、古代の機械の安定感を引き上げた縁の下の力持ちといえる存在。
9 サウザンド・アイズ・サクリファイス 2017/11/18 02:19
エラッタなしで牢獄から出てきた1枚、実戦で普通に使われているレベルの強カードではあるがもう壊れ扱いはされない辺りは時代の流れか。
カップ麺からボワっと登場して相手モンスターを奪っていく、普通に使うだけでもカップ麺が破壊を介さないモンスター除去になるのだが、自壊する前にリンクリボーにしたりスタペリアなど他の融合モンスターの素材にしたり何かのコストにしたりすれば更に無駄がない、また制圧系モンスターはこのカードの効果を無効にせざるを得ないので本命を通す前の露払いとしても最適である。
カップ麺から出せる汎用カードとしても優秀だが、最近は本家のサクリファイスデッキも強化されたので更なる活躍も期待できるだろう。
10 炎王神獣 ガルドニクス 2017/10/27 00:12
炎王の切り札といえるモンスター、炎王はこいつの制圧力のおかげでエクストラにそこまで頼らなくても戦える。
破壊されるたびに次のスタンバイフェイズに蘇ってきてブラホをかますという豪快な効果、上手く破壊し続ければ毎ターンブラホというとんでもない芸当ができ、カード名単1もないので同じターンにこいつを2体破壊してしまえば妨害されない限りは半永久的にループに持ち込める。
ただし、破壊以外の除去の多さ、リカバリー効果はあるが打点の微妙さとそれなりに弱点はあるので過信は禁物。
そして、それ以上の弱点ともいえるのが全破壊が強制効果である点である、いくら破壊されたい炎王といえども他のカテゴリと混合している場合は破壊されたくない場合もあり、ガネーシャや孤島でとりあえず適当に割るだけで絶対に全破壊効果が発動してしまうので割と扱いにくい部分もある。
それらを差し引いても優秀なカードであることに代わりはなく、孤島の登場により無理に3積み必要する必要もなくなった、ストラクの切り札は結構残念なことも多いがこいつは切り札に恥じない強さである。
9 炎王獣 バロン 2017/10/26 10:08
ガネーシャとともに炎王の中心となるモンスターの1体、サーチ系のカードにしては珍しく単1制限もないので腐る心配も少ない。
効果で破壊された次のスタンバイフェイズに炎王カード1枚をサーチする、ガネーシャやガルドニクスをサーチするなら速攻でサーチできる孤島のほうが手っ取り早いのだが、このカードの真価はその孤島自体をサーチできるのはもちろん、孤島でサーチできない炎環や急襲もサーチできる点である、炎環をサーチできるのが本当に強い、打点も1800あるので適当に殴る要員としても十分。
万能サーチャーが優秀でないわけはないのだが、タイミングが次のスタンバイフェイズと少々遅いことと戦闘破壊には対応してないのがちょっと痛い、それを差し引いても炎王の中核を担う優秀なカードである。
10 炎王獣 ガネーシャ 2017/10/26 10:00
10期になって久々に登場した炎王の新規、理想的としか言いようのない文句なしの強さ。
1の効果で相手モンスターの効果を無効にしつつ自分の炎属性モンスターを破壊する、モンスター効果無効の強力さはもう言わずもがなでこいつが場に立っているだけで相手の動きを大きく牽制できる、さらに無効にしながら能動的に炎王を破壊して効果のトリガーにできるので一切無駄がない。
そして、2の効果で破壊されても墓地から他の奴を蘇生できる、効果無効&エンド時自壊は炎王ではデメリットどころかむしろメリットでありバトルフェイズ中に炎環でこいつを破壊しつつ追撃すれば一気に致死量のダメージを与えることも可能、条件を満たしていれば炎王でなくても良いので自壊から炎属性を回収できるドリトルキメラなどとも相性が良い。
打点も高く天キでサーチもできるのでまさしく申し分のないパーフェクトなカード、炎王なら絶対3積みだろう。
4 ワタポン 2017/10/19 12:56
サーチされた場合にそのまま場に出せる★1モンスター、昔ハネワタ買うつもりで間違えてこいつ買ってしまったのは内緒。
光属性天使族なので弁天を使えば条件は楽に満たせる、しかしこのカードを採用できるようなデッキでは場に出す旨味があまりないのとリリーベルというほぼ上位互換も出てしまったのでなかなか厳しい、一応★1であるという点はリリーベルに比べて強みではあるので★1である点を生かしたい。
チューナーなら評価は全然違ったんだけどな…。
9 ドリトル・キメラ 2017/10/15 01:34
炎版ミセス、効果は今更言うまでもないとして実はエクストラゾーンは1箇所で十分な炎王と相性が良い。
炎属性の獣族なのでガネーシャの効果で蘇生でき、エンド時に自壊するのでそのままガネーシャなり他の炎王なりを回収できる、他には単純にエクストラゾーンを拡張できるラヴァルでの活躍やうららを回収できる点が強いか。
次のパックは風だろうか。
10 アンダークロックテイカー 2017/10/15 01:29
新たな汎用リンク2、バニラこそ使えないがバニラでさえなければなんでもいいので汎用性が非常に高い。
コードトーカーと同じく効果そのものよりも下にマーカーが出ている実質縛りなしのリンク2というだけで仕事の大半は果たしているのだが、このカードのコードトーカーとの違いは効果も普通に有用である点、相手のモンスターを大幅に弱体化できるのでリンク3や4への中継役としても最適。
そして、コードトーカーと違ってマーカーが上に向いていないため場に残しても相手のエクストラゾーンを増やしてしまう恐れもない、総じて縛りなしのお手軽リンク2としては破格過ぎるといえる高性能なカードである。
7 デスマニア・デビル 2017/10/15 01:22
新たな獣族のアタッカー、シュラのサーチ版みたいな効果である。
効果は獣族版増援なので弱いわけがなく、ラビットやキャットを持ってこられるのは非常に大きい、しかしネックになるのがやはり戦闘トリガーと言うめんどくささである、今の時代に戦闘前提の効果はやはり厳しく打点も下級にしてはそこそこ高いという程度でそんなに高いわけではないので相手が棒立ちの的を残してくれない限りは効果発動は容易ではない。
しかし、効果自体は文句なく強力なので構築次第では十分活躍できるポテンシャルはあるカードといえる。
2 誤爆 2017/10/15 01:17
テキストだけ見ると分かりやすく弱いので一見使えなさそうに見えて、でも今はセルフ破壊がメリットになるのが恒例すぎるため実はかなり使えそうで、でもようよく考えると第一印象通りやっぱり使えない、使えなさそうで実は使えそうだがやっぱり使えないカードと言った感じである。
確かに自分のカードを破壊できることはいまやデメリットではないが、それだけして終わりな上発動に時間がかかる罠と来てはやはり実用性は厳しすぎる、せめて魔法にするか追加効果をつけるかすれば少しは違っただろう。
まあノーレアなのでこんなもんでいい気もする。
9 オーバーテクス・ゴアトルス 2017/10/15 01:13
恐竜族の新規、規制で弱体化を余儀なくされた恐竜には追い風か。
出せればガネーシャの魔法罠版みたいな効果で非常に心強い、しかし召喚条件がいくら除外を多用する恐竜といえども重くプチラからいきなり呼ぶこともできないためなかなか厳しい、召喚条件に見合う制圧力はあるといえるが肝心のモンスター効果に全くの無力なのも不安。
しかし、このカードの進化は無理に場に出さなくても強い2の効果にある、効果で墓地へ行くというだけに非常に緩い条件で進化薬をサーチできる、オヴィラプターでも終末でも何でもいいので非常に発動しやすい、サーチ先はもちろんアルコンやこいつ自身を出せる究極進化薬である、墓地へ行ったこいつ自身が究極進化薬の除外コストに使えるので非常にお手軽であり出張セットになるポテンシャルすらある。
強いがオヴィラプターほどぶっ壊れてもいない良カードといえるだろう。
10 調弦の魔術師 2017/10/11 00:27
魔術師の主力、場に出す魔術師で一番強いのは間違いなくこいつ。
エクストラからP召喚できない、素材に魔術師縛り、効果が手札からのP召喚限定と縛りは多いがそれを差し引いても強力、このカード1枚でできることが多すぎる。
汎用ランク4汎用シンクロ、ベエルゼ、オーガなど闇チューナー縛りのシンクロ、覇王クリア、イグニスターなどP縛りのシンクロ、魔術師縛りの星刻、さらには闇P2体で出せる覇王スターヴにもなれる、中でも覇王スターヴになる動きは新規のオッドアイズレボリューションとかなり相性が良く、手札2枚でフィールド墓地一掃+6800ダメージと言うとんでもないことができるようになった。
縛りは多いが、縛りが全く気にならないぐらい超優秀なカード、魔術師ならまず3積みすべきだろう。
2 アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン 2017/10/11 00:16
アームドとカタパルトキャノンが合体した超絶ロマン枠、遊戯王史上でも屈指の召喚難易度ではなかろうか。
まず、アームドレベル7を出すのがなかなか難しく、カタパルトキャノンの難易度は言わずもがな、このカード自身の召喚条件から楽な抜け道が一切なく真面目にこいつら2体を出すしかない、完全究極体さんが今回召喚条件無視できるようになることを考えると遊戯王史上一番難しいモンスターになったかもしれない。
その厳しい召喚条件だけあって効果はほぼノーコストでの相手のフィールド墓地全除外とおまけの局地的なカード封じとかなり豪快な効果ではある、しかし何も耐性がなく全除外が相手ターンにならないと使えないため相手ターンになるまでは全くの無防備である、発動封じはほぼアテにできないので通告、宣告、それどころか奈落や激流、虚脱ですら死んでしまう。
超絶な効果を持ってはいるが、召喚条件に見合っているとは到底言えずロマンにしてもリターンが物足りなすぎるカードになってしまっているのが現状、今後素材の2体の召喚条件無視系や楽する系のサポートが来れば評価は一変するかもしれないが…。
10 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン 2017/10/10 17:41
漫画の付録、付録の強さで漫画の売れ行きが決まり、そのせいで漫画が品薄になってしまうのはもう恒例行事というべきか。
手札から捨てて申し訳程度のライフを払うだけで8以下のドラゴンPサーチ、オッドアイズ系統だけでなくダークヴルムなども持ってこられるので腐る場面がほぼない。
そしてドラゴンSXF専用蘇生、福音みたいな効果だが福音が使えないXにとってはかなりありがたい、これだけ目当てに銀河に採用も考えられる。
フィールド墓地ぶっぱは場に出すのが難しすぎるのでほとんどおまけ、なのだが1の効果で墓地へ送れるので覇王ヴェノムでお手軽コピーできてしまう、ライフが6800以下ならそのまま1キル。
殆ど腐ることがない強い効果を詰め込みまくっているが、何と虹彩でサーチもできるし単1もなし、なあにこれえ。
もちろん、文句なく優秀な新規ではあるが強すぎてぶっ壊れに片足突っ込みかけてる、こんなもんそりゃ品薄になりますって。
7 デスペラード・リボルバー・ドラゴン 2017/10/10 17:30
リボルバーのリメイク、割と正統進化と言える効果である。
最上級という重さをセルフ特殊召喚で解決している、トリガーの闇機械破壊は実はkozmoやサイバーダークでも満たしやすい、そして3回のコイントスの表の数だけモンスターを破壊する、表側限定、バトルフェイズ限定と使いにくさはあるものの不発に終わる可能性は低くうまくいけば複数破壊できる。
そして、墓地へ行くとコイントスを行うモンスターという非常に珍しい条件のサーチ、墓地へ送られさえすれば何でも良いのでこの効果だけ目当ての採用もあり、筆頭候補はやはりリボルバーかブローバックか。
9 古代の機械超巨人 2017/10/10 17:23
新たな古代の機械の融合モンスター、デッキ融合で出せって書いてる。
古代の機械共通のバトル時の効果封殺に巨人かパウンドの数だけ攻撃できる3300打点というわかりやすい脳筋モンスター、普通に融合しようとすると少ししんどいのでやはりデッキ融合を狙いたい、プリズマーと融合の2枚から3連打できるこいつを出せる。
そして、1キルできずに突破されても究極巨人を呼び出せる、ほっとくと連続攻撃されるし処理すると4400打点が沸いてくるしで相手としてはたまったものじゃない、ただ戦闘破壊には無力で3300打点はそこまで安心し切れる数字でもないので油断は禁物。
それでも十分な強さに仕上がっており、文句なしの古代の機械の新たな一員になってくれるだろう。
10 古代の機械融合 2017/10/10 17:15
ついに古代の機械にも来た専用融合、古代の機械の課題だった消費の多さをデッキ融合という理想的な方法で解決してくれる待望の1枚。
デッキ融合するための、場に特殊召喚不可な巨人かパウンドが存在しないといけないという条件は一見なかなか厳しい、しかし射出機で出せる他プリズマーという抜け道もあるので実際そこまで厳しくはない、条件を満たせさえすれば3連打超巨人や混沌巨人が一瞬にして沸いてくるので一気にゲームエンドに持ち込める可能性も高い、猟犬より消費は増えるが正規の融合としても使えるので状況次第ではデッキ融合は諦めて普通に融合するのもあり。
そして古代の機械の名を冠しているためワイバーンでのサーチも可能と至れりつくせり、このカードとセット前提のプリズマーや事故要因の巨人を多く投入しないといけないという問題はあるが、それを差し引いても古代の機械には嬉しすぎるカードである。
9 竜巻竜 2017/10/02 11:15
海外から来日した汎用ランク4、何故ドを1個省略した…。
効果はフリーチェーンで魔法罠1枚を破壊する単純なもの、要はサイクロンと同じでありサイクロンの優秀さは本家が十分証明しているので生きるサイクロンといえるこいつの強さは言わずもがな。
エンドサイク、フィールド魔法から始動するデッキの初動つぶし、破壊するとメリットがある自分の魔法罠の破壊と用途は幅広い、難点があるとすれば打点はそんなに高くないためフィールド魔法に依存しないデッキ相手なら簡単に処理されてしまう可能性がある点か。
8 トリックスター・リリーベル 2017/09/28 15:20
トリックスターの1体、トリックスターとしての評価はもう十分されてるのでトリックスター以外としての評価をしてみる。
キャンディナやライトステージで持ってきて召喚権を使わずダメージを入れてキャンディナなどを回収すれのが本来の使い方だが、光属性天使族★2であるため弁天、ひいてはイーバでサーチすることも可能。
機械天使ではあえて場に出す必要は高くないが、盤面を強化するためのリンク素材にしたり場に余ったプチエンジェルとランク2になったりガンマン的な使い方をしたり割と出番がある、特にサーチ先が限られるイーバのプチエンジェル、バーデクに次ぐサーチ先としては申し分ない。
トリックスターではもちろん、機械天使でも案外扱いやすい良いカード。
10 サブテラーの導師 2017/09/22 01:30
日本オリジナルのサブテラーの新規、産廃にならないか不安もあったが産廃どころか有能すぎてやばかった。
1の効果でリバース時にサブテラーカードをサーチする、妖魔やリグリアードなどの有能モンスターを持ってこられるのはもちろん何より決戦をサーチできるのが大きい、強いから早く引き込みたいけど3積みはたまに腐っちゃうという決戦の問題点を解決してくれた、このカードもおかげで決戦は無理に3積む必要がなくなったと言っても過言ではない。
2の効果は月書効果、自分が裏返りながら味方のサブテラーも裏返せるのが有能なのは言うまでもないとして、相手モンスターも裏返せるのでこのカード単体でクリスティアなどどうしようもないものへの突破法ができたといえる、誘発即時にするためには他のサブテラーも必要になるが無理に誘発即時にすることは考えず起動効果でも十分優秀。
サブテラーにとってはまさに理想的なカードといえるだろう。
9 サブテラーマリス・ジブラタール 2017/09/22 01:16
サブテラーマリスの中でも重要度が高いほうに入るカード、ウルトラなだけあって優秀。
リバース時にサブテラー版トレインといえる手札交換を行う、1枚捨てて2枚ドローする効果の優秀さはトレインが証明済みであり手札で最上級ばかりが固まる事故を軽減してくれる、また打点も2800打点と高めなのでアタッカーとしても申し分ない。
しかし、コストとなるサブテラーがないと腐ること、事故軽減とはいえこのカード自身を出せないレベルの事故なら逆に更なる事故要因になりえることなど欠点も少なくない、できれば捨てたくない妖魔を捨てるしかないときや手札に他のサブテラーがいないときは案外少なくなかったりするのでちょっと癖のあるカードといえる。
それでも優秀ではあるため2枚は入れたい。
10 サブテラーマリス・リグリアード 2017/09/22 01:11
サブテラーマリスの中でも中核となるカード、採用枚数に悩む最上級サブテラーマリスの中でもこのカードははっきり3積みしたいといえるレベルで重要なカード。
リバース時にモンスターを1体除外というシンプルゆえに非常に優秀な効果を持っている、こいつをセットし決戦を伏せておくだけで相手の行動を妨害できる、直接的な除去効果はやはりシンプルかつ優秀なのである、強いてケチをつけるなら打点が低いことだが自身の効果で攻撃した後に裏返れるので特に問題ない。
スーレアに恥じない高性能を持つカード、最上級サブテラーマリスでは最も扱いやすく腐ることもほとんどないのでフル投入で問題ないだろう。
2 エクスコード・トーカー 2017/09/22 01:04
次のパックの看板であるコードトーカー、なのだが性能は残念としか言いようがない…。
1の効果でメインゾーンを封じられる、のだが最大で2箇所と申し訳程度の妨害にしかならない、マーカーの向き的に普通にリンク召喚しただけじゃ役立たないにもかかわらずリンク召喚時限定の効果なのも痛い。
2の効果でリンク先のモンスターのバンプアップと破壊耐性付与、なのだがマーカーの向き的に他のリンクモンスターの下に置くか一度墓地へ送ってから蘇生しないと何の意味もなく肝心のこいつ自身には一切の耐性がないのでさほど当てにならない、打点も2300と高くないので突破されやすくこっちの効果も本当に申し訳程度にしかならない。
総じて、看板としては残念といわざるを得ないカード、本当にどうしてこうなった…。
10 真竜剣皇マスターP 2017/09/14 23:13
アドバンス型真竜の切り札、真竜の中で一番単体での性能がおかしいのは間違いなくこいつ。
アドバンス召喚しないとただのバニラだが、真竜共通の魔法罠をリリースしてのインチキアドバンス召喚()も可能なので全く重くない、それにより耐性がつくのも強いがそれ以上にやばいのが2の効果、ほとんどコストになってない軽いコストだけでフリチェの破壊をかませる、耐性によって効果で処理できないので打点で突破しようとするとフリチェで殺される、アノマロカリスが可愛く見えるぜ・・・。
文句なしに真竜の切り札といえるぶっ壊れカード、こいつ1体のための対策考えないといけないとか何なんでしょうね。

このカードパワーが許されるわけもなかったのか発売から8ヶ月で牢獄行きに、インチキアドバンス召喚可能な糞耐性フリチェ破壊持ちとか許されるわけないんだよなあ。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>