HOME > ユーザリスト > ルーク

ルーク ユーザ情報

アイコン画像 闇遊戯
評価投稿数 48
オリカ投稿数 110  オリカを見る
デッキ投稿数 3  デッキを見る

投稿一覧

1 2   >>
得点 カード名 登録日時
9 死魂融合 2018/07/17 14:57
どのデッキシリーズに問わず墓地のモンスターを素材に融合召喚できるカード。
融合モンスターを融合召喚したこのターン攻撃できないけど、相手ターンのエンドフェイズ時に使おうということか。
10 永遠なる銀河 2018/07/17 14:51
Xモンスターの種類に問わず対象のフォトンまたはギャラクシーモンスターを素材に高ランクのXモンスターをX召喚する効果。
イラストからすると光子皇竜のX召喚と見て、ランク4のXモンスターと銀河眼をオーバーレイすると、正にワンダーエクシーズのような効果。
10 銀河天翔 2018/07/17 14:39
ライフコスト2000と攻撃力2000の兼ね合いで払うコストは痛い。
墓地のフォトンモンスターを対象にデッキからの特殊召喚で同じレベルを合わせるのと同じ攻撃力2000になると、同じレベルはX素材の確保と攻撃力2000は銀河眼の特殊召喚と煌星竜のリンク素材になる。
同じレベルの特殊召喚としてなら銀河眼と銀河騎士と銀河剣聖は欠かせない。
8 銀河の修道師 2018/07/17 14:20
自身をX素材になる効果とフォトンとギャラクシーカードの中から1種類づつ選ぶ貪欲な壺の効果。
両効果は悪くないが、②の効果はフォトンとギャラクシーのサポートの中でドローソースを得られるのに同名カードは1枚づつとなると発動する機会はデュエル中の後半辺りになる。
10 銀河剣聖 2018/07/17 14:09
手札の銀河眼の光子竜を見せることで自身を特殊召喚と召喚・特殊召喚成功時に墓地のレベル8のギャラクシーモンスターもしくは銀河の魔導師を出せたら、1ターンでランク8のエクシーズモンスターを出せる。
レベル4なら先程のコメント通りギャラクシオン以外のランク4のエクシーズモンスターを狙える他に煌星竜等の素材も複数体出せる。
10 サイバーロード・フュージョン 2018/06/14 14:32
平行世界融合のサイバー表流版といった具合でしたか。
あちらは通常魔法に対し、このカードは速攻魔法で勝手が良く、キメオバなら素材モンスターはデッキに戻るし、更に未来融合を発動として繋げられる。
相手ターンならエタニティを壁にして融合召喚しても良い。
5 サイバー・ファロス 2018/06/10 16:34
丸藤兄弟のキーカード、パワーボンドをサーチ効果を持つカードは初。
場にいるだけで融合召喚を行う効果を持って機械族の融合素材ならば採用できるし、「融合」魔法カードの足しになる。
特殊召喚できる点は機械族モンスターをリリースする必要があるし、デメリットの打ち消しのためにあるようなもんだと思う。
5 青き眼の激臨 2018/06/10 16:16
手札・フィールド・墓地のカードを全て裏側除外してまでの発動で大盤振る舞い。
一気にブルーアイズ3体を出すために貪欲な壺や鳳凰の羽を使ってデッキに戻さなきゃならないし、発動するための工夫とタイムロスや必要。
ブルーアイズ3体でゲームエンドになるなら、発動前に相手の場のカードを駆除してからとなる。
9 ビンゴマシーンGO!GO! 2018/06/10 16:06
元ネタのバトルシティ準々決勝の組み合わせに登場したビンゴマシン。
ブルーアイズの派生モンスターやサポートカード多く出くわすようになってまで、ランダムに決めるのにブルーアイズ軸のカードを3枚の内1枚だから、このカードの採用は当然になるだろうし。
社長、ハッキリ言わせますが、センス0です。
8 青眼の混沌龍 2018/06/10 15:57
ブルーアイズと同じ攻撃力3000に加えカオスマックスと同様の貫通効果。
元のブルーアイズを儀式のリリースにして攻守共に0にするのは痛くつくし、儀式召喚したターンに3000の大ダメージは期待できる。
ブルーアイズ儀式軸ならカオスマックスと一緒に採用するのも良い。
8 エターナル・エヴォリューション・バースト 2018/06/10 15:44
サイバーエンド専用必殺技の装備魔法。
効果テキストから察すると装備できるのはサイバー系やキメラテック系融合モンスターに限られるし。
②の効果はキメラオーバーを意識していて、墓地耕しにサイドラやサイドラ扱いを1体づつ除外してゲームエンドになりえる。
更にパワーボンドを発動したターンなら一気に畳み掛けるのも良い。
9 深すぎた墓穴 2018/05/01 14:36
他のお方が仰る通り死者蘇生の罠カード版と言えますね。
罠カードの蘇生カードと言えばリビデがかなり定着していてあちらは発動タイミング問わず発動できるに対し、こちらは発動するタイミングは相手エンドフェイズ時でしょうか。
蘇るのは自分スタンバイ時なので特に発動条件は無く使えそうです。
10 ゴッドオーガス 2018/04/21 15:45
遊戯王DMの御伽龍児のエースモンスター。
サイコロ3回振って出た目の合計で攻守アップ、たまにサイコロの同じ目が2つ以上だと破壊体制やドロー加速に直接攻撃と万能効果はオマケ。
オマケ効果を気にせずガンガン攻めていくだけで充分。
5 希望の魔術師 2018/04/18 23:43
手札からレベル7モンスターを効果を無効化にして守備表示で特殊召喚とペンデュラム効果の攻撃無効と同時に自壊するって、一見にしてパっとしない。
5 サイバネティック・オーバーフロー 2018/04/15 14:04
①の効果は恐らく墓地のレベルの異なるサイドラ扱いのモンスターを除外して発動するとなると、オーバーロードとの相性悪い。
現在禁止カードの次元融合や異次元からの帰還等の除外から特殊召喚なら一斉にと言いたいけど……
このカードの採用を考えるなら、異次元からの埋葬も一緒に。
10 サイバー・レヴシステム 2018/04/15 13:47
サイバー流表デッキなら必ず入れるべきで、サイドラ本家やサイドラのカード名として扱うモンスターを揃いエクシーズやリンクに繋げられる。
しかも、テキストが短い分強いのと、このカードに発動する制限が全く無いし。
7 リンク・デス・ターレット 2018/04/15 13:37
リボルバーがエクストラリンクを完成させるためにあるサポートカード。
自壊効果は無くヴァレルリンクモンスターの素材を補いつつあるわけで、ロマンやガチでもデッキに投入するのオススメ。
8 ショートヴァレル・ドラゴン 2018/04/15 13:34
1ターンに1回のみの制限は仕方ないでしょうが、ヴァレルロードの効果との組み合わせでリンク素材を確保しエクストラリンクの完成に繋げられる。
5 ゼロ・エクストラリンク 2018/04/15 13:22
アニメで終止符を打った魔法カード。
アニメと同様最大6400アップしオーバーキルになる。
このカードはロマン向けなのでそう簡単にエクストラリンク完成しないと思うけど、一応サイドデッキに入れて置くくらい。
10 円融魔術 2018/01/16 22:13
ヴァリュアブルブック20付録カードでクインテット・マジシャンのための融合魔法カード。
クインテット以外の魔法使い族融合モンスターも数知れていて、魔法使い族限定で墓地融合を行えるカードを長らく期待していた事か。
10 クインテット・マジシャン 2018/01/16 22:03
攻撃力4500にして究極級の魔法使い族融合モンスター。
FGDの攻撃力より劣るが、未来融合や円融魔術で出す事になる。
②の効果でクロス・ソウルや超融合で効果を受けず戦闘と表示形式変更以外の効果破壊耐性を持つのは有り難いし、滅多に破壊されるような事はない。
1 X・HERO ワンダー・ドライバー 2017/12/20 13:43
リンク初の「HERO」モンスター。
①の効果で融合・フュージョンの魔法カードかチェンジ速攻魔法カードをセットできるのは融合戦術にとって要なので問題ない。
ただ、指し示すリンクマーカーの位置が……
また新たなX(エクストラ)HEROを期待したい。
7 アルカナ エクストラジョーカー 2017/12/16 18:04
絵札の三騎士メインとなるデッキで「融合」魔法カード無しだとこちらになりがち。
戦闘破壊されると絵札の三騎士を再び揃い直しというオマケだが、何故か効果破壊まで対応されないのは疑問点。
これで、遊戯デッキは報われる。
8 サモン・ソーサレス 2017/11/21 14:45
リンク召喚成功した場合にコンボ繋げるための囮モンスターを相手にあげつつ②の効果でリンク先に効果を無効にして特殊召喚するのはいいが、構築上はテーマ性のデッキ用となるし、守備表示限定で効果モンスターの無効化は痛い。
①の効果で囮に使うモンスターじゃなくても、このカードをリンク召喚の前に予めメインモンスターゾーンの位置を把握する必要がある。
10 魔導原典 クロウリー 2017/11/21 14:27
①の効果は「魔導書」カードのランダムサーチとして専用デッキに採用されがちでしょうが、②の効果は魅力的。
②の効果で自分ターンに1回だけ「魔導書」以外の上級魔法使い族をリリース無しで召喚できてしまうので、切り札のブラマジやペンデュラム魔術師をサーチしときたい。
10 ペンデュラム・スイッチ 2017/09/05 14:51
海外先行カードでいよいよ日本にOCG化。
効果で手札に腐ったペンデュラム上級モンスターをスケールにセットし、セットしたターンにいきなりの特殊召喚のアドバンテージは大きい。
ペンデュラムモンスターの入れ替わりといった具合で、ペンデュラムデッキなら必須と思って言っておかしくない。
8 トポロジック・ボマー・ドラゴン 2017/07/13 14:18
リンク4で攻撃力3000。
攻撃力3000と言ったら、遊作のライバルで敵キャラのリボルバーがSTORM ACCESSで入手したモンスター。

このカードがEXモンスターゾーンにリンク召喚したら、このままEXモンスターゾーンのまま活躍したいし、全体破壊効果としてはメインモンスターゾーンにいたら巻き込まれる。
3 EM五虹の魔術師 2017/05/18 14:14
アニメARC-Ⅴの内容がクソと言われ叩かれで人それぞれでしょうが…
このカードのペンデュラム効果は、マスタールール3までなら、攻撃力倍を狙うための魔法・罠ゾーンを4枚伏せて置く必要性かつタイムロスになり、手札以外にデッキ・墓地の魔法・罠カードをどう持っていくのかが鍵となる。
新マスタールールなら、ペンデュラム召喚を捨ててまで片方のペンデュラムカードを駆除しなきゃならないため、ルール改定で満足できずに。
3 スマイル・ユニバース 2017/05/11 14:24
マスタールール3ならこのカードは10点だったのに。
このカードの発動するにあたっては、リンクマーカーの左下・下・右下となる自分のリンクモンスターがいれば最大3体まで特殊召喚、あるいは、相手がコントロールする上方向のリンクマーカーとなるリンクモンスターがいれば4体は活けるはず。
新マスタールールでこのカードは惜しまれる人々は結構多い。
8 プロキシー・ドラゴン 2017/04/20 23:37
リンク素材が緩くて、フィールドのカードをリンク先のモンスターを代わりに破壊するのは実に良い。
このカードをなるべくメインモンスターゾーンに置いておきたいし、相互リンクやEXデッキゾーンからの特殊召喚には欠かせない。
1 2   >>