HOME > ユーザリスト > ランペル

ランペル ユーザ情報

アイコン画像 風霊使いウィン
評価投稿数 57
オリカ投稿数 757  オリカを見る
デッキ投稿数 4  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

遊戯王オリカ投稿数ランキング 757 枚 11位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
9 捕食植物フライ・ヘル 2019/06/03 19:40
シンプルなハエトリ捕食植物。これ以外の捕食植物はキメラ要素がメインな気がしますね。

植物において単独で、相手モンスターを除去できる便利な捕食植物御三家の1体。相手モンスターに起動効果で捕食カウンターを乗せることが出来、自身よりレベルの低いモンスターを戦闘時に除去!捕食カウンターのレベルを1にするギミックを最大限生かした効果と言えるでしょう。そして、除去ったモンスターのレベル分自身のレベルも上昇するので、相手からの攻撃も多少は強くなります。
Xに続いてリンクの登場もあり、対処不能モンスターも増えましたが、どんな打点でもレベルを持っていればこれ1枚で対処できるのはやはり大きい。捕食植物のいざという時の活躍から、植物系列での除去札として活躍が見込めます。
6 捕食植物スキッド・ドロセーラ 2019/06/03 19:35
捕食カウンターの置かれた相手への連続攻撃と、カウンターばら撒き効果を搭載した御三家捕食の1体。
当初からするとカウンターのばら撒き効果はなかなかに強力な効果で、除去持ちのモンスターも増えてるので、相手の盤面を一気に削る事が出来るかもですね。バンクシアと違い、こちらはフィールドを離れるだけで効果が起動するので、除外されてもオッケー!SSされた相手限定ではありますが、現環境ではそこまで問題にはならないでしょう。自前のSS効果などはありませんが、プランターなどでの蘇生や活動での展開など、ばら撒き効果を生かしやすくはなっていると思います。
全体攻撃はロマンがありますが、正直成功することはほとんどないでしょう。
5 捕食植物モーレイ・ネペンテス 2019/06/03 19:34
ピロピロ~
不気味ながらも愛らしさが感じられます。

捕食植物の初代アタッカーにして御三家の1体。自身の打点を捕食カウンターの数×200上昇させ、戦闘破壊したモンスターを丸のみにして自身の装備カードへ。そして、消化することでそのモンスターの打点分のライフを回復できると①~③までかみ合った効果に。
書いてることは別に弱くもなんともないですが、まず捕食カウンターと①の相性があまりよろしくない。捕食カウンターは大量に乗せるというよりは、獲物への目印的側面が強いため、打点上昇が爆発的になるようなことはそうそうない。捕食カウンターを乗せる効果を持っている訳でもないので、捕食植物だと扱いが難しい部類。強みは相手モンスターを装備カードにしてストック出来るので、相手の墓地利用の阻害が大きな利点でしょうか。また、新規のアロマリンクは回復時に植物のサーチを持っているので、それと合わせるなら③の回復効果も生かしやすくなると思います。
9 捕食活動 2019/06/03 19:29
元気なヒドラ君。
活動的な捕食植物たち。生成で生えてきて、いよいよ捕食活動の開始ですな。

効果は手札からのプレプラSS。その後にデッキから同名以外のプレデターカードのサーチと便利な効果を搭載!SSしないとサーチが出来ないとなりますが、新規融合含めて、捕食植物は結構フィールドに素材を用意した方が動かしやすいと思うのでこれはありがたい。単純にSS時の効果も使っていけますしね。これは、召喚権を割くのが厳しい御三家の活躍頻度も高まるのでは!(モーレイ君は厳しいかなぁ…。
サーチ効果は純粋にありがたい。状況に合わせてカードをサーチしましょう。効果の発動後は融合しかEXから出せなくなるので、もしリンクを出すのであれば発動前に準備しときましょう。
8 捕食植物ダーリング・コブラ 2019/06/03 19:20
コブラじゃねーか。まぁコブラですね。
捕食植物モンスターの効果で特殊召喚されれば、デッキから融合・フュージョン魔法をデュエル中1度とはいえサーチができるのは強力ですね。オフリス・スコーピオとセットにして出張させればかなりの活躍が見込めそうな存在。融合系ならなんでもサーチが効き即座に融合につなげていけるので、優秀です。
捕食植物内であればオフリスだけでなく、スピノ・ディオネアやコーディセップスで呼び出すこともでき、手札に来ても融合素材・手札コストなどいろいろ出来るので、思ったよりも呼びやすく使いやすいようにも感じますね。
7 捕食植物ヘリアンフォリンクス 2019/06/03 19:17
レベル8!会いたかったぞぉ!
またまた恐竜モチーフの捕食植物。恐竜は肉食系で、使いやすいような気もします。

相手フィールドに捕食カウンターが置かれている場合に手札から展開出来、相手によって破壊された場合には墓地からドラゴン族か植物族の闇属性の蘇生が望める効果を搭載。レベル8以上の捕食植物と言うことで一番に思いつくのがグリーディーヴェノムの素材ですね。蘇生用のコストにもなるので、ぜひともこれを機にグリーディーの出演頻度を高めたい所?
展開効果はシンプルに便利で、フィールド融合の準備がしやすくなります。ヒドラやバンクシアは除去しながらの展開なので、採用数はその辺と相談でしょうか。②の蘇生効果は、状況によっては自爆特攻でも効果を使えるので、うまいこと状況を見定めて使いたい所です!
10 捕食植物トリフィオヴェルトゥム 2019/06/03 19:06
新規来たーー!(歓喜
3種類の葉っぱを意味するトリフィオフィルムで、3つ首のドラゴンですか…良き!

フィールドの闇属性3体で呼び出される大型融合モンスター!自身の打点が他の捕食カウンターが置かれたモンスターの元の打点分アップするので、ばら撒き系のカードと合わせればすさまじい打点が出ることも。そして、融合召喚されていればタン1で相手のEXからのSSを無力化できると強い効果!融合などの効果で呼ぶパターンは止めれませんが、直接呼び出す系は全部止めれると有能。リンクを止めれるのは昨今では大きいかなと。最後に相手モンスターに捕食カウンターが置かれてたら自己蘇生も出来ると全体を通して非常に優秀な融合体!
素材はフィールドから3体必要ですが、他の新規でフィールドへの展開もしやすく超融合で大量に相手を巻き込んでの融合はすごい楽しそうです。
3 捕食植物スパイダー・オーキッド 2019/06/03 18:59
クモォ!イラストはすごい好きなんですよねぇ。
まさかの定期購読付属ペンデュラム捕食植物と驚きの連続(悪い意味で。
モンスター効果は召喚・SSに成功したターンのエンドに手札の植物をコストにデッキからレベル4以下の植物のサーチ。まず発動タイミングがエンドと遅いのに加えて手札の植物コストも必要。サーチ範囲はレベル4以下の植物なら何でもいいですが、そもそもPと植物って相性いいのでしょうか?
そして、P効果は発動したターンのメインに自身以外の表側の魔法・罠カードの除去が出来る捕食植物(たぶん)初の魔法・罠除去カード!しかしながら、見て分かるように除去できるのは表側限定。加えて、除去範囲は魔法&罠ゾーン限定なのでフィールド魔法の除去は不可とこれまた何とも微妙な除去効果。
Pという特性が捕食植物との相性と、とことんかみ合わないのも問題。捕食植物に頑張って採用するのでしたら、サーチの効く(限定的)魔法・罠除去要員として頑張ってもらうぐらいでしょうか?損しかしませんが、こちらの捕食惑星を能動的に割って、融合の準備を整えれます。
え?それするぐらいならツイツイ積むって?はい、そちらの方がよろしいかと。
9 ティンダングル・アキュート・ケルベロス 2018/06/20 20:04
不気味ながらもかっこいい感じ…好きだわぁ

現状唯一のティンダングルリンクモンスター。ティンダングル3体を素材に要求し、自身の打点は墓地にベース・ガードナーを含むティンダングルが3種以上存在することで3000に効果。そして、自身の攻撃力はリンク先のティンダングルの数×500上昇するので最大値は45で特に狙わなくてもできる範囲では4000での運用が可能。攻撃宣言したバトルフェイズ終了には、ティンダングルトークンの生成ができるので、リンク先に呼べばそのまま打点が500上がります。
ティンダングルのリンクということでなんだかんだ活躍するエース?切り札?ポジ。トークンを素材に2体目、3体目のアキュートをリンク先に呼んだりもできるので、鋭角から3体出てくる光景は絶望そのもの。程よい実力もあってロマンも持ち合わせる1枚!
7 ジェルゴンヌの終焉 2018/06/20 19:51
ティンダングルリンクモンスターに対して戦闘・効果耐性に加えて対象にもならなくなるというかなり上位の耐性を付与できるカード!基本3000のアキュートにこれらの耐性がつけられると相手は対処に困難しそうです。
そして、タン1で装備モンスターのリンク先にモンスターがすべて存在する場合にはそのモンスターすべてとこのカードを破壊することで、装備モンスターの打点分のダメージを相手に与えることができるというもの。他に打点強化がなければ、3000のダメージとかなりのダメージ量ですが、こちらのモンスターの数は減り耐性もなくなってしまうので、使う場合は相手を倒せる場合にしときたいですね。使う機会はなかなか訪れないでしょうが、能動的に使う場合はオイラーサーキットなどを駆使してアキュートの上向きリンクの先にモンスターを置くことを考えましょう。
トリニティでサーチができるので、うまくアキュートを補助していきたい所です。
5 オイラーサーキット 2018/06/20 19:38
ティンダングルが自分フィールドに3体以上存在する限り、相手の攻撃を封じるというもので、除去が来るまで相手は攻撃による突破が不能になるためジリジリと追い詰められていくことでしょう…。この効果を適応するには3体以上が必要と少し厳しめで、加えてこのカード自体が除去されれば当然ロックも解けるので、少し扱いが難しいかも。
そして、スタンバイには相手にティンダングルを送り付けることができる効果。ティンダングルトークンなどは筆頭で、打点が0の状態で送り付けれればそのままダイレクトに等しいダメージを与えれるなどコンボ性があります。しかし、ティンダングルトークンを攻撃表示で特殊召喚したはいいが、相手にロックを解除されるとそのままトークンが殴られてこちらが痛い目を見るので、これまた慎重になる効果…。アキュート自体を送り付けるのは損失は大きいかもですが、相手フィールドでは打点0になるので、状況によっては送り付けるのもいいでしょう。
ナーゲル同様のサーチ効果を持っているので、手札に持ってくることにすごく不便はしないけれど、効果全体に安定性はないので、ロックを極めたい場合には採用して相手を追い詰めましょう!
9 ナーゲルの守護天 2018/06/20 19:31
あるのとないのとじゃ大きく違うサポートカード。

存在する限りメインモンスターゾーンのティンダングル全体に戦闘・効果耐性を付与するため、相手に突破されにくくなり、リンク召喚までの維持や戦力の維持に大きく役立ってくれます。
そして、ティンダングルが相手に与える戦闘ダメージをタン1で倍にしてくれるという強力な効果!よくある感じのモンスターとの戦闘を介したダメージだけでなくダイレクトアタックにも対応するため、アキュート3000でのダイレクトが6000という壮絶なダメージ量に跳ね上がります!ハウンドの自身効果で打点が上昇していれば1ショットキル圏内にも。
1枚は欲しいカードで、墓地にあれば墓地から除外+手札のティンダングルコストでデッキから同名のサーチができるため、ランダム墓地肥やしカードをどんどん使ってこのカードが墓地に落ちてしまっても手札に持ってこれるのはありがたい。ティンダングルの名を持たない分、墓地肥やしには強い性能をしているので、場に張っておきたい1枚です。
10 ティンダングル・ドロネー 2018/06/20 19:22
ティンダングルにおける展開の要。

メイン(?)効果は墓地にティンダングル3体以上存在する状態で戦闘ダメージを受けた時に攻撃モンスターの除去とアキュートの展開ができる効果。相手のモンスターの除去に加えて大抵は3000打点のアキュートを呼び出せるため、相手の計算を狂わせれる。
そして、魔改造のたまものの墓地効果。EXモンスターゾーンに自分モンスターが存在しない場合に墓地から除外してカード名の異なるティンダングルを裏側で蘇生ができるという脅威の蘇生力…!4種いて、その内の1体がイントルーダーなら1枚で4体の蘇生が出来ちゃうような飛んでもカード。ただ、このカードでの大量蘇生からの展開がないとティンダングルは正直厳しいのが現状…。なので、ティンダングルではいかに早くこのカードとティンダングル3種を墓地に送っておくかが重要ですね。
9 ティンダングル・トリニティ 2018/06/20 19:16
3つの顔…エンジェル以外の2体の顔のやつは新規として出るのかしら…?

リバース時にベース・ガードナーをリクルートすることができ、リバースした状態で存在する会切り、ティンダングル全体に戦闘耐性を付与できると非常に強力!これにより、ベース・ガードナー共々相手の攻撃を防いで、場に残せるため後1体ティンダングルを召喚すればそのままアキュートに繋げれます。
さらに、ティンダングルのリンク素材として墓地へ行けばジェルゴンヌの終焉のサーチ+と魔法・罠の墓地肥やしができると1から3までが一貫しており非常に優秀。戦闘耐性を付けてくれるので、リンク素材にせず場に残しても壁として機能すると状況に合わせた運用ができる。墓地肥やしでナーゲルやドロネーを墓地に落としたりして、より良い盤面を作りたい所。

ここで評価するまで墓地肥やし効果のことを完全に忘れていたのは内緒…。
6 ティンダングル・アポストル 2018/06/20 19:02
なるほど、これエンジェルと対比のモンスターなんですね。すごい納得。

リバース時に裏側守備3体までを表にして、それがすべてティンダングルならそのリバースさせた数までのティンダングルのサーチができると爆発力はかなりのカード。ティンダングルはどちらかというより手札よりは墓地にある方がいい感じのカードも多いですが、手札がたくさんあって困ることはなく、あるならあるなりにいろいろとできる為、今後の新規によってはかなり化ける可能性もあるm1枚。
単品で機能しないのが欠点ですが、レベル3の悪魔族とデスガイドに対応し、魔サイや魔神童と同レベルということでランク3やケルビーニの素材になれるといった使い方もできはする。
9 ティンダングル・イントルーダー 2018/06/20 18:55
イラストがなかなかに好みなオリジナルティンダングル。

リバースでティンダングルサーチ、召喚でティンダングルの墓地肥やしとこれだけ見てもかなり優秀。ただ、上級なので墓地肥やしの方は状況を選ぶ。けれども、ピンポイントでドロネーを墓地に送れるカードの1枚なので、召喚することで非常に戦いやすくなることもあるでしょう。打点もそこそこなので、そこそこ使える。
メインとなるのは、裏側守備で特殊召喚されたことに反応して自身も墓地から湧いて出る便乗展開効果。エンジェルの展開に反応すれば、場に残るのは2体。ドロネーでこのカード以外の3体を蘇生すれば便乗によって場には4体並ぶとかなりの存在感を主張してくることでしょう。その為、序盤から墓地にいてくれるとなんだかんで助かる存在です。ドロネー共々早めに墓地に送りたいカードの1枚です。

トリガーが裏側守備での特殊召喚なので、他のリバーステーマでの活躍が期待できます!
7 ティンダングル・ベース・ガードナー 2018/06/20 18:47
ベースの名の通り、アキュートの打点上昇の基礎になった20面ダイス(たぶん違う。

裏側守備がいれば守備で展開ができ、このカードがいる状態で相手のリンクモンスターのリンク先にモンスターが展開されることによって、手札・デッキからティンダングルを展開することができる効果。非常に受動的な効果であり、このカードがいる状態でわざわざ相手がリンク先にモンスターを展開してくれる場合には非常にラッキー。そういう意味では抑止力にはなるだろうけれど、難しい所。リバースモンスターではない反面、展開はしやすい部類なので早い所アキュートなどの素材に利用していきたい所。
アキュートを活用する場合はこのカードが墓地にいないとダメなので、状況によっては直接このカードを墓地に落とす必要性も出てくる…。なかなか扱いが難しいね…。23の壁と考えれれば楽だけども。
8 ティンダングル・エンジェル 2018/06/20 18:41
お兄様を守護する天使。

リバース時に手札・墓地から同名以外のリバースモンスターを裏側で展開ができる下級モンスター。それだけにとどまらず、相手バトルフェイズで効果を発動すればそのバトルフェイズを終了するため、裏側で呼び出した後続を場に残すことができる。ティンダングルだけでなく、汎用としても活躍できる力を持っている為、頑張りしだいで化ける。
ティンダングルも大半を展開することができるため、ティンダングルでも結構重要な部類に入るでしょう。特にハウンドを使う場合はこのカードがないと展開手段がなかなかに厳しい所もある…。
6 ティンダングル・ハウンド 2018/06/20 18:36
お兄様の使うティンダングルのエースポジ

リバース時に自身以外の表側モンスターを裏側にしてその打点分自身の効果を永続的にアップできるという強力な効果!相手の高打点を裏側にできれば、その高打点をそっくりそのまま吸収して相手は除去されやすい裏側形態と、攻め込みやすい状況が作れます。そして、相手のリンク状態のモンスターの数×1000の弱体化のヘルハウリングも強力。ただ、こちらは完全にリンクメタなので能動的に使うとしてもアキュートのマーカーを向けるぐらいかな?最後に戦闘・効果の除去に反応して、裏側を表にできる効果。これでエンジェルを表に出来ればバトルが終了して後続も追加で呼べるのでいい感じ。だけれど、発動タイミングの影響もあり、なかなかうまいこと行くことは少ないでしょう…。

最上級で、自身で展開する効果を持たないので、扱いにくく事故要員にもなりやすいですが、相手の盤面の突破力はかなりの物です!
8 白闘気双頭神龍 2018/06/20 18:26
ホワイト・オーラの切り札…双頭神龍…!

レベル10の大型Sモンスターで、自分ターンにS召喚成功時には神龍トークンの生成による原作よろしく1体に見える2体のモンスターの完成。呼び出すのは守備表示なので、いきなり双頭で攻撃!という訳にはいかない…。
また、相手ターンに1度自分フィールドにトークンがない場合に神龍トークンを生成できるため、トークンの方がやられても継続的に首2つになれます。同時にやられないと倒されないということで、相手の効果で除去された際に神龍トークンが存在していれば守備での蘇生ができる。単発除去ではトークン、本体どちらを除去しても結局復活されるため全体除去などで同時に倒すしかない…。
どうせなら戦闘にも対応してほしかったのはあるけれども、仕方なし。もし、戦闘で本体を突破されちゃった場合には一角がいるので、何度でも蘇生してしぶとさを見せつけてやりたい所。
トークンの生成効果自体も、素材にしたりコストにしたりいろいろとできそうです。一角で蘇生にも対応できると、いろいろと活用の幅があって、使ってると楽しい1枚だと思われます。
9 白闘気一角 2018/06/20 18:12
イッカク君!

ホワイト・オーラの完全オリジナルの新規。水属性のチューナーとチューナー以外との素材で呼び出されるレベル7Sで、S召喚成功時に魚族のつり上げができると強力な効果!
他のホワイト・オーラの蘇生ができるため、戦力増加が期待できます。ただ、蘇生したターンは殴れなくなるので即戦力にはなれないが、十分。このカードの登場によってEXモンスターゾーンに大型のホワイト・オーラや魚族を展開したことによって後続をEXから呼べないという状況下でもリンクを介してこのカードをS召喚すれば一時的にどかしたモンスターの蘇生ができるため、戦力をほぼ維持したまま後続の展開ができるようになるのはなかなかにうれしい所です。
また、この効果でシーラカンスの蘇生からの展開ができるのも魅力の1つ。展開や戦力の増加などいろいろと活用が出来そうです。相手の除去からの墓地コストでの蘇生もきちんと持ち合わせており、素の打点も25とエース級なので中盤以降でより輝いてくれそうなカードです!
10 サイバーダーク・インフェルノ 2017/05/24 23:01
装備カードを装備したサイバー・ダークを効果対象及び効果破壊から守ってくれる優秀なフィールド魔法。戦闘耐性はレベル4サイバー・ダークが身代わり効果を持っていますが、効果破壊されてしまえば、せっかく装備しているレベル3サイバー・ダークの効果も生かせず終わってしまうので、それを守れるこのカードはかなり強い。さらにサイバー・ダークを手札に回収して、追加でサイバー・ダーク1体を召喚できる効果も便利。アキュリス裁定ならこの時に墓地に行くレベル3サイバー・ダークの効果は使えないけど、身代わり効果を使って残ったサイバー・ダークに再びドラゴンを装備することができるのは優秀!無駄をなくしていけるというのはかなりポイント!
最後に相手によって破壊されればデッキから融合・フュージョン魔法をサーチできる効果。基本はおまけ程度に考えておくのがいいが、相手が厄介だと破壊してくれれば容赦なくサーチしてその後に備えたい。候補は現状未来融合かオバロになるかな。ダークネスが墓地にいるなら再融合も!
9 鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン 2017/05/24 22:52
ダークネス!
サイバー・ダーク効果モンスターを5体要求するとなかなかに重い融合体新規!
SS時に墓地のドラゴンだけでなく機械族も装備できるようになったけど、基本はドラゴンを装備していくことが多いでしょうね。そして打点が装備モンスター分アップする効果も健在ですが、元の打点が2000なので鎧黒竜より打点の上がり幅は大きい。そしてメイン?ともいえる装備カードを墓地に送って無効化効果。これだけであれば、せっかく上げた打点を失う一回限りに無効化効果だけども、優秀な下級新規もいただいたので、それらと合わせることで無効にできる回数は増え、相手もうかつには動けない状態に追いやることも可能!

悪くない性能だけどやはり素材が重いので、序盤から呼ぶのは厳しそうなので、中盤以降で妨害力を生かして押し切りたい所。未来融合やオバロとの相性はやはり良いので、うまい事扱いたい。再融合との相性なんかも抜群だが、呼ぶまでに時間がかかるためそこまで使う頻度は多くないと思いますね。ダークネス版インパクトはよ!
10 サイバー・ダーク・クロー 2017/05/24 22:45
こちらもカノン同様強力で有能なドラゴン族新規!
こちらは手札から捨ててのサイバーダーク魔法・罠のサーチができるというもので、現状ではインパクトかインフェルノのサーチができ、充分強力ながら新規の期待もできる性能!インフェルノがサーチできるのがやはり強い。

そして装備状態の時の効果も持ち合わせ戦闘するダメージ計算時に今度はゲール・ドグラよろしくEXから墓地へ落とせる優秀な墓地肥やし!EXから即座に落とせるので非常に便利でダーク・ドラゴン、ダークネス・ドラゴンの装備用にF・G・Dを落とせるのはもちろん、旧神ヌトスを落とせば戦闘を介する除去カードと化し、キメラフレシアを落とせば融合魔法のサーチカードにもなるというもので、活用の幅は無限大!
そして装備状態から墓地へ行けば、墓地からサイバー・ダークの回収ができるというこれまた強力な効果!特にそれ以外に指定もないので、自身やカノンの回収もできると非常に扱いやすいです。
序盤だと自身を回収した後のサーチ先がまたインフェルノぐらいなので、罠がまだないので新規を期待したいが…。
10 サイバー・ダーク・カノン 2017/05/24 22:37
まさかの新規だったダークネスに続いた下級新規!
最初イラストを見て効果を見たけども、機械族だと思ってサーチはいいけど②③の使い方が難しそう…とか思ってたらレベル3でドラゴンという有能っぷり!!

手札から捨ててサーチできることに加えて、自身がサーチ先のサイバー・ダークの装備カードになるというシナジーの良さ。即座に24打点を立てれ、さらに戦闘を行うダメージ計算時におろかな埋葬という性能!墓地肥やしは単純に強く、タートルなどの防御札から下級サイバー・ダークを肥やすこともできるとその汎用力はすごいです。最後に装備されているこのカードが墓地へ行けば1ドローができる効果も優秀!インフェルノがある状態であれば、このカードを除去しないとモンスターが除去できないので、このカードが除去されやすくそこからリカバリーができるのはうれしい。さらに、サイバー・ダークの戦闘破壊身代わり時にも1ドローができるといいことだらけな1枚です!
10 白闘気白鯨 2017/04/30 21:53
クジラ~!
素材はチューナー非チューナー共に水属性を指定しているので、水属性デッキで頑張ってもらいましょう。S召喚成功時に相手の攻撃表示モンスターを全除去することができると非常に強力な効果。攻撃力はあるリンクももちろんまとめて相手の強力なモンスターを除去することができます。それだけではなく、モンスターへの2回攻撃に貫通能力まで持ち合わせているので、①で生き残った残党はこれらで無駄なく殲滅することができそうです。

そしてホワイトオーラ特有の墓地蘇生効果。こちらもイルカと同じように墓地の水属性を除外してチューナー扱いで蘇生ができる効果で便利。チューナーになるので、更なるSへとつなげてもいいですが元が2回攻撃貫通持ちの2800打点と普通に強いので、そのまま戦っていくことの方が多いでしょう。蘇生なのでEXモンスターゾーンも圧迫しないので、安心して別のモンスターを展開もできます。
水属性内であればそれ以外に指定もないので、水属性でエースになれる強力なカードだと思います!
7 白闘気海豚 2017/04/30 21:45
レベル6Sのイルカ!
素材指定はなく出しやすそうで、タン1で相手モンスターの打点をターン終了時まで半減させることができるゲイル効果。4800までの相手モンスターに対応ができると戦闘面だけで行けばかなり幅広い相手モンスターと対峙することができますね!
そして相手によって破壊され墓地へ行けば墓地から水属性を除外してチューナーとして蘇生ができる効果。単純に蘇生ができるのは強力で激流葬などの全体除去からこちらだけ蘇生して殴るというシンプルなこともできます。そしてチューナー扱いで蘇生できるのでその後に高レベSへとつなげれるのもいいですね。さらに発動制限がないので、墓地に素材がいるだけ蘇生することができるのもポイント!

汎用レベル6Sとしてはデッキによる感じがしますね。水属性デッキであれば②の蘇生効果を最大限生かせるので、採用しても頑張れそう。水属性なら鯨と共に採用して素材にしよう!
3 ホワイト・モーレイ 2017/04/30 21:38
漫画版から登場Sカテゴリ!
下級のモーレイ君。召喚に成功したターンに直接攻撃が可能となるが、そのステータスは600と貧弱で召喚したターン限定と扱いは難しそう。墓地から蘇生すればチューナーとして扱うが、逆に普通の状態ではチューナーではないので、即座にSへとつなげるのが難しい感じ。上位互換レベルに氷結界の水影がいるので、カテゴリでサポートしていけないと現状は厳しい感じがしますね。
7 捕食植物バンクシアオーガ 2017/04/23 17:46
チューナー来たー!チューナーとしてはセファロタスか、テッポウリザードあたりかなと思ってたらまさかのバンクシアオーガ!
SS持ちでしかも相手モンスターを除去しながら、呼べるのはうれしいところですが、チューナーとしての運用はやはりレベルが高い所がネックですね…。クリアウィングを呼びたくともレベル1はセラセニかコーディセップスで、サーチ持ちのセラセニアントをS素材に使ってはサーチができないと、原作のように呼ぶのは難しそうです。しかし、Sギミックを組み込めるのは単純にうれしくレベル8、9あたりのSであれば結構呼びやすいですね。レベル8はフライ・ヘル、レベル9はオフリスとの相性がよさげ。
②のばらまき効果も便利で各種素材に利用すればばら撒けるので、捕食カウンターを活用する効果を使っていけ便利。ルール3であれば、特に工夫なく、S素材にしてカウンターばら撒きその後、サンデウで相手と融合ということができますが、EXモンスターゾーンは一か所なので、やはり少し扱いづらい感は否めませんね。
しかし元の打点が2000と悪くないので、除去兼アタッカーとしての運用も期待できるのは利点だと思いますね!
6 捕食植物コーディセップス 2017/01/14 16:05
自分スタンバイに墓地から除外して捕食植物を蘇生できる捕食植物。
レベル4以下の捕食植物を一気に2体蘇生することができるのはとても強力。しかしながら、効果を使うターンは通常召喚ができないだけでなく、融合召喚でしか特殊召喚を行えなくなると、なかなかに厳しい制約。サンデウ・キンジーを蘇生すればそのまま融合につなげることができ、効果を使っていないダーリング・コブラを蘇生して融合系魔法をサーチして融合につなげていく感じに出来ればよさそうです。融合素材を即座に揃えて融合して、攻撃に移れると考えれば優秀ですが、これ以外に効果はなく墓地へ送る手段も基本融合素材にするのが多いので、少し扱いが難しいかもしれません。逆転の手としては輝けるかもしれませんね。
1 2   >>

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク